東海 オンエア 映画。 りょう (東海オンエア)

人気YouTuber「よさこいバンキッシュ」&「東海オンエア」沖縄降臨!ファンが大歓声 : 映画ニュース

東海 オンエア 映画

チャンネルメンバーシップって何? YouTubeにはチャンネルメンバーシップ制度というものがあります。 視聴者がメンバーシップを開設しているチャンネルに対して毎月定額の料金を支払うことで、そのチャンネルの『チャンネルメンバー』になれるという制度です。 簡単に言うと、YouTubeのファンクラブ制度です。 一つのチャンネルに対して月額490円かかります。 もし複数のチャンネルのメンバーシップに入りたければ、そのチャンネル分490円かかります。 月額490円と言えど、年額5880円…… ファンクラブ代として考えれば安いかもしれませんが、今まで無料で観れていたYouTubeに5880円も掛けるというのはなかなか勇気の必要な事ですよね。 というわけで、私が東海オンエアのメンバーシップに加入して、良いと思ったところやオススメポイントなどをご紹介していきたいと思います。 東海オンエアのメンバーシップ特典とは? メンバーシップの特典は、チャンネルごとに変わります。 東海オンエアの場合はこちらです。 コメントとチャットでメンバー用バッジが利用できる。 コメントやチャットをする際に、自分の名前の横にバッジを表示させることができます。 こんな感じですね。 私はあまりコメントしない方なので、正直無意味な機能なのですが…… 入っている日数によってバッジがグレードアップするので、 長く入っていらっしゃる方は ちょっとだけ優越感に浸ることが出来ます。 カスタム絵文字が利用できる。 生放送時のチャットで、カスタム絵文字が使用できるようになります。 これもバッジと同じく ちょっと嬉しい要素ですね。 メンバー限定ライブ・メンバー限定動画を隔週で配信 つまり週に一度はメンバー限定の東海オンエアの姿が見れるということ。 運用直後は、URLさえわかれば メンバーシップ会員以外も動画が見れるという事が判明し、 炎上してしまいましたが、 今は改善されています。 その時の記事がこちら。 (外部サイトへ飛びます) メンバー限定メッセージを毎日投稿 メンバー限定のメッセージは主にゆめまるさんが担当しています。 ごくごくたま~に他のメンバーが投稿したりも…… 内容は、動画の裏側やオフショットなど。 東海オンエアのメンバーはTwitterもしているので、そこでもオフショットは上がりますが、それとは被らないようにしているんだとか。 つまりメンバーシップでしか見られない東海オンエアの裏側が覗けるんです!! どんな人にオススメ? 1分1秒でも東海オンエアの姿が観ていたい!!という方なら迷わず月額490円を払ってメンバーシップ会員になりましょう。 しかし、大半の方は少し悩みどころだとおもいます。 そこで、どんな方にお勧めなのかをご紹介していきたいと思います。 ゆめまる推しの人 メンバーシップの限定動画はゆめまる編集です。 毎日のメッセージ投稿も主にゆめまるになります。 ゆめまる推しの方は絶対に入るべきです! ちなみに、私は特にゆめまる推しではありませんでしたが、メンバーシップに入会してから大好きになりました。 東海オンエアを支えたいと思う人 ファンならファンクラブくらい入るでしょ! という方にはオススメです。 現時点で、グッズ購入などの他には直接東海オンエアを支援できる先というのが無いのです。 心から東海オンエアを支えていきたいと思っている方はぜひメンバーシップ会員になりましょう。 メンバーのオフ風景が観たい方 メンバーシップの限定動画や生放送というのは、メインチャンネルや控え室の動画よりさらにゆる~い感じで進行します。 メンバーの動画用の気合の入った面ではなく、気の抜けたオフの面が観たい方にはオススメです。 動画の企画も、メンバーの私服を紹介したり、スマホに入っているアプリを紹介したりと、ファンならたまらない企画になっています。 動画の第二回を観たい方 東海オンエアの動画というのは、頭に『第一回』と付くことが多いのですが、基本的に単発で終了します。 ガキ使方式ですね。 これからも『第二回』企画はやってくれると思いますので。 あの動画面白かったな~。 第二回も観れたらな~。 と思っている方にはオススメです。 月曜のアナを埋めたい 東海オンエアというのは現在週6投稿で月曜日は基本的に動画投稿はお休みになります。 この月曜日休みというのがとってもキツイ……。 休み明けで頑張って仕事に行っているのに、東海オンエアの動画投稿はお休み……とても残念です。 今では、メンバーの個人チャンネルが月曜日に盛んに投稿されるようになりましたが、それまでは月曜日が本当に辛かった……。 そんな時は、投稿されていた限定動画や生配信を月曜まで見るのを我慢して、「月曜日はメンバーシップの動画を観るぞ!」と乗り切っていました。 最後に 一つ言えることは、 迷っているくらいなら入ってしまった方が良いということです。 学生さんにとっては決して安い金額ではありませんし、クレジットカードなどの問題もあるかと思います。 けれど、入れるものなら入って欲しい。 一緒に応援したい! これからも東海オンエアのメンバーシップには加入し続ける予定です。 何か面白い事があればまた記事にしたいと思います。

