ミディアム ボブ 前髪 なし。 50代女性におすすめのらくちんなヘアスタイルはミディアムスタイル

あれ、なんだか色っぽい♡前髪なし×ミディアムボブで美しく。

ミディアム ボブ 前髪 なし

ナチュラルで清潔感のあるパーマなしのボブスタイルは男女共に好印象。 前髪なしでおしゃれに、前髪ありでキュートに、パーマをかけなくてもレイヤーやスタイリングで女性らしいふんわり感も出せます!長めのミディアムボブや黒髪など小顔も叶うストレートボブのスタイルとアレンジをご紹介。 \How to/ 【STEP1】 ・38㎜のアイロンに、毛先を入れ込んで平巻きで内側に1回転させる。 ・全体の毛先をくるんと柔らかな内巻きカールに。 【STEP2】 ・内巻きカールをつけたすぐ上の部分を、外側から挟まずにアイロンをなでるように当てる。 ・ボリュームを熱で抑えるように。 ・内巻きカールの上の部分が少しへこんで、緩いS字カーブを描き、カールがより強調される。 【STEP3】 ・くしの柄を使って、分け目をつける。 ・正面から後方へまっすぐ分けると、分けたパートがアシメトリーになりスタイリッシュ。 【STEP4】 ・トリートメントとワックスを混ぜて、分け目からトップの毛に毛流れに沿ってつけ、ピタッと押さえる。 ・クールな仕上がりに。 ワンレンが色っぽいナチュラルストレートボブ \ヘアスタイルのポイント/ ・偶然から生まれた〝隙〟が生まれもった色っぽさを引き立てるカギ。 ・潔い程シンプルなのに、こなれた色っぽさも清潔感もある浅見れいなさんのボブヘア。 ・誌面に登場する度、多くの『美的』読者がくぎづけに。 ・ボブヘア歴は10年以上。 現在は、顔周りの長さを左右非対称にしているのがポイント。 「何事もキレイにまとまりすぎたスタイルは好きじゃないんです。 髪型もくせを生かしたり、ドライヤーで乾かすだけで決まったり、ラフなニュアンスが出るようにカットしてもらいます」(浅見さん) 「短い方の毛束を耳にかけるとわかるくらいのアシメトリー感で、私好みの隙のあるスタイルに。 エアリーなふんわり感でエレガントなショートボブ ふんわりエアリーなストレートタッチに。 \How to/ 【STEP1】 ・大きめのマジックカーラーで、前髪を後ろ向きに巻く。 ・その後ろの毛束も同様に巻いて。 さらに、ハチ上の髪を分けて、クリップで留めておく。 【STEP2】 ・耳上の毛束を取り、根元をストレートアイロンで挟んで横向きに引っ張る。 ・下向きに引っ張るとペタンとなり、上向きに引っ張ると広がるので注意! 【STEP3】 ・中間まで来たら、手首を大きくカーブさせるように返して内巻きに。 ・両耳の上、両耳の後ろ、真後ろの5つを目安に毛束を分けて巻くとちょうどいい。 【STEP4】 ・すべて巻き終わったらマジックカーラーを外す。 ・シアバターをほんの少し指先にとって、手のひらから指の間にまで薄く広げておく。 【STEP5】 ・前髪をかきあげるようにしながら、手に広げたシアバターをなじませる。 ・その後、手グシを通しながらフォルムを整え、毛先を軽くつまんで束感を。 前髪なしの立体大人ボブで輪郭もカバー \ヘアスタイルのポイント/ ・「ボブにしたいけれどきっと似合わない…」という人の多くは、顔型を気にしている傾向あり。 特に丸顔さんはボブにすると幼く見えると避けがちに。 前髪を作らないことも大人顔に見せるポイント。 この夏あの手この手で大人っぽく見せる、計算づくなボブ! \How to ベース&カラー/ ・表面にスライドカットでところどころ短い毛束を作った、あごラインのワンレンベース。 丸顔の重心を下げて見せたいので裾を26㎜のアイロンでワンカールの内巻きに。 さらにハチ上の表面の毛束をリバースカールにし、トップ付近にもボリュームを。 ・表面に短い毛束があるのでふわっとした立体感が出ます。 この裾とトップのボリューム感が丸顔をカバーするカギに。 カラーは10トーンのアッシュ系になじみのいい細かいハイライトをon。 ・ハイライトで表面の立体感が際立ち、こなれ感と軽やかさがプラスされます。 またヌケ感のあるカラーにすることでより大人っぽい印象にも。 乾かす前には裾にオイルを揉み込んで保湿することも大切です。 ・ベースのケアをきちんとした上で、ややパサッと仕上がるパウダー系のスプレーワックスで毛先を動かしましょう。 きれいにまとめ過ぎないラフなボブは大人の余裕を演出します。 ・またこのボブはサングラスやハットなど夏小物とも相性抜群。 顔型をカバーするだけでなく雰囲気チェンジにも一役買います。 ベースが上品な内巻きなので、どんなアイテムを合わせてもクドくならずおすすめです! 四角おでこをカバーする前下がりストレートボブ \ヘアスタイルのポイント/ ・高さをプラスして縦ラインを意識。 ほつれかきあげバング。 ・丸顔がカバーできる、肩ラインの前下がりボブにカット。 ・毛先に重さを残しつつ、毛量を調節してエアリーな質感に。 ・光に当たったときに透け感が出る、アッシュベージュカラーに。 \TOP/ ・イカつく見える四角のおでこは、こめかみを斜めに隠して丸く見せるのが大事。 ・さらに縦長に見せるため、サイドからジグザグに分けて根元を立ち上げること。 頬骨でカットしたリップラインボブで小顔に \ヘアスタイルのポイント/ ・顔周りの髪もリップラインに合わせてカットし、軽くレイヤーを入れて頬骨が隠れるように流す。 ・硬くて量の多い髪質なので、細めのハイライトを加えて、抜け感のある陰影を表現。 ではそのシンプルとは? それは可愛い印象になりがちな前髪を作らないこと。 前髪を作らず顔周りの毛先を自由に動かせることで、分け目を変えたり耳にかけたりと、アレンジの幅が広がります。 ・また毛先をレザー カミソリ でカットしているのも大切なポイント。 カットした断面が先細りになりふわっと軽い質感に。 毛先の質感で柔らかさを出しているので、前髪ナシでもクールに見え過ぎません。 そんな計算づくなショートヘア。 \How to ベース&カラー/ ・レザー カミソリ で襟足からグラデーションカット。 そこからサイドに繋げ、顔周りは頬ラインで前下がりになるようカットします。 トップに動きが出るよう軽くレイヤーを入れ、表面に束感を作るようにところどころレザーで間引きカットをします。 ・カラーは7トーンのフォギーアッシュ。 赤みを消しつつ透明感を出し、柔らかな印象に。 ファッションやメイクをジャマしない落ち着いたカラーですが、透け感があるので重たく見えません。 \How to スタイリング/ ・トップを6:4で分け手ぐしで乾かします。 前髪は、顔前にドライヤーを持ってきて生え際に吹きかけ自然に立ち上げます。 サラッと見せたいからあえてアイロンは使わず、シアバターなど保湿力の高いスタイリング剤を全体になじませるだけで完成。 ・バター系のスタイリング剤はやや重ためのウエットな質感になり、今っぽさとカッコ良さを演出します。 