とんぶり 栄養。 コキア(ほうき草)の種の取り方!とんぶりとの関係は?食べ方や栄養価も

畑のキャビア!? とんぶりの栄養と効能について

とんぶり 栄養

毎年、冬になるとスーパーの野菜売り場に並ぶ 生とんぶり。 プリプリ、プチプチした食感がキャビアに似ていることから「畑のキャビア」とも呼ばれています。 ホウキギはその名のとおり、昔は箒(ほうき)を作るのに使われていました。 細い茎が枝分かれした先に、小さな実がたくさんつきます。 強い風が吹くとポロポロと実が落ちてしまうため、あまり風のない場所でしか育てることができません。 さらに、加工するときにたくさん水を使うので、水道が普及していない時代には湧き水に恵まれた土地でしかとんぶりを作ることができませんでした。 そのような、とんぶりを栽培・加工するのにぴったりの気候風土だったのが、大館市の山あいに位置する比内地区です。 農林水産省では、 その土地の気候風土特有の農林水産物や、 伝統技術を生かした加工食品を 産地ブランドとして登録する「地理的表示(GI)保護制度」を設けています。 大館市比内地区の特産物であるとんぶりは、2017年に「 大館とんぶり」としてGI登録されました。 市場には中国産のとんぶりも流通していますが、「大館とんぶり」として売られているものは紛れもなく国産のとんぶりです。 今回は、三代目とんぶり農家で、農業法人を立ち上げた羽賀一雄(はが いちお)さんに「大館とんぶり」の魅力について教えていただきました。 とんぶりを作り続けて100年 羽賀さんは、2013年に定年退職したのを機に農業生産法人「株式会社秋田ハガイチオ」を立ち上げました。 羽賀さんのお祖父さんの代から約100年間、比内地区の日詰集落で箒ととんぶりを作り続けてきた農家で、今は300アールの畑でとんぶりを生産しています。 日詰集落を流れる炭谷川 山に囲まれ豊富な湧き水に恵まれた日詰集落では、古くからとんぶり作りが盛んでした。 集落の人たちにとってとんぶりはとても身近な食材で、精進料理の一品としても食べられていました。 羽賀さんが子供の頃は収穫や加工の全ての工程が手作業で行われていて、逆さにした臼(うす)の底にホウキギを叩いて実を落とし、実は加工してとんぶりに、茎は箒にして売っていたそうです。 羽賀さんの作業場で使っている手作りの箒。 今は箒の需要が少ないため、茎は土に返しています(有機栽培)。 栽培戸数が多かった当時は、手作業のため1戸当たりのとんぶりの生産量は少なかったそうです。 昭和54年になって日詰集落に「とんぶり加工所」が完成し、機械を使って作業をするようになってから一気に生産量が増加しました。 とんぶりができるまで それでは、とんぶり農家の一年間をご紹介します! <春>5月にホウキギの種を撒きます。 <夏>6月、ほ場(畑)に苗を定植します。 7月、追肥、土寄せ(雑草対策)、芯止めを行います。 <秋>9~10月ごろになるとホウキギは100〜150センチほどの高さになります。 葉が色づき、実が成熟した頃が収穫の適期です。 収穫した実をその日のうちに乾燥機に入れ、水分が抜けるまで乾燥を繰り返してから保存します。 10月からとんぶりの加工作業を開始し、JAあきた北に出荷します。 とんぶりの収穫 作業場の2階で乾燥させているホウキギの実 <冬>11月から1月にかけて、とんぶりの加工作業がピークを迎えます。 加工は在庫が無くなるまで通年ベースで行います。 【加工作業】 1. 乾燥したホウキギの実を煮る。 煮た実をぬるま湯につける。 外皮を取り除く。 (伝統技術です!) 4. むいた皮をきれいに取り除く。 (水洗い) 5. 脱水する。 仕上げ作業を行い、「とんぶり」の完成! 寒い冬の時期に冷たい水でひたすらとんぶりを洗う作業は、とても大変なものです。 スーパーフードとしておなじみのキヌアと同じアカザ科植物の仲間で、生活習慣病の予防などに良いといわれています。 ホウキギの実を乾燥したものは古来から生薬として使われており、古代中国の薬学専門書『神農本草経』にも「地膚子(じふし)」として載っています。 今でも地膚子は漢方薬として使われています。 とんぶりの栄養成分(ゆでたもの)100グラム中に含まれる栄養成分 出典:文部科学省 日本食品標準成分表2015年版(七訂)より 自然食品であるとんぶりは、精進料理の一品としても全国から需要があります。 ヘルシーで食感が良くどんな食べ物にも合わせやすく、特に納豆や長芋、山の芋などネバネバ食材との相性はバツグン! とんぶり、山の芋、卵黄(比内地鶏の卵)、オクラ、大葉を乗せた「比内ちから丼」(レシピ&写真提供:羽賀一雄さん) 「大館とんぶり」生産の今後の課題 全国のみならず海外からも需要があり、国内生産のほとんどが大館産であるとんぶり。 大館ブランドとしての地位を確立しましたが、現在、生産者不足という深刻な状況を抱えています。 最盛期の1990年には138戸だった生産農家が、2018年には10戸まで減少してしまいました。 生産者の高齢化と後継者不足、気候変動により収穫量が大きく影響を受けること、加工作業の負担が大きいことなど、生産者減少の背景にはたくさんの課題があります。 せっかくGI登録され、産地ブランドとして認められた「大館とんぶり」なので、全国の方に食べてもらいたい・・・ もっと販路を拡大し、高品質を維持しつつ生産量を増やしたい・・・ 生産者の所得を増やしたい・・・ そのような思いで、JAあきた北大館とんぶり生産組合の皆さんは、課題解決に向けた方策を検討しています。 国際的な衛生管理基準であるHACCP(ハサップ)の義務化に向けて、JAあきた北では今、とんぶり加工施設を基準に対応させていく準備を始めました。 さらに、ホウキギ栽培ととんぶりの加工作業を生産者とJAで分担することで、生産者の負担を軽減しつつ栽培面積を拡大していく取り組みや、新規生産者の確保についても協議しています。 集落の人たちが古くから誇りを持って作り続けてきたとんぶり。 時代の流れで生産は難しくなってきましたが、一方で需要は拡大しています。 今の時代に合わせた生産方法を見つけて、産地ブランドである「大館とんぶり」を守り未来へつなげていくため、JAと生産組合のたゆまぬ努力が続きます。

