漏電 ブレーカー 落ちる。 漏電遮断器 「ブレーカー」が落ちる原因とその対策

【漏電ブレーカーの特徴】漏電ブレーカーが落ちる原因と漏電箇所の特定方法

漏電 ブレーカー 落ちる

たまに主幹ブレーカーが落ちて困ってるとのご相談を受け原因調査のため大阪市福島区にあるW居酒屋店様にお伺いしてきました。 まず、どういったときにブレーカーが落ちるのか店長様に聞き取り調査をしたところ月に1~2度程度、雨天で夜の営業中に店内すべてが停電になるとのことです。 絶縁測定では問題がありませんので漏電ではなそうです。 漏電ブレーカーの誤動作の可能性もありますが。。。 店長様の気になる言葉が・・・ ん~ちょっと待てよ。 漏電ブレーカーが頻繁に動作して停電になるのではなく月に1~2度程度で、しかも雨天の日に限り夜の営業中に起こるとなると雨が原因で外部の投光器あたりで漏電しているのではないかと外部を見回したところ ピンポンです。 『雨・夜・停電』となれば残りは雨天におこる漏電しかありません。 やはり 『雨が入って漏電してよ!』と言わんばかりに埋め込みコンセントの差し込み口が軒下の水気が侵入する方向に向かってぶら下がっていました。 通常、水気があたる外部には防水コンセントを使用しますが、室内で使うコンセントを外部で使っていたとは、なんともお粗末な電気工事です! 今後、漏電が生じないように埋め込みコンセントを取外して修理を行ない無事完了しました。 施工地域:大阪市福島区W居酒屋店様 工事内容:漏電調査及び原因箇所修理 右側の軒下に電線と一緒にぶら下がっているのが、漏電の原因となったコンセントです。 和風のレトロな雰囲気を演出しており軒も瓦ではなく木目デザインのため雨が降れば当然水気が浸透して埋込コンセントに水気が侵入したと考えられます。 見覚えがあると思いますが室内で使用する埋込みコンセントです。 しかも差し込み口を水気が浸透する上向き方向 『漏電を誘導 』 しているような取り付け方です。 問題の埋込みコンセントを接続部から切り離します。 埋込コンセントを切り離したあと接続部を絶縁テープでしっかりと保護しすれば雨の日でも大丈夫です。 漏電の原因となっていた埋込コンセントを取外したので今後、コンセントが原因で停電になることはありません。。 当店に、ご依頼いただき誠にありがとうございました。

次の

ブレーカーがよく落ちるご家庭必見!そのブレーカー、漏電していませんか?

