リゼロ リカード。 収穫逓減の法則(しゅうかくていげんのほうそく)とは

リゼロ(Re:ゼロ)/リカードの想像以上のワイルドさとミミのクレしんのひまわりばりの好演技にびっくり仰天してた

リゼロ リカード

スポンサードリンク Re:ゼロから始める異世界生活 短編集6巻! 全編Web未掲載、珠玉の短編集! 最新刊2020年7月20日発売です! 短編集第六弾、語られるは過去とこれからと、未来の物語。 全編Web未掲載、珠玉の短編集! 「リゼロ」新編集版【20話】【21話】と2016年版との違いは? 2020年1月1日から放送されている「Re:ゼロから始める異世界生活」新編集版。 2016年にTV放送された「リゼロ」と新編集版「リゼロ」の違いを徹底比較します。 レム好きな同志と繋がりたい!!! 改めてエミリアを救うために、クルシュに同盟を持ち掛ける。 前回は話にならないと拒絶されたが、今回は違う。 事前に十全な準備を行い、クルシュが欲しているであろう情報を提示した。 それは今までの「死に戻り」で味わった屈辱、絶望の中から導き出した答え、集大成だ。 白鯨の出現時間と場所を提示し、アナスタシアとラッセル・フェローを取り込むことでクルシュとの同盟をスバルは成す。 クルシュ陣営とアナスタシア陣営の戦力を伴い、エミリア救出のための第一の壁である白鯨にスバルは挑む。 新編集版「リゼロ」と2016年版「リゼロ」を比較検証! 今回は新編集版の【第20話】【第21話】と2016年版である【TV放送】を同時に再生して違いを比較しました。 今回の結果はいかに・・・ 第20話の変更点は? 新編集版 第20話 -ヴィルヘルム・ヴァン・アストレア- 2016年版 新編集版 オープニング あり あり エンディング 本編中にクレジットのみ なし 残念ながら、新規カットはありませんでした。 間延びシーンが少しあったぐらいでほとんどそのままって感じですね。 百人一太刀 クルシュの放つ遠距離斬撃は「百人一太刀」。 この技は「風見の加護」を応用して風に自分の剣劇を乗せているような技です。 「風見の加護」って嘘を見抜くだけじゃないんです。 ミミたちの咆哮波! ミミとへータローの合わせ技である「咆哮波」は三つ子のうち二人で出来る技です。 3人では逆にバランスが崩れて発動できません。 しかし団長であるリカードは一人で放つことができるんです。 ヴィルヘルムと先代剣聖 剣聖テレシアの初陣が、ヴィルヘルムを救うための戦場でした。 初陣で初めて人を斬ったそうです。 本編中 クルシュとスバルが白鯨の分裂について作戦会議のシーンで上空の白鯨の動きは速い 白鯨の動きがゆっくりに変更されている。 本編中 白鯨にとどめを刺したとき、瞳にヴィルヘルムが映り続けている。 瞳の反射が無くなり、色が真っ黒に変更されている。 エンディング クレジットのみ 本編終了後にあり 21話も新規カットは見られませんでしたが、上記のシーンで少し変更がありました。 クルシュが陣営を鼓舞した後のシーン 白鯨の分裂について作戦会議のシーン 白鯨にとどめを刺したシーン リカードの肩アーマーのマークは? リカードの肩についているマークは、ホーシン商会の屋号です。 アナスタシアが一生懸命に考えていたけど結局ミミのかいた落書きのような絵が採用されたそう・・・ ヴィルヘルムってどれくらい強いの? 白鯨戦にかかせない戦力であるヴィルヘルム。 リゼロアニメに登場しているキャラの中ではラインハルトに次ぐ強さ!実はエルザも同じぐらい強いんですが・・・。 21話「絶望に抗う賭け」 白鯨を倒したスバルたち。 白鯨の首を持って帰るの大変そう笑。 残りの話数も少なくなってきて、いよいよクライマックスに突入する「リゼロ新編集版」ですが・・・ 残念ながら、21話でみんなの万能メイド「レム」の出番は最後です! さみしいですが、今回でレムは見納めになります。 「レム成分が足りない」「不足した」という方は を見返すことをお勧めします。 デレ後の「レム」を満喫できますよ!.