次の

とんぶりとは?栄養が貧血に効くぜ!

とんぶり 栄養

とんぶり どんなもの? とんぶりは、ホウキギ(ホウキグサ)の種子。 ホウキギはアカザ科ホウキギ属の一年草で日本には千年以上前に中国から渡来したといわれています。 秋(9月~10月)に実る小さな種子を茹でて果皮を除いたものが「とんぶり」と呼ばれ食用にされます。 その色や歯ざわりがキャビアに似ていることから、「畑のキャビア」とか「ジャパニーズキャビア」とも呼ばれています。 旬は秋ですが、真空パックや瓶詰にしたものが1年を通して食べられます。 ビタミンEには活性酸素を無力化して細胞膜の脂質(不飽和脂肪酸)の過酸化を防ぐ抗酸化作用があるので、老化防止などに役立ちます。 食物繊維は100g中7. 1gと非常に豊富で、これは多いといわれるゴボウをも上回ります。 とんぶりは不溶性食物繊維の比率が高いのが特徴で、不溶性食物繊維は大腸で水分を吸収して便のかさを増やし、腸壁を刺激して蠕動運動を促すので便秘の改善につながります。 また、便が腸内の有害物質を外へ追い出す働きが水溶性食物繊維より強いので、大腸がんの予防に有効です。 とんぶりに含まれるサポニンには、体内での脂質の代謝を促進して、余分なコレステロールが血管壁に付着するのを防ぐ作用があり、スコパリアノシド scoparianoside 類とコチアノシド kochianoside 類には、小腸での糖の吸収を緩やかにし、血糖値の急激な上昇を抑える働きがあります。 脂質を構成する脂肪酸に関しては、多価不飽和脂肪酸のリノール酸が100gあたり1500mgと多く含まれます。 リノール酸にはLDL(悪玉)コレステロールを下げる作用がありますが、HDL(善玉)コレステロールも同時に下げてしまうので、多く摂り過ぎないよう注意が必要です。 効果効能 免疫力向上、動脈硬化の予防、滋養強壮、老化防止、整腸作用、便秘の改善、大腸がんの予防、血糖値抑制作用、糖尿病の予防。 注意点 乾燥させたものは、地膚子(ちふし・じふし)と呼ばれ、利尿や強壮剤として漢方でも用いられるので、食べ過ぎには注意する。 トンブリ(茹で)100gあたりの栄養成分表 水分 タンパク質 脂質 炭水化物 灰分 廃棄率 76. 7g 6. 1g 3. 5g 12. 9g 0. 11mg 0. 17mg 0. 6mg 0. 1mg 1. 1mg 0mg Mg リン 鉄 亜鉛 銅 マンガン ヨウ素 74mg 170mg 2. 8mg 1. 4mg 0. 25mg 0. 6g 6. 5g 0. 36g 0. 50g 1. 65g.

次の

とんぶりとは?栄養が貧血に効くぜ!

