ゲンチアナ バイオレット。 角層計測ソフトウェア コルネオサイトメトリー

大阪府/空中花粉捕集マニュアル

ゲンチアナ バイオレット

99 外観 固体・金属光沢あり・深緑(塩化物) 相対蒸気密度 14. クリスタルバイオレット Crystal violet 及び、 ゲンチアナバイオレット gentian violet は、トリフェニルメタン色素の一種である。 ベーシックバイオレット3、 塩化メチルロザニリン(ピオクタニン)ともいう。 クリスタルバイオレットはpH指示薬や染色液としてよく用いられる。 また殺菌消毒効果もあるため微生物培養検査における発育阻止剤や、褥瘡の治療 [3]にも用いられる事がある。 その他内視鏡検査検査時にポリープなどの病変部を確認しやすくするための色素散布の色素としても用いられる事がある [4]。 蟯虫の治療薬して用いられていた [3]。 1 危険性情報など• 1 応急措置• 2 染色での用い方• 3 脚注• 4 関連項目 危険性情報など [編集 ] [2]• 飲み込むと有害• 発がんのおそれの疑い• 生殖能又は胎児への悪影響のおそれの疑い• 長期にわたる又は反復ばく露による消化器、全身の障害のおそれ 応急措置 [編集 ]• 吸入した場合 被災者を新鮮な空気のある場所に移動し、呼吸しやすい姿勢で休息させること。 医師の診断、手当てを受けること。 皮膚に付着した場合 化学物質が除去されるまで、多量の水と石鹸で洗うこと。 医師の診断、手当てを受けること。 皮膚刺激が生じた場合、医師の診断、手当てを受けること。 目に入った場合 水で数分間注意深く洗うこと。 次に、コンタクトレンズを着用していて容易に外せる場合は外すこと。 その後も洗浄を続けること。 眼の刺激が続く場合は、医師の診断、手当てを受けること。 飲み込んだ場合 口をすすぐこと。 医師の診断、手当てを受けること。 予想される急性症状及び遅発性症状 発がんのおそれの疑い、生殖能または胎児への悪影響のおそれの疑い。 最も重要な兆候及び症状 (データなし) 染色での用い方 [編集 ] クリスタルバイオレットは適正な媒染剤を用いることにより、グラム染色でのグラム陽性を染色する色素として用いられる。 媒染剤には、ヨウ素ヨウ化カリウム溶液(ルゴール液)が用いられることが多い。 脚注 [編集 ] [ ヘルプ]• Merck Chemicals JAPAN. 2010年5月5日閲覧。 中央労働災害防止協会. 2010年5月5日閲覧。 臨床微生物迅速診断研究会. 2010年5月5日閲覧。 味の素. 2010年5月5日閲覧。 関連項目 [編集 ]• 染色 生物学• pH指示薬• 内視鏡検査 この項目は、化学に関連した 書きかけの項目です。 この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(プロジェクト:化学/Portal:化学)。 UpToDate Contents 全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe. candida vulvovaginitis• candida infections in children an overview• candidal intertrigo• common problems of breastfeeding and weaning• chromoendoscopy Japanese Journal• 臨床報告 弓部大動脈置換術後のMRSA縦隔炎に対してゲンチアナ・バイオレット塗布と大網被覆によりグラフト温存ができた1例• 丸山 俊之,松倉 一郎• 臨床外科 64 2 , 267-270, 2009-02• 色素化合物とくに ゲンチアナバイオレットの抗菌力とその応用• 永山在明• Current Concepts in Infections Diseases 24, 12-15, 2005• Related Links• クリスタルバイオレット Crystal violet 及び、ゲンチアナバイオレット gentian violet は 、トリフェニルメタン色素の一種である。 ベーシックバイオレット3、塩化メチルロザニリン( ピオクタニン)ともいう。 クリスタルバイオレットまたはゲンチアナバイオレットなどの塩基性の紫色色素液で1分 程度染色する。 この段階では、菌はグラム陽性と陰性に関わらず紫色に染まる。

