固定 資産 税 クレジット カード 払い。 固定資産税のクレジットカード払いのメリットと注意点は?

固定資産税のクレジットカード支払いで安くする方法とポイント取得方法は

固定 資産 税 クレジット カード 払い

固定資産税の仕組みや計算については、にて解説しました。 納付書が届いたら期日までに固定資産税の支払うことになりますが、その支払いを 何となく銀行などで現金払いしていませんか??もちろん現金払いでも問題ありませんが、実は「クレジットカード」で支払うことができる地域があります。 しかも、 「コンビニ払い」「電子マネー払い」「クレジットカード払い」を上手く組み合わせることで、ポイントを貯めれる裏技はご存知でしょうか。 どうせ支払うならお得にポイント貯めたいですよね。 今回はその仕組みとやり方をを解説します。 [目次] 1)自宅で完結!クレジットカードで納税してみよう 2)セブンイレブンのナナコで納税してみよう 3)まとめ 税金などの公共料金の支払いは現金のみという先入観がありがちですが、2019年7月の今日ではクレジットカードで固定資産税などを支払える自治体も増えてきました。 東京都では2015年4月1日から都税のクレジットカード納付の適用対象が拡大し、都税15種類が支払い可能となっています。 (税額が100万円未満の納付書ならカードで納税可能です) ラインナップは次のとおりです。 ・自動車税 ・自動車取得税 ・固定資産税(償却資産) 23区内のみ ・固定資産税 ・都市計画税 23区内のみ ・個人事業税 ・法人事業税 ・法人都民税 ・事業所税 ・地方法人特別税 ・不動産取得税 ・軽油引取税 ・都たばこ税 ・ゴルフ場利用税 ・鉱区税 ・宿泊税中には初めて見るようなマイナーな税金もありますが、豊富なラインナップですね。 年4回の支払いタイミングがあり、第一期の当月初旬にまとめて納付書が送られてくるのが一般的です。 毎年1月1日を基準日として、固定資産税とセットで納める形となります。 お持ちの不動産を売却したい、もしくは住み替えしたい方は不動産会社ではなく、不動産アドバイザーによる無料相談を受けて見ませんか?関東圏の不動産の売却や購入に関する相談はもちろん、不動産会社や営業マンの判断方法、騙されない方法も伝授します。 クレジットカードで納税する方法(東京都版) まずは専用サイト にアクセスしましょう。 クレジットカード払いには、税額に加えて 決済手数料が加算されます。 (決済手数料は、税額10,000円ごとに73円 消費税別 が加算) 〈手続きの流れ〉 ページ下部の 「上記注意事項を確認しました。 」にチェックを入れて、「同意して次へ」を押すと、「納付情報を入力」というページに進みますので、納付情報を入力します。 納付番号、確認番号、納付区分は必須入力ですので、納税通知書・納付書の「東京都 納付書兼納入済通知書」を参照し正確に入力し次に進みましょう。 その後、納付情報が表示されますので、支払い情報を入力してください。 その後、画面に従って決済が完了したら手続きは以上となります。 なお、 納税証明書については、支払い手続き完了日から約2週間後頃に各都税事務所等の窓口で納税証明書が発行可能となります。 タイムラグが発生しますので、急ぎで納税証明書が必要でしたら、クレカ払いではなく金融機関等の窓口かコンビニエンスストアでの納付をオススメします。 クレジットカードでの納税でポイント分得できるか? 前述したとおり、 税金でも「クレジットカード払い」なので、お持ちのクレカによっては、ポイント付与を狙えます。 例えば、ポイント付与率が1. 5%のカードなら100万円納税すると1. 5万円分のポイントをゲットすることができますね。 そこで気になるのが、都税のクレジットカード払いは「決済手数料は、税額10,000円ごとに73円 消費税別 が加算」される点です。 ポイントで得をしたい方は、 付与されるポイントと手数料と差し引きしてプラスになるかどうか計算が必要です。 税額が1万1円の場合に146円(税抜)の手数料で、消費税が8%なら1. 57%の手数料となります。 税額が1万1円~2万円の場合なら、手数料の割合は0. 785~1. 57%となります。 つまり、一見すると ポイント還元率が1. 6%以上のクレジットカードをお持ちの場合なら決済手数料以上の額のポイントを取得できそうです。 しかし、税額10,000円ごとに73円 消費税別 という規定から計算すると、税額1円でも手数料78円(税込)がかかりますが、税額10万1円なら手数料867円となります。 つまり、 税額の大きさによって手数料の負担率が変化してきます。 整理すると、以下のとおりとなります。 続いて、クレジットカード払いではなくて、 コンビニの店頭で「電子マネー払い」で固定資産税を払う方法を解説します。 この方法は、やり方によっては、「手数料を払わずに、クレジットカードのポイントをゲットする」ことが可能となります。 まず通常だと、固定資産税の支払いをコンビニ払いする場合は、 支払い方法は「現金のみ」が原則です。 例えば、ローソンやファミリーマートの店頭で税金を払うなら現金オンリーとなります。 しかし、セブンイレブンでは、電子マネーのnanacoにて税金の支払が可能なのです。 これは例外的に、 nanacoなら他の電子マネー払い(EdyやSuicaなど)ではできない公共料金の支払いができることを意味します。 つまり、コンビニに納税通知書・納付書を持参して、レジで「ピヨヨッ」と決済すれば支払い完了できるのです。 そして、 ここからが大切なポイントですが、電子マネー(nanacoのみならずEdyやSuicaなども)は、「チャージ」して残高を補充しなければ使えませんよね。 又、このチャージは、クレジットカードでチャージすることができることをご存知でしょうか。 実は、クレジットカードによっては、チャージすると、そのチャージ金額分「カードでお買い物」したとみなされて「クレジットカードのポイント」が付与されるのです。 つまり、 事実上、手数料無料でクレジットカードで固定資産税を支払い、しかもポイントまでゲットしてしまえるということです。 nanacoへのチャージにポイント付与してもらえるクレジットカード クレジットカードによっては、電子マネーへのチャージはポイント付与対象外としているところもありますので、注意が必要ですが、現時点でポイント還元率1. 0%以上かつnanacoへのチャージにポイント付与してもらえるカードは、 「セブンカード・プラス」「リクルートカード(Visa、JCB)」、 「Yahoo! JAPANカード(JCB)」、 「楽天カード(JCB)」などが挙げられます。 参照元: これらのカードの規約が今後変わってしまう可能性はありますので、使える今のうちに実践するのをオススメします。 また、ポイント還元率は0. 5%となってしまいますが、セブンイレブンおよびナナコと同じ企業母体が発行している点で「セブンカード・プラス」もオススメできます。 ご利用金額の合算月間30,000円分までとなっておりますのでご注意ください。 参照: いずれにせよ、「クレジットカードでナナコをチャージして、コンビニ店頭支払い」をすることで、固定資産税を実質的に割引ディスカウントできます。 貯まるポイントも少なくない金額ですので、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。 まとめ.

