しあわせ の かたち。 しあわせのかたち

しあわせは子猫のかたち 乙 一:児童書

しあわせ の かたち

まず、彼女のボイスや自己紹介でも取り上げられている通り彼女は「しあわせ」を何より大事にする女の子です。 自己紹介の方では「雛菜が」と言っていますが、プロデュースしていく中で、自分がしあわせで居ることによって、周りをしあわせにできる。 と考えているという事も分かります。 一見、ただひたすらに自分だけの幸せを追求して独りよがりになっているように見えますが、自分が幸せであることによって、他者も幸せにすることが出来るという考えが頭の中にはあるという事が読み取れます。 しかしなぜか不思議なことに、レッスンが上手くいった事やオーディションに受かった事など、他のアイドルであればまず手ごたえを感じて、自分が喜ぶであろう状況で、あろうことか彼女が一番最初に取った行動は、プロデューサーに「嬉しい?」と尋ねることでした。 この時点で完全にスペースキャット顔です。 少ない脳のキャパが悲鳴を上げています。 え?ちょっと待って…?それは雛菜が思うしあわせではないの…?「雛菜がしあわせであればみんなしあわせ」の中にあるしあわせは一体どこにあるの…?と。 でもここで思考停止していては、せっかくのつよつよシナリオを放棄してしまうことになりかねません。 そんな中、少ないキャパでひねり出した結果、1つの考えが頭に浮かびました。 しあわせ、と沢山口にするものの本当は彼女は自分にとっての「しあわせ」が何かを知らないんじゃないのかと。 自分に向けられた他者からのしあわせ=自分のしあわせ になっているのではないかと。 例えば、自分はそこまで興味のなかったジャンルの漫画やゲームでも、憧れの人や好きな人が「好きだ」と言っていたら、いつの間にかそれ自体に好意を持っていることがあると思います。 それと同じで、自分では普通だと思っていた事でも、他者から「上手いね」「今日はよく出来ていたね」と言われると、少し嬉しい気持ちになりますよね。 つまり、自己評価でなく他者からの評価で「しあわせ」か「しあわせ」でないかを決めているというのではないかと、考え付きました。 となると、市川雛菜の中には、誰かの思うしあわせはあっても、市川雛菜本人のしあわせは無いのではないかと。 ここで少し話題から逸れる話になるのですが、765プロには星井美希というアイドルが居ます。 彼女もまた「どう?ハニー?喜んでくれる?」と聞いていたり、比較的プロデューサーや他者に喜びの判断を向けているところを目にする気がします。 が、あくまでもそれは芸能界の業界知識やその他もろもろにあまり明るくないだけで、無知ゆえの、というか彼女が天才肌である所以のようなところもあるので、正直違和感はありません。 しかし、こと市川雛菜に関してはレッスンやオーディションなど、日常的に行うことが多い場面や何が嬉しいかが想像に難くない場面でも「ほめてくれるから好き」という言葉を放ちます。 これもきっと雛菜の中に上手もしくは下手、今日は上手くできた、あまり上手にできなかった、というのはあまりなく「ダンスが上手だねとほめられたので雛菜はダンスが上手」という、他者からの評価=自分の評価となっているように見てとれます。 そして何より一番大変なのは、彼女自身がそれを自覚していないということです。 言い換えれば、無意識のうちに自分を他者に預けているという感じでしょうか、一見自分があって、自分のしあわせがそこにあると思ってはいても、雛菜を雛菜たらしめているのは別の誰かとでもいうような。 ここで少し思い当たったのは、ノクチルのユニット紹介にある 「さよなら、透明だった僕たち」 というフレーズ、私は市川雛菜さんに注視していたので、具体的なことは言えませんが、ノクチルのメンバーはそれぞれにどこか「透明」な部分があり、こと彼女においてはそれが自分自身、もしくは自分自身のしあわせ、ということなのかなと考え始めました。 しかし、となるとそんな透明な彼女は今までどうやって自分を作り上げて、自分のしあわせを感じていたのでしょう?個人的には、自分だけでは感じる事のできないしあわせを教えてくれた人達がどこかに居たのではないかと考えています。 ずっと彼女と一緒にいた存在で、幼い頃からのしあわせのかたちを作り上げてきた人達。 彼女の所属するノクチルの3人ではないかと私は考えています。 はじめは、幼馴染でアイドルという設定は他ジャンルでは、関係性が作りやすかったり、分かりやすかったりして割とよくある設定だけど、アイドルマスターシリーズで、血縁関係などはあっても、そういえばそういった設定のアイドルって見ないな…と思っていたので、そういう点ではとても新鮮でした。 ただ反対に前述した通り、他ジャンルでは出尽くしてる設定のため、大丈夫かな?と思う反面もあり、最初は「幼馴染設定あんまり刺さらないなー」などと呑気に構えていました。 しかし、改めてそう考えてみると、過去から彼女たちが作り上げてきた関係性そのものが彼女たちの人間性に直結しているのなら、 それはもう「幼なじみ」という設定でしか書けない、見せられないものがあると気づきました。 仲のいいPで 「シャニマスにおいて意味が無いことなんてない」 という言葉が口癖のPが居ますが、まさに今回ばかりはその通りだと納得しています。 そして更に、これからも市川雛菜が市川雛菜であり、市川雛菜のしあわせを感じながらアイドルを続けるためには、ノクチルの皆が必要不可欠だということがよく分かります。 一見とても利己的でわがままなお姫様かと思われた市川雛菜ですが、実際は自分のしあわせが何かを、また自分とは何かを、自分でも気づかないうちに探し続けている不器用な女の子なのではないでしょうか? プロデューサーも言っていたように、「楽をしたい」のではなく「しあわせ」になりたい。 アイドルをする意欲が無いのではなく、しんどいことをしたくないのではなく、本心から「しあわせと思えることだけでいい」つまり、雛菜にしあわせを教えてくれた人達がしあわせで、その人達のそばで、彼女がしあわせでいられればそれでいいと言うことではないのでしょうか。 またこの台詞には続きがあり「………それ以外は、知らなくてもいいの」とも言っています。 しかし、WING優勝後には「………ちょっとくらいなら大変なこと、あってもいいよ~?」という心の変化を見せています。 読みづらく、書きなぐりの文章をここまでお読み頂き本当にありがとうございました。 最後に雛菜からの言葉を書いて終わろうと思います。 「ね、プロデューサー しあわせって何色だと思いますか~?」 透明だからこそ、何色にでもなれる。 そんな可能性を教えてくれた市川雛菜さんと、ノクチルのこれからに期待しています。

