精査とは。 精査って英語でなんて言うの?

「精査」の例文・使い方・類語・反対語・検討との違い|する

精査とは

「精査」の意味 「精査(せいさ)」は、 「くわしく調査すること」を意味しています。 また「精査」には、 「よく調べてから考えること」「完成したものが正しいかどうか確認すること」といった意味も含まれます。 「精」は音読みだと「セイ」、訓読みだと「しらげる」「くわしい」と読みます。 「精」は「念入りでこまかい」「雑念がなくひたすら励むこと」を意味しています。 「精」は、「精を出す」「精巧」「精密」などと使われています。 「査」は音読みだと「サ」、訓読みだと「しらべる」と読みます。 「査」は「しらべること」を意味しています。 「査」は、「監査」「考査」「審査」「検査」などと使われていますよね。 「精査」は「調査」と同じ「調べる」という意味です。 同じ「調べる」という意味でも、「精査」は「調査」よりも「より事細かく」「詳しく」というニュアンスが強くなります。 「精査」の使い方 「精査」はビジネスシーンにおいて頻繁に使われます。 ビジネスシーンでの「精査」は、報告書など書類に対して使用することが多いです。 例えば、「精査したあとに検討いたします」と言った場合は、「詳しく調べた後に検討します」といった意味になります。 他に「この資料を精査しておいて」と言った場合は、「この資料が正しいかどうか確認しておいて」という意味にもなります。 また、これ以外にも「文章を修正する」という意味で使うこともできますが、こちらの意味ではほとんど使わないので注意しましょう。 「精査」は、自分が「よく調べる」と言うときにも、相手に「よく調べてください」と言うときにも使用することができます。 また、目上の相手に対して使うときは尊敬を表す接頭語「ご」を付けて「ご精査」とします。 「精査」の言い回し ・精査する ・精査される ・精査願います ・精査中 ・精査した上で 「精査」の例文 ビジネスシーンで使う場合 ・お問い合わせいただいた件につきましては、精査した上で回答したいと思います。 ・報告書のご精査のほど、よろしくお願いいたします。 ・企画書の内容がこれで良いのか、もう一度精査する必要がある。 ・契約に際して書類を精査するように言われた。 ・現在精査中ですので、今しばらくお待ちください。 ・精査した結果ですが、今回提案いただいた企画に関しましては見送らせていただくことになりました。 ・提出する予定の資料を精査する。 ・火災が起きた現場を精査する。 ・著作権を侵害する恐れがないか、十分精査する。 ・災害での不明者数を精査する。 ・事件解明のため、犯人の身辺をきっちり精査する。 ・完成した研究レポートを提出しますので、ご精査よろしくお願いいたします。 「精査」と「検査」の違い 「検査」の意味 「検査」は「ある基準をもとに、異状の有無、適不適などを調べること」を意味しています。 よく「適性検査」「所持品を検査する」などと使いますよね。 「検」は音読みだと「ケン」、訓読みだと「しらべる」と読みます。 「検」は「取りしらべる」「取りしまる」を意味しています。 「査」は音読みだと「サ」、訓読みだと「しらべる」と読みます。 「査」は「しらべること」を意味しています。 