遊戯王 三 幻魔 ストラク。 【遊戯王】《幻魔皇ラビエル

【遊戯王相場】3幻魔ストラクの影響でウリア等のレリーフレアが高騰の可能性!?【プチ日記】|今回判明した新規情報などまとめ!

遊戯王 三 幻魔 ストラク

自分フィールドのモンスター3体をリリースした場合のみできる。 このターン、そのモンスターの攻撃力は倍になり、相手モンスター全てに1回ずつ攻撃できる。 この効果は相手ターンでも発動できる。 このカードを手札に加える。 手札から捨てることで、元カードである 《幻魔皇ラビエル》の攻撃力を倍である8000にし、モンスターへの全体攻撃を付与する効果。 この効果、実は「元々の攻撃力」ではなく、「攻撃力」を倍にする効果になっています。 強化対象である 《幻魔皇ラビエル》には、自分フィールドのモンスターをリリースしてその元々の攻撃力を自身に加算する効果があるため、攻撃力10,000超えも現実的な範囲になりそうです。 リメイクモンスターでありながらリメイク元のカードが絡んだ効果が1番派手な使い方になる、というのは、 「元の三幻魔が使いたいんだ!」というユーザーへ配慮されたとても良いデザインだと思いました。 一方でこのカード自身も単体で機能する容易な条件と、手札への回収効果を持っています。 《》同様の「自分フィールドのモンスターを3体リリース」しての。 悪魔族を指定しなくなっている分、リメイク元の 《幻魔皇ラビエル》よりの難易度は大きく下がりました。 《アルカナフォースEX-THE DARK RULER》《アルカナフォースEX-THE LIGHT RULER》など(こちらは墓地へ送るですが)、当時の大型モンスター特有の召喚条件、といったデザインですね。 さらに墓地にある際に自分フィールドのモンスター1体をリリースすることで自身を手札に回収します。 除去された際の保険だけでなく、種族サポートである 《悪魔の嘆き》であらかじめ墓地に送っておき、2ターン目にいきなり場に出すのも良いでしょう。 墓地にさえあれば 「場のモンスターをリリースし続けられるカード」として運用ができるので、 《輝神鳥ヴェーヌ》の効果発動トリガーとして採用するのもアリかもしれません。 このターン、対象のモンスターのレベルは、見せたモンスターと同じになる。 そのモンスターを手札に加える。 他にも、「常に手札に悪魔族モンスターを握っていられる」という点では 《デーモンの呼び声》のコストが常に供給できるのも面白いですね。 「神炎皇ウリア」「降雷皇ハモン」「幻魔皇ラビエル」のいずれか1体、またはそのいずれかのカード名が記された、「暗黒の招来神」以外のカード1枚をデッキから手札に加える。 既存カード 《暗黒の召喚神》を意識したカード名・効果を持っています。 実質的に 《暗黒の召喚神》がデッキに6枚積めるようになった、というような感覚ですね。 むしろするためのサポートも内蔵している以上、 《暗黒の招来神》を先に引いた方が強いかもしれません。 もちろん 《暗黒の召喚神》だけでなく、先程紹介した 《幻魔皇ラビエル-天界蹂躙拳》 もカードテキストに「幻魔皇ラビエル」と記してあるので手札に加えることができますし、後述する 《失楽の霹靂》 《ハイパーブレイズ》も同様です。 