シャドバ アンリミ ネメシス。 【シャドバ】人形ネメシスのアンリミテッド最新デッキレシピ【シャドウバース】

【シャドバ】AFネメシスでアンリミテッド18連勝のデッキレシピ!アンリミのAFネメシスでもエネスが強かった?!デッキコードあり!

シャドバ アンリミ ネメシス

鋼刃・カルラを採用する関係で必然的に採用。 回復、ドロソとしてはもちろん1PP残しで共鳴調整にも使える 守護抜き、ヨルムン対策と抜く理由がない。 余った1PPでちょこちょこ人形を供給してくれる。 対エイラ、守護ビショップではファッティ除去にも一役買う。 地味に進化時1PP回復もあるので展開、残尿効果に活用していこう このデッキの主役その1。 1PPで進化フォロワーをバフ、守護付与、1ドローで共鳴調整ができてしまう。 デカいエネスかデカい守護を押し付けて勝つのがこのデッキの勝ち筋なので後攻では極力手札に引き込みたい このデッキの主役その2。 現アンリミ環境では除去の枚数が減っているので進化置きしておくと滅多なことでとられなくなる。 この子にアメスを連打してAoEを飛ばしつつ顔面をしばき倒すのがメインプラン 雑強カード。 このデッキでは割と3T目からポンポン投げてしまい除去を吸ってもらう役割もある。 除去されなければそのまま顔面が通るので相手を見つつガンガン投げていこう 盤面掃除要員。 進化を切らななくても2点までなら人形で除去ができるのも強み。 を採用するなら人形温存で繋げることも可能 大型守護突破用。 アクセラで出たプロダクトマシーンが残っていれば早期に残PP3効果も狙える ご存じ顔面削り要員。 シルククとのコンボが有名だが今の環境序盤に出てくる頭2が少ないので3コスなら割と誰を投げてもよさそう。 たまに本体の潜伏でとどめ刺せたりする アクセラによる横並べ要員。 2,5Tあたりに撒いておくと割と無視されて盤面に残りやすいのでアメスやマシンベアとのシナジーが狙いやすい ミントネクロ対策。 投稿者は対面皆6T冥府するから嫌になって積むのをやめましたが実際にはデスタデスタで死ぬ可能性が下がるので有効だと思います アメスエネスカルラリヒトなど増やしたい対象はいっぱいいるがやはり体力1がネック アメスでバフしたフォロワーをとかから守ってくれたり後述の破壊の使徒とシナジーがある。 でも結局冥府置かれたら死ぬし枠はきついしで採用しづらいのが現状 回復と即時人形生成が便利。 盤面圧が弱いのと2連打しないとアグロヴなどには回復が間に合わないのが難点 誰だよ ピネガキ って人も多いと思う。 体力の多さと警戒されにくさで場残りがよくアメスとの相性が抜群。 進化1アメスするだけで体力8守護という化け物になるので確定除去がないデッキはこれだけで詰んだりする。 攻撃不能は人形やミュニエで解除するべし ラプンツェルを採用するなら採用の余地あり。 盤面進化顔に行くときに横に添えておくと1枚人形をもらえる。 腐っても進化サイクルなので除去を吸ってくれることもある ご存じシルヴァの弾。 現環境がそこまでシルククによる除去が強くない、5Tはまだ盤面進化アメスしたいターンでエンハもちょっと使いづらいので選択枠 バッファーといえばこの方。 3コスなのにシルヴァで打ち出せないのがデメリットではあるが、3コストして見なければ優秀なバフ要因であることは疑いようもない。 守護も貼ってくれるのでリーサルから逃れるのにも一役買う 本デッキ随一のおしゃれ要素。 5PPで進化アメス使徒アメス、アメスが盤面にいれば3PPで使徒アメスができちまうんだ。 他にもミュニエやクムユを回収できるので結構用途が多い グダった時のリーサル及び対アグロ最終兵器。 人形の切り方を調整すればチョイスの発動自体は容易だがやはり8コスは重い。 採用するなら愛が必須 一応ちゃんと勝つために組んでランクマでの勝率も6割くらいまで行けましたが、ワイのアンリミのランクがAAでガチデッキに置くとなんか荒れそうだったのでネタデッキに置きました。 本当は純人形で組みたかったんですが流石にフィニッシャーの子たちのコストが重すぎて無理でしたね。 なんとか人形遣いつつ勝てるデッキがないかと模索した結果、エネスがAoE効果と人形の相性がよく、かつ環境に合っていたのでこの子と相性のいいカードを中心にこのデッキが出来上がりました。 最終的に異物が多すぎて人形過激派から石投げられそうな構築になりましたがね! 使徒アメスやマシエンマシンベア辺りのセットが他のカードとの噛み合いもよく使ってて楽しかったですね。 もう人形で本気で勝とうとしてる人とか絶滅危惧種だと思うけどこの記事を見て「また人形研究してみるか!」という人形遣いが一人でも増えてくれたらうれしいです。 新環境、ローテ人形は今回も駄目そうだなぁ…ディバイダーは強いんだけどね。 インヴァースは何がしたかったんだ まとめのほうでもちらっと触れてますがエネスのAoEがガンガン発動する構築なのでそのAoEと合わせて相手の盤面を更地にして顔進化しやすくするのに人形が適しています。 プロダクトマシーン1匹残るだけでも出せるダメージが全然違ってくるので極力盤面は除去したいので人形を入れるのが一番いいです。 流石にオーキスに関しては無理して入れてるところが大きいですが… というか中途半端にAFを入れると機能不全になるんですよね…それだったら振り切ってAFにするかAF全く入れないかのどちらかのほうが戦いやすくなります。 記事作った理由の9割くらいが使徒のコンボ自慢したかったのがあります。 見つけたときはワイは天才か…とか思ってました。 来季も頑張るで!応援ありがとナス!.

