大野 智 hit the floor。 大野智 「『LOVE』収録のソロ曲『Hit the floor』裏話」 ARASHI DISCOVERY

大野智 hit the floor

大野 智 hit the floor

普段の大野智さんのあどけなさから一変! セクシーでかっこいい大野さんに変わります。 また、この曲でさらに人気が高まったみたいですよ! 普段大野智さんの歌声をたくさん聞く機会ってあまりないと思います。 嵐の中の大野智。 って感じで、一般の人は大野さんの歌声をあまり知らないようです。 ですが今回のソロで、ラジオなどでも多く流され、 「あれ!?大野智ってこんなに歌がうまいんだ!!」 と思った人も多いようです。 正直、嵐の中ではダントツの歌唱力ですよね! センスもいいし、かっこいいし、絵の才能もある。 ジャニーズの中でもひときわ目立つ存在です。 今までのジャニーズは、顔が整って、トークもうまくて、 ダンスも上手で、っていう感じでした。 もちろん大野智さんも全て兼ね備えているんですが、 なんか周りとは違うんですよね!! オーラがあるというか、自分の世界を持っているというか。 大野智さんのソロ曲hit the floorですが、かなり好評みたいです。 ヤフーの取材でも取り上げられていましたが、 その内容が結構面白かったですよ^^ 嵐のニューアルバム『LOVE』が到着。 ヒットシングルはもちろん、メンバー各自のソロ曲も収められ、さまざまな形の愛を歌った意欲作となっている。 大野 智にソロ曲『Hit the floor』について聞いた。 この曲を歌うことになった経緯を教えてください。 大野 最初、候補曲が2曲あったのね。 「できたよ」っていうから、「じゃあ聴こうか」ってなって。 1曲目にこの曲を聴いたとき、すぐに「これがいい!」と思った。 で、一応2曲目も聴いたんだけど、やっぱりこれが好きだなって。 大野 まあね。 だって踊らないと(間が)もたないじゃん(苦笑)。 恥ずかしいんだよね、ただ何もしないで歌ってたりしたら……。 ライヴで、ひとりでバラードやったら盛り上がるはずがない! 5人なら見せ方もいろいろ工夫できるけど……。 でも、大野智さんの要望も聞き入れて、踊れる曲、好きなリズムを入れるという事が この曲には入っているようです。 また、バラードではなく踊れる曲としても大野智さんは気に入っているみたい^^ この曲はすごくいいですよね! もともと何曲か用意されていたのですが、 直感的に大野智さんはhit the floorを気に入ったみたいですが、 一応ほかの曲も効こうという事になり、他の曲も聞いたところ、 やっぱりhit the floorが良かったみたいです^^ 「どれにしようか?」 「これにしようよ。 」 みたいな感じで決まったみたいですね^^ 大野智さんらしいです。 キーが高めで歌いづらくないのかなと思ったら、 大野智さん的にはキーが高い方が歌いやすいみたいです。 また、「踊れる曲」にした理由も、 「何もしないで立っているの恥ずかしいから。 」でした。 本当に個性が強い、自分の世界を持った人ですね^^ このhit the floorの作成裏話は大野智さんのラジオ「ARASHI DISCOVERY」で聞くことができます。 YouTubeにアップされているので是非聞いてみてくださいね^^.

