スペーシア カスタム。 【スズキ新型スペーシア】2020年11月マイナーチェンジ発表!最新情報、カスタム/スペーシアギア、価格、燃費、発売日は?

スペーシア(スズキ)のカスタム中古車

スペーシア カスタム

スズキの軽スーパーハイトワゴンに新たに加えられた「スペーシア ギア」と、「スペーシア カスタム」を比較してみます。 「スペーシア ギア」は2代目の「スペーシア」「スペーシア カスタム」の開発当初より、標準仕様とカスタム仕様とは違う、新しいものを生み出そうと計画され、送り出されたモデルです。 「スペーシア ギア」は「スペーシア カスタム」より、1年遅れての登場となりましたが、SUVテイストのワイルドな外観は、「ジムニー」を連想させる逞しいフロントデザインです。 しかし、「スペーシア ギア」はファミリーユースの使い勝手を優先させており、悪路を走行するようなハードな使用は想定していません。 このため、サスペンションやパワートレインに特別の変更は加えられず、標準仕様と同じ設定となっています。 「スペーシア カスタム」は軽スーパーハイトワゴンでの、定番化したとも言えるエアロパーツを装着した、押出しの強いカスタム仕様のモデルです。 軽自動車には見えない堂々とした、存在感を放つスタイリングが特徴です。 「スペーシア ギア」「スペーシア カスタム」グレード構成 グレード スペーシア ギア HYBRID XZターボ HYBRID XZ スペーシア カスタム HYBRID XSターボ HYBRID XS HYBRID GS 「スペーシア ギア」はHYBRID XZターボ、HYBRID XZの2グレードで構成し、「スペーシア カスタム」ではHYBRID XSターボ、HYBRID XS、HYBRID GSの3グレードで、NAエンジン搭載車を2タイプ用意します。 今回比較するのは「スペーシア ギア」HYBRID XZターボ、「スペーシア カスタム」HYBRID XSターボです。 違う個性を表現する巧みなデザイン 「スペーシア ギア」と「スペーシア カスタム」は、ボンネットフードを含めフロントフェンダー、バンパーのデザインが大きく変えられています。 「スペーシア ギア」はフロントグリルと、フェンダーをハッキリと分け造られていますが、「スペーシア カスタム」はヘッドランプの形状に合わせて、フロントグリルからフェンダーへと流れるようなラインです。 「スペーシア ギア」のフロントグリルは、ガンメタリックのガーニッシュを使い、引き締まった印象を与えます。 メッキガーニッシュを多用した「スペーシア カスタム」は、フロントグリルの大きさが際立ちます。 「スペーシア ギア」の黒く塗ったアルミホイールは、スチールホイールでは出せない厚みを表現するために採用され、ルーフレールとともにSUVらしい雰囲気を作り出します。 「スペーシア カスタム」はサイドスカートに、メッキアウタードアハンドルを組み合わせ、上級感を演出します。 ガンメタリックのガーニッシュとバンパーが、「スペーシア ギア」の特徴ですが、「スペーシア カスタム」は、メッキガーニッシュにボディ同色のバンパーです。 「スペーシア ギア」のリアコンビネーションランプは、カラーが目立つデザインを使い、「スペーシア カスタム」はクリスタカバーを採用し、ボディ面との一体感が強調されます。 「スペーシア ギア」はノーマル仕様に近いため、角が取れた丸い印象を与えます。 エアロパーツを装着した「スペーシア カスタム」は、張り出し感が強くなります。 オレンジの加飾が印象的な「スペーシア ギア」のインパネは、フロアマットの縁取りと合わせて、ワクワク感を盛り上げる仕上がりです。 ブラック基調にシルバーの加飾の「スペーシア カスタム」は、精悍さを与えるインパネデザインです。 「スペーシア ギア」のメーターパネルは、スポーツウォッチをイメージした、独特の色使いが特徴です。 タコメーターやスピードメーター、燃料計を独立させ表示する「スペーシア カスタム」は、シルバーのメーターリングが煌びやかな印象を与えます。 ステアリングとシフトノブは両モデルともに本革巻仕様ですが、「スペーシア カスタム」はレッドステッチを使い、スポーティな雰囲気を演出します。 助手席前のボックスカバーのデザインは、「スペーシア ギア」がツールボックスをイメージし、「スペーシア カスタム」ではスーツケースをモチーフとしてデザインされています。 「スペーシアギア」のシートはオレンジステッチに加えて、撥水処理加工を行いアウトドアでの使用を考慮した仕様です。 レザー調シートにレッドステッチを使う「スペーシア カスタム」は、クールな印象をもたせる仕上がりです。 ラゲッジフロアにハードな樹脂製を使う「スペーシア ギア」は、汚れ物や塗れた荷物を気軽に積み込める安心感がありますが、リアシートの背面全てをカバーしていないのが残念です。 「スペーシア カスタム」は不織布のようなクロスフロアが使われ、タウンユースの使用を想定した作りです。 