ち 首 が 痛い。 首が痛い!子供の場合の原因と対処法

首が痛い時には、こういう枕は絶対に選ばないで下さい。

ち 首 が 痛い

本記事の内容 1.首の後ろが痛いのは? 2.首の後ろが痛い時にしてはいけないこと 3.首の後ろの痛みの解消法 まとめ この記事を書いている私は、オステオパシー歴6年、臨床歴8年。 国家資格である理学療法士を持っていて、病院での勤務経験もあります。 1. 首の後ろが痛いのは? なんで首の後ろが痛いんだろう? 首の後ろが痛かったり、やたらと凝ってしまったり、辛いですよね。 なんでいつも首の後ろ側が辛いのでしょうか? 実は、その原因はあなたの 姿勢にあるのです。 あなたは普段からこんな姿勢をしていませんか? あなたは普段からこのような姿勢をしていませんか? いわゆる猫背状態の丸まった姿勢です。 デスクワーク、運転、勉強、テレビを見ている時、スマホを見ている時、気付いたらこのような姿勢になっていませんか? 首の後ろに痛みやコリを訴える方のほとんどがこのような姿勢を普段からしています。 首はボーリングの球くらいの重さがある頭を支えています。 その頭が前方に倒れているこの姿勢で、どれだけの力が首の後ろ側にかかっているのか想像がつきますでしょうか? 想像がつかない方は試しにボーリングの球(6~7㎏)を持ってみてください。 どれだけ重いかが実感できるでしょう。 万病のもととなる姿勢 この姿勢は首の後ろ側の痛みだけでなく、多くの病気のもととなる姿勢です。 頭痛をはじめとして、 ストレートネック、 頚椎症、 頚椎椎間板ヘルニアなど、この姿勢を続けて、頸椎に負担がかかりつづけることで起きてしまう病気です。 もし、あなたが本記事をお読みでしたのなら、そのような状態になる前に早めに改善することを心掛けましょう。 そうでないと、後々苦しい思いをしてしまいます。 そのためにも本記事をぜひ最後までお読みください。 2. 首の後ろが痛い時にしてはいけないこと 首の後ろ側のマッサージ 首の後ろが痛い・凝っているからって首の後ろをマッサージするのは良いことではありません。 なぜなら、丸まった姿勢を続けている影響で 首の後ろ側はもうすでに伸びきっている状態で筋肉が緊張しているのですね。 これが首の後ろの痛みやコリの原因となっています。 この伸びきって緊張した筋肉をマッサージしたらどうなるでしょう? ストレッチしている状態の筋肉をマッサージすることを想像してみてください。 とても多大な負荷がかかってしまいますよね。 ストレッチをしながらその筋肉を揉むなんて強度の高いことは施術としても行いませんし、筋繊維への負荷は多大です。 筋繊維が損傷し炎症を引き起こすきっかけにもなってしまいますので、首の後ろ側のマッサージは避けるようにしてください。 首の後ろだけでなく背中にかけても同様のことが言えますから、避けるようにしてください。 首の後ろを伸ばすストレッチ 首の後ろを伸ばすストレッチも同様にNGです。 理由はマッサージの時と同様です。 普段から 伸びていて緊張している首の後ろの筋肉をさらに伸ばす必要性はありません。 そんなことを続けていれば、猫背や丸まった首の状態が助長するだけです。 首をボキボキ鳴らすこと 首を捻ってボキボキ鳴らすとスッキリすると思いがちですが、実はそうではありません。 簡単に言うと首のボキボキは可動性を上げるために行うものです。 不用意に首のボキボキを続けてしまうと可動性がつきすぎてしまって、安定性のない首になり、余計に首周りの筋肉が緊張してしまいます。 また、頸椎には神経や血管など大切な組織がたくさんあります。 ボキボキすることはそれらの大切な組織を傷つけてしまう恐れがあります。 実際にそういう事故の報告も多くあり、厚生労働省では頸椎に対するアジャスト(ボキボキ)は 禁止 しています。 3. 首の後ろの痛みの解消法 首の後ろが痛い・凝っているからといって、首の後ろを伸ばしたり、揉んだりしても効果がないということは分かって頂けたでしょうか? では、どうしたらいいのかをここで解説していきます。 縮まっている前側を伸ばす 大切なのは バランスです。 猫背の丸まった姿勢で縮まってしまっているのは後ろ側ではなく、 前側です。 後ろは伸びて、前側は縮まっている。 このバランスを改善することが大切です。 そのためにあなたができる簡単な方法は、 縮まっている首の前側、おなか側を伸ばすことです。 縮まっている側を伸ばすことで徐々に首の前後のバランスが整っていきます。 でも、急にぐっと伸ばしてはいけませんよ。 ゆっくり、徐々に行うようにしてください。 良い姿勢を保つ 縮まった前側が伸びてきたら、その状態を維持するためにも良い姿勢を保ちましょう。 デスクワークの時に前かがみになってしまうようなら、そうならない工夫をしましょう。 スマホを見ていて、首が前に倒れてしまうなら、スマホの見方を変えましょう。 普段からの姿勢に気を使い注意することを 習慣化することが大切です。 初めは辛いかもしれません。 でも、徐々にいい姿勢を保つことになれていけば、今までの姿勢がどれだけ身体に負担をかけていたのかを実感するでしょう。 深呼吸する 試しに丸まった姿勢で深呼吸をしてみてください。 息を深くたくさん吸えますか? 吸えないですよね。 その状態をずっと続けていると酸素を取り入れることができず、また、体液循環も妨げられてしまいます。 首の後ろが痛い・こっているという方は そんな身体の状態が続いていると考えてもらって構いません。 普段から、気が付いたら深呼吸をするという習慣をつけるといいですね。 まとめ まとめ いかがでしたか? 首の後ろが痛い原因やその解消法について少しでも理解して頂けたら幸いです。 首の後ろ側が痛い時はすでに身体が丸まっている癖がついてしまっている状態です。 その状態が続くことは、後々ヘルニアなどの症状を招きかねない危険性を孕んでいます。 そうならないように気付いたその時から、改善を心掛けるようにしていきましょう。 もし一人でやっていても中々上手くいかない、首の後ろの痛みが取れないという方は、相当身体に悪い癖がついてしまっている可能性があります。 早めに改善していくためにも当院までご相談ください。

