武漢 パンデミック。 武漢コロナウイルス、最初の感染は誰?で、どこ?。911アタックと同じく災害演習設定にして武漢軍事オリンピックで播く計画だった。今回のパンデミックはざくっと言えば、中国の体制の主導権争いにアメリカ欧州の巨大薬事利権がからんだ、というのがファクト。

パンデミック

武漢 パンデミック

世界保健機関(WHO)は4日、中国から20か国以上に拡大した新型コロナウイルスの感染について、現時点では「パンデミック(世界的な大流行)」とみなすには至っていないとの見解を示した。 WHOの感染症専門家シルビー・ブリアン(Sylvie Briand)氏はスイス・ジュネーブで報道陣に対し、「現時点では、われわれはパンデミックにはない」と述べた。 引用:AFPBB NEWS パンデミックでないからどうとかいう問題ではなく、パンデミックでないならパンデミックにならないためには何をするべきかを指示するのがWHOの役目ではないでしょうか?現状のWHOの見解や対策は全く信用できません。 ところでパンデミックの基準ってあるのでしょうか?パンデミックの意味自体は、ある感染症が国中あるいは世界中で流行することを指します。 また流行するだけでなく、その感染により、多くの人に障害が生じたり、死亡被害が著しい状況を指します。 言わんとすることは理解できますよね。 今回の新型コロナウイルス肺炎については、少なくとも中国では全国に広がりを見せており、SARSを超える死者も出ているためパンデミックを起こしていると言えるのではないでしょうか?中国共産党は認めないと思いますが・・・。 新型インフルエンザを想定した分類になりますが、6つの段階は次の通りです。• 前パンデミック期(Inter-Pandemic Period):フェイズ 1-2• パンデミック・アラート期(Pandemic Alert Period):フェイズ 3-4-5• パンデミック期(Pandemic Period):フェイズ 6 WHOによるパンデミック・インフルエンザの6つの分類(2005年版) フェーズ1 (前パンデミック期) ヒトから新しい亜型のインフルエンザは検出されていないが、ヒトへ感染する可能性を持つ型のウイルスを動物に検出 。 このフェーズでの対策の目標:世界、国家、州、県、都道府県、コミューン、市区町村のそれぞれのレベルで、パンデミック対策を強化する 。 フェーズ2 (前パンデミック期) ヒトから新しい亜型のインフルエンザは検出されていないが、動物からヒトへ感染するリスクが高いウイルスが検出 このフェーズでの対策の目標:ヒトの感染拡大のリスクを減少させ、仮にヒト感染が起きたとしたら、迅速な検知、報告が行われる体制を整備する 。 フェーズ3(パンデミックアラート期) ヒトへの新しい亜型のインフルエンザ感染が確認されているが、ヒトからヒトへの感染は基本的に無い 。 このフェーズでの対策の目標: 新型ウイルスを迅速に検査診断し、報告し、次の患者発生に備える 。 フェーズ4 (パンデミックアラート期) ヒトからヒトへの新しい亜型のインフルエンザ感染が確認されているが、感染集団は小さく限られている 。 このフェーズでの対策の目標:隔離をはじめとした物理的な封じ込め対策を積極的に導入し、ワクチンの開発と接種などを事前に計画し、準備した感染症対策の実施に必要な時間的猶予を確保するために、最大限努める 。 フェーズ5 (パンデミックアラート期) ヒトからヒトへの新しい亜型のインフルエンザ感染が確認され、パンデミック発生のリスクが大きな、より大きな集団発生がみられる。 このフェーズでの対策の目標:フェーズ4での目標と同じ フェーズ6(パンデミック期) パンデミックが発生し、一般社会で急速に感染が拡大している。 引用:厚生労働省ホームページ WHOは中国への渡航制限は必要ないとのことですので、WHOの判断ではフェーズ3?。 ヒトヒト感染が確認されているので少なくともフェーズ4ですよね。 やっぱりWHOの言っていることやっていることに一貫性がありません。 WHOの現状の認識を問うことのできる権威はいないのでしょうか?お粗末という以外にコメントがありません。 こんにちは、比呂介といいます。 このブログは、子育てにおける父親ならでは役目とはなんだ?と考えた結果の産物です。 主には子供とのコミュニケーションと社会教育を目的にニュースの疑問点を勉強した内容と、子供と楽しむために始めたアウトドアについてまとめています。 子供とのコミュニケーションのためにたまに芸能関係の軽いニュースも扱ってます。 私の職業は、会社員であり内科医でもあります。 病院勤務と並行して、会社では薬剤にまつわる情報を管理しています。 ニュースの疑問点については、職業柄、専門馬鹿になってしまうことを防ぐ目的もあり、分野にこだわることなく、四方にアンテナを向けています。 結果として様々な分野の知識が子供と一緒に蓄積できるよう作っていきたいと思います。 アドバイスやコメントあれば、お問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。 最近の投稿• カテゴリー• 最近のコメント• に 比呂介 より• に だいやさん より• に より• に 比呂介 より• に おけー より 当サイトについて• メタ情報• アーカイブ•

