ユーチューブ 単価。 YouTubeに広告収入単価が高いジャンルは存在するのか?

【YouTube】再生回数30万だと広告収入はどれぐらいなのか暴露します【絶望】

ユーチューブ 単価

ポイント 実際には1再生あたりの収入は幅があるが、一般的なYouTubeチャンネルは、 1再生あたり0. 1円前後になることが多いのは事実です。 世の中にあるYouTubeチャンネルをすべて平均して見てみれば、おそらく1再生あたり0. 1円程度になると思います。 実際にすべてのYouTubeチャンネルの平均値を出すことは、Google(YouTube)にしかできないことなので100%正確なことは言えませんが、 私自身の運営チャンネル経験や過去にコンサルティングを行ってきた方々の平均値を見ると、だいたい1再生で0. 1円と考えても間違いはありません。 1再生=0. 01円のチャンネルもあれば、1再生=0. 4円もあり得る 「YouTube動画は再生回数に応じて、1再生あたり0. 1円の広告収入を得られる」というのは、目安としては正しいです。 しかし、実際は 1再生あたりの広告収入にはかなりの幅があります。 事例データ 1再生あたりの広告収入に関して、下は0. 01円から上は0. 4円超えまで、さまざまなチャンネルが存在します。 このくらいの幅は、実際にこの目で確かめたことがある数値です。 何の知識も持たずに動画投稿を行っていると、最悪の場合は「(1再生0. 01円だとすると)自分の動画が100万回再生されても広告収入が1万円しかもらえない…」といったことになってしまう可能性もあります。 「頑張って動画投稿をしているのに全然収入につながらない…」という悲劇を避けたいのなら、も行っていますので、気になる場合はぜひチェックしてみてください。 動画1再生あたりのYouTube広告収入が変動する4つの要因 YouTube動画の広告収入単価に0. 01~0. 4円といった大きな幅が生じるのは複数の理由があります。 注意 著作権侵害を行っている動画やYouTubeのコミュニティガイドラインに違反している動画には、広告が表示されにくくなります。 動画が再生されても広告が表示されにくいため、結果的に広告収入も少なくなってしまいます。 YouTubeでは直接的なそれ系の内容は動画投稿自体が禁止されていますが、少しだけそっち寄りの内容であれば投稿すること自体は可能です。 ただし、YouTubeのシステムがそれ系の内容だと判断した場合は、 動画に表示される広告が極端に少なくなります。 これは 広告出稿主のブランドイメージが悪くなるのを防ぐために、YouTubeのシステムが機能しているからです。 例えば 広告出稿主の高級ブランドのオシャレな動画広告が、下品な動画の再生前に流れていたら、ブランドイメージが壊れるので絶対に嫌がるのは理解できると思います。 ブランドイメージが悪くなってしまうのを避けるために、YouTubeのシステムがそれ系の動画には広告を表示させにくくしているのです。 時期により、1再生あたりの単価が異なる 1再生あたりの広告収入が変動して動揺してしまう方も多いですが、そのほとんどは時期による変動です。 YouTube動画における1再生あたりの単価は、YouTube内の広告出稿量によって異なります。 要は、 多くの広告出稿主がYouTubeへ動画広告を出していれば1再生あたりの単価が上がりますし、逆に広告出稿主が少なければ1再生あたりの単価は下がります。 再生単価を上げるポイント ミッドロール広告やポストロール広告を設定することが重要。 通常のYouTube動画の場合、動画本編の再生前に1回だけ広告が表示されますが、ミッドロール広告やポストロール広告を設定すると、1つの動画に対して複数の広告を表示できます。 結果、動画再生時に表示される広告の数が増え、1再生あたりの広告収入単価が高くなります。 このため、 「広告が最初の1回だけしか表示されない動画」と「複数回表示される動画」では、1再生あたり、いくらの広告収入がもらえるのかが異なってきます。 なお、ミッドロール広告・ポストロール広告の詳細や設定方法については、下記の記事で詳しく解説しています。 再生される国や地域により、1再生あたりの単価が異なる 全く同じ動画を再生した場合でも、その動画を見ている人が住んでいる国が違えば、表示される広告はまったく別のものになります。 これは YouTubeが動画を再生している人によって適切な広告を出し分けているからです。 意外と忘れがちですが、変動要因としては非常に大きいです。 例えば、ベトナム在住のベトナム人があなたの動画を見た時に、その人に対して日本でしか上映されていない映画の動画広告が表示されても何も意味がないわけです。 このため、ベトナムで見ている人に対しては、ベトナム向けの広告が表示されます。 そして、国や地域によってYouTubeに動画広告を出稿している企業の数は異なります。 例えば 日本では同時期に10,000社の企業がYouTubeに広告を出しているけれど、同じ時期にベトナムでは動画広告を出している企業が100社しか存在しない・・・といったことはあり得ます。 (国・企業数はあくまでも例です) この例の場合、単純計算で考えてもベトナムでの1再生あたりの単価は日本の100分の1になります。 (10,000社:100社) 当然、ここまで単純計算できるものではありませんが、 広告出稿主の数によって1再生あたりの単価が異なることは覚えておきましょう。 