水漏れ 修理 方法。 ネスカフェバリスタを自分で修理する方法

トイレの水漏れでよくあるパターン4つとその修理方法

水漏れ 修理 方法

浴槽での水漏れ原因と修理方法 水回りでの代表的なトラブルに、水漏れがあります。 今回は、その中でも浴槽での水漏れの原因や修理方法についてご紹介します。 「浴槽から水漏れしているけど、どうしたらよいかわからない」「浴槽の水漏れって自分で直せるの?」といった方は参考にしてみてください。 浴槽の水漏れ箇所を特定する方法 自分でも水漏れ箇所を特定する方法があります。 まず、浴槽に水をためましょう。 水漏れが起きていれば、水位が途中で止まってしまう場合と、浴槽内の水がすべてなくなってしまう場合に分かれます。 水位が途中で止まってしまう場合は、浴槽のひび割れや傷などが原因で水が漏れていると考えられます。 また、給湯する穴の接続金具付近で止まる場合には、給湯器の給排水管に問題があるでしょう。 浴槽内の水がすべてなくなってしまう場合は、ゴム栓や排水栓の劣化や破損が考えられます。 では、それぞれどのように修理していけばよいのでしょうか。 以下で見ていきましょう。 【修理1】浴槽のひび割れが原因の水漏れ 浴槽のひび割れが原因の場合、ひび割れている部分を補修する必要があります。 事前に以下のものを準備しておきましょう。 補修材• 水中ボンドまたは接着剤• 防水テープ 浴槽の素材に合う補修材を用意してください。 浴槽によって「FRP(樹脂素材でできているプラスチックのこと)」や「人工大理石」「ステンレス」「木材」などがありますので、ご家庭に合う素材の補修材を購入しましょう。 また、補修材を貼り付けるための水中ボンドまたは接着剤、防水テープも購入しておきましょう。 防水テープがなくても貼り付けることができますが、使用することでより補修効果が高まります。 なお、これらのアイテムはすべてホームセンターやネット通販で揃えることができます。 補修方法は、水中ボンドや接着剤をひび割れ部分に塗った後、防水テープで補修材を貼り付けたら完了です。 水中ボンドや接着剤は、つけすぎてしまうと見た目が悪くなってしまうので、傷やひびを埋める程度につけててください。 【修理2】排水溝や排水栓の水漏れ 排水溝や排水栓の劣化が原因の場合は、ゴム栓や排水栓を新しいものと交換しましょう。 このとき、ゴム栓や排水栓は浴槽の規格に合ったものを購入しなければなりません。 もしわからない場合は、浴槽のメーカーに問い合わせて型番を確認してください。 ゴム栓や排水栓を用意したら、古いものと交換していきましょう。 ゴム栓の交換は、リングをチェーンから外すことで、新しいものを取り付けられます。 排水栓を交換する際は、まず排水栓のボタンを押して、排水栓を開けましょう。 そして、栓を上に引いて、取り外してください。 排水口内部が汚れている場合は掃除をしてから、新しい排水栓を取り付けましょう。 取り付ける際はパチッという音が鳴ったら完了です。 【修理3】排水管からの水漏れ 浴槽で水漏れする場合は、浴槽につながっている排水管が緩んでいたり破損していたりすることがあります。 排水管は通常床下に通っているので、自分で修理することは難しいでしょう。 そのため、この場合は修理を業者に依頼することをおすすめします。 浴槽の水漏れを予防するには 浴槽は汚れや衝撃によって劣化していき、水漏れを引き起こします。 そのため、定期的な掃除をおこなうことや衝撃を与えないようにすることが、水漏れ予防につながります。 もし、すでに水漏れ被害が進行していて自分では対処できない場合は、なるべく早く業者に依頼することをおすすめします。 業者に依頼することで、水漏れ修理のプロが作業をおこなってくれるので、原因を突き止めて浴槽を修理してくれます。 弊社では、24時間年中無休で受け付け対応しています。 そのため、深夜や早朝に水漏れが起こった場合でも焦らずにご相談ください。 お風呂で起こるその他の水漏れトラブル お風呂では、浴槽以外にも水漏れトラブルが起こることがあります。 蛇口やシャワー、給湯器などで起きる水漏れについて、以下で詳しく見ていきましょう。 お風呂で水漏れが起きる場所 お風呂で浴槽以外に水漏れが起こるところとしては、以下の場所があります。 蛇口 蛇口部分で水漏れがしている場合、部品の劣化・破損、ナットなどの接続部品の緩み、ホースやパイプの劣化・破損の3つの原因が考えられます。 