かわいい系を目指す日なら、ドライな束感に仕上がるファイバー系ワックスをなじませるのがおすすめです。 ・ショートはカットベースがしっかりしていれば、スタイリングに時間がかからないのも嬉しいポイント。 輪郭を矯正するように、フェースラインを隠して顔型をカバーしてくれる嬉しい髪型があるんです。 しかもスタイリングは超簡単。 ・そんな理想的な髪型とは、こちらの毛先がラフに動いたボブ。 表面にレイヤーを入れつつ、顔周りは毛束がストンと落ちているのでフェースラインを隠せます。 また前髪があるので顔の面積が狭くなり小顔効果も抜群。 ・前髪は厚くすると頬の膨らみが目立ち丸顔が強調されるキケンがあるため、薄めにしてヌケ感を作ることが鉄則です。 顔型をカバーしつつ、カジュアルかわいい大人ボブ。 \How to ベース&カラー/ ・襟足5㎝、肩に触れるぐらいの長さでやや前下がりにカット。 基本はワンレングスですが、毛先に動きを出しやすくするため顔周りと表面に軽くレイヤーを入れます。 前髪は隙間ができるように薄めに取り、目の上で毛先が流れるようにカット。 ・カラーは好感度の高い9トーンのアッシュベージュ。 動きのある毛先が軽やかに見えるように、ところどころハイライトを入れます。 ハイライトは明るくし過ぎず、ベースのカラーとなじみませるのがおしゃれに見せるポイントです。 \How to スタイリング/ ・トップを左右にくしゃくしゃっと掻き上げながら乾かすと、トップがペタッとならずふんわりします。 さらに表面の毛束を少量取り、ところどころ外ハネをプラスします。 アイロンの温度を上げ過ぎないことでクセがつきにくくなり、今っぽいラフな毛先に。 ・ハネた毛先にスプレーワックスを吹きかけてから、バーム系のワックスを全体にもみ込み束感を出します。 スプレーワックスを吹きかけておくと軽くゴワついた質感になり、立体感をKEEPしやすくなります。 前髪は内側の根元にドライヤーをあてながらハンドブローで乾かし、毛先を軽くサイドに流して。 顔周りの毛束をフェースラインにかけつつ、片側だけ顔周りの後れ毛を残して軽く耳掛けをすれば完成です。 ・フェースラインを隠しつつ、ランダムな外ハネで視線を外に持っていき輪郭を強調させない計算づくなボブ。 片側だけ耳掛けをするのも、左右を非対称にすることで丸顔やエラ張りを目立たなくする効果があります。 きっちりしてない外ハネなのでスタイリングは超簡単。 ・髪型次第で輪郭はスッキリ見えます。 そんな魅力的なスタイルとは、トップにボリュームを出したひし形のショート。 ふわっとしたひし形ヘアで輪郭を包むと、顔はキュッと小さく見えます。 これはまさに、錯視を利用した髪型。 見た目の印象で、実際の顔の大きさより小さく見せることができるんです。 ・トップのボリュームだけでなく、前髪や襟足の作り方にも秘密あり。 目尻を隠すように前髪を流すと顔の面積が必然的に小さくなるし、襟足をタイトに作ると顔周りのふわっと感が際立ち顔がスッキリ見えます。 そんな計算された小顔に見せるための錯視ショート。 輪郭マッサージの効果にヤキモキしている間に、サロンに行く方が賢明です! \How to ベース&カラー/ ・サイドはあご下、やや前下がりにカット。 前髪はリップラインからサイドに繋げてカットします。 長め前髪でおでこにヌケ感を作ると重たくならず、大人かわいい印象に。 トップにボリュームが出るようにレイヤーを、襟足をタイトにカットするとひし形シルエットが作りやすくなります。 ・カラーは9トーンのフォギーベージュ。 にごりのない透明感のあるカラーなので肌が健康的にキレイに見えます。 また落ち着いたカラー色なので輪郭が膨張して見えません。 \How to スタイリング/ ・分け目がパカッと割れないように、トップを乾かすときは毛束を手前に引き出し指の腹で地肌をこすりながら乾かします。 表面がふわっとするようにトップと前髪の毛束に太めのマジックカーラーを根元から巻き付けて。 5分くらい経つと自然なカールに。 ・ソフトワックスを全体にもみ込み、襟足はタイトに、トップの毛先は後ろに流れるようにします。 前髪は目尻を隠しつつ、毛先はトップのふわっと感に繋がるように流せば完成です。 カットベースでひし形を作っているので、スタイリングは表面をカーラーで巻くだけのラクチンヘア。 ひし形シルエットはパッと見の収まりが良く、上品な印象を与えます。 ・また長め前髪で大人かわいい印象にも。 小顔だけでなく、欲しいが詰まった優秀ヘア。 後頭部がストンと平べったい絶壁。 スタイリングが決まりにくいし、治すことができないからこそコンプレックスに思う人は多いはず。 でも大丈夫。 髪型次第で絶壁をカバーし、頭の形をキレイに見せることができます。 そのスタイルとはズバリ、ショート。 ・後頭部で毛量調整しながら毛先を動かすので、丸いシルエットを自然に作ることができます。 でもショートはクールになりがちでちょっと苦手…という人におすすめしたいのが、こちらの前髪ありのショート。 やや厚めの前髪を作り、さらに後頭部はふんわり丸いシルエットなので、ショートでも柔らかくかわいらしい印象に。 ・ショートに抵抗がある人でも、思い切ってカットしてみれば新たな自分に出会えるはず。 今までの悩みを克服できるスタイルなので、絶壁に悩んでいる人は今すぐお試しあれ! \How to ベース&カラー/ ・サイドはリップラインの前下がりベース。 あごと耳下の延長線上にボリュームがくるようにカットすると、丸いシルエットを作りやすいです。 また襟足をタイトに作ることも後頭部を丸く見せるポイント。 ・ふわっとした立体感を作りやすくするため、表面に軽くレイヤーを入れます。 前髪は厚め、顔周りを包むようにややマッシュっぽくカットすると小顔効果にも。 カラーは11トーンのシナモンベージュ。 退色してもギラつかないやや明るめのカラーで、女性らしい柔らかさをプラスします。 \How to スタイリング/ ・絶壁で髪がペタッとしないよう、後頭部を乾かすときは下側から根元に指を入れ、立ち上げるように乾かします。 表面だけがふんわりするよう32㎜のアイロンで毛先を内巻きに。 ・柔らかな立体感を出したいので軽く滑らせる程度でOK。 前髪の表面も軽く巻いて丸みをつけるとかわいらしい印象に。 重たくならないパウダー系のワックスを根元にもみ込むと、立体的なボリューム感と束感をKEEPできます。 ・カットで作った丸みにプラスし、アイロンで表面に立体感を出すのが、絶壁克服への大切なひと手間。 最後に耳掛けをし、耳の上にかかる毛束をふわっとさせれば完成です。 絶壁を克服するだけでなく、かわいらしさも手に入る嬉しいスタイル。 ショートがトレンドの今こそトライすることをおすすめします。 ハイトーンカラーがかわいい外ハネストレートボブ \ヘアスタイルのポイント/ ・赤みを抑えた外国人風カラーでこなれ感も約束!