五目 おこわ レシピ。 醤油が香るおこわ 蒸し器と炊飯器で作るレシピをご紹介

基本の五目炊き込みご飯のレシピ/作り方:白ごはん.com

五目 おこわ レシピ

おこわと炊込みご飯の違いは蒸し器を使うかどうかにあった?! 栗やキノコ、タケノコや鶏肉など、おこわにするとおいしく食べられますね。 ここでは、おこわとは何か、炊込みご飯と何が違うのかなどについて触れていきましょう。 「おこわ」とはもち米を蒸した料理のことをいいます。 具材や味付けに関わらず、もち米を蒸した料理はおこわと呼ばれます。 ですから、赤飯もおこわの種類のひとつといえます。 「炊込みご飯」とは米と一緒に食材を炊いた料理のことをいいます。 野菜や肉、魚などを「うるち米」という普段私達が食べている米と一緒に炊いたものを、炊込みご飯と呼ぶのです。 ですから厳密には、もち米を使っているとはいえ、蒸し器ではなく、炊飯器で炊いたものはおこわとはいわないのですが、普段の生活でそこまで神経質にならなくてもいいでしょう。 さて、おこわにはもち米を使うため、下準備が必要です。 もち米はたっぷりと水分を吸わせてから蒸します。 3時間~ひと晩は水に漬けておきましょう。 その後、ザルにあけ、約30分程おいて水を切ります。 表面の水を切ることにより、ダシや醤油などの味付けがもち米に染みやすくなります。 また、水分量も一定になるため、蒸したときに均等に火が通ります。 次項から、いろいろなおこわのレシピをご紹介しましょう。 醤油が香る五目おこわのレシピ 蒸し器を使えばもちもちの仕上がりになります。 干しシイタケとひじきは水で戻しておきます。 具材は、お好みでキノコやタケノコに変えてもおいしく仕上がります。 蒸し器で作る鶏おこわのレシピ 鶏肉の旨味が染み込んだおこわのレシピをご紹介します。 シメジは石づきを落として小房に分けます。 ミツバは根元を落として、3cmに切ります。 器に盛り、ミツバを散らして完成。 先に具材ともち米に味を染み込ませることにより、ムラがなくしっかりと味がつきます。 醤油とみりんだけ 炊飯器で作る炊きおこわ 「蒸し器がないけどおこわが食べたい」そんなときは炊飯器でも作ることができます。 正確にはおこわとはいわないことは既に述べましたが、家庭料理ですので、あまり気にしないでおきましょう。 人参は4cmの長さで細切り、油揚げは縦半分に切り、細切りにします。 キノコの香りと食感が楽しめるシンプルなおこわです。 蒸し器不要醤油染み込む中華おこわ 蒸し器を使わずに作るレシピをもうひとつご紹介します。 おこわはもち米ですし、すこし重たいと感じる方もいるかもしれません。 そんなときは、もち米とうるち米を半分ずつ使っておこわを作ってみてはいかがでしょうか。 もち米だけのものと食べ比べて、少し軽いと感じるくらいで、味は普通のおこわとほとんど変わりません。 「もち米」の線にしないよう気を付けてください。 火の通りが均等にならないので、混ぜずに上にのせてください。 通常通り炊飯して完成。 今回のレシピでは、もち米を水に漬けずに仕上げていますが、気になる方は、30分程漬けておくといいでしょう。 冷めてもパサパサせず、おいしく食べられます。 おにぎりにしたり、小分けにして冷凍しておくと、手軽に食べられるのでおすすめです。 おこわに合うおかずあれこれ おこわのときのおかずに悩まれる方もいるでしょう。 たくさんの具材と一緒になったおこわですから、しっかりとしたおかずにしてしまうと、塩分やカロリーを取りすぎてしまいそうですね。 おこわに合うおかずをいくつかご紹介しましょう。 ・唐揚げ たんぱく質が不足しがちになるおこわには、鶏肉のおかずが合います。 青のりとワサビでアクセントをつけた塩唐揚げはいかがでしょうか。 鶏モモ肉400gにチューブのワサビを1本使い、あっさりとした唐揚げができます。 ・豚バラとキャベツの土瓶蒸し 薄味のおこわなら豚バラのコクが合いますし、味がしっかりついたおこわなら豚バラに柑橘類を足してバランスよく食べられます。 豚バラとキャベツを交互に重ねて蒸すだけと、手軽に作れます。 ・鮭のホイル焼きダ シのきいたおこわに合う魚料理。 炭水化物が多めのおこわに、消化吸収を助ける鮭をおすすめします。 アルミホイルで包んでフライパンで蒸し焼きするだけと、蒸し器もいらず簡単です。 ・レンジでホットサラダ 長いもと小松菜、トマトをレンジで温めたら、レモン風味のドレッシングで和えるサラダはいかがでしょう。 オリーブオイルとレモン汁、醤油と塩コショウでさっぱりと食べられます。 長いもは消化吸収を助け、胃の粘膜を保護してくれます。 ・あさりのお吸いもの あさりと白ダシを少しの醤油と塩で味つけたシンプルなお吸いものもおこわにぴったりです。 あさりの旨味がたっぷり出るので、味付けは薄くしましょう。 具だくさんおこわを作ろう もちもちしたおこわが、食べたくなってきた方もいるのではないでしょうか。 蒸し器を使えば本格おこわができますし、炊飯器で手軽に作るのもいいでしょう。 旬の具材をたっぷり入れておこわを楽しんでみてはいかがですか。 たくさん作って冷凍しておけば、食べたいときにすぐ食べられます。 コンビニで手軽に手に入れることもできますが、自分で作ったおこわはきっと格別ですよ。

