こじる り 結婚。 こじるり小島瑠璃子のセクシー水着姿 美ボディ披露

結婚相談所・お見合い・婚活なら

こじる り 結婚

概要 [ ] 「ねこぢる」はや、、、などを題材にした的な作風を得意とする・の妻であった女性のであり、彼女と山野の二人から成る漫画制作のでもあった。 それまでエキセントリックな『』『』『』や長編怪作『』『』の作者としてカルト的な人気を得ていたの山野一はある日、妻の描いたに「尋常ではない何か」を感じとり、その落書きをもとに妻と『』という短編を共同制作する。 この漫画を山野がの『』に持ち込んだことで「ねこぢる」は世に出ることになった。 ねこぢるの活動期間はからまでのわずか8年間であったが、その特異な作風は「」の枠を大きく飛び越えて当時のからまで幅広い支持を集めた。 没後もやなどのが行われており、現在に至るまでファンを増やし続けている。 ねこぢる名義の発表作品はすべて山野とねこぢるの共作であるが、作品ごとの役割分担ははっきりしていない。 経歴 [ ] 生い立ち [ ] (現:)出身。 を営む裕福な家庭に生まれ、の東鳩ヶ谷団地の近所で育つ。 最初に覚えた言葉は「」で誰に対しても「ばか」と言っていたという。 学歴は不詳だがの証言によれば地元の美容専門学校に通っており、学生時代は(の伝説的な「」「」で活躍していた)のをしていたという。 また当時購読していた発行の漫画雑誌『』を通して、、、などの作家に傾倒。 特にの作品集『』(青林堂)に感銘を受ける。 ねこぢるは知人の知人を通して山野と接触し 、のような形で18歳の時にとする。 結婚後は山野のセミアシスタントとしてなどの単純作業を手伝うが、漫画家になるつもりは全くなかったという。 漫画家デビュー [ ] ある日、ねこぢるが暇を持てあまして画用紙に「奇妙なタコのようなネコの絵」を描いて遊んでいた所、彼女の絵を見たが「言語化不可能なある種の違和感かもしれないけど、大人に解釈されたものではない生々しい幼児性というか、かわいさと気持ち悪さと残虐性が入り交じった奇妙な魅力」 を感じ、その絵をモチーフにした原作を山野が作り、ねこぢるが絵を描いて一本の漫画を創作する。 なお、夫妻とも漫画家としての訓練は一切受けておらず、絵に関しては完全に独学であるという。 この原稿を山野がに持ち込んだところ 、ガロ編集部の(の実妹、のちに担当編集者)や(のちに『』副編集長)から好評を得て『』6月号より『 』の連載を開始する。 この連作の元にもなったデビュー作は、子猫がうどん屋でされて死ぬというだけの内容である。 このデビュー作から夫の山野は「作・山野一 画・ねこぢるし」 の共同名義でクレジットされるようになり、唯一無二の「共同創作者」としての役割を務めることになった。 二人には「極めて微妙」な役割分担があり、ねこぢるの発想やメモをもとに山野がストーリーをにして書き起こし「読める漫画」にまで再構成する役割などを担った(山野はこの作業を「通訳」と述べている)。 これらの連作は、ねこぢる自身の夢の中の体験を基にした支離滅裂で不条理な展開やドラッグ中毒のようにな描写が特徴的である。 には『』6月号でが組まれ、、、、、、、、、、らが批評文を寄稿した。 ~、のをと放浪し、場末のレストランにあったテレビでを知る。 このインド体験は『』として漫画化されており、自殺する直前のにから単行本が出版されている。 なお、夫の山野は事件が発覚する数年前にの栄枯盛衰を描いた『』というを連載していたほか、夫妻ともにに対する造詣が深く、を信奉するは夫妻に強烈な印象を残すことになった。 ブーム到来 [ ] 後半になると、当時流行していたの流れで「ねこぢるブーム」が起こる。 以後、『』『』『』『』『』『』『』『』『』まで漫画雑誌の枠を超えて数多くの媒体で多岐に渡り作品を発表、の宣伝キャラクターまで仕事の幅は非常に幅広かった。 またな絵柄とな作風のギャップからねこぢるの作品は『ガロ』以外の一般読者にも注目されるようになり、若年層や女子中高生の支持も集めたとされている。 