アシュケナージ 系 ユダヤ 人。 DNAでわかった 日本人とユダヤ人の親戚関係

ロシアとユダヤ人の歴史~反金貸しであっても反ユダヤ人ではないプーチン

アシュケナージ 系 ユダヤ 人

テイ・サックス病が、アシュケナージ系ユダヤ人に多いのはなぜか? テイ・サックス病は、東欧系ユダヤ人(アシュケナージ系ユダヤ人)に好発する。 したがって、正統派ユダヤ教を信奉するユダヤ人の社会では、カナヴァン病、ゴーシェ病、ファンコーニ貧血、嚢胞性線維症など36種類の劣性遺伝疾患と同様に、妊婦のスクリーニング検査を徹底し、ホモ接合体率(発症率)の低減や保因者に対する偏見の防止に努めている。 厚労省によれば、テイ・サックス病の発症頻度は、一般のヨーロッパ人が約36万新生児に1人、保因者は約280人に1人。 一方、アシュケナージ系ユダヤ人は2500〜3600新生児に1人、保因者は25〜30人に1人。 アシュケナージ系ユダヤ人の罹患率は、一般のヨーロッパ人の約100も高いことが分かる。 日本人の発症は稀だ。 テイ・サックス病が、アシュケナージ系ユダヤ人に多いのはなぜか? 科学専門誌『Nature』(2014年9月10日)によると、約600~800年前にアシュケナージ系ユダヤ人は、ヨーロッパ系祖先集団と中東系祖先集団の融合によって出現した。 米国に住むユダヤ系国民の大半を占めるアシュケナージ系ユダヤ人128人のゲノム配列を解析したところ、25~32世代(約600~800年)前に集団内個体数の激減(集団ボトルネック)が発生し、250~420人が創始者となった事実を解明した。 集団ボトルネックが起きた原因は、14世紀半ばのペスト流行や、十字軍運動による東欧ユダヤ人の虐殺などと推定される。 集団ボトルネックによって集団の数が減ると、劣性遺伝子変異が増幅されるため、テイ・サックス病の発症頻度が高まった。 しかし、2016年現在、残念ながらテイ・サックス病の標準治療は確立していない。 もしも、テイとサックスがニューヨークのバーでスコッチを傾けたなら、こんな会話を交わしたかもしれない。 テイ「サックスの研究がなかったら人類はどうなっていたろう? 想像しただけでゾッとするよ」 サックス「んーでも、失活したヘキソサミニダーゼAに代わる酵素を患者に注入した酵素補充療法も、脳の血液脳関門に阻まれたし、ニューロンもほとんど動かなかったよ」 テイ「君は、未来を見透せる千里眼なのかい? じゃ、遺伝子をニューロンに移植する遺伝子治療は、どうなんだい?」 サックス「それも、数年はかかりそう。 でも、ニューロンに新しいDNAを運ぶウイルスベクターを使う手がある。 もしも欠落した遺伝子を新しいDNAに置き換えられれば、完治の道筋がきっと見えてくるよ!」 テイ「そんな奥の手があったのかい? 君は本当に奇跡を呼ぶ男だね!」 サックス「まだ研究段階で極秘だがね(笑)。 シアリダーゼという酵素を使って、ガングリオシドGM2の脳内代謝を無害化する戦法もあるんだ!」 テイ「それを聞いたら、何だか勇気が湧いて来たぞ!発症したら、5年と生きられない難病だ。 とにかく子どもたちが幸せになれない世界ほど辛いものはないからね。 サックス、世界中の若き研究者諸君の未来のために、乾杯しよう!」 佐藤博(さとう・ひろし) 大阪生まれ・育ちのジャーナリスト、プランナー、コピーライター、ルポライター、コラムニスト、翻訳者。 同志社大学法学部法律学科卒業後、広告エージェンシー、広告企画プロダクションに勤務。 1983年にダジュール・コーポレーションを設立。 マーケティング・広告・出版・編集・広報に軸足をおき、起業家、経営者、各界の著名人、市井の市民をインタビューしながら、全国で取材活動中。 医療従事者、セラピストなどの取材、エビデンスに基づいたデータ・学術論文の調査・研究・翻訳にも積極的に携わっている。

