インスタ質問箱匿名じゃない。 インスタの質問箱って誰が質問したかわかるんですか?

インスタグラムの質問機能は匿名ではなく相手にバレてしまうのでご注意!送信を取り消す方法はある!?

インスタ質問箱匿名じゃない

悪いことには使わないでください Twitterの質問箱での特定の考え方 まず、 Twitterを含め、あなたインターネットに接続している全ての方法に言えることです。 特定をする方法というのはかなり地道な作業になります。 映画さながらのコマンドラインが流れまくってきて「こいつの住所はここや!」 なんてものはありません。 それではどうやって、特定する方法があるのかというと、細かい相手の挙動だったり、実際に接続されるIPを調べてみたり、そういった小さな情報から推測を進めていくことになります。 いわば探偵のような地道な作業なのです。 基本的に質問箱のほか、インターネットではそういった推測の元で特定されていくことがほとんどです。 それを確定させるための要因を今回いくつか書いてみたいと思います。 例えば書き方だったり、誤変換だったりは 質問箱で特定するために重要な手段にもなったりします。 それと犯人らしきTwitterのアカウントで思い当たる人がいれば、 その誤変換の特徴だったりを見て比べてみましょう。 恐らくここですでに特定されてしまうというような例も少なくはありません。 また、絶対に句読点を打つ位置なども人によって決まってきます。 そういった細かなところを見ていく作業もとても重要です。 これがどう特定に役立つのかというと、アクセス解析の情報から収集します。 これにはしばらく時間がかかってしまうため、質問箱と同時にURLを固定ツイートに設置しておきましょう。 そして、もっとうまいテクニックは短縮URLを使ってみたり、一見URLを推測困難にする形で貼り付けておきます。 このあたりは文字数の関係で言い訳しておけばベストです。 このあたり、実はTwitterでの乗っ取りとして使われることがあるので、セキュリティ面での今後の知識としてお役立てください。 それだけにここまでやったことをして放置しておくだけでも、勝手にあなたの手持ちのサイトにIPアドレスなどの記録がどんどん収集されていきます。 特にサイトに何も中身のある内容ではなくていいので、適当につくりあげていくと、相手はそれを隅々まで見ること間違いなしです。 お問い合わせフォームやコメントフォームなど設置すれば、 そこからまんまと質問箱のようなメッセージを送ってきてくれるかもしれません。 そこにもまた、同様にIPアドレスが記録されるのです。 ここで特定に完全に役立つわけではないということはご了承ください。 どんな端末を使っているというような情報だったり、地域は大体このあたりだろうなというような情報です。 さらに、最近はプロテクトがかけられていることもあるので、このあたりは地道にやっていくものとしましょう。 IPから調べることができるというのは その程度のレベルですが、質問箱であなたができる行動が限られているだけに、そういった些細な情報も特定のやり方としては非常に参考になるものです。 そして、面白情報だったりをスクリーンショットでTwitterであげているような人が居るならば、そんなところも特定できる内容となります。 そして、収集した結果と見比べ、 大体この人かなというようなところをどんどん絞っていきます。 そうすることで、大抵犯人は絞れていることは多いです。 相手が匿名ソフトなどを使っていない限りは、後は細かく自分なりにフィルターをかけていくことで、特定はほとんど完了です。 そんな時には、質問箱の内容から 特定するというのではなく、警察だったりにしっかりと通報しましょう。 動いてくれなければ弁護士です。 犯罪との関連性がしっかりとあれば、今やITの時代で警察もしっかりと知識を身につけているので、真剣に対応してくれます。 もしくは、相談する時間もなく、本当に被害届を出せるのかというようなことで困っていれば 「 9110」で実際に相談をすることができますので、それでご確認ください。 現実、Twitterの質問箱の特定するやり方を試したところで さて、ここまで書いたことはあくまでも合法で出来ることです。 もっと詳しくTwitterと質問箱を絡めて特定を進めていく技術がないわけではありませんが、あなたが恐らく読むのを諦めてしまうレベルの技術内容になってしまいます。 そういった意味では、もっと特定をしたいのであれば javascriptだったりを勉強してみましょう。 そして、実際に筆者もこれらのスキルを悪用できないことはないのですが、やったところで自分の手に鉄の輪をはめられてしまうことを考えると、やるのには躊躇してしまいます。 それにですが、大抵の質問箱での特定をしたところで、 次に現実的にあなたがどんな行動ができるかです。 相手に詰め寄って言いくるめてそれで終わりでしょうか。 もしくは、それよりなことを考えているでしょうか。 特定のやり方だったりを調べて、本当に特定したところであなたに残るものというのは少なかったりします。 それでもあなたは心の中で怒りに満ち溢れているかもしれません。 筆者もこのサイトを運営していて、心無いコメントなどはいっぱいされたことがあります。 一番あなたにおすすめできる方法は、 とにかく無視です。 相手の気が済むまで言わせてあげてください。 その間ちょっとあなたも心が荒れるかもしれませんが、やったことは結局自分に返ってきます。 それが人生というものです。 そして、あなたが特定方法で合法じゃない手段を知ったとしても、次は隠蔽させるための技術をしらなければなりません。 できなければ、刑務所行きです。 そういったリスクを考えながら、特定をすることに価値を感じるでしょうか。 恐らくはほとんどの場合は無いと思います。 相手にいつか返ってくることを心の中で思いながら、放置しておきましょう。 それがあなたにおすすめの手段です。 もちろん、何かしらの犯罪に巻き込まれていればすぐに警察に相談です。

次の

Peing(質問箱)で特定したい!特定する方法やされる/バレる可能性は?