その後、自分フィールドの「降雷皇ハモン」1体を選んで守備表示にする。 このターン、自分が受ける全てのダメージは0になる。 便利な効果で3つ書いてある強カードです。 本来表側表示の永続魔法カード3枚をコストにしなければいけなかった 《降雷皇ハモン》の召喚条件を、裏側表示の魔法カードでも賄えるようにします。 「裏側表示の魔法カード」という書き方をするということは、 セット状態の通常魔法・速攻魔法などでもOKということなのか、それとも 《降雷皇ハモン》テキストを重視して セット状態の永続魔法でもOKということなのか、ここによって大きく評価が分かれそうです。 相手モンスターを戦闘破壊したときの1,000バーンがあるとはいえ、基本的には守備表示での攻撃ロックの方が重宝され守備表示で場にいることが多かった 《降雷皇ハモン》。 相手の魔法・罠発動の有無に依存するとはいえ、4,000で攻撃したうえで相手ターンには攻撃対象を強制する壁にできる強力な効果です。 三幻魔が場を離れた後に誘発する効果のため、おそらく三幻魔が戦闘破壊されてしまった場合の戦闘ダメージはカットできないと思いますが、それでも相手にその後の追撃を許さない点は最強クラスの防御カードと言えるでしょう。 しなおす面でのハードルはありますが、 《闇の増産工場》などで自主的に三幻魔を場から離してダメージをカットし続けるサイクルなんかも組めたら面白そうですね。 「神炎皇ウリア」「降雷皇ハモン」「幻魔皇ラビエル」のいずれか1体を自分の墓地から選び、手札に加えるか召喚条件を無視してする。 《神炎皇ウリア》は元々「表側表示の罠カード」とだけの指定だったため、このカードで裏側表示がコスト代用できるようになれば、セットしたばかりの通常罠もそのまま使うことができるでしょう。 墓地から効果を使いたい 《仁王立ち》や、 《バージェストマ・ディノミスクス》を始めとした「バージェストマ」カードなどをコストにするとメリットが大きそうです。 《神炎皇ウリア》の攻撃宣言時に手札・デッキから罠カードを墓地へ送り、 《神炎皇ウリア》の攻撃力の参照範囲を、自分・相手のフィールド・墓地の罠カード(永続でなくともOK)まで拡大します。 この際に墓地から使える防御カードを落としておけば、高攻撃力の 《神炎皇ウリア》を維持する手段として 《ハイパーブレイズ》が攻防を兼ね備えることができます。 《エレメントセイバー・アイナ》の効果を前例とするなら、三幻魔をする場合は一度召喚条件を満たしていないといけないため、この効果を発揮できるタイミングは限られてきそうです。 それでも、三幻魔を気軽にリンク素材に巻き込んでもいいと考えると破格の強さですね。 ここ数年のリメイクカードは過去カードを不要orただのコストにするものが多かったので余計に… 発売までまだ一か月以上ありますが、その間にはマシンナーズストR、デッキビルドパックの発売もあるので、気づけば発売が目前になっていそうですね…… 強化パックに 《混沌幻魔アーミタイル》が収録される以上、デッキ41枚に収録されるEXデッキモンスターが何か居るはずなので、その発表も心待ちにしましょう…! それでは、また次回の記事でお会いしましょう! 登録してみました。 記事の内容がよければバナークリックお願いします。 karakuri-napori.