とねこぢるは仕事なら何でも引き受ける方針だった為 、ブームによって増えた仕事の依頼を断ることが出来ず、作品の量産とを二人は強いられた。 ねこぢるは次第にになり、 を起こしたり、自殺未遂を繰り返すなど奇行が目立つようになる。 何度も「死は別に怖くない」と周囲に述べ 、編集者にも「死のうと思ったことありますか?」と尋ねたこともあったという。 晩年 [ ] 、原稿依頼をした女性編集者に電話で2時間に渡り「自分はもう好きなものしか描きたくない。 お金になるとかじゃなく描きたいものだけを描いていきたい」 「仕事依頼が殺到して自分の方向性や資質と違うことばかりやらされていて本当につらい。 いきなり仕事量が増えて体力が消耗しきっているので、もうこれ以上何も考えられないし、何もできない」 と現状の不満を打ち明ける。 翌にはの担当編集者に「漫画を描くのは疲れた。 もう漫画家をやめて旦那と一緒にに行って暮らしたい」と電話口で漏らしていた。 午後3時18分、の自宅マンションのトイレにてドアノブに掛けたタオルで首を吊った状態になっているのを夫のによって発見される。 31歳没。 遺体は発見が遅れてが始まっていたという。 1998年5月10日以降 [ ] 詳細は「」を参照 その後もは「 」のペンネームで、ねこぢるワールドを引き継いで創作を続けている。 ねこぢるの死後制作された『』は、『』の各編のシチュエーションをモチーフにした幻想的な作品に仕上がっている。 人物 [ ] ねこぢる自身は素顔や詳細なプロフィールをほとんど公表しておらず、『』1992年6月号のに掲載された彼女の写真のみが一般に素顔を見せた唯一の例である。 容姿・性格 [ ] 夫のは彼女の人物像について「身長153センチ、体重37キロ、童顔…。 18の時出会ってからずっと、彼女はその姿もメンタリティーも、ほとんど変わることはありませんでした。 それは彼女を知る人が共通して持っていた感想で、私もそれが不思議であると同時に、不安でもあったのですが…」「生前彼女は、かなりエキセントリックな個性の持ち主でした。 彼女程でないにしろ、私にも同じような傾向があり、二人ともノーマルな社会人としては全く不適格でした」と寄稿した追悼文の中で述べている。 嫌いなものは嫌い [ ] 交友のあった『』編集者のによると、ねこぢるは基本的に殆どの人間や対象にまるで関心がなく、それらに対する口癖も「つまんない」「嫌い」「相性が悪い」「興味がない」「関心がない」「波長が合わない」など嘘がつけない体質だけに極めてストレートなものだったという。 またそれを素直に口にしてしまう正直者」と評している。 また好意を抱いた人物には「」とも言える行動に出ることもあり、夫・と結婚した経緯も、ねこぢるが山野の住むアパートにまで押し掛けて、そのまま上がり込んでしまったからだという。 吉永いわく山野はねこぢるの「お母さん」のような存在でもあり 、彼女の自殺についても「あそこまで生きたのも山野さんがいたからだとも思う」と語っている。 とねこぢるの関係性について当時『』の編集長を務めていたも「仲が良く、波長が合っている二人」「お互いに心を許せるパートナーと思いました」と語っており、雨の日に喫茶店で待ち合わせした時も、夫妻は相合い傘をしてやってきて、帰りも一つの傘で一緒に帰って行ったと回想している。 自閉的な性格 [ ] の証言によれば、ねこぢるはでに通院しており、出会った頃には既に自閉的な性格が完全に確立していたという。 吉永は彼女の自閉について「精神的に孤立して自分の内面にこもる傾向が育まれたのかもしれない」と推察している。 また『』の担当編集者であった元・現のの証言でも、ねこぢるは殆ど外出せず、喫茶店も嫌いで、お世辞や社交辞令にも敏感に反応してしまい、世間との付き合いは苦手だったという。 その一方で高市のでのがにした時には、高市が山田のをするのでないかと心配して「何でも相談するんだよ」と親身に話を聞いてくれたと述べている。 