香港 なんj。 「なぜ日本人の皆さんが、香港警察よりも大学生を批判しているのか」 アグネス・チョウさんが問題提起: J

香港

香港 なんj

そんな香港の1910年代頃から最近の同じ場所を撮影した比較写真がまとめられていた。 九龍半島南端、尖沙咀のソールズベリーロード 2. 北京道、尖沙咀 3. プリンスエドワードロード、旺角 4. 上海ストリート、ヨルダン 6. カナーボンロードとキャメロンロードの交差点、尖沙咀 7. ネイザンロードとライチーコックの交差点、旺角 8. キンバリーロード、尖沙咀 9. ウォーターフロント、尖沙咀 10. サイヨンチョイストリートとシャンタンストリートの交差点、旺角 11. ネイザンロード、旺角 12. 山東ストリートとネイザンロードの交差点、旺角 13. 尖沙咀の埠頭 14. ハイフォン道路、尖沙咀(上の写真は1915年) 15. 徳輔道とジュビリーストリートの交差点 16. ハリウッドロード、上環 17. 徳輔道とウエストヒルの交差点 18. 徳輔道中央 19. 港 20. ルアードロード、ワンチャイ(灣仔) 22. ジョンストンロード、ワンチャイ 23. ヘネシーロード 24. ボードウォーク、クントン(觀塘) 25. 裕民坊スクエア、フーヤンストリート、クントン 26. 斧山道 東九龍 27. アンチャウストリート - ナムチョンストリート、深水ホ 28. トゥンチャウストリート - ペイ・ホーストリート、深水ホ 29. 嘉頓 30. ツァンタイイギリス、沙田 31. 沙田駅 32. 粉嶺駅 33. あれ香港の近隣の本土側で撮ったんだっけ。 どの作品だったか忘れたけど最後のボス戦で遠方が見える高台で戦うんだけど、遠方にある入江にはうっすら高層ビルが見えてるんだよね。 香港の世相が判ると言えば、MR. Boo!作品だなぁ。 1970年代頃の感じ。 吹き替え版が広川太一郎(007ロジャームーア役等)、ビートたけし&きよしの頃。 その広川氏のアドリブか分からないけど字幕版より吹き替えが面白かった。

次の

香港デモ「暴徒化」と言わないで 周庭、理解求める「やりたい放題じゃない」: J

香港 なんj

香港のデザイン会社「Local Studio HK」が制作した、中国と香港の違いを表したイラストを紹介しましょう。 左側が中国で、右側が香港。 中国に対して皮肉が込められたそのイラストには、賛否両論の声もあるようですが、ユーモアを持って楽しみたいイラストです。 中国と香港は、違います 中華人民共和国は1949年に誕生しましたが、香港は1841年に設立されました。 中国と香港では、スマホのダイヤルが違います。 香港ではさまざまな要因で株式市場が動くのに対し、中国の株式市場は政府が操っています。 中国の家は大きいのに対して、香港の家は小さいです。 中国人は中国以外のパスポートを持てませんが、香港人は複数のパスポートを持つことができます。 中国の愛という文字には心が抜けていますが、香港の愛という文字の中には心が入っています。 中国の紙幣は元を使っているのに対して、香港では香港ドルを使用しています。 中国では待つ時に座って待ちますが、香港では立って待ちます。 中国人はマンダリン語を話しますが、香港人は広東語を話します。 マンダリン語の声調は4声からなり100年の歴史があるのに対して、広東語は9声からなり2,000年の歴史を持ちます。 中国人の使った後のトイレは汚いですが、香港人が使用した後のトイレは綺麗です。 中国で車を運転する時は左ハンドルですが、香港では右ハンドルです。 中国の地下鉄では優先席に寝転んでいる人を見かけますが、香港では優先席は優先すべき人に譲ります。 中国人は共産党に従いますが、香港人は政府や共産党に対して意見を言います。 中国の食事はカラダに悪いものが多いですが、香港の食事はバランスが取れています。 中国でSNSと言えばWeiboしか使えませんが、香港ではFacebookやTwitterが使えます。 中国人がスマホに入れているアプリはWechatだけですが、香港人はLINEにInstagramなどさまざまなアプリを使います。 中国では、Gmailが禁止されているためメッセージツールとしてテンセントQQを使いますが、香港ではGmailが使用できます。 中国の国営テレビは全員が見ないといけないものですが、香港の国営テレビは誰も見ません。 警察官に関して言うと…。 そんなに変わらないかもしれません。 Licensed material used with permission by.

次の

【朗報】中国「韓国よ、香港保安法制定を支持しろ!!🇭🇰」

香港 なんj

同じ特別行政区の(マカオ)は南西に70km離れている。 域内から多くの観光客をひきつけ、150年以上ので世界に知られる。 広大な及び深い天然の港湾を抱える地域であり、1,104 km 2 426 sq mi の面積に700万人を超す人口を有する世界有数のである。 概要 [ ] 香港の人口は、93. 香港のは主に隣接するが起源であり 、1930年代から1960年代にでの戦争や体制からのであった香港に逃れて来た人々である。 1839年から1842年の後、香港はの植民地として設立された。 が最初にイギリスに永久割譲され、1860年にが、1898年にはがされた。 1851年 - 1864年 、 1900年 - 1901年 、 1911年-1912年 、などが原因で、香港には難民が続々となだれこんだ。 植民地人口の約半分が香港島に住み、残りは九龍半島または舟に居住した。 島の方は岩肌に水が浸透しないため、設備なしには真水の供給が難しかった。 1885年、香港で利用可能な水は1人1日あたり18リットルであった。 それでも人口増加による水需要の増加には追いつかなかった。 新界も状況は似て、1936年に大規模なジュビリー・ダムを完工したにもかかわらず、1939年の時点で24時間給水は雨季にしかできなくなっていた。 当時香港全体で1人1日あたりの水消費量は75リットルと推定されている。 1941年—1945年 の間、と香港が放逐され、が1945年8月まで続いた。 戦前から現在まで、香港は慢性的な水不足に悩まされている。 問題が激化した1960年代には中華人民共和国から水の輸入を増やしてパイプライン( ())も築かれた。 水不足問題が、後に英国が、租借していた新界及び割譲されていた香港島も含め、現在の香港全領域を返還せざるを得ない状況を作った。 戦後はに返還されずにイギリス統治が再開され、まで続いた。 一方、植民地時代の方針は現在のおよびの形成に大きく影響した。 なお、制度はおおむね式であったが、その後2009年に制度改革が実施された。 イギリスは中華民国ではなく中華人民共和国をその返還・移譲交渉相手に選び、中華人民共和国間との交渉及びの結果として、香港はから中華人民共和国にされた。 の原理の下、に最初のになった。 1989年に北京でが発生すると、香港では再び移民ブームが巻き起こった。 大部分の香港からの移民はイギリス連邦の構成国であるのや、やに向かった。 1999年12月にから移譲されたも特別行政区である。 現在も香港は中国大陸とは異なる法制度・政治制度を有する。 香港のはの枠組みに従って機能する。 において正式に記された条項に基づいた返還以前に、中華人民共和国側により起草された定款であるにおいては行われ 、国際関係及び軍事防御以外の全ての事柄において高度な自治権を有することを規定している。 なおこの自治権は中国中央指導部の委任・承認に基づき地方を運営する権限であり、完全な自治権、地方分権的なものではないとされる(2014年6月10日中国国務院白書)。 香港はであるが、の70議席のうち30議席を少数の有権者が支配し、先進経済諸国の中ではでに分類される。 香港は、、、、と並ぶの一つであり、世界的に重要な国際に格付けされ、低税率及び自由貿易を特徴とする重要なを有し、のはを有する。 香港は世界有数のを有するが、先進経済諸国有数のもまた存在する。 スペースの不足により高密度な建造物の需要が生じ、現代及び世界で最も垂直な都市の中心へと都市は開発された。 香港はさまざまな側面、例えば、並びに金融及び経済的競争力においてを有する。 は全面的に高く順位付けされ、は世界で最も高い地域にもなっている。 隣接する中国本土からのによる及びは香港市民の健康面への影響は懸念されるが 、香港市民は男女ともにで世界一 になるなど非常にである。 名称 [ ] の風景 香港(ホンコン)という名称はの周辺から集められた香木の集積地となっていた湾と沿岸の村の名前に由来する。 現在の香港島南部の深湾と黄竹坑にあたる。 英語や日本語でのホンコンという呼び方は広東語(厳密にはの言葉・)によるとされる。 中国語の標準語であるでは、香港を「」(シャンカン)と発音する。 中国語での別名に 香江があり、略称は 港。 英文での略称は HK。 