ずばり、YouTubeへの動画投稿初心者の方は、最初のうちは難しく考えずに日本向け・日本人向けの動画を作っていくことをお勧めします。 私はどこの国でどの程度の広告収入が見込めるか・・・といった実験も行っていますが、日本国内の1再生あたりの単価は安定して高い数値になっています。 ポイント 日本人向けに動画を投稿するのがもっとも稼ぎやすい なお、どんなジャンルの動画が実際にYouTubeで稼げるのか?を知りたい場合は 「YouTubeで実際に稼げるジャンルの暴露ファイル」を無料でプレゼントしていますので、お気軽にを行っておいてください。 ただ、そもそも自分のYouTubeチャンネルにおいて「1再生あたり、いくらの広告収入がが発生しているのか」を把握できていない方も多いと思いますので、計算方法を解説します。 それぞれの数値に関しては、YouTubeスタジオ(旧:YouTubeアナリティクス)に表示されている数値を入れてみましょう。 例えば、先月1ヶ月間の推定収益額を見たときに1万円だったとします。 この同じ期間の再生回数は10万回だったとしましょう。 1円」となるので、このチャンネルでは 「先月は1再生あたり0. 1円の収入が得られた」と分かります。 なお、1再生あたりの単価計算を行うときは1日や数日単位ではデータ量が足りないため、1ヶ月程度くらいの期間の「広告収入」と「再生回数」を使って計算することをお勧めします。 「1再生あたり0. 1円」は基準値として捉えるのが正解! ここまでの内容をまとめると、 「1再生あたり0. 1円は基本的に正しいけれど、主に4つの要因によって1再生あたりの単価は0. 01円にも0. 4円にも変動する」ということです。 「1再生あたりいくら貰えるのかに関して、こんなにも変動が大きいなら何を基準に考えればいいんだろうか…」と思ってしまうかもしれません。 しかし、私は基本的に1再生あたり0. 1円を基準として考えることを推奨しています。 先の計算方法によって自分のチャンネルの再生単価を導き出し、 0. 1円以下の場合は何らかの改善を加えたり、0. 1円以上であれば現在の方向性が正しいと判断したりといった基準として考えます。 1再生あたり0. 1円という基準値は、自分のチャンネルの改善を考える時や参入ジャンル決定のためのリサーチの際にも役立ちますので、覚えておくと便利な数字です。 2018年以降、1再生あたりの単価は上昇傾向なので、これから始める人はチャンス!! この記事を最初に執筆したのは、2018年でしたが、その時すでに2017年や2016年頃と比較して1再生あたりの単価は上昇していました。 (2020年の今も上昇傾向が続いています) これは2018年2月20日にYouTubeチャンネルの収益化基準が変更されたことが関係しています。 収益化審査の基準が変更されたことで、2018年2月20日以降、非常に規模の小さなチャンネルには広告が表示されなくなりました。 一つ一つのチャンネルが得ていた広告収入は小さいですが、そういったチャンネルが無数に存在していたことを考えると、表示されなくなった分の広告収入は結構な金額になるはずです。 それらの 非表示になった広告は、新しい収益化基準をクリアしたチャンネルに表示されるようになりました。 結果的に、規模が小さなチャンネルでは広告が表示されなくなりましたが、登録者数1,000人以上のチャンネルに関しては広告表示が多くなりました。 (=1再生あたりの単価が増えました) 結果的に、 登録者数1,000人を超えたYouTubeチャンネルはますます稼ぎやすくなりました。 YouTubeの収益化審査基準の変更をネガティブに捉えている人は多いのですが、実は冷静に考えると大きなチャンスが訪れているのです。 ポイント 今のYouTubeは非常に大きなチャンス市場なので、副業としてお金を稼ぎたい人にとってはお勧めの市場です、 とはいえ、あなたは 「具体的にどうやったらYouTubeで広告収入がもらえるのか分からない…」、 「YouTubeの広告収入を増やすための方法が分からない…」と悩んでいるのではないでしょうか。 そこで、2013年から今まで多くの方々にYouTubeで結果を出させてきた私が「ゼロからYouTubeで稼ぐための無料メール講座」をご用意しました! 私の無料メール講座では完全に初心者の方にもYouTubeビジネスを理解していただけるように 「ゼロから始めるYouTubeの稼ぎ方」、「実際に稼げる具体的な動画ジャンル・動画内容の暴露ファイル」といった複数のプレゼントを無料で差し上げています。 【5分で分かる】YouTubeチャンネルから広告収入を得るための基礎知識• YouTubeで実際に稼げるジャンルの暴露ファイル• チャンネル登録者数・再生回数を激増させる7つの必勝ポイント• 無料メール講座受講者限定のシークレットコンテンツ これらの無料コンテンツを見るだけで「YouTubeで広告収入が得られる仕組みとは」、「1再生で何円の広告報酬がもらえるの?」といった動画投稿初心者の人が感じている疑問が解決します。 さらに、YouTubeの広告収入だけで月収1,000万円を稼ぎ続けている人が、今も実践中の超極秘ノウハウも知ることができます!! もし、貴方がYouTubeから広告収入を得ることに少しでも興味があるのなら、下記の緑色のボタンをクリックして、今すぐ無料プレゼントを受け取ってみてください!.

