岩手 コロナ隠蔽。 【悲報】東京の70代男性、コロナ聖域の岩手県へ避難した後火事を起こしてしまう

岩手で感染者いないのはなぜ?新型コロナ感染ゼロは検査者が少ないから?|みかんと傘とコッペパン。

岩手 コロナ隠蔽

岩手県がコロナ感染者ゼロの理由はなぜ? 全国各地で新型コロナウイルスの感染が確認されている中、岩手県では2020年4月20日時点でも感染者が確認されていません。 東京都では感染者が3000人以上も出ているというのに岩手県は未だにゼロなのは凄いですよね! なぜ岩手県では感染者が出ていないのか? 理由の1つには 人口密度が挙げられます。 岩手県は人口密度 1平方キロ当たりの人口 が83・8人と北海道に次いで2番目の低さとなっています。 そのため 人が密集する可能性が他県に比べて低いことが理由の1つと考えられています。 ただ人口密度が全国で一番低い北海道や隣県の秋田県、青森県でも感染者が出ているため人口密度だけが関係している訳ではなさそうですね。 他にも 岩手県の達増拓也知事の頑張りという意見も出ています。 達増拓也知事は2020年3月30日に首都圏からの来訪者に対して往来自粛や2週間の外出自粛を求めるなど注力されています。 また今回の新型コロナウイルスが無症状の方もいるため 感染はしているが確認されていないというケースも十分に考えられます。 現状検査するのには時間もかかり検査を受けられていない方々もたくさんいらっしゃいます。 無症状の感染者は岩手県だけでなく全国各地にいると思いますので全員を検査するのはとても難しいですよね。 岩手県がコロナ感染者ゼロの理由は隠蔽との噂も!? これだけ世界中で感染が拡大しており、日本全国でも感染者が出ているにも関わらず岩手県だけで感染者が出ていないのはおかしいと疑問を抱いている方も多くいらっしゃいます。 中には感染者が出ているが 隠蔽して公表していないのではないか?という声も出ています。 隣県でも感染者が出ていますので疑う気持ちもありますが、これだけ問題視されていることですので隠蔽という可能性は低いのではないでしょうか。 感染者が出ないことはイメージアップになると思いますが、隠蔽がバレてしまったら元も子もないです。 それに感染者が出てしまったらまずは感染を拡大させないためにいち早く対処されますので隠蔽はないと考えられます。 単に感染者を検査する人手や場所が足りていないということも1つだと考えられます。 これだけ感染者が増えているので感染者の確認は時間の問題ではないでしょうか。 一人一人の行動で感染拡大を防ぐことができますのでなるべく外出は控えて協力しながら今回の問題を乗り越えて行きたいところです!.

次の

【新型コロナ】感染者が出ていない県!最新情報をチェック!