行政上の正式名称• : 中华人民共和国香港特别行政区(中国大陸の書き方)• 前214年:中原王朝の支配下に入り、の管轄とされる。 331年:の管轄とされる。 757年:の管轄とされる。 1573年:の管轄とされる。 1839年:とイギリスの間でが勃発。 1842年:で、香港島を清朝からイギリスに永久割譲。 1843年:サー・ヘンリー・ポッティンジャーが初代に就任。 1849年:中国人の香港への移住が始まる。 1856年:(第二次阿片戦争)が勃発。 1858年:原住民差別禁止政策施行。 1860年:で九龍半島南部の市街地を新たに割譲。 1865年:設立。 1872年:香港上海銀行が初めて通貨発行。 1898年:展拓香港界址専条で深圳河以南、以北の九龍半島、235の島()を99年間の期限で租借。 1935年:廃止、幣制改革• 1941年:勃発。 がイギリス軍を放逐しした。 が香港軍政庁長官に就任。 1942年:陸軍中将が香港総督に就任。 1945年:日本のに対する敗戦によりイギリスのに復帰。 1950年:イギリスがを。 とのも継続する。 1967年:の影響を受けた系住民による暴動が発生。 8)を開始。 1984年:イギリスのと、中華人民共和国のがを定めた「」に署名。 1990年:制定。 1992年:最後のであるが就任。 1995年:イギリス統治下で最後の選挙。 初めて全議員を選挙で選出。 1997年:7月1日からへの(主権移譲)。 が発足。 初代にが就任、2002年再選。 従来の立法局議員の資格が停止され、臨時立法会が取って代わる。 1997年:。 1998年:立法会選挙(第1期は任期2年、以降4年)。 1998年:が開港。 が閉鎖。 2005年:香港ドルに目標相場圏制度を導入。 2005年:が行政長官に就任。 董建華の残した任期が満了する2007年に再選。 2007年:の対レートが香港ドルのものを上回り、両通貨の価値が逆転。 2012年:が行政長官に就任。 2014年:。 2017年:が行政長官に就任。 2019年:中国本土、マカオ、台湾への犯罪者引き渡しを可能にする「」の撤回を求めるデモによる騒乱が起き、死傷者も発生。 改正案が撤廃された同年12月現在も、市民が民主化などを求めデモが続いている。 香港の地図 香港は、、、および周囲に浮かぶ263余の島を含む。 面積はの約2倍、やと同程度に当たる。 (大嶼山)は香港島の2倍の面積を有する香港最大の島でありの空港島が隣接している。 9月には島内にが開園した。 最高標高は958メートルのである。 中国本土との境界地域に広がるを除き平地は少ない。 元朗平原付近の海岸部にはが広がる。 気候 [ ] ( - 移行部型)に属し、・は温暖で乾燥しており、・は海からの季節風との影響で高温湿潤という気候である。 秋はしばしばに襲われ、やへ向かうなどの船舶や航空便、トラム路線が運行停止になることもある。 台風の警報が発令されると各種イベントが中止となるだけでなく、学校や企業、官公庁も休業となる。 冬は北風により中国本土の粉塵、工場やの排ガスが流入することが多く、近年はそれによる霧や靄がしばしば発生している。 九龍、香港島地区では、最低気温が7度を下回ることもあり,新海地区では、最低気温が5度を下回ることもあり、凍死者も出るため気温低下が予測される日には暖房設備を準備した公共施設を開放することがある。 4 77. 7 26. 3 79. 3 28. 4 83. 1 31. 7 89. 1 35. 7 96. 3 36. 9 98. 4 37. 7 99. 9 37. 6 99. 7 36. 6 97. 9 32. 8 91 29. 3 84. 7 26. 8 80. 2 37. 7 99. 5 63. 5 18. 2 64. 8 20. 9 69. 6 24. 1 75. 4 28. 2 82. 8 30. 8 87. 4 32. 1 89. 8 31. 7 89. 1 29. 9 85. 8 26. 4 79. 5 22. 5 72. 5 19. 1 66. 4 25. 1 77. 3 52. 3 11. 9 53. 4 14. 7 58. 5 18. 2 64. 8 21. 7 71. 1 24. 7 76. 5 25. 8 78. 4 25. 5 77. 9 23. 9 75 19. 9 67. 8 16. 3 61. 3 12. 6 54. 7 18. 3 24. 1 26. 4 0. 0 32 4. 7 40. 5 9. 3 48. 7 14. 8 58. 6 18. 6 65. 5 17. 8 64 13. 2 55. 8 6. 5 43. 7 2. 9 28. 3 24. 3 mm inch 24 0. 94 52 2. 05 71 2. 8 188 7. 4 329 12. 95 388 15. 28 374 14. 72 444 17. 48 287 11. 3 151 5. 94 35 1. 38 34 1. 34 2,382 93. 78 出典: 2008年 人口 [ ] 2011年の人口調査の結果によると、香港の人口は707万1576人で、前回2006年の調査に比べて0. 香港は世界で最もが高い地域の一つであり、1平方キロメートル当たりの人口密度は6540人(2010年)である。 2018年には745万5245人となっている。 18ののうち最も人口密度が高いでは5万4530人に上る。 香港の出生率は1000人あたり12. 5人(2010年)で 、世界でも低水準にある。 香港島北部の住宅地と九龍半島に人口が集中している。 両者を合わせて127. 九龍地区の1平方キロメートル当たりの人口密度は4万4917人、同じく香港島北部は1万5726人である(いずれも2010年)。 華人以外で多いのはなどのとして多くが働いているやインドネシア人で、かつての宗主国のが次ぐ。 は約1万4000人居住している。 以降の人口増加の大半は中国本土からの移民による。 香港大学アジア太平洋研究センターの鄭宏泰助理教授は「中国本土からの移民人口を総合すると、2001年時点の香港総人口の約1割に当たる」と指摘する。 2015年の調査によると、1997年の香港返還以来、中国本土から香港に移り住んだ人の数が87万9000人に達していることが明らかになった。 香港の人口(730万人)の8人に1人が本土出身者という計算になる。 行政区分 [ ] 詳細は「」を参照 香港には、18の行政上の下部地域がある。 にが設置されたことに由来する。 その後、九龍地区から新界への人口移動に伴い、区の再編が行われている。 に、荃湾区から葵青区が分離した。 には、油尖区と旺角区が合併し、現在の油尖旺区となった。 ( 灣仔區:Wanchai District)• ( 東區:Eastern District)• ( 南區:Southern District)• ( 九龍城區:Kowloon City District)• ( 深水埗區:Sham Shui Po District)• ( 觀塘區:Kwun Tong District)• ( 黃大仙區:Wong Tai Sin District)• ( 北區:North District)• ( 西貢區:Sai Kung District)• ( 沙田區:Sha Tin District)• ( 大埔區:Tai Po District)• ( 元郎區:Yuen Long District)• ( 屯門區:Tuen Mun District)• ( 荃灣區:Tsuen Wan District)• ( 葵青區:Kwai Tsing District)• ( 離島區:Islands District) 香港のニュータウン [ ] 1912年、に設立された造りでの。 1985年から2011年はになり、2015年以降はとなる予定である。 香港の政治の特徴は(主権移譲)後に施行されたにある。 この制度に基づき、香港はである中華人民共和国の中でまでシステムが継続して採用されることになっている。 政治的には、植民地時代の行政、主導の政治体制から、・への移行が期待されたものの、中華人民共和国からの度重なる介入により民主化の後退が懸念される事態に直面している。 1997年に香港は 香港特別行政区として改編されが即日成立した。 香港特別行政区は中華人民共和国においてやと同等(省級)のとされる。 しかし第31条およびに依拠し、返還後50年間は一定のの付与と本土()と異なる行政、法律、経済制度の維持が認められている。 そのため、香港は「中国香港」(:Hong Kong, China)の名称を用い、中華人民共和国とは別枠で経済社会分野における国際組織や会議に参加することができる。 (詳細はを参照のこと。 ) しかし香港は「」として「高度な自治権」を享受しているが、外交権と軍事権以外の「完全な自治権」が認められているわけではない。 には中国が香港に国家安全法を導入する方針を決めたことを受けて、の大統領は「 香港の高度な自治は保障されなくなった」「中国は 一国一制度に変えた」と非難する動きも見られた。 