カラーは落ち着いたトーンが今どきの主流。 でも夏のバカンスは、明るめカラーで遊びたい!という人も多いはず。 そんな人におすすめしたいのがこちらのボブ。 ・全体がハイトーンなわけではなく、ベースは上品なアッシュベージュで、絶妙なハイライトによって明るく見せています。 先にハイライトを入れた上からトーンを落としたアッシュベージュを重ねているので、境目が浮かず自然な立体感だけを演出します。 カットは表面のレイヤーで動きを出しつつ、前髪があるので軽くなり過ぎない外ハネボブ。 \How to ベース&カラー/ ・前髪は眉にかかる長さで、隙間が作れるように毛先を調整してカット。 サイドは襟足から3㎝のワンレンベース。 動きが欲しい顔周りや表面にはレイヤーを入れます。 ・カラーは全体に細かくハイライトを入れた上から、9トーンのアッシュベージュを重ねて。 ハイライトが目立たずなじむので、自然な明るさと立体感を出せます。 またアッシュベージュは、黄み系のくすみカラー。 日本人の肌色になじみやすい色なので、ハイトーンでも上品カジュアルな印象に。 \How to スタイリング/ ・全体をバサバサッと乾かした後、26㎜の細めのアイロンで毛先を内・外MIX巻きに。 ・顔周りを外ハネにするとフェースラインが隠れて小顔効果も期待できます。 前髪は真っすぐ下ろさず、毛先に軽く隙間を作って。 ・軽く耳掛けをし、ウエット系のスタイリング剤を全体の毛先にもみ込み、束感と立体感を出せば完成です。 毛先はキレイに巻かず適当に巻けばOKの、くしゃっとした質感がおしゃれなヘア。 フォギーカラーで抜け感を出したストレートボブ \ヘアスタイルのポイント/ ・難ありの髪質の上に直毛すぎる人におすすめなのが、束感を生かしたストレートボブ。 ・前髪や表面にレイヤーを入れて、ニュアンスのある束を。 スモーキーなカラーセレクトも決め手。 そこでご紹介したいのがこちらのミディ。 ふんわり丸いシルエット、長過ぎず短過ぎない女性らしいレングス、清楚な落ち着きカラー、そしていつの時代だってメンズが好きな王道内巻きストレート。 ・どんなにこなれた女が好きだというオシャレ男子でも、この髪型を嫌いな人はいないはず。 さらにモテ髪の秘密は前髪にもアリ。 おでこを隠す前髪を作ると顔が幼く見え、かわいらしい印象を与えます。 \How to ベース&カラー/ ・サイドは鎖骨にかかる長さで前上がりにカット。 バックは立体感が出るように段差を入れます。 前髪は毛先が流れるように少し隙間を作りながら目の上でカット。 こめかみに落ちる毛束をやや長めにすることで顔効果を狙えます。 ・ふわっとしたバルーンシルエットを作りやすくするためトップや表面、顔周りにはレイヤーを。 赤みを消すブルー配合で、落ち着きつつも重たくないブラウンカラーに仕上がります。 \How to スタイリング/ ・太めのアイロンで全体の毛先を内巻きワンカールに。 しっかり巻かず軽く滑らせる程度でokです。 前髪も毛先が内巻きになるように軽く滑らせます。 ・ソフトワックスを手のひらでしっかり伸ばしてから、全体の毛束の中間から毛先に揉み込んでふわっとした立体感を作ります。 片側だけ、こめかみに落ちる毛束を残して耳掛けを。 耳掛け&表面のふわっと浮いた毛束でバルーンシルエットが完成します。 ・清楚さが際立つ髪型なのでモテはもちろん誰からも愛されること間違いなし。 一般的に、重たさのあるAラインの髪型は上品な印象を与えがち。 それと同時にちょっと古い印象になることも…。 今どき上品ヘアを求めるなら、Aラインでも重たく見せないテクニックが必要です。 そこでおすすめしたいのがこちらのボブ。 ・裾はレイヤーがなく、ボブにしてはちょっと長めのあご下ライン。 前髪は下ろすと目にかかる長さです。 一見重たく見えそうですが、シルエットは軽い印象。 その秘密は、裾に内側が軽くなるグラデーションカットを入れ、表面に束感を作りやすくしていること。 ・表面をワンカール巻くとふわっとした毛束になり、重たいはずの裾でもAラインのまま軽いシルエットに見えます。 また前髪はカールで眉上に見せているので、トレンド感がありつつ毛先が流れて上品な印象に。 表面に束感が出やすくするよう毛先にグラデーションカットを。 シルエットに丸みがつきやすくなるので、柔らかく見せる効果もあります。 ・前髪は目にかかる長さにカットし、毛先を流しやすくするために毛量調整を。 カラーは11トーンのアッシュベージュ。 透け感のあるほんのり明るめカラーで、軽く見せつつ赤みを抑えて上品さをKeepします。 \How to スタイリング/ ・頭皮を指でこするようにしながらドライすると、根元がふわっと立ち上がります。 スタイリングの始めに、前髪の表面と内側の毛を2段に分け、それぞれ細めのカーラーで毛先を1回転巻いておきます。 26㎜のアイロンで裾の毛先を内巻きにワンカール。 巻いた毛先に動きが出るよう、内・外ランダムに散らして。 ・さらに表面の毛束の中間から毛先に向かってアイロンを滑らせ、ふわっとした束感を作ります。 全体の毛束の内側からスプレーワックスを吹きかけ、軽くもみ込んで自然なふんわり感を。 前髪のカーラーを外し、スプレーワックスを吹きかけた指先で毛先をサイドに流せば完成です。 前髪はアイロンよりカーラーの方がクセがつきにくくと、自然に流れに。 表面の軽やかさや眉上で流れる前髪で、クラシカルでもトレンド感のあるAラインボブに。 上品に見せたいけど野暮ったくなりたくないという人に、ぜひおすすめしたいスタイルです。 ぱっつん系ドーリーミディアムボブ \ヘアスタイルのポイント/ ・前髪ありのパッツン系ボブはおしゃれだけど、個性的に見える不安あり。 また毛量が多い人はボリュームが出過ぎて、なおさら野暮ったく見える印象も…。 ・でも大丈夫、ハネない長さ&内側を短く毛量調整したカットならボリュームが出過ぎず、ストンと落ちたカジュアルかわいいボブに仕上がります。 また前髪の幅を広めにとったワイドバングなら今っぽさがプラスされ、グッとこなれた印象に。 毛量が多くてボブを諦めていた人こそ、計算づくなこのボブをぜひ試してみて。 \How to ベース&カラー/ ・毛先が内巻きなので清楚さもきちんとKeep。 前髪は眉毛がギリギリ隠れるくらいの長さで、横幅が広めのワイドバングにカット。 ワイドバングにすることでパッツン系ボブが今っぽく仕上がります。 ・裾はハネないように、肩につかない長さでカット。 まとまりやすくするため内側は短めにカットし、表面は束感が出るストロークカットで動きをつけます。 カラーは透明感のある10トーンのフォギーベージュ。 ・室内だと落ち着いて見えますが、光に当たると透けて見えて明るい印象に。 ベージュの柔らかさでかわいらしさもプラスされます。 \How to スタイリング/ ・ストレートにブローした後、32㎜のアイロンで毛先をサラッと内巻きに。 しっかりカールをつけるよりも、軽く動きをつける程度が今っぽいです。 巻いた毛先にセミウエットに仕上がるヘアクリームを軽くもみ込み、ふわっとした束感を。 ・前髪の毛先にも少し隙間ができるように束感を作ると、個性的に見えず程よくカジュアルに仕上がります。 内巻きの清楚さとベージュカラーで、かわいらしさも手に入るのがこのボブの優秀ポイント。 また顔周りの毛束がストンと落ちているので、エラが気になる人にもおすすめです。 シースルー前髪がおしゃれなストレートミディアム \ヘアスタイルのポイント/ ・シャープなカットラインが甘さを払拭。 コンサバ服に差をつけるスタイルは必見! ・また、目元が隠れる程長くて薄い前髪も、実は計算あってのもの。 「仕事で着る機会の多いコンサバ服をよりこなれた感じに着こなしたいと思い、少しだけエッジのあるスタイルに変えました。 コンサバコーのハズし役にはもちろん、プライベートでよく着るカジュアル服とも相性がいいんです」(宮田さん) 「流したり巻いたり、融通が利くのがいい所。 広がりやすい髪をレイヤーでフォローしたミディアムボブ \ヘアスタイルのポイント/ ・顔周りのニュアンスと幅狭の前髪で憧れの小顔がかなう。 ・広がりがちな髪なので、ベースにはきちんと重さを残しつつハチ上のレイヤーで動きをフォロー。 ・前髪は幅を狭くとって隙間を作り、重さを中和して。 ベージュカラーで優しげに。 スッキリ見えるのにカジュアルな短さは感じさせない絶妙なバランスです。 ・その秘密は、長め前髪とひし形シルエットにあり。 長め前髪で大人っぽさを、サイドをふわっとさせたひし形シルエットでボリューム感を出します。 このふたつでスッキリしつつ上品な、短く見えすぎないボブに。 また襟足の長さも重要です。 首に沿うようにやや長めに残すと、短い印象を与えない効果があります。 \How to ベース&カラー/ ・前髪はあごライン、バックは長めに残しサイドに向かってやや前下がりにカット。 搔き上げたときにラフな毛流れができるよう、前髪にトップから軽くレイヤーを入れます。 ふわっとしたひし形シルエットになるよう、後頭部にもレイヤーを。 ・カラーは7トーンのアッシュブラウン。 ベースは上品なブラウンですが、日本人の髪に出やすい赤みを抑えるアッシュ系をプラスすることでツヤ感や清潔感を演出します。 落ち着いたカラーなので短くても軽い印象は与えません。 \How to スタイリング/ ・顔周りは根元を立ち上げながら、後頭部は毛束を前に持っていきながら乾かすと立体感が出やすくなります。 全体の毛束の中間から毛先に向かって32㎜のアイロンで軽くワンカール。 やや低めのサイドでふわっとさせたいため、毛先でなく毛束の中間からアイロンを挟むのがポイントです。 ・ワックスやオイルを毛先にもみ込み束感を出します。 前髪は根元を搔き上げ内側からキープスプレーを。 すぐにペタッとなりやすい人は、サイドを少し持ち上げキープスプレーを吹きかけてもOK。 重たい印象が苦手な人は、片側だけ耳掛けを。 よりスッキリ感が出ます。 襟足を少し長くするなど微妙なテクニックで短過ぎる印象を与えません。 艶感のある黒髪と抜け感前髪が色っぽい \ヘアスタイルのポイント/ ・「私に前髪は絶対似合わない…」大人になるほどそう思い込む人は多いのでは? でも大丈夫。 ・隙間を作らずにきれいに流した前髪は、甘く見えたり、逆にコンサバに見えたりして似合う顔を選びます。 前髪に隙間を作ると表情にヌケ感が出てややカジュアルになり、自然とどんな顔にもなじみやすくなります。 ・合わせるスタイルはボブがおすすめ。 重心が上がるので前髪が浮きにくく裾との一体感が出ます。 前髪を作るとイッキにイメチェンになり心境もきっと変わるはず。 前髪に躊躇していた人ほどぜひTryを! \How to ベース&カラー/ ・眉間の隙間をなじませるため表面に前髪とは反対の毛流れあり!前髪は軽く目にかかる長さにカット。 厚くすると束感が作りにくいので、やや薄めに取ります。 サイドは肩につかないくらいの長さでやや前上がりにカット。 ・バックは襟足部分をセイムレイヤーにカットし、ウルフカットのようなすっきり感を。 トップには軽さを出すためレイヤーを入れます。 カラーは前髪を軽く見せないように、落ち着きのある7トーンのグレイベージュで。 くすみのある寒色なので、クールな大人っぽさを演出します。 \How to スタイリング/ ・襟足部分は首に沿わせるように手ぐしを入れながら乾かします。 全体の毛先にアイロンでゆるく内外ランダムに巻きニュアンスをつけて。 しっかり巻かずアイロンを滑らせる程度でOK。 ・レイヤーが入っているトップも巻くのを忘れずに。 セミウエットなスタイリング剤を毛先に揉み込んで束感を出します。 前髪は隙間を作りながら毛先だけややサイドに流して。 さらに前髪の表面の毛を少し取り、流した毛先と反対側にカールするように動かします。 ・この表面の毛が隙間の上にかかり、隙間を目立たせないようにする重要ポイント。 ラフに見せつつ、前髪が顔になじむように計算されているからこそ、どんな顔にも似合うのです。 艶のある黒髪ワンレンボブスタイル \ヘアスタイルのポイント/ ・黒髪のリッチさが束感でモードに。 ランダムな分け目とウエットな束感でモードな雰囲気に。 ・黒髪のワンレンボブという強さに、ウエットな束感でモーそな雰囲気をプラスした、エッジの効いたスタイル。 ・アイロンで毛先をワンカールさせてフェミニンな要素を作ると、グッと取り入れやすくなります。 ストレートボブのアレンジ 分け目と質感を変えるだけですっきりアレンジ \ヘアスタイルのポイント/ ・分け目と質感を変えてボリュームを抑える!ワンパターンだったアレンジも、これで解消できそう! ・雨の日も広がらなそうな所も魅力的です。 「湿気で膨らむ多毛さん。 抜け感がなくて重く見えるので、サイドパート+耳かけのテクと、夏らしいウエット感にチェンジ。 これで広がりも予防できます」(トップスタイリスト 一番合戦さん) \How to/ 【STEP1】 ・分け目を横に変える。 分け目の位置を少し横にずらし、指先をジグザグさせて左右に分ける。 ・分け目が戻らないように、しっかり押さえつけて。 【STEP2】 ・オイルでウエットな束感に。 オイルを500円玉大手のひらに広げて、髪の中間~毛先になじませる。 ・束を作ってから、分け目側のサイドを耳にかける。 タイトなシルエットがおしゃれなアレンジ ヘア&メイクアップアーティストGeorgeさん Age:37歳 髪質:ストレートで量が多い。 髪型:ボブ ヘアカラー:あり パーマ:あり 髪コンプレックス:髪が細いのでカラーが褪色しやすく、毛先が乾燥しがち。 前髪に浮きクセがある。 \How to/ 【STEP1】 ・固めのエマルジョンワックスと、ウエットな質感に仕上がるジェルワックスを混ぜて使用するのがGeorgeさん流。 ・髪の毛をタオルドライする時のような要領で、ワシャワシャ~ッと思い切りもみこむようにつけていきます。 ・今回のアレンジはホールド感もウェット感も強めに出したいので、量も多めにつけます。 【STEP2】 ・全体にワックスをもみこんだら、前髪をかきあげるようにして分け目をサイドにもっていきます。 ・7:3分けか8:2分けくらいにすると、グッと大人っぽくなります。 【STEP3】 ・毛先にワックスをもみこむようにつけ足して、タイトな外ハネに。 ・ワックスを両手でくしゃくしゃっと毛先にもみこんでから、手ぐしで外ハネにします。 【STEP4】 ・顔周りの髪にワックスを両手ですりこむ。 ・前髪を両手で挟み込んで、ワックスをすりつけて横に流します。 ・程よいウェット感とホールド感があるので、前髪がペタンとならずに顔周りがスッキリ見せられます。 【STEP5】 ・ 片側の髪をなでつけて、耳にかける。 ・今回は右側にボリュームを出したので、左側はタイトにすっきりとまとめるとバランスアップ。 ・手に残った少量のワックスで表面をなでつけて耳にかけ、毛先は外ハネにします。 外ハネアレンジでシンプルストレートボブを大人っぽく \ヘアスタイルのポイント/ ・顔周りを外ハネにして大人っぽく! ・少しの外ハネでおしゃれになり、アレンジ幅が広がりました! 「シンプルなストレートボブは、スタイリング次第で子供っぽく見えてしまうことも。 顔周りの毛束に少し遊びをプラスすると、大人っぽいこなれ感が生まれます」(drive for garden トップスタイリスト 一番合戦さん) \BEFORE/ \How to/ 【STEP1】 ・前髪~サイドを外巻きに。 ・32mmアイロンを使用。 前髪は、外側に流しながら毛先は内巻きに。 【STEP2】 ・顔周りの髪も、毛先だけ外ハネにする。 ・毛束をほぐしながらスプレーを吹きつけ、動きをキープして。 ・ボブヘアをパパッとひとつ結んだような、さりげないのに、こなれているヘアアレンジが完成。 ・最後に少量のワックスを顔周りの髪になじませて、程よくウェットな毛束感を演出。 短めボブでもニュアンスのあるひとつ結びになりますよ! \How to/ 【STEP1】 ・全体にワックスをもみこむ。 ・ボブヘアのシンプルなひとつ結びこそ、質感が仕上がりを左右します。 ・私は猫毛で束感が出にくいので、固めのエマルジョンワックスと、ウェットヘアに最適なジェルワックスの2品を混ぜて使用します。 【STEP2】 ・顔周りの毛を残して、手ぐしでひとまとめに。 ・ボブのひとつ結びをこなれてみせるには、表面に繊細な毛束感が欲しい。 ・コームは使わずに、手ぐしでざっくりまとめるのがコツです。 【STEP3】 ・細いゴムで結び、軽くバランスを整える。 横からみるとこんな感じ。 ・アレンジに表情をプラスするため、顔周り、こめかみの髪は少し残します。 ・サイドと襟足の髪はキュッとタイトに。 トップは軽くつまんでふんわり感を出します。 【STEP4】 ・両手5本の指を使って髪をグッと前に押し出す。 テクニックでいちばんのポイントとなるSTEPがココ! ・トップからハチ周りにかけて、両手の5本指でグッと頭皮を前に押し出すようにします。 ・こうすると簡単に毛流れに凹凸が生まれて、自然な立体感のあるひとつ結びになります。 トップをねじってふんわりとしたボリュームを出すことで、丸顔+地味顔をカバーしながら、優しい印象を醸し出すことができます。 毛束を2分して、交差させツイスト編みにしていきます。 顔まわりの毛を少しずつすくい、交差させて前側にきた毛束と合わせて編み込み風に。 そのまま耳うしろまでツイスト編み込みを続けます。 トップはゆるめに、サイドは少しタイトにツイストさせるのがコツ。 ツイストした毛先を片手でしっかり押さえ、もう片方の手でトップの毛を部分的に引き出して、ボリュームとルーズ感を出します。 同様に片手でツイストした毛を押さえ、もう片方の手でサイドの編み目を少しずつ引き出してルーズ感を出します。 ツイストした毛先をアメピンで固定します。

次の

【2020年夏】ボブ 前髪なしの髪型・ヘアアレンジ|人気順|ホットペッパービューティー ヘアスタイル・ヘアカタログ

ミディアム ボブ 前髪 なし

この記事の目次• 1.大人ボブの前髪あり ボブヘアの前髪あり【面長編】 出典: 基本の前髪ありのボブヘアです!面長さんにオススメです。 出典: 重めのボブヘアもハイトーンのヘアカラーなら軽く見えますね。 出典: 目の上ギリギリの前髪と、サイドのふんわりは、面長さんにオススメです。 縦長を強調しないように前髪でカバーしましょう! ボブヘアの前髪あり【丸顔編】 出典: 前髪を軽く流して、サイドはタイトにセットするボブヘアは丸顔さんにオススメです! 【大人な雰囲気】ワンレンボブ 出典: 今トレンドのシースルーバンクで、とてもオススメのボブヘアです。 ワンレンボブは大人の印象を与えるヘアスタイルとして30代や40代の女性にも大人気です。 出典: シースルーバンクに、ウェット感をだしたヘアスタイリングがとてもオシャレですね! 強いくせ毛にもおすすめ!ボブヘアの前髪あり【パーマ編】 出典: ぱっつんのオン眉は、幼い雰囲気になりやすいのですが、ゆるいパーマがかかっていることで、大人っぽい雰囲気になっています。 出典: ボブヘアのゆるふわパーマは、柔らかい優しい雰囲気になりますね。 女性らしくて素敵です。 出典: 計算しつくされた大きめのカールがとてもオシャレですね。 セットの仕方がポイントです。 長めの前髪はふわっとした雰囲気を作るのに最適です。 ボブヘアの前髪あり前下がり【黒髪】 出典: オン眉の短い前髪・顎ライン・黒髪で個性的な印象になっています。 出典: 長めのボブヘアです。 黒髪でもふんわりパーマで可愛らしく軽い印象になっていますね。 人気のナチュラルヘア 出典: ナチュラルな黒髪のボブヘアです。 どんな年代でも挑戦出来そうな好感度の高いヘアスタイルです。 30代・40代におすすめの前髪ありのボブヘア 出典: 30代・40代の落ち着いた女性にオススメのボブヘアです。 長めの前髪をわざと顔にかけて、セクシーな印象ですね。 出典: ナチュラルなパーマが女性らしいこちらのボブスタイルも、落ち着いた大人の女性が似合いそうなヘアスタイルですね。 出典: 長めの前髪を顔にかかるように自然に流します。 ナチュラルブラウンで柔らかさも出ていて、抜群のヘアスタイルですね。 2. 【大人ボブ】前髪なし ボブヘアの前髪なし【面長編】 出典: 面長さんにオススメの前髪なしボブスタイルです。 額や目に少しかかるように前髪を流すことで縦長をカバーすることが出来ます。 外ハネボブ 出典: 軽く外ハネにセットすることも面長をカバーするのに効果的です。 