豚肉 ビタミン b1。 豚肉と食べるとビタミンB1の吸収率がよりUPするのは?【お天気検定】

ビタミンB1が豊富に含まれる豚が糖の代謝を促進して血糖値を改善する

豚肉 ビタミン b1

体と脳の若さを維持するパワーの源 特徴的な栄養成分は、たんぱく質 18. 5g、脂質 14. 6g、鉄 0. 5mg、ビタミンB1 0. 66mg、ビタミンB2 0. 23mg。 豚肉 疲労回復に効くビタミンB1が豊富 豚肉の特徴といえば、やはりビタミンB1の含有量の多さです。 それは、牛肉の10倍ともいわれ、赤身肉なら150グラムほどでビタミンB1の1日の必要摂取量をまかなえるといいます。 ビタミンB1は、糖質(炭水化物)をエネルギーに変換するために欠かせない栄養素です。 別名「疲労回復のビタミン」といわれ、疲れのもととなる乳酸という物質が体に蓄積されるのを防ぎます。 不足すると、エネルギーの代謝が効率良くおこなわれずに疲労がたまるというわけです。 また、ビタミンB1が不足すると体だけでなく脳のはたらきも悪くなって、脚気や心筋梗塞、集中力の低下などを招き、ほかに、脳の病気にまで至る可能性があるのです。 美肌効果で女性におすすめ 豚肉のタンパク質は、肉類の中では最もアミノ酸バランスに優れています。 ビタミン類ではB1のほか、B2、A、Eも多く含まれています。 豚肉は、これらの栄養素のはたらきによって、体液や血液、骨といった私たちの体の構成成分を補う作用に優れ、病後や産後の衰弱や貧血、また、老化に伴う足腰の衰えやめまいに効果をあらわします。 発熱・発汗後の体液不足を補ったり、肌のかさつきの改善などにも効き目があります。 腎を養って精力を高めるため、病後の体力回復や虚弱体質の改善などにも適しています。 また、体を潤す作用があり、空咳、肌の乾燥、のどの乾き、水分不足による便秘、母乳の分泌不足も改善します。 ヒレ肉や肩肉にはビタミン、ミネラルが多く含まれます。 モモ肉には脂肪が少ないのが特徴で、皮膚や粘膜の健康維持を助けるビタミンB群のナイアシンが含まれています。 レバーは、ビタミンAやビタミンB2、鉄分がとても豊富です。 ビタミンAにも皮膚や粘膜の細胞を正常に保つはたらきがあるので、風邪の予防や美肌効果に期待ができます。 豚足にはコラーゲンなどのゼラチン質が豊富で、皮膚をなめらかにしてくれます。 見た目や食感から苦手だという人もいると思いますが、増血作用もありますから、特に女性におすすめの食材です。 豚肉にプラスすると効果的な食材 豚肉と次の食材の食べ合わせで、それぞれの健康への効果に期待できます。 食中毒を起こす可能性があるので、調理するときには火をしっかり通しましょう。 特に内臓部位には気を使いましょう。 選び方 肉は淡いピンク色で、脂肪はきれいな白色。 身のきめが細かく艶があり、なめらかなのもを選びます。 保存方法 冷蔵庫へ入れ、消費期限内に使い切る。 冷凍保存も可能。 スープや煮物にして骨の栄養もとる 豚骨にはカルシウムが豊富です。 骨そのものを食べるのは無理なので、骨付きスープや煮物にして骨の成分までとれるようにします。 豚足は下処理済みのものを選ぶ 豚足の下処理は大変なので、下処理済みのものを使うと手軽。 スープや煮物、餃子、炒飯の具にしてもおいしい。 脂肪分が落ちるよう一工夫 脂肪分の多い肩肉やロース肉は、下ゆでしたり、脂身を切り取ってから調理。 焼きながらしみ出た油をキッチンペーパーでふきとるのも効果的。

