四十九日 香典。 四十九日のお供え物とマナー|果物/お菓子/餅/表書き/孫

四十九日 香典 金額》書き方・夫婦・孫・親・親戚・祖母・祖父・兄弟・相場

四十九日 香典

家族葬だから四十九日法要がなくてもよい、というわけではありません。 故人が「あの世」へ旅立つのを見送るための儀式ですから、葬儀とはまた別の考え方で行われるものです。 葬儀と違う集まりとなりますので、香典のあり方もまた違ってきます。 家族葬の場合は、遺族の負担を軽くするために近親者だけで執り行って、会食がない場合や香典は辞退されます。 四十九日法要では集まった方々の会食の用意が必要になりますので、費用がかかる分「会費」的な意味合いで香典を持参します。 今回は、故人を見送る儀式として葬儀の後に行う四十九日法要と、香典の意味についてご紹介します。 四十九日法要とは 仏教では、亡くなった日から数えて49日間は、この世とあの世の間をさまよっていると考えます。 そして、7日ごとに閻魔大王を筆頭にした十王から生前の行いについて裁きを受けるとされています。 法要とは、この世に残された者が故人にあの世でよい報いを受けてもらうために行う供養のことです。 7日ごとに行われる裁きに合わせて、故人のために供養して「善」を送ります。 最初の7日目は「初七日」で、葬儀と同じ日に行うことが多いようです。 その後から四十九日の間の法要は遺族のみで行い、この間を忌中といって喪に付す期間となります。 葬儀の後、四十九日法要までの間は、自宅に遺骨・遺影・白木のお位牌を安置し、花や灯明・香炉を置くための後飾り壇を設けます。 本来は、7日ごとに法要を執り行うところですが無理な場合が多いので、代わりに家族が、故人が極楽浄土へ行けるようにお線香を絶やさず、できるだけお壇の前に座って手を合わせるようにします。 故人は35日目に閻魔大王の最後の裁きを受け、49日目にはあの世へ旅立って、遺族の喪が明けます。 四十九日法要にはお坊さんをお呼びして、遺族だけでなく故人の友人などにも参列していただくこともあります。 仏教の宗派や地域によっては35日目に一般の四十九日にあたる法要を行うところもあります。 四十九日法要を行う時期ですが、命日から数えて49日を過ぎてしまってはいけませんが、49日に近い日にちであれば問題ありません。 一般的には49日直前の土日に行われることが多いようです。 葬儀に次いで重要な儀式となる四十九日法要は、納骨や仏壇の開眼式に合わせて行う方が多いようです。 お墓を新しく建てる場合は、3回忌までに納骨できればいいので、四十九日法要に合わせなければならない、というわけではありませんが、お位牌は四十九日をもって本位牌に替えなければいけないので、仏壇やご位牌をご用意される方は、四十九日法要のタイミングでご位牌やお仏壇の開眼式を行います。 家族葬であっても四十九日法要の香典は必要 仏式で家族葬を行った場合、葬儀のときは会食なしで簡易に行ったとしても、四十九日法要ではそういうわけにはいきません。 遺族の側では、故人の旅立ちを見送ってもらうために故人の縁者をお呼びして、わざわざお越しいただくので、会食を設けなくても引き出物やお弁当などの用意をします。 四十九日法要の案内を受けた側では、葬儀のときに遺族から「家族葬なので」と香典を辞退されたとしても、改めての法事なので、会食の有る無しにかかわらず香典を持参します。 なお、葬儀の香典の表書きは「御霊前」で、四十九日以降の法事は「御仏前」となります。 なお、四十九日法要に参列の際の服装は、葬儀と同様の喪服となります。 四十九日はまだ喪が明けていないという考え方です。 以後、一周忌、三回忌までは喪服で、七回忌、十三回忌それ以降となりますと、ごく近しい身内だけになるかと思いますので、落ち着いた服装であれば平服でもよい場合があります。 一般的な香典の目安 四十九日法要の香典の目安は、故人と血縁関係がある場合は会食無しの場合10,000〜30,000円、会食有りの場合20,000〜50,000円で、夫婦で出席する場合は会食有り20,000〜50,000円・無し30,000円以上です。 故人と血縁関係がない友人知人の場合は、その関係の深さによりますが、一般的なお付き合いの場合は会食無しで5,000〜10,000円・有りで10,000〜30,000円、故人にお世話になった方の場合は会食無しで10,000〜30,000円・有りで30,000円以上となります。 参列する方のお付き合いの深さ以外でも、その方の年齢や法要が営まれる場所(ホテルやレストランの場合は多少高額に見積もる)、地域によっても金額が違う場合がありますので、事前に確認しておくといいでしょう。 故人の孫、ひ孫にあたり年齢が若い方の場合は、他の親族と相談して「孫一同」「曾孫一同」などとしてまとめてお供えすることも考えられます。 また、香典を持参するときのマナーですが、香典袋は袱紗(ふくさ)や、黒かグレーのハンカチなどで包んで、手渡すときに出します。 包み方は、袱紗(またはハンカチ)の中央に香典袋を置き、袱紗の四方を右・下・上・左の順に折り畳んでいきます。 長財布のようなポケット型の袱紗は香典袋を差し込むだけなので便利に使えます。 家族葬.

