引っ越し 業者 不 用品 回収。 引越しの不用品・粗大ゴミを処分する6つの方法|引越し見積りサイト【引越し侍】

引越しゴミは不用品回収業者へ!料金相場を一挙公開|100円引越しセンター

引っ越し 業者 不 用品 回収

不用品を処分する7つの方法 引越しで出る不用品は様々ですが、処分方法に関してもいくつかのやり方があります。 ここでは7つの処分方法をピックアップしてみました。 不用品回収業業者に引き取ってもらう• 買取専門店に売る・一括査定を利用する• 引越し業者に依頼する• リサイクルショップで売る• ネットオークション・フリマアプリ・掲示板を活用する• 自治体の粗大ゴミ回収を利用する• 友人に譲る・寄付する では、ひとつずつ解説していきます。 不用品回収業者に依頼する 自宅まで不用品を引き取りに来てくれるサービスです。 自治体に依頼する場合と比較し、日程の都合や回収場所への運び出しも必要ないため手間がかかりません。 料金相場を要チェック 不用品回収業者は、出張費や車両費が含まれる基本料金や処理費用、別途オプションなどがかかる場合があります。 基本料金の相場は3,000円~5,000円くらいが多く、その他の料金相場は業者により異なります。 依頼する前にいくらかかるのか、必ず確認しておきましょう。 一括見積りで回収料金を比較検討! 「エコノバ」のような優良不用品回収業者の一括見積サイトを利用すれば、料金はいくらかかるのか、どんな業者・サービスなのかを一回の申し込みで複数の業者からもらうことができます。 利用することで上記で紹介したような不透明な部分の心配をすることなく、安心で信頼できる業者に依頼することができるためおすすめです。 不用品回収サービスのおすすめ業者も紹介 当日出張見積もり・即日回収OKの不用品回収サービスを行っています。 上記で紹介した基本料金や出張費用がかからない点が特徴で、わかりやすいパック料金体系となっています。 対応地域は関東1都3県 東京・神奈川・千葉・埼玉 となっています。 悪質な回収業者には注意 チラシを配り、格安の不用品回収を謳いながら車で巡回し、処分を依頼したお客様に対して高額な料金を請求するケースが発生しています。 このようにがなされているため、依頼する前に注意が必要です。 買取専門店に売る・一括査定を利用する 買取サービスに特化した買取専門店に不用品を売る方法もあります。 まだ価値がありそうな物は買取査定に出してみましょう。 ウェブと電話から無料査定ができる場合が多く、引越し当日に合わせた出張買取にも対応できます。 「 楽に処分したいけど買取価格にもこだわりたい!」といった方におすすめします。 買取専門店・一括査定サービスの紹介 利用者100万人突破、買取対象品目10万点以上の総合買取サービス。 ウェブと電話で毎日無料査定を受付中で、全国どこからでも利用できます。 全国のリサイクルショップショップに向けて、自身の売りたい物を一括で査定できる買取サービスです。 各ショップから見積もりが提示されるので、いちばん高く買い取ってくれるところがすぐに見つかります。 もちろん、利用料はかかりません。 買取屋さんグループは、全国25店舗を展開し出張買取を行っています。 プロの査定で安心して査定に出すことができ、店舗の近隣電話をしてから最短30分で出張買取ができるという、スピーディーな流れです。 幅広買取品目があるため、まとめてリサイクルしたいという人におすすめできます。 リユース品の買取・購入がまとめてできるECサービス。 家電や楽器など各買取対象カテゴリページでは、実際に買取した商品が一覧で表示され、状態や買取価格がチェックできるようになっています。 タレントのDAIGOさんを起用したCMが話題の買取専門店です。 簡単3ステップで不用品を売却できます。 いらない物の買取についてはこちらの関連記事もおすすめです。 運送会社の不用品買取サービスも ヤマトホームコンビニエンスが実施しているがあります。 引越しと同時に実施するため、廃棄やリサイクル手配、保管場所の確保といった面倒な手続きが不要になり、主に家具、家電の買取に対応しています。 引越し業者に依頼する 引越し業者により、不用品の引き取りサービスも行っている場合があります。 引越しと同時に処分も行えるため、手間がかからずおすすめです。 不用品引き取りだけの依頼も可能です。 サービスをいくつかチェックしてみましょう。 そして、近いうちに引越しを行う方は各業者の料金をしっかり比較検討できる一括見積もりサービスも合わせて確認してみてください。 不用品処分・引き取りサービスに対応している引越し業者 引越しサービスとは別に不用品買取サービスを提供。 