次の

YouTube Originals 新作!東海オンエア主演『株式会社グレーゾーン・エージェンシー』の詳細が YouTube FanFest 2019 にて発表されました。

東海 オンエア 映画

本日情報解禁された映画、「明日、キミのいない世界で」。 しっかりしたもできていて一気にテンションが上がった。 公開規模がなかなか大きくて、全国のイオンシネマ系列や、丸の内ピカデリー、シネクイントなどの劇場約50館を予定しているらしい。 YouTuberが主演の映画で、こんな大規模にロードショーされる映画って、日本では初めてじゃないかな? 青春ものっぽいけど、どんなテイストの話になるんだろう?予告編からすいさつするに、ちょっとSFっぽい展開とか?は無いか? 映画の内容以外に本日公開された関連情報としては、以下の3点かな。 そらちぃ&てつやのPhotobookが 1. のムビチケカード前売り券って何?と思って調べてみたら、ネットで座席指定予約のできる前売り券らしい。 カード型なので、映画鑑賞の記念にもなる、とのこと。 大人用のカードが1,400円だからお得だけど、 郵送料がかかるから要注意。 のグッズについて、発送までは5~6週間かかるとのことなので、実際に受け取れるのは年末くらいになるのかな。 の写真集もびっくり!映画ノベライズ版の書籍とか、少女漫画誌「なかよし」とのコラボもあるみたい。 監督はUUUMの映像制作担当でおなじみ、Hirokiさん。 甘栗とぐら 片田舎でのんびり生きてるアラフォー夫婦 夫:元システムエンジニア 妻:元ウェブデザイナー 最近の投稿• カテゴリー• 347• 201• 105• 13 アーカイブ•

次の

アバンティーズそらちぃ、東海オンエアてつやメインキャストの映画公開決定!