次の

【遊戯王 最新情報】ストラクチャーデッキ 混沌の三幻魔の発売が決定!|【新商品情報】

遊戯王 三 幻魔 ストラク

よく来たな、俺はMTG担当兼VG担当だ。 俺は毎日数え切れないほどのガチャやクジを詰めているが誰にも損をさせるつもりはない。 だが、今日のブロゴのメインはMTGやVGでもなければクジでもガチャでもない。 遊戯王だ。 他タイトルの担当が遊戯王を語れるのかと心配になるだろうが、細かいことは気にするな。 さて、本題に入ろう。 唐突だが、今日が何の日かお前らは知っているだろうか? ワニ?それもそうだが、違うそうじゃない。 遊戯王ストラクチャーデッキ 『 混沌 の三 幻魔』の発売日だ。 是非一緒に買おう!) ん?お前、今「 俺に言わせりゃ三幻魔なんて、実戦じゃ使えない単なる観賞用のカードだね。 」と言ったな……? 確かに、《三幻魔》はその召喚条件故に各幻魔それぞれに特化した専用構築が主流かつ、召喚の為に多大なディスアドバンテージを背負う事が常であった。 それに加えて、神のカードである《 三幻神》と違って除去耐性を持ち合わせておらず、例え苦労して出せたとしても場持ちが良いとはお世辞にも言い難かった。 時代が進み《失楽園》や《暗黒の召喚神》といった強化パーツの登場により、弱点であったディスアドの軽減や除去耐性だけでなく、踏み倒し手段の獲得によって【三幻魔】3種混合デッキの構築が現実的となったのだ。 ……だが、あくまでも「現実的になった」というだけであり、混合デッキを組む利点も苦労に見合った強さも厳しい言い方をしてしまえば無かったのだ。 《 混沌幻魔アーミタイル》の召喚など浪漫砲だと言わざるを得なかった……そう、今までは。 ここでストラクチャーデッキに新たに収録された強化パーツを紹介していこう。 何だこの雑強化!? 素 三幻魔とそのサポートカード全般のサーチが出来る《暗黒の招来神》、三幻魔を手札から召喚条件を無視して踏み倒しながら失楽園まで持って来れる《混沌の召喚神》、サーチカードと展開補助を兼ね備えた《七精の解門》、場の三幻魔の数で効果が凶悪になっていく《覚醒の三幻魔》のエントリーだ!! ざ、雑に強すぎる……三幻魔じゃなかったら許されてないパワーカードっぷりである。 勿論、踏み倒し手段ではなく正規の手段での召喚サポートも充実しているぞ。 いや、雑ゥ! 絶賛 いわゆる必殺技カードに原作由来の召喚補助効果を盛り込んだデザイン、控えめに言って最高すぎでは? ちなみに ラビエルは召喚補助ではなく、純粋に必殺技らしい効果になっている。 「 何事も暴力で解決するのが一番だ!」 さぁ、お前もストラクチャーデッキ『 混沌 の三 幻魔』を3個買って、幻魔の圧倒的カードパワーを体験しろ!.

