赤城 とうもろこし。 徳永農園

徳永農園

赤城 とうもろこし

とうもろこしの産地といえば、まずパッと頭に浮かぶのが北海道。 しかし、群馬のとうもろこしもかなりイケる。 日本百名山の一峰、赤城山。 首都圏からも日帰りドライブに人気の観光スポットだ。 ちなみに、大日本帝国海軍の航空母艦「赤城」、あの「ガリガリ君」を製造する赤城乳業などはこの赤城山に由来し、マンガやゲームで人気を博した『頭文字D』にも登場することで有名。 その赤城山に向かうルートは別名「焼きとうもろこし街道」と呼ばれている。 国道120号沿いには、とうもろこしの直売所が並び、どのお店に入ろうか迷うほど。 ほかの野菜も美味しそうに見える。 特に、県道4号沿いにある群馬県の馬事公苑近くにある「徳永農園」がよく知られている。 通常、うどんと蕎麦の店舗ながら、6月下旬から10月頃までは休業し、店頭で焼きとうもろこしを販売している。 いつ来ても客足が絶えないほどの人気だ。 メニューは、焼きとうもろこしのみで、1本330円。 焼きとうもろこしは注文してから、醤油のタレを使って炭火で丁寧に焼き上げてくれる。 10分ほど待って、熱々の焼きとうもろこしを頬張ると、一口で「おいしい!」と思わず心の中で拍手喝采をあげた。 とうもろこしそのものもとても甘いし、甘辛なタレは絶妙。 香りも素晴らしく、市販のとうもろこしよりも歯にも挟まりにくくて食べやすい。 県道4号沿いにはほかにも焼きとうもろこしを販売する店舗を見かけた。 6月下旬から10月ごろまでの期間限定なので、もし通りかかったらぜひ食べてみることを強くおすすめする。 【Nicheee! 編集部のイチオシ】 ・ ・ ・.

次の

とうもろこし街道『清水屋』『桑原屋』『美倉屋』 : 焼まんじゅうを食らう!

赤城 とうもろこし

とうもろこしの産地といえば、まずパッと頭に浮かぶのが北海道。 しかし、群馬のとうもろこしもかなりイケる。 日本百名山の一峰、赤城山。 首都圏からも日帰りドライブに人気の観光スポットだ。 ちなみに、大日本帝国海軍の航空母艦「赤城」、あの「ガリガリ君」を製造する赤城乳業などはこの赤城山に由来し、マンガやゲームで人気を博した『頭文字D』にも登場することで有名。 その赤城山に向かうルートは別名「焼きとうもろこし街道」と呼ばれている。 国道120号沿いには、とうもろこしの直売所が並び、どのお店に入ろうか迷うほど。 ほかの野菜も美味しそうに見える。 特に、県道4号沿いにある群馬県の馬事公苑近くにある「徳永農園」がよく知られている。 通常、うどんと蕎麦の店舗ながら、6月下旬から10月頃までは休業し、店頭で焼きとうもろこしを販売している。 いつ来ても客足が絶えないほどの人気だ。 メニューは、焼きとうもろこしのみで、1本330円。 焼きとうもろこしは注文してから、醤油のタレを使って炭火で丁寧に焼き上げてくれる。 10分ほど待って、熱々の焼きとうもろこしを頬張ると、一口で「おいしい!」と思わず心の中で拍手喝采をあげた。 とうもろこしそのものもとても甘いし、甘辛なタレは絶妙。 香りも素晴らしく、市販のとうもろこしよりも歯にも挟まりにくくて食べやすい。 県道4号沿いにはほかにも焼きとうもろこしを販売する店舗を見かけた。 6月下旬から10月ごろまでの期間限定なので、もし通りかかったらぜひ食べてみることを強くおすすめする。 【Nicheee! 編集部のイチオシ】 ・ ・ ・.

次の

「焼きとうもろこし&赤城山」お気楽おやじのブログ | お気楽おやじのページ

赤城 とうもろこし

とうもろこし街道について 片品村鎌田から丸沼にかけてのR120を走っていると、どこからともなくいい香りが。 それもそのはず、この一帯は「とうもろこし街道」と呼ばれ、約5kmの間に40軒ちかくの露店が建ち並び、焼きとうもろこしの香ばしい匂いが、車内にまで香ってくる名物スポット。 ほかに地元の山菜や漬け物なども美味しい。 必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。 営業期間 営業:8時〜20時(店舗により異なる) 休業:12月〜3月、営業期間中は無休(店舗により異なる) 所在地 〒378-0414 群馬県利根郡片品村東小川 交通アクセス 1 関越沼田ICよりR120経由、日光方面へ40分、鎌田交差点過ぎ、丸沼までのR120沿い 平均予算• 朝だったのでお店には誰もおらず、妻が車から降りるとお店のおばちゃんが走って来てくれました。 注文を受けてから皮のついたモロコシを炭で焼いてくれて、待ち時間は休憩スペースでお茶やら手作りの漬物やらを振るまって頂きました。 地元の農産物も売っていて小さなカボチャを調理方法を教えてもらいながら購入。 そして肝心のモロコシのお味は? それはもうマズイ訳がない!甘くて香ばしくて!おばちゃんとの会話も弾んでそれはもう幸せなひと時を頂きました。 他の方も書いておられますが街道沿いにお店が点在しているのでいずれも店構えは手作り感満載ですが直観で気になったお店に飛び込んでみるのもいいと思います。 滞在時間•

次の