漏電 ブレーカー 落ちる

ブレーカーが落ちてしまう原因は? ブレーカーが落ちてしまう原因は2つあります。 まず、1点目としては契約アンペアよりも使いすぎた場合です。 私達は、電力会社と1カ月あたりどれくらいの電力量を使用するのかアンペアで契約しています。 契約したアンペアの電力量は、電力会社がアンペアブレーカーにより契約した電力量をオーバーしないように管理しています。 普段、生活の中で電気を使用しており突然、停電状態になることがあった場合は、 契約した電力量以上に電気を使いすぎているということになります。 2点目は、漏電ブレーカーが漏電したことで落ちてしまうときです。 漏電ブレーカーは、漏電が起きたときに作動するブレーカーですが、この場合も家全体の電気が使用できなくなり火災などの事故が起きる原因にもつながってきます。 漏電の原因ですが、電化製品の故障やショート、絶縁体の劣化などです。 絶縁体が劣化すること電気が外に逃げてしまいそれが漏電になります。 絶縁体の劣化以外のトラブルは、結露や湿気などが原因ですが雨が多い梅雨時など電化製品のコンセントなどに雨水が浸入することでも起こります。 ブレーカーが落ちたときの直し方は? では、次に「漏電ブレーカー」です。 この場合はどこかで漏電が起こっているわけですから、漏電個所を確認を調べなければいけません。 漏電ブレーカのスイッチは落ちたままの状態で、安全ブレーカーのスイッチを全て切ります。 そうしてから漏電ブレーカーを「入」にした上で安全ブレーカーを1つづず入れていきます。 この操作によって1ヶ所でパチンと漏電ブレーカーが落ちる場所が出てきます。 そこが、漏電箇所となります。 例えば、漏電箇所が古いエアコンを使っている部屋であることが判明したとします。 まずは、その部屋で使っている全ての電気を調べます。 コンセントを入れていたのは、エアコンとテレビとスマホの充電器ということが分かりました。 次に使っている家電をコンセントから全て抜いて、再度ブレーカーを入れてみます。 すると今度は、漏電ブレーカーが落ちませんでした。 という事は、その部屋で使っている電気製品が原因だと推測できますよね。 次に一つずつ、コンセントに差し込んでみます。 スマホの充電器とテレビは大丈夫だったけど、古いエアコンを入れるとバチンと・・・ ということは、この古いエアコンに漏電の原因があると見てよいでしょう。 エアコンが原因で漏電ブレーカーが落ちる場合、そのエアコンが壊れている可能性が高いですから、修理若しくは買い替えを検討する必要がありますね。 ただしエアコンの場合、梅雨の時期や、雨が続いて湿気が多い時などに壊れていないのに、漏電ブレーカーが落ちる時があります。 そんな時は、コンセントを一度抜いて乾いた布で拭き、数時間乾燥させてから再度また差し込んでみるのも一つの手です。 何の問題もなく使える場合は、漏電ではなく湿気が原因ですのでエアコンが壊れているわけではないのです。 上記の方法でもダメな場合は、コンセントは抜いたまましましょう。 この場合は諦めて修理するか、買い替えるかしてくださいね。 漏電の場所まで特定できている場合は、後は専門家に任せるのが確実かと思います。 修理費用の相場は30,000円前後と高めですが、後々の火災を防ぐと思って我慢しましょう。 安全ブレーカーの場合は?? 次に「安全ブレーカー」ですが、これはブレーカーが落ちた部屋で使用する電気の量が大きすぎる事が原因です。 ですから、その部屋で一度に使用する電化製品の量を制限しましょう。 一度その部屋で使用している電化製品のコンセントを全て抜いてから安全ブレーカーのスイッチを戻しましょう。 ブレーカーが落ちないための対策方法! ブレーカーが落ちたら対処するのではなく、 落ちないように普段から対策を取るのが一番です。 場合によっては、家電製品が使えなくなってしまうこともありますから、常日頃からブレーカーが落ちないように気を付けましょう。 では、具体的にどんな対策方法を取ればよいのか解説していきます。 繰り返しになりますが、アンペアブレーカーと安全ブレーカーが落ちるのは、 電力の使い過ぎが原因です。 電力の使い過ぎを防ぐためには、各家電製品がどのくらいの消費アンペアなのかを知る事が必要です。 またアンペアブレーカーが落ちる場合は、電気を使う時間帯を分散させる事も重要です。 家全体で一度に使う電気の量が多いと、アンペアブレーカーが落ちやすいですから消費電力が大きい家電をリストアップしてみるのも良いでしょう。 しかも、消費電力の高い家電を使う時間帯を上手に分散できれば、契約アンペア数を減らし基本料金を節約することもできると一石二鳥です。 こんな電化製品はブレーカーが落ちやすい?! では、どんな電化製品がアンペア数が高いのか紹介しますね。 まずは、常に使っている代表的な家電の「アンペア数」についてです。 ドライヤーを使ったらブレーカーが落ちた、なんて経験をされたことがある方も多いでしょうね。 漏電ブレーカーは、実際にブレーカが落ちない事には対策を取るのは難しい部分があります。 出来ることといえば、湿度を管理し結露を防ぐことぐらいでしょう。 安全ブレーカーは同時に使う一部の家電を、回路の違うコンセントへつなぐ方法が考えられますね。 ただし、この場合は電気料金プランを見直したほうが電気代をお得にすることが出きます。 まとめ.