新しい風を感じる「スペーシア ギア」 「スペーシア ギア」と「スペーシア カスタム」を比べると、「スペーシア カスタム」は迫力のあるいで立ちで、「スペーシア ギア」を圧倒する存在感を放っています。 しかし、スタイルはこれまでの、カスタム系デザインの延長線上にあり、目新しさは感じられません。 フロントバンパーからフェンダーへと一体感のあるラインは、スペシャリティな雰囲気を漂わせ独自性がありますが、明確に他社のカスタム系スーパーハイトワゴンと、区別できるまでには至っていません。 「スペーシア ギア」は「スペーシア」をベースとしながらも、その面影はフロントを見る限りはなく、全く違う車に生まれ変わっています。 丸形のヘッドランプはガーニッシュで囲むことで、ハードな使用でのプロテクト感を演出し、さらにボディより突き出したフォグランプガーニッシュは、ダメを押すように力強さを感じさせます。 また、ヘッドランプを含めサイドターンランプ、フォグランプを丸形で統一したことにより、同じ丸形ランプを採用する「ジムニー」と、イメージが被るようになり、一層SUV感が高まる顔つきです。 この「スペーシア ギア」のフロントデザインには、これまでにない新しい風を感じさせられます。 「スペーシア ギア」「スペーシア カスタム」のインテリアは、基本的に同じデザインを採用し、仕様の違いにより差別化を図り個性を演出しています。 「スペーシア カスタム」はブラックパールを助手席前インパネに使い、シルバーを加えることで、クールな雰囲気を作り出しますが、ガンメタリックを使う「スペーシア ギア」は、アクティブなイメージに上手く作り変えています。 これは、オレンジカラーを効果的に使っていることに加えて、助手席前のインパネボックスカバーデザインが、変えられたことも大きく貢献しています。 さらに、「スペーシア ギア」はターボモデルであっても、タコメーターなどは装備されず、シートもサイドサポートが低いノーマルの「スペーシア」と同じ形状です。 タコメーターやサイドサポートの強い専用シートを備える「スペーシア カスタム」とは違いがあります。 走りの安定感は「スペーシア カスタム」 ドライビングポジションを合わせると、サイドサポートが張り出した「スペーシア カスタム」は、体を包み込むようなシートで、柔らかめの感触がさらにこれを助長します。 「スペーシア ギア」は「スペーシア カスタム」のシートと比べると、張りがある感触で体の包み込みも少なくなっていますが、普通に走る速度でのホールド性は保たれ、リラックスしドライブができます。 ステアリングは両モデルともに、軽い操舵感が特徴となっているのですが、「スペーシア ギア」は「スペーシア カスタム」より、タイヤの接地面が少ないためそれが顕著で、パワーに対して軽すぎる印象です。 この軽い操舵感は市街地での取り回しの良さには、つながっているのですが、高速域になると少しの操作で、車が過敏に反応し安定感に欠けます。 また、直進性が悪いこともこの傾向を助長しており、もう少し落ち着きのある動きが欲しいところです。 「スペーシア カスタム」ではこの過敏さが、55扁平タイヤを履くためかなり抑えられ、カーブでの踏ん張りも強くなっています。 コツコツとした硬いフィーリングは、「スペーシア ギア」より多く伝わりますが、安定感のある走りです。 しかし、乗り心地では65扁平タイヤの「スペーシア ギア」が、路面状況に左右されず穏やかな揺れで快適ですが、「スペーシア カスタム」は路面が荒れていると、突き上げるような早い入力が伝わりボディを揺らします。 室内の静粛性は両モデルともに、ゴロゴロとした音が伝わり、力強い印象をもたせるのですが、心地良い音ではないためやや鬱陶しく感じられます。 お得な価格の「スペーシア ギア」 「スペーシア ギア」は「スペーシア カスタム」と同じターボエンジンを積み、余裕のあるパワフルな走りは、不満のない動力性能を提供しています。 ただ、「スペーシア ギア」はタイヤサイズが細いため、安定感は「スペーシア カスタム」より劣り及ばない部分ですが、極端な差ではなく許容できる範囲です。 また、「スペーシア ギア」は価格が1,695,600円と、「スペーシア カスタム」より9万円ほど安い金額に設定され、お買い得なモデルです。 「スペーシア ギア」にはこれまでの、軽スーパーハイトワゴンにはない、新しい雰囲気のスタイルをもち、標準仕様やカスタムモデルにない魅力があります。 スタイルが派手な「スペーシア カスタム」が苦手で、ターボモデルが欲しいユーザーにはおすすめのモデルです。 「スペーシア カスタム」は走りのテイストを盛り込み、周囲を威圧するスタイルが特徴で、軽自動車には見えない大きさを誇示するモデルです。 エアロパーツを装備し、軽スーパーハイトワゴンカスタム系の定番とも言える風貌は、個性を主張したいユーザーにおすすめの車です。