また「心を見抜かれそう」と緊張していた高市に対して「大丈夫、緊張しないで」と声をかける一面もあったという 乏しい食欲 [ ] ねこぢるにはが存在しなかったようで、彼女については「最期のほうは生きる欲望も薄れていった」とも述べている。 またやに関しても「血の味がするから」と全く食べず 、友人の(元編集者。 に)が勧めたも一口食べて勢いよく吐き出したという。 これに関して生前ねこぢるは「って豚の死体だよね」という感想を夫のに述べており 、漫画の中でもはとして罵られ殺され食べられる程度の存在にしか描かれていない。 強い責任感 [ ] ねこぢるの死後、『』(/)3号で「蘇るねこぢるワールド」という特集が組まれ、ねこぢるに接触した17人の編集者のインタビューが掲載された。 この中で『』編集者の小田倉智は、ねこぢるが自殺する直前に過労で入院していたことを明かしている。 また彼女について担当編集者らは「原稿の締め切りをキッチリと守る人だった。 月に数十本の原稿を抱えながら、締め切りを守るのは至難の業、それをやり遂げたねこぢるはムチャクチャ責任感のある人」「自分の漫画を読んでいる有名人をそれとなくチェックして帯の推薦文の人選を考えたり、10代の子が自分の本をおこづかいで買えるように、価格を下げるように交渉したり、単行本を作る過程でいろいろ知恵を絞っていた」と証言している。 この特集を企画した編集者はこれらの証言を踏まえて「『自分の人気は一時的なもので、すぐ売れなくなる』と、自分の人気に甘んじない冷静さがあったので、彼女は来る仕事を拒まず、なおさら人気漫画家となったのでは」と推察していた。 不規則な生活 [ ] ねこぢるは売れっ子になる前から3日間起き続け、その後丸1日寝るという()に逆らった不規則な生活を送っていた。 その様子は自殺の二日前に描いた遺稿『ガラス窓』でも見ることが出来る。 作風 [ ]• ねこぢる作品の多くは、子供特有の残酷さを持った無邪気な子猫の姉弟「にゃーこ」と「にゃっ太」を主人公とする一話完結型のである(自身を主人公とした『』や『ぢるぢる日記』などのエッセイ漫画でも、作者のねこぢるが猫の姿で描かれている)。 唯一の例外として、短編『つなみ』はヒトが主人公である。 猫の「にゃーこ」と「にゃっ太」を主人公とした連作『 』(画・ねこぢる/作・)は評価が高い。 にゃーことにゃっ太は子供であり、の母と、工場勤務での父を持つ。 にゃーこは喋れるが、にゃっ太は猫の鳴き声でしか喋れないという設定である。 しかし、唯一の例外として初登場回である『かぶとむしの巻』では、にゃっ太が普通に喋る姿が見られる。 ・のはエッセイ『インドぢる』において、このキャラクターの出生について言及している。 それによると、ねこぢるが暇を持てあまして画用紙に落書きをしていた時に、書いていたイラストが「にゃーこ」と「にゃっ太」の原型になっているとのこと。 また山野はにも通じるねこぢるの独特な絵柄について「初期のさんの、何も考えないで描く人間の顔なんかも、当の蛭子さんが無自覚な狂気みたいなものまで、見る者に伝えたりするのと似たようなもの」を感じていたと述べている。 作品中には猫の他にも動物の姿をしたキャラクターが多く登場するが話の舞台は人間世界であることが多く、現実社会におけるタブーや底辺社会を描写したブラックな作品も多い。 また作品中にはやといった違法な薬物もたびたび登場する。 山野によれば、漫画にどうしても反映せざるを得ない人や物を目撃する機会が多く、傍観するような視界の中にそういう人がよく登場するとインタビューで答えている。 また奇妙な人物との遭遇体験は『』などの創作漫画にも強く反映されている。 山野曰く、ねこぢるには「変な人に遭遇する不思議な力」があり、人混みで明らかに怪しい男が遠くから真っ直ぐねこぢるに向かって歩いてきて「おれ、頭ばかなんだ」と言ってねこぢるの腕に掴みかかったというエピソードも存在する。 『3』()に収録された「夢のメモ」からもわかるようにねこぢる自身の夢の中の体験を基にした奇想天外な内容の作品も多数存在する。 