蛇口には使われている部品がたくさんあるため、自分で水漏れの原因を探すのが難しいです。 そのため、蛇口から水漏れが起きている場合には業者に依頼するとよいでしょう。 シャワー シャワーの水漏れ症状には、以下のようなものがあります。 シャワーヘッドからチョロチョロと水が出ている• シャワーホースの付け根から水が漏れている シャワーヘッドから水が漏れている場合には、「残留水(シャワーヘッド内部に残っている水)が出ている場合」と「蛇口の部品が劣化・破損」している場合があります。 残留水の場合は、しばらくすれば水漏れは止まります。 しかし、しばらくしても水が止まらなければ、水を出したり止めたりするときに動かす「バルブ」に問題があると考えられます。 その場合は、バルブを新しいものに交換しなければなりません。 バルブの交換については、バルブを購入した際についてくる交換説明書をしっかりと読みながらおこなってください。 自分では難しいと感じたときは、無理をせずに業者へ依頼することをおすすめします。 不安なまま交換をおこなうと、正常なパーツを壊してしまい、被害が拡大するおそれがあるからです。 シャワーホースの付け根の水漏れの場合は、シャワーヘッドとシャワーホース、またはシャワーホースと蛇口本体から水漏れが起こっている場合の2パターンがあります。 これらの場合は、それぞれの「パッキン」の劣化が原因だと考えられるので、新しいものと交換しましょう。 こちらも自分で交換することが不安なときは、業者に依頼することをおすすめします。 水漏れは悪化させないことが最も重要だからです。 給湯器 給湯器から水漏れしている場合もあります。 その場合は、「給排水ホースの劣化・破損」や「給湯器内の部品の劣化」などが原因として考えられます。 給湯器関連の交換作業は、自分で修理するには難しいことなので、業者に依頼しましょう。 床や壁 床下や壁内部で水漏れが起こっている場合もあります。 床下や壁内部は直接確認することができないので、自分で気づくのが遅れてしまう場合が多いです。 しかし、もし水漏れを放置してしまうと、床や壁に使われている建材が傷むおそれがあります。 傷んだ建材はシロアリの標的にもなってしまいますので、大切なご自宅を守るためにも早急な対処が必要です。 「壁内部から水音がする」「水道代がいきなり高くなった」と感じたとき、浴槽やキッチンといった水回りで水漏れを確認できない場合は、業者に調査してもらいましょう。 床下や壁内部で水漏れが起きているおそれがあります。 お風呂の水漏れ修理は自分でできる? お風呂の水漏れは、以下のようなときに自分で直すことができます。 水漏れの原因がわかっている• 修理するための部品や道具を自分で用意することができる• 簡単に直すことができる これらの場合は自分でも直すことが可能ですので、試してみてもよいかもしれません。 ただ、原因がわからない場合、修理する道具を調達するのが困難な場合、修理方法が複雑な場合は業者に依頼することをおすすめします。 なぜなら、原因を突き止めたり、修理したりするのには専門的な知識や技術が必要とされる場合も少なくないからです。 お風呂の水漏れにはさまざまな原因があります。 自分で特定するのが難しい場合も多く、また、お風呂によって使われている部品の型番が異なるため、どれを選べばよいかわからない場合もあるでしょう。 部品を調達できたとしても、修理方法が複雑な場合は自分では直せないかもしれないので、修理できそうもない場合は無理せず業者に依頼してください。 そのため、「水漏れの原因がわからない」「自分で修理ができるか不安」という方は、業者に依頼しましょう。 弊社では加盟店スタッフによる現地調査を無料でおこなっています。 現地調査だけでも承っておりますので、「水漏れが起きているのか」「水漏れの原因は何か」という疑問を解消するためにも、ぜひご利用ください。 お風呂の水漏れ修理にかかる費用相場 水漏れ修理を業者に依頼するとなると、「費用が心配」という方も多いでしょう。 そこで、ここでは業者に依頼した場合の費用相場についてご説明します。 水漏れ修理の費用相場 業者に見積りを依頼した際、大きく分けて「基本料金」と「作業料金」がかかります。 基本料金とは、ガソリン代や駐車料金などの、業者が修理場所に行き来する際にかかる料金のことです。 