テニススライスサーブ。 スライスサーブの基本や打ち方 攻撃的に打つコツ

テニスサーブの3種類(フラット、スピン、スライス)の打ち方、特徴【動画有】

テニススライスサーブ

海外の動画をご紹介します。 この動画ひとつを何度もじっくり見ることによって、スライスサーブの正しいイメージを身につけることができます。 「飽きずにくりかえし見る」 これこそイメージトレーニングの秘訣です。 ナチュラルスピードで見ると、凡人プレーヤーの眼には、ラケットがボールの側面をこすりながら上から左下へと打ちおろされているように見えます。 ところがスローモーションで見ると、まったく違います。 振り上げられたラケットは45度左を向いた面でラケットをヒットすると、そのまま右前方に振りぬかれています。 そして脱力した腕とラケットが左下に降りてくる。 これが正しいイメージです。 ラケットがやや右前方に振られていることに注目してください。 「スライスサーブでは、ボールは左に傾いたラケット面に当たって左側に飛んでゆく」のです。 サービスエリア内にボールを入れるためには、やや右側に打つ感覚でちょうどいいのです。 45度ぐらいに傾けたラケットで、まっすぐにボールを打つ。 ボールの「横を打つ」などというイメージは捨てたほうがいいようです。 「傾けたラケットでまっすぐに前方に(あるいはやや右前方に)振りぬく」 これが正しいイメージなのです。