一方でねこぢるはエッセイ作品においても「 路上でうんこをしている人を見た」 「 深夜目覚めると知らないおばさんが笑って見下ろしていた」 「 逆L字形をした物体が光りながら移動していた」 といった不可思議な体験を数多く描き残しており、生前のインタビューでも「そういえば夢が外に出てきちゃった時がありました。 夜中に犬にかまれて手を振り払ったら、犬が布団の上にいて、すぐに泡のように消えていっちゃった」と述べたことがある。 これに関しては「 彼女は夢と現実があやふやに混じり合ったような、分裂的な思考回路を持っていた。 たぶん本人の目には見えているのだろう」と語っている。 漫画単行本 [ ] (ねこぢるy)による『おばけアパート前編』()以外の単行本は現在すべてである(ただし没後20年目の10月に全作品を収録した『ねこぢる大全』上下巻がの形で・・にて復刊された)。 また一部の作品はでされている。 「ねこぢる」名義 [ ]• (青林堂 1992~1995 全2巻/文藝春秋 1998~1999 全3巻)• ぢるぢる旅行記・総集編 (青林堂 2001)• (青林堂 2000-2002)全3巻• インドぢる (文春ネスコ 2003)• おばけアパート前編 (アトリエサード/書苑新社 2013) アニメーション [ ] ねこぢるの漫画は系の『』の1コーナーとしてに短編アニメ化されのちに『』というタイトルのビデオとDVDが発売された。 には『』(監督・)が製作されている。 これは『ねこぢる劇場』の続編ではなく全く無関係の作品である。 脚本・絵コンテ・演出・作画監督の4役にを迎え、ねこぢる本来の画風を生かしつつ、湯浅独自の世界観を融合させた幻想的な映像になっている。 同年のでは優秀賞を受賞した。 また『ねこぢる草』のタイトルでも発売されている。 山野一との創作上の関係 [ ] 夫妻と面識があったのは『』に寄稿したコラムの中で「は、ねこぢるのストーリー作り補助、ペン入れ下働き、貼り付け係、および渉外担当のような受け持ちをしてきたらしい。 ちょっとイライラする。 いったい、彼女は誰なのだろう」と述べており、二人の「極めて微妙」な関係性に困惑していたという。 山野一との相互影響 [ ] によると、ねこぢるの最初の漫画は、ねこぢるがチラシの裏や画用紙などに描いていた「奇妙なタコのようなネコの絵」をモチーフとして、ねこぢるの夢のメモをもとに山野がストーリーを書くことから始まった。 そのため初期のねこぢる作品である『』ではがとしてクレジットされている。 二人には「極めて微妙」な役割分担があり、外部の人間をアシスタントとして入れることが出来なかったため、がねこぢるの「 唯一の共同創作者」であった。 また作品中にもねこぢる作品から着想された物が多数登場する。 前半の山野作品である『』や『』にも、ねこぢる作品のキャラクターである「にゃーこ」や「にゃっ太」の絵が描かれている箇所が存在する。 二人の作品に共通して現れる物の例として、「はぐれ豚」または「一匹豚」と書かれた看板が飾られている装飾付きの大型トラックなどがある。 ねこぢるの漫画作品『』(/)では、ねこぢると「旦那」の二人によるやでの旅が描かれている。 また、ねこぢるが自身の私生活を題材とした作品『ぢるぢる日記』にも「マンガ家」である「旦那」が登場している。 なおの作品にも、ねこぢるが部分的に関与しており、山野が後半に『』(、掲載年月日不明)に発表した短編『』では冒頭のクレジットに「CHARACTER DESINE C. NAKAYAMA」というねこぢるの本名の記載がある。 また『』号掲載の短編『』には、ねこぢるの本名と同じ「チヨミ」という少女が登場しており、に山野が『』というに発表した短編『』でも「チヨミ」に似た少女が登場している。 いずれの作品も子供的狂気とをメイン・テーマにしており、ねこぢる作品に近接した世界観となっている。 上には上がいるもので、ここ数年はほとんどねこぢるのアシストに専念しておりました」と打ち明けている。 