難読 漢字 クイズ。 植物の漢字

クイズ対策・・難読漢字テスト【た】行

難読 漢字 クイズ

ほかの意味にも使われます 薔薇 バラ 読めるけど書けないのです 秋桜 コスモス 百恵ちゃんで有名です 水芭蕉 ミズバショウ 尾瀬の水のほとりに夢見て咲いています 石楠花 シャクナゲ 尾瀬はこの色で黄昏れます 蒲公英 タンポポ 19 ジューク のラストシングル 椿 ツバキ よ・お・こ・そ・日本へ~ 彼岸花 ヒガンバナ 暑さ寒さも彼岸まで 酢橘 スダチ 卒業式を連想する響きです 白詰草 シロツメクサ 花が咲いたらさぁ行こうラスカル 鈴蘭 スズラン 別名「谷間の姫百合」とも 薇 ゼンマイ ネジ 百日紅 サルスベリ 猿という字は使わないのです 千日紅 センニチコウ こっちは普通に読むのです 山茶花 サザンカ の宿 蘆薈 アロエ でも、綺麗になりたいよね 阿列布 オリーブ 阿列布の首飾り 菫 スミレ パー子の正体 満天星 ドウダンツツジ 灯台に似ていることから「灯台躑躅」とも書きます 虎杖 イタドリ 若葉や茎は食べられるそうです 万年青 オモト 縁起物とされる観葉植物 蕨 ワラビ 埼玉の南部に 木天蓼 マタタビ ネコにとってのお酒的な 鬼灯・酸漿 ホオズキ 冷徹な鬼が主人公の漫画があります 木春菊 モクシュンギク マーガレットの別名ですって 菖蒲 ショウブ 端午の節句でこの湯に浸かります 雛罌粟 ヒナゲシ 項羽と劉邦の虞姫にまつわる「虞美人草」のこと 枳殻 カラタチ 柑橘系の実が成りますが、苦くて食べられません。 枳殻野道 蓬 ヨモギ 別名「餅草」。 美味しいお餅の原料となります 竜胆 リンドウ 厨二病を刺激しそうな名称です。 「疫病草 えやみぐさ 」とも 風信子 ヒヤシンス 許して風信子 柊 ヒイラギ 葉の縁の刺に触るとヒリヒリと痛むことから転じた名前 燕子花 カキツバタ 在原業平の歌によく出てきます 扁桃 アーモンド よくチョコの中に入っています 含羞草 オジギソウ 葉に触れたときの動きから 団栗 ドングリ お池にはまってさぁ大変 仙人掌 サボテン 別名「覇王樹」とも 梔子 クチナシ 名前の由来の一説は果実が熟しても割れないから 合歓木 ネムノキ 中国では夫婦円満の象徴とされています 蕺草 ドクダミ 苦いお茶のインパクトが強いです 咱夫藍 サフラン 香辛料の原料にもなり、この名が付くライスもあります 山椒 サンショウ うな重にふりかけます。 舌がピリピリしてきます 勿忘草 ワスレナグサ ちい、さな、あさーのひかーーーりは 木蓮 モクレン あいたくてぇ、あぁいたくてぇー 吾亦紅 ワレモコウ あなたに、あたなにぃー 七草 漢字 読み ヒント 芹 セリ 春の七草のひとつ。 競り合うように群生することから 薺 ナズナ 春の七草のひとつ。 ぺんぺん草や三味線草とも 御形 ゴギョウ 春の七草のひとつ。 母子草のこと 繁縷 ハコベ 春の七草のひとつ。 越年草やハコベラとも 仏の座 ホトケノザ 春の七草のひとつ。 小鬼田平子のこと 菘 スズナ 春の七草のひとつ。 蕪のこと 蘿蔔 スズシロ 春の七草のひとつ。 大根のこと 女郎花 オミナエシ 秋の七草のひとつ。 チメグサや敗醤とも 尾花 オバナ 秋の七草のひとつ。 薄のこと 桔梗 キキョウ 秋の七草のひとつ。 絶滅危惧種だそうな 撫子 ナデシコ 秋の七草のひとつ。 大和撫子 藤袴 フジバカマ 秋の七草のひとつ。 こちらは準絶滅危惧だそうな 葛 クズ 秋の七草のひとつ。 む~んらいっ 萩 ハギ 秋の七草のひとつ。 仙台銘菓「萩の月」は名菓です.