出典: 長めの前髪と、サイドをふんわりセットして、全体に柔らかい印象になっています! ボブヘアの前髪なし【丸顔編】 出典: 丸顔さんは、サイドにボリュームを持たせることが厳禁です。 サイドは、片側だけ耳にかけてスッキリさせましょう! 出典: 顎ラインのボブヘアもとても可愛いですよね!前髪も横分けにして素敵です。 出典: トップにボリュームを持たせるボブヘアは、丸顔さんにおすすめです。 スッキリした印象になります。 ボブヘアの前髪なし【パーマ編】 出典: 前髪なしのパーマヘアは、大人っぽい印象になりますね。 大きめカールが今っぽくて素敵です。 出典: 毛先にルーズな動きをつけたふんわりパーマで男性ウケも良さそうなパーマヘアです。 出典: セットがしやすそうなおすすめのパーマスタイルです。 長い前髪は毛先を後ろに流すようにセットすればスッキリしますね! ボブヘアの前髪なし【黒髪編】 出典: 透明感のある黒髪ボブスタイルですね。 黒髪は小顔効果抜群です! 出典: 長めのボブスタイルは、黒髪でも毛先にふんわりパーマがかかっていれば重く見えません。 あえて重い感じにするヘアスタイルも近年流行していますよね。 出典: 片側だけ耳にかけて、もう一方はふんわりセットをすることでバランスのいいオシャレなヘアスタイルになります。 30代・40代におすすめの前髪なしのボブヘア 出典: ボブヘアは、幼い印象になることが多いのですが、前髪を長めにすることで大人っぽい雰囲気になります。 出典: 年齢を重ねるにつれてボリュームが無くなってくることを悩む女性が多いのですが、こちらのようにふんわりセットをすることで若々しくいられます! 出典: 基本のボブスタイルです。 前髪が長めだとやはり大人っぽい雰囲気になりますね! 前髪なしの前下がりボブ 出典: 大人の雰囲気があって良いですね! アシメや斜めのセルフの切り方 アシメや斜め流しの失敗しない為のセルフカットのやり方もご紹介しておきます。 まず最低限必要な道具としてはハサミとスキばさみ、クシが必須になります。 それとピンも家であるものでOKなので用意しておくと良いでしょう。 クシは家にあるもので問題ないですがハサミやスキばさみは切れ味の良い美容師向けのハサミを使ったほうが上手く切る事が出来ます。 おすすめのアシメの切り方の動画ありましたので参考にしてみて下さい。 ボブヘアの華やかなヘアセット どうしても単調になりがちなショートのヘアセットですがたまにはいつもより少しだけ華やかにセットしたいって時ありますよね。 そんな時は結婚式やパーティーでもイケるこちらの記事がおすすめです。 くせ毛を抑える方法は? くせ毛が原因で、毎朝のボブのセットにお悩みの人は、熱の働きでくせ毛をサラサラヘアに導く、 ストレートミストがストレスフリーに導いてくれます。

次の

前髪なしボブのヘアスタイル&アレンジ特集|ショート~ミディアムやストレートも♡

ミディアム ボブ 前髪 なし

かきあげやセンターパート、長めに流すなど前髪を作らないスタイルは短めヘアの人がするとちょうどよいクールさと大人っぽさが出てぴったり!幼くなりがちなワンカールボブやショートヘアに程よく女らしさをプラスしてくれます。 今回はショート、ボブ、ミディアムボブのレングスにぴったりな前髪なしスタイル&アレンジをご紹介。 ファッションに敏感で、常にトレンドを取り入れたいおしゃれ女子にオススメのニュアンスショート。 ・前髪の分け目は、センターパートでふんわり根元を立ち上げるのが、動きを作るコツ。 細目のハイライトを効かせているので、立体感も演出してくれます。 また、襟足をすっきりさせることで後頭部がふんわり、気になる頭の形もカバーしてメリハリある美シルエットに。 ・また、毛量の多さを活かせるスタイルなので、ロングだと重く見えたり、スタイリングがしっくりこない人にもぴったり。 今っぽいおしゃれ感を楽しみたい人にぜひチャレンジして欲しいスタイルです。 \How to ベース&カラー/ ・マニッシュな印象のサイドグラデーションは、耳に少しかかるくらいの長さでカット。 間引きセニング&スライドカットをmixさせながら毛量調整することで、ニュアンスのある束感を作ります。 さらに、トップにはレイヤーを入れ、動きを出しやすくします。 ・カラーは、ブリーチで細かいハイライトを入れた後、スタイリッシュな寒色であるオリーブアッシュ(10レベル)をオン。 ハイライトによりメリハリのある立体感と、髪が動いた時の透け感を演出します。 \How to スタイリング/ ・トップは根元をふんわり立ち上げ、センターパートの分け目をくっきり見せないように乾かすのがポイント。 はっきりとした分け目は古いイメージとなりがちで、ペタッとするとメンズっぽくもなるのでご注意を。 襟足は、浮かないように上から押さえ込みながら風を当てます。 ・19mmの細めのアイロンで、外ハネをメインにランダムに巻いて動きを出します。 バーム系ワックスを毛先中心になじませるように塗布すると、艶のある束感に。 ドライ系ワックスだと子供っぽくなりやすいので、ウェットな質感を作るタイプを選んで。 ・ハイライトとアイロンテクニックの両方でニュアンスを作り、動きのあるヘアに。 センターパートでスタイリッシュなイメージを与えるので、トレンドファッションを先取りしたい人に挑戦して欲しいスタイルです。 毛先のハネで遊ぶ大人ショートヘア \ヘアスタイルのポイント/ ・落ちついたカラーで毛先を軽くハネさせればエレガントな印象にも。 大人になるほど、髪を結ぶアレンジが老けて見えるor幼く見えるの両極端になりがち。 そもそもおしゃれなアレンジは技術も練習時間もなくて挑戦できない…。 そんな悶々としている大人女子におすすめしたい、アレンジ力抜群の髪型がこちら。 ズバリ、前髪長めのショートボブです。 ・ショートボブは毛先が顔周りにくるので、動かし方で顔の印象がガラッと変わります。 ストンと内巻きにしてまとめれば上品な印象に。 軽く外ハネにすれば程よくカジュアルな印象になります。 毛先が短い分、アイロン使いも簡単でスタイリングに時間がかかりません。 ・また前髪が長いので耳掛けもでき、スッキリタイトにまとめることも可能。 逆に耳掛けせずふわっと仕上げればカジュアルなこなれ感が生まれます。 5cmの前下がり、動きが出やすいよう長めにカットします。 後頭部は目のラインにボリュームが出るようカットすると、毛量が少なくても気にならず頭の形がキレイに見えます。 ・襟足は首に沿うようにカット。 前から見たとき襟足が少し見えた方がおしゃれな印象に。 顔周りは小鼻と口の間でサイドに流れるようにカットし、長めの前髪を作ります。 カラーは8トーンのラベンダーアッシュ。 落ち着いた色ですが、透明感があり重たく見えません。 \How to スタイリング/ ・トップを乾かすとき、分け目がパカッとならいよう根元を持ち上げながら乾かします。 