次の

【優勝デッキ】「三幻魔」大会優勝デッキまとめ

遊戯王 三 幻魔 ストラク

感想:三幻魔が活躍する! 一番思ったのが、三幻魔がちゃんと活躍するデッキになったなあ!というところ。 なんか出してすぐに素材になるとかじゃなくて、三幻魔が場に残って活躍するというのにいたく感動したわけです。 しかも三幻魔がめちゃくちゃ出しやすくなってる。 召喚条件無視して出すのに賛否はあるかもしれませんが、個人的には召喚条件無視に頼りっきりでも無いからまあ良いかなって感じ。 少ないけどちゃんと正規召喚することもあります。 ていうかそういう風にデッキを組んでおきたい。 「失楽園」や「覚醒の三幻魔」のおかげで三幻魔をフィールドに残す意味がある。 なので三幻魔でしっかり戦ってる感が出て楽しいですね。 せっかく用意してくれたこのコンセプトは大事に残したい。 なので改造する時も、三幻魔を出して活躍させるというのはしっかり意識しておこうかと思います。 三幻魔デッキの方向性 個人的に三幻魔デッキの中心となるカードは「覚醒の三幻魔」だと思っています。 特に三幻魔を2種類揃えたときの効果。 これを有効化することを目指していきたいですね。 こちらはステータスがめっちゃ高い三幻魔がいるのに相手だけ効果無効。 昨今ステータスが高いだけではどうにも信用なりませんし、三幻魔を出して「覚醒の三幻魔」を発動させる、これを目指すべき基本布陣としてデッキを組んでいきたいところです。 ちなみに「失楽園」によるサポートも必須だと思っています。 毎ターン追加2ドローと三幻魔への耐性付与。 対象にならないと破壊されないはかなり有効です。 「覚醒の三幻魔」の効果無効も合わせれば突破をかなり困難なものにできます。 「覚醒の三幻魔」は非常に強力ですが、三幻魔を二種類1ターンで場に揃えるのは結構難しいです。 なので、まずは「失楽の霹靂」から入るのも良いかもしれません。 「降雷皇ハモン」を条件とする魔法・罠の無効化もかなり強力です。 特に相手の初動が魔法カードで始まる場合は非常に刺さるので場合によっては「覚醒の三幻魔」より軽い手間でそれ以上の効果が期待できます。 「覚醒の三幻魔」と「失楽の霹靂」。 これらが相手への妨害をこなしてくれます。 さらには「失楽園」によって強力な耐性を得た三幻魔が戦闘で相手をなぎ倒してくれる。 そんなデッキを目指していきます。 基本展開ルート 三幻魔ストラクのカードを使えば、• これらはよく使うので覚えておきたいですね。 結論だけ言っておくと、「暗黒の招来神」を引ければ三幻魔が出せます。 あと使うのは「暗黒の召喚神」。 これも重要です。 手順としては、• 「暗黒の招来神」を召喚。 手札1枚から出せるのは非常にお手軽ですね。 ただ欠点もあって、「暗黒の召喚神」も効果を使うとそのターン攻撃が出来なくなります。 先攻1ターン目に使いたい技ですね。 あとはあくまでも出しただけというところ。 他に「失楽園」などを引けていなければあっさり除去されます。 ただ、一番お手軽に三幻魔を場に出すことができるので、この出し方があることは押さえておきたいところです。 ただ、三幻魔にはもう1つ便利なサーチカードがあります。 それが「七精の解門」です。 こちらはモンスターだけですが、三幻魔関連のカードをデッキから持ってこれます。 これら2枚を使うことで、布陣を整えることができます。 まずは、「暗黒の招来神」と「七精の解門」から三幻魔を2体出してみましょう。 最初に「暗黒の招来神」を召喚し、効果で「暗黒の召喚神」を手札に加えます。 あとは先ほどと同様に「暗黒の召喚神」をアドバンス召喚し、三幻魔を特殊召喚します。 次に、「七精の解門」を発動します。 サーチ効果で、「混沌の召喚神」を手札に加えます。 これで三幻魔が2体になりました。 「覚醒の三幻魔」を使う場合は事前に引いておく必要がありますが、これでモンスター効果の無効まで適用して発動させることができます。 墓地に行った「混沌の召喚神」の効果で「失楽園」をサーチすればさらに2ドローもできるので、これで引きに行くことも可能ですね。 結果的に手札2枚から、三幻魔2体+「失楽園」を出すことができるので、これも覚えておきたいコンボです。 ちなみに出す三幻魔を1体に絞ることで、「暗黒の招来神」のサーチで別の三幻魔サポートを手札に加えることが出来ます。 これで「降雷皇ハモン」+「失楽の霹靂」の布陣を整えることが可能です。 