年金 免除 ニート。 年金を40年間全額免除し続けたらどうなるのか

年金滞納【無職なのに免除が受けられないのはなぜ?】

年金 免除 ニート

バブル崩壊後の就職氷河期によりフリーターが誕生し、さらに仕事がない状態が続いたことで勤労意欲のないニートが誕生しました。 フリーターとは? 15~34歳で、非正規雇用で生計を立てている人。 ニートとは? 15~34歳で、働いておらず、学校にも通っていない人。 一応、正社員とほぼ変わらない労働時間働いていれば、フリーターも厚生年金保険に加入しなければなりませんが、フリーターと呼ばれる人の幅が広いため、ニート同様のフリーターもいる状況です。 そして、厚生年金保険に加入していないフリーターやニートも、公的年金制度においてはに該当し、国民年金保険料を納付しなければなりません。 しかし、そういった人たちは、経済的にそんな余裕ないのが当たり前です。 そこで、時代の変化によって生まれたフリーターやニートを公的年金制度に対応させるため、若年者納付猶予が作られました。 若年者納付猶予の条件 20歳以上50歳未満のであって、次のいずれかの要件に該当する者は、申請することにより、保険料の免除を受けることができます。 前年の所得が、その者の扶養親族等の有無及び数に応じて、政令で定める額以下であるとき• 被保険者又は被保険者の属する世帯の他の世帯員が生活保護法による生活扶助以外の扶助を受けるとき• 地方税法に定める障害者又は寡婦であって、前年の所得が125万円以下であるとき• 保険料を納付することが著しく困難である場合として、天災その他厚生労働省令で定める事由(失業・事業所の倒産等)があるとき 若年者納付猶予の注意事項 国民年金保険料の若年者納付猶予を受ける前に、次の注意事項を理解しておきましょう。 配偶者が免除の要件を満たしていないときは免除されません• 世帯主の所得額は問いません• 受給資格期間には算入されますが、老齢基礎年金額の計算には反映されません• 支給要件を満たせば、若年者納付猶予を受けた期間も障害基礎年金・遺族基礎年金の対象となります• 10年以内のものに限りできます• 毎年、申請が必要です  若年者納付猶予を追納しない場合のデメリット 若年者納付猶予を受けた期間は、には算入されますが、老齢基礎年金額には全く反映されません。 したがって、しなければ将来もらえる老齢基礎年金額が減ります。 しかも、10年以内にしなければ、国民年金保険料を払う意思があっても納付できなくなるので注意が必要です。 もし10年経った後にしたくなった場合は、60歳以降にになって保険料を納めましょう。 若年者納付猶予と申請免除の違い 若年者納付猶予とはほぼ同じ内容です。 「なぜ同じような免除制度が存在するのか? 」ですが、それは、数少ない違いを比較するとわかります。 申請免除は世帯主の所得も判断基準とするため、一定額以上の所得がある親等と同居しているフリーターやニートは国民年金保険料の免除を受けられなくなってしまい、親が代わりに払ってくれなければ未納期間を作りかねません。 そこで、親等と同居するフリーターやニートのために、世帯主の所得を判断基準としない若年者納付猶予が作られたのです。 それでも、結婚して配偶者がいる場合は、その配偶者の所得は問われます。 そして、申請免除は老齢基礎年金額に反映されますが、若年者納付猶予は全く反映されないということをしっかり理解しておきましょう。 若年者納付猶予の手続き・必要書類・提出先 若年者納付猶予の手続きは、年金事務所や市区町村役場に備え付けてある『国民年金保険料免除・納付猶予申請書』に必要事項を記入(本人以外は印鑑が必要)し、『国民年金手帳』『前年(前々年)の所得を証明する書類』『退職したことを証明する書類』等を添えて市区町村役場に提出してください。 日本年金機構のサイトからプリンアウトトして、郵送にて若年者納付猶予の申請をすることも可能です。 申請した日の属する月の前月から厚生労働大臣が指定する月まで免除されますが、今は法改正されて、2年前までさかのぼって若年者納付猶予を受けられるようになっています。 毎年、申請が必要ですが、『納付猶予申請書』にある「(14)継続希望区分」で「1. する」を選択すれば、申請書は最初の1回だけで済むので、継続を希望する方は忘れずにチェックしてください。 若年者納付猶予の所得基準 若年者納付猶予制度を受けるには、本人及び配偶者の年収が、次の計算式で算出した額以下である必要があります。 ニートはもちろん、フリーターもこの基準を満たせば、国民年金保険料の納付を免除されます。

次の

大学卒業後、無職の人必見!国民年金を免除する手続きをご紹介!