次の

首の寝違えの原因・治し方を解説!湿布とストレッチ、どっちがNGか知ってる?

ち 首 が 痛い

気になる所から確認してみよう• 首の後ろが痛い原因 疲労・ストレス・ウイルスなど一般的な原因 一番一般的な首の痛み後ろ側の症状に頚肩腕症候群があります。 いわゆる肩こり・首の痛み、ひどくなると頭痛、吐き気、等がします。 女性に多いとされるこれらの症状は 筋肉量が少ない方が症状が出やすいといえます。 首の後ろでも、首の骨の脇から側面の筋が特に痛みます。 頭の付け根から側頭部に広がり頭痛に発展していくケースが多いです。 原因は様々で、長時間同じ姿勢でのデスクワークや、 PC・スマホ使用等による眼精疲労、腕の疲れなどです。 仕事上のデスクワークは避けられないと思いますので、仕事中なるべく席を立つ機会を作るようにしたりストレッチで筋肉を緩めるといいでしょう。 【関連記事】 首の右側・左側だけ痛いという人は片側にだけ負担がかかっているケースがあります。 治し方の一例としてTVやデスクトップの画面、マウスの配置を変えると改善する例があります。 全部身体を右向きにしないと操作できない。 など極端な場合はわかりやすいと思います。 自分の生活をよくよく観察しましょう。 ストレスからくるもので、うつ病など精神疾患から首の痛みを生じる事もあります。 【関連記事】 リンパ 首の後ろにはリンパ節と呼ばれるリンパの集合体があります。 首と頭の境目から耳の後ろに分布する頚部リンパ節に原因があり首の後ろが痛むことがあります。 一つ目の原因は体内に侵入した細菌やウイルスと免疫系(リンパ球)が戦っている時に起こる正常な反応です。 しこりが出来たように感じ、触ると痛み・発熱があります。 二つ目の原因は、リンパのがんである悪性リンパ腫です。 自覚症状が出にくく転移もしやすいため危険です。 しこりがだんだんと大きくなっていたりに、弾力性がなく触っても動きにくいのが特徴です。 【関連記事】 触りな慣れていないと判別が難しいので自己判断に頼り切る事はせず、医師の診察を受けましょう。 また、 風邪で熱が出てリンパが腫れている時は数日すると腫れが引いてくることがほとんどですので目安にしてください。 子供に多いおたふくかぜでもリンパが腫れる場合があり、耳の後ろから首にかけてが痛みます。 首の前面にしこりや腫れを感じる時は甲状腺の病気が疑われます。 首の痛み以外では、全身のだるさは、暑がり(寒がりに)になった、イライラしやすい、大人しくしていても心臓がどきどきする、目が飛び出してくる、などです。 【関連記事】 頸椎(首の骨) 首の骨が原因で起こるものは、首の後ろの痛みに加えて、手足のしびれを伴うものが多いといえます。 骨と骨の間にある椎間板というクッションの役目をする軟骨があります。 この椎間板がつぶれて内容物が外側に飛び出てしまった状態を椎間板ヘルニアといいます。 椎間板ヘルニアは頸椎だけでなく、胸椎、腰椎でも起こる可能性があります。 急性症状が起きたときには起き上がれない程激痛が走ることもあります。 飛び出した椎間板が神経を圧迫すると手足のしびれが起こります。 脊柱管は背骨、椎間板、関節、靭帯などで囲まれた脊髄の神経が通る管です。 脊柱管が何らかの原因で狭くなってしまう脊柱管狭窄症も手足のしびれと首の痛みを伴います。 脊髄腫瘍という脊柱(脊椎)の中にある脊髄の腫瘍の場合にも首の痛みから手のしびれがあります。 高血圧 高血圧の方で注意が必要なのが、脳卒中(脳梗塞、くも膜下出血)などの脳の血管が詰まったりやぶれて出血する時にも、首の痛み・肩こり・頭痛がる事です。 急に激しい痛みに襲われ、気持ち悪い、ろれつが回らない、物が二重にみえる、吐き気がする等が前兆とされます。 一刻を争います、救急車を呼びましょう。 そこまで切迫した症状はないにしても、高血圧の方は首の痛みに悩まされるケースが多く、生活が不規則であったり、強いストレスにさらされている等の原因が考えられます。 スポンサーリンク 首が痛い病気・症状 疲労・ストレス・ウイルスなど一般的な原因 1. 頚肩腕症候群 肩から首にかけて痛みがある。 