後頭部も根元を立ち上げるように乾かすと、自然とボリュームが出てふわっとした仕上がりに。 外ハネスタイルにする場合は、28mmのアイロンで毛先のみ、内外ランダムに巻きます。 ・特に顔周りはしっかり外ハネにすると軽やかな印象に。 前髪は軽くリバース巻きにします。 ワックスよりツヤ感の出るクリームタイプのスタイリング剤を毛先にもみ込み、軽く耳掛けをすれば完成です。 ・上品に仕上げたければ、巻かずに毛流れを整えるだけでOK。 顔周りが長いのでアレンジの幅が効くのが嬉しいスタイル。 ではそのシンプルとは? ・それは可愛い印象になりがちな前髪を作らないこと。 前髪を作らず顔周りの毛先を自由に動かせることで、分け目を変えたり耳にかけたりと、アレンジの幅が広がります。 また毛先をレザー カミソリ でカットしているのも大切なポイント。 カットした断面が先細りになりふわっと軽い質感に。 毛先の質感で柔らかさを出しているので、前髪ナシでもクールに見え過ぎません。 そんな計算づくなショートヘア。 \How to ベース&カラー/ ・レザー カミソリ で襟足からグラデーションカット。 そこからサイドに繋げ、顔周りは頬ラインで前下がりになるようカットします。 トップに動きが出るよう軽くレイヤーを入れ、表面に束感を作るようにところどころレザーで間引きカットをします。 ・カラーは7トーンのフォギーアッシュ。 赤みを消しつつ透明感を出し、柔らかな印象に。 ファッションやメイクをジャマしない落ち着いたカラーですが、透け感があるので重たく見えません。 \How to スタイリング/ ・トップを6:4で分け手ぐしで乾かします。 前髪は、顔前にドライヤーを持ってきて生え際に吹きかけ自然に立ち上げます。 サラッと見せたいからあえてアイロンは使わず、シアバターなど保湿力の高いスタイリング剤を全体になじませるだけで完成。 ・バター系のスタイリング剤はやや重ためのウエットな質感になり、今っぽさとカッコ良さを演出します。 かわいい系を目指す日なら、ドライな束感に仕上がるファイバー系ワックスをなじませるのがおすすめです。 ・ショートはカットベースがしっかりしていれば、スタイリングに時間がかからないのも嬉しいポイント。 ふんわり毛束感+ラフな動きで今どきに!顔周りで揺らぐ前髪が、ナチュラルで柔らかい女性らしさを演出。 センターパートは、シャープな印象を与えがち?いえいえ、カットとスタイリング次第で、ラフなイメージにもなるんです。 ・こちらのスタイルは、センターパートの大人っぽいイメージは残しつつも、軽さや動き、そして、毛束感があるのがポイント。 ベースがワンレングスに近い重めのボブなので、広がりやすい髪質でボブやショートに苦手意識がある人にもぴったり。 ・顔周りでふわりと動く前髪&無造作な外ハネが、柔らかくナチュラルな雰囲気に。 自然体なニュアンスがありながらも、ひと手間加えた大人の女っぽさを感じさせるスタイルです。 \How to ベース&カラー/ ・顎ラインの長さでカットしたグラデーションボブ。 動きと軽さが出るように表面にはレイヤーを入れ、前髪は顔周りにニュアンスを加えるため、ベースの長さより短くカットします。 ・カラーは、6レベルのアッシュグレーに、4レベルのローライトをオンカラー。 赤味を抑え柔らかい印象を与える色味にローライトを加えることで、陰影をつけながらクールな印象をプラスできます。 \How to スタイリング/ ・ドライのポイントは、根元をしっかり立ち上げながら乾かすこと。 また、センターパートでも、分け目はしっかりつけないように。 乾いたら26mmのアイロンで全体を外ハネにカールを。 ・表面は内巻きにワンカール。 さらに、表面や中間で動きが欲しいところの毛束を取り、ランダムに縦巻きに。 シアバターやミルクワックスなどのスタイリング剤を全体的に馴染ませたら完成です。 明るいカラーも前髪なしなら子供っぽくならない \ヘアスタイルのポイント/ ・大人には大人のハイトーンカラーがあることを知っていますか? ポイントは、レングスを短めにしてカラーの面積を減らすこと。 おすすめは前髪長めのボブで、顔周りがパッと明るくなるだけで派手に見えません。 前髪があると幼く見える、ロングだと毛先が傷んで見えやすいこともマイナス要因に。 平巻きパーマボブには、面長をカバーしたりペタっと見せない効果もあり! ・ふわっとした毛先がハイトーンの透明感をキワ立てます。 また色味も大切で、黄色やギラギラするカラーはNG。 やや赤みを帯びたウォームベージュならツヤっぽく見え、上品なハイトーンを演出します。 大人だから…と控えめにならず、ポイントを押さえたハイトーンでおしゃれを楽しんで! \How to ベース&カラー/ ・あごラインのグラデーションボブベース。 前髪を鼻ラインでカットし自然にサイドに繋げます。 ひし形に見えるよう、耳下の毛束にはグラデーションカット、表面にはレイヤーを入れます。 ・毛先は重たくなりすぎないよう毛量調整を。 カラーは10トーンのウォームベージュ。 黄みを押さえた赤み系ベージュで、ハイトーンでもキツくならず柔らかな印象に。 ツヤ、があり肌に透明感を与えるカラーです。 \How to スタイリング/ ・ダメージが少なく柔らかなカールに仕上がる低音デジタルパーマを使用。 全体の毛束を、襟足、中間、表面と3段に分け、それぞれ20㎜、22㎜、24㎜のロッドで1回転半巻きます。 スタイリングは全体をぬらし、襟足からトップに向かい根元を立ち上げるように乾かして。 ・さらに毛先を持ち上げ、指に巻きつけながら温風をあてカールを復活させます。 パサつきを抑えてツヤをだすシアバターのスタイリング剤を毛先中心にもみ込み、カールをほぐしながらふわっと整えれば完成です。 ・パーマをかけているのでスタイリングは超簡単。 乾燥を防ぐトリートメントの使用やケア効果の高いシアバターを使ってダメージを防ぐことも、大人のハイトーンカラーを楽しむ重要ポイントです! クールな前髪なしボブに縦巻きで女性らしさを \ヘアスタイルのポイント/ ・毛先がラフに動いたボブはカジュアルな印象で時代を問わず人気のスタイルです。 でも毛量が多い人は、バクハツして見えてスタイリングが難しそう…と断念することも多いとか。 でも大丈夫。 そんな毛量が多いひとにおすすめしたい、ボリュームダウンしつつ毛先を簡単にラフに動かせるボブをご紹介します! ・ポイントは、毛量が多い中間や耳下の襟足部分の毛束をしっかりすいて透け感を出すこと。 特に耳下の部分は毛束が溜まりやすく、ここをすかないと毛量の多さが露呈されバクハツ感が出てしまいます。 巻くと毛先が浮いて透け感が出るので軽やかな印象に。 前髪がないのでクールですが、毛先の動きで女らしさもあり。 ・表面にレイヤーを入れているので、巻くと毛先が自然と浮いて透け感が出る!まさにハンサムレディと呼べるスタイルです。 