次の

YouTubeの収益は1再生当たりいくらなのか?

ユーチューブ 単価

こんにちは。 動画マーケティング専門家の石割俊一郎です。 YouTubeアドセンスで収益を 得ている方であれば、 絶対に知っておいた方がいいのが 「クリック単価(CPC)」 という概念です。 なぜかというと、アドセンスというのは、 クリック型の広告課金モデルなので、 1クリックに対する単価が非常に 重要になってくるからです。 YouTubeアドセンスでは、この クリック単価は人によって かなり変わってくると言われています。 え? 人によって変わるって YouTubeは差別しているのですか? いいえ、そんなことはありませんよ 笑 では、なぜ人によってクリック単価が 変わってくるのでしょうか? どのようにしたら広告料金である クリック単価がアップするのかについて 裏ワザ的なことをお伝えしましょう。 お好きなところからどうぞ• クリック単価はめっちゃ重要 CPCとは 「 Cost Per Click」の略で、 クリック1回あたりに発生する料金のことです。 こんなの気にしている暇あったら、 動画をどんどんアップロードして量産しよう! と思っていたら危険です。 だって、考えてみてください。 例えば、広告が100クリックされたとしましょう。 CPCが5円の場合:500円• CPCが20円の場合:2000円 になります。 同じクリック数なのに、 1500円も差が開いているんですよ。 これが1000クリックになったら? クリック単価がどれほど重要か わかっていただけたでしょうか? 同じ労力をかけるだけなのに、 これほどの差が生まれてくるのです。 YouTube広告のクリック単価 YouTubeは一般的に 1再生0. 1円 と言われていますね。 クリック単価はだいたい 4~10円くらいと言われています。 以前、「ビートたけしのTVタックル」に 出演していたYouTube認定コンサルタントの 坪田正信さんによると、 1再生あたりの収益には大きく幅があり、 1再生あたり0. 04円~0. 24円くらい。 と言っています。 このように、 人によってこのクリック単価や 1再生当たりの収益が 変わってくると言いましたが、 どのような理由からこのようなことが 起こっているのでしょうか? 広告料金をアップさせるには YouTubeで広告料金をアップさせるには、 いくつか重要なことがあるのですが、 その中でも、特に重要な4つの要素を 1つずつ説明していきますね。 ランキングファクターを見る ランキングファクターは、 YouTubeでアクセスを集めるために とても重要な要素というのは 以前の記事でご紹介しましたね。 このランキングファクターは 全部で15個あるといわれています。 つまり、 この 15個の要素に当てはまっている 確率が高いチャンネルというのは、 クリック単価が高くなるということです。 特にYouTubeが重要視しているのは、 「 再生維持率」 これが低いチャンネルというのは、 もちろんCPCも低いです。 タイトルやサムネイルなどで煽って、 クリックさせるようなやつですね。 これは再生されてもすぐ消されます。 ここまで見ていただけた、 頭のいいあなたならおわかりでしょう。 「 再生回数」というのは、 そんなに重要ではないのです! いくら何万アクセスがあったって、 すぐ消されてしまう動画では ほとんど意味がありません。 だから、YouTubeの広告料金を アップさせたいのであれば、 いかに長く見てもらうかを 意識しておくべきなんです。 ターゲティングをしっかりと明確に YouTubeアドセンスというのは、 広告を Googleアドワーズ経由で出稿しています。 一般的にGoogleアドワーズに広告を 出稿する際に、広告料金はジャンルによって かなり変動してきます。 だから、 この広告料金が高いジャンルというのは、 クリック単価も高くなるということです。 広告料金が高いジャンルというのは、 ズバリ!• 金融系• 人材系 が広告料が高いジャンルです。 こういったジャンルで動画を アップロードしている人は クリック単価も高くなりやすいです。 逆に、 子供向けにターゲティングしている方は、 けっこうCPCは低い人が多いです。 あとは、 ジャンルを絞らないで、 いろいろな情報を発信している人も 単価は低くなりやすい傾向があります。 ミッドロール広告を使う ミッドロール広告とは、 動画の途中で現れる広告ですね。 これは 10分以上の動画であれば、 挿入することができます。 まぁ、これはクリック単価を上げるというより クリック率を上げることなのですが、 そこは気にせず… このミッドロール広告があることにより、 広告の出現回数が上がりますね。 そうすると、必然的にクリック率も 上がってくるということです。 間隔は短くても 7分おきにくらいにしておきましょう。 時期も関係あり 時期によってもこのCPCは 変わってきます。 このクリック単価が高くなる 傾向がある月は ズバリ!• 12月 です。 3月と9月は会社の決算月であるため、 企業は広告費をかけてきます。 あとは12月は、年末商戦なので、 ものが売れるので広告費をかけますね。 特に3月は YouTubeバブル という言葉まであるほどです 笑 逆に• 10月 はクリック単価が低くなる傾向があります。 まとめ いかがでしたでしょうか? ただ単に動画を量産しているだけじゃ、 無駄な努力になってしまう可能性が 多いことがわかっていただけましたでしょうか? YouTubeもサイトも一緒ですが、 しっかりとした分析というのが と~っても重要なんです。 このブログでは何回も言っていますが、 いかに視聴者に楽しんでもらうか(役立つか) ということを意識しながら、 動画を作っていけば、 自然とYouTubeからの評価もアップしますし、 クリック単価も上がってくるということです。 これから動画を作成するときは、 ぜひ目先の利益だけでなく、 このようなことも意識してみてくださいね。 最後までお読みいただき、 ありがとうございました。