また彼女の創作的な感性と可能性について「ねこぢるは右脳型というか、完全に感性がまさった人で、もし彼女が一人で創作していたら、もっとずっとブッ飛んだトランシーな作品ができていたことでしょう」と評価している。 その後、山野はねこぢるの様式で描いた漫画作品を「 ねこぢるy」の名義で受け継ぎ、ねこぢるの創作様式を踏襲する一方で、コンピュータによる作画を全般的に採り入れた。 自殺 [ ] ねこぢるは生前より未遂経験があり、自殺の数年前に書かれたが存在する。 その遺書には「 生きていたことさえも忘れてほしい」 「 お墓はいらない」 「 死んだ動機については一切話さないこと」 と記されていたが、遺族の意向で墓が建てられている。 ただ、によれば墓石には名前が書かれておらず、がひとつ彫ってあるのみであるという。 夫のは自殺の真相について「故人の遺志により、その動機、いきさつについては一切お伝えすることができません。 James)の『SELECTED AMBIENT WORKS VOLUME II』で、本人の強い希望により、柩に納められたのは、彼女が持っていたAphex Twinのすべてのとでした」とコメントしている。 この某ミュージシャンとは、この数日前に他界したのギタリストである。 この事に関して山野は「(hideの曲に関して)彼女は多分一秒も聞いたことはない」と述べている。 評価・分析 [ ]• - にゃー子とにゃっ太の表情は微妙だ。 猫の口もとが「」なのも手伝ってはいるが。 そうか。 そうです、ぼくは『』の、この淡々としてキチガイなとこに感じちゃうんですよ。 でも姉弟仲いいよね。 - ゆかいにむじゃきに「ぶちゅう」と虫をふみしだいてゆく2匹の幼いねこ姉弟。 働くが黒こげの丸やきになって単々と死んでゆく、「ふーん」とみつめる2匹。 いやな感じ。 やだなぁ。 でも私はこの「やだなぁ」という感じは人間が生きてゆく上でとても大切なものだと思うし実は好きです。 - 幼児の持つ、な残酷性をこれほど直観的に描き出した作品はないだろう。 猫の姉弟の基本的に無表情なままの残酷行為は、われわれが子供のころ、親に怒られても叱られても、なぜかやめられなかった、小動物の虐待の記憶をまざまざとよみがえらせる。 そして、それを一種痛快な記憶としてよみがえらせている自分に気がついてハッとさせられるのである。 - 前後の懐かしい家や街、猫家族の世界を、突如、殺戮や狂気がスパッと切り裂く唐突さ。 物置の片隅にととが同居していた、子供の頃の記憶がリアルに蘇ってくる。 の無垢な残酷さにも通じるものだ。 - その目を初めて見たのは、彼女が暇を持てあまして書き殴っていた画用紙だ。 魅力は確かにあるのだが、その正体がよくわからない。 可愛いようで怖い。 単純なようでもあり計り知れなくもある。 原始人の、あの半ば記号化されたような動物や人、あるいはやといったシンボリックな図形。 そういった要素が、描いた本人も無自覚なうちに備わっているのではなかろうか。 - 最初はとにかく、ばっと飛ばして見てた。 『』に載ってても、真面目に見たことなかったんですよ。 あれはただの漫画とばかり思っていたもんですから。 見るとこんな残酷で。 よくあれが受け容れられたと思いますよ。 だから、不思議でたまらない。 - ねこぢるがあれほどのポピュラリティーを獲得できた理由も毒に満ち満ちた内容と、アンバランスな丸っこい描線の可愛らしい絵柄。 ミスマッチとも言えそうだが、甘ったるい絵柄が毒をくるむ糖衣となったおかげで、ほど良く辛みを効かせることになったのだ。 これがではそうはいかない。 透明な、抽象度の高い絵で生々しさを抜いたからこそ、女子供にも愛されるねこぢるケータイストラップが作られたわけである。 - ねこぢるの創作する世界では、凡百のにありがちな説教めいた教訓などなく、強い動物は弱い動物にどんな暴力を振るおうが、その死肉を食らおうがお構いなしだ。 