アフターピル エラ。 【ella(エラ)】アフターピルの通販価格と効果&口コミ・評判|ピルの通販なび

エラ通販|アフターピル公式 ジェネクリ

アフターピル エラ

エラ 30mg 内容量 販売価格 ポイント 1箱単価 注文 1箱 5,450円 163 5,450円 カートに入れる 2箱 10,360円 310 5,180円 カートに入れる 3箱 14,720円 441 4,906円 カートに入れる 商品詳細 エラの特徴 エラは、先発薬であるエラワンと同一成分同一効果をもつジェネリック医薬品です。 服用により受精卵の着床を防ぐことが可能で、早めの服用で99%避妊に成功します。 5日以内(120時間以内)の服用でも高確率での避妊効果があるという、他のアフターピルと違う点が大きな特徴です。 性行為の途中で避妊具が破損した場合、避妊具の装着を怠った場合、合意のない性行為を強要された場合など、意志に反する妊娠を回避するために、日頃から緊急時の備えとしておすすめの商品です。 エラの効果 エラを摂取することにより、排卵・着床の抑制および精子通過の阻害、望まない妊娠を妨げる緊急避妊効果があります。 脳の錯誤によって黄体ホルモンを抑制、それにより子宮内膜の成長が抑制されることが効果発現のポイントとなります。 参考文献 エラについて詳しくはこちら エラの服用リミット 通常のアフターピルは性行為直後から24時間以内の服用が望ましいとされていますが、エラは 「5日以内(120時間以内)の服用」でも高い確率での避妊効果があります。 性行為から3日以内であれば95%、5日以内であれば85%の確率で避妊が可能になり、服用する 時間が早ければ早いほど避妊の成功確率が上昇します。 エラの適応症状 エラは、緊急避妊を必要とされる方のための医薬品です。 ・万が一の妊娠回避に備えておきたい方 ・他の避妊に失敗(もしくは失敗した可能性がある)、かつ妊娠を望まない方 ・予期せぬ性行為に苛まれ、妊娠を回避しなければならない方 ・中絶手術に至る以前に早期に望まない妊娠の不安を断ち切りたい方 エラの有効成分 エラの有効成分として含まれているウリプリスタール酢酸エステルは、子宮筋腫治療薬としても利用されている成分です。 子宮内膜、頸管粘液の状態を変化させることで、精子が子宮にまで入りにくくなり避妊が可能です。 参考文献 エラの有効成分(ウリプリスタール酢酸エステル)について詳しくはこちら エラの含有量・内容量 1箱に1錠1回分となります。 エラ1錠あたり、ウリプリスタール酢酸エステルとして30mgを含有しています。 製薬会社 アブディ・イブラヒム アブディ・イブラヒムはトルコ最大手の医薬品メーカーです。 GMPに則った生産設備を有しており、高品質な製品を生産しています。 アフターピル「エラワン」のジェネリック医薬品「エラワンジェネリック」は、世界中で支持されている商品です。 製薬会社 関連商品 その他のアフターピル エラと同じアフターピル商品です。 ・ WHO(世界保健機構)により必須薬として指定された信頼性の高い緊急避妊薬 ・ 望まない妊娠の不安がある性行為の後に服用する緊急避妊薬 ・ ノルレボのジェネリック医薬品で72時間以内に服用タイプの緊急避妊薬 この他のアフターピルはこちら その他の避妊薬 エラとは違ったタイプの避妊効果のある商品です。 ・ ホルモンバランスの変化に対応した副作用を発症するリスクが少ない低用量ピル ・ 有効成分を抑えて副作用を軽減した避妊や生理痛の改善に効果的な超低用量ピル ・ 膣内挿入タイプの女性用避妊フィルムでホルモンバランスを崩す心配のない商品 この他の避妊薬はこちら 同時服用におすすめのサプリメント 避妊薬で懸念される血栓症リスクの予防効果がある商品です。 ・ 血液をサラサラにする効果がある無臭性ソフトジェルタイプの健康サプリメント ・ 南極オキアミから抽出したクリルオイルに10種類のビタミンを配合した健康サプリメント 用法用量 エラの服用方法 望まない妊娠の可能性がある性行為後、 120時間以内に1錠服用します。 薬の副作用で吐き気や嘔吐する場合がありますが、服用後少なくとも3時間は、嘔吐で薬をはき出さないように注意してください。 