次の

ビタミンB1(チアミン)を多く含む食べ物・食品と効果効能

豚肉 ビタミン b1

糖質をしっかりと分解して十分なエネルギーをつくり、体を元気にし、体内に乳酸などの疲労物質が溜まるのを防ぎます。 さらに、糖質は脳や神経系のエネルギー源ですから、精神を安定させてイライラ抑えます。 ふだんイライラしがちな人は、ビタミンB1不足も考えられます。 日本人は、摂取エネルギーの約半分をごはんなどの糖質から摂っているので、大変重要な役割を持ているビタミンです。 ビタミンB1が不足すると、がうまくいかなくなり、その結果、乳酸やピルビン酸などの疲労物質が蓄積し、疲労や筋肉痛の原因となってしまいます。 ビタミンB1は主に糖質の分解を担当しており、TCA回路という細胞内のエネルギー工場で活躍しています。 身体の疲れは、筋肉の中に溜まった乳酸などが原因で、このエネルギー工場であるTAC回路が正常に機能していないと、乳酸もなくなりません。 また、ビタミンB1不足で燃やせないエネルギーは、脂肪として溜まってしまいます。 ビタミンB1は、脳の中枢神経や手足の末梢神経の働きを正常に維持する作用も持っています。 ビタミンB1が不足欠乏すると、反射神経の異常、手足のしびれ、食欲不振、倦怠感、脚気などの症状が起こり、ひどくなるとむくみや心臓肥大が現れます。 江戸時代末期に、江戸詰めの若い藩士に流行した「江戸わずらい」は、後にビタミンB1不足による脚気だったとわかりました。 今は、脚気にかかる人は少なくなりましたが、アルコールや糖質を多量に摂る人、運動によるエネルギー消費量が多い人の中には、潜在的なビタミンB1欠乏症の人がかなりいると考えられています。 ビタミンB1の特徴.