次の

大東亜戦争の黒幕④ 日本と古代ユダヤ

アシュケナージ 系 ユダヤ 人

アシュケナジム(アシュケナージ)系ユダヤ人 アシュケナジム(アシュケナージ)系ユダヤ人 皆さんが「天才科学者」と聞いて思い浮かぶのは誰ですか? 大昔の偉人ならガリレオ・ガリレイ、アイザック・ニュートン、 つい最近ならスティーヴン・ホーキングといった名前が挙がってくるかもしれませんが、ほとんどの人が名前を挙げるのはアルベルト・アインシュタインではないでしょうか? 「相対性理論」……凡人の私には全く分かりません! アインシュタインはユダヤ人です。 俗に言う「ユダヤ人」には複数の民族が存在し、スペイン系の「セファルディム系ユダヤ人」と東欧系の「アシュケナジム系ユダヤ人」 に大別されるのですが、アインシュタインの家系はこのアシュケナジム系です。 このアシュケナジム系ユダヤ人、実は高知能集団とも呼ばれ、 実際にアインシュタインのような「天才」と呼ばれる人物を驚くほど多数輩出しているのです。 精神医学者のジークムント・フロイトもそうです。 ベストセラーとなり、2017年の新書大賞を受賞した『言ってはいけない 残酷すぎる真実』(橘玲 新潮新書)という本があります。 その中で「遺伝にまつわる語られざるタブー」と題して、往々にして努力は遺伝に勝てないことが科学的データを示しながら論じられており、 このアシュケナジム系ユダヤ人の話も詳述されています。 この本では、この民族が高知能集団である理由として、 東欧諸国に移り住んでいった際に激しい差別によって人口が抑制されたこと、だからと言って絶滅に向かうのではなく多産により人口を維持したこと、 そして他民族との婚姻の禁忌というユダヤ教独特のしきたりがあったこと、 そんな閉鎖コミュニティーで数十世代のうちに知能に関する遺伝子構成にイレギュラーが起きた可能性を述べています。 分かりますよね? アシュケナジム系ユダヤ人のコミュニティーにおいては、極度の近親結婚が頻繁に行われていたということです。 つまり私は、この極めて高い知能集団こそインブリーディングのプラスの効果ではないかと考えているのです。 今日のアシュケナジム系ユダヤ人は、 祖先である中東人の特定遺伝子の保有率がいまだに高率であるとのことからもそのことが窺えます。 一方でアシュケナジム系ユダヤ人は、テイサックス病、ゴーシェ病といった重篤な遺伝病の発生率が他のヨーロッパ人に比べて100倍近く高いとのこと。 これこそインブリーディングにおける「諸刃の剣」を如実に物語っていませんか? 「」のところでも述べたとおり、インブリーディングはメリットとデメリットを併せ持っています。 実際、臨床の現場にいる医師でさえ、 遺伝学に精通している(つまり近親結婚のリスクの科学的メカニズムをきちんと理解している)者は少ないと思って間違いありません。 遺伝学は依然特殊な分野であるからです。 これらのことからも、我々自身がそのリスク発生の理由をきちんと科学的に理解すること、 つまり最低限の「遺伝」の基礎知識を持つことは、我々の実生活において非常に重要であるということなのです。 (2018年9月1日記).

