どんな未来がこちらを覗いてるかな。 君の強さと僕の弱さをわけ合えば どんな凄いことが起きるかな

どんな未来が こちらを覗いてるかな|スミス|note

どんな未来がこちらを覗いてるかな

北千住駅のプラットホーム 銀色の改札 思い出話と 想い出ふかし 腰掛けたベンチで 僕らは何も見えない 未来を誓い合った 寒さにこらえた木々と猫が まるで僕らのことで 蕾を咲かせようと実を揺らしてる 素敵に笑っている 焦らないでいい いつか花束になっておくれよ それまで待っていてね これからの展開をふたりで 飽きるまで過ごしてみるからね 最低限の愛を伝えながら どんな未来が こちらを覗いてるかな 君の強さと僕の弱さをわけ合えば どんな凄いことが起きるかな? ほら もうこんなにも幸せ いつかはひとり いつかはふたり 大切を増やしていこう 北千住駅をフワっと歩く 藍色のスカート いつになく遠く遠くに見える 加速する足音 素直じゃないと いけないような気がしたよ 優しさに甘えすぎて 怯えすぎた男の背中に 掌を添えてくれるのはもう 前を歩く君じゃなきゃダメだから どうか未来が こちらに手を振ってほしい 日々の辛さと僕の体が だらしなく帰る場所を探し続けている ほら もうこんなにも夕焼け いつかの灯り思い出すとき 大切に気づくのでしょう 焦らないでいい いつか花束になっておくれよ 僕らは何も見えない 未来を誓い合った どんな未来が こちらを覗いてるかな 君の強さと僕の弱さをわけ合えば どんな凄いことが起きるかな? ほら もうこんなにも幸せ いつかはひとり いつかはふたり いや もっと もっと 大切を増やしていこう? 住み慣れた駅のプラットホーム 水色に挨拶 「お帰りなさい」と 小さく揺れる影を踏む幸せ ひいらぎの解釈 北千住駅のプラットホーム。 銀色の改札が見えるベンチに腰掛けて 思い出話に花を咲かせ、先の見えない未来でも一緒にいようと誓い合った。 「北千住駅のプラットホーム」という歌詞。 一見なんの意味もないように思えますが、前述した通り、この曲はクレヨンしんちゃんに登場するひろしがみさえにプロポーズするという内容の映画に沿って書かれた歌です。 そしてこの「北千住駅のプラットホーム」というのはクレヨンしんちゃんの設定ではひろしがみさえにプロポーズした場所とされています。 つまり、「北千住駅のプラットホーム」という歌詞は、ひろしがみさえにプロポーズしているという情景を1単語で表現しているわけです。 また、プロポーズしたのは「ひろし」ですから、この一節はひろし目線で歌われていることになります。 寒さにこらえた木々と猫が まるで僕らのことで 蕾を咲かせようと実を揺らしてる 素敵に笑っている 焦らないでいい いつか花束になっておくれよ ひいらぎの解釈 寒さにこらえた木々は俺。 猫は君。 二人ともまだまだ若く不安定だけど、いつか幸せになるために頑張っている。 そして、笑い合っている。 焦らなくてもいいじゃないか。 いつか幸せにさせてみせるから。 ここの部分はひろしのプロポーズの言葉でしょうか。 真相は定かではありませんがそれっぽさがありますね。 また、みさえを「猫」と例えたのは、猫が帰る先を探しているというイメージから「幸せ(帰る先)を探している」と連想したものだと思われます。 それまで待っていてね これからの展開をふたりで 飽きるまで過ごしてみるからね 最低限の愛を伝えながら ひいらぎの解釈 君の優しさに甘えて怒らせてしまった。 そんな優しい君を失うことに怯えた俺に寄り添ってくれるのは君じゃないと嫌だから。 先ほどの喧嘩は全面的にひろしが悪かったのでしょうか。 自分が悪いと素直に認め、みさえに謝ろうとするひろしが容易に想像できますね。 男はどうしても付き合っている女性の「優しさ」に甘えてしまうものです。 女性もイヤイヤ「優しさ」を我々男性に与えているわけではないので、優しさに甘えることは決して悪いわけではありません。 ただ、「優しさ」を与えられたら、相手に伝わるように感謝することが大切なのかもしれませんね。 どうか未来が こちらに手を振ってほしい 日々の辛さと僕の体が だらしなく帰る場所を探し続けている ほら もうこんなにも夕焼け いつかの灯り思い出すとき 大切に気づくのでしょう.

次の

ハルノヒ あいみょん 歌詞情報

どんな未来がこちらを覗いてるかな

ちょうど1年前に、『Microsoft Office Specialist 2013 Master』を取得した。 いつの頃からか、自分は社内的に、Excelが得意という立ち位置になり、自分でも、資料作成や分析が得意になり、そのスキルを高め、今回、縁があって別の部署へ異動となっている。 そのルーツは、おそらく3年目の上期だったのではないだろうかと思う。 2015年というのが、自分の仕事の転換期だったことは言うまでもないが、具体的には、Excelの基本的なスキル、関数などを一気に習得できたのがこの時期だった。 その延長として、昨年、『Microsoft Office Specialist 2013 Master』を取得し、現在、『VBAエキスパート Excel 』を、そして後に、『ビジネス統計スペシャリスト』を取得し、さらにこのスキルを昇華させていく。 昨日の午前に、VBAの試験が終わってからは、昨日の午後と今日一日はオフにしている。 大阪での暮らしが3ヶ月半経ったので、部屋の大掃除や、不要になった本の整理など、特に出かけたりはしていないが、出張続きで疲れた体を癒す時間にしている。 あと2週間でGW、今年は10連休だ。 そして、平成が終わり、令和が始まる。 今週は北海道出張がある。 北海道に行くのは、2007年11月の、高校の修学旅行以来、約11年半ぶりだ。

次の

あいみょん ハルノヒ 歌詞&動画視聴

どんな未来がこちらを覗いてるかな

ちょうど1年前に、『Microsoft Office Specialist 2013 Master』を取得した。 いつの頃からか、自分は社内的に、Excelが得意という立ち位置になり、自分でも、資料作成や分析が得意になり、そのスキルを高め、今回、縁があって別の部署へ異動となっている。 そのルーツは、おそらく3年目の上期だったのではないだろうかと思う。 2015年というのが、自分の仕事の転換期だったことは言うまでもないが、具体的には、Excelの基本的なスキル、関数などを一気に習得できたのがこの時期だった。 その延長として、昨年、『Microsoft Office Specialist 2013 Master』を取得し、現在、『VBAエキスパート Excel 』を、そして後に、『ビジネス統計スペシャリスト』を取得し、さらにこのスキルを昇華させていく。 昨日の午前に、VBAの試験が終わってからは、昨日の午後と今日一日はオフにしている。 大阪での暮らしが3ヶ月半経ったので、部屋の大掃除や、不要になった本の整理など、特に出かけたりはしていないが、出張続きで疲れた体を癒す時間にしている。 あと2週間でGW、今年は10連休だ。 そして、平成が終わり、令和が始まる。 今週は北海道出張がある。 北海道に行くのは、2007年11月の、高校の修学旅行以来、約11年半ぶりだ。

次の