次の

固定資産税をクレジットカードで支払う方法は?|クレジットカードの三井住友VISAカード

固定 資産 税 クレジット カード 払い

Contents• 「固定資産税」とは 固定資産税とは、毎年1月1日時点で保有する土地や不動産などの資産に対して課税される税金です。 一軒家やマンションを購入した方には毎年納税の義務があります。 固定資産税の金額は、対象となる不動産によって異なります。 固定資産評価基準にもとづいて、各自治体ごとに評価額が決定され、固定資産税が算出されます。 支払いは「一括払い」か「年4回分割払い」 固定資産税の支払いは、年4回の分割払いが基本となります。 各自治体ごとに納期が決められているので、自宅に届く納付書で納付期限を必ず確認するようにしましょう。 また自治体によっては、「一括払い」が可能な場合もあります。 分割払いでも一括払いでも収める額は同額なので、ご自身の都合に合わせた支払い方法をオススメします。 「固定資産税」の支払い方法について 都税クレジットカードお支払いサイトより引用 インターネットで「」で納付番号などを入力して納税する方法です。 「納付番号」「確認番号」「納付区分」を入力すると自動で納税額が出てくるので、あとはクレジットカード情報を入力して納税をするだけです。 領収書の有無:無 納税証明書が発行可能になるまでの期間:10日間程度 お得なクレジットカード支払方法 クレジットカード支払いがオススメな理由 固定資産税の納税にクレジットカード支払いがお得な理由は、 クレジットカードのポイントが貯まるためです。 固定資産税は、10万円を超えるような高額な場合が多いため、少しでもお得に支払いたいものです。 固定資産税をクレジットカードで支払えば、各カード会社のポイント還元率に応じて、税額分のポイントやマイルが付与されます。 ただし、以下の注意点があります。 クレジットカードで支払う場合の注意点 都税クレジットカードお支払いサイトより引用 クレジットカードで支払う場合は、 10,000円ごとに約73円の決済手数料がかかります。 よって、 クレジットカードのポイント還元率が1%を超えるものであれば、手数料以上のポイントがもらえてお得に支払うことが可能です。 まとめ 今回は、固定資産税をクレジットカードで支払ってお得にポイントを得る方法をまとめてみました。 ポイントとしては数百円程度のものですが、どうせ支払いをしないといけないものであれば少しでもお得にしたいですよね。 全ての自治体でクレジットカード支払いができるわけではないですが、もしクレジットカード支払いが可能であれば試してみてはいかがでしょうか。