次の

YouTuberで食べていくには,最低1万人以上の登録ユーザーが必要だ!しかし、本当に重要なのは…(神田敏晶)

ユーチューブ 単価

YouTubeでの収益を得る方法は主に4つ 上でお伝えした通り、YouTubeでの収益方法は様々あります。 YouTubeの「視聴・広告クリックによる報酬収益」• 商品紹介などの企業からの「案件による収益」• 外部サービスに繋げる「アフィリエイト収益」• 自身の知名度を上げて行う「踏み台戦略」 大雑把に分けると上記4つですが、それぞれが全く別の収益方法である為、稼ぎ方や稼げる金額、受取方法など全く違ってきます。 人によっては1の方法は適していないけども、3の方法がベストだ!という事もあったりします。 大事なのは全ての収益発生方法を理解して 「自分にどれがベストな方法か?」を把握する事でしょう。 上で名前を挙げたヒカキンさんやはじめしゃちょーさんなども、最初はこの広告収入を主な収益として活動していました。 その理由としては、この広告収入の仕組みがとても簡単だからです。 YouTubeで自身のチャンネルを持って、そのチャンネルを収益化にさせて、あとは動画の再生数やクリック数に応じた報酬が発生するのです。 つまり最初に収益化の設定さえしてしまえば、 あとは動画を投稿していけば、それに応じた報酬がYouTubeから受け取れるのです。 ネットを活用したビジネスは様々ありますが、シンプルさで言えばダントツだと思います。 チャンネルの作り方やチャンネルの収益化の方法は下記の記事を参考にしてください。 全然知らないでし・・いつも飛ばしているでし・・ なるほど・・笑 確かに視聴者であれば理解する必要はありませんが、猫つべ君はYouTuberを目指しているのです。 しっかりと広告の種類、違いを勉強していきましょう! 1:メイン収益となる「スキップ可能な動画広告」 下記の画像をご覧下さい。 画像の赤枠で囲っているのが 「スキップ可能な動画広告」です。 これは動画が始める前に一定時間流れる広告動画で、5秒経過する事でスキップできるのが特徴です。 この広告の報酬発生条件は「広告がクリックされる」もしくは「広告動画が30秒以上視聴される」ことで報酬が発生します。 なので、よく動画のコメント欄に 「広告貼りまっくって稼ぎまくっているな!」というコメントを見ますが、あくまで 30秒(もしくは全部)視聴されないと報酬が発生しない事を考えると、一般の人が考えているように簡単には報酬は発生しない・・・というのが現状です。 よく頻繁に挟まれている広告でしね はい、そうですね。 この広告は動画投稿者視点で考えると 「視聴者が広告をクリックしてくれないと報酬が発生しない」点を考慮すると、収益が発生しにくいタイプの広告と言えるでしょう。 3:報酬が一番高い「スキップ不可動画広告」 旧名「標準インストリーム広告」とも言います。 こちらは上記2つに比べて、見かける頻度は少ないですが投稿者視点で考えると 「一番報酬が発生しやすい広告」になります。 その理由は簡単に言ってしまえば 「視聴者がスキップできない広告動画」だからです。 仕組みは「スキップ可能な動画広告」と同じで動画が始まる前に流れる広告動画になるのですが、その違いは「視聴者がスキップできない」ものとなっております。 見たい動画の前に流れると少しイラっとするでし・・ そ、そうですね・・笑 ただ一番報酬が発生しやすい、とはお伝えしましたが、それが結果的に報酬が発生するのか?と聞かれればそうではありません。 確かに投稿者視点で考えると(広告動画を途中で閉じられない限りは)強制的に報酬を発生させる事ができるので、収益に繋がりやすくておいしい広告!