植松 聖 2ch。 「ヒトラーとは考えが違う」植松聖被告が獄中ノートに綴った本心

殺人鬼:植松容疑者の彼女が妊娠中とのことですが可愛いと思うし...

植松 聖 2ch

相模原市の「津久井やまゆり園」の植松聖(さとし)被告の 判決が出ました。 あまりに悲惨な事件。 そして裁判中も、 反省をしているとは思えない 数々の言動。 彼はどうしてこのようになったのか? 生い立ちや、両親についてまとめました。 Sponsored Link 植松聖被告の家庭環境!幼少期や両親は? 植松容疑者は1990年1月生まれ。 1歳のころに両親が相模原市の住宅を購入。 東京都内の団地から、相模原市に移り住んだ。 父親:小学校の図画工作の先生 母親:漫画家 幼馴染(おさななじみ)の友人は 「 植松はお母さんっ子で、 誕生日にプレゼントを買ったりしていた。 お父さんにはよく叱られるようで、 悪口しか聞いたことがない」という が一方で、大学時代には 近所の人に 「父が教員だから自分も教員になりたい」 と語っていた。 植松聖被告の生い立ちや幼少期 ー 幼稚園 弁護人によると 素直で手がかからない子 明るく優しい性格 だったとのこと 植松聖被告の生い立ちや幼少期 ー 小学校 弁護人によると 勉強は苦手ですが、 明るく人なつこい性格 クラスに知的障害を抱えた同級生がいても、 優しく接していました ただし、裁判中に 遺族側の弁護人が尋ねた質問は 「小学校の時に、障害者はいらないという作文を書いたか」 これに対し植松被告は、 「低学年の時だと思います」と回答している。 優しく接しはしても、 障害者に対する 差別的な考えは、すでに幼少期からあったと思われる。 Sponsored Link 植松聖被告の生い立ち — 中学校 弁護人によると 明るい性格 バスケットボール部 特に非行歴などはなし 小中学校の友人は 「 人を笑わせるのが大好きで、常にムードメーカー。 お笑い芸人みたいに体を張る感じのノリで。 いきなりバーンって倒れてみせたり、 ヘンな顔をしてみせたり、面白いヤツだった」 ただし、後輩の一人は 「 人気はあったけど、結構ワルだった。 すごく不良というわけではないけど、 キレたら怖い。 机や椅子を蹴るとか、とにかく物に当たり散らし、 手がつけられなくなるのが怖かった」 と言っている。 また先術の、遺族側の弁護士からの質問に対し 中学生時代、 年下の知的障害がある生徒が、 植松被告の同級生を、 階段から突き落としたことがあったという。 その時に 「(障害がある生徒の)腹を殴りました」と述べた。 「明るさ」の裏に、また別の性格が、潜んでいそうですね 植松聖被告の生い立ち — 高校 高校時代からの友人は 「明るい性格で、女の子にもわりとモテていた」。 別の同級生も 「勉強しないから、成績はよくなかった。 けど、やればできるんです」 結局、中堅の私立大学に現役合格する。 植松聖被告の生い立ち — 大学 帝京大学の 教育学部に進学、初等教育を専攻 だが 「父のように教師になりたい」と言っていた 植松被告が、この頃から変わり始める 地元の友人は 「カッとなったり、キレやすくなった」 整形したり、違法薬物に手を出したのもこの頃 この頃から、 こうした植松被告が原因で、 親子関係もギクシャクし始めた。 隣家の住人は 「よくお母さんが泣き叫んでいることもありました」という。 結局、 両親は、植松被告を置いて、 二人だけで都内のマンションに引っ越した。 教員になることに関しては、 教育実習も無事終了したが、 教員にはなれなかった。 2012年の春から、 清涼飲料水の運輸関係の仕事をしたが、続かず 同年やまゆり園でアルバイトを始めた。 就職当初は 「知的障害者はかわいい」とか、 「こうしたら喜んでくれる」などと言っていた。 が、 2015年頃から 友人らに 「意思疎通ができない人はいなくなった方がいい」 「自分は選ばれた人間」などと繰り返すようになった。 そして 2016年7月に、事件は起こった。 植松聖被告の家庭環境!家族と親の現在 2016年3月には 両親は植松被告に、心療内科に通院するよう持ち掛けた。 が、「大丈夫だよ」と受け流された。 事件の数ヶ月前、 植松被告は両親のマンションを訪ねている。 そして、障害者の命を奪う自分の考えを両親に伝えている。 「周りの迷惑になる」「悲しむ人がたくさんいる」と両親は止めた。 両親の努力も虚しく、事件は起きた。 事件後、 両親は10回以上面会に来たという。 植松被告が、事件について両親に謝罪すると、 両親は涙を流していたという。 「止めることができなかった」ことを 悔やんでいるのでしょうね。 涙を流す両親を見て、植松被告は 「申し訳ないと思った」と語った。 現在もお父さんが、無事教員を続けられているのか? お母さんも、漫画家の仕事の依頼をもらえているのか? については不明です。 植松聖被告の生い立ちや家庭環境!幼少期や両親は?家族と親の現在 まとめ 裁判の様子や、植松被告の発言など、 ニュースで見てきましたが、 更生できるようには、とうてい思えませんでした。 植松被告の生い立ちを、辿ってみましたが、 なぜ、あのような考えになってしまったのか、 理解ができません。 ただし、遺族側の弁護人が尋ねた、小学校時代の 「障害者はいらないという作文」 そもそも、 子供の頃から、根底にその考えが あったのかもしれません。 なんともやるせない事件でした。 Sponsored Link.