であるは職能代表制として職域組織や業界団体の代表による、で選出されることになっており、その任命はが行う。 また、香港の立法機関であるの議員(定員70人)は、半数(35人)が、によって選出されるが、残り半数(35人)は各種を通じた選挙によって選出される。 行政長官と立法会議員全員の直接普通選挙化をどの時期から開始するか、香港返還直後から議論になっている。 にのが、行政長官の普通選挙の実施を容認する方針を明らかにしたものの、立法会議員全員の直接選挙については今なお時期について言及していない。 司長や局長(英語ではいずれもSecretary、に相当する)は行政長官の指名により中華人民共和国政府が任命する。 行政長官と司長局長クラスに限っては中国籍の人物でなければ就任できないが、それ以外の高級官僚(部長クラスなど)にはや諸国出身者も少なくなく、新規採用も可能である。 香港基本法の改正には全国人民代表大会の批准が必要であり、香港特区内では手続きを完了できない。 同法の解釈権も全国人民代表大会常務委員会が有している。 香港の司法府であるの裁判権は香港特区内の事案に限定され、香港が外地ではなく、という選択肢がない中国の不可分一体の領域であるためである。 の剣及び天秤ばかりを携えた、すなわち。 真実及び公平性を天秤に掛ける正義の象徴である。 中華人民共和国本土とは異なり、「香港特別行政区基本法」に基づき、英米法()体系が施行されている。 基本法の規定により、本土の法律は「別段の定め」がない限り香港では施行されない。 広深港高速鉄道開業に関しては後述 基本法の解釈問題以外の法体系はイギリス領時代と全く同一である。 従って制度も存在しない。 独自の法執行機関も保有している()。 返還により領ではなくなったためにに枢密院を求めることはできなくなった。 そのために1997年7月の返還と同時に裁判も原則として、香港特区内で完結する必要性が生じた。 そのため、返還後、最高裁判所に相当するが設置された。 この時点で新たに設置のののために5人以上のベテランがイギリスから招聘された。 返還後の司法体制のために旧からに当たるの人材を新たに招くという「珍事」は中央政府が英米法を厳格に適用するための人材について不足していることを率直に認めたことを表しており、意外な「柔軟性」あるいは「現実適応性」を確認する事象であったといえる。 の下には高等法院(高裁)、区域法院(地裁)、裁判法院(刑事裁判所)などがある。 裁判はである。 ただし、基本法の「中央に関する規定」および「中央と香港の関係にかかわる規定」につき、条文の解釈が判決に影響を及ぼす場合、終審法院が判決を下す前に常務委員会に該当条文の解釈を求めることとされる。 香港は中国の一部であるが、香港と本土との行き来は出入国に準じた取り扱いとなっている。 2018年9月23日に香港と本土を結ぶ ~ が全線開通したことに伴い、同鉄道内で唯一香港に所在する九龍駅では、香港と本土の出入境管理が行われるようになった。 このため、九龍駅構内に引かれている黄色い線より片方は本土の警察が駐在することとなり、その先に本土の入域審査場と税関がある。 中央政府と香港政府は香港内で出入境手続きを済ます「一地両検」について「乗客の利便性を考えた」としている。 対外関係 [ ] 詳細は「」を参照 中国の一部である香港に外交権はないが、基本法の規定により香港特別行政区は経済社会分野のの締結、国際会議やへの参加が認められている。 対外実務に関しては中央政府の出先であるが管轄している。 経済分野では香港政府独自の域外・在外代表部を置いている。 国外の香港経済貿易弁事処は商務及経済発展局が管轄し、中華人民共和国本土にある駐北京弁事処と駐経済貿易弁事処は政制及内地事務局が管轄している。 駐北京弁事処は政務司長(政務長官)の管轄であったが、2005年の行政長官施政方針において対中央政策を政制事務局(後の政制及内地事務局)に集中させる方針が出され現在の形態となった。 台湾の航空機や船舶の香港乗り入れや台湾人の香港への旅行条件は返還前と変わらないが、航空機や船舶に台湾が自称する「中華民国」の「」を塗装・掲揚することは事実上禁止されている。 香港返還を控えた1995年に、の保有する航空機の塗装が塗り替えられ、青天白日満地紅旗に代わり新しいコーポレートシンボルの梅の花が垂直尾翼に描かれるようになった。 香港人が中国本土へ入境する際には、や香港身分証の代わりに「港澳居民来往内地通行証(回郷証)」が必要とされる。 は中国大陸とは別個に実施されており、も異なる。 ただし、先述の通り経済分野以外の在外駐在機関がないため、申請は各地にある中国が窓口となっている。 1997年の以来、中国本土の大幅な経済成長により民間交流は活発化している。 例えば中国本土から香港の大学に入学し香港で就職する中国人が4割、香港から中国本土の大学に入学し就職する香港人が6割という現象が起きている。 香港男性と大陸女性の件数は1996年の2215件から2006年の1万8000件となり、香港女性と大陸男性の婚姻件数も1996年の269件から2006年の3400件と大幅に増加している。 2006年には香港の婚姻件数5万件のうち4割が香港人と大陸人の婚姻となっている。 男女の人口比率は2007年には912:1000であったが、30年後には大陸女性が香港男性と婚姻し定住する案件が増加するため709:1000となる推測も出されている。 購買力が高い香港ではを雇用する家庭が多い。 その働き手として15万人のが香港に在住している。 一方大陸から香港への観光客は飛躍的に増加し最大の観光客となっている。 特に香港との経済格差が小さい深圳では非戸籍者へのビザ取得規制が大幅に緩和され、リピーターが増加している。 軍事 [ ] 第一及び第二次世界大戦の戦死者を追悼する。 石造りで、・ののほぼ原寸大の複製物である 作、1920年発表 返還前はイギリス軍が昂船洲(ストーンカッタース)や赤柱(スタンレー)などの基地に正規兵のほかになどのを含む海軍、陸軍部隊()を駐留させていた。 同司令官は香港総督の下に位置した。 返還後にはイギリス軍に代わりが駐留している。 人民解放軍駐香港部隊の司令部が置かれているセントラルの「」は、返還まではイギリス軍の司令部が置かれていた・ビルであった。 人民解放軍駐香港部隊司令官は、およびの下にあり、香港行政長官には部隊への指揮権がない。 ただし中央政府の意向により寄港が許可されないケースもある。 経済 [ ] の複合商業施設である の統計によると、のは3092億米ドルである。 2015年の一人当たりのGDPは4万2294米ドルであり、世界的にも上位に位置する。 の一人当たり GNI は4万3240ドルでに次ぐ世界第16位となっている。 アメリカのがに発表した総合的なランキングにおいて、世界6位の都市と評価された。 アジアの都市では、に次ぐ3位である。 また、の民間がに発表した「」では、世界9位の都市と評価された。 世界屈指のビジネス拠点であり、5月、のによって、2年連続で「世界で最もの高い国・地域」に選ばれた。 も非常に多く、金融資産100万ドル以上を持つ富裕世帯は約21万世帯であり、やを凌いでいる。 およそ11世帯に1世帯が金融資産100万ドル以上を保有しており、世界有数の密度を誇る。 個人資産10億ドル以上を保有するは時点で68人であり、に次ぎ、世界で2番目に多いである。 25年連続で「世界で最も自由な経済体」に選出されているように 、経済形態は規制が少なく低税率なを特徴とする。 食料や日用品などの対外依存度が高い。 もともとの対中国貿易の拠点であったことからが発達していた。 に中華人民共和国が成立すると、大陸から多くの移民が香港に流入、それを安価な労働力として活用することで労働集約型の繊維産業やプラスチック加工などの製造業が発達した。 1970年代からは、が新界における住宅団地開発や交通インフラ整備などに着手(詳細はを参照)、香港経済は急速な発展を遂げる。 しかし1970年代後半になると労働コストの上昇や工業用地不足などの問題が顕在化してきた。 そして中華人民共和国の政策により1980年代からは従来の製造業は広東省のやをはじめとするへと移転、香港は中華人民共和国を後背地とする・物流基地へ転換した。 1997年の返還後は中国本土への経済的依存は強まり、2003年には CEPA I が中国本土と香港の間で調印され、その後も補充協議が実施・締結されている。 香港は、世界最大級の都市圏(グレーター)を目指す構想の一部でもある。 イギリス時代から完備された法体系や税制上の優遇措置、高い教育水準を有し英語が普及していることから、賃貸物件賃料が世界最高水準であるにもかかわらず、アジア市場の本社機能を香港に設置する欧米企業が多く存在する。 香港経済界の代表的人物としてを率いるが挙げられる。 