はとこの親。 はとこの意味がパッと分かる!家系図と「サザエさん一家」で一目瞭然

家系図・親等数

はとこの親

続柄とは? 読み方は 「つづきがら」です。 一般的に「ぞくがら」と読むことが多いですが、「ぞくがら」は俗称で、正しくは「つづきがら」です。 続柄は血縁関係や婚姻関係を示す言葉で、関係の度合いを 「親等(しんとう)」という言葉で表します。 「親等」は、自分をゼロとし、自分の親や自分の子など、最も近い人を「一親等」、自分の兄弟姉妹や孫などを「二親等」、自分の叔父や叔母などを「三親等」、その後離れて行くごとに数字も増えて行きます。 また、血縁関係や婚姻関係で繋がりのある人たちの総称を 「親族(しんぞく)」とも言い、 民法で親族は「六親等内の血族(血の繋がりのある人)、配偶者、三親等内の姻族(配偶者の血族や自分の血族の配偶者)」と定められています。 では「いとこ」と「はとこ」の意味を見ていきましょう!「いとこ」と「はとこ」は何親等にあたるのでしょうか? 「いとこ」の意味とは? 「いとこ」は、四親等の親族で、自分の両親の兄弟姉妹の子のことです。 父母の兄弟姉妹は自分からみると叔父叔母(三親等の親族)にあたり、叔父叔母の子どもが「いとこ」ということです。 自分から見ると、〇親等は以下のようになります。 一親等・・・父母、子 二親等・・・兄弟姉妹、孫、祖父母 三親等・・・ひ孫、曾祖父母、叔父叔母、甥姪 四親等・・・玄孫、高祖父母、 いとこ、大叔父大叔母 「いとこ」は自分より年上か年下か、いとこ同士の性別などによって漢字表記がかわります。 いとこが一人の場合は、漢字表記では以下のようになります。 読み方はいずれも「いとこ」です。 自分より年上・・・従兄、従姉 自分より年下・・・従弟、従妹 いとこが複数人いる場合は以下のようになります。 この場合もすべて読み方は「いとこ」になります。 自分から見て男性同士のいとこ・・・従兄弟 自分から見て女性同士のいとこ・・・従姉妹 自分から見て男女のいとこで、男性が年長の場合・・・従兄妹 自分から見て男女のいとこで、女性が年長の場合・・・従姉弟 自分から見て男女のいとこで、どちらも年長の場合・・・従兄姉 自分から見て男女のいとこで、どちらも年少の場合・・・従姉弟 いとこを総称すると・・・従兄弟姉妹 「はとこ」の意味とは? 「 はとこ」は、六親等の親族で、自分の両親のいとこの子のことです。 自分の祖父母の兄弟姉妹が「大叔父大叔母」で、大叔父大叔母の子が「いとこちがい」、いとこちがいの子が「はとこ」になります。 自分から見ると、〇親等は以下のようになります。 一親等・・・父母、子 二親等・・・兄弟姉妹、孫、祖父母 三親等・・・ひ孫、曾祖父母、叔父叔母、甥姪 四親等・・・玄孫、高祖父母、いとこ、大叔父大叔母 五親等・・・来孫、五世の祖(高祖父母の両親)、いとこちがい 六親等・・・昆孫、六世の祖(五世の祖の両親)、 はとこ 両親のいとこは自分から見ると 「いとこちがい(五親等の親族)」といい、 「いとこちがい」の子が「はとこ」です。 「はとこ」は、 「またいとこ」や 「ふたいとこ」とも言い、意味は同じです。 「はとこ」もいとこと同じように自分より年上か年下か、はとこ同士の性別、父方か母方かなどによって漢字表記がかわります。 はとこが一人の場合は、漢字表記では以下のようになります。 読み方はいずれも「はとこ」です。 自分より年上・・・再従兄、再従姉 自分より年下・・・再従弟、再従妹 はとこが複数人いる場合は以下のようになります。 いずれも読み方は「はとこ」です。 自分から見て男性同士のはとこ・・・再従兄弟 自分から見て女性同士のはとこ・・・再従姉妹 父方の、自分から見て年長の男性のはとこ・・・従堂兄 父方の、自分から見て年上の女性のはとこ・・・従堂姉 父方の、自分から見て年少の男性のはとこ・・・従堂弟 父方の、自分から見て年少の女性のはとこ・・・従堂妹 父方の、男性同士のはとこ・・・従堂兄弟 父方の、女性同士のはとこ・・・従堂姉妹 父方の、男女同士のはとこ・・・従堂兄妹 母方の、自分から見て年長の男性のはとこ・・・従表兄 母方の、自分から見て年長の女性のはとこ・・・従表姉 母方の、自分から見て年少の男性のはとこ・・・従表弟 母方の、自分から見て年少の女性のはとこ・・・従表妹 母方の、男性同士のはとこ・・・従表兄弟 母方の、女性同士のはとこ・・・従表姉妹 母方の、男女同士のはとこ・・・従表兄妹 はとこの次は? はとこの次は 「三従兄弟姉妹(みいとこ)」で、八親等の親族で、自分の両親のはとこの子、自分の高祖父母の玄孫にあたります。 更に 「よ(四)いとこ」「いつ(五)いとこ」「む(六)いとこ」と続くそうですが、民法で親族は「六親等内の血族、配偶者、三親等内の姻族」と定められていますので、六親等の「はとこ」までを親族として考えると良いようです。 いとこのいとことは? 「いとこのいとこ」は、自分とは血のつながりはなくなり、六親等を超えてしまうため親族とは考えず、特に呼び方もないようです。 叔父叔母の子は、自分とは「いとこ」になります。 その「いとこ」からみて「いとこ」ということは、自分の叔父叔母の兄弟姉妹の子・・・ということになるのですが、ここでは、自分の父親と叔父が兄弟として考えてみましょう。 叔父の配偶者である叔母は、自分とは血のつながりはなく、その叔母の兄弟姉妹の子が「いとこのいとこ」にあたります。 「いとこ」や「はとこ」は結婚できる? 民法では、「直系血族又は三親等内の傍系血族の間では、婚姻をすることができない」と、近親者の婚姻を禁止しています。 直系血族とは、両親、祖父母、子、孫など、自分から直線的なつながりがある人のことで、傍系血族とは、兄弟姉妹、いとこ、叔父叔母などの、自分から横につながりがある人のことです。 以上のことから、 いとこは四親等の傍系血族、はとこは六親等の傍系血族なので、結婚することが可能です。 いとこやはとこを漢字表記するとびっくりするくらい種類があるんですね。 昔は兄弟姉妹の数が多かったため、いとこやはとこの数も当然多く、自分との関係を表すために、読み方は同じでも漢字表記の数も多くなったそうですよ。 自分と親戚がどういう関係にあるのか、家系図を書きながら確認していくとわかりやすいかもしれませんね。 関連: 関連: -.