次の

武漢コロナウイルス、最初の感染は誰?で、どこ?。911アタックと同じく災害演習設定にして武漢軍事オリンピックで播く計画だった。今回のパンデミックはざくっと言えば、中国の体制の主導権争いにアメリカ欧州の巨大薬事利権がからんだ、というのがファクト。

武漢 パンデミック

感染者数・死者数は日々増加。 各国は国境封鎖・都市封鎖で挑んでいる。 世界経済も停滞し、国内の生産を停止する国が増加。 サービス業・観光業・宿泊業・風俗業は停止。 これで職を失う者が激増し、社会不安は日々増大している。 再就職したくても企業活動が停止している。 武漢ウイルス(COVID-19)パンデミックで、活動を続ける企業は減少傾向。 外出すれば武漢ウイルス(COVID-19)に感染する可能性があるから、多くの人は自宅に引き篭もるしかない。 だが自宅の食糧備蓄が尽きれば生きることは不可能。 さらに食料品店の食糧が尽きたら買うことも出来ない。 そうなれば、世界各地で暴動が発生する可能性が高まる。 アメリカでは治安悪化を想定し、銃・弾丸が売れている。 しかも中国系アメリカ人はヘイトクライムを警戒し武装する者もいる。 アメリカの社会的対立は、中国発の武漢ウイルス(COVID-19)を原因に衝突が発生するだろう。 ヨーロッパは安易に移民・難民を受け入れた。 人道的立場から受け入れることは良いことだが、受入国の住民と移民・難民が対立するケースが増大。 そんな時に武漢ウイルス(COVID-19)パンデミック。 フランス 男が刃物で通行人ら襲い2人死亡 テロの疑いで捜査 フランスで難民男性が刃物で通行人を襲撃。 これは受入国の宗教を認めない逆ギレと言える。 ヨーロッパ各国は、移民・難民を安易に受け入れすぎた。 古代ギリシャ世界の経験を無視したことで、今回の様な問題を生み出している。 都市国家で生きる市民は政治的発言権を持ち、義務と権利の関係で生きていた。 それに対して大衆は、己の利益追求。 利益が得られるなら都市国家を渡り歩いた。 さらに都市国家に対し、大衆の地位向上と権利を要求。 ゲマインシャフト:地縁・血縁の共同体。 市民 ゲゼルシャフト :金銭関係の共同体。 大衆 個人主義:制限の範囲内の自由・自我 利己主義:無制限の自由・自愛 市民は都市国家と義務と権利の関係で生きるから、利己主義の大衆は権利を追求。 市民から見れば都市国家から利益を奪う存在なので嫌った。 だが大衆の一部に都市国家に定住する者が出る。 都市国家が戦争になると、大衆の一部が募集に応じて戦争に参加した。 戦争に参加した大衆は義務を果たしたと見なされ、戦後に政治的な発言権を与えられた。 これで大衆は市民になった。 今の市民権のルーツは、古代ギリシャ世界から始まっている。 だがそれは、条件を満たした場合。 