地価が高いこともあり、香港はシンガポールと同じく物価高の傾向があり、商品や為替変動によっては東京の消費者物価を上回ることがある。 企業 [ ] 「」も参照 電力や通信などのをはじめ建設や運輸、や流通、サービス業やまで、さまざまな業種の大企業がそろっており、東南アジアや中華人民共和国のみならず、日本や英国、アメリカなどへ進出している企業も多い。 主な財閥、企業グループは、系、系、中国本土系の三つに大まかな分類ができる。 華人系にはグループや会徳豊などがある。 伝統的にはイギリス系のや、が有力だが、前二者は1970年代以降、(長江実業グループ傘下)などの華人系財閥による買収などで勢力を縮小させている。 中国本土系の企業としては、、、、中国旅行社やCITICがある。 の進出が盛んであり、2018年時点で1393社の日系企業が、香港に拠点をおいている。 これは、香港に進出している外資系企業の中でなどの欧米企業を抑えてトップの数である。 金融 [ ] 3月のランキングにおいて、世界6位と評価された。 アジアでは、、に次ぐ4位である。 2016年のの1日当たりの取引額は4370億ドルであり、を追い抜き、、、に次ぐ4位に浮上した。 貨幣・金利 [ ] 貨幣であるは、イギリス系の HSBC と(香港渣打銀行)、中国系のの商業銀行3行によって発行されている。 ただし10香港ドルの一部とは、が発行している。 イギリスの植民地時代に発行されたの横顔入りのコインも引き続き使用している。 返還後のに金利が自由化されたものの、2005年5月18日にとのペッグ制から目標相場圏制度に移行されたことにより、金利は基本的にの金利動向に追従する。 株式市場 上場株式時価総額:1兆6922億USドル(2007年2月) 運輸 [ ] 海運 コンテナ取扱量 1914万(20フィートコンテナ換算,2002年) 空運 取扱貨物 248万トン(2002年) 観光 [ ] 大浪湾 世界有数のであり、イギリスの市場調査会社が公表した統計によると、外国人旅行者の来訪数が世界で最も多い都市であり、には約2,380万人が訪れた。 産業が経済的に大きな位置を占めるということもあり、香港や、のを中心に海外での宣伝、観光客の誘致活動が大々的に行われており、現在、観光親善大使を香港出身のであるが務めている。 香港島中西区にはや、などをはじめとするやが、九龍区には、油尖旺区などの繁華街には大規模なショッピングモールやさまざまな様式のレストラン、高級のブティックやエステサロンなどが立ち並び、活況を見せている。 香港はの一つである。 古くから「 100万ドルの夜景」の異名で世界的に知られており、特に香港島のや、尖沙咀のウォーターフロント・プロムナード近辺からの眺望が名高い。 12月のシーズンから()にかけては、ヴィクトリア・ハーバー沿いに建つビルに特別のイルミネーションが施される。 郊外や島嶼部では昔ながらの風景や自然が多く残されており、などを楽しむことができる。 9月に香港の新たな名所としてランタオ島にがオープンした。 から映画産業が盛んであったこともあり、現在もの多くにこれらの観光名所が登場するほか、日本やアメリカの作品においてもこれらの観光名所が登場することも多く、観光客誘致に一役買っている。 近い上に観光資源が豊富なことから、の海外旅行ブーム以来、日本人の間で人気の旅行先としての地位を保っている。 それに対して日本が香港市民の人気の旅行先として定着しており、当初は東京(やなど)を主な旅行先とするケースが多かったものの、の地巡りやでの、大阪やのなど、その目的地が日本全国へと広がってきており、香港市民の日本へ対しての興味の幅広さがうかがわれる。 観光スポット [ ] 香港島 [ ]• (山頂) - 扯旗山、太平山とも• (山頂纜車)• ピークギャレリア(山頂廣場)• マダム・タッソー蝋人形館(杜莎夫人蠟像館)• 香港公園• (電車) - トラム、丁丁とも• ヒルサイド・エスカレーター(中環至半山自動扶梯)• ランカイフォン(蘭桂坊)• IFCモール()• (午炮)• ハッピー・ヴァレー競馬場(跑馬地賽馬場)• 香港映画博物館(香港電影資料博物館)• 香港動植物公園• (浅水湾)• ディープ・ウォーター・ベイ(深水湾)• スタンレー・マーケット(市場)• アバディーン()• ジャンボキングダム(珍寶王國)• オーシャンパーク()• 石澳郊野公園• 大潭郊野公園• 香港仔郊野公園• 大潭郊野公園• 龍虎山郊野公園 九龍 [ ]• の(海濱長廊)• (星光大道)• ICC 「Sky100(天際100)」()• 香港芸術館• 香港スペース・ミュージアム(香港太空探索館)• 香港歴史博物館• (彌敦道)• 九龍公園• 香港古代文物探知館• 男人街 - テンプル・ストリート(廟街)の通称• 女人街 - 通菜街の通称• 金魚街(通菜街)• フラワーマーケット(花墟道)• (朗豪坊)• 鯉魚門(鯉魚躍龍門)• 香港島・九龍間• (維多利亞港)• (天星小輪) 新界、離島 [ ]• (沙田區)• (沙田馬場)• 香港ウェットランドパーク(香港濕地公園)• 大夫第• 屏山文物径• 香港文化博物館• 万仏寺• 大埔海浜公園• 八仙嶺• 大埔滘自然保護区• 茘枝窩• 上水郷• 城門郊野公園• 金山郊野公園• 西貢東郊野公園• - 公園の象徴となっている山。 香港では高い人気を誇る登山コースである。 西貢大浪湾• 西貢西郊野公園• 郊野公園• 八仙嶺郊野公園• 大欖郊野公園• 郊野公園• 林村郊野公園• 馬鞍山郊野公園• (大嶼山)• ゴンピン360(昂平360)-• DDeck(のレストラン街)• 宝蓮寺• 大嶼山郊野公園• (南丫島)• ホテル [ ] やインスティテューショナル・インベスターなどのホテルランキングで高い評価を受ける超高級や国際的チェーンホテルから、長期滞在者向けの低価格宿泊施設までさまざまなホテルがそろっている。 香港島• (香港文華東方)• (置地文華東方酒店)• (香港君悅酒店)• (港島香格里拉大酒店)• (香港港麗酒店)• (香港四季酒店)• (香港JW萬豪酒店)• (香港萬麗海景酒店)• (香港怡東酒店)• (數碼港艾美酒店)• (香港半島酒店)• (九龍香格里拉大酒店)• (香港洲際酒店)• (香港喜來登酒店)• (千禧新世界香港酒店) - 旧:ホテル・ニッコー・ホンコン(香港日航酒店)• (海景嘉福酒店)• (金域假日酒店)• (馬哥孛羅香港酒店)• (香港凱悅酒店尖沙咀)• (朗庭酒店)• (朗豪酒店)• (香港九龍麗思卡爾頓酒店)• - などが多く集まった雑居ビル• (香港凱悅酒店 - 沙田)• リーガル・エアポート・ホテル(香港富豪機場酒店)• (香港天際萬豪酒店)• (香港諾富特東薈城酒店)• (香港迪士尼樂園酒店) 交通 [ ] 150以上の駅を有する 通信 [ ] 香港では、、など地球上で使用可能な通信手段は概ね全て享受でき、サービス品質も世界中で最も高い部類に入る。 ただしは利用者が減りサービスが終了した。 は多数の通信運営会社が設立され、各社の自由な競争の結果、は安価で良質なサービスが受けられるようになっている。 のとは異なり、は保障されている。 郵便 [ ] 香港での郵便事業は が行っており、これはイギリス統治時代から引き継がれたものである。 1997年の中華人民共和国への返還後も、とは切り離して運営されている。 ただし返還にあたっては、香港郵政のが変更されるなどの変化が見られた。 現在、香港にある郵便ポストの色は深緑であり、これはにもなっている。 香港は「中国香港」名義でに加盟している。 電話 [ ] 固定電話 [ ] 固定電話同士の市内間通話料金は、基本的に無料である。 香港の固定電話事業のサービスは数社が行っている。 最大手は電訊盈科で、その後に和記電訊や新移動電訊などが続く。 香港でも日本と同様固定電話にも制度が存在するため、各社の競合が見られる。 香港の主な電話会社• は、香港ではその運営会社が数十社あるといわれており、料金からサービス品質まで、消費者にとってはさまざまな選択が可能となっている。 市内にはが多数設置されている。 中には機能を持つが使用できたり、公衆電話端末のからインターネットを閲覧できたりする高機能型のものもあるが、携帯電話などの普及によりその数は減少傾向にある。 携帯電話 [ ] 現在香港では、多数の携帯電話運営会社が乱立している状態にあり、その中で競合が激化している。 香港の携帯電話普及率は概ね人口比の8割から9割で、世界で最も高い水準にある。 香港の主な携帯電話会社• 欧米諸国と同様に着信にも課金される。 日本国内で契約された携帯電話端末には、香港で使用可能なサービスが提供されているものがある。 国際ローミングの対象でない日本の端末は香港では使用できず、機能・サービスによって利用できない場合がある。 日本国内で契約された端末の国際ローミング料金は非常に高いため、香港によく渡航する人はを香港で購入した方が経済的。 空港やコンビニなどで各社プリペイドを購入するには香港身分証は必要ない。 