次の

植松聖の自宅住所と父親は植松竜司?出て行った理由とは

植松 聖 2ch

神奈川県相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で、19名が殺害された大量殺人事件の植松聖容疑者をヒーロー視する声が後を絶たない。 神奈川県警には「いつ植松に面会できますか?」という問い合わせが重なっており、その中に「労いの言葉をかけたい」とか「応援してるので、差し入れしたい」といったことを述べる者がいたというのだ。 事件は、就寝中の重度障害者を次々に刺し殺すという残忍極まりない犯行だが、ネット上でも植松容疑者をたたえる声は見られた。 Twitterでは「よくやった」などと信じがたいつぶやきが続出、「遺族は自分で面倒見きれないから、金を払って施設に押し付けてたんだろ。 殺してくれた植松に感謝すべき」「人に危害を加える重度障害者に、人権なんて与えなくていい。 犯人はよくやったと思う」「植松はぶっちゃけ、障害者という税金食い潰すだけのやつらを殺処分した英雄」と、目も覆いたくなる発言があった。 このあたりは匿名をいいことに無責任に書く幼稚な言動とも思えるが、植松容疑者は事件前、心身障害者20万人を殺害したとされるアドルフ・ヒトラーの思想に共感すると発言していたことが伝えられており、これが同様に短絡的な思考の持ち主の共感を呼んでしまったのだろうか? ただ、中には「知的障害者による犯罪被害者」で、心情の深い部分で植松容疑者を支持してしまう人もいる。 数年前、重度の知的障害者に顔面をカッターで傷つけられ、いまも鼻の下からアゴにかけて傷跡が残る20代女性は「心情的に、どうしても植松容疑者を支持してしまう」と語っている。 女性は通勤途中に知的障害者の男性が泣きながら歩いているのを見かねて声をかけたところ、カッターで顔を切られた。 しかし、男性は「心神喪失者の行為は、罰しない」などと規定される刑法39条に沿った刑事責任能力の喪失と判断され、無罪になったというのだ。 「せめて医療刑務所で教育を受けさせるとかにはなると思っていましたが、IQ30前後の重度で行動制御能力がないって判断でした。 さらに裁判官には、私が声をかけたことで感情を興奮させ、攻撃的衝動につながったとまで言われてしまいました……」 女性は女優の中越典子にも似た美人だが、顔に大きな傷を負ったことから「コンプレックスになって仕事も辞め、恋愛もできず引きこもりになってしまい、知的障害者を憎むようになった」という。 知的障害者による犯罪で責任能力が争われた裁判では、殺人、放火、強盗、強姦など重大犯罪が多いためか、女性の事件は小さなローカルニュースでしか取り上げられなかったことも「同情の声が届いたりすることもないから、孤独感が増した」と女性。 その被害はあまりに気の毒なのだが、だからといって植松容疑者のような凶行を肯定するのは極論すぎる話だ。 「それはわかってます。 わかってはいるんですけど、本音がどうしても『知的障害者を殺してくれてよかった』って思っちゃうんです」(同) 女性は今でも、街中で知的障害者を見かけると「怖くて逃げ出してしまう」というが、その反動からかTwitterでは「植松はヒーロー」と書いてしまった。 大事件の犯罪者が英雄視される傾向はほかでもあり、海外では30年代にアメリカで強盗や殺人など無法の限りを尽くしたボニーとクライドがダークヒーローとなり、のちに何度も映画化されているのは有名で、現代は多くの犯罪者をヒーローに祭り上げるサイトが存在。 日本でも酒鬼薔薇聖斗や秋葉原無差別殺傷事件の加藤智大らをカリスマと呼ぶネットの声が散見され、収監中の凶悪犯にラブレターを出すような者もいる。 ただ、植松容疑者の場合は病院の精神科に強制的に措置入院した経緯があり、本人もまた精神疾患を疑われている。 ほぼ神奈川県の最低賃金(時給905円)で重労働の介護職に就いていたことで精神を病んでしまったのではないかと同情する声もあり、こちらも刑事責任能力の有無を調べる鑑定留置の実施が検討されている。 メンタルカウンセラーの野村高一氏は「事件前の言動は正気とは思えないものが多々あり、さらに大麻の陽性反応が検出されていたことなどから犯行時の精神状態が慎重に判断されることになるでしょうが、正常者と変わらない会話自体が成立し、日常生活も送れていたのなら責任能力がないとまでは判断されないのでは」と話している。 いずれにせよ、この事件を語る上では、容疑者を英雄視する人々などといった安易なテーマではなく、知的障害者をめぐるさまざまな視点から議論されるべきかもしれない。 (文=片岡亮/NEWSIDER Tokyo) あわせて読みたい•