次の

【シャドバ】【相談】アンリミのAFネメシス強すぎて勝てないんだが、どうしたらいい?

シャドバ アンリミ ネメシス

機械ネメシスの立ち回り こちらはWUP環境の説明となります。 順次更新していきます! エアリアルクラフトがカギ 重要カードのコストダウン キーカードの、は強力だが、ややコストが重い。 でそれらのコストを下げ、早期着地できるようにしよう。 デッキ圧縮カードで全力サーチ このデッキは進化ターンにエアリアルクラフトをプレイできるかどうかで勝率が大きく動く。 マリガンではもちろんのこと、、、のチョイスで加えたのドロー効果も合わせて全力で探しに行きたい。 シューティングタートルを有効活用 5ターン目付近(特に先攻)では、の能力で手札のキーカードを呼び出したい。 やの攻撃時能力を発動させることができれば理想的。 ベルフォメットによる盤面制圧 天地の侵略者・ベルフォメットによる盤面制圧が主な勝ち筋となる。 場に出る、はどちらも強力な効果を持つため、1枚で試合を決めることもある。 シャドウバース攻略の他の記事 ローテーションのデッキ ローテーションのTier上位デッキ.

次の

【シャドバ】人形ネメシスのアンリミテッド最新デッキレシピ【シャドウバース】

シャドバ アンリミ ネメシス

(アンリミの記事は)初投稿です、とんとんです。 前書き ナテラ崩壊環境はローテーションの自然ウィッチについてnoteを書いていたのですが、特にすごいことも書けなかったのでやめました() さて今回はタイトルにあるように アンリミのデッキ紹介となります。 ローテーションメインの人たちも ララミアのサプライ(エンブレム・スリーブ)狙いで勝ちたいと思ってる方も少なからず。 そこで今回はあくまで 紹介に留まりますが、ナテラ崩壊期のアンリミのデッキたちをアーキタイプ、使いやすさ、生成コストの3点でわけて紹介しようと思います。 あくまで存在しうるデッキの紹介なのでこの時点で紹介されてなく「おれの使ってる〇〇がないやん!」みたいのは限界がありますが実用性があるものであれば追記します。 また、アンリミはカードが多いため デッキのリストについては割愛させていただきます。 アグロ 顔削るの命 2. ビートダウン 疾走や強い面を作り残ったヤツで削る 3. コントロール 相手の立ち回りに合わせて詰み盤面や状況を有利にしていく4. 使いやすい(初見でもデッキを見ればだいたい使える)2. 並(ちょっとは練習しておいたほうがいい) 3. コメント 前期までのアンリミ覇権デッキ。 ローテーションよりフェアリーを獲得する手段が多く、1コストのアミュレット2種とフェアリーサークルとスピリットシャインにより 恐ろしいぐらい速くアマツが完成する。 しかし、コンボパーツを集めながらアマツを引かなければいけないせいか、 より安定して疾走打点やバーンダメージを出せるデッキに人気が移っていった。 難しいとしたのは前のように ただアマツをして運だけで勝つのが安定しない分をボードプランを通さなければいけなく、各対面ごとに何枚フェアリーを盤面に出すかなど実際に試さないとわからないことがおおいため。 デッキ名 豪風リノセウス アーキタイプ コンボ 使いやすさ 使いやすい 必要エーテル 安い デッキの動き 豪風のリノセウスを8回プレイしてワンショットする。 コメント ROG期からいる 悪魔的存在。 