月額式の加入契約には香港身分証と住所証明書のみ必要になる。 香港以外に渡航した場合でも、渡航した国にてを購入すれば日本、韓国以外の全世界で利用可能。 オーストラリア・イタリアなどと同様、香港で販売されている携帯電話には、電話会社を限定させるがかかっていない。 をはじめさまざまなの電話機が流通しているため、日本を始め世界各国で人気が高い。 各国のさまざまな携帯電話のSIMロックを外すサービスも数多く存在する。 インターネット [ ] 香港での接続は、普及率の高いが主流である。 接続も普及してきている。 香港のインターネット普及率は、概ね9割程度と高水準である。 数多くのが事業を展開している。 香港では個人のインターネット普及率が高く、市街のいたるところに、無料で使用できるのGovや、通信会社によるが設置されている。 宿泊施設では、高級から、ゲストハウスといわれるバックパッカー用の安宿まで、無料の無線LANが普及している。 の「」の方針により、特別行政区として高度な自治権を有する香港では、インターネット上の言論および表現に対して、中華人民共和国政府によるいかなる規制・統制・監視も行われないこととなっており、現在はその方針が遵守されている。 ただし香港の捜査当局が犯罪捜査のため盗聴を行うことは認められている。 この一国二制度の遵守により、香港はとともに、中華人民共和国領内に及ぶ広域である「」のネットワークの外にある。 逆に中国本土からは閲覧や検索のできない香港のニュースメディアやウェブサイトが多数存在することが確認されている。 香港のは「 」である。 香港で登録されるは、現在ではによるものが最も一般的となっている。 報道、メディア [ ] 香港基本法はおよびやを保障している。 言論および報道の自由が極度に制限されている中国本土と異なり、香港基本法の存在のためにこれらの規定は遵守されている。 ただし主となる企業の多くは、中国大陸で活動する上で、中国共産党・中央政府の意向を気にせざるを得ない。 香港経済における中国系企業のプレゼンスも増大している。 そのため、広告収入に依存するには、「自主規制」する傾向が出ているといわれる。 有力なメディアが中国寄りの企業に買収されるケースも起こっている。 新聞の値下げ競争が、独立したメディアの存続を危機にさらし、広告収入への依存を強めているという側面もある。 新聞 [ ] 主な新聞には、『信報財経新聞』、『』、『』、『』などがある。 『蘋果日報』が最も中国共産党政府・香港特区政府に批判的といわれる。 一方、中国系の新聞としては、『』、『』、『香港商報』などがある。 英字新聞としては、『 South China Morning Post 』がある。 これらの新聞は、街のブックスタンドで販売されている。 ブックスタンドでは、香港で印刷されている日本など世界各地の新聞や、各種類を販売している。 テレビ [ ] 詳細は「」を参照 地上波放送には 無綫、TVB 、(港台電視、RTHK TV)、(ViuTV、ViuTV6)、(香港開電視、HKOTV、香港國際財經台、HKIBC)の4事業者がある。 局などの有料放送も数社存在するほか、アジア各地を放送エリアとする「」や のような局も、香港を拠点としている。 香港のテレビ放送は、香港周辺のや各地で地上波放送が受信されているだけでなく、世界各地で番組が放送されており、香港文化伝播のメディアとなっている。 逆に香港では中国国内の衛星放送をおおむね受信できるが、個人で受信する例は少ない。 ホテルでは、客室で日本のの国際放送()や、など欧米の衛星放送、アジア各地の放送を視聴できるようにしている例が多い。 香港政府が、新たに無料放送の免許を与えることとなり、最終的には有料テレビ放送を運営しているケーブルテレビ局や通信企業を親会社とする3局が免許申請していたが、2013年10月15日に、系列の「」(Fantastic Television Limited)と、系列の「」(Hong Kong Television Entertainment Company Limited)に対して免許交付を認めたのに対し、もう1局の「香港電視網絡」(Hong Kong Television Network Limited)の申請を却下する決定を行った。 しかしこの決定に対して香港市民から批判の声が上がり、申請却下理由の公開などを求め、数万人規模の抗議デモが発生した。 ラジオ [ ] 公共放送の RTHK のほか、民間放送の、、による局に、がある。 言語 [ ] 公用語 [ ] 香港が中華人民共和国に返還、移譲された後(1997年以降)は、香港特別行政区基本法第9条により、香港の行政・立法・司法の場において用いることができるは「」と「」とされる。 基本法の公用語規定では単に「 中文」、「 Chinese language」とのみ記載されている。 しかしながら、事実上のはである。 の95. 香港政府は広東語・英語に加え標準中国語()の普及を図る「兩文三語 Bi-literacy and Tri-lingualism 」政策を推進している。 普通話教育の推進は、から本格化した中華人民共和国の政策により、中華人民共和国との往来が盛んになったことや、香港の中華人民共和国への返還が背景にある。 かつては標準中国語で授業を行う学校は、系または系の学校だけであった。 からは、大部分の小中学校で普通話会話の授業を導入している。 返還後、政府の会議も、通常普通話の同時通訳が用意されるようになった。 香港では一般的にで表記されるが 、返還後、政府関係の資料はでも提供される例が増えている。 香港ではを表記するためのも多用され、政府がというコンピュータ用のを制定している。 は、のイギリスの統治開始からまでの間、唯一の公用語とされていた。 香港返還後も中国語に並ぶ公用語として規定されている。 香港はイギリス領であると同時に国際自由港でもあったため、社会的上昇の手段として英語の習得は重要であり、の指向性は高かった。 より、学科の内容理解を深めることを目標に、中学・高校でを用いて授業を行うことを奨励する政策(母語教学)を実施している。 これは英語力が低下するおそれがあるため、数多くの保護者に歓迎されていない。 歴史上の経緯から、香港で使われている英語はの影響を強く受けている。 そのため、日本でよく目にするによる表記と比べて、例えば下記のような違いがある。 (詳細は、、の項を参照) 他の言語 [ ] 広東語以外には、、、、、などのほか、をとする人たちがいる。 外国出身者では、、、、、、などを母語とする人たちが比較的多い。 香港における人名 [ ] かつてイギリスをとしていたことから、香港には本名とは別に英語名を持つ者が多く存在する。 これは、例えば「陳(Chan)」と「張(Cheung)」のように漢字の人名が、26文字のアルファベットを用いる英語をとする者にとって識別が困難であったり、また区別して発音しにくいものであったりするため、個人識別の補助手段としてイギリス人が現地の使用人や生徒などに名付けたのが起源であるとされている。 香港人の名乗る英語名のほとんどは、役所への届け出を経て名付ける正式な名前では無くのようなものである。 例外として、漢字圏以外に出自を持つ香港人が漢字名と外国語名を共に正式な名前とする場合などがある。 やなどへの記載は各自の選択に任されている。 それ故、自由に名乗り、名乗ることをやめたり改名したりすることができる。 香港人の英語名は、学校で英語の授業を受ける際になどによって名付けられたり、家庭によってはそれ以前の幼少期から本名と並んで名付けられたりする。 ほかに、欧米人とのビジネスの機会が多いなど、仕事上の必要に応じて自ら名乗るケースもある。 もちろん、その者の社会的な地位や考え方などによっては英語名を持たない場合もあり得る。 会話上では英語名のみで呼び合うことが多い。 漢字名と姓名の表記を併記する場合は、漢字で本名を記載し、それに併せて「英語名-名(または名のイニシアル)-姓」(例:張卓立・Charles C. Cheung)と記載する。 姓を中央に配置した表記も見られる。 欧米圏の言語を母語としない者が欧米風の名を名乗る以外のケースにがあるが、前述のとおり香港人の英語名はこれとは別の由来によるものが多く、英語名を名乗っていることとその者の信仰には関係が無い場合が多い。 もっとも、実際のクリスチャンネームをそのまま使用している人もいる。 香港人の中には花の名前や宝石の名前、トマトやフルーツなど野菜や果物の名前などを英語名として使っている者もいるし、自分の本来の名前を英訳したものを英語名としている者もいる。 また英米人に限らず、フランス語圏やスペイン語圏、ポルトガル語圏など、非英語圏の欧米人の名前を英語名(ここまで来れば、もはや英語名とも言えないが)として使用する者もいる。 日本ブームにのり、一部の親日香港人の間で、日本風の名前を「英語名」にする例も見られる。 