ところが、その一方で、主人公たる猫一家は、奇妙なところは多々あるとはいえ、とりあえず仲むつまじい家族である。 いつも手をつないで歩く、強く怖い父、分別ある母。 こうした家族のあり方は、今の世にあっては、現実とは程遠いファンタジーと言えよう。 - ねこぢるは「おばさんになるぐらいなら死んだほうがいい」とよく話していた。 ひょっとしたら、生きることは、死ぬよりもつらいのではないか?と考えたこともある。 それでも生きていく中に、きっと、ささやかな喜びがある。 年を取ることを恐れないでほしいし、残された人のつらさも考えてほしい。 - 大抵、自殺は不幸なものだ。 だが、例外もある。 自殺した当人が類い稀なるキャラクターを持ち、その人らしい生き方の選択肢のひとつとして成り立つ事もタマにはあるかと思う。 ねこぢるの場合がそうだ。 死後、つくづく彼女は「大物」で、そして「本物」だったと実感する。 そのねこぢるが「この世はもう、この辺でいい」と決断してこうなった以上、これはもう認める他ないのである。 年々盛り上る、漫画家としての世間的な人気をよそに、本人は「つなみ」の様な世界で浮遊していたのではないか。 ねこぢるは今そこにいる。 名義での諸作品を制作する過程で山野さんは別世界にいる、ねこぢると交感し、精神の安定を得ていたのではなかろうか。 『』が真の評価を受けるのはまだ先の事だろう。 何故ならこの作品はどこかへ向かうためのっていうんですか、その途上にあるから。 が、いずれにせよ辿り着く先はひとつだろう。 - なぜ読者の方々は、ねこぢるの漫画に安堵感を覚えたのだろうか?…それは彼女の漫画がもつノスタルジックな雰囲気のせいかもしれない…。 道徳や良識や、学校教育による洗脳を受ける前の自分…。 社会化される過程で、未分化なまま深層意識の奥底に幽閉されてしまった自分…。 その無垢さの中には当然、暴力性や非合理性・本能的差別性も含まれる…。 人間のそういう性質が、この現代社会にそぐわないことはよく解る。 どんな人間であれ、その人の生まれた社会に順応することを強要され、またそうしないと生きてはいけない。 もって生まれた資質の一部を、押し殺さざるをえない個々の人間は、とても十全とはいえないし、幸福ともいえない…。 ねこぢるの漫画は、そういった問題を潜在的にかかえ、またそれを自覚していない若者達に、を与えていたのだと思う。 生前彼女はの行者レベルまでできる、類いまれな才能を持っておりました。 お葬式でお経を上げていただいたお坊さまにははなはだ失礼ですが、少なくとも彼の千倍はステージが高かったと思われるので大丈夫…。 今頃は俗世界も私のことも何もかも忘れ、と同一化してることでしょう。 展示 [ ] 個展 [ ]• 2010. 5-10. 9 「ねこぢるyの世界2010」渋谷ポスターハリスギャラリー• 2011. 4-3. 13 ねこぢるy個展「湾曲した記憶」渋谷ポスターハリスギャラリー• 2011. 17-9. 26 山野一とねこぢるy個展「失地への帰還」渋谷ポスターハリスギャラリー• 2013. 1-11. 2015. 20-9. 2016. 7-8. 30 ねこぢる・ねこぢるy・山野一作品展「ねこぢるのなつやすみ」不思議博物館分室サナトリウム 福岡天神• 2017. 19-2. 2018. 23-4. 2018. 5-8. 28 ねこぢる・ねこぢるy・山野一作品展「ねこぢるの国」不思議博物館分室サナトリウム 福岡天神 関連人物 [ ] 影響を受けた人物 [ ]。 ねこぢるの共同創作者としてやを担当。 また彼女のとして渉外担当の役回りも務めていた。 ねこぢるがにをしていた。 の伝説的な「」の主要メンバー。 の「」のリーダー。 ねこぢるは特に『』という作品を気に入っていた。 ねこぢるが最も傾倒していたミュージシャン。 に流した音楽もエイフェックス・ツインの『SELECTED AMBIENT WORKS VOLUME II』で、本人の強い希望により柩に納められたのは、彼女が持っていたエイフェックス・ツインのすべてのとだった。 