北都 銀行 バドミントン 部。 北都銀行バドミントンクラブ

北都銀行バドミントン部の所属選手や監督は誰?試合の成績も調査しました!

北都 銀行 バドミントン 部

AKITA SPO魂 vol. 1 北都銀行バドミントン部 原田利雄監督 楠瀬由佳選手 北都銀行バドミントン部は、2004年に国内最高峰の日本リーグ1部に昇格。 これまで7年連続で8チーム中5位の北都銀行は、Aクラス(4位以内)を目標に戦ってきた。 今年3月で休部となった、同リーグ3位のパナソニックバドミントンチームからナショナルメンバー(日本代表)の三木佑里子選手、米元小春選手が移籍。 そして新キャプテンに入行8年目の楠瀬由佳選手が就任し、北都銀行は1部昇格から9年目のシーズンに挑む。 ——原田利雄 監督インタビュー—— 「優勝したい」。 原田監督は真剣な眼差しで口を開いた。 日本リーグで7年連続の5位。 これまでAクラス入りとしていた目標を「優勝」とした理由をこう話す。 「ずっとAクラス入りと言ってきたが、それで今まで5位。 じゃあ優勝にしようと」 原田監督の言葉には、今シーズンへの期待感と勝算がある。 「三木佑里子選手と米元小春選手がダブルス日本ランキングで5位、シングルスの楠瀬由佳選手が昨年7戦中5勝で敢闘賞を獲得した。 トータルでみてAクラスはいける」。 さらに原田監督は、大卒3年目の村山祐美選手・穴井友喜選手に対しても「大卒3年目なのでそろそろ爆発してくれるんじゃないか。 いつまでも三好奈緒選手、馬上愛実選手に頼っている訳にはいかない」。 と若手の奮起に期待を寄せる。 今季は移籍選手2名を含む4名が新たにチームに合流。 特にダブルス日本ランキング5位の三木佑里子選手・米元小春選手が加入したことでチーム内競争が激化した。 そんなチームの様子を「今はピリピリしてるからね、当然ただならぬ雰囲気で毎日練習してる。 でもそれは若手とベテランの相乗効果でしょう」。 と話す。 「これまでウチは仲間意識が強かったので、日本リーグ上位のチームに比べ、競争意識が欠けていたと思う。 その分団結力があってその力で乗り切ってこれたのもある。 今後は両方の力で戦っていきたい」。 と今は競争意識の高まりを歓迎している。 楠瀬由佳選手をキャプテンに任命したことについては、「自分の事ばかりではなく、周りも見れるようになってほしい。 なにが自分に足りていないかは本人が一番よく解っているはずだ」。 と成長を期待しての指名だったと明かした。 二ツ井高校出身の原田監督には、地元秋田の選手を輩出したいという考えもある。 「現在はチームの全員が県外出身者。 バドミントンの普及・発展のために組織した北都ジュニアを充実させて、サッカーのユースチームのようにしたい。 北都銀行を引退した選手が指導者となり、ジュニアから出る選手たちが北都や他のチームに行けるようなシステムを作っていきたい」。 と展望を語った。 2003年に北都銀行の監督に就任。 翌年にはそれまで2部だったチームを1部に昇格させた。 「ウチは専用の体育館はないけど、地域貢献活動したり、仕事もしてる。 選手は大変だと思うけどね」。 と言いながらも「こんなチームは他にはない」。 と胸を張る。 チームは週2回のジュニアスクールに加え、特別支援学校での指導などの地域貢献活動や、被災地復興支援活動を行う。 そんな中、日本のトップリーグで戦い続けることは並大抵ではないはずだが、原田利雄監督率いる北都銀行は悲願のAクラス、そして優勝へと突き進んでいく。 ——楠瀬由佳 選手インタビュー—— 「背中を見てついて来て欲しい」。 口で言えるタイプではなく、行動で示したいと言う楠瀬由佳選手は今季キャプテンに就任。 「自分がキャプテンに選ばれた理由は周りが見えていないから。 もっと周りを見て、プレーでも相手をしっかり見てやれよ、という意味があると思う」。 と原田監督からの指名の意図を理解していた。 昨年には日本リーグで北都銀行初となる敢闘賞を獲得したものの、自身は満足していない。 「個人の目標として全日本総合バドミントン選手権大会がある。 そこに行くまでの個人戦で、いままで良い成績を残せていない。 まずは全日本総合までの試合で勝つこと」。 と目標を掲げ、「夏のトーナメントになると、どうしても続かない。 勝ち進むと試合が続くので最初から全力とはいかないし、要所要所で力を出せるようにしないと勝てない。 それがまだできてない」。 と課題の克服にも取り組む。 キャプテンとして、チームで挑む日本リーグにも強い思いがある。 昨年チームは4勝3敗。 3つの負けのうち、自分が敗れた試合は2つある。 「昨年負けた2試合ともファイナルゲームまでやって負けたので、詰めが甘いなと思う。 今年はもっと強い気持ちを持って臨まなければ」。 と意気込む。 2011年4勝、2012年5勝とシングルスのエースとしてチームを支えてきた。 今季は日本ランキング上位の選手が加入するなど、チームをまとめる苦労もあるが、これからはキャプテンとして責任感を持ってチームを牽引する。 今シーズンの更なる活躍と成長に期待したい。 日本大学卒業。 主な経歴 1989年 NTT東北バドミントン部監督 1993年 七十七銀行バドミントン部ヘッドコーチ兼任 1993年 宮城県バドミントン協会強化委員長 2004年 NTT東北支社からNTT秋田支店に配属 秋田県バドミントン協会強化委員長 2005年 北都銀行バドミントン部ヘッドコーチ 2005年4月~2008年2月末まで 秋田県教育委員会に出向 2007年 秋田わか杉国体バドミントン競技総合優勝 2008年 NTT東日本退職 全日本ナショナルチームU21コーチ 北都銀行に入行 2009年 (財)日本バドミントン協会 東北ブロック評議委員 楠瀬 由佳 くすのせ ゆか 1987年6月9日生まれ。 高知県出身。 高知西高校卒業。 161cm。 右利き。 主な成績 2009年 全日本総合選手権大会シングルス8強 2010年 ポーランドOP INCシングルス2位 2011年 日本ランキングサーキット大会シングルス準優勝 2012年 フランスOP INCシングルス3位 コメントは受け付けていません。