エラの服用時の注意 薬を吐き出さないように注意 服用後、3時間以内に嘔吐してしまった場合は、薬の成分がしっかり体内に吸収されていない可能性があり、飲み直しをしなければなりません。 副作用の吐き気は、空腹で起こりやすくなります。 適度な軽食を取った後に薬を服用するとよいでしょう。 過度な飲食の後は、逆に食べ過ぎで吐き気や腹痛を起こしやすくなりますので控えましょう。 日常的な服用はNG 高確率で望まない妊娠を回避することが可能な医薬品ですが、女性の体に少なからず負担をかけることになります。 性行為のたびに服用するという使用方法は絶対に避けてください。 あくまでも緊急避妊薬として、非常事態が起きた際に使用することを心がける必要があります。 参考文献 エラの服用方法について詳しくはこちら 副作用 主な副作用 頭痛、吐き気、腹部または胃の痛み、めまい、疲労感、生理痛など エラを服用することで、一時的にホルモンバランスが急激に変化するため、副作用は少なからず生じます。 副作用は成分を体内に取り込むことで起こる一過性の症状ですので、時間の経過とともに症状は軽減されていきます。 個人差はありますが、服用して1~3日間程度、これらの症状が続く可能性もあります。 特に多い副作用 服用後の性器出血は多いとされている副作用です。 一般的に服用後の出血は、消退出血といわれる避妊成功の判断基準になる出血のことが多いようです。 しかしながら、消退出血と不正子宮出血の違いは一見わかりづらいものです。 生理周期をみながら異常や違和感がないかを見極め、気になることがあれば、医師の診察を受けるようにしましょう。 効果・副作用が強いと感じた場合 吐き気止め(酔い止め)の薬や頭痛薬であれば、併用しても飲み合わせには問題ありません。 その他の治療薬を服用する場合には、併用注意にあたる薬ではないかということを必ず確認するようにしてください。 参考文献 エラの副作用について詳しくはこちら 使用上の注意 重要な基本的注意 ・妊娠中の方は服用しないでください 既に妊娠している方への適応はありません。 (流産させるための薬ではありません。 ) ・異所性妊娠に注意してください 子宮外妊娠の既往歴がある方にも使用いただけますが、エラを服用した後の下腹部に痛みを感じる場合に、子宮外妊娠の可能性を考える必要があります。 エラを服用した後、健康状態や妊娠状態について何かしらの疑いがある場合は、かかりつけの医師による身体検査または骨盤検査をおすすめします。 ・繰り返し使用はしないでください エラは望まない妊娠を避けるために使用する緊急避妊薬です。 定期的な避妊の代用として使用してはいけません。 同一サイクル内での繰り返しの使用方法として、安全性および有効性が評価されていないため、同じ月経周期内でのエラの反復使用はしないでください。 ・CYP3A4誘導物質との併用は避けてください CYP3A4誘導物質であるリファンピンは、エラの血漿濃度を有意に低下させる働きがあります。 エラを服用する場合には、CYP3A4誘導物質と同時服用してはいけません。 ・使用後は受精能が急速に回復する可能性が高まります エラ使用後、受精能が急速に回復する可能性があるため、同じ月経周期で性交渉を行なう場合は、信頼度の高い避妊法を活用することをおすすめします。 ・月経周期への影響があります エラを摂取した後、月経が早くなったり遅くなったりする可能性があります(生理不順)。 ・性感染症に適応はありません。 エラを服用しても、HIV感染やその他の性感染症の治療効果はありません。 併用注意 ・CYP3A4を誘発する薬剤、薬草(ハーブ)またはそれらを含む食品は、エラの血漿濃度を低下させ、その有効性を低下させる可能性があります。 バルビツール酸塩、ボセンタン、カルバマゼピン、フレバメート、グリセオフルヴィン、オキシカルバゼピン、フェニトイン、リファンピン、セントジョンズワート、トピラメートなど これらの成分を含む医薬品および食品は、エラとの併用を避けてください。 ・プロゲスチン含む避妊薬は、排卵を遅延させるエラの能力を損なう可能性があります。 