年金 免除 ニート

ニートは免除すべき 結論から言うとニートは年金免除すべきだ。 収入がないのに毎月16,410円も国にお金を払うのはもったいないからな。 オラも一年ぐらいニートだった期間があるけど免除申請したから一円も年金を払っていない。 近所の役所か年金事務所に聞けば教えてくれるから絶対に申請すべきだぞ。 ニートの年金免除申請は通る? 結論から言うと、 ニートの年金免除は申請さえすれば100%通る。 年金を払えと無理に言われることもないし、むしろ役所の窓口に行くと丁寧にやり方を教えてくれっぞ。 ニートの年金免除申請のやり方 では、ここからニートの年金免除申請のやり方を具体的に説明すっぞ。 一年以内に仕事を辞めた場合 一年以内に仕事を辞めた人は、辞めた日から一年間は年金を払わなくてもいいという決まりがある。 だから、辞めた会社に離職票を発行してもらうか、ハローワークに行って雇用保険の履歴をもらえばOKだ。 あとはそれらの書類を提出すれば100%年金は免除できっぞ。 無職の場合 ずっと働いてない 無職の場合は、年金事務所に連絡して免除申請を行う。 この場合は年金事務所に事情を説明するという手間がかかるけど、おめえが本当に働いていないのなら免除申請は通るはずだ。 ただ、 免除申請は過去にさかのぼって2年間分しかできないから注意だぞ。 (それ以前の分は未納として処理される) 年金未納よりも免除申請したほうがいいのか? ニートの場合 、年金の支払いをガン無視する「未納」よりも免除申請をしたほうがいい。 なぜなら、未納の場合将来もらえる年金が〇円になるのに対し、免除申請をした場合は半分もらえるからだ。 つまり、本来なら5万円ぐらいもらえる国民健康保険が、 年金未納の期間はおめえが貰える額はゼロ円なのにたいして、免除申請すれば2万5000円ぐらいはもらえる。 つまり、一円も年金を払わなくてもいいのに 、将来毎月2万5千円ほどのお金がもらえる権利が発生するってことだな。 たった一回免除申請するだけで、将来もらえる年金の額が大きく違ってくるから、絶対に免除申請はすべきだぞ。 あと、一回免除申請すると毎年自動で免除申請してもらえるから、手続するのは一回だけで済むぞ。 オラもニート期間に加え、社会保険に入ってない会社で働いたりしてたから、 累計で3年半ぐらい国民健康保険に加入していた。 でも、全部免除申請してたから一円も国民年金を払ってねえぞ笑 このように、ニートは年金を免除したほうが圧倒的にお得だってことを忘れねえでくれよな! まとめ ニートは年金免除申請を絶対した方がいい。 年金なんかどうせ将来もらえるかどうかわからねえんだから、働いてもいねえ奴が払う必要はこれっぽっちもねえぞ。 オラも国民年金に加入していた3年半の間全額免除してもらったから、合計で60万円近くのお金を節約することができた。 年金は積立貯金じゃなくて、オラたちが払った金を直接受給者に払ってるから、完全に死に金だからな笑 ただ、未納の場合は将来年金が一円も貰えなくなるのに対し、免除申請しさえすれば半額受け取ることができる。 一円も年金を払ってないのに年金が半額でも貰えるってことは、圧倒的に免除申請したほうが得だぞ。 免除申請は必要な書類さえあれば100%審査に通過するから、ニートのおめえも是非やってみてくれよな!.

次の

ニートになったら国民年金保険免除を必ず受けよう【紙切れ1枚書けばOK】

年金 免除 ニート

もくじ• 国民年金保険の免除申請は紙切れ1枚書けばオッケー 国民年金の免除を受けるには条件がありますが、ややこしいことはメンドイという場合は取り敢えず申請を出しちゃえばオッケーです。 別に条件を満たしていないからと言って怒られたりしませんので気軽に出してしまいましょう。 (後ほど条件等の解説もします) 簡単な作業で、あのポストを覗くたびにため息が出る請求封筒が届かなくなりますよ。 国民年金保険免除申請用紙の提出の流れ 国民年金免除申請用紙は、最寄りの市役所でもらうか日本年金機構の公式サイトから印刷が可能です。 国民年金保険免除申請用紙を記入する 記入例も公式サイトに書いてありますが、ややこしそうなところだけ解説をしておきます。 14備考についてですが、もし国民年金保険を滞納している場合は2年1ヶ月前までさかのぼって免除申請が可能です。 基本的に未記入にしておいて問題ありません。 国民年金保険免除申請用紙を管轄の窓口に提出する 住民登録をしている市役所や町村役場の国民年金担当窓口に提出すれば完了です。 (窓口がややこしければ「年金免除の申請ってどこですか?」と聞けばオッケーです) 行くのが面倒なら郵送も可能です。 提出の際に必要になる添付書類は以下のとおり ・年金手帳 または 基礎年金番号通知書 ・前年(または前々年)所得を証明する書類 ・所得の申立書 ・雇用保険被保険者離職票等の写し 提出後に審査され、どういった結果になったか後日通知されます。 こんな感じで、申請から大体1〜2ヶ月後くらいに審査結果のハガキが届きます。 ニートの場合、どれぐらい免除が受けられるのか? 実際どれくらいの国民年金保険料が免除されるかは世帯単位の前年所得によって基準が決まっています。 扶養控除額は同居人の年齢や収入で変わってきます。 参考 自分がニートで収入がなくても親が働いている場合は、親の所得で決まります 仮に親と2人暮らしであなたが扶養家族の場合、所得が95万円を超えると全額免除は厳しいかもという計算です あくまで基準なので経済状況が苦しかったら無理せずに国民年金機構へ相談しましょう。 未来のお金のためにいまを生きれなかったら意味がありませんよ。 国民年金免除で受けられるメリット 国民年金免除は年間にして、約5万円から約20万円もの支払いを抑えることができます。 また、それ以外にも大きなメリットがありますので解説させていただきます。 国民年金免除でも未納にはならない 国民年金を滞納したり支払わずにいると未納という扱いになり、将来年金が受けられなくなるリスクがあります。 そのため国民年金の免除が受けられる状態なら申請した方が得する計算にはなります。 国民年金免除だけ?これもやっておこう 国民年金免除だけがニートの節約術ではありません。 他にも知っておくとお得な情報を解説しておきます。 もう一つの保険も免除できる ニートに取って国民年金保険に次いで大きな負担である 国民健康保険についても免除申請が可能です。 国民年金保険とごっちゃになりがちですが、別物なのでこちらも申請をしておくといいですよ。 ただ地域によって条件が変わってきますので、それぞれの市役所・町役場で問い合わせてみてください。

次の