次の

豚肉の栄養は?今さら聞けない豚肉の栄養と効能について

豚肉 ビタミン b1

突然ですが、皆さんは豚肉が好きですか? 酢豚や豚キムチなど、豚肉を使ったおいしい料理はたくさんありますよね。 実際、クロエさんのTwitterのアンケートによると、「豚肉」が僅差ではありますが一番人気なようです。 ただいま食改善アドバイスのお客様に、パーソナルレシピ作成中。。 豚肉について まず、豚肉について少しだけ説明します。 大型種のほかには中型種というものがありますが、中型種のほとんどは黒豚で昔は日本の豚肉産業の中心でしたが、 現在では大型種が主流となっています。 大型種と中型種の栄養の違いは部位によって多少の違いはあるものの、一般的に エネルギーと脂質は中型種が、 たんぱく質は大型種の方が多く含んでいるとされています。 今回は日本の肉用の豚の90%を占める大型種の栄養素について見ていきたいと思います。 豚の部位 豚肉の部位は様々なモノがあります。 後で栄養素を見ていくときに各部位での含量を見ていくので、わからない部位があれば以下の画像を参考にしてください。 部位(脂肪有無) たんぱく質の含量 ロース(赤肉) 22. 7g ヒレ(赤肉) 22. 2g もも(赤肉) 22. 1g もも(皮下脂肪なし) 21. 5g そともも(赤肉) 21. 4g ロース(皮下脂肪なし) 21. 1g かた(赤肉) 20. 9g もも(脂身つき) 20. 5g そともも(皮下脂肪なし) 20. 2g かた(皮下脂肪なし) 19. 7g かたロース(赤肉) 19. 7g ロース(脂身つき) 19. 3g そともも(脂身つき) 18. 8g かた(脂身つき) 18. 5g かたロース(皮下脂肪なし) 17. 8g かたロース(脂身つき) 17. 1g ばら(脂身つき) 14. ただ、同じ部位でも「 赤身か皮下脂肪なしか脂身が付いているのか 」で たんぱく質を含む量が変わるようです。 脂身が多くなるとその分の肉がなくなるので、たんぱく質が減るということですね。 脂質が多いのはどこの部位? 豚肉を食べる上で気になるものの1つは、豚肉に含まれる 脂質ではないでしょうか? 焼肉でも豚肉を焼く際は、脂がコンロに落ちて火が激しく舞い上がるなんてこともよくありますよね。 生肉の場合 部位(脂の有無:調理方法) 脂質の含量 ロース(脂身つき:ゆで) 24. 1g ロース(脂身つき:焼き) 22. 7g もも(皮下脂肪なし:ゆで) 8. 1g もも(皮下脂肪なし:焼き) 7. 6g 豚肉の各部位の脂質は上記の通りですが、やはり 脂身つきになると脂質が高くなってしまいます(当たり前ですが)。 脂身なしの赤身だと、 「ロース」が一番脂質の高い部位になり、 次いで「そともも」、「肩」となっています。 脂質の過剰摂取に気を配られている方は、できるだけ赤身部分を選ぶようにし、中でも「かた」「ヒレ」「もも」を選ぶとさらに脂質の摂取が抑えられます。 一番カロリーが高いのはどの部分? 次はカロリーについて見ていきます。 やはり、カロリーはダイエットをしている方は特に重要なポイントかと思います。 「豚肉はカロリーが高い」と思われている方も多いのではないかと思いますが、 実は鶏肉とそこまで変わりません。 鶏肉のカロリーについては以下の記事で部位別に紹介していますので、気になる方はご覧ください。 生肉の場合 部位(脂の有無) カロリー量 ロース(脂身) 740 kcal かた(脂身) 704 kcal かたロース(脂身) 688 kcal そともも(脂身) 669 kcal もも(脂身) 664 kcal ばら(脂身つき) 395 kcal ロース(脂身つき) 263 kcal かたロース(脂身つき) 253 kcal そともも(脂身つき) 235 kcal かたロース(皮下脂肪なし) 226 kcal かた(脂身つき) 216 kcal ロース(皮下脂肪なし) 202 kcal そともも(皮下脂肪なし) 187 kcal もも(脂身つき) 183 kcal かた(皮下脂肪なし) 171 kcal かたロース(赤肉) 157 kcal ロース(赤肉) 150 kcal もも(皮下脂肪なし) 148 kcal そともも(赤肉) 143 kcal ヒレ(赤肉) 130 kcal もも(赤肉) 128 kcal かた(赤肉) 125 kcal 調理後の場合 部位(脂の有無:調理方法) カロリー量 ロース(脂身つき:ゆで) 329 kcal ロース(脂身つき:焼き) 328 kcal もも(皮下脂肪なし:焼き) 200 kcal もも(皮下脂肪なし:ゆで) 199 kcal やはり、どの部位でも 脂身部分や脂身つきは非常にカロリーが高くなっていますね。 これが、 ダイエット中の人が脂身を食べてはいけない という理由です。 カロリーが気になる方が豚肉を食べる際は、 特にカロリーの低い「かた」と「もも」を食べていくと良いかと思います。 また、同じ部位でも脂ありなのか脂なしなのかで大きな差がありますので、ダイエット中の方は脂脂身を取り除いて食べると良いですね。 ビタミンBはどれくらい含まれている? 「豚肉はビタミンBを多く含む」とよく言われていますが、一体どのくらい含まれているのでしょう? ここでは、豚肉にはビタミンB(ビタミンB1、B6、B12)がどのくらい含まれているのかについて見ていきたいと思います。 ビタミンB1は多い? まずは、ビタミンB1について見ていきたいと思います。 部位(脂の有無) ビタミンB1の含量 ヒレ(赤肉) 1. 3 mg もも(赤肉) 0. 96 mg もも(皮下脂肪なし) 0. 94 mg もも(脂身つき) 0. 9 mg そともも(赤肉) 0. 9 mg そともも(皮下脂肪なし) 0. 85 mg ロース(赤肉) 0. 8 mg そともも(脂身つき) 0. 79 mg かた(赤肉) 0. 75 mg ロース(皮下脂肪なし) 0. 75 mg かたロース(赤肉) 0. 