・・と思いがちですが(実際にそう説明しているサイトもあります)実はそうでもないんです。 2018年には中止が決定したスキップ不可広告 と、言うのもYouTube初期においては、この「スキップできない広告」がメインで貼られていました。 しかしスキップ可能な動画が実装されて様々な検証された結果 「スキップ可能な動画より、スキップ不可の動画の方が放棄率(途中で閉じる、別のページに移る)が高い」というデータ結果が出たのです。 別のデータでは スキップできない広告に対して4割の人が悪い印象を持った、という結果も出ているなそうなんです。 4割もでしか!? はい。 これはもはやイメージを何よりも大切にする広告主にとっては大きな問題ですよね。 事実、これらのデータや声が決め手になってGoogleは、 このスキップできない広告に対して「2018年には中止する」と言っています。 ユーザーを非常に大事にするGoogleですからね。 ユーザーの不快感が大きかった「スキップできない30秒広告動画」は中止する方向で話しが決まったみたいですね。 4:ほぼ報酬が発生しないディスプレイ広告 下記の画像の赤枠で囲っている部分が「ディスプレイ広告」になります。 報酬が発生する条件はオーバーレイ広告と同じで「クリック」のみです。 なので特徴としては「表示回数が多いがクリックに繋がらない」です。 よって動画投稿者からしたら報酬に繋がりにくい広告・・・となりますね。 ただ視聴者側から見ても、この広告だけは非表示設定にできないのでユーザーに合った広告が表示されればクリックに繋がったりします。 広告で収益を得る=YouTubeアドセンス 上記の広告が掲載された動画が視聴されたりクリックされる事でYouTube側から決まった報酬が貰えます。 この仕組みを 「YouTubeアドセンス」と言います。 YouTubeアドセンスは、YouTubeアカウントとGoogleアドセンスとを関連付けることで、あなたが投稿した動画の収益化を図ることができます。 アップロードした動画には、再生と同時にアドセンス広告が表示され報酬が発生します。 引用:YouTubeアドセンスとその報酬が発生する仕組み YouTubeアドセンスの報酬受け取り方法 このYouTubeアドセンスの報酬は 毎月1日~30日 31日 の1ヶ月分が翌月の15日に確定します。 そして、その確定した金額が同月の 22日~25日の間に自身で設定した指定の銀行に振り込まれます。 つまり、• 1月〜1月31日にたくさんの動画を投稿して500万再生突破!• 2月15日に、その500万再生分の報酬が30万円と確定!• 22日〜25日の間に銀行口座に振り込まれる! と、なります。 ただ、この振込み日の22〜25日に関しては事務所に入っているか、報酬額などによっての違いも出てきますので目安として受け取ってください。 また、最低支払い額が「8,000円」と設定されているので、報酬が8,000円を超えないとYouTube(Google)から入金されることはないので注意です。 余談:2017年の再生数1回あたりは〇〇円・・?? まとめ:広告単価。 クリックによる収益と仕組みを解説 それでは、ここまでYouTubeの広告の種類とその仕組みに解説してきました。 意外とYouTubeで稼いでいる人でも、この広告収益のことを深くまで理解している人は少ないです。 確かに「YouTubeで稼ぐ」という意味においては、クリックの単価や仕組みを深くまで知る必要はないかもしれません。 しかし、上でもお伝えしたように 「広告の仕組みを知ることで作れる動画もある」というのが重要なのです。 今後、当サイト「俺はYouTuber!!

次の