現在のローテーションほどの生息はしていないが、ローテーションのリノセウスコントロールと違い、 森の女王リザによるサーチ、バウンスカードの豊富さから6〜7ターン目には安定してリーサルを決められる。 しかし、ここはアンリミテッド、盤面処理能力が低いこのデッキは6〜7ターン目なんて来る前に負けるかクオンやネレイアによって守護を立てられて負けてしまうためか 今期はほぼ見ない。 デッキ名 旧リノ アーキタイプ コントロール 使いやすさ 普通 必要エーテル 安い デッキの動き リノセウス(無印)を使いプレイ回数を稼ぐことによってワンショットを狙うデッキ。 コメント ナチュラルマナ、荒野の休息によって早いターン数からプレイ回数を稼ぎやすくなり息を吹き返したデッキ( 環境にはほぼ見ない)。 5〜6ターン目にはリーサルを決められるスペックはあるが新リノセウスと同じく盤面処理能力が低く守護に弱いためローテーションのコンエルのようにコントロールプランをとって決めるタイプと全力で0コストを確保してワンショットを狙うタイプがある。 ロイヤル デッキ名 無敵ペインレス アーキタイプ コントロール 使いやすさ 普通 必要エーテル 普通 デッキの動き ペインレスサムライに守護(ネイビー)、選択不可(ニュクス)、破壊耐性(リーシャ)などをつけ対策できないデッキを積ませて殴るデッキ。 コメント 一時期はこ のデッキの対策をしないほうが悪いとまで言われる勢いがあったデッキ。 無敵ペインレスとつけたように環境デッキだろうと 対策が無ければ5ターン目ぐらいには詰み盤面を作られてしまう。 このデッキの突破できるカード(ミュニエやネレイア)が増えたためか、面白みがあまりないためか前期ほどは見かけなくなった。 デッキ名 潜伏 アーキタイプ アグロ 使いやすさ 使いやすい 必要エーテル 安い デッキの動き リオード最強! コメント 前期までローテーションで暴れていた 陰キャロイヤルことリオードを軸とした潜伏軸のロイヤル。 飢餓の輝きや研磨などコスパよくバフできるカードがあるため殺意が高い。 ローテーションほど環境が遅くないため、潜伏側も要求が高く母数は少ない。 たまに入ってる お姉ちゃん剣士後手4だけ強すぎる ウィッチ デッキ名 超越クオン アーキタイプ コントロール 使いやすさ 普通 必要エーテル 安い デッキの動き スペルブーストたくさんして強いカードをなげる コメント ローテーションの式神ウィッチに虹の輝き、運命の導きと次元の超越を入れたイメージ。 式神のカード追加により1枚でボードを強くしやすくなり、ラストワードによるスペルブーストが次元の超越を隙なくコストをさげていく。 スペルブーストの事故が カオスウィザードと運命の導きの6枚体制なのもあってあまりおこらずクオンか超越どちらかしかひけなくてもパワーがあるデッキのため現環境でも人気がある。 デッキ名 疾走ウィッチ アーキタイプ アグロ 使いやすさ 使いやすい 必要エーテル すごく安い デッキの動き 真実だけで十分さぁ!!! コメント 狂信者すごく嫌いです() 狂信者、刃、双刃などの疾走札に魔法剣を使い 顔面をしばきあげていくデッキ。 クラークの術式はだいたい顔。 元々はドロシーデッキだったが、カオスウィザードの追加よりドロシー抜きドロシーウィッチとなり、今ではインフィニットドロシーが入ったりでドロシーデッキになったのかもしれない…? ドラゴン デッキ名 フェイスドラゴン アーキタイプ アグロ 使いやすさ 使いやすい 必要エーテル 普通 デッキの動き コスト通りにカードを出してフォルテなどの疾走で詰め切る。 