いつまで自粛。 自粛いつまで?専門家会議メンバーに聞く→さすがにもう経済が持たないだろ

【いつまで!?】自粛はもう嫌だ!「つまらない!」「飽きた!」中止や延期ばかりの日本にうんざり!

いつまで自粛

子どもの休みは親の勤務。 つまり無期限勤務だ 4月20日現在も、新型肺炎コロナウイルスは猛威を振るっている。 世界の感染者数は240万人を超え、死者は16万人を超えた。 医療崩壊只中のイタリアやスペイン、アメリカの状況は、決して対岸の火事などではない。 遅かれ早かれ休校措置はとられただろう。 だが、翌週からの各家庭での惨状は予想以上のものだった。 たしかにこれまでも夏休みなど長期休暇はあった。 そしてそこに新たに加わる「在宅勤務」推奨の波。 ちなみに断っておくが、冒頭に登場したパパは決してDV夫などではない。 普段から子ども思いで、子どもたちもパパが大好き。 感じのいい笑顔も、ママさんたちからお墨付きだ。 しかしそのパパをしてヨーグルトを投げつけるという蛮行に駆り立てるほど、長引く自粛生活はストレスに満ちている。 子持ち自粛生活の疲れは、「時・食・住」の3重苦からうまれる 構図は単純だ。 これが何日も続けば、立派な「自粛疲れ」の出来上がりだ。 そうならないのは、よほど聞き分けのいい子どもを持つか、豪邸に住んでいるかのどちらかだろう。 今回、周囲のママ友たちに聞き取り調査を行った。 集まってきた声はさまざまだが、突き詰めれば3つの問題に集約される。 それが衣食住ならぬ、「時(間)・食・住」の問題だった。 何より悲鳴が上がったのは、「食事」問題だ。 普段、家庭で食事をつくり慣れているはずの主婦たちですら、家族全員が連日三食食べ続けることの負担は想像以上だった。 「食費が半端ない」「買い出しが追い付かない」「一日中食事の準備と片付けに追われている」「もうレシピが思いつかない」「夫の分の、量と品数が余計に負担だ」などの声が届いてきた。 なかには「人はなぜ1日に3度も食事をする生活に進化してしまったのか……」と悩む人まで出る始末。 ちなみに子どもが3人いる我が家では、8時、10時(おやつ)、12時、15時(おやつ)、18時と、ほぼ2時間ごとに食べ物を要求され、しまいには「バナナでも食っておけ!」と叫ぶ毎日だ。

次の

一体いつまで続く…自粛による「コロナ疲れ」の末、私がやめたこと 在宅勤務に怒り爆発! 精神崩壊寸前 (2ページ目)

いつまで自粛

1 COVID-19による緊急事態宣言下の自粛要請はいずれ終わる。 その出口は、早いか遅いかの違いで必ずやってくる。 本稿をまとめている2020年5月なかばにおいては、日本の39県ですでに緊急事態宣言が解除されており、残りの8都道府県でのみ継続中だ。 遠からず感染の収束が確認されたら、すべての都道府県で解除されることになるだろう。 しかし自粛要請が終わったからといって、すぐにかつての日常が戻ってくるわけではない。 当面、ぼくたちは、行動を変容させた「新しい日常」の中で、「コロナ禍」と付き合っていくことになる。 では、それはいつまでだろう。 答えは、多くの人が気づいているように、「最短でも1年以上」だ。 「ワクチンか画期的な治療薬が開発されて、広く使われるようになれば、究極的な解決、といえるかもしれません。 でも、それには最短でも1年半から2年かかります。 それに、ワクチンができない感染症も多いので、COVID-19のワクチンができる保証はないんです」 ワクチンができれば病気にかかることなく免疫をつけることができるので、ぼくたちは一気に集団免疫(herd immunity)を確立することができる。 しかし、ワクチンの開発は、時間がかかるだけでなく、病原体によってはワクチンができないこともある。 例えば、マラリアには効果的なワクチンがないし、2014年に日本で流行したデング熱も初回の感染より2度目の感染の方が重症化することがあり安全なワクチンの開発が難航している。 COVID-19がそのような厄介な性質を持たず、ワクチンが十分な免疫を与えてくれるものだとしても、臨床試験(治験)を終えて、ゴーサインが出るのは1年以上先の話だろう。 また、よく効く治療薬が開発されて、COVID-19が「怖い病気」ではなくなれば、それも状況を一変させる力を持つだろう。 しかし、既存薬の中にそのようなものがなければ、新しく開発される薬に期待するしかないし、それがうまく見つかったとしても、やはり慎重な臨床試験を経て承認されるので、それが市中の病院で安心して使えるようになるはずっと先の話だ。 それによると、最短で終息する場合というのは、1年間で世界人口の40から70パーセントが感染して、集団免疫がついて、Rが1未満になって終息する場合です。 1年以内に全世界の半分ぐらいの人が感染すれば終息すると。 でもこれ、世界人口を考えたら、控えめに見ても900万人が死亡することになりますし、医療的対処の許容量を超える『オーバーシュート』が起こるとIFRも上がるので、最悪5250万人が死亡という計算ができてしまうんですよ。

次の

イベント自粛いつまで? 問われる企業の危機管理と再開判断

いつまで自粛

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、兵庫県知事が不要不急の外出自粛を呼び掛けた2回目の週末。 桜が咲き始めた29日、兵庫県内の公園は閑散とし、繁華街は人通りが減った。 長期戦も想定されるだけに、市民や商店主らは「いつまで続くのか」「どこまで不要不急?」と疲れや迷いを口にした。 (田中宏樹、伊田雄馬、小谷千穂) この日の神戸市の最高気温は3月中旬並みの13・5度。 好天だが風が冷たく、桜も満開とはいかなかった。 県立明石公園(明石市)では、「花見席」と記した張り紙が5~7メートルおきに地面に打ち付けられた。 県は間隔を空けて座ることや、飲酒をしないよう呼び掛けている。 友人4人と訪れた神戸市西区の短大生(19)は1カ月ほど前に日程を決めた。 「全員の予定がこの日しか合わなかった。 屋外だし、隣のグループと距離を置けば大丈夫かな」。 見頃は次の週末になりそうだが、同園の担当者は「今後、感染が広がれば、花見自体の自粛要請や禁止になるかもしれない」とする。 同市長田区の男性(70)は携帯電話が故障し、買い替えのためにショップを訪れた。 「これは『急ぎ』に入るよね」と苦笑し、店を出ると家路を急いだ。 座席間隔を空け、消毒をして営業を続ける三宮の映画館。 主婦(61)=同市灘区=は「3月末までの無料券があったので見に来たが、人の目がとても気になる」と後ろめたい気持ちを明かした。 新開地のゲームセンターを訪れた会社員男性(40)=同市兵庫区=は「感染したら会社に迷惑がかかるので短時間で切り上げる」という。 「営業職なのに、お客さんに会いに行けない。 長引くと業績に影響するのでは」。 つかの間の気分転換だ。 阪急神戸三宮駅近くの飲食店「スペインバル Eng(エン)」の石井涼店長(27)は「3月の売り上げは例年からほぼ半減。 このままでは弁当販売も考えなければ」と嘆く。 国や県に対し、「例年の売り上げの3割でも補償があれば助かるのだが」。 ジュンク堂書店三宮店は「おうち時間を本で楽しもう」と特設売り場を設置。 新型コロナに関する書籍の他、室内運動やレシピ本を並べた。 粂川武史副店長は「今月の客足は前年同期より2割ほど少ない。 売れ筋を見極めていきたい」と力を込めた。 【記事特集リンク】.

次の