次の

【リゼロス】初公開ルートに新イラスト紹介! アナスタシア陣営も。配信第3回の最新情報まとめ

リゼロ リカード

アダムスミスの思想を精緻化し、「差額地代論」「収穫逓減の法則」「比較生産費説(比較優位説)」など、その後の経済学の原型となるさまざまな理論を提唱したものです。 リカードの経済学は、 古典派経済学と言われる一分野を形成し、その後のマルクス経済学や新古典派経済学が発展する基礎となりました。 リカードの経済学は、経済学の歴史を学ぶ上でも、現在の 国際貿易論のなどの理論を学ぶ上でも、避けては通れない重要なものです。 そこでこの記事では、• リカードの経済学における論争や理論の特徴について• 投下労働価値説、差額地代論、賃金生存費説、収穫逓減の法則、比較生産費説などの各理論について を詳しく解説します。 リカードの理論は、個別に独立しているものではなく、精緻に体系化され繋がっているものです。 まずは全体像をこの記事で学び、これからの学習に活用してください。 『経済学および課税の原理』の要約• 投下労働価値説…生産物の価値は投下される労働力の量によってのみ決まる• 賃金生存費説…労働者の賃金は、労働者が生存できる消費財の量(生存費)によって決まる• 差額地代論…同じ投下労働量でも、土地によって収穫量が異なるため、最も生産力が低い土地との差額が地代になる• 収穫逓減の法則…需要に応じて生産力が低い土地を耕作するようにすると、拡大するだけ生産力が減る(拡大の法則)。 また、同じ土地にさらに労働力を投下しても、獲得できる収穫量は減っていく(集約の法則)• 比較生産費(比較優位)説…どのような国家も、生産物ごとに生産性の高さが異なるため、貿易して生産物を交換し合った方が利益が大きくなる 重要なのは、 リカードはただの抽象的な理論化を目的としていたわけではなく、これらの理論を通じてイギリス社会の行く末を論じているということです。 これらの理論から考えると、貿易を規制したままではイギリスの経済力は成長しない。 そのため、自由貿易を実現して経済成長できるようにしていこう、というのがリカードが『経済学および課税の原理』で主張したことです。 この記事を参考にしながらぜひ読んでみてください。 2-1:投下労働価値説 スミスが「投下労働価値説」と「支配労働価値説」を両方論じたのに対し、リカードは 「投下労働価値説」のみを支持しました。 難しく考える必要はありません。 投下労働価値説とは、 生産物の価値は投下された労働量のみによって決まるという説のことです。 スミスが例示したように、ビーバー2頭を獲得するのにかかった労働量と鹿1頭を獲得するのにかかった労働量が同じなら、ビーバー2頭と鹿1頭が同じ価値を持つということになります。 ただし、リカードの投下労働価値説は、 「自然価格」と「生産物が持つ価値」を混同していると後に批判されました。 自然価格とは、その商品を作る過程でかかった、土地の地代や労働者の賃金、資本家が獲得する利潤などのすべての「自然率(平均率)」で決まるという考え方です。 自然価格=地代の自然率+賃金の自然率+利潤の自然率 ということになります。 リカードは、賃金率が上昇すると「生産物の価値」が上昇するため、投下労働価値説は一部修正する必要があると考えました。 しかし、 実際には賃金率の上昇で影響を受けるのは「自然価格」のみで、「生産物の価値」ではありません。 そのため、 生産物の価値は賃金率の上昇によって増減することはありません。 このように自然価格と生産物の価値を混同していたことは、その後多く批判されました。 とはいえ、リカードは賃金の変動が価値に与える影響は小さなものであるため、あくまで生産物の価値は「投下された労働量」を主な要素として決まると主張しています。 2-2:賃金生存費説 リカードは、 賃金を「生存費」、つまり労働者が生存するために必要な最低限の消費財の量によって決まると考えました。 これはマルサスの『人口論』から影響を受けた考えで、「賃金生存費説」と言います。 実際の賃金は、もちろん生存費とまったくイコールになるとは限りません。 しかし、実際の賃金が生存費を超える状態が続くと、家計に余裕が生まれ、子供を増やすため労働力が増え、労働市場において労働供給が過剰になります。 