手順としては、• 「暗黒の招来神」を召喚し、効果で「失楽の霹靂」を手札に• 「七精の解門」を発動し、「暗黒の召喚神」を手札に• 「暗黒の招来神」をリリースして「暗黒の召喚神」をアドバンス召喚• 「暗黒の召喚神」の効果で「降雷皇ハモン」を特殊召喚• 「失楽の霹靂」を発動 と言った流れです。 確実に「失楽の霹靂」の無効効果を使えますが、代わりに「失楽園」が発動できていません。 「失楽園」を素引きできている時や、相手の魔法罠を止める優先度が高い場合に選びたいルートですね。 手順は上とほとんど同じです。 手札に「暗黒の召喚神」「暗黒の招来神」「七精の解門」があるとしましょう。 「降雷皇ハモン」と「幻魔皇ラビエル」の特殊召喚しつつ「覚醒の三幻魔」を構えていきます。 「暗黒の招来神」を召喚し、効果で「覚醒の三幻魔」を手札に• 「暗黒の招来神」をリリースして「暗黒の召喚神」をアドバンス召喚• 「暗黒の召喚神」の効果で「降雷皇ハモン」を特殊召喚• 「七精の解門」を発動し、「混沌の召喚神」を手札に• 墓地にある「暗黒の召喚神」を除外し、「幻魔皇ラビエル」を手札に• 「混沌の召喚神」の効果で「幻魔皇ラビエル」を特殊召喚• 墓地の「混沌の召喚神」を除外し「失楽園」を手札に• 「失楽園」の発動および「覚醒の三幻魔」をセット こんな感じですね。 展開用にサーチするカードを引けていれば、その分妨害用カードのサーチに回せるという寸法です。 展開用のカード、妨害用のカードどちらも「暗黒の招来神」のサーチ範囲なので、素引きしたカードによって調整して展開していくことができます。 ただし、「七精の解門」はモンスターしかサーチできないことは覚えておきましょう。 「七精の解門」で「覚醒の三幻魔」や「失楽の霹靂」は手札に加えられません。 アクセスしたいカードとは 三幻魔の基本展開を抑えたところで、もう一度この三幻魔デッキでやりたいことをおさらいしておきましょう。 やりたい事と言えば、三幻魔を場に出して、それをサポートカードで守りと妨害をしながら攻めていくことです。 つまりデッキに必要なカードとは、• 三幻魔を場に出すためのカード• 相手の妨害を行うカード ということになります。 前者は「暗黒の召喚神」や「混沌の召喚神」、後者は「覚醒の三幻魔」や「失楽の霹靂」ですね。 そしてこれらを引っ張ってくるためのカードが「暗黒の招来神」や「七精の解門」ということです。 妨害系のカードは種類も多いんで「失楽園」で引いてくるとして、問題は「暗黒の召喚神」や「混沌の召喚神」を持ってくるカード。 この2枚は「失楽園」で引くよりもなんかサポート入れて直接デッキから引っ張ってこれるようにしたいところです。 「混沌の召喚神」はレベル1なので「ワン・フォー・ワン」対応なのが良いところ。 難点は手札コストがモンスターに限られているというところですが、「混沌の召喚神」を直接デッキから持ってこられるのは大きなメリットです。 「暗黒の召喚神」はどうしようか。 レベル5ですしなかなか・・・。 サーチだったら「クリッター」に対応してるんですが、「クリッター」のサーチってちょっと遅い気もしてしまうんですよね。 デッキからの特殊召喚で便利なのは「トランスターン」でしょうか。 闇属性悪魔族ばっかりなんで入れやすくはあります。 レベル4悪魔を入れる必要がありますが。 「ヘルウェイ・パトロール」とか良さげかもしれません。 墓地効果で直接手札から「暗黒の召喚神」出せたりするし、「ワン・フォー・ワン」で捨てるのにもちょうどいい。 ただ、「トランスターン」は使える場面が限定され過ぎてて微妙か。 事故率下げたいのに事故率上がりそう。 墓地送りだとどうでしょうか。 墓地に送りさえすれば「七精の解門」で復活させることができます。 呼び出す必要が無くても、墓地除外効果につなげることも出来ますし、便利そうな感じはします。 「暗黒の召喚神」の三幻魔サーチは手札から三幻魔を出す「混沌の召喚神」と相性良いですしね。 三幻魔ストラクは改造なしだといらないカードだいぶ入ってるんで、ここらをうまく必要なカードにアクセスできるやつに差し替えたいですね。 まとめ 三幻魔ストラクについてでした。 サポートが優秀で、デッキの方向性が見えてきたかと思います。 正直三幻魔はどれかに特化した方が良さそうな感じはしますが、僕は三幻魔全部入れたデッキにしたい。 それもアーミタイル軸じゃなく。 次回は改造後のデッキについて紹介したいと思います。 第2回はこちら。 ストラク収録のカードだけでとりあえずデッキの形にしてみました。

次の