徳島 大学 履修 登録。 理工学部カレンダー(学年暦)

在学生へ新学期に関する連絡事項(H31年度)

徳島 大学 履修 登録

「最初が肝心ですよね。 最初は必修の前後を固めて、自分の関心よりも授業の受けやすさを優先しました。 受けたい授業は後期や2年になってからでも受講できることを意識しておくといいと思います」(立教大学・2年女性) 授業を詰めるかどうかは個人の好みに思えますが、最初はリズムを作るためにも授業は詰めて履修するようにしましょう。 1年生のうちに単位を多くとっておくと、後々楽ですし就活の時も授業を気にせず取り組むことができます。 「楽単」を選ぶのにはワケがあった 単位を取ることが簡単な科目のことを「楽単」と呼んだりしますが、大学1年生の頃は上級生が楽単をおすすめしてくることに対して抵抗を感じるかもしれません。 しかし、上級生が楽単を取るのは大学生活での失敗をいかしているからなのです。 「楽単に抵抗はあったけど意外と楽しく、他の難しい科目との兼ね合いができるので今は少しずつ楽単も取っていますよ」(法政大学・2年女性) 自分のやりたい科目に比重を置くためにも、少しは楽単を取るといいかもしれません。 また、ただ楽な授業なのではなく、授業が楽しいから楽に感じる、というケースも少なくありません。 楽しく学びたい人にはおすすめの授業です。 一番いいのは、楽単と忙しめの授業を均等にとることです。 関心がある科目を選ぶときは出席してから決める 最後は自分が関心のある、好きそうな科目を選ぶときの注意点を紹介します。 大学生に入ったらこんな勉強をしたい! と希望を抱いて入ってくる1年生にとって、大学での履修を選ぶ際の基準は楽に単位を取ることではないでしょう。 しかし、自分のやりたいと思っていた科目を取った後に、後悔するなんてこともあるのです。 「履修したい科目をとったら成績の評価基準がとても厳しい。 留学に行きたかったので必死に成績を取りました」(青山学院大学・3年女性) 自分が履修したい科目も、実は自分には合っていないということもあるかもしれません。 できることなら、初回など一度受講したうえで、履修するかどうか決めるほうがいいでしょう。 教え方、性格、専攻分野などさまざまな要素があるので、いろいろな視点から見ておくことをおすすめします。 まずは講義を受けてみて、自分が楽しめそうか判断するといいでしょう。 大学生活をより充実したものにするためにも、自分の取りたい科目を要領よく学べる環境を作りましょう。 悩んだら先輩、友達に相談するといいですよ。 後悔しない授業選びを1年生のときからしっかり頑張ってくださいね! (早稲田大学政治経済学部3年 外山).