次の

四十九日の香典の金額相場をご紹介!故人との関係別にも解説します!|終活ねっとのお坊さん

四十九日 香典

四十九日の香典袋の選び方・水引の色 香典袋(不祝儀袋)の水引の色は多数存在しますが、 四十九日では黒白、藍銀、双銀のものを使います。 ただし、 関西地方では黄白の水引が用いられることがあります。 水引の形は、蝶結びと結び切りがありますが、四十九日など法事の際は結び切りのものを選択します。 香典袋はいくつかの種類が売られていますので、金額によって使い分けます。 一般的には金額が 1万円未満であれば水引が印刷されているもの、1~3万円であれば水引が印刷されておらず色は黒白、5万円以上であれば水引が印刷されておらず色は双銀のものを使うとよいでしょう。 左から印刷済みの水引(1万円未満)、黒白の水引(1~3万円)、双銀の水引(5万円以上) 四十九日以前でも「御仏前」を使うケース 四十九日以前でも「御仏前」を使うケースもあります。 浄土真宗では、亡くなったと同時に成仏すると考えるので、通夜・葬儀のときから「御仏前」を用います。 相手の宗派が浄土真宗とはっきりわかっているときは「御仏前」と書いてお渡しするようにしましょう。 迷ったときは「御香典」や「御香料」を使う 四十九日以前で仏教の宗派がわからない場合や、どう書けばいいか、 迷ったときは「御香典」や「御香料」を使うとよいでしょう。 これらは「お香をお供えします」という意味になり、浄土真宗の場合でも失礼にあたりません。 なお、わからないときは自分で勝手に判断せず、他の参列者や、周りの人に確認するとよいでしょう。 文字は「薄墨」ではなく「濃墨(黒)」で 不祝儀袋に使う文字の色は、葬儀や通夜の香典とは異なり、 薄墨でなく、濃墨(黒)で書きます。 葬儀や通夜や突然の訃報で墨をする準備もままならないという意味も込められていますが、四十九日は「忌明け」の法要でもあるので、黒ではっきり書いても構わないといわれています。 四十九日の香典の相場はいくら? 四十九日は節目となる法事なので、施主の出費等を考えて相応の金額をお渡しするのがマナーです。 故人との関係が近いほど金額が多くなるのが普通です。 法事の後で会食があることがわかっている場合、会食がない場合の金額に5千円から1万円程度上乗せして包むようにしましょう。 「故人との関係性」「参列者の年齢(参列者が就労しているかどうか)」「地域性」「ホテルで行うか自宅で行うか」「故人と同居していたか否か」などによって金額を決めます。 四十九日の香典の金額の目安(単位:円) 故人との関係 会食なし 会食あり 祖父母 1万~3万 2万~5万 両親 1万~5万 2万~5万 兄弟(姉妹) 1万~3万 2万~5万 おじ、おば 5千~1万 1万~2万 その他 親戚・親族 5千~1万 1万~2万 友人・知人・会社関係 3千~1万 1万~2万 四十九日の香典の「お札」について 香典に使うお札に関しては、葬儀や通夜の香典では、新札を使わないことが、いわば「常識」となっています。 一方、四十九日の香典については、「新札」でいいのか、使った札の方がいいのか、これも諸説あるようです。 手元に「新札」しかない場合、わざわざ古い紙幣を探す必要はないでしょう。 ただし、 新札のまま用いるのでなく、いったん折り目を付けるなどして、不祝儀袋に収めるようにした方がマナーとしてもかなっていると思います。 まとめ ・四十九日法要の香典袋の表書きは「御仏前」と書く。 ・四十九日の香典袋は水引の色が黒白や双銀のものを用い、金額によって使い分ける。 ・表書きの名前はフルネームで記載する。 連名の場合は代表者の左側に年長順で記載する。 ・四十九日の香典は、相場を確認して相応の金額を用意する。 ・新札のままではなく、折り目を付けるのが不祝儀のマナー。