香港在住のには名(キリスト教徒のクリスチャンネームに相当)を名乗るものもある。 (例:王国力〈本名〉=アリー〈アラビア語名〉・ワン(姓)) 中国大陸・台湾や朝鮮半島、ベトナムも含めた漢字圏では香港の影響からか、香港以外でも英語名など欧米風の名を名乗る場合があるが、それらの多くは自称である。 教育 [ ] 香港で有名な,(King's College) 学年度は9月に開始され7月までの2学期制で、1学期目は9月から1月で、2学期目は2月から7月までとなっている。 幼稚園 [ ] 2006年、香港政府は幼稚園児を持つ家庭への「学券」()の配布を発表した。 当初は、非営利の幼稚園に限定するとしていたが、営利の幼稚園や子供をそこに預けている人々からの反発を受け、政府は2007年9月以前に限って時限適用することを発表した。 初中等教育 [ ] イギリスの制度に準じ、初等教育6年間、中等教育6年間(前期中等教育3年間、後期中等教育3年間)となっている。 は、初等教育と中等教育の合計12年間で、その間の授業料は無料となっている。 2009年以降初中等教育は基本無料となっている。 英語、中国語(広東語)、数学と通識教育(日本の社会科に相当)は後期中等教育の必修の科目。 高等教育 [ ] 「」も参照 政府認可を受けた法定大学(公立)が8校ある。 1911年に創立された香港初の総合大学であり、香港で最も評価が高くアジアでも有数の大学であるや、1963年に3学院の合併により設立されたが国際的に著名である。 長らく香港の大学は、この2校だけであった。 その後1984年に、1991年に、1994年にと、1999年にが成立した。 新設された香港科技大学以外は、いずれも既存の学院からの昇格である。 ほかにがある。 2006年12月、樹仁学院が正式な大学への昇格を認可され、香港初の私立大学(政府からの資金援助を受けない)であるとなった。 大学以外の高等教育機関としては、法定学院(公立)が2校(、)、註冊専上学院(私立)が2校(、)ある。 詳細はウィキペディア中国語版「(香港の高等教育)」の項を参照。 2000年からは「」制度が導入された。 アメリカのが授与する準学士や日本のに相当するが、香港では大学などが実施する2年もしくは3年のコースとして実施されている。 中等教育における予科(2年間)を廃止し、1年間ずつ後期中等教育と大学に振り分ける。 その結果、前期中等教育が3年間、後期中等教育が3年間、大学が4年間となる。 新制前期中等教育は度から、新制後期中等教育は度から、新制大学は度から開始される。 改革の理由は二つある。 従来の予科の教科内容が専門的かつ高度すぎ、むしろ大学入学後に学習するのが適切な部分が多いとの批判があった。 後期中等教育(日本の高校に相当)から理科系と文科系に分かれるため、前期中等教育の3年生で選択が求められる。 従来の後期中等教育修了テスト「香港中學會考」と予科修了テスト「香港高級程度會考」は、「(中国語)」に一本化される。 文化 [ ] 映画 [ ] 香港のに対する賛辞であるの像 産業がイギリスの植民地時代から盛んであり、すでに映画制作事業から撤退したが、や(嘉禾)などの大手映画制作会社の本拠地があるなど、広東語圏における映画産業の一大拠点として君臨しているだけでなく、日本や台湾と並びアジアの映画産業における中心の一つとなっている。 から現在に至るまで、(李小龍)、(成龍)、(周星馳)、(周潤発)、(甄子丹)など、多くの世界的に有名な映画スターを生み出した。 他にも(劉偉強)、(呉宇森)、(袁和平)など、その個性が広く欧米諸国においても認められた才能ある映画監督を輩出している。 世界の映画・映像文化への独自の貢献には目をみはるものがある。 音楽 [ ] 圏内の音楽の流行発信地の一つとして、アジア圏内で人気が高い多くのアーティストを多数輩出している。 やの演奏団や、ロックバンドや、から伝わったの楽団などの特徴ある音楽団体も多い。 やのポピュラー音楽の人気も高いが、日本人、アーティストも安定した人気を保っており、CDショップにはのコーナーもある。 からにかけて、香港文化中心 Hong Kong Cultural Centre と香港市民大会堂 City Hall で、がアジアでは初めて開催された。 ファッション [ ] と並ぶアジアにおけるの発信地として君臨している。 、、などの有名やのほか、(陳幼堅)やなどの世界的に著名なデザイナーやクリエイターを多数輩出している。 美術 [ ] 九龍の尖沙咀にある香港芸術館 Hong Kong Museum of Art や、新界の沙田にある香港文化博物館 Hong Kong Heritage Museum などの美術館や博物館では、新旧の作家の作品を鑑賞することができる。 香港の各地にもやの経営などによるが点在しており、湾仔の香港芸術中心 Hong Kong Arts Centre では最近の作家を中心とした作品の展示が行われている。 貿易都市である香港にはやといった会社がアジアでの本拠を構えており、美術市場が形成されている。 隣国の中国をはじめとして、日本や台湾などの東アジア、東南アジア、ヨーロッパ、北アメリカなどから集められた古代から現代美術に渡る幅広い作品が集積している。 2年に1度、香港の美術の祭典である「 香港」が開かれる。 ので2年に一度開かれる「」にも、香港出身のアーティストによる作品が出展される。 香港の著名な作家としては、のを使用した作品で知られる(又一山人)や、グラフィックデザイナーの(陳幼堅)などが挙げられる。 特にアラン・チャンはののなど、香港以外での企業やをデザインしていることでも知られる。 香港発の『 』が発行されるなど、香港はアジアの中でも美術に関する意識は比較的高い位置にあると考えられる。 香港は産業が盛んである土地柄、香港の美術は各種と密接に関わりがあることも多い。 香港の生活や歴史、文化などからインスパイアされた作品が多いが、や日本、などの文化から受けた印象を作品に反映させる例も多く見られ、貿易都市ならではの一面もうかがわせる。 サブカルチャー [ ] 香港のは貿易都市として東西の文化が入り交じりながらも、香港の生活や歴史を反映した独自のも多く、多彩な一面を見せている。 の後半から、造形作家の(劉建文)や(蘇卓航)、鉄人兄弟(鐵人兄弟:brothersfree)などを筆頭としたなどの立体造形作品が隆盛した。 日本では文化の一端として紹介された。 現在の香港では特に日本文化からの影響とその人気は大きい。 これはもともと香港で放送されているテレビ番組などで、日本のやなどのコンテンツが数多く提供されていることが考えられ、特に若年層の生活様式やファッションなどにも多大な影響を与えている。 に入り高速通信網の整備が進み、やといったなどの発達により、香港では日本における最新コンテンツとの親和性はますます高くなっている。 また日本では主にアニメや漫画、ゲームなどのコンテンツを指す総称として ( Manga・ Anime・ Game)と言う言葉が作られたが、香港ではこれに相当するものとして ( Animation・ Comic・ Game)がある。 日本のアニメーションやなどのと呼ばれるを題材とした各種ファンイベントやも香港各地で数多く開かれており、大規模なものは九龍の九龍湾国際展貿中心(KITEX)で開催されている。 また毎年夏と冬にで開催される世界最大の同人誌即売会であるなどを筆頭に、日本国内各地で開かれる各種即売会へ直接出向いて参加する者も増えている。 加えて、台湾や中国大陸の主になどで開かれる日本のサブカルチャーをテーマとした同人誌即売会へ参加する者も多く、逆に台湾や広州の者が香港の同人誌即売会へ赴く例も多い。 最近では漫画やアニメの舞台となった土地を巡る、いわゆるを目的として日本国内を観光する者も数多くいる。 香港独自のコンテンツとしては、中国の歴史を基本としたやアクション、などを題材とした香港コミックス()があり、分業制で制作される調のスタイルが特徴である。 近年では『(時空冒險記ZENTRIX)』や、シリーズに代表される香港製も幾つか制作されている。 香港でサブカルチャーを題材としたは、毎年夏に香港島のにあるで開かれている 香港動漫電玩節(ACGHK)がある。 香港でのサブカルチャー文化の消費を支えている地区は主にの地区やの地区、の地区などで、この界隈にはこれらの商品を取り扱う店舗が多く出店し、中には旺角のなど専門店街やを形成している箇所も見受けられる。 スポーツ [ ] 詳細は「」を参照 香港の NOC であるは中国大陸のNOCであるとは別個にの承認を得ている。 このため香港のスポーツは1997年に香港が中国に復帰してからも、中国大陸のスポーツから完全に独立しており、国際大会には「中国香港 Hong Kong, China 」として出場する。 中国大陸で盛んな卓球などのスポーツでは、代表選手の選抜が中国大陸より容易であるため、香港へ移住して出場する選手も少なくない。 