向かう場所によって金額が変動する業者と、金額を一定にしている業者があります。 一定に設定している業者の基本料金相場は、4,000円程度です。 作業料金は水漏れ修理の原因によって異なります。 浴槽のひび割れは10,000円程度、パッキンやゴム栓などの消耗部品の交換は3,000円~4,000円程度、シャワーホースや排水栓などの消耗品でない部品は4,000円~8,000円程度が相場です。 また、水道に問題がある場合の相場は12,000円程度で、給湯器に問題がある場合の相場は15,000円~35,000円程度です。 水漏れを放置するリスク 水漏れを放置すると、以下のようなリスクがあります。 水道代の上昇• 設備の劣化やカビの発生• シロアリなどの害虫の発生 水漏れの放置によって水道代がかかるのはもちろん、部品が摩擦してさらに設備が劣化してしまうことにつながります。 設備が劣化すると修理費がさらに高額になってしまいます。 また、水漏れを放置するとお風呂の湿度が上がるため、カビが発生したりシロアリをはじめとした害虫がわいたりする原因にもなります。 シロアリが発生してしまった場合は、本来水漏れの修理だけであれば必要のない、シロアリの駆除業者にも依頼しなければなりません。 そうなると、水漏れの修理だけでなく、シロアリ駆除の費用もかかってしまいます。 トラブルを総合的に解決するために、莫大な費用がかかってしまうことになるのです。 水漏れのリスクは、ほかにもあります。 たとえば賃貸住宅にお住まいの方は、水漏れが起きた際はとくに注意しなければならないのです。 なぜなら水漏れというトラブルは、悪化すると下の階にも被害を及ぼすことがあるからです。 そうなると、階下で暮らす住人との関係がこじれてしまうだけでなく、水漏れが原因で家財が濡れたり壊れたりすれば弁償しなければならない場合もあります。 このように、水漏れの放置には多くのリスクがあるので、できるだけ早く問題箇所を修理して改善しましょう。 自分での修理が難しそうな場合には、業者に依頼してください。 業者を選ぶ際は、以下の点をチェックするとよいでしょう。 迅速に対応してくれる• 補償がついている• 見積りが無料 弊社では、上記の点すべてに自信があります。 24時間365日ご相談を受け付けているだけでなく、全国各地に加盟店があるため、迅速な対応が可能です。 加盟店によっては1~5年間の補償もついています。 もちろん見積りも無料で、急ぎの場合には電話で大まかな見積り金額をお伝えすることも可能です。 水漏れにお悩みの方は、ぜひ弊社までご連絡ください。 水漏れ修理お助け隊では、水回りでお困りの方からのご相談をお待ちしております。 日本全国、いつでも、どんなお困りごとでも、水漏れ修理お助け隊へご連絡ください。 ご家庭の水回りのトラブルで困ってしまった…そんな経験はございませんか?水回りの部品のほとんどは消耗品です。 普段からきちんとお手入れをしておく必要がありますが、なかなか細かいお手入れも難しいものですよね。 また、きちんと手入れをしていたとしても、いつかは部品交換をしなければいけません。 定期的に、水回りの部品が劣化していないかを点検する必要があります。 キッチン・トイレのつまりや水漏れといった、目に見えてわかる水トラブル以外にも、目に見えないところでトラブルや異常が発生しているかもしれません。 目に見えないところで水漏れが起きていて、急に高騰した水道料金の請求を見てトラブルに気づいた、というケースも後を絶ちません。 また、マンションにお住まいの場合は、知らないところで起きていた水漏れによって近隣住人に迷惑をかけてしまうこともあります。 そうなる前に、できるだけ早めに異常に気づいて、修繕をおこなう必要があります。 いつ起こるかわからない水回りのトラブルに対応するため、水漏れ修理お助けは24時間365日、常に受付対応できる体制を整えております。 日本全国どこからでも、ご連絡いただければ一番お近くにいる修理スタッフがすぐに折り返しの電話を差し上げ、お客様のもとへ駆け付けます。 水トラブルでお困りの際は、全国各地にプロの技術を持ったスタッフを派遣し、確かな実績を持つ水漏れ修理お助けにぜひお任せください。 Copyright 水漏れ修理お助け隊 All rights reserved.

