金田一 少年 の 事件 簿 リターンズ。 金田一少年の事件簿Rリターンズ「吸血桜殺人事件」第2話

金田一少年の事件簿(テレビアニメ)

金田一 少年 の 事件 簿 リターンズ

2014年 タイトル ファイル 放映日 [01] 001 ファイル1 2014. 05 002 ファイル2 2014. 12 003 ファイル3 2014. 19 004 ファイル4 2014. 26 [02] 005 ファイル1 2014. 03 [03] 006 ファイル1 2014. 10 007 ファイル2 2014. 17 008 ファイル3 2014. 24 009 ファイル4 2014. 31 [04] 010 ファイル1 2014. 07 011 ファイル2 2014. 14 012 ファイル3 2014. 21 013 ファイル4 2014. 28 014 ファイル5 2014. 05 [05] 015 ファイル1 2014. 19 016 ファイル2 2014. 26 [06] 017 ファイル1 2014. 02 [07] 018 ファイル1 2014. 09 [08] 019 ファイル1 2014. 16 020 ファイル2 2014. 23 021 ファイル3 2014. 30 022 ファイル4 2014. 06 [09] 023 ファイル1 2014. 13 024 ファイル2 2014. 20 025 ファイル3 2014. 27 2015年 タイトル ファイル 放映日 [01] 001 ファイル1 2015. 03 002 ファイル2 2015. 10 003 ファイル3 2015. 17 004 ファイル4 2015. 24 [02] 005 ファイル1 2015. 31 006 ファイル2 2015. 07 [03] 007 ファイル1 2015. 14 008 ファイル2 2015. 21 009 ファイル3 2015. 28 010 ファイル4 2015. 05 011 ファイル5 2015. 12 [04] 012 ファイル1 2015. 19 [05] 013 1時間スペシャル 2015. 26 [06] 014 ファイル1 2016. 23 015 ファイル2 2016. 30 016 ファイル3 2016. 06 017 ファイル4 2016. 13 [07] 018 ファイル1 2016. 20 [08] 019 ファイル1 2016. 27 [09] 020 ファイル1 2016. 05 021 ファイル2 2016. 12 022 ファイル3 2016. 19 023 ファイル4 2016.

次の

金田一少年の事件簿(テレビアニメ)

金田一 少年 の 事件 簿 リターンズ

はじめと美雪が偶然出会った一人の警察官。 小林竜太郎という若き刑事は今は異動してしまったが、かつて捜査一課に所属し当時警部だった明智と行動をともにしていた。 誰よりも犯罪を憎み、熱い正義の心を持っていると明智の警察官としての姿勢を熱く語る小林の言葉に、次第に聞き入っていくはじめと美雪。 ロスでの研修を終えたばかりの警部時代の明智。 小林は、明智と初めて捜査に臨んだある少年事件について静かに語り始める。 明智 健悟 CV:森川 智之 警部時代の明智• 小林 竜太郎 CV:千葉 雄大 明智の部下にあたる後輩刑事• 貴島 洋平 CV:咲野 俊介 補導常連の少年 大物政治家である父を持つ。 貴島 順一 CV:五代 高之 国会議員 貴島洋平の父• 杉野 円 生天目 仁美 すぎのこ書店店長• 三橋 健三 CV:高橋 広司 警視庁 少年事件課課長• 捜査一課課長 CV:黒田 崇矢 明智と小林の上司.

次の

金田一少年の事件簿(テレビアニメ)

