お返し 商品券。 香典返しに商品券[引き物ドットコム]

失礼にあたる? 香典返しに商品券を贈っても良いの?

お返し 商品券

重くて大きくて不要なものをお返しするよりも、カタログギフトでコンパクトで自由に選んでもらうことにしました。 (男性 46歳)• 家族がいる方だったので、毎日使ってもらえるように調理器具を贈りました。 (女性 38歳)• お返しでもらって嬉しかったので、ギフトカードを贈りました。 お菓子や練り物など地元の品物もつけてお返ししたところ、とても喜んでもらえました。 (女性 43歳)• 有名店の洋菓子なら間違いないかなと思い贈りました。 喜んでもらえました。 (男性 46歳)• 目上の方だったので、少しハイブランドのお菓子を贈りました。 喜んでいただけました。 (女性 36歳)• お互いにワイン好きだったので、ペアのワイングラスを贈りました。 (男性 49歳).

次の

【ゼクシィ内祝い】出産内祝いで商品券を贈るってよいの?わるいの?

お返し 商品券

身内に不幸があったら、残された家族はお通夜やお葬式を取り仕切る事になります。 このお通夜やお葬式には、亡くなった人が生前に付き合いのあった人や、残された家族の関係者などあらゆる関係の人が出席してくれる事になるでしょう。 このように最後の別れに出席して下さる人達は、香典というお供えのお金を包んで持って来てくれます。 この香典を家族は受け取り、そしてそれに対して香典返しというお返しをするのが礼儀とされています。 この香典返しですが、後に残るような物ですと、なかなか亡くなった人の事が忘れられず、亡くなった人があの世へと成仏できないと考えられているので、後に残らないような物がよいとされています。 例えば洗剤や石鹸、お茶、乾物などが適切とされているのです。 ですが、最近時代の流れと共に、このような品物より、香典 商品券をお返しするという考えが出て来ています。 確かに使って貰えるかどうか分からない品物をお返しするよりは、商品券の方が自由に使えるので間違いないと考える気持ちもよく分かるのですが、失礼に当たるのでは?という見解もあります。 香典 商品券をお返しするというのは、いわばお金をお返しするも同然の事です。 金額もはっきり分かってしまうので、受け取る方によったら好ましくない印象を受ける方もいるでしょう。 そのような心配がある場合にはカタログギフトをお返しする事をお勧めします。 カタログギフトなら、お金とも違いますし、でも、カタログ内には限りますが、好きな品物を選んで貰う事が出来るので、失礼にも当たりませんし、喜んで貰う事も出来るでしょう。 家族が亡くなった場合、遺族はお通夜、そしてお葬式を取り行う必要があります。 まず亡くなった家族が生前付き合いのあった人や親族などに亡くなった事の報告、そしてお通夜、お葬式の日時と場所を連絡する事になるでしょう。 そしてこのように連絡を受けた方々というのは、お供えのお金である香典を持って最後の別れに来てくれるのです。 遺族はこの香典を受け取り、そしてそれに対して香典返しというお返しをする事になります。 この香典返しですが、一般的には後に残らないような品物をお返しする事になっています。 例えばタオルや石鹸、洗剤などの日用品やお茶や乾物などです。 他には最近カタログギフトや商品券をお返しするという人も増えてきています。 ただこの香典 商品券をお返しするのはどうなのかといった意見もあります。 商品券はいわばお金と同じ存在です。 金額もはっきり分かってしまいますし、あまりにも露骨なので、気分を害する方も中にはいるかもしれません。 品物を固定してお返しするよりは、好きな品物を選んで貰えたら、という気持ちがあるなら、カタログギフトの方がお勧めです。 カタログギフトはお金とは又違った存在ですが、好きな品物を選んで貰う事が出来ます。 ただ、お付き合いの程度によって、この方なら香典 商品券をお返しした方が喜ばれるだろうと確信がある場合には、商品券をお返ししてもよいでしょう。 そして品物にせよ、カタログギフトにせよ、商品券にせよ、香典返しをお返しする際には、のしを付けるようにしましょう。 この場合ののしは、黒白結び切りの水引が付いたのしを選び、水引の上に「志」と書き、水引の下には喪主の姓のみ、姓に「家」、それか喪主の姓名を書きます。 香典とはお通夜やお葬式に出席する際に持参するお供えのお金の事です。 この香典を遺族が受け取り、今度はその香典に対して、遺族が香典返しをお返ししてくれる事になります。 この香典返しですが、残された者が亡くなった人をいつまでも忘れられないと成仏できないので、後に残るような品物は返すべきではないとされています。 ですから、タオルや洗剤などの日用品やお茶などが適切なお返しとされています。 又、最近ではカタログギフトお返しする人も非常に多いでしょう。 そして中には商品券をお返しするという人もいます。 ただ、この香典 商品券をお返しする事に関しては賛否両論あるのが現実です。 商品券は確かに最も自由の利くお返しなのでしょうが、現金を返すのと言わば同じ事です。 特に年輩の方などは快く思われない方もいるでしょう。 そう考えると、カタログギフトが最も無難で喜ばれるお返しかもしれません。 ですが、何をお返しに選ぶかは、遺族の考えもあるでしょうし、お返しする方との関係性などもあるでしょうから、香典 商品券を選ばれるというのも1つの選択肢ではあります。 この香典返しですが、何を選ぶにしても挨拶状を添えてお返ししましょう。 挨拶状ですが、まず香典へのお礼、無事に戒名、四十九日が迎えられた報告、そして故人との生前における付き合いのお礼、香典返しを送る事への報告、そして最後に略儀で済ませる事へのお詫びと続けるのが一般的な書き方です。

次の

JCBギフトカード|クレジットカードなら、JCBカード

お返し 商品券

実際に商品券やギフト券を香典返しとするケースもある 商品券やギフト券を香典返しとしてお贈りすること自体は、明らかなタブーとされているわけではありません。 最近では、実際に香典返しとして使われることもあるようです。 確かに、直接お渡ししても荷物にならないなど、合理的で便利な面は見逃せないところです。 ギフト券や商品券を香典返しに使わない理由 「価格を明らかにしないのがマナー」という声は少なくない 商品券やギフト券を香典返しとするにあたって問題になることのひとつが「贈られた金額がはっきりとわかってしまう」こと。 マナーにおおらかなお相手であれば差し支えないかもしれませんが、「直接的すぎる」と、快く思わない方も決して少なくありません。 確かに、品物のギフトも、大体は調べればすぐ価格の見当がつくものです。 ただ、それでもあえて価格を明らかにしないことが、贈る側の「奥ゆかしさ・謙虚さ」だと考えられているのです。 「目上の方に贈るものではない」という考え方も 商品券やギフト券といえば、お祝いごとやイベントの賞品・景品など「現金を贈っても差し支えない場合に、現金に代えて贈る」ことが多いようです。 これも「現金そのものでは直接的すぎるから」という心遣いの表れといえるでしょう。 このように、商品券やギフト券は「現金に代わるもの」とされていることから、香典返しに限らず「目下の立場から目上の方へお贈りするのは失礼」、「現金をいただいたお礼にお贈りするのは失礼」と見る向きもあります。 便利で礼儀に適った香典返し「カタログギフト」 どなたにも喜ばれる香典返しは、商品券やギフト券だけとは限りません。 金額が明らかにならず、選べる品物やサービスも幅広いカタログギフトであれば、マナーを踏まえつつ、お相手の好きなものを選んでいただけます。 ちなみに、香典返しでは避けるべきといわれる肉・魚やお酒なども、カタログギフトから選んでいただくのであれば差し支えないという考え方が一般的です。

次の