エラとそれらの成分を含む避妊薬の同時服用はしないでください。 またエラの摂取後、それらの成分が含まれた避妊薬を開始または再開したい場合は、5日以上日数を空けて行ない、次の月経まで信頼できる避妊法を併用してください。 ・イトラコナゾールまたはケトコナゾールのようなCYP3A4阻害剤は、エラの血漿濃度を増加させる可能性がありますので、併用しないでください。 参考文献 エラ(ウリプリスタール酢酸エステル)の併用注意について詳しくはこちら 保管方法と取り扱い上の注意 エラの保管方法 ・外箱に入れて、直射日光をさけて保管してください。 冷蔵庫に保管する必要はなく、直射日光や高温多湿は避けて室温で保存します。 ・子供の手の届かないところに保管してください。 誤って服用する可能性は避けましょう。 エラの取り扱い上の注意 ・外箱を開封後、可能な限りすみやかに使用してください。 ・消費期限が過ぎた薬は、服用しないでください 効果が発現しない場合や、身体に影響を及ぼす恐れがあります。 商品情報 エラの商品分類 医療用医薬品:ジェネリック医薬品 ジェネリック医薬品とは、新薬の特許期間が終わった後に他の製薬会社から同じ有効成分を使って開発され、有効性・安全性が新薬と同等であることが前提として、厳しい試験に合格したうえで、国が承認した医薬品のことです。 ジェネリック医薬品について詳しくはこちら エラの形状・剤形 経口服用タイプの錠剤 エラの対象性別 緊急避妊を望む成人女性 参考文献 このページの詳細は、下記サイトを参考にさせて頂いております。 お薬通販部では正確な情報提供を努めておりますが、情報の正確性および完全性を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。 医薬品情報サイト アメリカの国立バイオテクノロジー情報センターによる成分情報サイトです。 成分の概要から作用機序、構造式、分類など、より専門的な情報を閲覧できます。 作成日と変更日が記載されていて、新しい情報を常に確認できます。 病気や症状についての情報や日常生活における習慣など、健康に関するニュースが載っているサイトです。 医薬品の有効成分だけではなく、健康食品の検索も可能です。 また、BMI電卓やフィットネスカロリー・フードカロリーカウンター、排卵計算機などのツールも充実しています。 ウィキメディア財団が管理・運営しているインターネット百科事典(海外版)です。 詳細かつ、網羅的な情報を掲載しており、他の辞書サイトでは容易に確認できないような事柄についての記事を確認することが可能です。 製薬会社サイト アブディ・イブラヒムはトルコ最大手の医薬品メーカーです。 GMPに則った生産設備を有しており、高品質な製品を生産しています。 アフターピル「エラワン」のジェネリック医薬品「エラワンジェネリック」は、世界中で支持されている商品です。 行政機関サイト 生活の保障や経済発展のため、国民の健康や子育て、社会福祉、介護、雇用・労働、年金に関する政策を所管している国の行政機関のサイトです。 医療保険制度の制定も担い、海外医薬品の輸入に関する規則や検査も行っています。 梱包状態 差出人名は『お薬通販部』の名称では、ございません。 発送国名のみの記載、もしくは発送国業者名となります。 不在伝票投函の際には、発送国名を記載されることがほとんどですので、あらかじめご了承ください。 外箱にご注文の商品名や医薬品名が表記されることはございませんので、配送員の方やご家族の方などに内容物を知られることなく受け取ることができます。 梱包状態について詳しくはこちら 医薬品等の通販・個人輸入について 医薬品等の個人輸入については、日本の薬機法(旧薬事法)により規制があります。 個人レベルでの購入と定められており誰かの代わりに通販購入する、購入後に第三者への譲渡などの行為は禁じられています。 ご注文者ご本人が、個人で使用する分を購入可能数量の範囲内でご注文ください。 医薬品等の通販・個人輸入について詳しくはこちら• 参考文献 医薬品の個人輸入について詳しくはこちら.