次の

その他の様式

徳島 大学 履修 登録

大学のミスにより留年になりそうです。 徳島大学に今年から入学したものです。 見る人によっては私が醜い言い訳をしてるように見えるかもしれません。 留年しそうな理由は履修ミスです。 卒業に必要な講義(外国語 を忘 れたのですが、オリエンテーションのとき一年の前期うちに必ず取らねばならない講義の説明があり、説明の中に外国語が含まれてなかったので個別で質問すると「ニ年でも取れると思うし無理して一年で履修しなくも大丈夫だよ。 」と言われました。 私はその言葉を信じて履修しませんでした。 しかし、5月になり私は外国語は一年の前期でしか取れないことに気付きました。 (気づいた理由は書くと長くなるので省略します) 私は学務や教育課に相談しましたが修正期間は過ぎており履修は出来ないと言われました。 しかもこのとき一年前期で必要な講義を履修していなければwebのマイページに通知と大学からのメールがスマホ&パソコンに送られてくると言われました。 しかしそのような通知メールは送られたことはなく、「本当に送ったか確認してください。 」と私は言いましたが「履修登録は自己責任。 今更泣きついてもどうすることも出来ない。 」と言われ確認してくれませんでした。 確かに履修登録は自己責任ですがこうなった原因は大学にあるにも関わらず(私にも多少非はあるのかもしれませんが)このような対応を取られて理不尽だと感じています。 留年となると金銭面で親に迷惑がかかるので申し訳なさで頭がいっぱいです。 気力がなくなり食欲もなくなり二日間何も食べてません。 一睡も出来ません。 このまま死のうかなと本気で考えています。 長文失礼しました。 もし解決策があるなら私に教えてください。 無くても構いません。 長い愚痴を最後まで聞いてくれただけでも感謝の気持ちでいっぱいです。 上の回答者 >>オリエンテーションでの質疑応答 これについては、まずおそらく証拠がないでしょう。 そのように相手が答えた可能性もあるし、違う意味でいったのを質問者が誤ってとらえた可能性もあります。 大学側の落ち度として数え上げることはできません。 >>通知システムの未稼働など 質問文からは未稼働なのかどうか不明です。 見落としている可能性もあります。 また「一年前期で必要な講義を履修していなければwebのマイページに通知と大学からのメールがスマホ&パソコンに送られてくる」も不明瞭で、語学の場合講義ではなく演習なので該当しない、あるいは一年前期の終わりに送られてくるなど、様々な可能性が想定されます。 以上より、現段階では大学側の落ち度は認められません。 完全なる言いがかりです。 上記二点が証拠をもったものであればまだクレームをつける余地はありますが、それでもなお履修登録の冊子に説明があれば難しいと思います。。

次の

【重要なお知らせ】履修登録の開始と登録サイトURLのお知らせ 神戸医療福祉大学 都築学園

徳島 大学 履修 登録

「最初が肝心ですよね。 最初は必修の前後を固めて、自分の関心よりも授業の受けやすさを優先しました。 受けたい授業は後期や2年になってからでも受講できることを意識しておくといいと思います」(立教大学・2年女性) 授業を詰めるかどうかは個人の好みに思えますが、最初はリズムを作るためにも授業は詰めて履修するようにしましょう。 1年生のうちに単位を多くとっておくと、後々楽ですし就活の時も授業を気にせず取り組むことができます。 「楽単」を選ぶのにはワケがあった 単位を取ることが簡単な科目のことを「楽単」と呼んだりしますが、大学1年生の頃は上級生が楽単をおすすめしてくることに対して抵抗を感じるかもしれません。 しかし、上級生が楽単を取るのは大学生活での失敗をいかしているからなのです。 「楽単に抵抗はあったけど意外と楽しく、他の難しい科目との兼ね合いができるので今は少しずつ楽単も取っていますよ」(法政大学・2年女性) 自分のやりたい科目に比重を置くためにも、少しは楽単を取るといいかもしれません。 また、ただ楽な授業なのではなく、授業が楽しいから楽に感じる、というケースも少なくありません。 楽しく学びたい人にはおすすめの授業です。 一番いいのは、楽単と忙しめの授業を均等にとることです。 関心がある科目を選ぶときは出席してから決める 最後は自分が関心のある、好きそうな科目を選ぶときの注意点を紹介します。 大学生に入ったらこんな勉強をしたい! と希望を抱いて入ってくる1年生にとって、大学での履修を選ぶ際の基準は楽に単位を取ることではないでしょう。 しかし、自分のやりたいと思っていた科目を取った後に、後悔するなんてこともあるのです。 「履修したい科目をとったら成績の評価基準がとても厳しい。 留学に行きたかったので必死に成績を取りました」(青山学院大学・3年女性) 自分が履修したい科目も、実は自分には合っていないということもあるかもしれません。 できることなら、初回など一度受講したうえで、履修するかどうか決めるほうがいいでしょう。 教え方、性格、専攻分野などさまざまな要素があるので、いろいろな視点から見ておくことをおすすめします。 まずは講義を受けてみて、自分が楽しめそうか判断するといいでしょう。 大学生活をより充実したものにするためにも、自分の取りたい科目を要領よく学べる環境を作りましょう。 悩んだら先輩、友達に相談するといいですよ。 後悔しない授業選びを1年生のときからしっかり頑張ってくださいね! (早稲田大学政治経済学部3年 外山).

次の