ドキュ サイン 株価。 ドキュサインが好決算で大幅高 アナリストからは目標株価引き上げも=米国株個別

ドキュサイン【DOCU】:時系列データ/株価

ドキュ サイン 株価

00 154. 00 144. 29 148. 90 5,593,850 148. 90 2020年6月10日 144. 50 149. 94 143. 66 148. 05 4,206,335 148. 05 2020年6月9日 145. 41 146. 05 140. 34 141. 92 4,231,151 141. 92 2020年6月8日 136. 99 147. 07 135. 42 146. 54 4,928,442 146. 54 2020年6月5日 139. 82 144. 95 131. 26 139. 64 8,238,795 139. 64 2020年6月4日 147. 75 148. 64 138. 54 140. 06 8,408,814 140. 06 2020年6月3日 146. 86 150. 57 145. 22 147. 45 4,485,008 147. 45 2020年6月2日 151. 97 152. 00 141. 03 147. 68 7,561,681 147. 68 2020年6月1日 142. 35 150. 58 140. 45 147. 22 6,854,252 147. 22 2020年5月29日 130. 03 141. 43 129. 90 139. 74 8,932,583 139. 74 2020年5月28日 126. 75 132. 13 126. 54 127. 80 4,279,493 127. 80 2020年5月27日 126. 65 127. 46 118. 21 126. 54 4,472,720 126. 54 2020年5月26日 136. 01 136. 04 126. 50 128. 95 4,884,904 128. 95 2020年5月22日 136. 17 136. 18 131. 64 133. 00 2,937,603 133. 00 2020年5月21日 132. 00 136. 29 131. 08 132. 85 4,878,991 132. 85 2020年5月20日 130. 00 134. 74 127. 33 128. 77 4,327,892 128. 77 2020年5月19日 124. 14 130. 36 123. 39 127. 22 2,963,669 127. 22 2020年5月18日 126. 78 128. 46 121. 61 122. 92 3,901,600 122. 92 2020年5月15日 121. 75 126. 28 121. 47 125. 88 2,596,185 125. 88 2020年5月14日 118. 30 123. 49 117. 11 122. 01 3,045,297 122. 01 1.

次の

米国株の注目銘柄_DocuSign(ドキュサイン)の株価_Dropboxとも連携

ドキュ サイン 株価

ペイコム・ソフトウェア• ドキュサイン• セールスフォース モトリーフール米国本社、2019年12月24日投稿記事より インターネットとクラウドコンピューティングの拡大により、サービス提供でクラウドインフラを使う企業が増えています。 そのようなSaaS(Software-as-a-Service、ソフトウェアの必要な機能を必要な分だけサービスとして利用出来る提供モデル)企業で、注目すべき3銘柄を紹介します。 ペイコム・ソフトウェア ペイコム・ソフトウェア(NYSE:PAYC)は、クラウドベースで人材管理(HCM, Human Capital Management)ソフトウェアを提供しています。 1つのデータベースとして機能するので、企業や従業員はHR関連の様々なサービスをストレスなく利用できます。 HCMは、人材の採用、人事管理、給与管理、退職に至る必要な機能とデータ分析を提供します。 ペイコムのソフトウェアはすぐに導入でき、使い勝手のよい作りになっています。 ペイコムは、売上高および純利益を急成長させてきました。 2014年の売上高は1億4820万ドル(約162億円)でしたが、2019年の売上高予想は7億3300万ドルで、5年で約5倍になっています。 売上高総利益率は過去3年は83~84%で推移し、2018年の純利益は1億3700万ドルで2016年から倍増しています。 2019年1~9月の増収率および増益率は、それぞれ31%、28%と堅調です。 ペイコムの2018年末時点の顧客企業数は23,500で、2年前から32%増加しています。 契約の継続率は92%で、高水準で推移しています。 好業績を反映し、株価は年初来で2倍以上になっていますが、今後もさらなる上昇余地があるとみられています。 なお、予想PER(株価収益率)は62倍です。 ドキュサイン 電子署名サービスのドキュサイン(NASDAQ:DOCU)は、紙ベースの署名管理の煩わしさを一掃しました。 ドキュサインのサービスを使えば、電子署名、契約プロセス、契約に伴う決済関連などをシームレスに行うことができます。 ドキュサインは、顧客企業数を急速に増やしています。 第3四半期(8~10月)の顧客企業数は、前年同期比24%増の45万4000社に拡大しています。 売上高は2016年度は2億5000万ドルでしたが、今年度は10億ドルに達する勢いです。 ドキュサインはまだ赤字状態ですが、2018年度からフリーキャッシュフローを創出しており、今年度の9カ月間のフリーキャッシュフローは2810万ドルとなっています。 2019年度のアニュアルレポートによれば、同社の顧客ベースは潜在市場規模の1%ほどで、大きな成長余地を示唆しています。 既存顧客の利用増、新規顧客開拓、そして新たなソリューションなどの成長ドライバーがあり、今後数年にわたりドキュサインの成長を牽引していくとみられています。 なお、予想PERは180倍、PSR(株価売上高倍率)は15倍です。 セールスフォース セールスフォース(NYSE:CRM)は、顧客関係管理(CRM)ソリューションをクラウドのサブスクリプションベースで提供しています。 同社の統合CRMプラットフォームを使うことで、企業の各部門が顧客管理を統一的かつ容易に行えます。 セールスフォースは、顧客のマーケティングおよび販売促進を改善するようなカスタマイズツールも提供しています。 売上高の約94%がサブスクリプションベースです。 2019年度の売上高は133億ドルで、2016年度から倍増しています。 売上高総利益率は近年さらに上昇しており、2017年度は73. 4%だったので、今年度は75. 4%で推移しています。 2016年度以降、フリーキャッシュフローを創出しています。 調査会社IDCによれば、セールスフォースはCRMソフトウェア市場のリーダーで、市場シェアは17. 3%(2019年10月時点)となっており、2位のオラクル(5. 5%)、3位のSAP(5. 3%)を大きく引き離しています。 これらの投資が同社の売上高と顧客基盤をさらに拡大すると見込まれます。 2020年度の増収率は前年比23%増と予想されており、セールスフォースは今後4年間で売上高を倍増させる可能性があります。 なお、株価はPSR10倍で取引されています。 転載元: 本情報は、マネックス証券株式会社(以下「当社」といいます)が信頼できると考える情報源から提供されたものですが、当社はその正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。 本情報は有価証券やデリバティブ取引等の価値についての判断の基準を示す目的で提供したものではなく、有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。 本情報に含まれる過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。 本情報は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更または削除されることがございます。 当社は本情報の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。 銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようにお願いいたします。 なお、本情報は当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。 内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。 <リスク> 米国株式および米国ETF、REIT、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等(以下「米国株式等」)の売買では、株価等の価格の変動、外国為替相場の変動等、または発行者等の信用状況の悪化等により、元本損失が生じることがあります。 米国ETF等の売買では、裏付けとなっている資産の株式相場、債券相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等(これらの指数を含む。 )や評価額の変動により、元本損失が生じることがあります。 国外株式等の場合には、その国の政治的・経済的・社会的な環境の変化のために、元本損失が生じることがあります。 なお、外国為替相場の変動により、外貨お預り金の円換算価値が下がり、円ベースでの元本損失が生じることがあります。