次の

四十九日法要のマナーと基礎知識

四十九日 香典

引出物は「お供え」の、香典返しは「香典」のお礼 「引出物」は四十九日法要にいただいた「お供え」のお礼 四十九日法要で用意する「引出物」は、四十九日法要に出席する方からいただいた「お供え」へのお礼にあたります。 熨斗(のし)は黒白か双銀の結び切りで、表書きは「志」や「粗供養」とすることが多いようです。 「香典返し」は忌中にいただいた「香典」のお礼 四十九日法要で用意する「香典返し」は、通夜や葬儀、その後四十九日までのいわゆる「忌中」にいただいた「香典」へのお礼にあたります。 熨斗は黒白か双銀の結び切りで、表書きは「志」や「満中陰志」(関西地方など)とすることが多いようです。 香典とお供えを両方いただいた方には、法要後に引出物と香典返しの両方をお渡しします。 もちろん、通夜・葬儀で「当日返し」をしている場合は引出物だけですが、高額の香典をいただいた場合は、四十九日に改めて香典返しを用意することもあります。 引出物・香典返しの選び方と金額の目安 香典返しの品物の選び方・金額の目安は いただいたお香典の半額程度を目安に用意します。 品物選びのポイントは、食品や消耗品など「すぐ使ってなくなってしまうもの」。 これは「不祝儀がいつまでも残らないように」という考え方からきているもので、中でもお茶や海苔などの乾物、お菓子、洗剤などは地方や慣習を問わない定番となっています。 価格: 2,000円 税抜 良質な焼きのりと味付のりのセットです。 焼のりは3切6枚が3袋、味付のりは8切5枚が8袋入っています。 メーカーによる包装が施された状態で発送されます。 常温で保存できるため、遠方のお相手に送りやすいでしょう。 価格: 5,000円 税抜 静岡県産の玉露と名人茶(上煎茶)がそれぞれ110gずつ詰め合わせになっています。 深い香りやまろやかな味わいを楽しめるのが魅力的です。 好き嫌いが分かれるものでもなく相手の年齢や性別を問わず送ることができます。 価格: 5,000円 税抜 キッチン周りの掃除や後片付けに使えるクロスと洗剤がセットになったギフトです。 ディッシュクロスやスポンジなども入っているため、ギフトを開ければそのままキッチンでの作業を始められます。 カエルがモチーフになっており、小さい子供がいる家庭にもおすすめです。 品物の選び方は香典返しと同様に考えてよいでしょう。 お供えをいただく前に用意しなければなりませんので、あらかじめ親族や詳しい方に、当地の「お供えの相場」や「引出物の定番」を聞いておくと安心でしょう。 引出物・香典返しで迷ったらカタログギフトがおすすめ 香典返しの定番としてはお茶や海苔などの乾物、お菓子、洗剤などがあげられます。 しかし、相手にとって本当に必要な品物を贈りたい場合や何を香典返ししていいのか迷っている場合は、多くの商品の中から好きなものを選べるカタログギフトがおすすめです。 価格: 3,300円 税抜 約1130点のアイテムが掲載されています。 少額の香典返しに迷った場合でも、こちらのカタログギフトを選べば間違いはありません。 価格: 5,950円 税抜 商品数が多いのが特徴的で、服飾・生活雑貨は約1620点、グルメは約410点が掲載されています。 受け取った人が自分自身のニーズに合わせて商品を選べます。 価格: 11,000円 税抜 「リンベルeカード」や各種ギフトカードも掲載されており、それらを選べばカタログに載っていない商品の購入も可能です。 選択肢の幅が広いため、さまざまな人に対して送ることができます。

次の