「精査」と「検査」の違い よく精密検査で聞く、「要精査」と「要検査」の違いは以下のようになります。 「要精査」は、「異常があるか確認できなかったため、別の検査や専門的な機関で検査を行ってください」ということを意味しています。 「要検査」は、「疑わしいところがあるので、もう少し経過してから検査を行ってください」ということを意味しています。 「検討」は 「一つのものについてじっくり考える」というニュアンスが強いです。 「検」は音読みだと「ケン」、訓読みだと「しらべる」と読みます。 「検」は「取りしらべる」「取りしまる」を意味しています。 「討」は音読みだと「トウ」、訓読みだと「うつ」と読みます。 「討」は「問題点をくまなく探りしらべること」を意味しています。 「検討」は角を立てないよう、相手に催促をしたいときに使うことができる言葉です。 「検討」の使い方としては、 ・ご検討よろしくお願いいたします ・ご検討いただければ幸いです などとなります。 「精査」と「照査」の違い 「照査」の意味 「照査(しょうさ)」は、「照らし合わせて調べること」を意味しています。 「照査」は、何か比較するものがあり、それと照らし合わせて違いがないかどうか調べることを表します。 「照」は音読みだと「ショウ」、訓読みだと「てらす」と読みます。 「照」は「てらし合わせる」「基準とすること」を意味しています。 「査」は音読みだと「サ」、訓読みだと「しらべる」と読みます。 「査」は「しらべること」を意味しています。 ・照査いただきますようお願いいたします。 「精査」と「査収」の違い 「査収」の意味 「査収」は「確認した上で受け取って欲しいこと」を意味しています。 「査収」は添付資料やデータを送る時に、「ご査収くださいますようお願いします」などと使います。 「査」は音読みだと「サ」、訓読みだと「しらべる」と読みます。 「査」は「しらべること」を意味しています。 「収」は「シュウ」、訓読みだと「おさめる」と読みます。 「収」は「取り入れる」「取りまとめる」を意味しています。 「査収」は、ただの連絡事項を伝える時には使うことができません。 メールの場合であったら添付ファイルがある時、手紙であったら資料を同封している時に使うようにしましょう。 ・この間提出していただいた書類を返却いたしますので、ご査収ください。 「調査」の類語の例文 ・よく吟味して選んだ材料で、料理を作る。 ・その車はだいぶ古いから点検する必要がある。 ・いつのまにか荷物の検閲が始まっていた。 ・何年も探査しているが、それでも鉄鉱は見つからない。 ・この企画については審査されている真っ最中である。 「調査」の対義語の例文 ・パンフレットを通覧する。 ・看過することはできない問題である。 ・略儀ながら書中をもちましてご挨拶申し上げます。 ・全部説明すると長くなってしまうので、一部省略する。 ・渡された書類をとりあえず瞥見した。 「精査」の英語 「精査する」は英語はなんと言うでしょうか? ・ closely examine ・ closely look into などと表現します。 「closely」や「minutely」などを使うと「細かく」というニュアンスを表現することができますが、日常会話で使う場合は「closely」などの副詞はあまり使わないのが自然です。