次の

固定資産税のクレジットカード支払いで安くする方法とポイント取得方法は

固定 資産 税 クレジット カード 払い

固定資産税をクレジットカードで払う3つのメリット 固定資産税をクレジットカードで納付することで、次の3つのメリットがあります。 インターネットで24時間いつでも自宅で納付が完結 固定資産税のクレジットカード払いは、インターネット経由が基本です。 銀行などの金融機関や市区町村役場などに納付書を持って納めに行く必要がありません。 そのため、24時間いつでも、自宅で納付が完結することが第一のメリットです。 平日はもちろんのこと、土日祝日も納付ができます。 ポイントやマイルが貯まる! 固定資産税をクレジットカード払いにすることで、クレジットカードのポイントが貯まります。 カードの種類にもよりますが、ポイントは航空会社のマイルに交換することも可能です。 口座振替など現金での納付では、絶対に得られないメリットと言えるでしょう。 ただし、実際の支払いは、納付手続きから30日から60日後の利用料金の口座引き落とし日です。 そのため、納付期日にまとまった現金がなくても、合法的に支払いを遅らせることができます。 特に冠婚葬祭などが重なった時期などは、大きなメリットとなるかもしれません。 固定資産税をクレジットカードで払う2つのデメリット 固定資産税の納付にクレジットカードを選択することで、ポイントが貯まるなどのメリットがある一方で、以下の2つのデメリットも存在します。 決済手数料がプラスされる 固定資産税などの税金をクレジットカードにて納めた際には、決済手数料がプラスされた金額がトータルの支払額となります。 東京23区 固定資産税などの税額 決済手数料(税別) 決済手数料(消費税率8%込) 1~10,000円 73円 78円 10,001~20,000円 146円 157円 20,001~30,000円 219円 236円 30,001~40,000円 292円 315円 40,001~50,000円 365円 394円 千葉県千葉市 固定資産税などの税額 決済手数料(税別) 決済手数料(消費税率8%込) 1~10,000円 70円 75円 10,001~20,000円 140円 151円 20,001~30,000円 210円 226円 30,001~40,000円 280円 302円 40,001~50,000円 350円 378円 例えば東京23区にて10,000円の固定資産税をクレジットカード納付した場合、10,000円+決済手数料78円(消費税込)=10,078円が支払総額です。 千葉県千葉市の場合には、10,000円+75円(消費税込)=10,075円がトータルの支払金額となります。 お住まいの市区町村ごとに決済手数料は異なるため、必ず自治体の公式サイトなどを確認してください。 領収証書がもらえない 固定資産税の納税をクレジットカードで行いますと、領収証書がもらえません。 必要であれば、領収証書の代わりに納税証明書の発行手続きをしてください。 納税証明書の発行は、クレジットカードで納めた日から数えて10日から2週間ほどかかります。 銀行などの金融機関からの融資(住宅ローンなど)を申し込む方などは、それを踏まえた上で早めに申請しましょう。 まずは、Yahoo! 公金支払いが可能か?をチェック 「Yahoo! 公金支払い」とは、固定資産税などの税金の支払いを、クレジットカードにて行うことができるサイトです。 検索窓に自治体名または税金名を入力します。 今回は吉祥寺のある「武蔵野市」を入力してみました。 「東京都武蔵野市 固定資産税」をクリック。 お手元に、固定資産税の納税・納付通知書を用意しておきます。 手続きの際に、「通知書番号」(納付番号)と「確認番号」の入力が必要なためです。 東京都武蔵野市の決済手数料は以下の表にまとめています。 