次の

クイズ対策・・難読漢字テスト【た】行

難読 漢字 クイズ

先日、某生放送でチャットしていて、 難読漢字の話になったんですよね。 「読めそうで読めない・・・っていうか、なにこの漢字!? 」と思ったことありませんか?例えばこんな漢字。 蝸牛・雨虎・翻車魚・孑孑 普段ほとんど目にすることはありませんが、『 読めそうで読めない漢字』や『 成り立ちが特殊な漢字』っていっぱいあります。 今回は、初級・中級・上級・超上級とレベル分けをして、難読漢字をクイズ問題形式で出したいと思います。 もちろん、上記の漢字も入っていますよ。 誠に勝手ながら、これを読んでしまったあなたへの挑戦状です! それぞれいくつ読めたのかアンケートを付けてみましたので、よければぜひポチッてください!(回答結果は随時溜まっていきますので、他の人がどれくらい読めたのか分かりますよ!クイズだと思って是非チャレンジしてみてください) 初級編 まずは初級編です!比較的目にすることも多い漢字をピックアップしてみました。 結構読める漢字も多いのではないでしょうか? 問題• 子守熊• 案山子• 百舌鳥 回答(解説と由来) 海星 読み ひとで 字の如く「海の中にある星の形をした生物」ということで「 ひとで」です。 これは比較的易しかったでしょうか。 心太 読み ところてん あのちゅるんとした喉越しの良い食べ物「 ところてん」です。 なぜこう書くかというと、俗に「 こころふと」と呼ばれていて、この漢字が当てられたようです。 非常に易しい漢字ですが、こんな読み方をするとはなかなか思わないですよね。 賽子 読み さいころ ギャンブル系の漫画が好きな方はわかる方多いですよね。 六面体の転がすやつ「 さいころ」です。 「 賽子」と書きます。 「 賽は投げられた」という言葉がありますが、「 賽」だけでサイコロの意味を成します。 それにコロという接尾語が付いたようです。 蝸牛 読み かたつむり 虫偏に咼(うずの意味も)、そして牛のような角があるので「 かたつむり」です。 食用かたつむりもありますよね。 美味しかったですが、あれは見た目が食欲をそそりませんでした(笑) 所謂 読み いわゆる 普通に日常的に使いますよね「 いわゆる」。 これは漢文の「 謂フ所ノ」から来ています。 似ているところで、「所有」を「あらゆる」と言いますね。 贔屓 読み ひいき 「 今後ともご贔屓に」とよく使われますね。 「 ひいき」は「 自分の気に入った者に目を掛け力を添えて助けること」を意味します。 中国の伝説上の生物である「贔屓」が語源で、「支えてその物に力を貸す」という意味で使われていることから、現在の使われ方になったようです。 熊猫 読み パンダ パンダを中国語で読むと「 熊猫」になるので、別名漢字として入れてみました。 ちなみに最後に「猫」と付いていますが、「ネコ科」ではありません。 「 哺乳綱ネコ目(食肉目)クマ科」なので、熊に分類されます。 紛らわしい…。 子守熊 読み コアラ 「 コアラ」の別名で「 子守熊」と書きます。 これも漢字の読みか?という点では、ちょっと違いますが、お気になさらず。 ちなみに、「熊」と書きますが「クマ科」ではなく「 コアラ科」です。 こちらも紛らわしい…。 案山子 読み かかし 田んぼとかによく立っているとされていますよね。 非常に手抜き感のある「 かかし」が想像できると思います。 もともとは、悪臭で鳥や獣を追い払っていたことから、「 嗅がし」と呼んでいたのが濁りが取れて「かかし」となったようです。 当て字のようです。 百舌鳥 読み もず 鳥の一種である「 もず」のことです。 漢字3文字なのに、読みは2文字という不思議な漢字です。 この名称は「モ」が鳴き声、『ズ』が鳥を表す接尾語とする説が有力です。 色々な鳥の音を真似ることから、この漢字が当てられたと考えられます。