コメント フェイス系のデッキではヴァンパイア、ロイヤルに次いで人気のデッキ。 難しいことはあまりなく、序盤に出したバイロンが残ったら勝ちに直結するわかりやすいタイプで、覚醒後はアイボリーやマリオンによってリソース回収もできるため使いやすいデッキになっている。 デッキ名 ディスカードドラゴン アーキタイプ コントロール(?) 使いやすさ 使いやすい 必要エーテル 普通 デッキの動き プレシオサウルスを出してディスカしまくる。 コメント ナーフ前覇権デッキ。 プレシオサウルスを4〜5ターン目にプレイするためにブースト札と龍の伝令の確定サーチ。 その後はディスカによる高速でドローしながら盤面を処理でき、回復も優秀なため事故が少なく環境をとっていた。 しかし、 現状は打点が伸びず、竜爪の首飾り採用やダークジェイルなどの打点札を入れて火力を補っている。 ( 使用率は大幅減) デッキ名 庭園ダゴンゼル アーキタイプ コンボ 使いやすさ 使いやすい 必要エーテル 普通 デッキの動き 鳳凰の庭園がある状態でダゴンとゼルを同時に出して30点疾走によるワンショットを狙うデッキ。 (スクショ下手すぎ) コメント 一定の人気を誇っていたデッキ。 PPブーストと庭園による大型連打ではないが、 派手な一撃は中毒性がある。 また、ある程度の守護は突破できるため、庭園を置いた次のターンに倒されなければ 一気にリーサルまでもっていける点も魅力であろう。 コメント ドローの多さからコンボパーツを引きやすく 6ターン目に決まることも多い。 しかし、ミントに沈黙の詩を打てるかどうかや面に触れづらさからアグロ系に対して対抗策が少なく環境に合わないためか流行っていない。 デッキ名 ミッドレンジネクロ アーキタイプ ミッドレンジ 使いやすさ 普通 必要エーテル 高い デッキの動き 盤面を作りシャドウリーパーをバフしたり、ギンセツアクセラやレディグレイで高い耐久力を誇るデッキ。 コメント アグロ系にメタを貼るにはもってこいなデッキ。 アマツが流行っていた時に極光の天使を採用してヘクターなどのパワーが高いカードを投げるまで耐久していた。 今期では アマツの減少により見なくなったが、絆の共振などの回復札を活用し、アグロ系に立ち向かう可能性を秘めているデッキである。 ヴァンパイア デッキ名 アグロヴァンパイア アーキタイプ アグロ 使いやすさ 普通 必要エーテル 普通 デッキの動き ユリウス2種と疾走、バーンカードによって速攻でライフを詰めるデッキ。 コメント ながらく覇権を取り続けているデッキ。 疾走とバーンが多い上に低コストでまとまっているため速攻しやすく 簡単に20点以上削り取ることが出来る。 前期まででも十分強力だったが、 紅のワルツの追加により2コスト3点バーン6枚体制、イオによるAoEとドレインによる先に詰められて負けるケースが少なくなった。 デッキ名 ヨルムンヴァンパイア アーキタイプ コントロール(バーン) 使いやすさ 普通 必要エーテル 高い デッキの動き アグロ系のカードを削り、UBやネレイア、コアといったパワーカードを採用したことによりバーンも多いがロングゲームが狙える。 コメント 今1〜2位のシェアを誇るデッキ。 コア、イオ、ネレイアによりアグロ対面に強く、2種のユリウスにより展開系にも強い、そしてバーンカードの多さから回復がないデッキには速攻を仕掛けられる オールレンジデッキ。 