インスタ質問箱匿名じゃない

みなさん「質問箱」はご存知ですか? 僕のnoteに来てくれる方のほとんどがtwitter経由ですから、知ってる方がほとんどじゃないかなと思います。 登録すれば専用の質問フォームがすぐに作れるあれです。 じゃあ、今度は答えにくい質問を。 こう言われると、なかなか手放しで好き、という人は少ないんじゃないでしょうか。 「質問箱」でググると「質問箱 うざい」「質問箱 ミュート」と出てくるように、正直なんとなく マイナスのイメージ、マイナスといかないまでも、「 モヤッと感」を抱いている人が多いんじゃないかなと思います。 僕はやったことはないんですが、見る側として「モヤッと感」を抱いているので、そんな僕なりにこの質問箱に対するマイナスイメージともやっと感を言語化して、幸せに使う方法を提示していこうかと思います。 質問箱は、「テロ」である まずちょっとしんどいなっていうのが、 定期的にTLが埋め尽くされること。 2017年から質問箱はスタートしたらしいんですが、当時高校2年生、つまりTwitter盛りだった 僕のタイムラインはあの文字画像だらけでした。 それからも定期的に質問箱の「波」が訪れる事があって(フォロワーの多くが時間を持て余す長期休み等)、そのたびにあの画像ばっかりにタイムラインがなるのを見て、正直ちょっとうんざりすることもありました。 「ミュートすればいいじゃん」って言われればそれまでなんですが、見たい人もいたりするんですよ、全部が全部うんざりなわけじゃないから、そんなこと言わんでください。 「時間を作りたければ、今すぐスマホを捨てろ」みたいな「 そうできればいいんだけどさーー!」みたいなハウツー本のタイトルみたいなこと言わんでください(例えが長い) 僕は質問箱って「 テロ性」が類似のサービスと比べて高いなと思うんですね。 他にも類似の匿名で質問できるフォームはありますけど、それはかなり「閉じた」空間なことが多いです。 インスタの質問箱とかも比較的「閉じた空間」で投稿されていると思っていて。 インスタのストーリー機能からはみ出ない範囲で回答されていますし、質問と回答が同じ場所で行われています。 対して質問箱は、URLをおいた場所ならどこからでも質問を吸い上げる事ができて、入口が広いですし、もっともテロ性が高いのは出口も広いことです。 Twitterにシェアするかどうかはもちろん設定できるのでしょうが、多くの場合投稿されてますよね。 その回答の生まれ落ちる場所は他の人の全くジャンルの違う質問もあふれる誰かのタイムラインです。 この という性質がテロ性を高めているんです。 受け取りたい情報を選んでいる感のある自分のタイムラインに「自分じゃない誰かがしたわりかししょうもない質問」に「知らなくていい、もしくは知りたくなかった回答」を「知ってる人」がしているという構図が突如投下されるというのはもはやテロです。 秩序なし。 「自慢の多い人ってどう思いますか?(てめぇのことだよ)」 次に指摘したいのは、 質問の形をした悪口が多いことです。 「質問箱は匿名で何でも書き込めてしまうから悪口も書かれる、良くない」というのは確かに事実なんですが、そういうわかりやすいものは、割り切って気にしないようにできたりします。 僕が精神的ダメージを危惧するのは、ただの悪口よりも攻撃性の高い、質問の形をした悪口です。 「自慢の多い人についてどう思いますか?」 「距離感の近い人についてどう思いますか?」 みたいな、 という意図が感じられる質問や(僕も回答者のことをそう思っているという事になってしまいますが笑) 「その人がしたことやしてしまったこと」について是非を問う内容の質問などが質問の形をした悪口に当たります。 最悪のケースはこの質問に悪口と気づかず真面目に回答してしまうパターンです。 「 こいつ自分のことなのにこんなボロクソ言ってるよ」とか裏垢でディスられてるに違いありません。 陰湿ですね。 質問なら良いんでしょ、とばかりに地雷を埋め込んでいくこの手のタイプの質問を見ると 「自分は一生やるまい」と思います(メンタル弱いので無理) 受け継がれた「「バトン」」 そして最後は僕が感じているというよりは世の中に多い声という感じなんですが、「 有名人ぶってる感じがする」というものです。 ランダムくる質問に対して、自分の思想や哲学に基づいて回答する、というのは雑誌のインタビューや記者会見にも似ていますから、こう思われてしまうのもしょうがないかもしれません。 でも、これは何も質問箱によってあらわになった現象ではないのです。 今もあるんですかね? あれもいわば回答者が満たしている欲求は質問箱と似ています。 もっと遡るなら、小学校の頃欠かされた「 プロフ帳」。 懐かしいですよね、クラスの女子に 編集者かって勢いで「書け」と迫られた経験、同世代男子ならあるかと思います。 この欲求に目をつけてSNSと融合させたのはとってもうまいな~と思いますし、さっさと企業にサービスを売り渡した開発者さんもうまいな~と思いま こう見ると、一昨日からはじまった「」も共通点がないわけではありません。 質問箱ほどは軽くない、でもちゃんとした媒体のインタビューよりはるかにフットワークが軽くてライト、そしてちゃんと「表現者」として自分を知ってほしいアピールしたい皆さんの需要が満たせる。 次の質問箱目指して、あの活動も頑張っていきたいものです。 「しあわせ」に質問箱を使うには じゃあ、幸せに質問箱を使うために、僕らはどうすれば良いのか。 それは、 「何者か」にしっかりとなってサンドバックにならないようにすることです。 今日ここまで述べてきたような「モヤッと」する質問箱は、高校のときにみた友達のもの、もしくは現役の学生、世代を問わず、いわゆる「 リア垢」に多いです。 普通に生きていれば浴びない悪口も自分にふりかかってしまうリスクも有るツール、「質問箱」。 手軽に有名人気分を味わいたいがために「サンドバック」になりに言ってしまうのはあまりにも悲しいことでうす。 僕がはじめに言ったように、「見たい」と思える質問箱もある。 そういう人は、先程行ったように「表現者としてのスキル」や「キャラ」をしっかり獲得している人たちです。 そういう人のもとには純粋な質問が集まっているし、悪口のこない雰囲気のフィルターもあります。 「自分」があるゆえに悪口に動じないのです。 だから、「サンドバック」にならないために、しっかりと が、質問箱を幸せに使う方法なんじゃないかなと思います。 「渡されたプロフィール帳」を埋めていくよりも 「自分のbioという履歴書」をまず埋めることから、始めていきましょう。 僕も頑張らなきゃ。 ではまた。 [最後まで読んでくれた方へのおすすめ記事] 9月の人気記事傑作選はこちら Noteの更新情報や裏話、あなたのTLをちょっとおもしろくするあらいのTwitterは 所属バンド、底なしの青の公式HPは 最新MV「slow down」は.