家族・親族 [ ] 山野一 ねこぢるの夫。 ねこぢるの漫画作品『』では、ねこぢると「旦那」の二人によるやでの旅が描かれている。 また、ねこぢるが自身の私生活を題材とした作品『ぢるぢる日記』にも「マンガ家」である「旦那」が登場している。 ただれ彦 ねこぢるの弟で山野一の義弟。 「ただれ彦」は生前のねこぢるが即興で付けた綽名。 山野一の旅行記『インドぢる』では、ただれ彦との二人旅の様子が書かれている。 友人 [ ]。 夫妻ともに根本を尊敬しており 、特にねこぢるは根本作品を初単行本『花ひらく家族天国』()から愛読していたという。 また根本もねこぢるの「本物性」を彼女のデビュー前から感じていたらしく、自殺を受けて「」と題した追悼文を雑誌に寄稿した。 『』副編集長。 ねこぢるとはデビュー当初からプライベートで交友があり、夫妻とも非常に親密な関係があった。 著書に『』(/)がある。 巽早紀 元の編集者(当時の同僚にのがいる)。 ねこぢるとは夫のを通じて交友関係を持っていた。 編集者 [ ] 元『』担当編集者。 姉は漫画家の。 現・『』編集者。 元青林堂『ガロ』副編集長。 にで行われた追悼トークライブ「」に参加した。 加藤宏子 の担当編集者。 『PUTAO』に連載された『ぢるぢる見聞録』に担当のKさんとして登場する。 顔画工房 かつての「」に在籍していた縁で『』の編集を手伝う。 ちなみに『』第2巻収録のでは某出版社のバイト君として登場を果たしている。 現・社長(山野に付けられたあだ名は「泥棒社長」)。 に制作会社のを経営しており、当時青林堂の社長であったよりねこぢるの版権を譲り受け、ねこぢる作品の版やグッズの販売を行っていた。 ねこぢるの死後は青林堂の社長になり、故人の版権を数年間管理していたが、とは見解の相違により関係が悪化し絶縁状態となった(その後、『』のについて実際は販売元から支払われていたにも関わらず「 印税の支払いはない」という虚偽の報告を行い、山野に一銭たりとも支払わなかったことが判明する)。 また以降は漫画中心だったを中心の極右出版社に路線転換させたこともあり 、現在のについての弟子である・のは「 ガロの青林堂から社名買っただけの別会社」としている。 関連作品 [ ]• (青林堂)• (青林堂)• (青林堂)• (青林堂)• ねこぢる• (青林堂)• ねこぢる食堂()• ねこぢるだんご()• ねこぢるせんべい()• ねこぢるまんじゅう(文藝春秋)• デンキくん()• (青林堂)• インドぢる()• おばけアパート()• 自殺されちゃった僕() 参考文献 [ ]• 『』1992年6月号• 「 - 」• ねこぢるインタビュー「」• 『ガロ』1995年10月号 青林堂• 黒川創「 - (2019年2月28日アーカイブ分)」• 夫・漫画家 「 - (2019年2月28日アーカイブ分)」136-137頁• 『まんがアロハ! 山野一「 - (2019年2月28日アーカイブ分)」• 『』1998年7月号• 追悼特集「ねこぢるさん、さようなら」• 根本敬「」• 山野一「 - (2019年2月28日アーカイブ分)」• 『』第3号 1998年11月• 蘇るねこぢるワールド「ねこぢる担当者が語る ぢるぢる編集後記」(取材・構成/小野澄恵)• ねこぢる『ねこぢるだんご』 1997年(解説・)• ねこぢる『ぢるぢる日記』 1998年• ねこぢる『ねこぢるせんべい』 1998年• 『TALKING LOFT3世』VOL. 2 1999年11月• にで行われた、、、による追悼トークライブ「」を収録• 『消えたマンガ家 ダウナー系の巻』 2000年• 「ねこぢる曼荼羅を探して」(初出:太田出版刊『』Vol. 32)• 『』1996年4月22日号 朝日新聞社• 「ねこぢる『ねこぢるうどん』青林堂 担当編集者の高市真紀さん」• 『AERA』2001年11月19日号 朝日新聞社• 速水由紀子「」• 『自殺されちゃった僕』 2008年• ねこぢる『ねこぢる大全』文藝春秋 