次の

キッチンの蛇口の水漏れを自分で修理解決する方法

水漏れ 修理 方法

ネスカフェバリスタを自分で修理する方法 カテゴリー: 私は1日に6~7杯のコーヒーを飲むコーヒー大好き人間。 昔は豆を自分でガリガリと挽いて飲んでいたのですが、年とともにその作業もおっくうとなり、どうしようかと悩んでおりました。 そんな時に出会ったのがネスレから発売されていた『ネスカフェゴールドブレンド バリスタ』 あるスーパーで試飲したところ。。。。 「うっ!うまい!」ボタンを押すだけで、こんなにうまいコーヒーが出てくるのか!って感動したのを覚えております。 しかもどこのスーパーでも売っている「ネスカフェゴールドブレンド」をマシンにセットするだけ!私は早速バリスタを購入し、新しいコーヒーライフを満喫する日々を送っておりました。 購入から2年半ほどたったある日、私のバリスタちゃんの様子がおかしいことに気がつきます。 バリスタの下が水浸しになっているではありませんか!! まさか水漏れ!? それから何回も、コーヒーを入れてみますが、バリスタの下にあふれる水の量が増えていくばかり。 」「水漏れが起こっている部分をふさぎさえすれば治るはずだ!」 そう思った私はバリスタを自分で修理してみることにしました。 このサイトにたどりついた皆さんは、自分でバリスタを修理しようと思った人達だと思います。 でも皆さんが初めに思う事は「バリスタって自分で修理できるの?」「危なくないの?」って事だと思います。 結論からいいますと。 バリスタは自分で修理することが可能です。 ですが 修理するよりレンタルしたほうが良いよ!修理は本当におすすめしません!!ってことです。 でも折角、バリスタを修理することに奮闘したため、修理の方法も書いておきます。 すべて自己責任でお願いします。 ネスカフェバリスタの分解 早速これからバリスタ分解手順を説明します。 私の持っていたバリスタの型番は PM9630です。 でも最新の PM9631でもその他の機種でも構造は同じと思います。 --必須工具その1-- まずはバリスタの水漏れの原因を探るため、バリスタを分解しないといけません バリスタを分解するには特殊なドライバーが必要になります。 普通のプラスマイナスドライバーでは分解できません。 6300 大体500円ぐらいです。 ホームセンターで売っています。 これがないと何も始まりません。 Amazonでも買えます(上記リンクはAmazon)。 にもありますがちょっと高いです。 ここで最大の注意事項があります。 必ず電源からコンセントは抜いて作業してください ここでは、ドライバーは必要ありません。 かなり固いです。 とにかく力をいれて、壊れてもいいぐらいの力でいきましょう!実際に私はパネルの爪を何個かおりましたが、結果的にパネルはテープで止めてもいいので問題ありません。 ここで、ドライバーが必要になります。 コーヒータンクを外した箇所にある4つのネジを外します。 写真の黄色い丸の部分になります。 ピンクの丸の部分は取り外さなくてOKです。 外すとめんどくさい事になります。。 ここでも、ドライバーが必要になります。 水タンクを外して、写真の箇所にある4つのネジを外します。 写真の黄色い丸の部分になります。 本体を後ろから見て、ちょうど中間にあるネジを外します。 左右2か所のネジを外してください 本体の下にあるネジを外します。 左右2か所のネジを外してください これで一通り分解は終了です。 ここから水漏れの原因となっている箇所を特定していきます 水漏れの原因を特定する 原因を特定しやすいように、バックのカバーを外して、水が流れるホースが見えやすいようにします まず、この状態で、水のタンクをセットして、エスプレッソボタン等を押して抽出してみます。 コーヒータンクはセットしないでください。 水が流れればよいだけなので。 ホースを注意深く見ていた方がよいです。 下の写真の黄色い丸で囲ったホースですね 抽出をはじめると・・・・ おーーーーーーーーっ!