とんぶり 栄養

とんぶりって? とんぶりは アカザ科の ホウキ木の実です。 私は 「どんぶり」って言っていて、 「違うよ、濁点がないんだよ!」って言われてしまいました。 とんぶりってどんなものなんでしょう? とんぶりは枝をまとめて 「ホウキ」に利用したらしく「 ホウキ草」と言われてもいます。 最近、秋に公園や畑の一面に赤い コキアが見られる時があります。 この コキアがホウキ草です。 その実がとんぶりです。 この実は直径が1~2ミリほどで、魚の卵のような見た目です。 実は赤っぽい緑色になったところが食べごろで、旬は10月~11月頃が食べごろです。 とんぶりはサメの卵のキャビアに似ているところから、「 畑のキャビア」などと呼ばれたりもしています。 刈り取りは葉が黄色くなってから、穂を刈り取り、脱穀して、7~10日間天日干しで乾燥してから、茹であげます。 そして水でさらして皮をとっていきます。 皮をとるのが大変そうですね。 加工などすると、口に出来るのは冬以降になってしまいます。 加工します。 コキアとは 原産国は南ヨーロッパやアジア地域になります。 草の丈は、0. 5メートルから1メートルくらいです。 丸くこんもりとした草木の形です。 秋になると赤くなった丸い草木はとてもかわいい印象です。 荒涼とした土地でも育ち、強い生命力があります。 日本に渡ったのは平安時代と言われています。 栽培は江戸時代と、歴史が古いです。 とんぶりの味 生の状態のとんぶりは畑のキャビアと言われるほど、美味しいと言われています。 が、私が食べた印象はそんなに味としては 蛋白な味だと思いました。 プチプチした食感は楽しいですが、味はクセも無く、あまり味はしません。 とんぶりの使い方 とんぶりはすぐに食べられるような形で売られているので、いろいろな料理の トッピングとして利用できます。 サラダ、パスタや 納豆にトッピングや混ぜたり、 豆腐の薬味のように使ったり、 卵料理に混ぜても使えます。 そのまま単独でも食べられますが、味がしないので何かと一緒の方がいいかもしれません。 単独で食べる時は、 酢醤油や 味噌味などと合います。 あまりクセがないので、何にでもあって使いやすいです。 とんぶりは栄養あるの? コキアの実であるとんぶりは古来から中国が漢方として利用していました。 とても小さな実に似わわず、ビタミン・ミネラルがとても多く含まれています。 ビタミンEはなかなか他に含まれているものが少ないので、貴重な食材です。 それと鉄や亜鉛、銅なども含まれています。 他にも サポニンというものも含まれていて、サポニンは気になる中性志望やコレステロールの値を抑制するということなので、とても優れた食品ですよね。 またカロリーは100gあたり90カロリーほどです。 糖質は100gで5. 8gです。 カロリーも糖質も他の植物より高めですが、それほどたくさん食べるものではないので気にすることはないと思います。 とんぶりの購入先は? 先日、スーパーで「とんぶり」が売っていたので、好奇心旺盛な私は買ってみました。 他にもアマゾン、楽天他の通販でも購入できます。 私が買ったとんぶり紹介 私がスーパーで購入したのはこちらです。 真空パックになっていました。 こうすると、1年を通して利用でき食べられます。 とんぶりは秋田の名産の食材だということですが、私が購入したのも秋田産でした。 「畑のキャビア」とありますね。 裏には 江戸時代より先祖伝来の特殊技法で加工した特産品で、どんな食材とも合う淡白な味が食通にも好評をいただいております。 とあります。 また裏に書いてあった食品成分表示は以下の通りです。 栄養成分表示:100gあたり エネルギー 101ml たんぱく質 6. 9g 脂 質 4. 1g 炭水化物 0. 0g 食塩相当量 0. 0048g このとんぶりはこのまま洗わずに使えます。 お手軽ですね。 後ろに書いてある「召し上がり方」に ツナマヨとんぶりがありました。 とんぶりにツナ缶を加えてマヨネーズで和えたものです。 これ、とっても美味しかったですよ! 写真無くてごめんなさい! 代わりに私が作ったサラダはこちらです。 とんぶりのレシピ ・豆腐とオクラのとんぶり和え 豆腐と茹でたオクラととんぶりを和えます。 味は醤油、マヨネーズで加えます。 が、自分で好きな組み合わせであえてみても面白いと思います。 ・チーズトースト とんぶりのせ 普通に食パンにチーズをのせ、その上にとんぶりをのせてトーストします。 何も調味料はいりません。 チーズの塩気が調味料になってます。 ・とんぶり納豆和え こちらも納豆にとんぶりを入れて合えるだけです。 ここにもずく他、海藻を加えてもいいですね。 まとめ あまり食べる機会がない「とんぶり」ですが、見かけたらぜひ買って食べてみてください。 栄養満点で蛋白な味なので、好き嫌いなく誰でも食べられると思います。

次の