次の

アシュケナジムとは

アシュケナージ 系 ユダヤ 人

天皇家と客家 1 アシュケナージ・ユダヤ人とスファラディ・ユダヤ人 イルミナティーについては諸説がありますが、ユダヤ人が関係しているのは間違いがないでしょう。 このユダヤ人には、白人系である「アシュケナージ・ユダヤ人」と少数民族である、黄色人種系である「スファラディ・ユダヤ人」に分けられているそうです。 カトリック教徒から、強制改宗されたユダヤ人は、隠れユダヤとして欧州にひろがりましたが、かれらは混血することで勢力を広げます。 かれらはマラーノと呼ばれる「アシュケナージ・ユダヤ人」です。 彼らは、アジアでは景教となり、日本には空海が仏教とともに持ち込まれ、秦氏により、八幡神として日本古来の神社として勢力を広げます。 これに対して、「スファラディ・ユダヤ人」は、神の単性という教義からイスラム教などと共存していきます。 彼らの厳格なユダヤ教は、スペイン(バスク地方)やパキスタンや中国に留まり客家によって受け継がれているといいます。 この客家は、華僑の50%を占めているといわれます。 2 昭和天皇と客家 ここで話はかわり、日本の天皇家のことですが、明治天皇は、孝明天皇の長子ではなく、睦人の替え玉であると言う説があります。 長州の田布施町出身の大室寅之祐が明治天皇であり、明治天皇正室である千種が生んだ長男ではなく、側室の柳原愛子が生んだ子が大正天皇になりましたが、大正天皇は無精子であったにも関わらず、九条家の養女となった客家人の朱貞明との間にできた裕仁様が昭和天皇になられたといいます。 この話には、伊藤博文や大隈重信、岩倉具視など絡み謀略説がありますが、私が注目したいのは、日本古来からの氏族の長であった天皇家は、仏教の伝来とともに、「アシュケナージ・ユダヤ人」の血が混ざり合い、マラーノのグループになっていたのではないかということです。 つまり、現在のイルミナティーです。 それが、明治維新でその系統を断ち切り、さらに、「スファラディ・ユダヤ人」の血を受け継ぐ客家の閨閥となったのではないかということです。 そして、その教えは、日月神示による啓示によるものではないかということです。 3 日本国は反イルミナティー? 日月神示による啓示は太平洋戦争末期に、画家である岡本天明氏を介して自動書記という啓示で世間に周知されていますが、「アシュケナージ・ユダヤ人」に支配されていた時期を除き、日月神示による啓示をまつりごととしてきたのが天皇であるとしたら。 そして、欧米列強による植民地支配からアジアを開放する太平洋戦争を始めて、それゆえに、「アシュケナージ・ユダヤ人」が指導するアメリカによる原爆というホロコーストを受けたとしたら。 そして、昨年の3.11の人工地震は反イルミナティーである日本国に対する警告だとすると。 つまり、日本国はイルミナティーの新世界秩序の枠組みに入っているが、戦後、アメリカが存続した天皇制には、反イルミナティーのDNAがあり、おとなしくイルミナティーの犬となっていないことに怒っているのではないのだろうかということです。 明治維新の志士たちは、「アシュケナージ・ユダヤ人」と「スファラディ・ユダヤ人」の構図を知っていたから、あえて、天皇家の血縁を絶し、「スファラディ・ユダヤ人」の血を、客家人を通して取り込んだのではないでしょうか。 とするが故に、日月神示の啓示では「日本国は世界の雛形」となるのではないでしょうか。 4 立憲君主国家による民主主義はやむ得ない選択 現実として、何かに怯えるがゆえに支離滅裂な政治をする野田政権の政治家や官僚とは違い、現在の今上天皇は、地球という規模で行われる「建替え」を確信しているからこそ、被災者に対する祈りは、真摯で誠実な姿となっているのではないでしょうか。 既得権益を制御出来ずに、社会主義がベルリンの壁の崩壊で否定されたように、共和制による民主主義も、イルミナティーらによって崩壊した現在、立憲君主国家による民主主義はやむ得ない選択なのかもしれません。 天皇家と日月神示の啓示。 日本国が、反新世界秩序、反イルミナティーの中心にならんことを祈るばかりです。 歴史や時事問題• 科学に関係すること•

次の