ホームページか電話で申し込みが可能です。 引越しを申し込むと一緒に不用品を無料で引き取ってもらえます。 大手リサイクル会社と提携し引越しと一緒に引き取りと回収を行ってくれます。 引越し料金を一括見積もりできるおすすめサービス 全国200社以上の引越し業者と提携しているネット見積もりサービスです。 業者の引越し料金を簡単に比較することができます。 おすすめの引越し業者をもっと知りたい方はこちらの記事がおすすめです。 リサイクルショップで売る 一番に思い浮かぶ処分方法として、リサイクルショップに持ち込んで売るという方が多いのではないでしょうか。 ジャンル問わず まとめて売却できる点がメリット 一部、買取ができない品目がある場合もあります。 で、引越しまでに一気に片付けたい時におすすめです。 不用品として売った物はリサイクルされ、次の方の手に渡るため軽く掃除をして綺麗にしておきましょう。 最近では持ち込みの他にも宅配買取や出張買取といったサービスも利用できるため便利です。 有名なリサイクルショップといえばココ 日本全国に展開する誰もが知っているリサイクルショップです。 家具、家電、カメラ、パソコンなど取り扱い品目も豊富。 店頭持ち込みの他に出張買取、宅配買取も受付していいます。 総合リサイクルショップとして洋服、古着、ブランド品を含めたあらゆる不用品の買取に対応しています。 また、ジャンル特化型のトレファクスポーツ 中古スポーツ用品の買取・販売 を行うサービスも展開しています。 レンタルビデオで有名なゲオが運営するリサイクルショップです。 WEB買取 宅配 なら不用になった洋服やアクセサリーを詰めて送るだけで査定をしてくれます。 ネットオークション・フリマアプリ・掲示板を活用する すでに一般的になっているネットオークション、近年利用者が急増したフリマアプリを活用して不用品を売る方法があります。 自身で売却金額を設定できるので、納得いく金額で手放すことができる点が最大のメリットです。 しかし、洋服や小物を大量に売りたい場合など、一点ずつの写真撮影や商品説明、発送の手間がどうしてもかかってしまいます。 また、ジモティーといった地域掲示板を活用して不用品を譲るという手段もあります。 「中古あげます・譲ります」といった掲示板が立ち上がっており、同じ地域に住んでいるユーザーとやりとりを行い不用品を取引します。 活発にやりとりが行われていますが、個人間のトラブルなどに気をつけたいところです。 代表的なサービス ヤフーが運営する日本最大級のオークションサイトです。 ありとあらゆるジャンルの商品が出品されているため、いらなくなった物を売るには最適です。 CMでも話題のフリマアプリです。 スマホカメラで商品を撮影して出品するだけの簡単作業で利用者急増中のサービスです。 地元の掲示板として不用品の譲り合いや、犬、猫の里親募集など地域ユーザーに密着したサービスです。 自治体の粗大ごみ回収サービスを利用して処分 住んでいる地域の自治体のルールに則り、不用品を処分する方法です。 各地方自治体によりルールが異なるため、ホームページ等で確認してみましょう。 また、粗大ごみの回収は基本的には有料です。 一般的な粗大ごみ対象ルールと品目 粗大ごみの対象となるものは、各地域によりこのような条件・品目が定められています。 最も長い部分が30cm以上を超えるもの 東京都の場合• 家具 タンス、ソファ、テーブル 、自転車、楽器、ガスコンロなど 地域によっては50cm以上としているところもあります。 なお、家電リサイクル法対象の品目 テレビ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機など 、パソコン、バッテリーやタイヤ、ガソリンなどは自治体の粗大ごみとして回収はできません。 それぞれ適切な方法で処分するようにしましょう。 参考までに、世田谷区の粗大ごみルールの記事を読んでみてください。 出し方・回収の流れ 粗大ゴミの出し方と回収の流れは以下のような形です。 出したいものが粗大ごみに該当するか確認する• 各自治体の粗大ごみ受付センターに電話かメールで回収を依頼し、回収日と回収場所とを決める• 有料粗大ごみ処理件を購入 コンビニ等で購入可能 し、粗大ごみに貼る• 回収日になったら指定の回収場所に出しておく どんなに重いものでも、 自宅までは引き取りに来てくれないので注意が必要です。 また、盗難を防ぐという意味でも必ず回収日の朝に出すようにしましょう。 友人にあげる・寄付をする 友人や知人で欲しいという方がいる場合はあげることもできます。 