ヨルムンガンドの強化により、ネレイアを起動させられる闇の街や鋭利な一割き、密約など無理なく入れられる札で3点ダメージを飛ばせるようになり、従来のヨルムンガンドデッキのような自傷回数を稼がなくてもよくなった。 ビショップ デッキ名 教会ビショップ アーキタイプ アグロ 使いやすさ 使いやすい 必要エーテル やや高い デッキの動き 頂の教会を出した後にムニャールやフラッグフェザーフォルクの体力の高い疾走を出して高打点をたたき出すデッキ。 コメント 某YouTuberが紹介したところから始まり、今では少し少なくなったが 環境トップのデッキ。 5ターン目には20点を削りきる勢いがあり、教会自体もセイントグリフォンでのアクセスがあるため事故率が低くない。 そして ビショップの特権である金クルトによりアグロ対面を粉砕できるのも魅力である。 デッキ名 エイラビショップ アーキタイプ コントロール 使いやすさ 普通 必要エーテル 普通 デッキの動き エイラの祈祷を置いて回復してバフして殴る。 コメント RoGから エイラが6枚体制になったことにより復活したデッキ。 今まで2枚置くのが難しかったが最低1枚、2枚置きも現実的になり盤面を残すと負けに直結するため全処理を強要される。 圧倒的な盤面は作りやすいが、突進や疾走がないため残らないとリーサルが狙えず1試合あたりの時間がかかるため 今期ではあまり流行っていない。 デッキ名 増える天狐 アーキタイプ コンボ 使いやすさ 使いやすい 必要エーテル 安い デッキの動き 天狐の社を崇拝の実現で増やし、1回復あたり10点飛ばしてワンショットするデッキ。 コメント こちらも某YouTuberの紹介により掘り起こされた。 ジャスティーや荒野の休息によって盤面を埋めずに回復して6、7ターン目には決着をつける。 しかし、教会や加速装置メタの熾天使の剣やミュニエの進化時によって増やす前に消されてしまい 立ち位置が悪くなっている。 ネメシス デッキ名 AFネメシス アーキタイプ 宇宙 使いやすさ 宇宙 必要エーテル 普通(カイザー無しなら安い) デッキの動き 考えるな、感じるままに回せ。 コメント 筆者のとんとんも使ってますが説明があまりつかない 感覚で回すデッキ。 最大盤面がほぼ無限大なため、使いこなせるようになれば全対面有利と言っても過言ではないほど。 しかし、 下ブレ時のケアが難しく、埋めるカードと引っ張るカードが極端に偏ったり、解放がずっとひけないと環境デッキに負けてしまう。 デッキ名 アグロネメシス アーキタイプ アグロ 使いやすさ 普通 必要エーテル 安い デッキの動き 先1バレッジ、先3重力がとにかく強い。 コメント 前期のMPランキング1位の方が使用していてAF以外ないと思われていた アンリミネメシスの革命児。 コスト通りに動かすだけだが、重力の柔術士が進化ターン前には取られづらい点と シルヴァのアクセラレートのバーンが強くアグロ系に強いアグロデッキになっている。 最後に だいたい1クラスあたり2〜3つほど紹介させていただきました。 これだけ紹介しましたが、 環境はヴァンパイア、ウィッチがほとんどでネメシス、ビショップの4クラス以外ほぼ見ないぐらいです。 内容は濃いものではないですが参考になればと思います。 ここまでお読みいただきありがとうございました!.

次の