次の

インスタグラムの質問機能は匿名ではなく相手にバレてしまうのでご注意!送信を取り消す方法はある!?

インスタ質問箱匿名じゃない

運営からの質問? それから、しばらく質問が来ない時期が来ました。 フォロワーも飽きてしまったのでしょうか。 それならもういいや、やめようと思って放置しました。 しかし、ある日からまた質問が来るようになりました。 しかも、ほぼ毎日同じ時間 昼の11時か12時 に。 内容もなんか「好きな食べ物は?」とか「彼女いますか?」とかいう 何のひねりもないものばかりでした。 「彼女いますか?」なんて、ツイート見れば明らかにいないの分かるだろと。 身内だったらこんなちゃっちい質問は送ってこないはずですし、フォロー外の人が私のような弱小アカウントにわざわざ質問を送ってくるなんて事も考えにくい。 だったら、この現象を説明できる説はひとつしかない。 にわかに頭に浮かんだ説は…… 「運営が質問送ってる説」 大量に来た質問は全部あらかじめ設定されていて、それが毎日自動で選ばれて送られてきているのではないか、と。 バレンタインだの卒業だのだの、いろんなイベントを開催している自由奔放な運営ですから、そういうことをしてもおかしくありません。 なんか悲しいですが……。 (思いっきり「運営からの質問の受信」って書いてある……)そしてOFFにすることも可能なようです。 、ブラウザ版 、2020年2月現在 しかし普通の質問と区別できないのはどうなのとは思いますが。 それはさておき、すでに運営以外から質問が来なくなったように思えてきた当時の僕は、無言で運営からの質問をOFFにし、それ以降は質問箱は放置したのでした。 終了 ピピッー! というわけで終了です! いかがだったでしょうか。 質問箱はとても楽しいです。 質問がつまらなかったり、匿名ゆえに心無い暴言を吐かれたりなどいろいろと問題はあるかもしれませんが、うまく使っていきたいところですね。 皆さんもぜひ素晴らしい質問箱ライフを送ってくださいね! それでは! …………ん? そんなことはない。 人に言われて初めてわかる自分の一面だってあるんだぞ? ……確かに、ここで取り上げている質問は、おそらくほとんどが運営からの質問だ……。 つまり、自動質問ということ。 ロボットが送っているようなもの。 これはすなわち、私が私以外の誰からも興味を持たれていないことを意味する。 ー ボカロオリジナルの再生リストー ー ー.

次の