私 たち は どうか し て いる ネタバレ。 私たちはどうかしているネタバレ!横浜流星でドラマ化!最終回まで公開

私たちはどうかしているの原作は完結してる?最終回の結末はどうなる?

私 たち は どうか し て いる ネタバレ

もくじ• 私たちはどうかしているのあらすじまとめ 七桜は幼いころに母が住み込みで働いていた老舗和菓子屋・光月庵で椿と出会った。 しかし事件が起き、殺人の容疑をかけられた七桜の母は逮捕されてしまい、七桜も追い出されり。 15年がたち、失意の七桜の前に現れた椿。 二人は和菓子の腕を競って対決することにまった。 七桜の人生を狂わせた椿。 その憎い椿は、なんと七桜に自分との結婚を持ちかける。 七桜を幼なじみだとは気づいていない椿。 思いもよらない言葉に七桜は!? 七桜は城島にたくさん迷惑をかけてしまう事を謝る。 城島はその言葉を聞き、複雑な表情を浮かべるのだった。 城島は本当は、七桜が光月庵に戻ってくることが反対だったのである。 城島は同時に、七桜が光月庵をもう恨むのをやめるように説得していたのに、それも叶わず悲しかったのである 七桜はその姿に胸を痛めて戸惑う。 しかし、自分がいまやらなければならない事を再び思い出し、心に強く思ったのだ。 そして、それが宿命だと信じているのである。 七桜は仕事始めに厨房であいさつをした。 しかしメンバーたちは厳しい表情を浮かべる。 七桜がこしあん作りの手伝いをしようとしても、厨房では空気を乱されたくないので断られてしまうのだった。 七桜はその場は諦めて、他に出来ることからしようと心に強く思った。 しかし、他の質問にもすぐに答えられない七桜。 自分が陰口を言われるのを感じ取ったのである。 ここで働くのは、思った以上に覚悟が必要なようだ。 よそ者というだけではなく、椿を追い出した人間として強くある必要があるのだと再確認をした。 武六会の席で、必ず皆の納得のいくお菓子を作ると約束する七桜。 店主として試される、初めての仕事、深々と一礼し引き受ける。 武六会が終って表に出ると雪だった。 多喜川がすっと傘を差し出してきた。 武六会では波風を立てないように、と上手くやるコツとアドバイスをしてくれた。 それを聞いた七桜は、それでいいのかと問い、本当の多喜川さんを知りたい、と詰め寄る。 思わず傘を落とす多喜川。 そこへ由香莉が近寄って来て、多喜川のそんな顔初めて見るわ、と言いう。 しかも多喜川のことを、下の名前で薫さんと呼ぶ。 七桜にも、親しげに多喜川の秘密を話そうとする。 多喜川がキッと睨みつけると、名前が薫で女っぽくて恥ずかしいと思ってるって言われたくなかった?と、由香莉はとぼける。 気づけば雪も止んでいる。 多喜川はそそくさと退散した。 残された七桜は由香莉に、多喜川と前から知り合いなのかどうか聞く。 由香莉は狭い世界だから、とだけ言って去っていく。 七桜は多喜川の鋭い姿勢がやけに気になった。 栞は多喜川のことをあまり良く思っていないらしい。 けれど、多喜川がいなければ最悪死んでいたかもしれない七桜は、彼を信じてちゃんと向き合いたいと想う。 その頃、偶然夕子の店を訪れていた椿は、店のカウンターで夕子と並んで話をしていた。 三年ぶりに再会した二人。 夕子は椿に、自分が七桜の本当の母親ではないことを知っているだろうと尋ねた。 そのことについて椿は、自分から光月庵を奪うために、夕子は七桜にお願いされてやったと考えていた。 全力で否定する夕子 のあまりに必死な様子に、椿は呆気に取られる。 夕子は七桜との約束を破り、椿にあのとき七桜は椿の子を身籠っていた、ということを教える。 まさかの真実に驚愕する椿は あまりのやるせなさに顔が歪む。 夕子はもう一度七桜とやり直せないのかと切望するも、また会えば傷つけ合ってしまうと椿は静かに答えるのだった。 道具が七桜のものになるくらいなら燃やす、きっときれいな炎になる、と。 