次の

甘栗が入った中華風五目おこわ 作り方・レシピ

五目 おこわ レシピ

五目炊き込みご飯の準備 まず、干し椎茸は戻るのに時間がかかるため、事前に水100mlほどを加えて上にキッチンペーパーをかぶせ、水戻ししておきます。 また、五目炊き込みご飯を炊く前に、米は研いで浸水させておきます。 浸水させることで、米に火が通りやすくなり、ふっくら美味しく炊き上がります• 炊飯器の性能やコースなどによって変わってくるので、間違いなくふっくら炊けるよう、このレシピでは事前に浸水する工程をとっています。 戻った干し椎茸は水気をしぼって、2~3㎜幅に切ります。 また、ごぼうはささがきにして水にさらしておきます。 こんにゃくは厚みを3等分に切ってから、棒状に切ります。 油揚げは厚みを半分にして、みじん切りにします。 また、にんじんは5~6㎜角や2~3㎝のせん切りにします。 ここからは『もし鶏肉を入れるなら』の工程です。 鶏肉は炊き込みご飯用にカットされたもも肉を買ってくるか、皮ごと1㎝四方くらいに切ります。 生のまま炊き込むよりも 熱湯をまわしかけて余分な臭みや脂を落とし、ざる上げしたら塩ひとつまみで軽くもんで下味をつける、このように下ごしらえしてから炊き込むのがおすすめです。 五目炊き込みご飯の炊き方 炊くときのポイントは 『浸水した米を一度ざる上げして、しっかり水気を切ってからAやBを合わせること』『炊飯器の目盛を優先して水加減した後に、具材をはじめから入れて炊くこと』です! 浸水した米は一度ざるにあけてしっかり水気を切り、炊飯器の内釜に移します。 まず、椎茸の戻し汁を茶漉しなどを通して全量加えます(細かいごみがあることが多いため)。 それから醤油とみりんを加え、最後に 水またはだし汁を2合の目盛までそそぎ入れます。 水平な場所で、2合の目盛まで水加減をしたら、具材をすべて上に広げ、炊飯します(浸水させているので普通コースで炊いてOKです)。 ご飯が炊けたら、さっくりと全体を混ぜ合わせて完成です。