次の

漏電ブレーカーが落ちる理由。

漏電 ブレーカー 落ちる

ここではわかりやすく、配線用遮断器(はいせんようしゃだんき)のことも安全ブレーカーと呼びます。 これらのブレーカーが落ちる原因は、 ・漏電している ・電気を使いすぎている この2つが考えられます。 漏電しているの場合の対処法 漏電(ろうでん)とは字の通り、どこかに 電気が漏れている状態で非常に危険な状態です。 漏電しているところに濡れた手で触れば感電し最悪の場合、死亡する可能性もあります。 それを防ぐために、漏電ブレーカーが漏電を検知してブレーカーを落とすことで危険な状態を防いでいます。 漏れている電気が少なくなれば再びブレーカーを上げることができますが、漏電ブレーカーが頻繁に落ちる場合は危険な状態が続いていますので早急に対処が必要です。 漏電の主な原因は次の通りです 接地(アース)がされていない 漏電する原因として多いのは、洗濯機や食器洗い機などの 水回りの電気器具の接地(アース)がされていないケースが多いです。 接地(アース)は緑色の線でコンセントについていることがありますが、繋がないままぷらーんとしていても使えてしまうのでそのままにしている人も多いでしょう。 しかし、 接地(アース)には漏れた電気を安全に逃がす役割があるので必ずつないでおきましょう。 電線をつぶしている・キズついている その他の原因としては、 電源のコードを何かでつぶしてしまっていたり、電線の被覆(ひふく)がキズついて銅線がむきだしになってしまっていることが考えられます。 例えば、金属の収納ラックなどで電源コードをつぶしていると収納ラックに電気が流れます。 この状態でラックに触れば感電してしまいます。 同じように、銅線がむき出しになっているところに金属製のものが触っていると電気が流れて感電します。 電気が流れているところは熱をもちますのでそこが原因で火事になる可能性もあります。 漏電してそうな箇所が探しても見つからない場合は、漏電を調べる専門の機器をもっている電気工事屋さんや電気保安協会に相談してみましょう。 電気の使いすぎの場合の対処法 契約ブレーカーや安全ブレーカーが落ちるときはブレーカーの容量以上に電気をつかっている場合です。 安全ブレーカーが落ちる場合 一般家庭で使われる安全ブレーカーは15~20Aになっています。 それ以上の電気を使うと安全ブレーカーが落ちるのでそれを超えないように電気をつかわなくてはいけません。 タコ足配線や延長コードなどでひとつのコンセントからたくさんの電気を使えば、その回路の安全ブレーカーが落ちてしまうので、違うコンセント回路から電気を使うようにしましょう。 安全ブレーカーが落ちるときは、家全体の電気が切れずに一部の電気が切れています。 使えるコンセントを見つけてそのところから電源をとってみましょう。 ・タコ足配線をやめる ・電源をとるコンセントを分けてみる 契約ブレーカーが落ちる場合 契約ブレーカーが落ちる場合は、電気を使いすぎることで家全体が停電します。 例えば、各部屋でエアコンをつけたり、電子レンジやドライヤー、ホットプレートなど電気を多く使うものを色々な部屋で同時に使ったときなどに契約ブレーカーが落ちることがあります。 これは契約ブレーカーの容量以上に電気を使っていることが考えられます。 この場合は、一度にたくさんの電気を使わずタイミングをずらして使うように工夫しましょう。 使っていない電気やテレビを消したりする節電も大事です。 それでも、頻繁に落ちるようであれば契約ブレーカーの容量が足りていない可能性があります。 季節の変化や子供の成長など、ライフスタイルによって電気を使う量は変わってきます。 この場合は電力会社に電話やインターネットで契約容量を上げてもらうように申し込みましょう。 しかし、 契約容量が上がると月々の電気基本料金も上がりますので注意が必要です。

次の