マティーニ。 【モンスト】マティーニ少将【激究極】攻略と適正キャラランキング

吉原マティーニ

マティーニ

マティーニとは?レシピと作り方について まずはマティーニとは?を理解していただくために、基本的な情報をご説明。 特徴や材料 レシピ や作り方などに触れていきます。 大きなグラスのような容器に氷を入れる• ジンとドライ・ベルモットをそれぞれの分量入れる• マドラーもしくはバースプーンで中身が冷える程度にかき混ぜる• 氷が入らないように中身だけをカクテルグラスに注ぐ• オリーブを沈めて完成 本来は下の写真のようなという専用の容器を用います。 なお、このような製法 ミクシンググラスを用いて中身だけ冷やす方法 をバー用語では「ステア」と言います。 By — Own work, , マティーニはかなりシンプルなカクテル このように、マティーニは非常にシンプルなカクテル。 お酒しか使用していないので、アルコール度数も高く、だいたい 30度を超えます。 ハーブような香りが強く、辛口なカクテルなので好みは分かれがち。 ですが、超がつく王道カクテルですから、一度は味わっておきたいところです。 シンプルが故にバーテンダーの腕が試されるカクテルで、バーテンダーによって作り方やレシピ、さらには味わいまでも微妙に異なります。 一端のバーテンダーでもあった筆者的には、オーダーが入ると気が引き締まるカクテルでもありました… ちなみに、材料のジンの割合をあえて増やすレシピもあり、より辛口になることから ドライ・マティーニと呼ばれます。 ドライ・ベルモットとは? 材料のジンについては、ジントニックなどがありますから、味についてご存知の方も多いでしょう。 しかし、ドライ・ベルモットをご存知の方は決して多くないと思われます。 ドライ・ベルモットとは、簡単に言うと、 ハーブを加えた白ワイン。 チンザノが有名な銘柄で、ラベルを見たことがある方は多いかもしれません。 ジンについてはこちらで解説しています。 マティーニは、イギリスの元首相 チャーチルや文豪ヘミングウェイがこよなく愛したと言われているカクテルで、ヘミングウェイの小説にも登場しています。 さらに映画では、 007のジェームズボンドが「ウォッカマティーニを。 ステアせずにシェイクで」というオーダーをすることでも有名で、他にも「七年目の浮気」でマリリン・モンローがマティーニを飲んでいることでも有名です。 ちなみにジンではなくウォッカで作ったマティーニは、単純にウォッカマティーニと呼ぶだけでなく、 ボンドマティーニとも呼ばれています。 人気NO. 1のカクテルでもある マティーニの人気度も「王様」であり続ける所以かもしれません。 1のカクテル。 ショートカクテルとは逆三角形のいわゆるカクテルグラスに入った氷の無しのカクテルで、「バーのカクテル」と言われ、イメージするようなカクテルです。 つまり、本格カクテルの「王様」として君臨しているとも言えるわけです。

次の

マティーニのカクテル言葉の意味とは?度数や英語のスペルについて調査!