タンスのような重たいものは持ち運びが大変なので、ヤマト運輸のらくらく家財便といったプロのサービスを利用することをおすすめします。 また、寄付をするという方法もあります。 洋服など、必要としている人へ提供することで社会貢献が可能です。 このような活動を支援しているサービスもあります。 いらなくなった衣料品等の寄付を受け付け、福祉施設や海外NGOへ寄贈する取り組みを行っています。 ここまでのまとめ 各不用品処分サービスの特徴比較 引越しで出る不要品の処分方法を7つ解説してきました。 改めて各処分方法の特徴を比較表でまとめてチェックしてみましょう。 それぞれ特色がありますが、処分したいものや手間、処分料金・買取代金発生の有無などご自身に合った方法を賢く選んで効率よく処分していくことが大切です。 処分方法 特徴 1. 買取専門店に売る 専門店のため相場を加味した適正査定が期待できる。 買取価格にこだわりたい方におすすめ 2. リサイクルショップで売る ジャンル問わずまとめて売れる 3. オークション・フリマアプリ・掲示板を活用する 自身で売却金額を設定し納得いく金額で売れる。 個人間トラブルには注意 4. 不用品回収業者に引き取ってもらう 自宅まで引き取りに来てくれるなど、自治体に依頼するよりも手間がかからない 5. 自治体の回収サービスを利用する 一定料金を支払い、定められた方法で確実に回収してもらえる 6. 友人にあげる・寄付する 費用がかからず譲れる。 社会貢献ができる 7. 引越し業者に依頼する 引越しと同時に処分が可能。 手間がかからない 引越し時に処分されることが多い品目の処分費用相場 引越し侍のデータによると、ベッドや冷蔵庫、洗濯機といったよく処分される品目の処分費用相場は自治体・回収業者別で以下の金額が目安とされています。 あまり触れることがない不用品の処分にかかるおおよその費用がわかりやすくまとめてあるため、確認することをおすすめします。 品目 自治体での処分費用目安 回収業者での処分費用目安 ベッド 1,000円~1,800円 3,675円~5,250円 タンス 300円~2,500円 3,000円~ ソファー 1,800円 2,000円~ テーブル 300円~1,000円 3,150円~7,350円 冷蔵庫 3,400円~5,590円 4,200円~10,500円 洗濯機 2,300円~2,400円 3,675円~5,775円 テレビ 1,700円~3,048円 3,150円~7,875円 エアコン 1,300円~9,000円 3,150円~5,775円 出典: その他の引越しタイミングで片付けることが多い物 上記の相場に掲載した物以外にも、整理して引越し先に持ち込むものと処分するものが出てくる品目を見ていきましょう。 食器類 日常的に使用する食器は引越しのタイミングであまり使っていないものは処分する方が多いのではないでしょうか。 また、ブランドもので高価だか滅多に使わないお皿などの扱いに困ることも。 そのまま捨てて片付けることも可能ですが、食器買取専門サービスに売却してみるという選択肢もあります。 思わぬ値段が付く場合があり、捨てるよりもお得になる可能性もあります。 食器買取については下の記事で詳しく解説していますのでご覧ください。 引っ越すタイミングで家電のレンタル始めてみませんか? 近年、新生活が始まるタイミングで家電製品を長期レンタルするという需要が高まっています。 年間単位で冷蔵庫・洗濯機・電子レンジ・テレビといった生活家電をまとめて借りてお得に賢く活用する方法です。 学生であれば在学中の期間だけ借りる、転勤が多く各地を転々とする方は、期間レンタルの方が費用や手間を考えると購入し所持するよりも楽ちんといったメリットがありおすすめです。 ReReレンタルは一人暮らし家電セットのレンタルを行っており、1日当たり123円~利用でき全国各地への配送にも対応しています。 冷蔵庫や洗濯機の搬入および設置も無料のため女性の方でも安心です。 レンタルできる家電はすべて国内メーカーという点もポイントです。 買うのではなく借りるという新しい選択肢を引越しをするタイミングで検討してみてはいかがでしょうか。 参考: まとめ 不用品の処分は引越しするときに必ずといっていいほどやらなければなりませんが、自分に合ったやり方や、サービスを理解し選ぶことで、効率よくかつお得に処分することが可能です。 処分方法を知っているのと知らないとでは労力やかかる費用に雲泥の差が出ることが考えられます。 気持ちよく引越しを済ませるためにも余裕を持って行動し、気持ちの良い新生活を迎えましょう。