労働人口が多すぎれば、 資本家は賃金を安くしても簡単に労働力を増やすことができるため、賃金を下げることができます。 逆に賃金率が生存費以下になれば、労働者は子供を作れず労働人口が減少するため、資本家は労働力を得るために賃金を上げざるを得ません。 そのため、 長期では生存費によって実質賃金が決まるとリカードは主張しました。 賃金生存費説にのっとって考えると、• 生産性が高い土地から耕作すると、徐々に 生産性が低い土地を耕作せざるを得なくなっていく• そのため、穀物価格は最も生産性が低い土地(限界地)での 生産費と同じ価格になる• その結果、 「地代」は生産力が最も低い土地(限界地)ではゼロになり、それ以外の土地では肥沃な土地との差額が地代になる というものです。 もう少し詳しく解説しましょう。 Aでは 100トンのお米が生産できますが、同じ労働力でもBでは 80トン、Cでは 60トンしかお米が作れません。 土地Aだけの耕作でお米の需要にこたえられる社会では、Aで耕作している資本家に地主が地代を要求しても、資本家は地代がかからない土地に移動してしまいます。 そのため、 Aの地代はゼロ円であり、お米の価格はAに投下される労働量と等しくなります。 しかし、人口が増加している社会では、 食料を得るために生産性が低い土地も耕作していかなければなりませんので、資本家はBやCの土地も借りて耕作しなければならなくなります。 地代が発生するのは、社会がこのような状況になった場合です。 なぜなら、仮に土地Aを持つ地主が資本家に お米10トン分の地代を要求したとしましょう。 Aにいた資本家は「地代を払うくらいなら土地Bに移動してやる」と思うかもしれませんが、土地Bは同じ労働力でも80トンのお米しか得られません。 Aにいれば地代を支払っても、 生産量100トン-地代10トン分=利潤90トン分 となって、 Bで耕作する場合の「生産量80」を超えるため 利潤が最高になります。 そのため、資本家は土地Aに残って耕作を続ける選択をします。 Aの資本家は、土地Aから得られる利潤が、Bから得られる生産量を超えるまでAから移動しません。 地主も「できるだけたくさんの地代をもらいたい」と考えるため、Aの地代はBから得られる生産量との差額まで最大化していきます。 この場合は、Bの生産量が80であるため、地代は20まで膨らむことになります。 さらにBの耕作地がなくなりCの土地まで耕作しなければならなくなると、同じことが起こってBの土地でも地代が発生します。 このようにして、人口が増加する社会では• 拡大の限界…生産性が低い土地にまで耕作を広げると、同じ量の労働力から得られる収穫が減っていく• 集約の限界…同じ土地に同じ量の労働力を投下し続けると、余剰の収穫が逓減していく (少しややこしいかもしれませんので、まずは上記の法則を覚えておくだけでも問題ありません。 つまり、需要に応じて生産力の低い土地を耕作していくと、同じ労働力の投下量でも、収穫できる生産物(たとえばお米)の量は減っていく、というものです。 リカードは「拡大の限界」によって地代が発生すること。 地代は穀物価格の決定には影響しないことを主張しました。 たとえば、2-2-1の例でAの土地で生まれる収穫量は「100トン」としましたが、そこに追加で同じだけの労働量(つまり労働量が2倍になる)と、追加で得られる収穫量が「65トン」だとしましょう。 追加で同じだけ労働力を投下しても、得られる収穫量は減少していく。 これが「集約の限界」です。 問題なのは「その結果どうなるのか?」ということです。 Aの土地に同じだけ労働力を追加で投下することで、追加で得られるお米の収穫量が 「65トン」になる• この社会での「限界地」である土地Cでは、Aで収穫量100トンが得られるときに 60トンしか得られないため、 Aの地代はCとの差である 「お米40トン分」になる• この場合、土地Cの資本家は土地Cを耕作する収穫量「60トン」より、 土地Aで追加で得られる「65トン」の方が多いため、5トン分の地代を支払うからAの土地を貸してほしいと交渉する• その結果、地代は 「45トン分」になる このようにリカードは説明しています。 