シューマン 共振。 シューマン共振|あだち麗三郎|note

シューマン共振効果

シューマン 共振

「シューマン共振」とは、電離層最下部のD層の中で、超低周波の電磁場が共振する現象で、電磁波が電離層の中を7. 8Hzから31. 7Hzで共振しながら周回している現象をさしています。 この共振の周波数は、ニコラ・テラスによりこの現象が発見されたといわれていて、米国のイリノイ大学のシューマン教授がこの周波数を測定したことから「シューマン共振」と呼ばれており、「地球の脳波」とも言われています。 一方、人間の脳からも微弱な電磁波、つまり脳波が出ていて、脳の活動状態によって特有の周波数を持っています。 「シューマン共振電磁波」と「人間の脳波」は驚くほどの対応を見せています。 これは生命というものが、太古の時代から地球の電磁波をゆりかごにして生まれてきたことを想像させます。 睡眠とシューマン共振 人間の脳波は寝ている時は、地球の波動の7. 8Hz以下になるといわれています。 浅い眠りのときは10Hz前後のアルファ波で、熟睡すると7Hz以下のシータ波やデルタ波になります。 シューマン共振がヒーリングや気の世界でテーマとして取り上げられる最大の理由は、その第一共振周波数である7. 83Hzが、瞑想時や気の施術時に発生する脳波の周波数7. 5Hz(シータ波〜ミッドアルファ波のレンジ)とほぼ同じということです。 人がリラックスしていたり瞑想する時に、脳がシューマン共振と同調し、ヒーリング効果が生まれると考えられています。 この説は科学的に証明されていないため、いきおい、科学者vs. ヒーラーの様な対立構図を生むわけですが、確認されていることとして、次の事実があります。 人体に対して治癒を促進する効果が確認されている。 The concept of 1952 Schuhmann Schumann pointed out, The earth And The ionosphere Can form a resonant cavity, there is a special cavity resonance frequency, the frequency is mainly determined by the size of earth, and excited by lightning discharges global. The resonant frequency is known as the Schuhmann resonance Schumann Resonance. Schuhmann resonance spectrum in the ELF band, the frequency is about 8Hz the value of the many say, 7. Harbin Institute of Technology Weihai group of teachers of the Schuhmann resonance data of seismic forecast, and achieved certain results. 60 kilometers above the earth The atmosphere In the partially ionized or fully ionized state region of the atmosphere, the ionosphere is partially ionized region of the atmosphere, fully ionized said magnetic layer. Some people put the ionization atmosphere known as the ionosphere, the ionospheric magnetospheric as part of the. In addition to the earth, Venus, Mars and Jupiter are the ionosphere. Principle Simple said global thunderstorm produces lightning activity is equivalent to a current generator, to maintain the global ionospheric charging current balance and the ionospheric potential. Lightning produced a wide frequency Electromagnetic radiation The low frequency part, its strength is very weak, but for the zero order wave type, namely the wavelength equal to the circumference of the earth or the integer times , the earth acts as a waveguide resonator, lightning radiation is amplified. Considering the influence of earth is spherical waveguide, transmission loss in the ionosphere, and the anisotropy of the boundary layer, the resonant frequency of the waveguide theory is about 8 Hertz. From lightning 8 Hz the value of a lot of argument, 7. For the ideal waveguide, the zero order Schuhmann resonance wave is a constant with height vertical electric component or the ionospheric potential. Schuhmann resonance wave and the ionospheric potential linear representation of global lightning activity intensity correlation, usually by measuring the Schuhmann resonance wave magnetic field to represent the sign of global lightning activity, and can be anywhere on the earth measurement, difference, of course there will be effects on uneven local impact and the ionosphere, it usually adopts the monthly average values, apply this principle it can detect the relative areas of the lightning activities in certain conditions. Schuhmann resonance is 7. 83 cycles per second 7. 83 Hz. Named after Winfriedeoto Schumann, the Schuhmann resonance, is considered the vibration frequency of the earth. This makes the ELF ELF electromagnetic spectrum range of Schuhmann resonance of the earth. Schuhmann resonance with 19. 7 Hz Hz, 13. 8, 25. 7 Hz, 31. 7 Hz, 39 Hz and 45 hz. The exact frequency also varies with time. Most importantly, there is evidence that, the average frequency of the earth is drifting over time. 83 Hz Schuhmann resonance. Therefore, listening to binaural beats Schuhmann resonance, tend to increase the Alfa brain wave patterns.