仕事環境や生活環境を変えて改善する事が多い。 うつ 憂鬱な気分、興味や喜びが起こらない、食欲の減衰や増加、睡眠障害、精神運動の障害(非常に強い焦り、身体の動きが遅くなる)、疲れやすさと気力がない、自分を責める、思考力や集中力の低下、肩と首の痛み。 【関連記事】 3. 寝違え 朝起きたら、首が回らなくなっていた、首を動かすと痛み、枕があってないこともある。 1日~3日で治る。 リンパが関係するもの 1. 悪性リンパ腫 リンパ節の腫れ・しこり、痛み、発熱、全身がだるい、寝汗が多い、体重が減少した、かゆみがある。 口内炎 口の中にいる常在菌が口内炎から侵入しリンパ節に入り込む。 症状は口の中に炎症が出来て痛い。 リンパの腫れ。 虫歯 虫歯から細菌がリンパ節に入り込む。 リンパの腫れ、痛み。 頸椎(首の骨)が原因の病気 1. 椎間板ヘルニア 肩や腕、首、脚に痛みとしびれ、足のもつれ、歩行障害。 脊柱管狭窄症 立っている、後ろに沿った時、座っている寝ている、前かがみなど、特定の姿勢をしているときにしびれが強くなる。 首から、肩、腕にしにれと痛み。 変形性頚椎症 首の骨が加齢などにより変形してしまった状態。 首、肩のこり、背部痛、神経が圧迫されるとしびれを伴う事もある。 リウマチ性脊椎炎 自己免疫疾患である関節リウマチに伴う症状の一つ。 上を向いたり、下を向いたりするのが難しくなる。 首から後頭部にかけて痛みが出る。 脊髄腫瘍 脊髄の細胞が勝手に増殖してしまう状態で、良性(非がん性)と悪性(がん性)のものがあります。 首の痛みや腰の痛み、影響する神経の支配している領域に痛み、腕、脚の痛み・しびれ、運動麻痺、排尿障害。 後縦靭帯・黄色靭帯骨化症 後縦靭帯は脊柱と脊髄の間にある靭帯、黄色靭帯は脊髄の後ろにある靭帯です。 これらの靭帯が骨になってしまう病気。 手、脚のしびれ、歩きにくい排尿困難など。 胸郭出口症候群 首からスタートした神経は鎖骨の下を通り、小胸筋の下をくぐり腕につながっています。 このとき鎖骨の下、小胸筋の下に原因があって神経を圧迫することによって起こる症状。 首の痛み、頭痛、肩こり、腕と手のしびれ。 側弯症 背骨を正面から見て、左右にS字を描いて曲がってしまう病気。 背部痛、肩、首の痛み、しびれ。 高血圧の病気 1. 脳梗塞(脳血栓症・脳塞栓症)、脳出血、くも膜下出血 脳の血管の中で、血の塊が詰まるまたは出血する病気(血栓のでき方や出血の場所で呼び名が変わります)。 手足に力が入らない、めまいがする、激しい頭痛、手・足・身体の半分がしびれる、ろれつが回らない、視界が一時真っ暗になる、ものが二重に見える。 【関連記事】 スポンサーリンク 首の後ろが痛い時は病院で何科を受診すべきか 疲労による症状や首の骨の病気が疑われる場合には、 整形外科です。 レントゲンや場合によつてはMRI、CTなどで原因を特定できます。 痛み止めや湿布なども市販薬を闇雲に探すより原因に合わせた処方をしてくれるはずなので、迷う前に相談する事をおすすめします。 ストレス、精神的なものが疑わしいと感じたら、精神科、心療内科です。 首の痛みが際立っている場合には整形外科も一緒に受診しましょう。 風邪や口内炎によるリンパの腫れは数日で治まりますが、早く治したい、仕事が休めず悪化の懸念がある、等の時には 内科、口腔外科に相談できます。 悪性リンパ腫の可能性がある時は、 血液内科、首のリンパが腫れている時は 耳鼻科・耳鼻咽喉科、内科等です。 病気を特定するのが難しいため、一度で確定診断ができる可能性は少ないと思います。 脳梗塞などの心配がありで前述のしょうじょうがある方は、すぐに救急車を呼びましょう。 くどいようですが一刻を争います。 それ以外の高血圧症は内科・循環器内科がいいと思います。 当記事は医師、薬剤師などの専門家の監修を受けておりますが本サイトで提供する情報、文章等に関しては、主観的評価や時間経過による変化が含まれています。 そのため閲覧や情報収集は利用者ご自身の責任において行っていただくものとしその完全性、正確性、安全性等についていかなる保証も行いません。 スポンサーリンク.