次の

スペーシアカスタム ハイブリッドXSターボ(スズキ)の中古車

スペーシア カスタム

この記事の内容• 新型スペーシアカスタムの評価の評価、口コミ 新しくなったスペーシアは、今後の軽自動車市場において、ホンダのN-BOXに独走を許すのか、それとも混戦に持ち込み、熾烈な販売合戦になるのかという、極めて重要な車種になります。 はたして新型スペーシアが大成功するか、第三の車種にとどまるかは、ユーザーの評価次第といっていいでしょう。 そこで、ネットにあげられた口コミをもとに、新型スペーシアの人気をけん引する上級モデル「スペーシアカスタム」の本当の実力をチェックしてみました。 こちらも人気記事 エクステリアの評価、口コミ 新型スペーシアカスタムのエクステリアは、2016年12月に追加設定され、カスタムの他グレードが販売を早々と終える中、最後まで販売し続けた「カスタムZ」と同じコンセプトです。 この前モデルの最後の最後に投入された「カスタムZ」は、そのアグレシップなフロントフェイスが人気となり、新型のスペーシアカスタム全車にそのテイストが導入されました。 通常グレードのやさしいイメージと、カスタムのガラリと変わった表情は、標準車との差別化が歴然としており、まるで別車種と思うような「ワル」顔になりました。 ターボエンジンはN-BOXカスタムと比較すると少しおとなしく感じました。 価格、コスパの口コミ 【スペーシアカスタム価格表】 グレード 価格(税込み) エンジン 駆動方式 燃費 HYBRID GS ¥1,576,800 0. 6L DOHC FF・2WD 28. 軽自動車という概念を超えて、より良い装備が書いた来な空間とともににあれば、割高感を感じないのです。 中身は先代カスタムと、あまり変化はありません。 もうちょっと変わってるとよかった。 その効果は実際には少なくとも、他と異なる大きな武器になるはず。 これまでは、それだけでしたが、アグレシップなエクステリアやライバルに負けない使い勝手にプラスして、改めてその優位性がクローズアップし、販売上も「HYBRID」を掲げることで、ライバルとの差別化を鮮明にできるのです。 新型スペーシアカスタムの弱みはN-BOX? 新型スペーシアカスタムの弱みは何でしょうか、それは ホンダN-BOX この場合はN-BOX カスタム がすでみ軽自動車の枠を超えた評価を受けた後ということ。 スペーシアカスタム何をやっても「やっと並んだ」「二番煎じ」と受け止められかねず、最初に出したもん勝ちの、この空気は理屈では突き崩せないという事。 事実、フルモデルチェンジしてしばらく経過しても、テレビCMは多く見かけますが、N-BOX のフルモデルチェンジの時に見られたように、一般紙やニュースで取り上げられることもありません。 ニュース性の無さ、これが、最大の弱みと言えるでしょう。 新型スペーシア【カスタム】まとめ このところ登録乗用車では評価の高いスズキですが、軽自動車ではダイハツやホンダに差をつけられています。 アルトはミライースに、新型ワゴンRはムーヴに差をつけられたままのスズキ。 そこに投入されたのが、最大の需要が期待できるハイトワゴンの新型スペーシアとスペーシアカスタム。 安全性能を含めたスペックは、ホンダN-BOX カスタムにもダイハツタントカスタムにも負けていないどころか、勝る部分も多く、デザインもスズキの殻を破る大胆なものに。 これでライバルに負けたらもう何も手の打ちようがないほどやり切ったモデルがスペーシアカスタムです。 スペーシアカスタムの商談に行く前に… 人気の新型スペーシアカスタムを少しでも安く購入するにはどうすべきでしょうか? 一般の方はディーラーの価格交渉で、 百戦錬磨のディーラー営業マンに騙されてしまうのが実情です。 そこで、 どうやって目標値引きを引き出すのか、値引きテクニックを教えます! 値引きテクニック 【新車値引き裏ワザ】面倒でもディーラーに行く前に車の査定額を出しておく ディーラーへ商談に行く前に面倒でも下取り価格の調査をして行きましょう! ネットで手軽に査定できるので商談前に査定して、 ディーラーの下取り価格が適正なのかどうか判断ができるようにします。