漏れてる漏れてる!! パッキン 16mm 呼び13 パッキン 16mm 呼び13を購入してください。 大体150円ぐらいです。 ホームセンターで売っています。 Amazonでも買えます(上記リンクはAmazon)。 でも同じような値段です。 ホースの破損でした。 最初は「ホースをビニールテープで巻けばOKでしょ!」といった軽い気持ちでいました。 その考えが甘いことはすぐに気が付きます めちゃくちゃ大変です。 心が折れそうになります。 というか折れます。 どうしても自分で修理したいという方は覚悟してください 破損個所と原因は下の写真で解説してみます バリスタは抽出時にものすごい振動します。 ブーーーーンっていう音でもわかると思うのですが、振動で、ホースの黄色い丸で囲った部分とモーターが入っていると思われる、黒いBOXの淵(ピンクの線)がぶつかるんですよね 抽出のたびにぶつかって、だんだんとホースが破損していくようです。 (ネスレさん!黒いボックスの淵にスポンジのような緩衝材当ててほしいです) ぶつかる部分が黒く変色し、水が漏れているのがわかります この部分をテープで補修してやれば修理できそうです。 私はとりあえずビニールテープで補修しましたが、水漏れは修復できませんでした。 何度きつく巻いても、ビニールテープの隙間から、水がピューって飛びでてきてしましました ネットでホースの修理の記事を何個も見て、「シールテープ」と「ホーステープ」が必要だと言う事がわかりました。 --必須工具その3-- シールテープを用意しましょう。 シールテープ 大体500円ぐらいです。 ホームセンターで売っています。 Amazonでも買えます(上記リンクはAmazon)。 でも同じような値段です。 工具が用意出来たら、早速修理再開です。 まずは、シールテープをしっかりと伸ばしながら、ホースの穴が開いている部分に巻きつけていきます。 シールテープがしっかりと巻けるかが修理成功のカギです!!! シールテープを巻いたら、その上からホーステープを巻きます。 まず、この状態で、水のタンクをセットして、エスプレッソボタン等を押して抽出してみます。 コーヒータンクはセットしないでください。 水が漏れなければ大成功です!!! 水が漏れたら、シールテープからやり直しです。 私は10回以上失敗しました。 途中で心が折れて、3日間ぐらいかけました 水が漏れなかったときは「・・・やっと終わった」という精神的疲労感に襲われますww それから、部品をすべて組み立てなおして、久しぶりにバリスタで、コーヒーを抽出して飲んだ味は忘れられません テープを巻く成功のポイントは以下の2点です。 毎日のバリスタライフを楽しんでいた私の前に、またも嫌な光景がおとずれます。 「・・・水が!水が漏れてるーーーーーーーーーー!!!!!」 しかし今回の症状は前回とは少し違っていました コーヒーの抽出量も少ないのです。 いつもよりコーヒーが濃いなあと思っていました。 前回はそんなことはありませんでした。 水は漏れているけどコーヒーの抽出量は変わらなかったような。。。。 何かが詰まっている感じでした。 抽出量が明らかにすくないのです。 試しに撹拌部を外して抽出してみると、水が勢いよくでました。 撹拌部はタンクの水とゴールドブレンドを混ぜ合わせて抽出する場所です。 撹拌部に水が流れなければ、当然抽出量は少なくなります 撹拌部を調べてみると。 ・・・なんか形がおかしい 本体と接続され、水流れ込む部分が折れている!!そして本体側から2つの輪っかがポロポロと落ちてきました 正常な状態は下の写真のような状態らしいです。 清掃を繰り返しているうちにプラスチックが劣化して折れたか、本体から取り外すときに折れてしまったか。。。 正常な撹拌部 どうやら、撹拌部にうまく水が流れず、行き場を失った水が、以前修復したホースの穴から押し出されるように出ていたと思われます。 撹拌部(かくはんぶ)は清掃のたびに取り外す箇所になります。 取り外すときも、清掃するときも常に気を付けて扱いましょう こちらの故障の修復は簡単です。 ネスレの公式ページで交換部品が売っています!.