72 mg かた(皮下脂肪なし) 0. 71 mg ロース(脂身つき) 0. 69 mg かた(脂身つき) 0. 66 mg かたロース(皮下脂肪なし) 0. 66 mg かたロース(脂身つき) 0. 63 mg ばら(脂身つき) 0. 51 mg もも(脂身) 0. 34 mg そともも(脂身) 0. 27 mg かたロース(脂身) 0. 23 mg ロース(脂身) 0. 22 mg かた(脂身) 0. 2 mg 調理後の場合 部位(脂の有無) ビタミンB6の含量 ヒレ(赤肉) 0. 54 mg そともも(赤肉) 0. 41 mg そともも(皮下脂肪なし) 0. 39 mg ロース(赤肉) 0. 38 mg かた(赤肉) 0. 37 mg そともも(脂身つき) 0. 36 mg ロース(皮下脂肪なし) 0. 35 mg かた(皮下脂肪なし) 0. 34 mg かたロース(赤肉) 0. 33 mg もも(赤肉) 0. 33 mg かた(脂身つき) 0. 32 mg ロース(脂身つき) 0. 32 mg もも(皮下脂肪なし) 0. 32 mg もも(脂身つき) 0. 31 mg かたロース(皮下脂肪なし) 0. 3 mg かたロース(脂身つき) 0. 28 mg ばら(脂身つき) 0. 22 mg もも(脂身) 0. 13 mg そともも(脂身) 0. 11 mg かたロース(脂身) 0. 07 mg ロース(脂身) 0. 07 mg かた(脂身) 0. 06 mg 調理後の場合 部位(脂の有無) ビタミンB12の含量 ロース(脂身) 0. 6 ㎍ かた(脂身) 0. 5㎍ かたロース(脂身つき) 0. 5㎍ かたロース(脂身) 0. 5㎍ ばら(脂身つき) 0. 5㎍ もも(脂身) 0. 5㎍ ヒレ(赤肉) 0. 5㎍ かた(脂身つき) 0. 4㎍ かた(皮下脂肪なし) 0. 4㎍ かた(赤肉) 0. 4㎍ かたロース(皮下脂肪なし) 0. 4㎍ かたロース(赤肉) 0. 4㎍ そともも(脂身) 0. 4㎍ ロース(脂身つき) 0. 3㎍ ロース(皮下脂肪なし) 0. 3㎍ ロース(赤肉) 0. 3㎍ もも(脂身つき) 0. 3㎍ もも(皮下脂肪なし) 0. 3㎍ もも(赤肉) 0. 3㎍ そともも(脂身つき) 0. 3㎍ そともも(皮下脂肪なし) 0. 3㎍ そともも(赤肉) 0. 3㎍ 調理後の場合 部位(脂の有無) カリウムの含量 ヒレ(赤肉) 430 mg もも(赤肉) 370 mg かた(赤肉) 360 mg ロース(赤肉) 360 mg もも(皮下脂肪なし) 360 mg そともも(赤肉) 360 mg もも(脂身つき) 350 mg かた(皮下脂肪なし) 340 mg かたロース(赤肉) 340 mg ロース(皮下脂肪なし) 340 mg そともも(皮下脂肪なし) 340 mg かた(脂身つき) 320 mg そともも(脂身つき) 320 mg かたロース(皮下脂肪なし) 310 mg ロース(脂身つき) 310 mg かたロース(脂身つき) 300 mg ばら(脂身つき) 240 mg もも(脂身) 140 mg そともも(脂身) 130 mg かたロース(脂身) 110 mg ロース(脂身) 110 mg かた(脂身) 98 mg 調理後の場合 ナイアシンは糖質、脂質、たんぱく質から、細胞でエネルギーを産生する際に働く酵素を補助する不可欠な働きをし、皮膚や粘膜の健康維持を助ける働きもすることになります。 さらに、ナイアシンは不足すると「ペラグラ」という欠乏症が発症し、赤い発疹ができる皮膚症状、口舌炎や下痢などの消化管症状、神経障害などが引き起こされます。 ナイアシンは 成人男性で一日 12~15㎎、成人女性で 9~12㎎ほど摂取する必要があるとされています。 生肉の場合 部位(脂の有無) ナイアシンの含量 ロース(赤肉) 8. 6 mg ロース(皮下脂肪なし) 8 mg ロース(脂身つき) 7. 3 mg ヒレ(赤肉) 6. 9 mg もも(赤肉) 6. 6 mg もも(皮下脂肪なし) 6. 5 mg もも(脂身つき) 6. 2 mg そともも(赤肉) 5. 7 mg かた(赤肉) 5. 6 mg そともも(皮下脂肪なし) 5. 4 mg かた(皮下脂肪なし) 5. 3 mg そともも(脂身つき) 5. 1 mg かた(脂身つき) 4. 9 mg ばら(脂身つき) 4. 7 mg かたロース(赤肉) 4 mg かたロース(皮下脂肪なし) 3. 7 mg かたロース(脂身つき) 3. 6 mg もも(脂身) 2. 5 mg そともも(脂身) 2. 2 mg ロース(脂身) 1. 8 mg かたロース(脂身) 1. 5 mg かた(脂身) 1. 4 mg 調理済みの場合 部位(脂の有無:調理方法) ナイアシンの含量 もも(皮下脂肪なし:焼き) 9. 4 mg ロース(脂身つき:焼き) 9. 2 mg もも(皮下脂肪なし:ゆで) 5. 8 mg ロース(脂身つき:ゆで) 4. 9 mg ナイアシンは 「ロース」と「もも」に特に多く含まれているようです。 また、もともとナイアシン含量の多い 「もも」や「ロース」は焼くことによって、さらにナイアシン含量が増えるようですね。 女性であれば、一日分を摂取できてしまうほどの量となっています。 【まとめ】豚肉にビタミンBが多いのは本当?豚肉の栄養素をまとめてみた 今回は豚肉に含まれるいくつかの栄養素について解説しました。 ビタミンBが多いとされる豚肉は、 噂通り比較的多くのビタミンBを含んでいました。 ただ、野菜からは摂取することができないビタミンB12が多いのは赤身よりも脂身ということに少し驚きがありました。 今回お伝えした栄養素以外にも豚肉は様々な栄養素を含んでおり、今回ご紹介したのはほんの一部です。 なによりもバランスよく食べることが大切なので、今回お伝えした豚肉の栄養素については参考までにご活用ください。 最後までご覧いただき有難うございました。 人気記事.

次の