次の

めちゃよくなった新型「スペーシア」「スペーシアカスタム」!イカついだけじゃない新型モデルを徹底解説

スペーシア カスタム

マイルドハイブリッドを採用した軽ハイトワゴン スズキのハイト系軽ワゴンの2代目。 ノーマルモデルは2トーンルーフ車も設定され、「ワクワク、楽しさ」を感じさせるスタイルとなっている。 カスタムは大型メッキグリルやLEDヘッドランプなどにより精悍で迫力あるスタイルに仕立てられた。 室内では、軽では初採用となるフロントガラス投影式のヘッドアップディスプレイが採用され、安全運転をサポート。 さらに、軽自動車初となる、後退時ブレーキサポートなどを含むスズキセーフティサポートも装備。 セーフティサポートカーのサポカーSワイドに該当した(2017. 12) スペーシアについての最新記事• 660 カスタム ハイブリッド GS• 660 カスタム ハイブリッド GS 4WD• 660 カスタム ハイブリッド GS 衝突被害軽減ブレーキ非装着車• 660 カスタム ハイブリッド GS 衝突被害軽減ブレーキ非装着車 4WD• 660 カスタム ハイブリッド XS• 660 カスタム ハイブリッド XS 4WD• 660 カスタム ハイブリッド XS 衝突被害軽減ブレーキ非装着車• 660 カスタム ハイブリッド XS 衝突被害軽減ブレーキ非装着車 4WD• 660 カスタム ハイブリッド XSターボ• 660 カスタム ハイブリッド XSターボ 4WD• 660 カスタム ハイブリッド XSターボ 衝突被害軽減ブレーキ非装着車• 660 カスタム ハイブリッド XSターボ 衝突被害軽減ブレーキ非装着車 4WD• 660 ギア ハイブリッド XZ• 660 ギア ハイブリッド XZ 4WD• 660 ギア ハイブリッド XZターボ• 660 ギア ハイブリッド XZターボ 4WD• 660 ハイブリッド G• 660 ハイブリッド G 4WD• 660 ハイブリッド G ウィズ 車いす移動車 リアシート付• 660 ハイブリッド G ウィズ 車いす移動車 リアシート無• 660 ハイブリッド G 衝突被害軽減ブレーキ非装着車• 660 ハイブリッド G 衝突被害軽減ブレーキ非装着車 4WD• 660 ハイブリッド X• 660 ハイブリッド X 4WD• 660 ハイブリッド X ウィズ 車いす移動車 リアシート付• 660 ハイブリッド X 衝突被害軽減ブレーキ非装着車• 660 ハイブリッド X 衝突被害軽減ブレーキ非装着車 4WD• 660 E ウィズ 車いす移動車 リアシート付• 660 E ウィズ 車いす移動車 リアシート無• 660 G• 660 G 4WD• 660 G ウィズ 車いす移動車 リアシート付• 660 G ウィズ 車いす移動車 リアシート無• 660 G スマートフォン連携ナビゲーション装着車• 660 G スマートフォン連携ナビゲーション装着車 4WD• 660 G デュアルカメラブレーキサポート装着車• 660 G デュアルカメラブレーキサポート装着車 4WD• 660 G レーダーブレーキサポート スマートフォン連携ナビゲーション装着車• 660 G レーダーブレーキサポート スマートフォン連携ナビゲーション装着車 4WD• 660 G レーダーブレーキサポート装着車• 660 G レーダーブレーキサポート装着車 4WD• 660 Gリミテッド• 660 Gリミテッド 4WD• 660 T• 660 T 4WD• 660 T スマートフォン連携ナビゲーション装着車• 660 T スマートフォン連携ナビゲーション装着車 4WD• 660 T デュアルカメラブレーキサポート装着車• 660 T デュアルカメラブレーキサポート装着車 4WD• 660 T レーダーブレーキサポート スマートフォン連携ナビゲーション装着車• 660 T レーダーブレーキサポート スマートフォン連携ナビゲーション装着車 4WD• 660 T レーダーブレーキサポート装着車• 660 T レーダーブレーキサポート装着車 4WD• 660 X• 660 X 4WD• 660 X ウィズ 車いす移動車 リアシート付• 660 X スマートフォン連携ナビゲーション装着車• 660 X スマートフォン連携ナビゲーション装着車 4WD• 660 X デュアルカメラブレーキサポート装着車• 660 X デュアルカメラブレーキサポート装着車 4WD• 660 X リミテッド• 660 X リミテッド 4WD• 660 X リミテッド スマートフォン連携ナビゲーション装着車• 660 X リミテッド スマートフォン連携ナビゲーション装着車 