次の

首が痛い…「ストレートネック」「寝違え」など、原因チェック|Good Sleep Labo

ち 首 が 痛い

首の痛みは、およそ7割の人が一生に一度は経験するといわれるほど、よくみられる症状です。 首の骨(頚椎=けいつい)は、重さが6~8キロもある頭を支え、上下左右に動かしたり、回転させたりと、複雑な動きをコントロールしています。 それだけに首には日ごろから大きな負担がかかりますが、加齢によって首の筋肉が弱ったり、運動不足で首をあまり動かさないでいると、首の筋を違えたり、こりから筋肉痛を起こしたりします。 首の痛みの多くはこうしたタイプで、日常の習慣を見直したり、首の筋肉を鍛えることで改善されます。 しかし、加齢によって頚椎そのものも老化します。 頚椎がすり減ったり、クッションとなっている椎間板(ついかんばん)の変形が生じると、慢性的な痛みやしびれを起こすようになります。 そのため頚椎が変形すると、首の痛みだけでなく、や手のしびれ、あるいは脚のしびれによる歩行障害、さらにはまで起こすこともあります。 こうした症状が起こるようになると、本人もつらく、また、治療にも長い時間がかかり、ケースによっては手術が必要となります。 できれば初期段階(首のこりや筋肉痛などの段階)で、早めに対処することが望まれます。 椎骨と椎骨の間には、クッションとなる椎間板があります。 また、頚椎を縦に貫く形で脊柱管(せきちゅうかん)という空洞があり、その中を脊髄がとおっています。 頚椎や椎間板が変形して脊髄を圧迫すると、さまざまな症状が起こります。 運動で首などをリラックスさせる パソコンの普及もあって、首の痛みを訴える人が増えています。 その最大の原因は、よくない姿勢を長時間続けることです。 パソコン作業をしている人の多くが、背中を丸め、顔を少し前につき出すような姿勢をしています(今のあなたの姿勢はどうですか?)。 この姿勢は、頚椎には不自然な状態です。 特に、アゴをつき出すと、首が後ろに反り、頚椎や首の筋肉を緊張させます。 パソコン作業にかぎらず、一般的なデスクワークや、テレビをみているときなども、同様のことがいえるので注意が必要です。 首の痛みの予防と改善の第一歩として、 背筋を伸ばし(背中をいすの背につける)、アゴを少し引く姿勢を心がけましょう(時々自分の姿勢を見直し、意識的に姿勢を整える習慣を身につける)。 また、長時間同じ姿勢を続けると、首の筋肉や頚椎に大きな負担となります。 30分に一度は席を立ち、次のような運動をします。 1 首を左右にゆっくり倒す(5秒くらいずつ交互に5回) 2 顔を左右にゆっくり向ける(首の筋が少し張る位置まで向ける。 5秒ずつ交互に5回) 3 肩を大きくゆっくり回す(前回しと後ろ回しを5回ずつ) 4 腕を上げてブルブルとふるわす(腕を下げてブルブルふるわす) 全部やっても3分程度なので、忙しいときにも合間をみつけてやりましょう。 からだを少し動かすだけで、血行がよくなり、疲労物質などがたまりにくくなります。 これらの 運動は首、肩、腕などをリラックスさせるためなので、力をいれず、ゆっくりやるのがコツです(急に強く動かすと、筋肉をいためることがあるので注意)。 ただし、首の痛みが強い場合には、いきなり運動をしないこと。 受診して鎮痛薬などを処方してもらい、その上で医師の指導のもとで運動を始めてください。 