金田一 少年 の 事件 簿 リターンズ

Contents• 前回のあらすじ はじめと美雪はミステリー研究会の課題で「猟奇殺人」を調べることになった。 二人の調査先は30年前に凄惨な殺人事件が起きたという「夜桜郷」。 偶然課題のことを聞いた後輩の佐木竜二も参加することになり、三人は「夜桜郷」へ。 そこで元サナトリウムの旅館「夜桜亭」に宿泊することになったはじめ達は、その庭園で満開の桜を目にする。 「血吸い桜」と呼ばれるその花の色は血のような紅い色だった。 美しき「血吸い桜」が持つ忌まわしき過去とは・・・? あらすじ 30年前の未解決猟奇殺人事件 デザートを食べ終わり、部屋でトランプをして遊ぼうと言い、完全旅行気分のはじめだが、ミス研としての取材をしなければならず、佐木と美雪に連れられて、料理人の北屋敷に、30年前の未解決猟奇殺人事件の話を聞きに行く。 美雪がミス研の取材の内容を北屋敷に話すと、北屋敷の表情が少し変わった。 直接知っているわけではないらしいが、ゆっくりお茶でも飲みながら話を聞かせてもらえることになった。 北屋敷が当時のサナトリウム時代のアルバムを出してきて見せてくれた。 そこにはサナトリウムの玄関前で二人の医者が白衣を着て写っていた。 昔はもっと患者も多かったが、1960年から結核患者が減り、二人の医者が交代制で働いていた。 そのうちの一人が外科医から転向した「鬼方桜柳 きがたおうりゅう。 かつては東京の大病院に勤めていたエリート医師がなぜか田舎のサナトリウムに来た。 それからしばらくすると、患者が一人、また一人と姿を消していった。 その都度、鬼方は、容態の急変・転院などと看護師に伝えていた。 それは、鬼方が勤務のタイミングにあわせて起きていた。 患者が姿を消すことはその後も続き、やがて春が近づく頃、看護師は目撃した。 検温のために病室を訪れた看護師だが、患者がいないことに気づき、院内を探し回る。 すると、庭にある桜の木の根元に人影があることに気がついた。 よく見ると、鬼方が殺した患者の死体をサナトリウムの桜の木の根元に埋めていた。 その後、看護師が通報し、警察が到着。 その時にはすでに鬼方は姿を消し、警察の調査で、桜の木の根元から次々と消えた患者たちのバラバラ死体が発見された。 鬼方がなぜ死体を桜の根元に埋めていたかは不明だが、残された診察日誌にはこうあった。 桜がさくまでにあと一か月。 今年のちすい桜はきっと血のように紅く咲き誇る事だろう。 楽しみでならない。 それからしばらくして、春になり、庭の桜の木が一斉に血をすったかのように紅い花を咲かせた。 ちすい桜の由来 北屋敷が続けて「ちすい桜」について話す。 「ちすい桜」とは元々「治水桜」と書く。 この辺りは昔から地面が緩く、雨で土が流失するのを防ぐため、沢山の桜を植えたのが始まり。 しかし、あの事件以来、人々は紅く染まるあの桜のことを、人の血を吸って咲く「血吸い桜」と呼ぶようになった。 鬼方は「ちすい桜」に血を吸わせるために患者を殺して埋めたのだろうか? 鬼方桜柳はどうなった? その後も失踪したまま逮捕もされていない鬼方。 生きていれば70代後半くらいにになるはず。 虎元がちょうどそれくらいの年齢に当たるが、毎年自分が咲かせた「血吸い桜」を顔を隠して見に来ているのか? 犯人は現場に戻るなんてことをよく言うが・・・。 そんな話をしていると、突然、「食事が終わったから片付けてくれ」と虎元が現れ、話はそこまでとなった。 30歳トリオ とりあえずは最初の取材を終え、食堂に戻って桜を見ながら整理することにする三人。 食堂に戻ると、絵東、冬部、斧田の三人が酒を飲みながら騒いでいた。 かなり酔っ払っている様子の三人。 アルバイトの栞がつまみを持ってくるが、「一緒にのまないか?」「ロマネコンティ一本100万円」と斧田に絡まれる。 そこへ、冬部が仲裁に入り、斧田を止め、栞にも早く立ち去るように言った。 酔っている斧田はその冬部対応が気に入らなかったらしく、次は冬部に絡み始める。 そのやりとりを見て、絵東は笑っていた。 同じくアルバイトの敷島が現れ、斧田に消灯の時間になることを伝える。 「病院じゃあるまいし!」と言って少し嫌がるが、「庭のライトアップも消えるのでそろそろ・・・」と伝えると渋々三人は食堂を出て自室に戻っていった。 ちすい桜と藍染吉野 消灯されることを知り、はじめたちも食堂を出ていくことにする。 最後にはじめが食堂を出ようとすると、庭先に藍染オーナーがいることに気づく。 