次の

蛇口水漏れ 水道水漏れを自分で修理!パッキン交換

水漏れ 修理 方法

ウォシュレットの水漏れが起こる原因と、水漏れしたときの対処法を紹介しています。 水漏れがよく起こる箇所やその修理方法、予防法などについても詳しくまとめています。 自分で直す場合と、メーカーや修理業者に依頼する場合など、状況に応じた対処法を知ることができます。 水回りのトラブルは突然やって来ます。 ウォシュレットの故障もその1つです。 ウォシュレットから水が漏れたら、どのように対処したらよいか知っていますか。 本体や給水ホースとの接続部、水量を調節する部品など、さまざまな箇所で水漏れは起こります。 できれば素早く修理して、元通りに使いたいものです。 ここでは、ウォシュレットの水漏れが起こる原因と対処の仕方、自分で直す方法や業者に頼むべきケースなど、状況に応じた判断の目安も紹介します。 ウォシュレットを使っている人は、ぜひ参考にしてください。 目次 []• ウォシュレットからの水漏れが起こる原因 ウォシュレットは長く使用すると、水漏れを起こすことがあります。 ウォシュレットの水漏れは、次のような箇所でよく起こります。 ウォシュレットの水漏れが起きやすい箇所• ウォシュレットの本体• 減圧弁• ノズルや給水フィルターの目詰まり、元栓の開きすぎも原因の1つです。 ウォシュレットの水漏れを放置すると…… ウォシュレットの水漏れを放っておくと、部品の交換や簡単なメンテナンスでは済まなくなります。 たとえば、主に次の4つの被害を招く恐れがあるのです。 クロスの腐食 漏れた水がトイレの床をぬらし、床に敷いたクロスを腐食させる恐れがあります。 すると、水漏れの修理代に加えて、クロスを張り替えるための費用も発生するのです。 カビが発生する ウォシュレットの内部や本体と給水ホースの接続部から水が漏れていると、カビが生える恐れがあります。 カビは酸素、栄養分、湿度、温度、定着するための時間が十分にあれば発生するのです。 このうち私たちがコントロールできるのは、湿度と時間です。 カビの胞子が定着して成長し、再び胞子を飛ばすまでには時間がかかります。 再び胞子が飛ぶとカビが増えてしまうので、その前に取り除きましょう。 湿度対策はシンプルに、湿気を出さない、出したら換気する。 つまり常に濡れた状態にしないこと。 水が漏れて常にぬれているのを放置することは、時間も湿度もカビに十分に与えていることになり、結果カビが増える条件がそろってしまうのです。 結露が発生する 暑い夏、冷たい飲み物が入った器の外側に水滴がつく現象は、結露です。 結露は暖かい湿った空気が冷たい固体に触れるときに温度差で発生するので、日常生活のあらゆる場所、場面で生じています。 トイレでも便器の内部と外側のぬれた状態が続くと、トイレの室温と便器の温度に大きな差が生じて結露を発生させるのです。 結露の発生は床面などがぬれて不快なだけでなく、カビを発生させる恐れがあるので見過ごすことはできません。 水道料金がかさむ ウォシュレットから水が漏れると、少量の水が流れ続けます。 流量は少なくても、1日中続く水漏れを放置すると、高額な水道代を支払う事態に見舞われます。 東京都23区を例にとると、貯留水が比較的少なめの洋式トイレで、便器の前部から1か所箸の先程度の水が流れている場合、約20㎥の漏水が考えられ、 漏水量分だけで上下水道料金で1か月約7,600円もかかるのです。 これは、平均的な口径20㎜で1ヵ月の通常水使用量を24㎥の家庭を目安にしています。 これを東京23区の家庭で起きたことと仮定して、実際にどれくらい請求がくるのかシミュレーションしてみます。 2か月で40㎥の漏水と通常の48㎥、2か月で88㎥の使用量は次の表の計算です。 前記の漏水がある場合、2か月で約25,356円の請求になり、およそ2. 25倍の支払いになるのです。 参考: 水漏れが起こりやすい箇所 ウォシュレットの水漏れは、発生しやすい箇所があります。 洗浄に使うノズルや水を流すための給水ホース、水の中に紛れているごみを取り除く給水フィルターなどです。 それぞれの箇所で見られる症状は次の通りです。 ノズルの故障による水漏れ ノズルからの水漏れは、まずバルブユニット(水の流れや量、圧力を調整する部品)の故障が疑われます。 ノズルの割れや亀裂、電磁弁(電源のオン/オフにより水の流れを止める弁)の機能低下も水漏れの原因になります。 ノズルから水漏れしているときは、これらの箇所を疑ってください。 ノズルからの水漏れは部品やパッキンの交換が必要と覚えておきましょう。 つなぎ目のボルトやナットが緩んでいたり、中のパッキンが古かったりすると、水漏れを起こします。 給水ホースをつたって水が漏れているときは、接続部の水漏れを疑ってみましょう。 