次の

永久に不変と思われた「地球が発するシューマン周波数」が 7.83Hz から 8.5Hz へとアップし、ついに不安定化へ……。そこから思う「良い周波数」と「悪い周波数」の存在

シューマン 共振

地球を一周する シューマン共振(シューマンきょうしん)あるいは シューマン共鳴(シューマンきょうめい、Schumann resonance)は、の地表ととの間で極 ELF が反射をして、そのがちょうど地球一周の距離の分の一に一致したものをいう。 そのは7. 83 (一次)、 14. 1 Hz(二次)、 20. 3 Hz(三次)、……と多数存在する。 常に共振し続けているので常時観測できる。 、のである , 当時米国在籍 によりされた。 シューマン共振のはのやによる電離層のだといわれている。 なお、シューマン共振との関連性を主張し、シューマン共振と同じ周波数の電磁波にリラックス効果や治癒効果があるとうたわれることがあるが、はない。 関連項目 [ ]• この項目は、 に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の

ロベルト・シューマン

シューマン 共振

昨今の地球は、発せられる周波数もかなり変わってきております。 その対策なのか自分でもよく理解できておりませんが、自宅には数年前より音楽サイトで偶然見つけたシューマン共振装置を置いたり、 鞄には、ポータブルタイプのシューマン共振発生器(SchumannResonace)を時より入れてお出かけしております。 それでもお出かけから帰ってくると、いまの地球が発している周波数ってもの凄く変化してきているよなぁ~!って体感的にもの凄く感じるのです。 で、調べてみました。 すると、 シューマン共振は発見以来ずっと7. 8ヘルツでした。 ところが1980年頃を境に、徐々に上昇を始め、1997年には30%近く増えて10. 1ヘルツになりました。 シューマン共振は今後も波長が増大し、2013年には20ヘルツくらいまで上昇するだろうと考えられています。 っていう、ちょっと古い記述を発見しましたのです。 えぇ~いま、2017年ですけど、、、 ひと頃騒がれたIH家電の有害性問題について問題提起した方、電磁波問題の世界的権威と言われる 故いわく、 細胞分裂の際にDNAが二分され、このとき螺旋状の遺伝子が解ける瞬間があります。 生体情報にとって紛らわしい16ヘルツ周辺の電磁波が作用すると、DNAからカルシウム・イオンが抜け出し、正常な遺伝情報が転写 、合成されない事態が生じることがあります。 この影響が最もあるのが、成長中の細胞です。 16Hz帯周辺? ところでシューマン共振とは何か… シューマン共振(シューマンきょうしん)あるいは シューマン共鳴(シューマンきょうめい、Schumann resonance)は、の地表ととの間で極 ELF が反射をして、そのがちょうど地球一周の距離の分の一に一致したものをいう。 そのは7. 83 (一次)、 14. 1 Hz(二次)、 20. 3 Hz(三次)、……と多数存在する。 常に共振し続けているので常時観測できる。 、のである , 当時米国在籍 によりされた。 シューマン共振のはのやによる電離層のだといわれている。 なお、シューマン共振との関連性を主張し、シューマン共振と同じ周波数の電磁波にリラックス効果や治癒効果があるとうたわれることがあるが、はない。 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)から抜粋』 シューマン共振(地球の脳波)の上昇の原因は、太陽系がフォトンベルトに突入していることにあるらしく。 地球も含めて太陽系全体が、その帯域に入ったのは2012年12月21日。 確かに、そのころって集合意識でのアセンションがタイムアウトになったころです。 シューマン共振は、もともと周波数7. 83 Hzと言われております。 海馬が活性化し、記憶や洞察力に長けたり、潜在能力優位になると言われていますね。 現在では、シューマン共振帯域は、脳波でいうと(12Hz以上)帯なので、筋肉系の動きが活発化された状態で、興奮状態にもなり易く、競争意識やリスクに敏感に反応し易い状態になります。 より興奮した(40Hz、24 Hz 以上とも)になるとアドレナリンの分泌も大量になり、高度な情報処理能力にも長け、深い集中状態にもなりますが、同時に、緊張状態、いわゆるゴムが常に思いっきり伸びている状態なので、一寸した外的(音や出来事など)刺激に弱く、自制心を失い易く、感情のコントロールが非常に難しくなります。 が、思考や感情体のエネルギー振動数が高い人は、このシューマン共振の上昇に励起(れいき:Excitation)されて、エネルギー振動数がより微細に精妙化され、脳やDNAがより活性化されて、スピリチュアル的に表現をすると覚醒が進みます。 これらも、この地球の上に生きる人間が二分化していくという考えのひとつですね。 いま、変化に著しい地球の振動数に合わせて、私たちのこの身体や心、感情、思考なども振動数を高めていくと物質次元のやり取りが変わり、瞬間的に次元や空間を移動出来るようにもなります。 きっかけは、自宅に同じタイプのシューマン共振装置を置いている知人から「音楽家さんは音を良くするために、このシューマン共振装置を数台置いている人もいるそうですよ!」とお聞きして私は大興奮!! 理由は、この周波数は3方向か、4方向から流すと良いなぁ~!ってずっと思っていたからです。 そのお話を聞いて早速、増設となりました。

次の