毛量が多い人は中間や耳下の襟足の毛束をすいてカットします。 ・巻いたとき毛束が浮いて透け感が出るように、表面にはレイヤーをプラスします。 ・カラーは赤みの出ない8トーンのブルーアッシュ。 光に当たると透け感が出るので重たくならず、毛量が多めの人におすすめです。 \How to スタイリング/ ・乾かすとき、まず顔周りを含むトップの毛束を前に下ろして乾かします。 それからかき上げるように毛束を持ち上げ、自然に分かれる位置の根元に温風を。 さらに立ち上がった根元に冷風をあてると自然と形状記憶され、ふんわりした立ち上げ前髪が作れます。 26mmのアイロンで毛先を外ハネにします。 レイヤーの入っているトップの毛束には、ランダムに内・外MIXで縦巻きをプラス。 ・縦巻きにすることでボリュームを抑えた動きをつけることができます。 スタイリング力の高いやや重めのオイルを全体になじませます。 このとき巻きをしっかり崩すのがポイント。 束感を出しつつ毛先がラフに動くように整えたら完成です。 よく、顔周りに縦のラインを作ると大人顔に…とは言いますが、それだけで本当に大人っぽく見えるのでしょうか? 確かに丸い輪郭を隠すと面長に見え大人顔に。 ・でも丸顔で幼顔の人が本当に欲しいのは輪郭の大人っぽさだけでなく、女性らしい色っぽさもあるはず。 色っぽさがあるとそれだけで大人な印象を与えます。 そんな丸顔&幼顔におすすめしたい、色っぽ系の大人かっこいいボブをご紹介。 ・こちらの、トップが高くあごラインにボリュームのある三角形ボブに注目です。 かき上げ前髪のようなスタイルで顔周りを隠しつつ、裾のくしゅっとした浮遊感で色気を出します。 ボブはひし形だとかわいく見えがちですが、三角形にするとグッと大人っぽい印象に。 ・さらにカラーをマット系のくすんだ色にすると、こなれ感がありつつ落ち着き感が出ます。 丸顔や幼顔は、輪郭を隠すだけでなく雰囲気で大人っぽさを見せる必要あり。 耳後ろからバックの裾のボリュームを抑えるとおしゃれに見えるため、襟足の毛をサイドより1㎝短くカットします。 ・浮遊感ある毛束を作りやすいよう、表面にほんのりレイヤーを。 ・カラーは落ち着きのある、9トーンのグレーマット。 マットでくすませると、アッシュでくすませるようも柔らかな質感になり毛先にヌケ感ができます。 \How to スタイリング/ ・トップの立ち上げは乾かし方にコツあり。 まず、ぬれた状態で分けたい方向と反対側に毛束をもっていき、8〜9割乾かします。 それから分けたい方向に毛束を持っていくと、ふわっとした立ち上げトップに。 裾は全体を表面と内側の毛束に分けます。 ・それぞれざっくり毛束を取り、アイロンで内外交互に1. 5回転巻きます。 顔周りの毛束はゆるくリバース巻きに。 しっかり巻かず、ラフに巻くのがポイントです。 シアバター系のワックスを手のひらになじませ、全体の毛束を持ち上げながら巻きをしっかりほぐします。 ・裾に空気を入れるようにスタイリングすると、浮遊感ある三角形のシルエットに。 毛束は崩すのでアイロンはざっくり巻けばよく、スタイリングは簡単です。 ラフな大人女子を目指したい人におすすめしたい、ワンカールミディ。 ワンカールというと古くなりそうですが、こちらは今っぽく抜け感がありおしゃれです。 ・ポイントは、まず前髪を伸ばしておでこを見せること。 幼くなりがちなスタイルですが、前髪を作らずさらに片サイドだけ耳掛けするとグッと大人っぽくなります。 次に表面と顔周りにレイヤーをいれること。 これによりカールに段が出て重たくならず軽やかに。 ・カールは大きめに作ることも重要で、ふんわりエレガントな印象を与えます。 スタイリングも簡単な大人のワンカールミディ。 軽やかなスタイルで、ヘアチェンジしたい人にもおすすめです! \How to ベース&カラー/ ・鎖骨ラインでカットした前上がりレイヤーベース。 レイヤーは表面と顔周りに入れます。 高い位置から入れるとカジュアルになり過ぎるので、低めに入れて裾に重たさを残すのが大人っぽく見せるポイントです。 ・前髪はあごラインでカットし、自然とサイドへ繋げて。 カラーは9トーンのシナモンベージュ。 赤みを抑えながら柔らかさを出す色で、抜け感のある軽やかなカールに見せます。 \How to スタイリング/ ・ペタッとしないように、全体の根元を立ち上げながら乾かします。 トップは分け目を作らないように左右に寄せながら乾かし、最後に6:4に分けるとふんわりします。 3mmの太めのアイロンで、毛束を持ち上げながら裾をワンカール内巻きに。 ・軽くなじみつつ程よく束感の出るミルクワックスをもみ込み、片サイドだけ耳掛けを。 表面をふんわりするように整えたら完成です。 アイロンが苦手な人はパーマをかけてもOK。 するんとした手触りに。 \ポイントで外ハネを作り、まとまりすぎないフォルムにする/ 「全部を内巻きにすると上品できちんと見えるけれど、どこか堅苦しい印象に。 部分的に外ハネを加えると、いい感じの抜けができます。 ・顔周りにかかる両サイドの髪は残し、前髪を上げてポンパドールに。 ・ねじってから前に少し押し出してたるませ、後頭部でピンで固定。 【STEP2】 ・前髪に手ぐしを通 しながらスプレー。 ・ポンパドールに熊手にした手を入れた状態で、スプレータイプのワックスをかける。 ・手跡の凸凹感がキープされ、立体感が生まれます。 【STEP3】 ・片側のみ耳かけで フィニッシュ。 ・顔周りに残った髪を、片方だけ耳にかけてタイトなシルエットに。 ・見る方向で印象が変わる、表情豊かなスタイルになります。 前髪を大きく編み込んでふんわり感を 前髪を大胆に編み込んで ふんわりヘアに遊び心の スパイスをオン! \How to/ 【STEP1】 ・全体にワックス をもみ込んで 動きをつける。 ・手のひらに薄くのばして全体によくもみ込み空気感を含ませる。 【STEP2】 ・全体を6:4に 分けて 編み込み開始! ・毛量の多い方の顔周りの毛束をこめかみまで編み込みに、それ以降を3つ編みにして毛先をゴムで結ぶ。 【STEP3】 ・毛先をゴムで 結びシュシュ をつけて完成! ・3つ編みにした毛束を結び、指でつまんでほぐした後、シュシュを結んでゴムを隠す。 ・再度、全体をもみ込む。 ねじり上げた前髪が冠みたいでキュート \ヘアスタイルのポイント/ ・パールピンを使ったセンターパートのクラウンアレンジ。 ・生え際の毛束をねじって留めた爽やかなアレンジに、人気のパールピンで甘さを添えて。 ・花冠みたいなフォルムが、春にぴったり。 ラフに散らした毛先を合わせ、抜け感を! \動画でやり方をCHECK/ \How to/ ・フロントはざっくりセンターパートにし、おでこの周りの毛束を、左右それぞれ後ろ向きにねじってピン留め。 ・ねじった毛束の上から、パールピンをランダムにあしらって完成。

次の