固定資産税などの税額 決済手数料(税別) 決済手数料(消費税率8%込) 1~10,000円 0円 0円 10,001~20,000円 100円 108円 20,001~30,000円 200円 216円 30,001~40,000円 300円 324円 40,001~50,000円 400円 432円 ページを下側にスクロールしてすべての内容を確認しましたら、「手数料・注意事項を確認の上、同意する」にチェックを入れます。 その後に「お手続きはこちら」をクリック。 先程用意した固定資産税の納付書に記されている「納付番号」と「確認番号」を半角数字で入力後、「次へ」をクリックします。 次に「全国自治体MAP」検索 「Yahoo! 公金支払い」はすべての自治体や、税金などの支払いに対応しているわけではありません。 そのため、お住まいの市区町村名で検索しても見つからないケースが存在します。 ここからは、お住まいの自治体が見つからなかった時のために、「」で調べてみましょう。 「北海道地方」「近畿地方」などの「地方名」をクリック。 または、日本地図の画像から、お住まいの都道府県をクリックしてください。 続いて県庁所在地の「神戸市」をクリック。 「神戸市」の公式サイトが表示されました。 「くらしの情報(総合メニュー)」をクリック。 「くらしの情報」から「固定資産税」をクリック。 固定資産税のページが表示されました。 下にスクロールしていき、「納税の方法」より「クレジットカード納付のご案内」をクリックします。 「クレジットカード納付のご案内」が表示されました。 このサイトから固定資産税などの税金の支払いができるようになっています。 【裏ワザ】固定資産税がコンビニでも支払える場合はこうする! 固定資産税は納付書を持参することで、コンビニエンスストアでも納付可能です。 コンビニエンスストアで支払う際には、 電子マネー「nanaco(ナナコ)」を選択することで、クレジットカードのポイントがプレゼントされます。 決済手数料もかかりません。 例えば千葉県千葉市の場合、セブンイレブンなどのコンビニでも固定資産税などの支払いを受付中です。 画像引用元・ nanaco(ナナコ)は、セブンイレブンやイトーヨーカドーなどで利用できる電子マネーです。 (ポイント還元率0. 5%) nanacoは税金の支払いにも使うことができますが、固定資産税などの税金はポイントの対象外です。 ただし、nanacoへのチャージをクレジットカードで行うことで、クレジットカードのポイントが貯まります。 例えばセブンカード・プラスの場合、nanacoチャージ200円ごとに1ポイントを受け取ることが可能です。 仮に30,000円をチャージした際には、150円分のポイントが付与されます。 セブンカード・プラスは、発行手数料300円のnanacoが無料で発行できるクレジットカードです。 固定資産税の支払いにおすすめの高還元クレジットカード3選! ここからは、固定資産税の支払いにおすすめの高還元率クレジットカードを3つ選んで紹介します。 ・セブンカード・プラス ・リクルートカード ・楽天ANAカード セブンカード・プラス は、 初年度年会費無料のクレジットカードです。 2年目以降は500円(税込)の年会費がかかりますが、前年度で50,000円以上の利用が確認された際には、翌年の年会費が無料となります。 提携国際ブランドはJCBとVISAです。 ポイント還元率は0. 5%ですが、セブンイレブンやデニーズなどの利用時には3倍(1. 5%)にアップ。 電子マネーnanacoへのチャージにも、200円ごとに1ポイントが貯まります。 貯まったポイントはnanacoチャージやANAマイルなどに交換できます。 利用可能なクレジットカードは、VISAとMasterCard、JCBとアメリカン・エキスプレス、ダイナーズクラブとTS CUBIC CARDです。 公金支払い」や「全国自治体MAP」を利用した検索方法を紹介してきました。 今回紹介したセブンカード・プラスやYahoo! JAPANカード、またはリクルートカードで固定資産税を納付することで、ポイント還元などのメリットを享受することが可能です。 是非、ご検討ください。

次の