結局、「集約の限界」によっても土地の肥沃度に応じて地代が決まることが分かります。 2-4:資本蓄積論 リカードは、ここまで説明した「賃金生存費説」や「収穫逓減の法則」を理論化したのは、 イギリスの将来を予測するためでした(資本蓄積論)。 2-4-1:輸入がなければ経済成長がない 人口が増加し穀物需要が増大する限り、徐々に生産力が低い土地を耕作するようにしていかなければなりません。 その結果 「拡大の限界」と「集約の限界」によって、同じ労働力でも得られる穀物量は徐々に減少していきます。 すると、地代と賃金の支払いによって資本家が得られる 利潤は徐々に減少していきます。 経済成長は、資本家が資本(余剰のお金)を新たな事業に投下することによって生まれます。 しかし、 その資本蓄積が徐々にできなくなっていくのですから、その結果イギリス経済の成長力は減衰してしまいます。 しかも、地主は地代の獲得によってより金持ちになり、労働者はぎりぎりの生存費で生活する状況が変わりません。 2-4-2:貿易自由化が成長を生む リカードは以上の理由から、穀物法改正を批判しました。 穀物法があることから国内の穀物価格が高値に維持されるため、結果的に生存費が高くなり、賃金が上がり、 資本家の利潤が減少し、資本家の新たな投資の障害になります。 しかし、 穀物を輸入できれば穀物価格が下がり、生存費・賃金が下がり、その結果資本家の利潤が増大し資本蓄積が可能になる。 リカードはこのような考えがあったため、穀物法改正を批判したのです。 この主張の背景には、「供給は自らの需要を作り出す」という「セーの法則」と同じ考えを持っていたからです。 つまり、生産されたもとは必ず消費されるため、資本蓄積さえ進めば経済が成長するという考えです。 マルサスは、• 資本蓄積が進み、資本家が新たな事業によって生産物の供給を増やしても、 それを消費する側の需要が増えていなければ、経済成長にはならない• 労働者の消費(主に消費財)は通常増大しないし、資本家は資本蓄積のために節約するため、消費を拡大しない• そのため、 奢侈品(ぜいたく品)を消費する地主の利益を守る必要があり、そのため穀物法改正による穀物価格の高値での維持は必要である と主張しました。 ここに、リカードとマルサスが資本家と地主のそれぞれの階級を擁護した根拠が分かります。 2-5:比較生産費(比較優位)説 リカードはさらに、 自由貿易がどこの国にとっても利益になることを主張しました。 それが「比較生産費説(比較優位説)」です。 比較生産費説(比較優位説)」を要約すると、以下のようになります。 「収穫逓減の法則」のように、国内では高い利潤率を求めて資本が移動する(つまり高い利潤を求めて資本家は投資する土地を変えていく)• 自由な貿易が可能な世界では、上記と同じように 高い利潤率を求めて国際分業する• そのため、国家は労働や資本を自国がもっとも高い利潤が得られるように活用する 実際には完全な自由な貿易はできないのですが、それでも すべての国家にとって自由な貿易は利益になります。 詳しく解説します。 たとえば、二国間で同じ労働量を投下したときに、生産費に以下のように違いがあるとしましょう。 この場合、イギリスはどちらの生産物でも生産力が高いため、これだけ見るとイギリスに貿易の必要はないように思われます(絶対優位)。 リカードは、それでも二国間は貿易をした方が良いと主張します。 なぜなら生産費が二国間で異なるからです。 2章のまとめ• 投下労働価値説…生産物の価値は投下される労働力の量によってのみ決まる• 賃金生存費説…労働者の賃金は、労働者が生存できる消費財の量(生存費)によって決まる• 差額地代論…同じ投下労働量でも、土地によって収穫量が異なるため、最も生産力が低い土地との差額が地代になる• 収穫逓減の法則…需要に応じて生産力が低い土地を耕作するようにすると、拡大するだけ生産力が減る(拡大の法則)。 また、同じ土地にさらに労働力を投下しても、獲得できる収穫量は減っていく(集約の法則)• 比較生産費(比較優位)説…どのような国家も、生産物ごとに生産性の高さが異なるため、貿易して生産物を交換し合った方が利益が大きくなる.