次の

しあわせのかたち

しあわせ の かたち

この記事の主題はウィキペディアにおけるを満たしていないおそれがあります。 目安に適合することを証明するために、記事の主題についてのを求めています。 なお、適合することが証明できない場合には、記事はされるか、に置き換えられるか、さもなくばされる可能性があります。 ストーリー [ ] 登場人物 [ ] 杉沢 亮(すぎさわ りょう) 本作の主人公。 中肉中背の普通の青年。 神奈 水萌(かみな みなも) 声: 本作のヒロイン。 亮や美緒とは別の学校に通っている。 柊 美緒(ひいらぎ みお) 声: 亮の自慢の彼女。 性格は真面目で几帳面。 死神ちゃん(しにがみちゃん) 声: 名前はない。 身体もない。 地上とあの世の間を彷徨う「魂の回収者」。 柊 麻緒(ひいらぎ まお) 声: 美緒の双子の妹。 藤崎 成海(ふじさき なるみ) 声: 水萌と一緒に『ブルーコスモス』でアルバイトしている少女。 今居 こころ(いまい こころ) 声: 水萌と同じ学校に通っている少女。 森下 泉美(もりした いずみ) 声: 魂状態の亮がたまに会う、宙を彷徨うメガネ少女。 脚注 [ ] 注釈 [ ].