給水フィルターが目詰まりを起こすと、水が通り抜けられずに行き場を失い、フィルターから漏れ出してしまうのです。 ウォシュレットの種類によっては、内部に水をためるタンクを設置し、正常な機能が保てるように水抜き栓が取り付けられています。 水抜き栓が割れていたり、ゴムパッキンが古かったりすると水漏れが起こるのです。 水抜き栓のある場所は、操作パネルの下か横、トイレタンクの下です。 この箇所から水が漏れていたら、水抜き栓を調べてみましょう。 操作パネル付近からの水漏れ 操作パネル付近から水が漏れているときは、操作パネルと給水ホースのつなぎ目が原因です。 ボルトやナットが緩んだり、パッキンが変形・劣化したりすると、操作パネル付近から水が漏れてしまいます。 また、 基板などがある操作パネルに水が漏れると、漏電につながる恐れがあります。 操作パネルから水が漏れていたらウォシュレットを使用せず、コンセントからプラグを抜いて修理を待つことが大切です。 ウォシュレット以外に水漏れが発生しやすい箇所 トイレの水漏れの原因は、ウォシュレットだけではありません。 トイレで水漏れを見つけたときは、ウォシュレット以外に以下の場所も調べてみましょう。 トイレのタンク 便器に流す水をためたタンクからも、水漏れが起こります。 「便器に水が流れ続ける」「給水ホースとタンクの接続部から水が漏れる」「水栓レバーから水が流れ出る」「タンクのふたから水が流れ出る」「手洗管の蛇口から水が流れ続ける」などの劣化は、タンク内の部品や接続部のパッキンに原因があります。 三角パッキン(中心が盛り上がったパッキン)、スピンドル、コマパッキンで水の流れをコントロールしています。 これらの部品は、使用年月に応じて劣化・変形・摩耗する消耗品です。 水道の耐用年数は10年と一般的にいわれています。 そのため、止水栓の部品を約10年以上取り換えていないと水漏れが発生する恐れがあります。 ウォシュレットの水漏れ修理方法 ウォシュレットから水が漏れたときは、応急処置を施してください。 放っておくとクロスの張り替え、カビ、高額な水道代、ウォシュレット本体の交換など、現状回復に要する費用がかさむ一方です。 しかし、水漏れが起きた箇所によっては、簡単な処置で収まる場合があります。 水漏れには次の手順で対処しましょう。 手順を間違えると、トイレの中を水浸しにしてしまいます。 基本的な修理方法• 止水栓を閉める まず、水の流れを管理する「止水栓」を閉めましょう。 これで水の供給を断つことができ、発生箇所に関係なく水漏れを止められます。 水漏れは、止水栓の開き具合によっても起こります。 栓を開きすぎていた場合は、これまでよりも閉めることで水漏れが収まります。 【注意! 止水栓を閉めた位置を覚えておく】 止水栓を閉めるときは、ちょうどよい位置を覚えておきましょう。 印やテープなどで適正な位置が分かるようにしておくと、閉めすぎ/開けすぎを防ぐことができます。• ウォシュレットのプラグを抜く ウォシュレットは電化製品です。 水漏れがウォシュレットの内部で起きている場合は、漏電の危険があります。 そのため、水漏れを見つけたらウォシュレットの使用を止めて、コンセントからプラグを抜きましょう。• 接続部の緩みを直す 給水ホースとウォシュレットのつなぎ目が緩むと、水が漏れてしまいます。 スパナやモンキーレンチなどを使って、緩んだボルトやナットを締め直してください。 これだけで水漏れが収まる場合もあります。• パッキンが劣化すると、切れ目やもろくなった箇所から水が漏れてしまいます。 新しいパッキンは、交換するパッキンと同じサイズのものを選びましょう。 サイズが違うと水漏れが続いてしまいます。 「止水栓を閉める」「接続部のボルトやナットを締め直す」「ノズルから水を出す箇所を掃除する」などの対処をしても水漏れが続く場合は、次の方法を試してみましょう。 ウォシュレットのノズルを交換する ウォシュレットのノズルは、新しいものと取り換えることができます。 ノズルの先端が割れていたり、掃除しても水漏れが収まらなかったりする場合は交換しましょう。 交換の手順• ノズル掃除のボタンを押して、ノズルを引き出します。 ノズル掃除のボタンがない機種では、ノズル先をつまんで引き出してください。• 止まったノズルを左へ回し、本体から引き抜きます。 回しすぎると故障につながります。 取扱説明書を読んで、回す角度を確認しましょう。• 新しいノズルを差し込みます。 右へ回して、位置を合わせてください。• ノズル掃除のボタンを押して、様子を見ます。 時間がたっても水漏れがなければ、完了です。 