オーナーは、桜の木の前に立ち、動かずに食堂に背を向けたままじっと桜を見ているようだった。 斧田殺害 自室で一人ワインを飲む斧田。 すると、誰かがドアをノックしてきた。 斧田は、絵東がロマネコンティを飲みに来たのだと思い、ドアを開けた。 突然、刃物で腹部を刺された斧田はそのまま部屋の床に倒れた。 スポンサーリンク 感想 とりあえずは被害者予想が的中! この感じだとほかの二人も当たってそうです。 ストーリーの方は久々に面白そうなので楽しみですね。 頼むから高遠は出てこないでほしい・・・。 今後の展開予想 過去の事件と客人たちの関係は? 北屋敷の話では、鬼方が失踪したまま捕まっていないことになっている。 虎元がちょうど鬼方が生きていた場合の年齢に近いが、これは同一人物ではなさそう。 どちらかといえば鬼方の隣に写っている医者のほうが虎元にどことなく似ている。 他には特にヒントになるようなものはなかったが、北屋敷が真実を忠実に語っているとは限らないし、「直接は知らない」と言っていることは「誰かから聞いた」ということになり、信憑性としてはまあ60%程度くらいで考えていたほうが良さそう。 三十路トリオについては、あきらかにこの桜との関係は深そう。 しかもそれは5年前から始まり、「成功への原点」と言っている。 毎年集まることを「桜の会」と呼び、何かしら三人にとってメリットがあるのではないかと思う。 殺害トリックは? 過去の2つの事件が関係すると思われる今回の犯行。 計画殺人であるはずなのに、その殺害方法は意外にもシンプルで、わりと衝動殺人に近いような方法だった。 これがどのような難事件になるのでしょうか? ドアを開けさせて腹部を一刺し。 ドアは開いているし窓も開いている。 犯行当時に他の客人に見つかる可能性もあるし、何よりも、犯人は確実に返り血まで浴びてしまっているはず。 とりあえずは密室トリックの線は薄そうかな。 次の被害者は? 最初の被害者はやはり一番恨みを買いそうな死亡フラグ代表の斧田でした。 となると次は絵東かな。 冬部は唯一なにか違うことを考えていそうなので最後になるか殺される前にはじめが犯人をつきとめるかもしれない。 動機もなかなか予想が立てられないのでむずかしいですね。 スポンサーリンク 人物考察 虎元勝男 76 虎元だけ食事が出されておらず、マスクをしたままテーブルに座り、無言で桜を眺めている。 敷島の話では、古くからの常連で、帰り際には必ず来年の予約をするらしい。 葉埼栞 22 虎元は「食事を部屋でとるから、食堂では桜をながめているだけでいい」と言っているとはじめに説明する。 酔っ払っている斧田に絡まれる。 藍染吉野 72 絵東、冬部、斧田、三夜沢に「今年もありがとうございます」とあいさつをする。 金田一が食堂を出る時に庭先で桜を見ている。 冬部蒼介 30 「もう5年目になるんですね」 「ここに毎年桜の季節にくるようになって」 酔っ払って栞に絡む斧田を止める。 絵東ちなつ 30 「そうね、この桜の会はあたし達三人の成功の原点」 「ここに集まるとまた今年も頑張らなきゃって思うのよね!」 陽気に酔っ払っている。 斧田鏡一郎 30 「成功ねえ・・・」 「ま、色々あったけどな!」 酔って栞に絡み、仲裁に入った冬部にも絡む。 三夜沢渉子 34 「今年の『血吸い桜』は例年以上に紅々としてキレイね」 「この色を表現するのはほんとに難しそうだわ」 「絵の具に血でも混ぜてみようかな・・・ウフフ・・・」 敷島大悟 21 去年の春からバイトをしているが、普段はたいていが渓流釣りのお客さんばかり。 だが、この季節のだけは来る人がガラリと変わって、ちょっと癖のある独特のお客さんが来るのだという。 虎元が古い常連で、帰り際に来年の予約をするという話をする。 食堂で宴会をしている三十路トリオに、消灯のために退室を促す。 犯人は誰だ!? 今のところでは決定的なものがなさすぎて何にもわかりません。 ただ、殺害方法を見ると、ある人物に注目がいってしまいます。 斧田は自室でドアを開けたところを刃物で刺されて殺害されました。 部屋の窓は開いているしこの感じだと密室トリックではなさそう。 となると、アリバイトリック!? だとすると、伏線的要素である、「藍染オーナーが庭で桜を見ている後ろ姿を金田一が目撃している」ということがかなり怪しくなってきます。 しかし、まだまだそれだけではわからないし、身体能力的に厳しいと思うので、現時点の犯人予想は 葉崎栞 50% 藍染吉野 5% くらいにしておきます。 スポンサーリンク•

次の