香港出身の金メダリストはの李麗珊()選手のみである。 近年香港で行われる大規模なスポーツイベントとしては、「」と呼ばれるの大会や、市民約3万人が参加するなどがある。 香港はイギリス植民地であった影響からが盛んである。 このための輸出入に対するの制度整備は中国大陸より進んでいる。 一方で中国大陸はこの検疫が厳重であるための競技は、香港のおよび隣接施設で開催された。 中国大陸と香港は異なるNOCの管轄領域となるが、オリンピック競技の一部が異なるNOCの領域で実施されたのはの以来である( 競馬に関する詳細についてはを参照)。 には第5回が開催された。 宗教 [ ] ・、ついで徒(では25万8000人、24万9180人)が多い。 道教に根ざした思想や風習が広く市民の間に浸透している。 やなど道教の神を祀った()が、中心部・郊外を問わず、各所に建てられている。 近代的なビルの一角やオフィス、店舗の片隅にが祀られていたり、路傍などに土地神を祀る小さな祠がしつらえられていることも多く、そこには多くの場合、線香や供物が絶やさず供えられている。 イギリスによる長年の統治の影響により、キリスト教も比較的広く信仰されている。 歴史的な建造物であるものから雑居ビルの一室のものまで含めた各宗派の教会や、キリスト教系の団体を母体とする福祉施設や学校などが数多く存在している。 ほかにも寺院やの、日本の宗教団体の施設などもある。 食文化 [ ] 香港ではが発展しており、世界各地の料理を出すレストランが庶民向けの安価な食事を出す店から世界的に名を知られる高級レストランまで、さまざまなものが存在する。 料理 [ ] 、、、、、、、など、各地方の料理を出すが香港中にある。 このうち約8割がのレストラン()である。 このほか海の幸を専門に取り扱う店がなどに多数存在し、日本人にも人気がある。 香港政府観光局では毎年「Best of the Best - 香港料理大賞」を開催して、料理界の盛り上げに一役買っている。 日本料理 [ ] は比較的古くからも高い人気を保っており、在留日本人向けでなく、地元住民を主なターゲットとした屋や店、などが数多く存在する。 日本料理店は大きく2種類に分けられ、日本人の経営者もしくは料理人がいる日本料理店と、香港人による「」と呼ばれる「日本風」の料理を出す店がある。 在港日本人に人気があるのは当然前者であり、日本企業間での接待の場所、各方面の在港日本人会の会合場所として利用されるが、価格は日本国内と同等あるいはそれ以上である場合が多い。 後者の評判は日本人の間ですこぶる悪く、もっぱら香港人の舌に合う料理として、香港人の間ではやっている。 その他の料理 [ ] 統治時代の影響から、欧米の料理にも人気があり、や、などのヨーロッパ各国の料理の人気も高い。 香港では、古くから、イギリスの植民地であったから働きに来ていた人も多く、店も各地にある。 や警備員、関連の職種に従事するためや、などからやってきている人たちも多く、これらの国の料理を中心としたエスニック料理店も多く、輸入食材を扱う店もあちこちにある。 店や店も多くある。 日本の会社・が製造販売する「」はから香港に輸出販売され、に香港に現地法人による工場を建設して『出前一丁』の現地生産を開始、香港による日本ブランドのインスタントラーメンではトップシェアを誇っている。 そのためか、香港での「出前一丁」のフレーバーは日本よりラインナップが多い。 軽食、ファストフード [ ] 香港では、「」と呼ばれる洋風または香港風の軽食を出す店が至る所にあり、や、といったチェーン店も存在する。 各種店や、「餅店」と呼ばれる屋や屋も香港中で見ることができる。 でも軽食を買える。 かつて多かったは衛生上制限を受け、決められた場所でまとまって営業をしているにとどまる。 マクドナルド、ケンタッキーなどの米系ファストフードのほか、も数多く出店しており、日本国内とほとんど変わらない味を日本より安価で提供している。 菓子 [ ] 日本の(零食や( 點心)と呼ばれる)の人気も高い。 やでは「」や「」、「」などの日本直輸入や現地生産の日本ブランドの菓子を多く見かける。 「」や「」など、日本語表記の菓子チェーン店も存在する。 建築 [ ] 超高層建築 [ ] 香港では、特に中心部の市街である北部において、山がちで狭い地勢から沿いにが林立している。 5m)を皮切りに、現在では世界第4位の高さを持つ西 West Kowloon 地区の (International Commerce Centre:地上118階建、高さ484. 0m)や、竣工で設計による (地上88階建、高さ415. 8m)を筆頭に数多くの超高層建築が見られる。 中には竣工の設計による や、竣工のポール・ルドルフ Paul Rudolph 設計による (力寶中心:Lippo Centre)、竣工の設計による など世界的に著名な建築も含まれる。 加えて香港島の向かい、ヴィクトリア湾を挟んだ側にも超高層建築群ができつつある。 これは九龍市街の埋め立てが急速に進んだこと、そして九龍湾地区にあったがに廃港となり、同空港への航路であった九龍の建設規制が大幅に緩和されたことによる(「再開発」の項で詳述)。 香港における超高層建築の集積率はの市地区を抜き、現在は世界で最も多い。 香港の主な超高層建築は次の通り。 International Commerce Centre 地上118階建・高さ484. これは香港に隣接するなどで、丈夫で安価な竹が大量に入手できることによる。 この竹材の足場を用いて高層ビルを建設するという方法はで見られ、これら地域に特有の光景である。 再開発 [ ] に(旧香港国際空港)が廃止され沖の新に移転したことで、これまで啓徳空港への着陸時の航路となっていた九龍地区の高さ規制が外され再開発事業が活発に行われている。 九龍・旺角地区の「 」(朗豪坊:Langham Place、地上59階建て、高さ255. 1m)などはその代表格である。 西九龍地区では、、、などを兼ね備えた巨大複合施設の「 」 Union Square が建設され、ここに隣接して「 西九龍文化施設群」 West Kowloon Cultural District Project と呼ばれるや、、、などを兼ね備えた文化施設が建設される計画である。 啓徳空港跡地のある九龍城地区や九龍湾地区では空港用地跡の敷地を利用し、オフィスと住居を主体とした複合施設を建設する計画がある。 香港島北部の市街地、特に湾仔地区でも環境整備という名目で再開発が進められているが、ここでは古くからの街区ということもあり抗議活動が展開され、急激な開発は元来居住している住民の同意を必ずしも得ていない実情も垣間見える。 住居 [ ] 高層住宅建築の密集する香港島東部の 鰂魚涌地区。 益昌大廈(右)、益發大廈(左)、康蕙花園(正面)2015年撮影。 この形式は、現在も新界の集落に一部残されている。 現在では見掛ける機会はほとんどなくなったが、香港島南部の香港仔や九龍の深水埗、新界の西貢などでは、古くからなどと呼ばれる水上生活を営むものも見られた。 イギリスの統治が始まると、洋風建築もでき、以前の中心地区ではコロニアル・スタイルの建築が印象的だったが、大戦以後は後の中華人民共和国からの難民によって建築様式の変化が起こった。 までは1階が店舗で、2階が住居である伝統的なショップハウスと呼ばれるスタイルを踏襲していたが、1950年代以降はそれまでのショップハウスの柱廊を取り払い、中層化したになった。 急激な人口増加に対応するため、からには九龍などの郊外に、は下層を工場、上層をアパートとする方式による同規格の建築群を大量に建設した。 香港への難民の流入による住居の特異な例として、九龍の九龍城地区に存在しに取り壊されたなどの例も挙げることができる。 この時期まで香港の住環境は必ずしも良好と呼べるものではなく、この状況を改善すべく以後は政庁主体で計画的な大規模開発が行われ、低層部に商業施設を造り、その上に庭園付きの高層住宅を造るスタイルが一般的になった。 現在では、政府と民間の主導で九龍地区や新界地区の沙田、元朗、将軍澳、青衣、そしての東涌などを中心に超高層住宅を伴う大規模なが建設され、同時に鉄道網も整備されている。 香港島や九龍地区などでもが数多く建設されており、中には高さが250mを超える建物も幾つか完成している。 このことから「日本の住宅がウサギ小屋なら、香港は蜂の巣だ」といわれるようになった。 香港の住宅価格は非常に高く、や、など世界的に高値と認識されている都市の水準に迫るか、場合によってはそれを上回る価格で取引されることもある。 これはオフィスや工業用地など、香港の全体に対し共通する現象でもある。 香港はもともと土地が狭小である上、山がちで不動産開発の容易な平地が少ない。 用地やの問題からなどの所有が難しいため、の発達している市街中心部や要衝へと需要が集中している。 このため不動産の価格が押し上げられ、結果的に海岸部のが急速に進み、市中に超高層建築が林立した。 