次の

【クロネコヤマトの不用品回収】他の業者と何が違うのでしょう?

引っ越し 業者 不 用品 回収

web上にある口コミを徹底的に確認しました そこで炙りだした口コミから分かる業者選びのコツを書いていきます。 不用品回収業者の口コミ比較サイトを見てみよう! もういらないパソコン、冷蔵庫、洗濯機、ベッドなどの粗大ゴミ。 あるいはゴミ屋敷の処分や、引っ越しの時のいらないもののあと始末。 そして、なにより大変かもしれない遺品整理。 まともに役所にお願いするとお金も手間もかかる不用品処分。 いっそのこと回収専用業者を呼んだほうがいいでしょう。 不用品回収業者を選ぶなら、まずは『口コミ比較サイト』を見てみましょう。 頼んでとても良かったという口コミもあれば、 二度と利用したくないというキツイ口コミもあるサイトです。 口コミ比較サイトを見れば、回収業者選びのポイントも見えてきます。 相場以上のお金を取られたり、トラブルに巻きこまれたりしないよう、 しっかり業者の評判を調べることが大切です。 公式サイトの『業界最安値に挑戦!』はあてにならない!? 不用品回収業者の公式サイト(ホームページ)を見ると、 よく『業界最安値に挑戦!』と書かれています。 ちょっと考えてみるとオカシイです。 みんなが『界最安値に挑戦』し続ければ、 いつかはですべての業者が0円になってしまいます。 あくまでも『挑戦』であって、 『業界最安値』ではないと思うべきなのでしょう。 口コミの中にも、 『とても業界最安値とは思えなかった』 というものがかなりありました。 電話やメールで見積もりをしてくれない業者はヤバイ!? マイナス意見が多い業者のほとんどが、 電話やメールで値段を教えてくれないようです。 事前に料金をいわない理由は2つあります。 1.値段を言ってしまうと他社より高いとバレるから 2.営業マンがその場で値段を決めているから 1は言うまでもなくイヤですね。 他社よりもお金のかかる業者を使う必要はありません。 ちょと複雑なのが2のその場で決めるという話なのですが、 少しでも高く不用品回収を引き受けると、 営業マンの成績UPになるというやり方です。 値段がそのまま営業マンの成績になる業者の中には、 「10万円かかります」 とふっかけて、 「はらえない」 と答えると 「じゃあ、5万円でどうでしょうか?」 などと、ありえないような値段交渉をされます。 もちろん、冷静に考えれば5万円でも高いのですが、 最初に10万円といわれたので、ついつい頼んでしまうというわけです。 こんな業者はとても信頼できませんよね? また、こういった営業マンの中には、 値段が高いだけでなく偉そうだったり、失礼な態度だったりする人もいます。 偉そうに値段を出されたら、高い、安いという前に不愉快ですよね? いずれにしても、見積りを電話やメールで教えてくれない業者は避けたほうがよいでしょう。 口コミ比較サイトをよく読む 多くの方が口コミサイトで言っている言葉が、 『クチコミサイトを見てから頼めばよかった』 というものです。 そういった後悔をしないためにも、口コミ比較サイトは必ず利用しましょう。 口コミサイトをうまく利用するにはコツがあります。 まず、数件以上の口コミがある業者を選ぶこと。 1件しか口コミがない場合、もしかすると業者自身が 口コミサイトに登録しているかもしれないからです。 また、頼もうと思っている業者の口コミは全て読みましょう。 中には業者自身が書いた口コミもあるかもしれません。 あるいはライバル企業が、その業者の評判を落とすために書いた口コミもあるかもしれません。 そういったニセの口コミを見やぶるためにも、全てのコメントを読んで、 多数の意見をよく見ることが大切です。 10人中9人が不満だと言っているのに、1人だけ不自然にほめていれば、 業者が書き込んでいる可能性をうたがうべきでしょう。 お知らせ.