ヨーロッパの失敗は、古代ギリシャ世界から続く経験を無視したことに原因がある。 日本に帰化した石平様、帰化準備中の孫向文様は、条件を満たしている。 移民の区分 受け入れ国の人間になる移民:原則的に現地政府に従う 植民地としての移民 :原則的に移民自治 現地政府・原住民無視 移民とは受け入れ国の人間になることであり、受入国の伝統・文化・言語・歴史・価値観を受け入れ、次世代に受け渡す使命を持つ。 忠誠を誓うのは国家であり、政治家に対してではない。 何故なら政治家は政権交代するので、政治家に忠誠を誓えば独裁になる。 国民は国家に対して義務を果たし、国家から権利が与えられる。 日本でも弾圧から逃れたウイグル人が生活しているが、彼らは日本の伝統・文化・言語・歴史・価値観を受け入れている。 ウイグル人は難民と言えるが、受入国を肯定しているので問題無し。 日本はウイグル人・チベット人の様に、受入国を肯定するなら積極的に保護すれば良い。 ヨーロッパは無制限に受け入れたから問題が発生した。 受入国の文化・宗教を否定し、さらに現地政府も無視。 移民・難民で独自の自治体を形成して生きている。 これは植民地としての移民に該当し、受入国を乗っ取る行為。 だからヨーロッパ各地で、現地民と移民・難民が対立する。 受入国を否定し独自の自治体を形成するなら、武漢ウイルス(COVID-19)パンデミック我慢などしない。 現地政府が国民に一致団結を呼びかけても、移民・難民は拒絶する。 むしろ、自分たちの利益を優先する。 移民・難民は、自国を捨てて豊かな生活を求めている。 これは古代ギリシャ世界の大衆であり、本質は都市国家と変わらない。 己の利益追求が目的だから、欲しい物は奪ってでも手に入れる考え方。 利己主義は己の自愛だから、行き着く先は社会破壊。 これは暴動を回避できないことを意味している。 ならば日本は、不法移民や日本の伝統・文化・風習・歴史を否定する外国人を強制送還すべき。 これは差別ではなく区別。 不法移民ならば強制送還するのは当然。 日本が嫌いなら祖国へ帰れば良い。 それでも日本で生活する理由は、日本の破壊か利益を奪うことが目的。 暴動回避から見れば、日本を否定する外国人を強制送還すべきなのだ。 だが外国の暴動には対応できない。 世界同時に暴動が発生すれば、日本は外国との貿易が停止すると想定すべき。 ならば日本国内で、食糧の調達とリサイクルで工業製品を生産しなければならない。 現在の強国はアメリカだが、全てがリセットされる可能性がある。 それは既存の強国・弱国が同じスタートラインに立たされ、改めてスタートするのだ。 感染者数・死者数で国力が変化する。 パンデミック・暴動で国力が変化する。 終息後に新たな平和と覇権構造が作られたなら、損害が少ない国が強国になれる。 ならば日本は、古代から続く経験則を用いて生き残れ。