次の

収穫逓減の法則(しゅうかくていげんのほうそく)とは

リゼロ リカード

【リゼロ】アニメ2期の聖域編のストーリーをネタバレ 聖域編の2期のストーリについてが、以下の記事になります。 順番にリゼロの聖域編のストーリーを解説します。 聖域の墓所の試練 聖域編の目的は、聖域における結界に閉じ込められた全員の開放です。 聖域の墓所の試練には、混血でないと望むことができません。 つまり、試練を突破できるのは、エミリアだけです。 しかし、エミリアは自身のつらい過去を封印しているため、 何度も試練に挑戦するが、失敗を繰り返している。 三大魔獣の大兎 さらに追い打ちをかけるように、聖域の試練の突破にタイムリミットが設定されている。 聖域にたどり着き、3日後には3大魔獣の大兎が聖域の集落を襲いデットエンド。 エルザのロズワール邸への襲撃 聖域を一旦抜けた、スバルは、ロズワール邸にてエルザの襲撃にあいます。 ロズワール邸には、ラムやベアトリス、ペトラがいるためスバル、ガーフィール、オットーが救出に向います。 エルザは単独ではなく、魔獣使いのメィリィの二人の襲撃によりかなりピンチ。 こちらが、がっつりネタバレになっていますが、聖域編のストーリーになります。 【リゼロ】アニメ2期の聖域編のラスボスについて解説 聖域編のラスボスについて解説します。 まずは、聖域の中の ラスボスは、大兎です。 大兎は、白鯨と同じかなりやっかいな敵です。 見た目はかわいい普通のウサギですが、骨ごと噛み砕いて人をも食べてしまいます。 常に空腹に飢えていて、集団で手当たりしだい襲ってきます。 スバルは、大兎に生きた状態で食われて『死に戻り』しますが、 あまりにも心にダメージを受けて、精神が崩壊する一歩手前まで追い詰められてしまいます。 エルザは、ある人物の依頼によってロズワール邸を襲撃します。 そのある人物というのは、 ネタバレになりますがロズワールです。 マジですか? ロズワールは、裏切り者なの?って管理人は思いました。 今回は、聖域で仲間になったガーフィールがエルザの相手を担当します。 ガーフィールVSエルザその結末は? 【リゼロ】アニメ2期の聖域編の結末は?(ネタバレ注意) では、聖域編の結末についてネタバレ以下のようになります。 ロズワール邸で繰り広げられるエルザとの死闘の結末 ガーフィールが、エルザにボロボロになりながらもほんの僅かなエルザの弱点をつき勝利。 エルザとガーフィールの実力は、ほぼ互角でした。 むしろ、読んでいる管理人には若干、バンパイアのように超絶な再生能力があるエルザが有利に見えていました。 しかし、妹であるメイリィがフレデリカに追い詰められます。 そのため、エルザはメイリィを助けます。 エルザの敗因は、ガーフィールとの戦闘に集中できなかったところです。 ぶっちゃけメイリィがいなければガーフィールは、エルザに敗北していたと管理人は感じています。 ロズワール奪還作戦 ラムとパックが協力し勝利をおさめる。 ロズワールはエキドナに取り憑かれている原因である、叡智の書を奪い取り焼き捨てました。 パックの協力を得たラムは、ロズワールをエキドナへの妄執から開放するべく戦いを挑み見事に勝利。 どれだけラムがロズワールを愛しているか身を呈して証明し、それを本当の意味で理解したロズワールは事実上、敗北を宣言しました。 魔獣大兎との戦闘の結末 なんとか過去を乗り越えたエミリアは、封印していた力が開放されかなりパワーアップ! ロズワール邸でエルザとメイリィを退けた、スバルは、ベアトリスと契約し聖域に戻ります。 そこで、スバル、エミリア、ベアトリスが一致団結し大兎を撃破します。 大兎の特徴として、大量のマナに集まる習性があります。 スバルはこの習性を利用して、魔力がアップしたエミリアが、大きなマナをおとりに、大兎に一箇所に集めます。 長い、長い聖域編が終わりを迎えました。 【リゼロ】2期アニメの水門都市プリステラ編のストーリーをネタバレ 聖域編から1年後、水門都市プリステラにおいて、4人の大罪司教から4つの制御塔を取り返すというストーリーになっています。 4つの制御塔はプリステラを流れる水の量を調整していて、もしも大罪司教によって水門が開かれた場合、プリステラの街は水の中に沈んでしまうからです。 それぞれの水門には、強欲、色欲、憤怒、暴食が鎮座しています。 大罪司教を担当するのは以下の通りになります。 ネタバレになりますが、至るところで戦闘が行われているので、アニメでも休む暇がないバトルシーンが今から楽しみです。 特に注目したいカードは、テレシアとヴィルヘルムの戦いです。 テレシアの実力は、リゼロのアニメ1期でも相当だと推察されます。 リゼロ2期の水門都市プリステラの攻防は、どんな決着を迎えるのか。 強欲の大罪司教レグルスの能力をネタバレ 強欲のレグルスは、ラインハルトを死に追いやるほどの無敵状態です。 