次の

【DOCU】ドキュサインの株価と決算

ドキュ サイン 株価

ドキュサインは、クラウド上の電子署名技術を用いて市場を開拓してきたソフトウェア企業です。 クラウド上のソフトウェアや関連サービスを提供し、企業や組織が契約や稟議、署名捺印といった過程を自動化する作業をサポートしています。 紙を使った合意・契約・稟議の過程は遅く、費用がかさむだけでなく、間違いが生まれる手作業で成り立っていますが、ドキュサインは、ペーパーレス化とプロセスの自動化・適正化を可能にするためにソフトウェアを提供しているわけです。 (代表的なのはDocuSign Agreement Cloud製品群の1つであるeSignature。 これは、いつでもどこでも、デバイスに関係なく署名捺印を可能にするソフト) ドキュサインのプラットフォームは、数多くの企業のタスクをサポートしており、そのAPIは顧客のウェブサイトやスマホアプリなどに埋め込むことが可能です。 現在、2019年時点で、世界の50万社以上の企業がドキュサインを利用しています。 8 決算予想と結果では米国会計基準(GAAP)とは違う「非GAAP基準」の数値(各社が経営実態を踏まえて調整した数値)が多用されています。 そのため、本節の売上とEPSは次節のGAAP基準の値と同じになるとは限りません。 通年決算(GAAP基準) 最後に、通年決算の数字を見てみます(以下、売上、利益、資産、負債、資本、キャッシュフローなどの単位は百万ドル。 EPS=希薄化後EPS)。 損益計算(売上、純利益等) 【当サイト掲載の広告について】 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス)を利用しています。 こうした広告配信事業者は、ユーザーの関心に合わせた商品やサービスの広告を表示するために当サイトおよび他サイトへのアクセスに関する情報として 『Cookie』 氏名や住所、メルアド、電話番号は含まれない をたびたび使用しています。 なお、Googleアドセンスに関して、このプロセスの詳細や情報が広告配信事業者に使用されないようにする際には、をクリックして下さい。 【アクセス解析ツールの使用】 当サイトではアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を用いています。 このツールはトラフィックデータの収集のためにCookieを用いています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすれば拒否できるので、その場合は、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはアナリティクスのやグーグルのをご覧ください。 【当サイトへのコメントについて】 当サイトでは、スパムや荒らし対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされており、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 【個人情報の取得について】 当ブログのお問い合わせフォームには個人情報を入力する欄がありますが、そこで得られた情報を本人の承諾なく公開したり、他媒体に渡すことはありません。

次の