ニコン 株価。 ニコン (7731) : 株価/予想・目標株価 [NIKON]

【7731】出遅れ銘柄であるニコン(Nikon)は買い?株価の見通しを業績推移とテクニカルから予想する。

ニコン 株価

3%) 4日続落• TOPIX 1,499. 1%) わずかに4日ぶり反発• 東証マザーズ株価指数 872. 1%) わずかに続伸 東証1部上場銘柄の概況• 値上がり銘柄数:1,003、値下がり銘柄数:1,060、変わらず:86• 値上がり業種数:15、値下がり業種数:18• 年初来高値更新銘柄数:27、年初来安値更新銘柄数:60 東証1部の出来高は12億8,307万株、売買代金は2兆2,396億円(概算)となり、いずれも前日より減少しました。 特段のニュースがない中で、決算発表後の銘柄を中心に売り買いが交錯しました。 また、来週から外国人投資家が本格的な夏休みに入ることを意識したポジション調整もあったと見られます。 売買代金は減りこそしたものの、2兆円台の前半を維持しました。 そのような中、日経平均株価は終日マイナス圏で推移しました。 結局、最後までプラス圏に浮上することなく4日続落で引けています。 なお、TOPIXも同じような値動きとなりましたが、最後はかろうじてプラス圏を維持して4日ぶりの反発となりました。 これは、中小型株を中心に買戻しが広がったことを示唆しています。

次の

【7731】出遅れ銘柄であるニコン(Nikon)は買い?株価の見通しを業績推移とテクニカルから予想する。

ニコン 株価

気になる日本株を分析・予測するコーナー。 ピックアップした銘柄が、長期投資の対象として魅力的かを探っていきます。 今回はニコン【7731】の株価を分析。 そして見通しを分析していきます。 ニコンとはどんな会社? ニコンは、カメラおよびレンズ、セミコンダクター装置、眼鏡、測定機器などを製造している会社です。 またデジタルカメラの開発も行っています。 デジタル一眼レフカメラではキヤノンに次いでシェア2位です。 そんなニコン、現在の社員数は21,156人です。 現在の株価は? 現在の株価は1,333円前後です。 取引単位は100株なので、13万円程度でニコンの株を所有することが可能です。 15万前後ですので日本株の中では普通の部類です。 とはいえ、アメリカ株と比較するとやっぱり高いですけどね。 ニコンのPER(株価収益率)は、現在7. 97倍です。 10倍以下なのでかなり割安ですね。 配当利回りは、4. 5%です。 いいですね。 日本株の中ではかなり高配当の部類です! 株主優待は、ありません。 過去の長期のチャート 2度の大きな山を経験しています。 2度目の高値から大きく下げたあとはあまりパッとしない動きをしています。 直近1年のチャートはこちら 下落トレンドですね。 まだまだ底がみえません。 ニコンの売上高は? うーん、右肩下がりです。 どんどん規模が縮小してしまっています。 ニコンのEPS(1株当たりの利益)の推移です こちらはガチャガチャしていますね。 FY2018からはしっかり上昇しているので今後どうなるかに期待です。 BPS(1株あたり純資産)を見てみましょう こちらも同じくFY2018からはしっかりしています。 ROE(株主資本利益率)の推移はこちら ROE(株主資本利益率)は直近10. いいですね。 最後に、流動比率は2. 08倍。 こちらは1倍を超えているので問題ありません。 ニコンの今後をまとめると ニコン、個人的にも大好きな企業です。 数字を見ると最近は少しだけ改善されているようにも思えました。 ここ数年で投資をすれば若干の反発も期待できそうですが、長期の成長という観点からは難しいかなというのがホンネです。 日本株には他にも魅力的な銘柄がたくさんあります。 次、行きましょう! 株式に長期投資をしている36歳。 節約をして限界まで可処分所得を減らし、種銭をつくり、株を買い増している。 年間300万円の貯金で年利8%の運用が目標。 投資スタイルはバイ・アンド・ホールド。 一度買ったらずーっと売らないつもり。 評価損は気にせず長期で投資していきます 今までに投資をした総金額。 アーカイブ• 109• 105•

次の

「カメラが売れない!」ニコン、経営への懸念広まる…主力のデジカメ市場“蒸発”の衝撃

ニコン 株価

3%) 4日続落• TOPIX 1,499. 1%) わずかに4日ぶり反発• 東証マザーズ株価指数 872. 1%) わずかに続伸 東証1部上場銘柄の概況• 値上がり銘柄数:1,003、値下がり銘柄数:1,060、変わらず:86• 値上がり業種数:15、値下がり業種数:18• 年初来高値更新銘柄数:27、年初来安値更新銘柄数:60 東証1部の出来高は12億8,307万株、売買代金は2兆2,396億円(概算)となり、いずれも前日より減少しました。 特段のニュースがない中で、決算発表後の銘柄を中心に売り買いが交錯しました。 また、来週から外国人投資家が本格的な夏休みに入ることを意識したポジション調整もあったと見られます。 売買代金は減りこそしたものの、2兆円台の前半を維持しました。 そのような中、日経平均株価は終日マイナス圏で推移しました。 結局、最後までプラス圏に浮上することなく4日続落で引けています。 なお、TOPIXも同じような値動きとなりましたが、最後はかろうじてプラス圏を維持して4日ぶりの反発となりました。 これは、中小型株を中心に買戻しが広がったことを示唆しています。

次の