次の

アフターピルを安く買うならベストケンコーがおすすめ

アフターピル エラ

世の中には、望まない妊娠を回避するために緊急的に服用することで避妊できる薬があります。 アフターピルというものです。 エラワンとはそのアフターピルの一種で、2009年からフランスやイギリスなどのヨーロッパ26ヶ国で使われるようになりました。 日本でも、あすか製薬がライセンスを持っているため日本国内でも開発が進められていて、緊急避妊薬としてはもちろんのこと、子宮筋腫の治療の一貫として使われることもあります。 アフターピル「エラワン」の効果 アフターピルとは、性行為の後に飲む避妊薬です。 性行為の後なのでアフターピルなのですが、例えばコンドームなど避妊具を使って避妊したはずなのに、性行為が終わった後コンドームが破けていたり外れていることに気づいたとします。 これは避妊に失敗したことになるので注意が必要です。 ちょっとぐらい大丈夫だろうと思っていれば望んでいない妊娠をしてしまう可能性があります。 そんなときに役立つのが緊急避妊薬のアフターピルなのです。 性行為の後、緊急的に服用することで妊娠の可能性をなくしてくれます。 ホルモンをコントロールすることで、受精しにくくしたり、万が一受精しても着床しないように体調をコントロールします。 エラワンもアフターピルの一種なので同じ効果をもたらします。 エラワンに含まれている成分 エラワンには、主成分としてウリプリスタール酢酸エステルが含まれています。 これはホルモンのバランスを調整する作用をもたらす効果がある成分です。 そのため、服用することで月経を誘発させることが出来ます。 これによって妊娠を回避できるという仕組みなのです。 卵子と精子が受精することを防ぐ、または受精しても子宮内に着床させない効果をもたらします。 高い確率で防ぐことは出来ますが、その確率は100%ではないので、あくまでも避妊に失敗したときの緊急避妊薬として意識してください。 他のアフターピルとエラワンの違い 通常のアフターピルは、遅くても72時間以内に飲むことが条件となります。 そのため、うっかり飲み忘れると避妊が出来なくなりますが、エラワンは、遅くとも5日以内に飲むことが条件となっています。 5日以内の服用でも避妊の確率が95%もの効果があるため、万が一のとき、うっかり飲み忘れたときでも高い効果を得られます。 通常のアフターピルは72時間以内の服用で1回あたり3,000円前後ですが、エラワンは効果が高いこともあり5,000円前後が相場となっています。 エラワンを正しく服用するために エラワンを正しく服用する方法ですが、他のアフターピルに比べて5日間という猶予があるものの、少しでも早く飲めばそれだけ避妊の確率を高めることができます。 出来ればストックとして1錠、吐いてしまったりしたときのためにもう1錠あると万が一のときに安心です。 また、薬の効果が強すぎてはいてしまうことを防ぐためにも、食事を取ってから飲んだり、急ぎたい場合は吐き気止めと一緒に飲むことで薬の作用をしっかり浸透させることができます。 ちなみに性行為のあと72時間以内に服用できた場合は95%以上、120時間以内であれば85%の成功率があります。 これを見ても、5日以内より3日以内のようが格段に避妊率が高いことがわかります。 エラワン服用後3週間以内に生理が来れば成功 エラワンを飲んだ後、どうなれは避妊成功なのか、失敗なのかが気になる方も多いことでしょう。 実際に飲んでから3日から3週間後までの間に生理が来れば避妊が成功した証です。 まとまった経血が出ることが条件となります。 精子と卵子の受精、または受精卵の着床を防いだことになります。 そのため、長くても3週間を超えて生理がこない場合は妊娠した可能性があります。 早急に妊娠検査薬で調べるか、近くの婦人科で診察を受けましょう。 ちなみに受精卵が子宮に着床した際に少量の出血が見られることもあるので、勘違いしないように気をつけましょう。 あくまでも月経としてまとまった出血があるかどうかが見極めるコツです。 副作用や注意点をチェック 一般的にエラワンを飲んで副作用として報告されているのは吐き気や嘔吐、体がだるくなる、おなかが張る、おなかの痛み、むくみなどです。 これらの症状は薬の効果が切れるのと同時になくなれば問題はありませんが、あまりにも状態が酷い場合は早急に病院で診察を受けてください。 体に合わない可能性があります。 それからエラワンを飲んではいけない方は妊娠している女性です。 また、心配だからと1度飲んでから連続して服用することは絶対に駄目です。 市販されている通常のピルとは違うので、常用も避けましょう。 まとめ しっかり避妊をしたはずなのに失敗したときや、恋人やパートナーが避妊に協力的ではなかったとき、もしかしたら妊娠するかもしれない、と望まない妊娠におびえて過ごすことは女性の心に大きな負担をかけます。 もしも妊娠してしまったら、今度は体にも負担がかかります。 そうならないためにも万が一に備えてアフターピルのエラワンを準備しておきましょう。 常用することは薦められないので、普段はコンドームなどの避妊具を使ってしっかり避妊をして、もしかしたら妊娠してしまうかもという場合に緊急的にエラワンを服用しましょう。 服用した後に吐いてしまうことも考えて、少なくとも2回分は手元にあると安心です。 女性自身が体と心を守るために、ぜひ準備しておいてください。