ノズルを交換しても水漏れが直らない場合 ノズルを交換しても水漏れが収まらない場合は、「ノズルに付いているパッキンの劣化」「バルブユニットにごみがかんでいる」「ダイヤフラム(タンク内にある栓)の劣化」などの原因が考えられます。 業者に連絡して修理を依頼しましょう。 給水フィルターを交換する 給水フィルターは止水栓のそばに取り付けられています。 操作パネルの下や横、ウォシュレット内部に取り付けられているものは、水抜き栓と一体になっています。 この場合は、給水フィルターと水抜き栓をまとめて交換する仕様です。 取り付け位置を確かめた上で交換しましょう。 給水フィルターを交換する手順• 止水栓を閉めます。 マイナスドライバーを使って、止水栓を右に回してください。• 給水フィルターの下にバケツを用意します。 フィルターを外したときに水がこぼれ出す場合に備えましょう。• 給水フィルターのふたを外します。 マイナスドライバーを溝に当てて、左へ回してください。• ふたを外して、中にあるフィルターを取り外します。 新しいフィルターを取り付けます。 あとは、逆の手順でふたを閉め、止水栓を開いてください。• 水を流して、漏れが改善されていれば完了です。 給水フィルター付き水抜き栓の交換も同じ手順です。 止水栓を閉めて新しい部品に交換し、ふたを閉めて止水栓を開ければ完了です。 ウォシュレットの水漏れ予防方法 ウォシュレットは電化製品です。 本体内部の機械に負担をかけ続けると、壊れやすくなります。 部品が劣化して水漏れを起こしたら、本体ごと交換しなくてはならなくなるのです。 ウォシュレットを水漏れから守るには、トイレの環境管理と掃除による予防が必要です。 主な予防方法を2点説明します。 換気する トイレの中は、温度や湿度を一定に保つ必要があります。 ウォシュレットの機械部分が壊れたり部品が劣化したり、カビが発生することがあるのです。 そのため、トイレの中は小まめに換気しましょう。 長期間家を空けるときは、「トイレの換気扇はつけたままにする」「トイレタンクの水を抜く」「電源プラグを抜く」などの予防策を講じておきましょう。 トイレの換気扇は24時間つけっぱなしでも消費電力は3W前後なので1ヵ月で約56円です(1kWhを25. 91円で計算)。 小まめに掃除する ウォシュレットにホコリやカビ、尿石などがこびりつくと、不具合が起こります。 給水フィルターやノズルの詰まりは水漏れにつながります。 便座や便器と一緒に、ウォシュレットも掃除しましょう。 汚れを取り除く習慣をつけておくことが重要です。 給水フィルターの汚れは、歯ブラシを使って取り除きます。 ノズルは、定期的にノズル掃除機能を使用することをおすすめします。 取り切れない汚れは、中性洗剤を含ませた布で拭きましょう。 ノズルから水が出る部分は、アルコールを使って、歯ブラシなどで汚れをこすり落としてください。 ノズル掃除機能が付いていない機種では、ノズルをつまんで引き出しましょう。 各メーカーが出している温水洗浄便座 温水洗浄便座は、次のようなメーカーが製造、販売しています。 ・ ・ ・など ちなみに、「ウォシュレット」はTOTOの商品名です。 他のメーカーは別の名称で販売しています。 修理にかかる費用はどれくらい違うのか、それぞれのケースを比較しました。 修理にかかる総額や時間などを考慮して、どちらを選ぶか決めましょう。 TOTO、パナソニック(ナショナル)の部品は一般に流通していません。 ただし、メーカーのオンラインショップで販売されている部品ではありません。 TOTOでは、漏電の恐れがあるウォシュレット内部の部品は販売していません。 DIYでの修理は控えてください。 業者に依頼した場合• 作業料+訪問費用:5,000~15,000円• 部品代:数百~20,000円弱 業者に依頼した場合、部品代のほかに作業料と訪問費用がかかります。 自分で行う修理は、「ボルトやナットの増し締め」「パッキン、給水フィルター、ノズルの交換」などの簡単な作業に留めましょう。 ウォシュレット内部の機械や温水タンクなどの修理には、本体を分解する必要があります。 修理のやり方を間違えると、水漏れを悪化させたり、漏電を招いたりするのです。 このような難しい修理は、メーカーや修理業者に依頼してください。 修理はメーカーでも受け付けています。 ただし、交換用部品の取り扱いは5~7年で終了します。 長期保証も10年ほどで切れてしまいます。 年数を経たウォシュレットは、交換することも検討してみましょう。 まとめ ウォシュレットに水漏れが起きたら、• 不具合が起きた箇所に応じて自分で直す• メーカーや業者に依頼して修理してもらう• 新しいものに買い替える などのような対処法をとりましょう。 自宅のウォシュレットの交換や買い替えをご予定の方は、下記で紹介しているイエコマセレクトのご利用を、ぜひご検討ください。

次の