次の

大野智 「『LOVE』収録のソロ曲『Hit the floor』裏話」 ARASHI DISCOVERY

大野 智 hit the floor

Hit the floor 作詞:alleztune、作曲:川口進・BERT・ROLF、編曲:石塚知生 2013年のアルバム「LOVE」収録の、大野君のソロ曲です。 彼のソロはしばらく歌い上げる系のバラードが多めでしたので、リズムに乗りまくるようなこの曲はまさにファン待望の新機軸という感じでしょうか? ソロになると、なぜか正統派の二枚目路線を打ち出してくる彼ですがw、今回も然り。 どこか影のある謎の男が、ウブな女の子を大人の世界に誘うというストーリー。 一見、甘い雰囲気のカップルのように見える歌詞ですが、ところどころに怪しい単語が混じっています。 色々なサイドストーリーを妄想できてしまう奥深い歌詞です。 様々な「LOVE」の形を描く。 というコンセプトのこのアルバム。 さしずめ、この曲で描かれるのは「危険な大人の愛」という所でしょうか? タイトルの「Hit the floor」は、 スラングで「激しく踊れ」という意味ですが、「エレベーターで降りるフロアのボタンを押す」とかいう意味もあります。 「ベッドで激しく戯れよう」なんて誘い文句にもなったりして、、、 ちょっぴり意味深なタイトルです。 さあ、ちょっとアダルトな智が、あなたをエスコートしますよ。 では歌の世界をのぞいてみましょう。 ======================= (おいで、踊ろう。 ) おいで。 別の世界に行こう。 君と別の世界へ。 そう、君こそが、今夜のヒミツの彼女。 おいで。 君と別の世界に行こう。 泡が消えたシャンパングラスは、そろそろおしまいさ。 こっちにおいで。 くすぐったいような、君の香りが香る。 君の色っぽい視線。 他にはいないね。 誰かに気づかれる前に、君との愛に想いをめぐらせて、大胆にエスコートする。 ネオンの街にまぎれて、逃げ出そう。 船だって浮かんでいるこの夜の街。 ようこそ 夢の向こう側の世界へ。 君は、名前に縛られたりしない。 自由な訪問者さ。 ベイビー 君の知らない世界を見せてあげるよ。 きっと気に入ってくれるさ、別世界を。 君のこと悲しませることなら、僕は一億年でもそれを隠し切ってみせるさ。 ベイビー 露わに見せた君のその背中を、誰にも触れさせないから。 窓の外は気にしちゃいけないんだ。 二人を引き裂く罠があるから。 このまま、君を離しはしないよ。 遊び疲れたのかい? 心地よさそうにウトウトしている。 心から消せない出来事を、今は忘れればいいよ。 楽しい気持ちだけを連れて行こう。 悲しい気持ちはいつか終わるよ。 ほら、みてごらん。 夢の向こうは飽きることのない楽園だよ。 ベイビー もしも魔法が解けたとしても、 ずっと踊り続けよう。 ほら、踊ろう。 嘘はいらない。 溢れる気持ちのままでいいんだよ。 甘い言葉で、君を包んであげるから。 ベイビー はしゃぐ君をただ見つめてる。 そんな君の幸せ、誰にも邪魔させないから。 午前0時になる頃には、また別の世界に、君を連れてゆくよ。 胸騒ぎがした。 何かがうごめく仮面舞踏会。 ベイビー 僕の手をもう離さないで。 君だけは守りたいんだ。 ベイビー 君の知らない世界を見せてあげるよ。 きっと気に入ってくれるさ、別世界を。 君のこと悲しませることなら、僕は一億年でもそれを隠し切ってみせるさ。 ベイビー 露わに見せた君のその背中を、誰にも触れさせないから。 窓の外は気にしちゃいけないんだ。 二人を引き裂く罠があるから。 このまま、君を離しはしないよ。 おいで。 別の世界に行こう。 君と別の世界へ。 そう、君こそが、今夜のヒミツの彼女。 おいで。 君と別の世界に行こう。 ======================= 優しく甘い言葉で、素敵な世界に連れてってくれる彼。 スマートに誘う姿は、あなたを安心させるかもしれません。 でも、冷静にあなたを見る視線や、淀みない優しいセリフ。 かなり恋愛にも慣れてる風情。 周囲の動きを気にしつつ、あなたを外界から遮断するかのように、 二人の世界に連れて行こうとする。 なんだか、とっても危険な香りのする男性です。 信じてついて行って大丈夫? ほら、よく注意してみると、、、 「君こそ 今宵のSecret Lady」なんて言ってます。 昨日や明日には、また違う女性が夢の世界に連れて行かれたのかもしれません。 智の甘い言葉に有頂天になってはいけませんよ。 あいつは、油断ならない男ですから。

次の

Amazon Music

大野 智 hit the floor

普段の大野智さんのあどけなさから一変! セクシーでかっこいい大野さんに変わります。 また、この曲でさらに人気が高まったみたいですよ! 普段大野智さんの歌声をたくさん聞く機会ってあまりないと思います。 嵐の中の大野智。 って感じで、一般の人は大野さんの歌声をあまり知らないようです。 ですが今回のソロで、ラジオなどでも多く流され、 「あれ!?大野智ってこんなに歌がうまいんだ!!」 と思った人も多いようです。 正直、嵐の中ではダントツの歌唱力ですよね! センスもいいし、かっこいいし、絵の才能もある。 ジャニーズの中でもひときわ目立つ存在です。 今までのジャニーズは、顔が整って、トークもうまくて、 ダンスも上手で、っていう感じでした。 もちろん大野智さんも全て兼ね備えているんですが、 なんか周りとは違うんですよね!! オーラがあるというか、自分の世界を持っているというか。 大野智さんのソロ曲hit the floorですが、かなり好評みたいです。 ヤフーの取材でも取り上げられていましたが、 その内容が結構面白かったですよ^^ 嵐のニューアルバム『LOVE』が到着。 ヒットシングルはもちろん、メンバー各自のソロ曲も収められ、さまざまな形の愛を歌った意欲作となっている。 大野 智にソロ曲『Hit the floor』について聞いた。 この曲を歌うことになった経緯を教えてください。 大野 最初、候補曲が2曲あったのね。 「できたよ」っていうから、「じゃあ聴こうか」ってなって。 1曲目にこの曲を聴いたとき、すぐに「これがいい!」と思った。 で、一応2曲目も聴いたんだけど、やっぱりこれが好きだなって。 大野 まあね。 だって踊らないと(間が)もたないじゃん(苦笑)。 恥ずかしいんだよね、ただ何もしないで歌ってたりしたら……。 ライヴで、ひとりでバラードやったら盛り上がるはずがない! 5人なら見せ方もいろいろ工夫できるけど……。 でも、大野智さんの要望も聞き入れて、踊れる曲、好きなリズムを入れるという事が この曲には入っているようです。 また、バラードではなく踊れる曲としても大野智さんは気に入っているみたい^^ この曲はすごくいいですよね! もともと何曲か用意されていたのですが、 直感的に大野智さんはhit the floorを気に入ったみたいですが、 一応ほかの曲も効こうという事になり、他の曲も聞いたところ、 やっぱりhit the floorが良かったみたいです^^ 「どれにしようか?」 「これにしようよ。 」 みたいな感じで決まったみたいですね^^ 大野智さんらしいです。 キーが高めで歌いづらくないのかなと思ったら、 大野智さん的にはキーが高い方が歌いやすいみたいです。 また、「踊れる曲」にした理由も、 「何もしないで立っているの恥ずかしいから。 」でした。 本当に個性が強い、自分の世界を持った人ですね^^ このhit the floorの作成裏話は大野智さんのラジオ「ARASHI DISCOVERY」で聞くことができます。 YouTubeにアップされているので是非聞いてみてくださいね^^.

次の