半山区や跑馬地などの高級住宅地では、隣接する山地の中腹に山自体を超える高さの超高層住宅を建設することも珍しくない。 香港の主な超高層住宅• The Cullinan):地上68階建・高さ269. 擎天半島 The Sorrento :地上74階建・高さ256. 君臨天下 The HarbourSide :地上74階建・高さ255. 曉廬 Highcliff :地上74階建・高さ252. 海名軒 Harbourfront Landmark :地上66階建・高さ232. 凱旋門 The Arch :地上65階建・高さ231. (、)• (、アメリカ)• (、)• (、)• (、香港・アメリカ合作)• (、日本)• (、)• (、香港)• (、日本・香港合作)• (、香港・アメリカ合作)• (、香港)• (、香港)• (、香港)• (、香港)• (、香港)• (1995年、日本)• (1995年、日本)• (、香港・日本合作)• (1999年、日本)• (、香港)• (2001年、アメリカ)• (、香港)• (、香港)• (2004年、香港)• (、香港)• (、日本)• (、アメリカ)• (、アメリカ)• (、アメリカ)• (、アメリカ)• (、アメリカ)• (2017年、アメリカ) 脚注 [ ] [] 出典 [ ]• 2019年10月18日. 2019年10月29日閲覧。 IMF Data and Statistics 2017年7月5日閲覧()• 2018年5月3日閲覧。 Census and Statistics Department, Hong Kong Government. 2007年1月10日閲覧。 2006. The Top 10 of Everything 2007. PDF Report. February 2012. 2013年9月5日閲覧。. Fan Shuh Ching 1974. World Population Year : 18—20. 2010年8月25日閲覧。. Second paragraph reads, "The first wave of refugees came to Hong Kong in the 1930s to escape from the Chinese Civil War and the Sino-Japanese War, but it wasn't until 1949, during the Chinese exodus, when an estimated one million-plus mainland Chinese started coming into the city via the northern borders. Many people, mostly anti-communist Kuomintang officials and capitalists, rushed to Hong Kong in search of refuge. Time Out Hong Kong — Know your City 2013年6月18日. 2013年9月9日閲覧。 Page 16, "The turmoil on the mainland, leading to the defeat of the Nationalists and takeover by the Communists in 1949, unleashed a torrent of refugees — both rich and poor -into Hong Kong. " Hong Kong: Facts about Hong Kong -History 10th ed. Hong Kong:. 2002. Hong Kong. 2013年9月9日閲覧。 Carroll, John 2007. A Concise History of Hong Kong. 127. Headrick The Tentacles of Progress, Chapter. 5 Cities, Sanitation, and Segregation• アジア節水会議 2011年• Chau, K. 1993. "Management of limited water resources in Hong Kong". International Journal of Water Resources Development. 9 1 : 68—72. doi:10. Basic Law Promotion Steering Committee. 2009年11月10日閲覧。 Russell, Peter H. ; O'Brien, David M. 2001. Judicial Independence in the Age of Democracy: Critical Perspectives from around the World. 306. Ghai, Yash P. 2000. Autonomy and Ethnicity: Negotiating Competing Claims in Multi-ethnic States. 92—97. SCMP 2013年3月21日. SCMP. 2014年9月24日閲覧。 Monetary and Economic Department : 12. December 2010. 2011年10月15日閲覧。. 2013年10月27日閲覧。 2013年6月8日閲覧。 ZUU ONLINE. 2016年5月12日. 2018年5月14日閲覧。 2017年7月27日. 2018年1月13日閲覧。 2016年12月20日. 2018年1月13日閲覧。 『調査報告第10号』 、、28頁• 『朝日東亜リポート第6輯』、、南支に於ける香港ドルの地位 135-141頁• 土木工程拓展署土力工程處• Hong Kong Observatory. 2008年2月1日閲覧。 香港特別行政区政府 政府統計処 「2011年香港人口普査」• エキサイトニュース. 2020年5月30日閲覧。 Yahoo! ニュース. 2020年5月30日閲覧。 人民網日本語版2004年04月09日• 三浦一幹 2019. 鉄道ファン No. 694: 128~131. サーチナ 2007年7月17日• KatsumiUmezono 2018年6月4日. OWL. 2020年6月7日閲覧。 IMF 2016年10月30日閲覧。 外務省• JLL 2017年10月25日閲覧。 森記念財団都市戦略研究所 2017年10月26日閲覧。 Forbes 2016年10月30日閲覧。 2018年6月24日. 2019年2月20日閲覧。 2017年8月24日. 2019年2月20日閲覧。 武田信晃 2018年11月6日. 2018年11月26日閲覧。 Long Finance 2020年5月13日閲覧。 Bank of International Settlements 2016年10月30日閲覧。 THE WALL STREET JOURNAL 2014年1月31日閲覧。 またはで放送し、ニュース報道は中国政府の意向に沿っている。 、「香港TV局免許 却下に抗議デモ」2013年10月22日『読売新聞』朝刊7面• グローバルパワー 2017年11月3日. 2020年7月7日閲覧。 「西洋式の名もまた一般的である。 もともとはヨーロッパ人の教師が香港人の名前を一つ一つ呼ぶことができなかったので使われたのである」(『香港』70ページ)。 ただしイギリス人が付けたもの以外に、香港人が自分で名乗ったあるいは、西洋人のためではなく、広東語と標準中国語との違いを避けるためであるなどの異論がある。 実際に、複数の起源があるのかもしれない。 BrittanyHite 2014年2月13日. WSJ. 2020年6月7日閲覧。 国土交通省. 2020年6月7日閲覧。 参考文献 [ ]• ジャン・モリス著(飯島渉、伊藤泉美、西條美紀訳)『香港』講談社、1995年 関連項目 [ ]• (Responsibility to Protect) 外部リンク [ ] で 「 香港」に関する情報が検索できます。 ウィクショナリーの ウィキブックスの ウィキクォートの ウィキソースの コモンズで() ウィキニュースの ウィキバーシティの ウィキボヤージュの ウィキデータの オープンストリートマップに があります。 香港政府• (英語) (中国語)• (日本語)• (日本語)• (日本語)• - (日本語) 日本政府• (日本語)• (日本語) その他• (日本語)• (日本語)• 旅行ガイド - (日本語)• (英語)• ウィキボヤージュには、に関する旅行情報があります。 ウィキボヤージュには、に関する旅行情報があります。 ウィキトラベルには、に関する旅行ガイドがあります。 (日本語)• (英語).

次の