帰っ てき た バス ジャック。 帰ってきたバスジャック : DVD・ブルーレイ

西鉄バスジャック事件

帰っ てき た バス ジャック

解説 お笑いコンビ「ココリコ」の遠藤章造が、バスジャック犯に間違われてしまう男を演じた映画主演作「バスジャック」の続編。 ツアー会社に勤める冴えない添乗員の小宮昇は、仕事での失敗が続いてクビになりそうになる。 小宮に好意を寄せる同僚の岡田花子の口添えのおかげでクビは免れたが、代わりにミステリーツアーを企画するよう言い渡される。 どのような企画にするか悩む小宮に対し、岡田は、かつてバスジャック犯に間違われたことのある小宮がバスジャック犯を演じる「バスジャックツアー」を提案してくるが……。 遠藤が主人公・小宮を演じ、同僚の岡田役は「森三中」の黒沢かずこが担当。 そのほか、「フットボールアワー」の岩尾望やジミー大西、「Vシネマの帝王」こと小沢仁志ら個性的な共演陣がそろった。 2017年製作/68分/日本 配給:オールインエンタテインメント スタッフ・キャスト• 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ソニック・ザ・ムービー」 C 2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED. 「エジソンズ・ゲーム」 C 2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved. 」 C 2019 Sony Pictures Television Inc. and CBS Studios Inc. All Rights Reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の

西鉄バスジャック事件

帰っ てき た バス ジャック

解説 お笑いコンビ「ココリコ」の遠藤章造が、バスジャック犯に間違われてしまう男を演じた映画主演作「バスジャック」の続編。 ツアー会社に勤める冴えない添乗員の小宮昇は、仕事での失敗が続いてクビになりそうになる。 小宮に好意を寄せる同僚の岡田花子の口添えのおかげでクビは免れたが、代わりにミステリーツアーを企画するよう言い渡される。 どのような企画にするか悩む小宮に対し、岡田は、かつてバスジャック犯に間違われたことのある小宮がバスジャック犯を演じる「バスジャックツアー」を提案してくるが……。 遠藤が主人公・小宮を演じ、同僚の岡田役は「森三中」の黒沢かずこが担当。 そのほか、「フットボールアワー」の岩尾望やジミー大西、「Vシネマの帝王」こと小沢仁志ら個性的な共演陣がそろった。 2017年製作/68分/日本 配給:オールインエンタテインメント スタッフ・キャスト• 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ソニック・ザ・ムービー」 C 2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED. 「エジソンズ・ゲーム」 C 2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved. 」 C 2019 Sony Pictures Television Inc. and CBS Studios Inc. All Rights Reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の

西鉄バスジャック事件

帰っ てき た バス ジャック

見どころ お笑いコンビ、ココリコの遠藤章造が主演を務めたサスペンスコメディーの続編。 バスジャック犯だと勘違いされて世間を騒がせたバス添乗員が、今度はツアーの企画でバスジャック犯を演じたことから思わぬトラブルを引き起こす。 監督は『CONFLICT ~最大の抗争~』などの藤原健一。 お笑いトリオ、森三中の黒沢かずこや、数々の出演作で知られる小沢仁志らが共演する。 次々に登場するクセありワケありのキャラクターに注目。 あらすじ バスジャック犯に間違えられ、大騒動を起こした過去を持つ小宮昇(遠藤章造)。 萩原バスのツアー添乗員として働く彼だったが、失敗を繰り返しては上司の八巻(藤重政孝)を怒らせていた。 そして八巻から解雇を言い渡されるが、同僚の岡田花子(黒沢かずこ)が提出した企画によって失職の危機を免れる。 その企画とは、小宮がバスジャック犯を演じるというミステリーツアーだった。 かつての経験を生かして犯人にふんするが、ヤクザやテロリストを巻き込むトラブルを招いてしまう。 関連記事.

次の