次の

アフターピル

アフターピル エラ

エラとは エラは、トルコのアブディ・イブラヒム社が製造販売しているアフターピルで、有効成分が「ウリプリスタール酢酸エステル」で1錠タイプの経口避妊薬です。 通常のピルと違ってコンドームが破れてしまった場合やコンドームを使用せずに性交渉をしてしまった場合、ピルを飲み忘れていた場合、予期せぬ膣内射精があった場合に使用するもので、ピルのように毎日服用する薬ではありません。 性行為後から120時間以内で使用することが出来るため、性行為後の数日後に不安な場合でも5日以内であれば服用することが出来るアフターピルでもあります。 エラの効果 エラの有効成分は「ウリプリスタール酢酸エステル」で当クリニックでも扱っているノルレボやアイピルの有効成分である「レボノルゲストレル」とは異なる成分で、黄体ホルモン飲みの含有でエストロゲンを含まない経口避妊薬です。 また、子宮筋腫の治療のためにも用いられることもある経口避妊薬です。 アフターピルとしての避妊効果 エラの有効成分である黄体ホルモンの「ウリプリスタール酢酸エステル」は排卵を抑制する働きや子宮内膜の増殖を抑える働き、子宮頸管の粘液を増加させ精子を通りにくくする働きがあります。 エラの黄体ホルモンの量は30mgと持続的な避妊目的で使用する低用量ピルなどと比べて黄体ホルモンの量が多いため1回1錠の服用で十分な避妊効果を得られるでしょう。 一般的なアフターピルは72時間以内の服用が必要ですが、エラは120時間以内の服用でも効果を得られるとされています。 子宮筋腫の治療薬 エラはアフターピルとして使用されるだけでなく、子宮筋腫の治療薬としても使用されます。 子宮筋腫は、子宮に良性の腫瘍ができる病気で原因ははっきりと分かっていませんが、女性ホルモンの中でもエストロゲンが関係していると考えられています。 経口避妊薬のエラはエストロゲンを含まない黄体ホルモンのみの避妊薬ですので、子宮筋腫の腫瘍を大きくさせる原因であるエストロゲンの分泌量を薬によってコントロールすることで、子宮筋腫の治療薬として使用されています。 副作用 エラの主な副作用は、不正出血や消退出血、吐き気、頭痛、胸の痛み、経血量の増加や減少または生理不順、疲労、下腹部痛などが報告されています。 エラを使用する約半数の方に、消退出血が起こりますので生理用のナプキンやタンポンを着用しておきましょう。 また、消退出血だと考えられる出血の中には不正出血や着床出血と区別できない場合もありますので、ご自身の生理周期を確認して必要に応じて医師による診察を受けましょう。 エラの価格 エラの価格は多くの病院で、一回1錠10,000円~20,000円程度で購入 することができます。 エラは単回使用のみで性行為後の度に使用するお薬ではなく、決して安い金額ではないため緊急度の高い場合に服用を考え、通常時はピルを服用することや、コンドームを付けて性行為を行うことなどの対策が大切です。 ネオクリニックでのエラの価格は エラ 9,000円/1回 となっています。 エラの飲み方 エラは、望まない妊娠を避けるために使用されるものですので、コンドームのトラブルなどで緊急度の高い場合に服用します。 一時的に体のホルモンバランスを急激に変えてしまいますので、その分体への負担も大きくなります。 そのため正しく服用することが大切です。 