次の

「精査」の例文・使い方・類語・反対語・検討との違い|する

精査とは

「精査」には細かく調べるという意味があります。 例えば、ビジネスなど提案などをしてもらった場合に、「内容を精査して、改めてご回答申し上げます」といった形で使います。 これは、(提案していただいた)内容をしっかり細かい部分まで確認させていただいてから、お返事しますという意味で使われます。 精査させていただきます 「精査させていただきます」という言葉も、相手先から書類を受け取ったり、提案を受けた場合に、「内容を細かく確認(調べ)させていただきます」といった意味で使います。 逆に自分が書類を送ったり、提案させてもらった時に、相手の方に「精査させていただきます」と言われた場合は、「詳細を調べさせていただきます」と言われたという意味になります。 精査願います 「精査願います」という言葉は、こちら側から相手の方に対して、詳しく調べて欲しい場合に使います。 資料や書類などを送った場合に、内容の詳細をしっかり確認して欲しい場合に使うと良いでしょう。 下の項目で説明をしていますが、内容を細かく確認してお受け取りくださいという意味の言葉に「ご査収ください」という言葉があります。 相手に確認して受け取って欲しいものを送る場合は、「ご査収くださいますようお願い申し上げます」といった使い方をすることがあります。 メールで添付する場合や、郵送などで送る場合、「ご査収」という言葉を使うこともありますが、内容を細かく確認して欲しい場合は、「精査願います」という言葉を使うこともできます。 精査される 「精査される」という言葉を使うときは、何かに対して細かく調べられる時に使います。 例えば、「監査が入り、帳簿を精査されました」などのような使い方をします。 自分が相手から細かく調べられたり、確認されたりする状況の時に使います。 精査中 今現在、詳しく調べている最中ですという時に「精査中」という言い方をすることがあります。 現在、精査中なのでという言葉を言われた時には、内容をしっかり細かく確認している途中ですという意味になります。 また、相手の方に対して内容を確認して、回答をする場合があります。 確認作業に時間がかかる場合、相手に対して何も返答をしない状態で何日もお待たせしてしまいますと、返事を待っている方は不安になることがあります。 確認作業に時間がかかる場合は、「現在、精査中ですので、今しばらくお時間をいただきますようお願い申し上げます」と言った形で途中経過の連絡をすることで、相手の方も安心して返事を待つことができます。 「精査」と「査収」の意味の違いとは? 「精査」と同じように、ビジネスで使われる言葉に「査収」という言葉があります。 「精査」と「査収」はどんな違いがあるのでしょうか。 「査収」という言葉にも、良く調べるという意味が含まれています。 書類などを誰かに送る場合に、「ご査収くださいますようお願い申し上げます」といったフレーズが使われることがあります。 これは、「査収」という言葉には、良く調べてお受け取りくださいという意味があるからです。 データや書類などを送る場合は、「ご査収ください」という言葉が使われることが多いのですが、「精査」という言葉を使うこともできます。 ビジネスでは書類などを送る場合、「ご査収くださいますようお願い申し上げます」というフレーズが良く使われますので、覚えておくと便利な言葉です。 「精査」と「調査」の意味の違いとは?.

次の

「精査」の意味は?「検討」「確認」との違いと使い方を解説!