次の

トップスライスサーブの基本、打ち方のコツ

テニススライスサーブ

鋭いスライスサーブを打つために必須なプロネーション かすれたスライスサーブの原因は手首の力み スライスサーブを打つ時、ラケットの動きをどこでコントロールしていますか? もし『かすれたあたりになってしまう』方や、逆に『厚い当たりになってしまう』方は、手首の力でラケットを操作しています。 鋭いスライスサーブやキレのあるスライスサーブ、あるいは回転量を自在にコントロールしてスイングしていくためには、プロネーションの本質を理解していくことで、スイングが格段に改善していきます。 どこの力でプロネーションをしていますか? プロネーションの動きは手首の回内動作になるわけですが、 『どこの力でその動きを生み出すか』がポイントになります。 多くの方が、このプロネーションの動作を手首の力で操作してしまいます。 しかし、手首の力で操作すると、プロネーションが手首の力で生み出されることになります。 その結果、スイングから力強さとスムーズさがなくなり、そして手首の力みで操作しているので、スイング方向もうまくコントトロールできません。 プロネーションの動きの本質は 『手首の力を抜く』ことです。 手首の力を抜いた状態でプロネーションの動きを作り出すことで、鋭いスイングが可能になります。 そして、スライスサーブの場合も、このプロネーションの動きを行います。 インパクトでのラケットヘッドのスピードを最大化させることによって、鋭いスライスサーブやキレの有るサーブ、回転量を自在にコントロールしたスライスサーブを打つことができます。 プロネーションの動きの本質については下のリンク先で詳細に解説しています。 スライスサーブの理想的な動きとプロネーション 手先でラケットを振るとダメな理由 スライスサーブを最初に覚える時、なかなか右に振り抜いていくことが出来ず、腕の力や手先の力で右に振ってスライス回転を覚えた方もいらっしゃるかもしれません。 たしかにこのサーブでもスライスサーブを打っていくことはできますが、さらにレベルの高いスライスサーブを打っていくためにはスイング感覚を改善することが必須です。 サーブのスイングは身体が回る力を利用して腕を振り抜きます。 そして腕が振り抜かれる力をインパクトの瞬間に最大化するために必要なのがプロネーションの動きです。 プロネーションの動きによって鋭いスイングを生み出すことが可能になります。 しかし、スライスサーブを打つ時にスライス回転を手先でかけようとして手首や手先の力でラケットをコントロールしようとしてしまうと、せっかくラケットヘッドに生まれていた強い力が手先の力に変わってしまいます。 その結果かすれたあたりになったり、威力が出なくなったりしてしまいます。 サーブの基本スイングである身体が回る力を利用して腕を振り抜く方法については、下のリンク先で細かく解説しています。 スイング方向のコントロール方法 手先でラケットを操作せずに、どのようにスライスサーブのスイング方向をコントロールすればよいのでしょうか。 スライスサーブを打つためには、ボールに対して右に振り抜くようにスイングをすることで回転をかけていくことができます。 この時のポイントは、 『ラケットヘッドが自然に右方向に振り抜かれるようにしてあげる』 ことです。 ラケットの動きを制御するような感覚でコントロールするのではない、ということになります。 たとえば、サーブの素振りをしてプロネーションの動きをしたときに、ラケットヘッドが前に回っていくような動きだったとしましょう。 この時に正しい感覚でプロネーションができていれば、手首の力を入れなくてもラケットヘッドが自然に前に出ていきます。 この時に、ラケットヘッドが出ていく方向は、身体の向きやスタンスの向きによって決まっています。 最初の構えたスタンスと身体の向きによって、身体を回す方向が決まります。 それによって力が生み出される方向が決まるので、腕が振り抜かれる方向が決まります。 結果としてプロネーションによってラケットヘッドは勝手に前に振り抜かれる、ということになります。 では、このラケットヘッドの出ていく方向を右にするにはどうすればよいでしょうか? スタンスで少し右足を引き右前方向を向くように身体を回すと、右方向にヘッドが出るようになります。 ラケットヘッドが振り抜かれる方向は、構えた時の身体の向きと身体を回す方向によって決まります。 そのため、スライスサーブを打つ場合には、最初の身体の向きを調整し、身体を回す方向が右になるようにしましょう。 そうすることで、ラケットヘッドが自然に右に振り抜かれます。 ヘッドが回る方向を色々試す プロネーションとスライスサーブの関係性を理解したら、次はさらにレベルアップして色々な回転量や当たりの厚さでスライスサーブを打てるようにトライしてみましょう。 ラケットヘッドが自然に出ていく方向を、真右に振り抜かれるようにしたり、斜め右前に振り抜かれるようにしたりと振り抜く方向を試してみる気持ちでトライします。 真右に振り抜かれれば薄い当たりのスライスサーブに、前方向に出るようにすれば徐々にフラットに近い厚い当たりのスライスサーブになっていきます。 打ち終わった後のラケットヘッドの位置や方向を確認しながら試して、スイング方向と回転量の関係を覚えていきましょう。 この時に大切なのは、『試す気持ち』で取組みましょう。 空振りをしたり、フレームショットをするくらいオーバーに試していただくことがポイントです。 そして、スイング方向を色々と試すためには、思い通りの場所にトスが上る必要があります。 トスがずれてしまうと、スイングをしたい方向に振ることができません。 トスの上げ方については下のリンク先で細かく解説しています。 スタミナをつけ、疲れづらい体を手に入れるために スタミナをつけ、疲れづらいからだを作るために、あなたはどんなことを気をつけたりケアをしていますでしょうか? もちろん運動前にストレッチをしたり、といったことも重要です。 ですが、普段から『疲れづらいからだ』を作っておくことがとても大切で、そのためには普段の食事や栄養という部分もとても大事なポイントになります。 実は日本ではまだあまり知られていないのですが、海外でトップクラスの栄養補助食品があります。 WTA(世界の女子プロテニスを統括する団体)の公式サプリメントであり、2018年の全豪オープンで優勝したキャロライン・ウォズニアッキ選手も愛用しているサプリメントです。 まだ周りの人が知らないこのサプリメントで、あなたもひそかに『疲れづらい体』と『スタミナ』を手に入れませんか?ご興味のある方は下の画像をクリックしてください。

次の

高速スライスサーブの打ち方のコツはプロネーションを使えるか否か?