次の

消化器病変の認識、範囲の確定に有用な色素法の分類と特徴

ゲンチアナ バイオレット

【ゲンチアナ】 平成23年8月15日号より 基源:リンドウ科(Gentianaceae)の Gentiana lutea Linne の根及び根茎 ゲンチアナはヨーロッパ生薬で,原植物の Gentiana luteaはリンドウ科の植物です。 苦味健胃薬として知られる日本民間薬のセンブリや,中国医学のリュウタンもリンドウ科植物で,これらはすべて苦味成分としてセコイリドイド配糖体を含有しています。 リンドウ属植物( Gentiana)というと,リンドウ G. scabraに代表されるように可憐な姿で花の色は青紫あるいは白のものをよくみかけます。 一方, G. luteaは大きく堂々とした植物で,一般的な高さは50〜120㎝,大きいものでは人の背丈を超えるほどになります。 茎は直立して分枝せず,葉は長さ20〜30㎝,花が濃い黄色というのも特徴的です。 ピレネー山脈,アルプス山脈,アペニン山脈およびカルパチア山脈から小アジアのタウルス山系にいたる広大な地域にわたって分布しています。 生育地では多数の個体がまとまり,草丈の低い植物たちの間に大きな G. lutea の株が点々と広がっている様は壮観です。 薬用部位である根及び根茎は夏期に採取し,一定期間自然発酵させた後に日干しします。 すると,発酵によって特異な芳香が生じ,外面がやや赤褐色を帯びるようになります。 生薬の形状は,根茎は短く細かい横皺があり,その上端には芽および葉の残基を付けることがあります。 根は深い縦皺があり,ややねじれています。 味は初め甘く,後に苦さが残ります。 苦味成分の主要なものとして,ゲンチオピクロシドやアマロゲンチン,ゲンチオピクリンなどが知られています。 栽培種ではアマロゲンチンの含量が野生種に比べて多いことも知られています。 ゲンチアナは,ヨーロッパで古くから知られていました。 紀元前2世紀ごろのイリリア国(アドリア海沿岸地方)の王ゲンティウス(Gentius)が薬効を発見したと伝えられ,その故事から Gentianaという属名が生まれたともいわれています。 『ディオスコリデスの薬物誌』には「その根は温性で収斂作用がある。 搾り汁は脇腹の痛み,高い所からの転落による障害,痙攣に効果がある。 水とともに服用すれば肝臓や胃病の患者を救う。 創傷治療薬として外用する。 搾り汁は深く浸蝕した潰瘍の薬になる。 また炎症を起こした眼を治療する軟膏にもなる。 根は白斑をきれいにする作用がある」と薬としての用途が記されています。 現在のヨーロッパでは食欲増進や消化不良,胃痛,胸やけ,胃炎,下痢,吐き気などの治療に内服するほか,外傷の治療に用いられています。 市場には乾燥した根や根茎のまま,あるいはエキスやチンキ剤として出回ります。 エキスは強壮剤として使用するほかに,禁煙の薬としても用いられます。 また健康食品やハーブティーとしても利用されています。 フランス製のリキュール「スーズ(SUZE)」はゲンチアナを主な原料としたお酒で,1889年に考案され,画家ピカソが好んで飲んでいたと伝わっています。 リキュールは現在ではカクテルを作るのに用いるお酒と認識されることが多いのですが,元は蒸留酒に薬草や香辛料を加えた薬用酒がはじまりです。 後に,蒸留酒に香味成分として果実やナッツ類を加えたものも造られるようになり,リキュールは味,色ともに様々で,種類は豊富に存在します。 日本では,ゲンチアナは主に胃腸薬の配合剤として用いられています。 日本薬局方にはゲンチアナとともにゲンチアナ末が収載され,さらにゲンチアナ末を配合するゲンチアナ・重曹散,複方ジアスターゼ・重曹散,複方ロートエキス・ジアスターゼ散も収載されています。 ゲンチアナ・重曹散は苦味健胃薬であるゲンチアナ末と炭酸水素ナトリウムとを3対7の割合で配合したもので,味は苦く,健胃薬の基本的な処方です。 現在わが国で流通しているものはほとんどスペイン産の野生品です。 なお,漢方処方に配合して用いられるリュウタンは,ゲンチアナとは根の大きさや形が全く異なるので原形生薬では明らかに見分けがつきますが,粉末にすると区別することが困難になります。

次の

クリスタルバイオレットの特徴、使い方と使い方 / 化学

ゲンチアナ バイオレット

contents• クリスタルバイオレット染色の原理 クリスタルバイオレットの構造や性質 クリスタルバイオレットはトリフェニルメタン系 トリアリールメタン系 の色素で3つのベンゼン環がつながった特徴的な構造をしている化合物です。 トリフェニルメタンの構造を持つ化合物には色素として利用されているものが多いです。 クリスタルバイオレットは最上段左から三番目にあります。 これらの色素は様々な用途で利用されています。 クリスタルバイオレットの3つのベンゼン環にはジメチルアミノ基があり、塩化物イオンとのイオンになっているため極性は高く水への溶解性も高くなっています。 scientificanimations. 0 ] 染色の原理とは? これはペプチドグリカンの厚いグラム陽性菌はエタノールによる色素洗浄されにくいからだといわれています。 クリスタルバイオレットはペプチドグリカン層を染色します。 グラム陽性・陰性菌のどちらもペプチドグリカン層を持つため、いったん染色されます。 しかし後の処理で脂質層や薄いペプチドグリカン層を持つグラム陰性菌ではエタノールでクリスタルバイオレットが洗い流されて脱色してしまいます。 グラム染色でグラム陰性菌が赤いのは脱色された後にフクシンという赤い色素で染色しているからです。 したがって、薄いペプチドグリカン層を持つグラム陽性細菌は赤色に染まり、厚いペプチドグリカン層を持つグラム陰性菌はクリスタルバイオレットを保持して紫色に染まります。 クリスタルバイオレット染色でルゴール液 ヨウ素-ヨウ化カリウム液 処理する理由 ルゴール液を利用する理由はクリスタルバイオレットとルゴール液が化学反応すると難溶性になり染色力が向上するからです。 グラム染色を行う手順は• クリスタルバイオレットで紫色染色• ルゴール液で処理 染め• エタノールで洗浄 洗浄• フクシンで赤色染色 染色 になります。 クリスタルバイオレットで染色した後に使用するルゴール液は何の意味があるのでしょうか? ヨウ化カリウム溶液にヨウ素を加えると三ヨウ化物イオン I 3 — が生成します。 この三ヨウ化物イオンは溶液中でクリスタルバイオレットの塩化物イオンと置き換わることで三ヨウ化物イオンとの錯体になります。 ヨウ化物イオンは塩素よりも大きく水溶性が大きく低下します。 これによってペプチドグリカン層のクリスタルバイオレットは水で流されにくくなります。

次の