精査とは

「精査」の意味 「精査(せいさ)」は、 「くわしく調査すること」を意味しています。 また「精査」には、 「よく調べてから考えること」「完成したものが正しいかどうか確認すること」といった意味も含まれます。 「精」は音読みだと「セイ」、訓読みだと「しらげる」「くわしい」と読みます。 「精」は「念入りでこまかい」「雑念がなくひたすら励むこと」を意味しています。 「精」は、「精を出す」「精巧」「精密」などと使われています。 「査」は音読みだと「サ」、訓読みだと「しらべる」と読みます。 「査」は「しらべること」を意味しています。 「査」は、「監査」「考査」「審査」「検査」などと使われていますよね。 「精査」は「調査」と同じ「調べる」という意味です。 同じ「調べる」という意味でも、「精査」は「調査」よりも「より事細かく」「詳しく」というニュアンスが強くなります。 「精査」の使い方 「精査」はビジネスシーンにおいて頻繁に使われます。 ビジネスシーンでの「精査」は、報告書など書類に対して使用することが多いです。 例えば、「精査したあとに検討いたします」と言った場合は、「詳しく調べた後に検討します」といった意味になります。 他に「この資料を精査しておいて」と言った場合は、「この資料が正しいかどうか確認しておいて」という意味にもなります。 また、これ以外にも「文章を修正する」という意味で使うこともできますが、こちらの意味ではほとんど使わないので注意しましょう。 「精査」は、自分が「よく調べる」と言うときにも、相手に「よく調べてください」と言うときにも使用することができます。 また、目上の相手に対して使うときは尊敬を表す接頭語「ご」を付けて「ご精査」とします。 「精査」の言い回し ・精査する ・精査される ・精査願います ・精査中 ・精査した上で 「精査」の例文 ビジネスシーンで使う場合 ・お問い合わせいただいた件につきましては、精査した上で回答したいと思います。 ・報告書のご精査のほど、よろしくお願いいたします。 ・企画書の内容がこれで良いのか、もう一度精査する必要がある。 ・契約に際して書類を精査するように言われた。 ・現在精査中ですので、今しばらくお待ちください。 ・精査した結果ですが、今回提案いただいた企画に関しましては見送らせていただくことになりました。 ・提出する予定の資料を精査する。 ・火災が起きた現場を精査する。 ・著作権を侵害する恐れがないか、十分精査する。 ・災害での不明者数を精査する。 ・事件解明のため、犯人の身辺をきっちり精査する。 ・完成した研究レポートを提出しますので、ご精査よろしくお願いいたします。 「精査」と「検査」の違い 「検査」の意味 「検査」は「ある基準をもとに、異状の有無、適不適などを調べること」を意味しています。 よく「適性検査」「所持品を検査する」などと使いますよね。 「検」は音読みだと「ケン」、訓読みだと「しらべる」と読みます。 「検」は「取りしらべる」「取りしまる」を意味しています。 「査」は音読みだと「サ」、訓読みだと「しらべる」と読みます。 「査」は「しらべること」を意味しています。 「精査」と「検査」の違い よく精密検査で聞く、「要精査」と「要検査」の違いは以下のようになります。 「要精査」は、「異常があるか確認できなかったため、別の検査や専門的な機関で検査を行ってください」ということを意味しています。 「要検査」は、「疑わしいところがあるので、もう少し経過してから検査を行ってください」ということを意味しています。 「検討」は 「一つのものについてじっくり考える」というニュアンスが強いです。 「検」は音読みだと「ケン」、訓読みだと「しらべる」と読みます。 「検」は「取りしらべる」「取りしまる」を意味しています。 「討」は音読みだと「トウ」、訓読みだと「うつ」と読みます。 「討」は「問題点をくまなく探りしらべること」を意味しています。 「検討」は角を立てないよう、相手に催促をしたいときに使うことができる言葉です。 「検討」の使い方としては、 ・ご検討よろしくお願いいたします ・ご検討いただければ幸いです などとなります。 「精査」と「照査」の違い 「照査」の意味 「照査(しょうさ)」は、「照らし合わせて調べること」を意味しています。 「照査」は、何か比較するものがあり、それと照らし合わせて違いがないかどうか調べることを表します。 「照」は音読みだと「ショウ」、訓読みだと「てらす」と読みます。 「照」は「てらし合わせる」「基準とすること」を意味しています。 「査」は音読みだと「サ」、訓読みだと「しらべる」と読みます。 「査」は「しらべること」を意味しています。 ・照査いただきますようお願いいたします。 「精査」と「査収」の違い 「査収」の意味 「査収」は「確認した上で受け取って欲しいこと」を意味しています。 「査収」は添付資料やデータを送る時に、「ご査収くださいますようお願いします」などと使います。 「査」は音読みだと「サ」、訓読みだと「しらべる」と読みます。 「査」は「しらべること」を意味しています。 「収」は「シュウ」、訓読みだと「おさめる」と読みます。 「収」は「取り入れる」「取りまとめる」を意味しています。 「査収」は、ただの連絡事項を伝える時には使うことができません。 メールの場合であったら添付ファイルがある時、手紙であったら資料を同封している時に使うようにしましょう。 ・この間提出していただいた書類を返却いたしますので、ご査収ください。 「調査」の類語の例文 ・よく吟味して選んだ材料で、料理を作る。 ・その車はだいぶ古いから点検する必要がある。 ・いつのまにか荷物の検閲が始まっていた。 ・何年も探査しているが、それでも鉄鉱は見つからない。 ・この企画については審査されている真っ最中である。 「調査」の対義語の例文 ・パンフレットを通覧する。 ・看過することはできない問題である。 ・略儀ながら書中をもちましてご挨拶申し上げます。 ・全部説明すると長くなってしまうので、一部省略する。 ・渡された書類をとりあえず瞥見した。 「精査」の英語 「精査する」は英語はなんと言うでしょうか? ・ closely examine ・ closely look into などと表現します。 「closely」や「minutely」などを使うと「細かく」というニュアンスを表現することができますが、日常会話で使う場合は「closely」などの副詞はあまり使わないのが自然です。

次の