次の

松本麻佑

北都 銀行 バドミントン 部

獲得メダル 女子 金 女子ダブルス 金 女子ダブルス 銀 2019 南寧 混合団体 銀 2019 武漢 女子ダブルス 銅 2013 コタキナバル 混合団体 2019年8月27日現在 松本 麻佑(まつもと・まゆ、 Mayu MATSUMOTO、 - )は、日本の女子選手である。 所属は()。 人物 [ ] 出身。 地元の遊羽バドミントンクラブジュニアチームで競技を始める。 小学生年代では、6年次の度の第16回では2回戦敗退の記録が残っている。 時代は、2年次の()に出場しており、その時は女子シングルス二回戦で敗退している。 中学校卒業後、のに進学。 ()では、高校2年次(2012年北信越大会)で団体戦ベスト8に進出 高校3年次(2013年北部九州大会)ではシングルス、ダブルスともにベスト8に進出。 シングルスの準々決勝では()と対戦して敗れた。 高等学校卒業後、へ就職して同社融資セクション(融資謝絶案件)担当職を勤める傍ら、バドミントン部に所属。 北都銀行入り後は同じ学年で松本と同じ北海道出身のとペアを組むようになり、永原とのペアで ()で準優勝を果たすなど国際大会への派遣も次第に増えてゆく。 2016年に日本B代表へ永原と共に選出された。 2017年ので永原とのペアで準決勝へ進み最終的に3位に入賞した。 これが日本代表チームスタッフに高く評価されて2018年度からバドミントン日本代表(A代表)に昇格となった。 2018年になるとA代表として国際大会へ出場し、伝統あるで3位に入賞すると 、(・)では当初の出場メンバーに入っていない、いわばキャンセル待ちの状態から他国選手の出場辞退に伴い繰り上がりで世界選手権への出場が決定する。 2019年には4月のに出場し、27日の決勝で敗れたものの準優勝。 30日付の世界ランキングでは初の1位となった。 5月18日には8月の(・)の代表に選出された。 5月19日から26日まで開催されたでは、決勝に進んだが中国に敗れ、準優勝に終わった。 8月の世界バドミントン選手権大会(スイス・バーゼル)では、順当に勝ち進み、25日の決勝では福島由紀&廣田彩花組と2年連続の顔合わせとなった。 決勝ではセットカウント2-1の接戦を制し、連覇を飾った。 日本勢の2連覇は全種目を通じて初めてとなる。 9月、永原とともに道民栄誉賞を受賞。 11月25日から開催されたでは、12月1日の決勝で同大会3連覇を狙う福島由紀&廣田彩花組と対戦、セットカウント2-1の接戦を制し同大会初優勝を飾った。 脚注 [ ]• 2018年9月13日• 全日本小学生バドミントン連盟• 日本バドミントン協会• 福井県高等学校体育連盟• 日本バドミントン協会• 日本バドミントン協会• 日本バドミントン協会• 日本バドミントン協会• Badminton World Federation• 秋田魁新報 2018年5月28日• 日本バドミントン協会• 秋田魁新報 2018年8月5日• 秋田魁新報 2019年4月28日• 時事通信 2019年4月30日• 秋田魁新報 2019年4月28日• スポーツニッポン 2019年5月27日• (バドミントンスピリット) 2019年5月28日• 2019年9月12日• 2019年12月1日• 2019年12月1日 外部リンク [ ]•