岩手 コロナ隠蔽

ページ番号1027496 更新日 令和2年7月17日 更新履歴• 令和2年7月17日 を更新しました。 令和2年7月13日 知事から県民の皆さまへのメッセージにを掲載しました。 令和2年7月13日 を更新しました。 令和2年7月10日 にを、新型コロナウイルス感染症対策本部ページへを掲載しました。 令和2年6月30日 を追加しました。 県民の皆様へのお知らせ• Information on the Coronavirus• 各種イベント等の開催状況 各種イベント等の開催、または、中止の情報は、以下のリンク先をご覧ください。 事業者の皆様へのお知らせ• 知事から県民の皆様へのメッセージ 知事メッセージ• 岩手県にお住いの皆さまへのお願い 外出する際のお願い• 6月19日から、全ての都道府県との移動の自粛が解除されました。 マスクの着用や人との間隔の確保をお願いします。 帰ったら、手洗い・消毒・うがいなどの徹底をお願いします。 夏場は、屋外でマスクを外すなど、熱中症に注意願います。 他の都道府県から岩手県に帰県される際は、帰県後2週間は、それまでいた都道府県が要請している自粛の継続をお願いします。 施設(店舗等)・職場における感染対策の徹底• 施設(店舗等)には、「入場者の制限や誘導」「手洗いの徹底や手指の消毒設備の設置」等の取組をお願いします。 職場においては、在宅勤務(テレワーク)、時差出勤等、人との接触を低減する取組をお願いします。 思いやりのある行動と落ち着きを持った対応のお願い• 医療関係者をはじめ、県民生活に不可欠なサービスの提供に従事している皆さまに、感謝と思いやりの気持ちをもって対応を心がけていただくようお願いします。 県外からいらっしゃる方々に対し、落ち着きを持った対応を心がけていただくようお願いします。 【参考】 岩手県においでになる皆さまへのお願い 他の都道府県からお越しになる皆さまへ 他の都道府県から岩手県に来県される際は、来県後2週間は、それまでにいた都道府県が要請している自粛の継続をお願いします。 海外からお越しになる皆さまへ 自宅等指定された場所で2週間待機していただくなど、 検疫の要請に従うようお願いします。 岩手県内で里帰り出産を希望される方へ• 【参考】東北6県の状況 東北地方では、青森県、宮城県、山形県及び福島県で新規感染者が報告されています。 東北地方における感染者の確認状況(7月12日24時現在、単位:人) 県名 6月12日(金曜)時点 6月19日(金曜)時点 6月26日(金曜)時点 7月3日(金曜)時点 7月12日(日曜)時点 27 27(0) 27(0) 27(0) 30(3) 岩手県 0 0(0) 0(0) 0(0) 0(0) 88 89(1) 92(3) 97(5) 106(9) 16 16(0) 16(0) 16(0) 16(0) 69 69(0) 69(0) 69(0) 71(2) 81 82(1) 82(0) 82(0) 83(1) 合計 281 283(2) 286(3) 291(5) 306(15)• ( )内は、新たに確認された感染者の人数です。 検疫所、米軍基地内での感染者は除いています。 各県の最新の感染状況は、ご覧になりたい県名をクリックすると確認できます。 遺伝子検査(PCR検査)等・相談状況 遺伝子検査(PCR検査)等実施件数 令和2年5月14日よりコールセンターを設置したことに伴い、区分を「コールセンター」と「各保健所等(県庁医療政策室・盛岡市保健所を含む)」に変更しました。 【帰国者・接触者相談センター】受付件数 区分 2月8日~ 7月9日 7月10日 7月11日 7月12日 7月13日 7月14日 7月15日 累計 コールセンター 1,602 19 29 21 31 20 34 1,756 各保健所等 (県庁医療政策室・盛岡市保健所を含む) 8,546 27 10 5 35 24 27 8,674 合計 10,148 46 39 26 66 44 61 10,430 主に「 症状がある方からの受診等に関する相談」を計上 【一般相談】受付件数 区分 2月8日~ 7月9日 7月10日 7月11日 7月12日 7月13日 7月14日 7月15日 累計 コールセンター 884 19 10 9 25 18 22 987 各保健所等 (県庁医療政策室・盛岡市保健所を含む) 5,936 14 1 0 22 12 21 6,006 合計 6,820 33 11 9 47 30 43 6,993 「 新型コロナウイルス感染症に関する疑問や心配事がある方からの一般相談」を計上 (注意)集計数に変更が生じる場合がありますので、ご了承ください。 新型コロナウイルス感染症に関する相談窓口 次の症状がある方は「帰国者・接触者相談センター」にご相談ください• 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合• 重症化しやすい方(注意)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合 (注意)高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方• 上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合 (症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。 症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。 解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。 帰国者・接触者相談センター(コールセンター)• 電話での相談を通じ、疑い例に該当する方を「帰国者・接触者外来」に受診させるよう調整を行うため、コールセンターを設置しています。 なお、聴覚に障害のある方をはじめ電話での御相談が難しい方に向けてファクスでも受付をしていますので、ご利用ください。 受付時間: 9時~21時(土日・祝日を含む) 電話: 0120-565653(フリーダイヤル) ファクス: 03-3595-2756 LINE公式アカウント「岩手県-新型コロナ対策パーソナルサポート」 令和2年4月30日、LINE公式アカウント「岩手県-新型コロナ対策パーソナルサポート」を開設しました。 新型コロナウイルス感染症対策本部 本部員会議• 岩手県新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針• 新型コロナウイルス感染症に関する県の対策• 岩手県新型コロナウイルス感染症医療体制検討委員会• 新型コロナウイルス感染症対策への寄附• 関連リンク• 添付ファイル 県が作成したポスターなどです。 ご自由にお使いください。 新型コロナウイルス感染症に関する岩手県のお知らせを、7月11日(土曜日)の岩手日報に掲載しています。 新型コロナウイルス感染症に関する岩手県からのお知らせを掲載したリーフレットを県内で配布しています。 新型コロナウイルス感染症に関する岩手県のお知らせを、6月13日(土曜日)の釜石新聞、14日(日曜日)の岩手日報、岩手日日新聞、東海新報に掲載しています。 新型コロナウイルス感染症に関する岩手県のお知らせを、5月10日(日曜日)の岩手日報に掲載しています。 新型コロナウイルス感染症に関する岩手県のお知らせを、5月2日(土曜日)の岩手日報、岩手日日新聞、東海新報、釜石新聞に掲載しています。 新型コロナウイルス感染症に関する岩手県からのお知らせを掲載したリーフレットを県内で配布しています。