椿はそれを聞いてやってきたのだ。 どうしてここにいるのかと七桜に問いかけられた椿は、忘れ物を取りにきた、と答えた。 光月庵に戻った七桜。 従業員たちは、手を怪我した七桜を心配する。 その時、一緒にやってきた椿に驚いた。 七桜は、もう二度と会うことはないと思っていた椿がなぜいるのか不思議で仕方ない。 椿は、職人が2人いないことに気づいた。 実は数日前に辞めてしまっていたのだ。 そのことを椿に伝えられず、忘れ物なら母屋でしょうと食ってかかる七桜だったが椿はその言葉を遮り、オレを光月庵の職人としてお前のそばに置いてくれと七桜に言った。 何を言われているのか理解できない七桜。 そんなことできるわけないとつっぱねるも、このままだと質も落ちるだけだと言われ、手の怪我が治る間でも職人がいるだろうと椿に言われる。 店を継ぐことにあんなにこだわっていた椿がなぜこんなことを言うのかわからず、何か目的があるのかと勘ぐる七桜。 そして、無理だ私の下で働くってことだから椿のプライドが許さないでしょと椿に言う。 しかし椿は、職人のエプロンをつけこれでいいのかと七桜に問いかけた。 椿の本気を感じて戸惑う七桜。 でも目が悪いんじゃないか、と理由をつけて断ろうとするも椿は目は手術をしたことを伝えた。 それを聞いた七桜は一瞬頑なな態度を軟化させ、よかったと小さく呟いた。 そんな七桜の優しさに触れ椿は、やっぱりオレはここでしか生きられないと七桜を見つめた。 そんな椿の瞳に見入ってしまう七桜。 七桜は光月庵の伝統を絶やさない為にも、椿に店に戻ってきてもらうことを決意する。 職人として戻ってきた椿に光月庵の従業員たちは騒然とする。 どう接していいかわからない従業員たちに対し、七桜は毅然とした態度で椿に接する。 菓子作りの指示をする七桜におとなしく従い、すぐに仕事に取り掛かる椿を見て、従業員たちは驚く。 そんな椿の姿を見たからか、七桜の指示に従業員たちもすぐに仕事に取り掛かるのだった。 「椿は職人としてここにいる。 それ以外なにもない。 冷静でいなきゃ……」 と心の内では自分に言い聞かせる七桜。 ふるいを洗う椿をみて、城島は慌てて「そんなことオレがやるし」と止めに入る。 それを断りながら椿は、焼きを任されるようになった城島を褒めるのだった。 椿とはやりにくいと話しつつも、認めてもらった嬉しさを隠せない様子の城島を栞は「ぷっ」と噴き出して笑う。 城島は、やはり椿は着物を着てここにいるのが一番しっくりくるのだと感じていた。 栞は城島を見習って、二人の蕾が開くこと、そしていつか自分の蕾もできたらいいな、と願っていることを城島に打ち明ける。 それを聞いた城島は「進歩じゃん」と栞を褒めるのであった。 一方、七桜は落雁作りが上手くいかずに悩んでいた。 風呂上がりに廊下を歩いていると、ふと外の梅の蕾に気付く。 蕾をよく見ようと窓を開けると、そこには椿の姿があった。 「はっ」として逃げようとする七桜はシュシュを落としてしまい、椿にそれを拾われてしまう。 シュシュを手渡された七桜はお礼を言うが、その時椿は七桜の耳に触れる。 「私の事恨んでるんじゃないの?」と戸惑いながら椿におやすみを告げ、七桜はその場から立ち去るのだった。 以前は漫画村のような違法のサイトがありましたが、今はなくなってしまいました。 しかし、違法ではなく漫画の最新話を読む方法があるんですよ。 こちらにおすすめなサービスを紹介しますね。 サービス名 無料ポイント 無料で読める冊数 600ポイント 今すぐ1冊分が読める 600ポイント 今すぐ1冊分が読める 最大900ポイント 待てば2冊が読める これらのサービスを使うと、無料お試し期間中にポイントがもらえて、そのポイントを使って新作の漫画を買うことができるんです。 また、無料期間内に解約しても、違約金もかからないし、登録も簡単なのでご安心ください。