次の

秋田から日本一をめざす北都銀行バドミントン部を応援します!

北都 銀行 バドミントン 部

獲得メダル 女子 金 女子ダブルス 金 女子ダブルス 銀 2019 南寧 混合団体 銀 2019 武漢 女子ダブルス 銅 2014 アロースター 混合団体 銅 2013 コタキナバル 混合団体 銅 2014 台北 混合団体 2019年8月27日現在 永原 和可那(ながはら わかな、 - )は、日本の女子選手である。 所属は()。 人物 [ ] 出身。 、 を経てに進む。 小学校からバドミントンを始め、2007年の第15回()5年の部女子ダブルスに出場経験があり、その時は1回戦敗退であった。 時代は、2010年の全国中学生バドミントン選手権大会女子シングルスに出場し、3回戦敗退の記録が残っている。 高等学校卒業後、へ就職して同社人事部に勤務する傍ら、バドミントン部に所属。 北都銀行入り後は同じ学年のとペアを組むようになり、2016年に日本B代表に選出された ことで国際試合にも出るようになる。 2017年ので準決勝へ進み3位に入賞した。 これが評価されて2018年度バドミントン日本代表(A代表)に昇格となった。 2018年になるとで3位に入賞すると 、(・)では当初出場メンバーに入っていなかったが、他国選手の出場辞退に伴い繰り上がりで出場が決まる。 2019年には4月のに出場し、27日の決勝で敗れたものの準優勝。 30日付の世界ランキングでは初の1位となった。 5月18日には8月の(・)の代表に選出された。 5月19日から26日まで開催されたでは、決勝に進んだが中国に敗れ、準優勝に終わった。 8月の世界バドミントン選手権大会(スイス・バーゼル)では、順当に勝ち進み、25日の決勝では福島由紀&廣田彩花組と2年連続の顔合わせとなった。 決勝ではセットカウント2-1の接戦を制し、連覇を飾った。 日本勢の2連覇は全種目を通じて初めてとなる。 9月、松本とともに道民栄誉賞を受賞。 11月25日から開催されたでは、12月1日の決勝で同大会3連覇を狙う福島由紀&廣田彩花組と対戦、セットカウント2-1の接戦を制し同大会初優勝を飾った。 脚注 [ ]• 2018年9月13日• 芽室町広報誌『スマイル』 平成17年3月号• 第15回全国小学生バドミントン選手権大会• 福島県富岡町立富岡第一中学校バドミントン部• 日本バドミントン協会• 日本バドミントン協会• 日本バドミントン協会• Badminton World Federation• 秋田魁新報 2018年5月28日• 秋田魁新報 2018年8月5日• 秋田魁新報 2019年4月28日• 時事通信 2019年4月30日• 秋田魁新報 2019年4月28日• スポーツニッポン 2019年5月27日• (バドミントンスピリット) 2019年5月28日• 2019年9月12日• 2019年12月1日• 2019年12月1日 外部リンク [ ]•

次の