次の

しあわせのかたち

しあわせ の かたち

ファミコンブームをかけぬけた「しあわせのかたち」 そもそも桜玉吉という漫画家のことや「しあわせのかたち」という漫画を知らない人はこの記事を読んでいないと思う。 しかし、いちおうちょっとだけ説明しておくと「しあわせのかたち」はファミコン通信(現在ファミ通に改名)にて1986年〜1994年(昭和61年〜平成6年)まで連載された4ページほどのカラー漫画。 ファミコンブームまっただ中での連載だったので、まあまあなサブカル的な人気はあったと思う。 ただ当時はジャンプでドラゴーボールが連載中で漫画のメインストリームはあくまでそっちだったけれど。 時代の空気を感じられる「しあわせのかたち」 隔週販売だった創刊当時のファミコン通信(現ファミ通)を毎号楽しみにしていた筆者は、当然「しあわせのかたち」も読むようになりいつしかファンになっていた。 当時小学生の私にとって一番身近でおもしろい漫画はドラゴーボールではなく、まちがいなく「しあわせのかたち」だった。 しあわせのかたちの面白さはなんとも表現しがたい。 他のどのギャグマンガとも似ていないからである。 強いていうならドリフ大爆笑的なテイストかなーとは思う。 そんな懐かしさから25年ぶりにKindleの愛蔵版「しあわせのかたち」全3巻を購入し一気に読み終えた。 大人買いができるようになった自分がちょっと誇らしい。 平成28年のいま「しあわせのかたち」を読むと、リアルタイムとは違う客観的な視点で見ることができた。 しあわせのかたちの連載内容の変遷とバブル崩壊による景気後退とがかなりリンクしているように感じられたのです。 前半の明るい作風から後半のしあわせのそねみへ しあわせのかたちは連載当初、ファミコンゲームを題材にしたポップで明るい作風でした。 しかし作者体調不良(おそらくうつ病)により連載が終了するまでの後期には、明るい作風から徐々に桜玉吉先生自身の日記的な内容になっていき、最終的に暗黒舞踏を題材にした「ラブラブルート21(トゥウェニーワン)」や作者のダークな面が露出した「しあわせのそねみ」へとつながっていきます。 「しあわせのそねみ」は知る人ぞ知る、それまでの明るい桜玉吉の作風とは一線を画す作者のひねくれた視線で書かれた日記マンガであり、私は当時からヒジョーに好きなマンガでした。 おもしろくはあったものの、このころすでに作者の精神はかなり疲弊していたようで「しあわせのそねみ」が終わるのとほぼ同時にしあわせのかたちの連載も終了してしまいます。 この流れを25年後の今日からながめてみると、ちょうどバブル崩壊の時期と重なることに気がつき、景気悪化がマンガの内容にも影響したのではないかと推察せずにおれません。 バブル時代というのは桜玉吉先生のような自由人で、30すぎても無邪気にマリオカートで遊んでいる人が容認されてきた時代だったんだと思います。 それだけの余裕が社会にあった時代だったんだと。 それがバブル崩壊後はそんな子供のような無邪気さが容認されなくなった、余裕がなくなってきたんだと思います。 しあわせのかたちはその後の桜玉吉作品へとつながる 「しあわせのかたち」は連載を終了しますが「しあわせのそねみ」の作風はその後の桜玉吉作品へと引き継がれていきました。 そう、桜玉吉先生はしあわせのかたち以降も「防衛漫玉日記」「幽玄漫玉日記」「御緩漫玉日記」など長期にわたって日記マンガを書き続けてくれています。 ファンとしてはうれしい限り。 現在はなぜかあの週刊文春にて「日々我人間」という日記マンガを連載中です。 なぜ文春なのか?は謎だがその意外性もおもしろいです。 「しあわせのかたち」そのものの感想とは話しがずれますが、長期にわたって連載されている日記マンガというのは自分と重ね合わせて読むと感慨深い読み方ができるので好きです。 桜玉吉先生の場合20代から現在は50代にいたるまで日記マンガを書き続けており、例えば私なら30代のころ桜先生はどんな生活をしていたんだろう?どんなことを考えていたんだろう?なんて思いを馳せながら読むことができるのがよいです。 まとめ:「しあわせのかたち」を読もう 「しあわせのかたち」の感想という形で本記事を書いたけれど、あまりマンガそのものの面白さについて語ることはできなかった。 ひとつ言えることは「しあわせのかたち」はどのマンガとも似ていない唯一無二のおもしろさを持つマンガだということです。 まだ読んだことのない人はとにかく読んでみましょう。

次の