次の

続柄

はとこの親

冠婚葬祭などで、どの範囲までの親戚に知らせるか、あるいは呼ぶかについて頭を悩ませるのが「親戚関係」(親族関係)です。 「代替わり」すると、名前も知らないし、顔も見たこともないなじみの薄い親戚が増えて来ます。 また「親戚関係」の呼び名も、祖父母・曽祖父母などの「直系尊属」や、孫・曽孫などの「直系卑属」、「いとこ」「おじ・おば」あたりまではよくわかりますが、それ以外の「遠縁」になると呼び方も分からないという人も多いと思います。 「はとこ」という親戚も、誰のことを指すのか、即座に言える人は少ないのではないでしょうか? 今回はこれについて考えてみたいと思います。 1.「はとこ」とは? 「はとこ」とは、つぎのような親戚のことです。 なお「はとこ」は、「また(又)いとこ」とか「ふた(二)いとこ」とも呼ばれます。 テレビアニメの「」のタラちゃんとイクラちゃんとの関係が「はとこ」です。 「はとこ」は法律用語では「 6親等の傍系血族」と呼ばれています。 2.「はとこ」の漢字は? 関係に応じて、いろいろな漢字で表されます。 (1)「自分から見て年長か年少か」による漢字表記 年長の男性の場合は「再従兄」、年長の女性の場合は「再従姉」となり、年少の男性の場合は「再従弟」、年少の女性の場合は「再従妹」となります。 (2)「性別」による漢字表記 男性同士の場合は「再従兄弟」、女性同士の場合は「再従姉妹」、男女同士の場合は「再従兄妹」となります。 (3)「父方のはとこで、年長か年少か」による漢字表記 年長の男性の場合は「従堂兄」、年長の女性の場合は「従堂姉」となり、年少の男性の場合は「従堂弟」、年少の女性の場合は「従堂妹」となります。 (4)「父方のはとこで、性別」による漢字表記 男性同士の場合は「従堂兄弟」、女性同士の場合は「従堂姉妹」、男女同士の場合は「従堂兄妹」となります。 (5)「母方のはとこで、年長か年少か」による漢字表記 年長の男性の場合は「従表兄」、年長の女性の場合は「従表姉」となり、年少の男性の場合は「従表弟」、年少の女性の場合は「従表妹」となります。 (6)「母方のはとこで、性別」による漢字表記 男性同士の場合は「従表兄弟」、女性同士の場合は「従表姉妹」、男女同士の場合は「従表兄妹」となります。 3.「はとこ」同士は結婚できるのか? 結論から言うと、「 はとこ」 同士は結婚できます。 近親結婚は、特異な遺伝的形質や奇形が多いなどの遺伝的な弊害が出やすいことから禁止ないし制限されています。 民法第734条では「近親者間の婚姻の禁止」として、「直系血族又は三親等内の傍系血族の間では、婚姻をすることができない」と定めています。 「はとこ」は「6親等の傍系血族」ですので、この禁止対象に該当しません。 なお、本論からは離れますが、「いとこ」同士も「4親等の傍系血族」なので、日本では結婚が可能(いわゆる「いとこ夫婦」)となっています。 ただ、韓国や中国、アメリカの一部では禁止されているそうです。 これは近親結婚が遺伝的な弊害が出やすいことを考慮したものと思われます。