また、眼鏡の度が合っていないと、デスクワークのときに前かがみの姿勢になりがちです。 背筋を伸ばし、アゴを引いた姿勢で見やすいように、眼鏡の調整をしましょう。 痛みの発生メカニズムには、まだ不明の部分が多くあります。 ちょっと気になる首の障害 首の痛みのほかに、手足にしびれなどがある場合には、ちょっと注意が必要です。 頚椎に、次のような障害が起こっている可能性があります。 1 頚椎症(けいついしょう) 加齢などによって椎間板の柔軟性が低下すると、骨と骨の間のクッションが弱くなり、頚椎そのものに強い力がかかって変形を起こしやすくなります。 その結果、頚椎から腕へのびる神経が圧迫され、手や指のしびれ、感覚異常(感覚がない)、手が動きにくい、といった症状がみられます(神経根症状)。 また、脊髄が圧迫されると、脊髄は全身につながる神経の中心なので、あちこちにさまざまな症状が起こります(脊髄症状)。 典型的な症状として、手のしびれや麻痺(ボタンがかけにくい、字がきちんと書けない、はしが持ちにくいなど)、脚のしびれや麻痺(つまずきやすい、脚が動かしにくいなど)、排せつ障害(尿が出にくい、トイレが近い、便秘など)があります。 2 頚椎椎間板ヘルニア(けいついついかんばんヘルニア) 椎間板にはゼリー状の物質が詰まっていて、クッションの役割をしています。 加齢などよって頚椎の椎間板自体が変形した場合にも、神経や脊髄を圧迫すると、頚椎症と同様の症状を起こします。 1 の頚椎症は50歳以上の中高年に多くみられますが、 2 の椎間板ヘルニアは30~40歳代の比較的若い世代にも少なくありません。 1 と 2 は、首のこりや筋肉痛をのぞくと、首の障害で最も多くみられる症状です。 どちらも 放置していると悪化しやすく、痛みなども激しくなるので、早めに受診しましょう。 3 脊柱靱帯骨化症(せきちゅうじんたいこっかしょう) 脊柱(背骨)の骨どうしをつなぐ靱帯が厚くなり、骨化していく病気です。 受診して、どの部分の靱帯に障害が起きているかを検査し、適切な治療を受ける必要があります。 4 その他 肺炎などを起こしたあと、細菌が頚椎に感染すると、首の痛みや発熱などの症状を起こすことがあります。 この場合は、抗菌薬などで治療する必要があります。 また、頚椎にできた腫瘍によって、神経や脊髄が圧迫された場合も、首の痛みなどの症状が起こります。 首を動かさなくて痛みが続く場合には、早めに検査を受け、良性や悪性かを調べて適切な治療を受けることが大切です。 首の痛みの治療法には、大別すると次の3つがあります。 1 生活指導(初期段階) 医師の指導によって日常の生活習慣(姿勢や運動など)を改善し、予防する方法です。 2 保存療法(症状が少し進んだ段階) 鎮痛薬などで首の痛みを軽減しながら、悪化しないようにする治療法です。 牽引(首をひっぱる)、温熱(首周辺を温める)などの療法も含まれます。 3 手術療法(かなり進んだ段階) 1 と 2 の方法では改善されず、強い脊髄症状がみられる場合などには、手術を選択する方法もあります。 発症した場所や程度によって、手術の方法は異なります。 ただし頚椎の手術の場合、すべての症状を解消することは難しく、一部の症状が残るケースも少なくありません。 また、合併症を起こすこともあるので、リスクについても医師からよく話を聞いておくことが大切です。

次の