4WD• 660 X レーダーブレーキサポート スマートフォン連携ナビゲーション装着車• 660 X レーダーブレーキサポート スマートフォン連携ナビゲーション装着車 4WD• 660 X レーダーブレーキサポート装着車• 660 X レーダーブレーキサポート装着車4WD• 660 カスタム GS• 660 カスタム GS 4WD• 660 カスタム GS スマートフォン連携ナビゲーション装着車• 660 カスタム GS スマートフォン連携ナビゲーション装着車 4WD• 660 カスタム GS デュアルカメラブレーキサポート装着車• 660 カスタム GS デュアルカメラブレーキサポート装着車 4WD• 660 カスタム GS レーダーブレーキサポート スマートフォン連携ナビゲーション 4WD• 660 カスタム GS レーダーブレーキサポート スマートフォン連携ナビゲーション装着車• 660 カスタム GS レーダーブレーキサポート装着車• 660 カスタム GS レーダーブレーキサポート装着車 4WD• 660 カスタム GSターボ• 660 カスタム GSターボ 4WD• 660 カスタム GSターボ デュアルカメラブレーキサポート装着車• 660 カスタム GSターボ デュアルカメラブレーキサポート装着車 4WD• 660 カスタム Jスタイル• 660 カスタム Jスタイル 4WD• 660 カスタム Jスタイル スマートフォン連携ナビゲーション 4WD• 660 カスタム Jスタイル スマートフォン連携ナビゲーション装着車• 660 カスタム TS• 660 カスタム TS 4WD• 660 カスタム TS スマートフォン連携ナビゲーション装着車• 660 カスタム TS スマートフォン連携ナビゲーション装着車 4WD• 660 カスタム TS レーダーブレーキサポート スマートフォン連携ナビゲーション 4WD• 660 カスタム TS レーダーブレーキサポート スマートフォン連携ナビゲーション装着車• 660 カスタム TS レーダーブレーキサポート装着車• 660 カスタム TS レーダーブレーキサポート装着車 4WD• 660 カスタム XS• 660 カスタム XS 4WD• 660 カスタム XS スマートフォン連携ナビゲーション装着車• 660 カスタム XS スマートフォン連携ナビゲーション装着車 4WD• 660 カスタム XS デュアルカメラブレーキサポート装着車• 660 カスタム XS デュアルカメラブレーキサポート装着車 4WD• 660 カスタム XS リミテッド• 660 カスタム XS リミテッド 4WD• 660 カスタム XS リミテッド スマートフォン連携ナビゲーション装着車• 660 カスタム XS リミテッド スマートフォン連携ナビゲーション装着車 4WD• 660 カスタム XS レーダーブレーキサポート スマートフォン連携ナビゲーション 4WD• 660 カスタム XS レーダーブレーキサポート スマートフォン連携ナビゲーション装着車• 660 カスタム XS レーダーブレーキサポート装着車• 660 カスタム XS レーダーブレーキサポート装着車 4WD• 660 カスタム XSターボ• 660 カスタム XSターボ 4WD• 660 カスタム XSターボ デュアルカメラブレーキサポート装着車• 660 カスタム XSターボ デュアルカメラブレーキサポート装着車 4WD• 660 カスタム Z• 660 カスタム Z 4WD• 660 カスタム Z デュアルカメラブレーキサポート装着車• 660 カスタム Z デュアルカメラブレーキサポート装着車 4WD• 660 カスタム Z ユーティリティパッケージ• 660 カスタム Z ユーティリティパッケージ 4WD• 660 カスタム Z ユーティリティパッケージ デュアルカメラブレーキサポート装着車• 660 カスタム Z ユーティリティパッケージ デュアルカメラブレーキサポート装着車 4WD• 660 カスタム Zターボ• 660 カスタム Zターボ 4WD• 660 カスタム Zターボ デュアルカメラブレーキサポート装着車• 660 カスタム Zターボ デュアルカメラブレーキサポート装着車 4WD• 660 カスタム Zターボ ユーティリティPKG デュアルカメラブレーキサポート装着車 4WD• 660 カスタム Zターボ ユーティリティパッケージ• 660 カスタム Zターボ ユーティリティパッケージ 4WD• 660カスタムZターボ ユーティリティパッケージ デュアルカメラブレーキサポート装着車.

次の