次の

岩手県に新型コロナウイルス感染者がいない(ゼロ)のはなぜ?隠蔽や検査拒否の実態を調査│めでぃらぼ

岩手 コロナ隠蔽

Contents• 隠蔽されているかもしれないと、 疑っているようですね。 検査数が少ないことに関しては、 何も岩手県に限ったことではなく、 日本全国の方針だと思われます。 「検査件数を更新しました」 ってあるけど、どこで見れますか? クリックしても見れないんですが。 岩手県が運営している、 『新型コロナウイルス感染症に関する情報』 のページを見てみると、 相談件数が1日あたり 10数件程度しかない日が続いています 一般の相談に関しては、 多い日でも5~6件です。 このような少ない数字を見て、 県民は不安になり、 岩手県が感染者数を隠蔽していると 勘ぐってしまうのではないでしょうか。 その点を踏まえたうえで、 隠蔽について考えてみましょう。 岩手県が隠蔽しているとしたら、 その理由はやはり、 経済的な問題が 一番大きいのではないでしょうか。 自然に育まれた岩手県は、 宮沢賢治の生まれとしても有名ですね。 お寺やレジャー施設、 アウトドア体験など、 これから暖かくなるに従って、 観光ビジネスが栄えるシーズンを迎えます。 ところが新型コロナの 感染者が出たとなれば、 県全体の観光産業が 成り立たなくなります。 もちろん、観光だけではなく、 一般企業や個人の活動も 収縮してしまいます。 そのような事態を避けるために、 検査数をコントロールしているのでは ないでしょうか。 日本政府の方針として、 医療機関における検査数を増やさないのは、 医療崩壊を避けるためだった という説があります。 実際にイタリアでは、 政府が国民に検査数の制限を 伝えなかったために、 ごく些細な症状の人も病院を訪れる という事態が発生しました。 それにより人が密集し、 病院内での感染が広まってしまったのです。 医者にまで感染が広まったため、 完全に医療崩壊を起こしてしまいました。 その点日本は、国民に対し、 病院に行っても重症でない限り 検査には及ばないと、 メディアを通じて伝えました。 結果、マナーの良い日本人は、 我先に病院に訪れるようなことは しませんでした。 うがいや手洗いなど、基本的な対策も、 日本人はよく実践していると思います。 そのような先手の対策が功を奏したため、 感染した数の爆発的な増加を 食い止めることに成功した、 ともいえます。 当ページに記載してある内容は、 岩手県の公表に基づくものではありません。 その点に留意して 読んでいただければ幸いです。 以下もどうぞ!.

次の