テニススライスサーブ

スライスサーブ、特徴は? 何となく、返せそう? これ、危ない魔法なんですよね。 何となく、リターンは簡単そうに思えてしまうじゃないですか。 スピンやフラットの速いサーブよりも、何となく返せそう。 これがまず、間違いです。 スライスサーブは、実に厄介。 その特徴から、しっかり把握しておきましょう。 打点は低くなる スライスサーブは、コートにバウンドした後に横に滑っていくサーブ。 厄介なのは、打点が上げ辛いことなんですよね。 リターンでネットより低い位置で打たされると、それを持ち上げようとしてアウトが増える。 かといって、直線的に強打すればネットにかかる。 リターンミスが増えてしまうのは、打点が低くなってしまうからなんです。 滞空時間が長い これも、実に厄介です。 回転量が多いスライスサーブは滞空時間が長いので、相手の前衛が動きやすい。 サーブ&ボレーで前にも出て来やすい。 こういう相手の動きに、リターン側がプレッシャーを感じやすい、というのも大きな特徴です。 遅いけど、回転量が多い。 だからこそ、しっかりその対策が必要ですね。 リターンでコントロールするコツ 1.バウンド地点に近付く 前に踏み込む、だけだと足りない。 しっかり、サーブがバウンドする地点に近付くくらいの意識が大事、です。 そうすれば、変化が小さい時点でボールを捕らえることが出来るし、打点も高く出来る。 それに、メンタル的にも向かっていく感じで吹っ切れますからね。 2.スライスリターンを混ぜる スライスにはスライスで、はテニスの基本。 相手のスライスサーブ、実はスライスだと返しやすいですよ。 ロブも使えるし、ドロップリターンも使える。 いや、狙っていなくても自然と浅くなったりして、良い感じになるんです。 スライスサーブにはスライスリターン、覚えておいて損は無いです。 3.ワイドで張って待つ これ、私が一番意識しています。 スライスサーブ、曲がる方向は決まっている。 だったら、その曲がる先を予測する。 ワイドに来る、と考えてリターンのポジションを調整します。 最初から、ではなく相手がトスアップしてからサッと移す感じ。 でも、前に入る大前提は忘れずに、ですね。 4.リターンのコースは決めておく スライスサーブは、意外と打つまでに時間がある。 滞空時間が長いですからね。 リターンを打つコースを決めれておいて、迷わないこと。 少しでも迷ったり、誘惑を感じるとミスになります。 しっかり良いリターンを打って、そこで相手の前衛に捕まったらしょうがない、粘るだけ。 リターンで迷いがある時点で、スライスサーブには苦戦するはずです。 5.大好物になる スライスサーブを、大好物になりましょう。 嫌らしいサーブ? いや、自分がリターンで大好きなサーブになれば良いんです。 試合に出れば、もう8割はスライスサーブ。 だったら、意識を変えてコツを磨いて、スライスサーブキラーになれば良い。 お勧めの練習法 フォアハンドスライスリターンを打ってみる これ、ほとんど打つ人はいないと思います。 フォアハンドで、スライスでリターンして前に出る。 試合で、すごく有効です。 相手の前衛も出辛いし、良いスライスで相手を追い込んで並行陣が取れる。 男性の方でも、ミックスダブルスとかで非常に使えるテクニック。 スライスサーブとの相性も、バッチリです! ロブリターンを磨く 男性のみなさん、やりましょう。 練習した人から、スライスサーブを返せるようになる、自信が生まれる。 特に、厳しいワイドに入ったスライスサーブは、もうロブでしか返せないような場面だってありますからね。 攻撃的に、リターンダッシュ! 相手のスライスサーブ、これは攻めるんだと。 自分の中で恰好のリターンダッシュの対象、にしてしまいましょう。 普段の練習から、甘いスライスサーブは許さない、というプレッシャーをかけること。 相手にも、自分にも。 意識出来れば、試合の現場で強くなりますから。 攻撃的に、だけど確実に。 スライスサーブの魔法にかからないで、いかに試合で攻略していくのか。 コツは簡単なこと、ですがあとは自分でどう組み合わせるか、でしょう。 草トーは、スライスサーブの名手ばかり。 ぜひ、負けないように頑張っていきましょう!.

次の