次の

【私たちはどうかしている】あらすじネタバレ1巻から!犯人判明と復讐で最終回結末どうなる?

私 たち は どうか し て いる ネタバレ

私たちはどうかしている 前話 53話 ネタバレ 除夜祭の御菓子対決がはじまる。 ふたりは大旦那の部屋へ自身の作品を持ち込む 七桜は椀に入れた柚子の上生菓子。 椿はつばき餅。 まずは七桜の柚子の上生菓子を口にする大旦那。 香りが椀を開けた瞬間からし、餡の中には柚子が丸ごと入っていた。 椿のつばき餅は父の樹から初めて教えてもらったレシピで作ったもの。 大旦那は自らも樹に伝えた味が完璧に再現されているのを味わい涙 大旦那はふたりには奥の部屋で待つように伝え、外でそば耳をたてていた女将にふたりのお菓子を食べさせてどちらが継承者にふさわしいか選べという 女将はどちらが椿の菓子だかわかるだろうと考え、選んだ。 除夜の鐘が鳴るなか、大旦那は継承者として選んだ方の部屋の扉を開けた 私たちはどうかしている 最新 54話 ネタバレ 感想 除夜祭の御菓子対決、決着 大旦那が開けた部屋は七桜がいた部屋だった 女将はどうして・・・自分が選んだのは柚子の上生菓子だと怒る 大旦那は、椿が作ったのは樹から初めて教わったつばき餅だと説明 いきなり・・扉絵でもう七桜が選ばれててびっくりしました! 前話の53話のラストシーンを素直に受け取ってよかったのですね。 七桜おめでとう! 女将は椿を責める 止めに入った大旦那は突然苦しみだし、そのまま倒れた 病院へ運ばれた大旦那 手術室から出てきた医師が椿だけを中へ呼ぶ 大旦那はつばき餅に魂を震わされたが、自分のためだけに向けられた御菓子だったため 選ぶわけにはいかなかったと説明。 そして今までのことを侘びて これからはもっと自由に自分だけの菓子を何にも縛られずに作ればいいと伝え、息を引き取った 椿はまだたった2つしか食べていない、これからもっと食べてもらうと必死に声をかけるが 心電図モニターは0のままだった 椿は七桜に18年前と逆になった 自分のものを取り戻せてよかったなと爽やかに微笑んだ 去り際、椿は光月庵を絶対に潰さないでくれと伝える 椿の背中を見つめ、七桜は静かに涙を流す 多喜川から椿は一生君を許さないだろうと言われたのを思い出しながら、 自分には泣く権利なんかない、欲しかったものを手に入れたのだからと言い聞かせていた そして光月庵を守り抜くことを決意したのだった 第二章完!って感じですかね! 火事までが第一章。 そして火事後から光月庵の後継者になるまでが二章かな 除夜祭の御菓子対決の結果には満足なのですが・・・やっぱり切ない展開になりましたね 私は椿が勝つような気がしていたので意外な展開でした 椿は大旦那の言葉と選択で「自由」になれたのですね。 幼い頃からずっと光月庵に縛られて生きてきたとも言える椿にとって、御菓子づくりが楽しかったことがあるのだろうか 七桜が時折見せるキラキラした輝きをそういえば椿からは感じたことがなかったように思う 次回は数カ月後とか数年後の設定でしょうか まずは・・・栞の姉と多喜川の関係が気になりますねー。 急に栞の姉が存在感増しました(笑) 多喜川の狙いが何だったのかは結局まだわからず そして椿がどこ行ったのかも知りたいですよね。 かつての七桜のように、東京で修行でしょうか まずは目の手術をしてほしいな・・・それから御菓子づくりの楽しさを改めて感じ 七桜も嫉妬するような創作的な御菓子職人になってほしい 栞は追っかけないのですかねー。 もう気持ちは城島だったりするのかな・・・ なによりも女将がどうするのかが気がかりです。 女将にとって光月庵に残る意味ってなんなんだろうか。 でも他に行くとこがないか・・・ きっと次に出てくる椿は更にイケメンになって、御菓子の腕も上がっているのでしょう 楽しみですね!.

次の

私たちはどうかしているネタバレ!横浜流星でドラマ化!最終回まで公開

私 たち は どうか し て いる ネタバレ

ドラマ「私たちはどうかしている」簡単な紹介 ドラマ「私たちはどうかしている」の原作は、漫画です。 舞台は、老舗和菓子屋・光月庵。 15年前に光月庵の若旦那が何者かに殺されました。 そのときに殺された若旦那の 息子の椿(横浜流星)の証言で、住み込みで働いていた女性職人が逮捕されました。 その逮捕されたのが、主人公の七桜(浜辺美波)の母親。 椿と七桜は、幼いながらも惹かれ合っていたのですが、この事件で憎しみ合ったまま離れ離れになりました。 15年の時を経て運命の再会をして…15年前の事件の真相と過酷な運命に翻弄される若く美しい2人の物語です。 ドラマの簡単な紹介• 「わたしたちはどうかしている」• 日テレ• 放送日未定• 放送時間:水曜22時~• 原作:安藤なつみ• 主要キャスト:浜辺実波、横浜流星• 主題歌未定• 脚本:衛藤 凜• 音楽:出羽良彰• 演出: 小室直子 猪股隆一 明石広人 水野 格• チーフプロデューサー:西 憲彦• プロデューサー:鈴間広枝、松山雅則• 協力プロデューサー:藤森真実• 制作協力;トータルメディアコミュニケーション• 制作著作:日本テレビ ドラマ「私たちはどうかしている」の視聴率 ドラマが始まったら更新いたします! ドラマ「私たちはどうかしている」の全話あらすじ ドラマが始まったら更新いたします! ドラマ「私たちはどうかしている」のキャスト一覧! ドラマ「私たちはどうかしている」のキャスト一覧です。 浜辺美波(花岡七桜 役)• 横浜流星(高月椿 役)• 高杉真宙(城島祐介 役)• 岸野ゆきの(長谷川栞 役)• 和田聰宏(山口耕一 役)• 岡部たかし(富岡勝 役)• 前原滉(杉田綾人 役)• 山崎育三郎(多喜川薫 役)• 須藤理彩(宮部夕子 役)• 中村ゆり(大倉百合子 役)• 鈴木伸(高月樹 役)• 佐野史郎(高月宗寿郎 役) ドラマ「私たちはどうかしている」の主題歌 発表されたら更新いたします。 ドラマ「私たちはどうかしている」の原作について 原作は、安藤なつみさんの漫画「私たちはどうかしている」です。 15年前に起きた殺人事件で幼なじみの目撃証言により殺人事件の容疑者として逮捕された女性和菓子職人の娘が、幼なじみの和菓子店の跡取り息子の元に乗り込み、母の無実を証明していくさまを描く。 引用:.

次の