120時間以内の服用 エラは妊娠の可能性がある性行為後、120時間以内に1錠飲むタイプの避妊薬です。 エラはは、できるだけ速やかに服用することが勧められており妊娠の可能性がある性行為後72時間以内に服用することが理想的です。 エラは服用後の薬の効果が現れるまでに2~3時間かかりますので、緊急時はなるべく早く病院を受診し医師による処方を受けましょう。 また、服用後の2時間以内に嘔吐の症状がある場合には、アフターピルの効果が得られない場合がありますので、再度受診し医師と相談することが大切です。 120時間を過ぎてしまったら エラは72時間以内に服用することで理想的な避妊効果を得ることができ120時間以内の服用で85%が避妊の効果を得ることができますが、性行為後から120時間が過ぎてしまった場合でもエラを服用することができます。 妊娠の可能性がある性行為後、120時間を過ぎてアフターピルを服用した場合には、性行為後の120時間以内と比べると効果は大きく落ち込んでしまいますが、それでも一定の効果を期待することができますので、医療機関を受診して医師と相談しましょう。 服用後の出血 エラは一度の服用で、体の中のホルモンバランスが大きく変化するため服用した方の約半数で3~21日の間に消退出血の症状がみられます。 出血には不正出血と消退出血があり、消退出血であれば問題はありません。 服用後の出血は避妊が成功したものと判断されることが多いですが、出血の種類の中には着床出血や不正出血である場合も考えられますので、服用後に体に変化がある場合は病院を受診し検査を受けましょう。 こういう方にエラがお勧め エラは望まない妊娠の可能性がある際に、アフターピルとして緊急時に服用する経口避妊薬です。 特にエラは服用までの期間に余裕があることから、アフターピルを飲むべきかどうか悩んでいる人にも好ましいとされています。 日ごろから低用量ピルの服用やコンドームの着用で避妊を行っておく必要がありますが、予期せぬトラブルが起こる場合もあります。 以下のような方はアフターピルを服用することが望ましいとされています。 望まない妊娠の可能性がある方 避妊をしていないまま性行為をした場合や、コンドームが破れてしまったり外れてしまったりしていた場合、膣内射精、性被害などで妊娠の可能性がある方の服用が好ましいとされています。 エラは性行為後の服用までの期間に余裕がありますので、その間にパートナーとしっかり話し合う機会を設けることができます。 アフターピルは体のホルモン量が急激に変化するため、体の負担が大きくなりますので服用する際はしっかりと考えることが大切です。 性行為後72時間以上たっている方 アフターピルの処方受けたい方で服用する時間が性行為後の72時間を過ぎる可能性がある方や、72時間を過ぎてしまった方は120時間以内に十分な効果を発揮するエラがオススメです。 当クリニックで扱っているノルレボは72時間以内に服用ですがエラは120時間以内と余裕があるため、体質や効果、経過時間を含めてどちらを服用するのか決定しましょう。 子宮筋腫と診断を受けた方 エラはエストロゲンを含まない経口避妊薬で、黄体ホルモンの含有量が多いことから子宮筋腫の治療薬としても使用される薬です。 子宮筋腫の診断を受けた方であれば、医師と相談の上で使用することができますのでお気軽にご相談ください。

次の