次の

【2chの反応】相模原19人刺殺の植松聖容疑者、生活保護を受給 知人「数百万円を借金、遊興費に」

植松 聖 2ch

Contents• 植松聖の死刑はいつ?という声が多いが・・・ 植松聖の死刑がいつになるかの答えは、日本中の誰もがその答えは現状出せない状態である。 裁判の開始時期の目途も経っておらずに、初公判が行われるのも、報道メディアの推測によると2018年以降になるとされているからだ。 正直、犯行の内容や逮捕後の植松聖のとんでもない態度を見る限り、死刑は免れないと感じるのは常識人であるのであれば、普通の感情である。 だが、裁判にかけられて判決が出ても、日本の現状の法律では、もしかしたら死刑にすることは出来ないとも囁かれている。 植松聖が死刑になる確率は低い? 本来、これだけの犯罪をおかしたならば、死刑以外の極刑はありえないだろう。 しかし、植松聖は実は現行犯逮捕ではなく、自首をしているようだ。 警察には事件当時、園の人間が通報しているものの、犯人が特定される前に植松聖は自らが犯人として警察に自らその身をゆだねた。 刑法42条1項では罪を犯した人間が捜査機関に発覚する前に自首をしたときは、その刑を軽減することができるというものがある。 実際にはこれらを裁判でどう見るのかが焦点であるが、自首と認められた場合は刑法に照らし合わせて、罪を軽減させるほかはない。 植松聖の死刑確定が薄いというもう一つの点 更には、日本の刑法で問題視されているあの 39条が植松聖に適用される可能性も高いと言われている。 39条はご存知のとおり、心神喪失者の犯罪行為は罰しない、2項では心神耗弱者の行為は、その刑を減刑するとなっている。 植松聖は短時間に多くの人間の命を奪っていることから、その精神状態は正気ではないのは明白。 犯行当時は決して植松聖は錯乱していたわけでもなく、理性的に行っていたようだが、心神耗弱が適用される可能性は充分にあるという意見もある。 心神喪失な状態では、理性的に犯行を行うことは出来ないので、無罪になることはさすがにありえないと思われる。 もちろん、植松聖が裁判に望む際、弁護士もこれを主張し、はばからないと考えられる。 当然、39が適用されるのならば、植松聖の死刑を日本中の人間が望んでいたとしても、死刑にはならないというわけだ。 だが、心神耗弱が例え裁判で認められたにしても、危険人物であることには変わりが無く、一生、現社会に出てくることは叶わないと感じる。 当然、この事件に関心があり、憤りを隠せない人間の多くは、税金を使って植松聖の様な人間を何故、生かし続けるのか?という声に満ち溢れることになる。 実際にはどうなるかは誰も現在では分からない。 だが、39条の見直しは以前から常々、言われていることではあるが、法律というものが絶対的なものである。 おわりに 植松聖のおかした犯行の内容などを見れば、死刑以外の極刑はありえないと誰もが感じる。 だが、だからこそまともな神経ではないという証明にもなるであろうし、心情はどうあれ裁判がはじまれば弁護士はそれを突かないわけにはいかないであろう。 個人的には何の罪もない弱い人間の命を沢山、奪った植松聖は死刑以外にありえないとは思うが、絶対的である法律がある異常は、その確率は低いという見解も成り立ってしまうわけだ。 だが、何度も言うが、裁判もはじまっていない現在の段階ではあくまで憶測でしか誰も論じ合えないわけである。 来年以降の動き次第では、こうした考察や可能性も変わってくる可能性もあるわけだから・・・。

次の