レグルスは、時間を止める能力と心臓を別の場所に移すことができる能力だからです。 時間を止めることで攻撃を無効化し、さらに攻撃を行うことができます。 しかし、弱点もあって、時間を止めること心臓が止まります。 この時間を止めるレグルスの権能は、5秒間しか使用することができないのです。 ぶっちゃけ、じゃあ5秒以上の連続攻撃をすれば、倒せるじゃんと思いませんか? そうは、問屋がおろさないのです。 マジで、弱点ないですね。 一人で要塞都市を陥落させることができたのも、いわゆるマリオのスター状態だったからだったから。 スバルは、勝てるのかな? 色欲の大罪司教カペラの能力をネタバレ 大罪司教のカペラは、変身と再生能力です。 カペラは、変幻自在に変身でき、さらに人を別の生物に変えることができる能力です。 さらに、顔面が吹き飛ばされても、もとに戻るほどの超再生能力があります。 カペラは小さな女の子に化けることで、油断したクルシュは不意打ちをくらい意識を奪われてしまいました。 カペラ自身の変身能力だけでなく、街の住人をハエの姿に変えたり、黒竜に変化さることも可能です。 まさに、やりたい放題で、白鯨並に甚大な被害をプリステラに巻き起こしました。 憤怒の大罪司教シリウスの能力をネタバレ シリウスの能力は、感情と感覚の共有になります。 シリウスの感情にみんなが巻き込まれてしまいます。 また、感情を共有している人間は、感覚も共有しているので、攻撃が共有しているみんなに影響します。 ラインハルトが、憤怒の大罪司教シリウスの体を手刀によって切り落としました。 その場にいて、感覚を共有してしまっているスバルは、同じように体が真っ二つに割れてしまって『死に戻り』をすることになってしましました。 暴食の大罪司教ロイ・バテンカイトスの能力をネタバレ ロイ・バテンカイトスは、相手の名前を知ることで、名前と記憶を奪う能力があります。 名前と記憶を奪われたものは、レムのように昏睡状態となります。 名前を奪われたものは、誰からも覚えていられないクルシュのような状態となります。 今回、暴食の能力の発動条件が発覚しました。 それは、相手の名前を知り、相手に触れることで能力を発揮します。 今回、主要キャラにも被害が出ています。 これについては、結末のところで解説します。 クルガンとテレシアについて クルガンは、攻守がそろった強敵です。 強靭に鍛えられた体と、8本の腕を自在に操り、攻撃、防御と自由に腕を操ることができます。 2本の腕でも常人より遥かに強いクルガンですが、さらに6本も増えて無双状態。 ガーフィールの獣化した状態の攻撃ですら受け止め、さらに残りの腕で攻撃にも転じることができます。 かなりあぶない相手。 現役のときのヴィルヘルムでさえ、互角だった。 テレシアに関しては、単純に剣の技術による強さで圧倒しています。 剣聖の加護なくなっているにも関わらず、元剣聖による経験値と技術による圧倒的な強さがあります。 ヴィルヘルムが、一瞬のすきをつかれることで、足に致命傷を追わせて必要以上に傷つけずに身動きを取れない状態にしました。 かなり高度なテクニックです。 【リゼロ】アニメ2期の水門都市プリステラ編の結末は?(ネタバレ注意) 結論として、甚大な被害を出すものの4つの制御塔を奪い返し、洪水を防ぐことができました。 カペラは、建物の下敷きにするも全くのノーダメージで倒すことができず、決着はつきませんでした。 シリウスに関しは、リリアナの歌によって感覚の共有が解除し、弱点を克服しました。 これによって、陽剣をふるいシリウスを討伐。 ロイ・バテンカイトスには、ユリウスとリカードの連携によっても倒すことができず。 ユリウスの必殺剣をも防がれます。 さらに攻撃に転じられ、かばったリカード片腕を切断されます。 ユリウスは、暴食の権能によって存在を奪われてしまいました。 つまり、ユリウスのことを誰も覚えていない。 クルシュとは逆パターンですね。 ユリウス自身にはみんなの記憶があります。 もちろんスバルにも。 テレシアには、ハインケルのせいで油断したヴィルヘルムが致命傷を負わされ敗北。 駆けつけた、ラインハルトが龍剣を抜きテレシアの命を奪いました。 クルガンには、ズタボロになりながらもガーフィールが紙一重の勝利を収める。 まとめ リゼロ2期のアニメについてのネタバレ記事になります。 リゼロ2期の聖域編では、ついにロズワールの策略を粉砕し、仲間に加えました。 水門都市では、まさかのユリウスの存在が奪われてしまうというまさかの展開に管理人も驚いています。 特に水門都市編では、バトルシーンが多めなのでリゼロ2期のアニメは見どころ満載です。 行き着く暇がないくらに、それぞれの大罪司教を抑えようと大活躍してくれます。 では、リゼロ2期のアニメのネタバレでした。 これからも、リゼロに関する情報をたくさん配信していくので、スマホのホーム画面に入れてもらえると管理人も嬉しいです。

次の