次の

不用品回収の口コミで分かった業者選びのポイント

引っ越し 業者 不 用品 回収

自宅に溜まった不用品を回収してもらいたいものの、業者の数が多すぎて、どこに依頼すべきか分からないとお悩みの方は多いのではないでしょうか。 不用品回収業者のなかには悪質な業者も多く、そういう業者に依頼すると、高額な料金を請求されてしまう危険があります。 そのため業者を選ぶ際には事前にしっかりとリサーチする必要がありますが、業者の数が多すぎるが故にリサーチには労力がかかるため、面倒に感じる方も多いはずです。 そこで今回はそんな方のために、 おすすめの不用品回収業者6社を厳選して紹介していきます。 今回は 関東圏の業者をピックアップしたので、関東にお住まいの方はぜひチェックしてみてください。 きりりは年中無休で営業しており、 電話で不用品回収を依頼すれば、最短30分でスタッフが自宅に到着します。 スタッフ到着後すぐにその場で見積もりをしてもらえ、見積もり額に納得すれば、そのまま作業を開始してもらえます。 見積もり後に回収してもらう物を増やさないかぎり、見積もり額以上の料金を請求されることはありません。 また物品によっては、買取ってもらえる点もきりりのメリットです。 さらにきりりでは、万が一作業中に事故があって、家や家の中の物を傷つけられてしまった場合も 最大1億円の損害補償がありますから、安心して作業を任せられます。 きりりの対応エリアは、東京、神奈川、埼玉、千葉の一都四県です。 公式ホームページには、「1,000円」「3,000円」「5,000円」の割引クーポンも用意されています。 お助けラビットでは、100台のトラックと200人のスタッフが待機しているため、急な電話にも、最短でお客さんのところにスタッフを手配できます。 お助けラビットもきりり同様、 現地で見積もりをし、見積もり額に納得すればすぐにそのまま作業してくれます。 作業中に事故があった場合、 最大1億円まで補償してくれる点も、きりりと同様です。 さらにお助けラビットは、 夜間や早朝でも作業に来てくれます。 お助けラビットの対応エリアは、東京、神奈川、埼玉の一都二県です。 公式ホームページには、「5,000円」「3,000円」「1,000円」の割引クーポンも用意されています。 ecoヘルパーのパックプランには、以下の2種類があります。 軽トラックのせ放題 19,800円~ 1. 5tトラックのせ放題 39,800円~ これらのパックプランを利用することで、パックプランを利用しない場合に比べて、安く不用品を回収してもらえるのがecoヘルパーの特徴です。 さらに 「インターネットで見た」と言えば、これらのパックプランが最大15,000円割引になります。 ecoヘルパーでの見積もりは、電話やwebから依頼できます。 スタッフの空きがあれば、問い合わせした当日に自宅まで来てもらうことも可能です。 ecoヘルパーでは、きりり同様、家具や家電の買取もしているほか、お助けラビット同様、 早朝や深夜でも作業してもらえる点がメリットです。 ecoヘルパーの対応エリアは、東京、神奈川、埼玉、千葉の一都三県となっています。 Fight Serviceでは、 問い合わせから最短30分でスタッフが自宅まで来てくれます。 到着後は スタッフがその場で見積もりをし、家具や家電を買い取ってくれます。 買取額に納得がいかない場合でも、出張費用や査定料は請求されません。 Fight Serviceの対応エリアは東京、神奈川、埼玉、千葉、群馬、栃木、茨城の関東全域となっています。 クリーンクルーのトラックは常に巡回しており、問い合わせがあった場所に一番近いトラックを向かわせることから、 最短30分での到着が可能です。 到着後は スタッフがその場で見積もりをし、希望すればそのまま作業してもらうこともできます。 クリーンクルーでは機密文書はシュレッダーで裁断し、個人情報が入っているパソコンなどのOA機器は粉々に砕くため、機密情報や個人情報がもれる心配はほぼありません。 さらに買取可能な物品は、現地で査定後、買い取ってもらえます。 クリーンクルーの対応エリアは、東京、神奈川、埼玉、千葉の一都三県となっています。 粗大ゴミ回収本舗では、事前にお電話で簡単なお見積もりをしています。 現地での出張見積もりも可能で、お電話から 最短25分でスタッフが到着します。 お見積り額に納得いただけた場合、そのまま作業を開始することも可能です。 もちろん、 出張見積もりは無料で行っております。 見積もり額に納得いただけなかった場合も、出張費用や査定料などはいただきません。 また 家具や家電の買取もしていますので、お気軽にご相談ください。 粗大ゴミ回収本舗は、先ほど紹介したecoヘルパー同様、トラック載せ放題のプランがある点が特徴です。 粗大ゴミ回収本舗のトラック載せ放題のプラン料金は、以下のようになっています。 軽トラック載せ放題 15,000円 1. 5tトラック載せ放題 40,000円 2tトラック載せ放題 60,000円 4tトラック載せ放題 要見積もり ecoヘルパーのトラックのせ放題との違いは、粗大ゴミ回収本舗では、2tと4tのトラックにも不用品を載せ放題のプランがあるという点です。 また「 軽トラック載せ放題」については、 粗大ゴミ回収本舗のほうがecoヘルパーよりも 4,800円料金が安くなっています。 粗大ゴミ回収本舗の対応エリアは、東京、神奈川、埼玉、千葉の一都三県です。 おすすめの不用品回収業者を比較 ここまで関東圏でおすすめの不用品回収業者について紹介してきましたが、結局どこの業者が良いのか分からないと思った方もいるかもしれません。 そこで最後に、あらためてここまで紹介してきた各業者の特徴を比較してみましょう。

次の