次の

パンデミックの基準は何?新型武漢肺炎のWHOの見解について。

武漢 パンデミック

世界保健機関(WHO)は4日、中国から20か国以上に拡大した新型コロナウイルスの感染について、現時点では「パンデミック(世界的な大流行)」とみなすには至っていないとの見解を示した。 WHOの感染症専門家シルビー・ブリアン(Sylvie Briand)氏はスイス・ジュネーブで報道陣に対し、「現時点では、われわれはパンデミックにはない」と述べた。 引用:AFPBB NEWS パンデミックでないからどうとかいう問題ではなく、パンデミックでないならパンデミックにならないためには何をするべきかを指示するのがWHOの役目ではないでしょうか?現状のWHOの見解や対策は全く信用できません。 ところでパンデミックの基準ってあるのでしょうか?パンデミックの意味自体は、ある感染症が国中あるいは世界中で流行することを指します。 また流行するだけでなく、その感染により、多くの人に障害が生じたり、死亡被害が著しい状況を指します。 言わんとすることは理解できますよね。 今回の新型コロナウイルス肺炎については、少なくとも中国では全国に広がりを見せており、SARSを超える死者も出ているためパンデミックを起こしていると言えるのではないでしょうか?中国共産党は認めないと思いますが・・・。 新型インフルエンザを想定した分類になりますが、6つの段階は次の通りです。• 前パンデミック期(Inter-Pandemic Period):フェイズ 1-2• パンデミック・アラート期(Pandemic Alert Period):フェイズ 3-4-5• パンデミック期(Pandemic Period):フェイズ 6 WHOによるパンデミック・インフルエンザの6つの分類(2005年版) フェーズ1 (前パンデミック期) ヒトから新しい亜型のインフルエンザは検出されていないが、ヒトへ感染する可能性を持つ型のウイルスを動物に検出 。 このフェーズでの対策の目標:世界、国家、州、県、都道府県、コミューン、市区町村のそれぞれのレベルで、パンデミック対策を強化する 。 フェーズ2 (前パンデミック期) ヒトから新しい亜型のインフルエンザは検出されていないが、動物からヒトへ感染するリスクが高いウイルスが検出 このフェーズでの対策の目標:ヒトの感染拡大のリスクを減少させ、仮にヒト感染が起きたとしたら、迅速な検知、報告が行われる体制を整備する 。 フェーズ3(パンデミックアラート期) ヒトへの新しい亜型のインフルエンザ感染が確認されているが、ヒトからヒトへの感染は基本的に無い 。 このフェーズでの対策の目標: 新型ウイルスを迅速に検査診断し、報告し、次の患者発生に備える 。 フェーズ4 (パンデミックアラート期) ヒトからヒトへの新しい亜型のインフルエンザ感染が確認されているが、感染集団は小さく限られている 。 このフェーズでの対策の目標:隔離をはじめとした物理的な封じ込め対策を積極的に導入し、ワクチンの開発と接種などを事前に計画し、準備した感染症対策の実施に必要な時間的猶予を確保するために、最大限努める 。 フェーズ5 (パンデミックアラート期) ヒトからヒトへの新しい亜型のインフルエンザ感染が確認され、パンデミック発生のリスクが大きな、より大きな集団発生がみられる。 このフェーズでの対策の目標:フェーズ4での目標と同じ フェーズ6(パンデミック期) パンデミックが発生し、一般社会で急速に感染が拡大している。 引用:厚生労働省ホームページ WHOは中国への渡航制限は必要ないとのことですので、WHOの判断ではフェーズ3?。 ヒトヒト感染が確認されているので少なくともフェーズ4ですよね。 やっぱりWHOの言っていることやっていることに一貫性がありません。 WHOの現状の認識を問うことのできる権威はいないのでしょうか?お粗末という以外にコメントがありません。 こんにちは、比呂介といいます。 このブログは、子育てにおける父親ならでは役目とはなんだ?と考えた結果の産物です。 主には子供とのコミュニケーションと社会教育を目的にニュースの疑問点を勉強した内容と、子供と楽しむために始めたアウトドアについてまとめています。 子供とのコミュニケーションのためにたまに芸能関係の軽いニュースも扱ってます。 私の職業は、会社員であり内科医でもあります。 病院勤務と並行して、会社では薬剤にまつわる情報を管理しています。 ニュースの疑問点については、職業柄、専門馬鹿になってしまうことを防ぐ目的もあり、分野にこだわることなく、四方にアンテナを向けています。 結果として様々な分野の知識が子供と一緒に蓄積できるよう作っていきたいと思います。 アドバイスやコメントあれば、お問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。 最近の投稿• カテゴリー• 最近のコメント• に 比呂介 より• に だいやさん より• に より• に 比呂介 より• に おけー より 当サイトについて• メタ情報• アーカイブ•

次の