マティーニ

由来 [ ] 諸説あるが、以下などが有力とされている。 にのニッカボッカー・ホテル()にいたマルティーニという名のが考案したことから(しかし現在のものとはレシピが異なる)• マティーニの原型となったカクテルで使用されていたが、の社製であったことから。 標準的なレシピ [ ]• - 45• - 15ml あくまでも上記は参考。 今日ではジン3~4に対してベルモット1が標準的とされ、これよりジンが多い場合は ドライ・マティーニと呼ばれることが多い。 ジンとベルモットの割合は好みや作る者によって様々である。 元々はジン1に対してベルモット2程度の割合(アルコール度数にして約20度)であったが、その後に辛口(ドライ)なものが流行し、一時期はベルモット1滴の中にジンを注ぎ込むといった エクストラ・ドライ・マティーニも供されることがあったという。 作り方 [ ]• 上記材料をに入れてする。 に注ぎ、を飾る。 備考 [ ] 好みで上記材料に数滴を加えたり、供する前にのを絞り加えることもある。 クラシカルなマルチィネス・カクテル(ジン、、スイートベルモット、、レモンツイスト) バリエーション [ ]• (ウォッカティーニ) ジンの代わりにを用いたもの。 ダーティ・マティーニ オリーブジュースが入るもの。 焼酎マティーニ(酎ティーニ) ジンの代わりにを用いたもの。 スウィート・マティーニ ドライ・ベルモットの代わりにスウィート・ベルモットを用いたもの。 サケ・マティーニ(サケティーニ) ドライ・ベルモットまたはジンのどちらかをに置き換えたもの。 の代わりにパール・オニオンをデコレーションに用いたもの。 などがあり、上記以外にも実に多岐にわたるヴァリエーションが存在する。 1979年に出版された『ザ・パーフェクト・マティーニ・ブック』では268種類のレシピが紹介されているといわれる。 話題 [ ]• のを務めたもマティーニ、特に辛口のエクストラ・ドライ・マティーニを好んだと言われる。 ベルモットを口に含んだ執事に息を吐き掛けさせ(執事にベルモットと言わせたとの説も)、「ベルモットの香りがするジン」を好んだという話や、ベルモットの瓶を横目で眺めながら(正視すると「甘すぎる」らしい)(ベルモットが当時戦争相手だったイタリア生まれの酒だから、という説もある)ジンを飲んだという逸話が伝えられている。 007シリーズでが「. (マティーニを。 ステアせずにシェィクで)」という台詞を決めるシーンがある。 本来、ジンでつくるマティーニをウォッカで、おまけにシェイクして出せという意表を突いた台詞が受け流行となり、これは007シリーズの定番になった。 このオーダーは2006年に同名の映画が公開されることにより有名になり、の名前を採りあるいはヴェスパー・マティーニと呼ばれる定番になったが、このレシピが有名になったために、大量生産されていなかったフランス製のヴェルモット「キナ・リレ」(Kina Lillet、現名: リレ・ブラン)はさらに貴重になり、このカクテル自体が希少品となった。 主演のではモンローが注文するが、辛いとしてバーテンダーに砂糖を入れるように要求。 「故郷では砂糖を入れるのが普通よ」と言ってのけるシーンがある。 を舞台にしたの小説『』の中で、主人公がバーテンダーにマティーニを注文する際「将軍で」と頼む。 これは15:1のハードなドライ・マティーニの事で、アフリカ戦線の連合軍総司令官モンゴメリー将軍が、ドイツ軍との戦力比が15対1以上にならないと決して攻撃を開始しなかった事に引っ掛けている。 欧米での綴りはいずれも Martini である。 これを英語風に発音すると(マーを強く)「 マーティニ」となるが、英語圏でもイタリア風に「マル ティーニ」、あるいは折衷的な「 マーティーニ」などと発音されているようである。 日本では マティーニと表記される。 は、ベルモットのボトルを逆さにして振り、そのベルモットが沁みたコルクでグラスをさっと拭き、あとは冷えたジンをグラスに満たして飲んでいたという。 のテレビドラマ『』では、主人公・矢吹薫()がでいつも注文して飲んでいた。 東京・銀座にある「毛利バー」は、マティーニが有名で、「毛利マティーニ」といわれる。 出典 [ ]• YYT Project 編 『おうちでカクテル』 p. 50 池田書店 2007年2月20日発行• 関連文献 [ ]• 旭屋出版編集部『The Best of MARTINI Book 名バーテンダー・人気バーテンダー 珠玉のマティーニレシピ』旭屋出版、2004年5月、• 稲保幸『スタンダード・カクテル・ブック927 付録マティーニ・カクテル徹底研究821』しゅるい研究社、2004年7月、• 枝川公一著『日本マティーニ伝説 トップ・バーテンダー今井清の技』(『小学館文庫』)、小学館、2001年2月、• 年譜あり• ギャップ出版編集部編『タンカレー・マティーニAtoZ』ギャップ出版、2001年6月、,• 朽木ゆり子著『マティーニを探偵する』(『集英社新書』)、集英社、2002年7月、• 澤井慶明監修 永田奈奈恵カクテル指導『バータイムをたのしくするカクテルの事典』(『成美堂出版』)、1996年2月、 関連項目 [ ]• - カクテルの女王と呼ばれるカクテル• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (英語)• (英語).

次の

マティーニのカクテル言葉の意味とは?度数や英語のスペルについて調査!

マティーニ

com 一般的に、マティーニはジンとベルモットをステア(材料と氷をミキシンググラスに入れ、スプーンで手早くかき混ぜて作る方法)して作るカクテル。 ボンドが注文した「ウォッカマティーニを、ステアせずにシェーク(シェーカーを使って材料を混ぜ合わせて作る方法)で」は、ベースとなるリキュールも調理技法も異なります。 ボンドの愛したマティーニは、カクテルの王様・マティーニの王道レシピとは大きく離れていたため、映画を見ていたオーディエンスは衝撃を受けたと言います。 このセリフが流行した結果、『007』ではこのセリフが定番になったようです。 王道の作り方は以下のとおりです。 <レシピ> ウォッカマティーニ (シェーク) 【材料】 ウォッカ…50ml ドライベルモット…10ml レモンピール…1枚 【作り方】 1. ウォッカとドライベルモットをシェーカーでシェーク。 シャンパングラスに注いだら、レモンピールを浮かべて完成。 ちなみに、『007』の影響からか、ボンドのマネをせずとも、「ウォッカマティーニ」と注文すれば、シェークして提供するバーも多いようです。 com シェークもステアも、材料を混ぜるという意味では同じです。 でも、出来上がりの味は大きく違います。 なぜボンドがシェークを好んで注文したのか、技法をもとに出来上がりのカクテルの味を想像してみましょう。 また、ボンドが「舌がしびれるほど冷えているのがよい」と言っているように、シェークすることによって材料がきちんと冷えるのもよいのでしょう。 マティーニは成功者のカクテル さて、最後に残る疑問は、ボンドのような男性が正しくないマティーニのレシピでオーダーする理由です。 あくまで推測ですが、以下のように考えるのが自然ではないでしょうか。 『007』のジェイムズ・ボンドは、小説の原作者であるイアン・フレミングのキャラクターがかなり色濃く反映されています。 たとえば、ネクタイの結び方ひとつとっても原作者の好みです。 彼が思う最高のマティーニのレシピが、シェークしたウォッカマティーニだったのではないでしょうか。 じつは、マティーニはカクテルの王様にして成功者のステイタス。 その人のこだわりが如実に出るため、ジンとベルモットの比率に関するレシピ論争も少なくありません。 財界人や文豪たちが自分のマティーニのレシピを持っており、フレミングはシェークするウォッカマティーニを好んだと思われます。 あなたが考える理想のマティーニを マティーニは自分の好みや考えが現れるカクテルです。 とくにステアの場合は腕が試されるため、自宅で最高の1杯を作るたのしみがあります。 ボンドが飲んだウォッカマティーニを参考に、理想のマティーニを追い求めてみてはいかがでしょうか。 参考: 『カクテル完全バイブル』 渡邉一也著 『カクテルホントのうんちく話』 石垣憲一著.

次の