アイアン スイング 基本。 アイアンスイングを上達!ダウンブローの打ち方を小川泰弘プロが解説|ゴルフサプリ

アイアンのスイングの基本

アイアン スイング 基本

アイアンはダウンブローで打つのが基本です。 この記事では、そのダウンブローの打ち方を書いていきますね。 ダウンブローに打つためのアドレス アイアンのアドレスはハンドファーストに構えます。 グリップを左足の付け根の下にセットします。 股関節の少し左側。 そこにセットして、ボールを両足の真ん中にセットします。 これだけでグリップがヘッドより前に出たハンドファーストの構えの出来上がり。 簡単でしょ? ただし、注意点があります。 必要以上にグリップを前に出したハンドファーストの構えにしないこと。 グリップを前に出しすぎるとボールが高く舞い上がるだけの打球になっちゃいます。 ダウンブローに打つためのスイング アイアンはスイング軌道の最下点がボールより後にきます。 インパクト後に最下点がきます。 簡単にいえば、 スイングの最下点の手前でフェースがボールに当たるように打ちます。 ボールに当たってからヘッドがターフを削り取っていく軌道です。 そして、ヘッドをグリップより遅らせて振りましょう。 打球の球筋と飛距離はクラブが自動的に出してくれるということ。 飛ばそうとして余計な力を加えると、ミスショットにつながります。 アイアンは飛ばすためのクラブじゃなく、狙った場所に正確に打つためのクラブです。 意外なコツを教えますね。 ロングアイアンの打ち方を説明します!苦手なのは打ち慣れてないからです。 3つの意識を変えれば上手く打てるようになるでしょう。 ショートアイアンの打ち方は少し独特です。 ロングでもミドルとは違いバックスイングが大事なのです。 その理由もお教えします。 アイアンのトップ位置って目安がなくて難しい(汗)そうお悩みのあなたはこの記事をご覧くださいませ。 五番アイアンの打ち方を理解して毎回安定したショットを打つことができれば100切りは達成できます。 アイアンでのトップの原因は何なのか?実はゴルフのスイングで大切な部分ができてないのです。 アイアンの打ち方は手首の返しとグリップの位置が重要となります。 安定したショットを打つためのコツを書いていきます。

次の

アイアンショットのゴルフスイング上達のポイントとは

アイアン スイング 基本

正しいインパクトの一つ目のキーワードはハンドファースト。 インパクトの時にクラブヘッドよりグリップの方が前に出ている状態を作ることです。 ハンドファーストでインパクトできた場合、クラブが地面より先に球に当たる確率が高くなります。 つまり、ボールをクリーンに捉えられるということです。 アイアンの性能を引き出し、意図した距離を飛ばすためにはハンドファーストのインパクトは必須ですので、常に意識しておきましょう。 逆に、インパクトの際にグリップがボールよりも後ろにある状態のことをハンドレイトといいます。 インパクト時にクラブが先行してしまうと、ボールをクリーンに捉えることが難しくなり、ダフリやトップといったミスの原因となります。 正しいインパクトの2つ目のキーワードはダウンブロー。 クラブが最下点に到達する前にボールに当たることを指します。 ハンドファーストでのインパクトができれば自然とダウンブローの形もできあがり、ボールをクリーンに捉えることができるようになります。 また、クラブヘッドが上から入ることにより、打球にしっかりとバックスピンがかかるのもダウンブローのメリットのひとつです。 グリーンに落ちた時にキュッと止まりやすくなるので、スコアを安定させるためにも効果的です。 ちなみにティーアップして打つドライバーショットの場合はダウンブローではなく、アッパーブローでボールを捉える方が好ましいです。 ボールのバックスピン量を抑えることができ、大きく飛ばすことにつながります。 ゴルフのスタンスは肩幅を基準に、「ワイドスタンス」と「ナロースタンス」に分類されます。 ワイドスタンスは肩幅より広めにスタンスを取ることで下半身が安定し、強くスイングしたいときに有効です。 大きく飛ばすことを目的とするドライバーショットに適しています。 逆に肩幅より狭いスタンスをナロースタンスといいます。 強いスイングには向かないものの、クラブヘッドの軌道が安定しやすくショット精度を高めやすいというメリットがあり、アプローチショットに向きます。 アイアンショットの場合はそこそこの飛距離と精度が同時に要求されます。 ワイドとナローの中間、つまり肩幅ぐらいのスタンスを取るのがベストということです。 とはいえ、打ちやすいと感じるスタンスの広さは人によって微妙に異なります。 肩幅を基準としつつ、ちょっと広げたり、狭めたりしてご自身が一番打ちやすいスタンスを探してみて下さい。 アイアンでボールをセットする位置は、7番アイアンを基準にしましょう。 7番アイアンではボールを体の中心にセットし、6番、5番…とクラブが長くなればボール半個分ずつ飛球方向へ、逆に8番、9番…とクラブが短くなればボール半個分ずつ飛球方向と逆へずらしていきます。 体の中心の位置が分かりにくい場合は、練習の時に両かかとの中心にクラブを置き、均等にまたぐようにスタンスを取るのがおすすめです。 体のセンターを常に意識しながらボールをセットする癖をつけておくと、ゴルフコースでのラウンドの際にも無意識に正しいフォームを再現できるようになります。

次の

【図解】すぐにできる!正しいゴルフスイング軌道を作る方法

アイアン スイング 基本

ドライバーのように長いクラブをスイングすると、シャフトが首に巻き付くようなフィニッシュになりますが、アイアンは違います。 そこまで振っていきません。 はじめに言っておきますが、アイアンは飛ばすのが目的ではないです。 アイアンの目的は、目標をとらえること これが一番の目的です。 なので、 大振りは禁物! アイアンで大振りしないために気をつけること。 そのためにすべき事は、3つあります。 フィニッシュの直前で止めると上手くいく アイアンのフォロースルーはフィニッシュ直前で止めてみましょう。 フィニッシュ直前と書きましたが、はじめは上手くいかないこともあるので、インパクトで止めるイメージでちょうどよいぐらいだと思います。 できる人は、リストが自分の左肩の上にきたときにスイングを止めてみましょう。 止めるための力が必要ですが、ドライバーのフォローよりも意図的に手前の段階で身体と手の振りを止めます。 意外だと思いますが、 この止める力でインパクトが強くなります 止めることにより、シャフトがしなるのでヘッドスピードは上がるのです。 大きく振らない割には、飛距離が落ちない秘訣でもあるのです。 アイアンでフォローを止めるメリットをまとめますと、 ・ ショットが安定し、目標をとらえやすくなる ・ インパクトが強くなり、意外と飛距離が出る というメリットがあります。 3つの意識を変えれば上手く打てるようになるでしょう。 ショートアイアンの打ち方は少し独特です。 ロングでもミドルとは違いバックスイングが大事なのです。 その理由もお教えします。 アイアンのトップ位置って目安がなくて難しい(汗)そうお悩みのあなたはこの記事をご覧くださいませ。 五番アイアンの打ち方を理解して毎回安定したショットを打つことができれば100切りは達成できます。 アイアンでのトップの原因は何なのか?実はゴルフのスイングで大切な部分ができてないのです。 アイアンの打ち方は手首の返しとグリップの位置が重要となります。 安定したショットを打つためのコツを書いていきます。 アイアンで必要不可欠なダウンブローの打ち方を書いていきます!.

次の