東海 オンエア 映画

UUUMクリエイターが手がける映画『明日、キミのいない世界で』(2020年1月10日公開)。 主演は、2011年7月25日から活動し161万人(2020年1月7日時点)のチャンネル登録者数を誇るYouTuber・のそらちぃ。 また、2013年10月12日から活動し487万人(2020年1月7日時点)のチャンネル登録者数を誇るYouTuber・のてつやが友人役として共演する。 若者から絶大な人気の動画クリエイター2人が映画出演での苦労、これからの展望について語ってくれた。 【そらちぃ】真斗(まこと)っていう役が僕のバックグラウンドとすごくクロスオーバーするところがあるので、僕が演じられてよかったかなと思いました。 【てつや】僕も役と被っていると思っていて、心平(しんぺい)もすごく根本が似てる人間だなって思ったのであんまり作りすぎずに年齢設定とかYouTube始めたてとか、そういうところを意識しただけです。 やりやすかったし、感情も入りやすいし、完成作品も僕を知ってくれている人も観やすいと思うし、知らない人にも心平のキャラというのが伝わりやすくなったんじゃないかなと思ってます。 【てつや】あんなに大人いたらね(笑)。 【そらちぃ】僕らは俳優ではないのでYouTuberなのでチャレンジするっていう形で今回やらせていただているので、泥を塗らないように、精一杯やらせていただきました! 【てつや】コントっぽいドラマっぽいのも自分たちで撮るんですけど、今回はひたすら撮られるだけで、終わったあとも確認ができないから、「今のOKだったけど、どんな感じだったんだろ?」って分からないのでずっと不安でした。 今日(関係者試写の日)が来たのでそこがプレッシャーというか、合ってるのかなってずっと不安のまま最後までいくので、俳優さんすごいなと思いましたね。 【そらちぃ】めっちゃいいコメントするじゃん! 【てつや】でしょ? 意外とできるのよ(笑)。 【そらちぃ】真斗ってミヅキ(三戸なつめ)に序盤はリードされるんですけど、年上の女性に翻弄されるっていうキャラだったんですが、カメラの外でも三戸さんは年上で落ち着いている方なので、演技の面ではアドバイスもらったりしました。 劇中と撮影の外でリンクするところがあったのでやりやすかったです。 【てつや】映画の中でお父さん(岩谷健司)と2人のシーンがたくさんあったので、その間にケンカのとき、「どうキレたらいいのか分からないんですよ」という話をして教えてもらったりしましたね。 自分では分からなかった怒り方みたいなのが出てると思います。 【そらちぃ】2019年、僕たちはアルバムを出したり、僕だけですけど2020年は今回の映画に出たり、いろいろな挑戦をやってきた。 東京五輪もあるし、それの集大成というか、東京のエンターテインメントが盛り上がるタイミングだと思います。 今まで培ってきたものをギュッとして、もっとおもしろいものを世の中に出せたらいいなと思います。 【てつや】ずっと目標がなくて、最初から最後までずっと目標なく来てるんですけど、目標ないまま、楽しいことだけしてたら今回の映画だったり、他の仕事に繋がったりしました。 そのまま、何も考えずにただ楽しいことだけしたら、どんな仕事に繋がっていくのかっていうのを楽しみにしていきたいと思います。 全体像を見るというよりは歯車としてどう作品が動くのかっていうのを考えてやったので、僕的には別物と考えてやりましたね。 【てつや】ただ映画を観るだけだった立場の頃は監督がいてカメラマン、スタッフ、俳優の方たちがいて仕事っぽい感じなのかなと思っていました。 でも、助監督さんがめっちゃおもしろくて、本当に楽しんで温かい現場を体験しました。 そういった、チームで盛り上げて作り上げるっていうのも大事だなと思ったので、僕はそういう意味では(クリエイター活動と)近いものを感じました。 【そらちぃ】ミヅキがピアノを弾いているのを見ているシーンがあるんですけど、そこでセリフを発さずに動きだけで心情を表現しているので、そこを観てほしいかもしれないですね。 【てつや】信じてもらいにくい話なんですけど、女の子が苦手で、女の子を下の名前で呼ぶのがすごく苦手なんですよ。 台本で「遥」とあって、そこを一番、練習しました(笑)。 【そらちぃ】意外とピュアだからね(笑)。 同作は、田舎で暮らすごく普通の高校生、真斗(まこと/そらちぃ)の何気ない日常からはじまる。 真斗は小さな商店を営む母と小学生の妹と3人で暮らし、幼なじみの心平(しんぺい/てつや)とは大の仲良しで夢見がちなお調子者。 同級生の遥(はるか/小林万里子)に心平が想いを寄せるが、遥が好きなのは真斗だと気がついている。 そんな彼らの前に、ミヅキ(みづき/三戸なつめ)があらわれた。 高校3年生のひと夏、彼らは世界の広さと青春のほろ苦さを知り、少しずつ大人になっていく青春ストーリー。 監督はUUUM所属のクリエイターでもあるHiROKiが務めた。

次の