次の

キューピー3分クッキング・電子レンジ【五目おこわ】レシピ : 三ツ星主婦の「簡単!家庭料理レシピ・作り方

五目 おこわ レシピ

おこわと炊込みご飯の違いは蒸し器を使うかどうかにあった?! 栗やキノコ、タケノコや鶏肉など、おこわにするとおいしく食べられますね。 ここでは、おこわとは何か、炊込みご飯と何が違うのかなどについて触れていきましょう。 「おこわ」とはもち米を蒸した料理のことをいいます。 具材や味付けに関わらず、もち米を蒸した料理はおこわと呼ばれます。 ですから、赤飯もおこわの種類のひとつといえます。 「炊込みご飯」とは米と一緒に食材を炊いた料理のことをいいます。 野菜や肉、魚などを「うるち米」という普段私達が食べている米と一緒に炊いたものを、炊込みご飯と呼ぶのです。 ですから厳密には、もち米を使っているとはいえ、蒸し器ではなく、炊飯器で炊いたものはおこわとはいわないのですが、普段の生活でそこまで神経質にならなくてもいいでしょう。 さて、おこわにはもち米を使うため、下準備が必要です。 もち米はたっぷりと水分を吸わせてから蒸します。 3時間~ひと晩は水に漬けておきましょう。 その後、ザルにあけ、約30分程おいて水を切ります。 表面の水を切ることにより、ダシや醤油などの味付けがもち米に染みやすくなります。 また、水分量も一定になるため、蒸したときに均等に火が通ります。 次項から、いろいろなおこわのレシピをご紹介しましょう。 醤油が香る五目おこわのレシピ 蒸し器を使えばもちもちの仕上がりになります。 干しシイタケとひじきは水で戻しておきます。 具材は、お好みでキノコやタケノコに変えてもおいしく仕上がります。 蒸し器で作る鶏おこわのレシピ 鶏肉の旨味が染み込んだおこわのレシピをご紹介します。 シメジは石づきを落として小房に分けます。 ミツバは根元を落として、3cmに切ります。 器に盛り、ミツバを散らして完成。 先に具材ともち米に味を染み込ませることにより、ムラがなくしっかりと味がつきます。 醤油とみりんだけ 炊飯器で作る炊きおこわ 「蒸し器がないけどおこわが食べたい」そんなときは炊飯器でも作ることができます。 正確にはおこわとはいわないことは既に述べましたが、家庭料理ですので、あまり気にしないでおきましょう。 人参は4cmの長さで細切り、油揚げは縦半分に切り、細切りにします。 キノコの香りと食感が楽しめるシンプルなおこわです。 蒸し器不要醤油染み込む中華おこわ 蒸し器を使わずに作るレシピをもうひとつご紹介します。 おこわはもち米ですし、すこし重たいと感じる方もいるかもしれません。 そんなときは、もち米とうるち米を半分ずつ使っておこわを作ってみてはいかがでしょうか。 もち米だけのものと食べ比べて、少し軽いと感じるくらいで、味は普通のおこわとほとんど変わりません。 「もち米」の線にしないよう気を付けてください。 火の通りが均等にならないので、混ぜずに上にのせてください。 通常通り炊飯して完成。 今回のレシピでは、もち米を水に漬けずに仕上げていますが、気になる方は、30分程漬けておくといいでしょう。 冷めてもパサパサせず、おいしく食べられます。 おにぎりにしたり、小分けにして冷凍しておくと、手軽に食べられるのでおすすめです。 おこわに合うおかずあれこれ おこわのときのおかずに悩まれる方もいるでしょう。 たくさんの具材と一緒になったおこわですから、しっかりとしたおかずにしてしまうと、塩分やカロリーを取りすぎてしまいそうですね。 おこわに合うおかずをいくつかご紹介しましょう。 ・唐揚げ たんぱく質が不足しがちになるおこわには、鶏肉のおかずが合います。 青のりとワサビでアクセントをつけた塩唐揚げはいかがでしょうか。 鶏モモ肉400gにチューブのワサビを1本使い、あっさりとした唐揚げができます。 ・豚バラとキャベツの土瓶蒸し 薄味のおこわなら豚バラのコクが合いますし、味がしっかりついたおこわなら豚バラに柑橘類を足してバランスよく食べられます。 豚バラとキャベツを交互に重ねて蒸すだけと、手軽に作れます。 ・鮭のホイル焼きダ シのきいたおこわに合う魚料理。 炭水化物が多めのおこわに、消化吸収を助ける鮭をおすすめします。 アルミホイルで包んでフライパンで蒸し焼きするだけと、蒸し器もいらず簡単です。 ・レンジでホットサラダ 長いもと小松菜、トマトをレンジで温めたら、レモン風味のドレッシングで和えるサラダはいかがでしょう。 オリーブオイルとレモン汁、醤油と塩コショウでさっぱりと食べられます。 長いもは消化吸収を助け、胃の粘膜を保護してくれます。 ・あさりのお吸いもの あさりと白ダシを少しの醤油と塩で味つけたシンプルなお吸いものもおこわにぴったりです。 あさりの旨味がたっぷり出るので、味付けは薄くしましょう。 具だくさんおこわを作ろう もちもちしたおこわが、食べたくなってきた方もいるのではないでしょうか。 蒸し器を使えば本格おこわができますし、炊飯器で手軽に作るのもいいでしょう。 旬の具材をたっぷり入れておこわを楽しんでみてはいかがですか。 たくさん作って冷凍しておけば、食べたいときにすぐ食べられます。 コンビニで手軽に手に入れることもできますが、自分で作ったおこわはきっと格別ですよ。

次の