次の

はとこ

はとこの親

はとことは はとことはどのように定義されているのでしょうか。 一番分かりやすく説明をすると、 「祖父母の兄弟姉妹の孫」となります。 他にも以下の続柄がはとこに該当します。 祖父母の大甥・姪• いとこおじ・おばの子供• 父母のいとこの子供 これでは中々ピンと来ませんね。 画像で確認してみることにしましょう。 上記の青色の部分がはとことなります。 そのため、はとこは法律用語では 6親等の傍系血族とも呼ばれています。 また、世代は「自分」と同じになりますので、家系図上では「自分」と同じ高さの続柄となります。 はとこの漢字とは はとこの漢字の種類は多く、それぞれの漢字に意味が備わっています。 はとこの漢字を全て確認してみましょう。 漢字の種類• 自分から見て年長の男性の場合は「再従兄」• 自分から見て年長の女性の場合は「再従姉」• 自分から見て年少の男性の場合は「再従弟」• 自分から見て年少の女性の場合は「再従妹」• 男性同士のはとこ関係を「再従兄弟」• 女性同士のはとこ関係を「再従姉妹」• 男女同士のはとこ関係を「再従兄妹」• 父方の自分から見て年長の男性のはとこは「従堂兄」• 父方の自分から見て年長の女性のはとこは「従堂姉」• 父方の自分から見て年小の男性のはとこは「従堂弟」• 父方の自分から見て年小の女性のはとこは「従堂妹」• 父方の男性同士のはとこ関係を「従堂兄弟」• 父方の女同士のはとこ関係を「従堂姉妹」• 父方の男女同士のはとこ関係を「従堂兄妹」• 母方の自分から見て年長の男性のはとこは「従表兄」• 母方の自分から見て年長の女性のはとこは「従表姉」• 母方の自分から見て年小の男性のはとこは「従表弟」• 母方の自分から見て年小の女性のはとこは「従表妹」• 母方の男性同士のはとこ関係を「従表兄弟」• 母方の女同士のはとこ関係を「従表姉妹」• 母方の男女同士のはとこ関係を「従表兄妹」 漢字の種類が多い理由 なぜこんなにもたくさんの漢字があるのでしょうか。 その理由は日本の歴史にあります。 現代でははとこ関係が複雑になることはあまりありませんが、昔の日本はそうではありませんでした。 明治~昭和の時代では養子縁組が頻繁に行われ、10人兄弟が珍しくありませんでした。 そうすると、はとこの数が非常に多くなってしまいます。 お互いの関係や年齢・性別を伝えるために、はとこの漢字はこれだけの数になったというわけです。 また、いとこの場合も同様で続柄の漢字の種類が多い傾向が見られます。 はとこの別名 実は「はとこ」には、「はとこ」以外の呼び方が存在しています。 それが 「またいとこ」と「ふたいとこ」というもので、はとこと意味は全く同じですが異なる呼び名ですね。 これは「自分のいとこ、父母のいとこと跨ぐ」という意味で、「又(また)いとこ」や「二(ふた)いとこ」として使われる呼び名です。 はとこは親族? 法律上、はとこは親族にあたるのでしょうか。 民法では親族の定義を以下のように定めています。 【民法】 第4編「親族」 第1章「総則」 (親族の範囲) 第725条 次に掲げる者は、親族とする。 一 6親等内の血族 二 配偶者 三 3親等内の姻族 上記を確認すると、親族の定義に「6親等内の血族」という文言があります。 先ほど解説をしたように、 はとこは6親等の傍系血族となりますので親族に該当していることが分かりますね。 はとこと結婚することは出来る? 「はとこと結婚することは出来るか」という問題ですが、 はとこと結婚することは出来ます。 民法では、近親者の婚姻の禁止として以下を定めています。 【民法】 (近親者間の婚姻の禁止) 第734条 直系血族又は三親等内の傍系血族の間では、婚姻をすることができない。 この条文によると、「直系血族」と「3親等内の傍系血族」の間では結婚をすることが出来ないことがわかります。 はとこは6親等の傍系血族となりますので、結婚することが出来るという事ですね。 まとめ 今回は、はとこの意味について解説をしてきました。 頭では整理しにくい続柄でも家系図にしてしまうとわかりやすくなりますね。

次の