メンマ 作り方 本物。 メンマの原料になる竹・たけのこ・原料が割り箸という元ネタ

メンマの作り方はとっても簡単♩春は『自家製メンマ』で乾杯!

メンマ 作り方 本物

メンマの原材料は麻竹 マチク)らしいけど孟宗竹でもokでしょう。 メンマ作るには少し成長したものを使います。 節と節の間なら食べられるかも位の硬さです。 唐だけよりもう少し成長したものかな。 当然あまり硬くてもだめですね。 麻竹でしたら2m位成長したものです。 節をはずして節と節の間を切って使います 半割りか大きかったら4割くらいで・・そして茹でます。 茹でた竹の子を一月以上塩漬けにします。 その後天日でこれでもかというくらい干します。 するめみたいになるみたいです。 干す時は塩分抜いても抜かなくてもok。 乾燥して保存 食べる時は乾燥したものをゆでたり水にさらしたりして1週間くらいかけて戻します。 かなり時間かかります。 日本では戻したものを又塩漬けにして適当な大きさに切って売られてますよね。 水煮で売られているものはこの段階で販売されているのでは・・ 乾燥メンマは塩抜きして乾燥されたものだと思います。 乾燥から戻したものを食べやすい大きさに切って調理します。 メンマの作り方 乳酸発酵ですので塩漬けした桶にヨーグルトでもいれてみれば・・ 又はぬか床の糠でもいいかも知れませんね。 このやり方だと逆ですね。 もっと成長した方がいいでしょう。 この大門のhPも結構参考になります。 乾燥メンマの戻し方 孟宗の干したのも売っているんですねw 予断ですが塩蔵するとき塩が足らないと腐るかも・・ で、乳酸菌を発酵させるにはあまり塩分多くてもだめかも・・ かげんが難しいですね。 がんばってください。 うまくできたら分けていただきたいものです。

次の

メンマの手作りは意外と簡単?!自家製メンマの作り方と保存方法!

メンマ 作り方 本物

たけのこを水で洗い食べやすい大きさにカットします。 たけのこの柔らかい穂先の部分は串切りにして、根元のほうは輪切りにします。 根元の輪切りにしたものをさらに細長く切ると市販のメンマっぽくなります。 今回はいちょう切り。 このあたりはお好みで。 たけのこを切っていると白い粉のようなものが付着してることがありますが、これはチロシンというアミノ酸の一種。 初めてみると「あれ、カビかな?」と一瞬ギョッとしますが、チロシンは有害どころかからだにいいとされる成分。 それでももし気になるなら水で洗い流すと良いでしょう。 たけのこをごま油で炒める フライパンに大さじ1のごま油を入れて、香りが出たら中火でたけのこを炒めます。 このときに辛みが欲しい場合は、ちぎるか輪切りにした赤唐辛子を1本加えます。 赤唐辛子の種は辛いので取り除いた方が無難です。 たけのこを合わせ調味料で煮詰める すべてのたけのこに油が回り、火が通ったら合わせ調味料を加えます。 ムラが出ないように、かき混ぜながら煮詰めていきます。 だんだんと汁気がなくなってくると綺麗なメンマ色と照りが付いてきます。 汁気がなくなったら火を止めて、お好みでラー油を振りかければ完成です! 作り置きする場合は、粗熱が取れたらタッパーなどの密封容器で保存。 賞味期限は冷蔵庫に入れれば1週間は食べられます。 *時間が経つほどしんなりしてきます。 メンマを簡単に作るコツ コツがないほど簡単ですが、強いて言えば 味の濃さと硬さ 食感 を自分好みにアレンジするということでしょうか。 ゴツゴツした食感を楽しみたいときは大きめにカットすると良いでしょう。 味付けですが、このレシピだと市販の瓶詰よりずっとマイルドに優しいメンマに仕上がります。

次の

たけのこで作る「自家製メンマ」レシピ。ビールが止まらなくなるおいしさ! 即席たけのこご飯にも!

メンマ 作り方 本物

たけのこを水で洗い食べやすい大きさにカットします。 たけのこの柔らかい穂先の部分は串切りにして、根元のほうは輪切りにします。 根元の輪切りにしたものをさらに細長く切ると市販のメンマっぽくなります。 今回はいちょう切り。 このあたりはお好みで。 たけのこを切っていると白い粉のようなものが付着してることがありますが、これはチロシンというアミノ酸の一種。 初めてみると「あれ、カビかな?」と一瞬ギョッとしますが、チロシンは有害どころかからだにいいとされる成分。 それでももし気になるなら水で洗い流すと良いでしょう。 たけのこをごま油で炒める フライパンに大さじ1のごま油を入れて、香りが出たら中火でたけのこを炒めます。 このときに辛みが欲しい場合は、ちぎるか輪切りにした赤唐辛子を1本加えます。 赤唐辛子の種は辛いので取り除いた方が無難です。 たけのこを合わせ調味料で煮詰める すべてのたけのこに油が回り、火が通ったら合わせ調味料を加えます。 ムラが出ないように、かき混ぜながら煮詰めていきます。 だんだんと汁気がなくなってくると綺麗なメンマ色と照りが付いてきます。 汁気がなくなったら火を止めて、お好みでラー油を振りかければ完成です! 作り置きする場合は、粗熱が取れたらタッパーなどの密封容器で保存。 賞味期限は冷蔵庫に入れれば1週間は食べられます。 *時間が経つほどしんなりしてきます。 メンマを簡単に作るコツ コツがないほど簡単ですが、強いて言えば 味の濃さと硬さ 食感 を自分好みにアレンジするということでしょうか。 ゴツゴツした食感を楽しみたいときは大きめにカットすると良いでしょう。 味付けですが、このレシピだと市販の瓶詰よりずっとマイルドに優しいメンマに仕上がります。

次の