次の

面白い漢字・超難読漢字クイズ問題10問!本当にこんな字ある!? | 高齢者のための役立ち情報ブログ〜3歩進んで2歩下がる〜

難読 漢字 クイズ

先日、某生放送でチャットしていて、 難読漢字の話になったんですよね。 「読めそうで読めない・・・っていうか、なにこの漢字!? 」と思ったことありませんか?例えばこんな漢字。 蝸牛・雨虎・翻車魚・孑孑 普段ほとんど目にすることはありませんが、『 読めそうで読めない漢字』や『 成り立ちが特殊な漢字』っていっぱいあります。 今回は、初級・中級・上級・超上級とレベル分けをして、難読漢字をクイズ問題形式で出したいと思います。 もちろん、上記の漢字も入っていますよ。 誠に勝手ながら、これを読んでしまったあなたへの挑戦状です! それぞれいくつ読めたのかアンケートを付けてみましたので、よければぜひポチッてください!(回答結果は随時溜まっていきますので、他の人がどれくらい読めたのか分かりますよ!クイズだと思って是非チャレンジしてみてください) 初級編 まずは初級編です!比較的目にすることも多い漢字をピックアップしてみました。 結構読める漢字も多いのではないでしょうか? 問題• 子守熊• 案山子• 百舌鳥 回答(解説と由来) 海星 読み ひとで 字の如く「海の中にある星の形をした生物」ということで「 ひとで」です。 これは比較的易しかったでしょうか。 心太 読み ところてん あのちゅるんとした喉越しの良い食べ物「 ところてん」です。 なぜこう書くかというと、俗に「 こころふと」と呼ばれていて、この漢字が当てられたようです。 非常に易しい漢字ですが、こんな読み方をするとはなかなか思わないですよね。 賽子 読み さいころ ギャンブル系の漫画が好きな方はわかる方多いですよね。 六面体の転がすやつ「 さいころ」です。 「 賽子」と書きます。 「 賽は投げられた」という言葉がありますが、「 賽」だけでサイコロの意味を成します。 それにコロという接尾語が付いたようです。 蝸牛 読み かたつむり 虫偏に咼(うずの意味も)、そして牛のような角があるので「 かたつむり」です。 食用かたつむりもありますよね。 美味しかったですが、あれは見た目が食欲をそそりませんでした(笑) 所謂 読み いわゆる 普通に日常的に使いますよね「 いわゆる」。 これは漢文の「 謂フ所ノ」から来ています。 似ているところで、「所有」を「あらゆる」と言いますね。 贔屓 読み ひいき 「 今後ともご贔屓に」とよく使われますね。 「 ひいき」は「 自分の気に入った者に目を掛け力を添えて助けること」を意味します。 中国の伝説上の生物である「贔屓」が語源で、「支えてその物に力を貸す」という意味で使われていることから、現在の使われ方になったようです。 熊猫 読み パンダ パンダを中国語で読むと「 熊猫」になるので、別名漢字として入れてみました。 ちなみに最後に「猫」と付いていますが、「ネコ科」ではありません。 「 哺乳綱ネコ目(食肉目)クマ科」なので、熊に分類されます。 紛らわしい…。 子守熊 読み コアラ 「 コアラ」の別名で「 子守熊」と書きます。 これも漢字の読みか?という点では、ちょっと違いますが、お気になさらず。 ちなみに、「熊」と書きますが「クマ科」ではなく「 コアラ科」です。 こちらも紛らわしい…。 案山子 読み かかし 田んぼとかによく立っているとされていますよね。 非常に手抜き感のある「 かかし」が想像できると思います。 もともとは、悪臭で鳥や獣を追い払っていたことから、「 嗅がし」と呼んでいたのが濁りが取れて「かかし」となったようです。 当て字のようです。 百舌鳥 読み もず 鳥の一種である「 もず」のことです。 漢字3文字なのに、読みは2文字という不思議な漢字です。 この名称は「モ」が鳴き声、『ズ』が鳥を表す接尾語とする説が有力です。 色々な鳥の音を真似ることから、この漢字が当てられたと考えられます。

次の