2008年• 『』1996年冬季号• ねこぢるインタビュー「」• 『文藝』2000年夏季号 河出書房新社(////他)• ねこぢるyインタビュー「」• 『インドぢる』 2003年• ねこぢる『ねこぢる大全 下』2008年• ねこぢる蒐集支援ホームページ『月に吠える』ねこぢる作品リスト-1990~2004-• 、、、、、、、、らによる論考• - 顔画工房のブログ 関連文献 [ ]• 『』1995年12月20日号• 『』第2巻 1996年4月発行 /• 『』1997年12月18日号• 「こだわりのコミック ネコの姉弟が考えた数々の遊びは現代の子どもを映しだす鏡である ねこぢる『ねこぢる食堂』白泉社」• 『』1998年1月号• 『』1998年1月号• 『』1998年5月28日号 p. 39「ドアノブで首吊り自殺した人気漫画家」• 『』1998年6月2日号 光文社 p. 47-48「忙しいOLのワイドショー講座 ねこぢるさん、hideと同じ方法で謎の自殺 熱狂的ファンにさよならも言わず」• 『』1998年6月5日号 p. 28「ねこぢるだけではない漫画家自殺 波南カンコ、山田花子も自殺したのは5月だった」• 『SPA! 』1998年6月10日号 扶桑社• 末広泰志「自殺したマンガ家の自分と現実を見つめる冷めた視線」• 『』1998年8月25日号 p. 275-276「98上半期事件簿 なぜ、そんなに死に急ぐのか?世紀末ニッポンに続出する『自殺』の裏側…。 hideの自殺、女子高生・少年の後追い自殺、ねこぢるの自殺」• 『』2000年6月号• ねこぢるyインタビュー「特集ねこぢる10周年」• 『ガロ』2001年1月号 青林堂• ねこぢるyインタビュー「特集ねこぢるy2001」• ねこぢる監督・インタビュー• 『ガロ』2001年6月号 青林堂• ねこぢるyインタビュー「特集ねこぢるy的アジアの旅」• 『』2004年4月号 新潮社 p. 106-114• 吉永嘉明「わが友ねこぢるの思い出と愛妻の自殺 人気漫画家の自殺から5年、わが妻も自ら命をたった。 痛恨の手記」• 『』2005年2月号 p. 34-37• 『』2006年1月号 p. 46-47• 吉永嘉明「親友のねこぢる・仕事仲間の青山正明・そして最愛の妻に自殺された 悲しみの最中に書き上げた『自殺されちゃった僕』。 『自殺されちゃった僕』のその後」• 『実話GON! ナックルズ』2006年5月号 ミリオン出版 p. 111• 『』2006年11月号 創出版 p. 138-143• 『』2012年12月号 サイゾー p. 42-43• またねこぢるは『』1996年冬季号のインタビューで改名の経緯について「最初『ねこぢるし』だったんですけど、自分も『ねこぢる』『ねこぢる』と言っているから、そのほうが覚えやすいし、言いやすいし、インパクトが残るかなと思って」と語っている。 また原作担当のも『文藝』2000年夏季号のインタビューで「はじめは『ねこぢるし』という名前でしたが『ねこぢる』のほうがいいと本人が言い出したのでそうしたと思います」と同様の証言をしている。 「ネパール編」はねこぢるの他界で未完となり、単行本化もされていなかったが、その後により刊行された「総集編」に収録された。 ねこぢるによるの宣伝キャラクター「デンキくん」はに公開された後、にも登場したが翌にねこぢるの自殺を受けて打ち切られた。 デンキくんはTVCM放送中銀座館で展示され、ねこぢるの自殺後も撤去されることなく展示されたが、TEPCO銀座館の大幅な改装リニューアル工事のためをもって展示終了となった。 本人の遺志で顔写真は原則非公開となっている。 なお、この作品は現在、ねこぢるyの公式サイト「ねこぢるライス」にて閲覧することができる。 ねこぢると親和性が高い本作はの作品展「」でも当時の原画が展示されている。 ねこぢるy()が2013年に発表した漫画単行本『おばけアパート前編』()では従来のアナログ作画を採用している。 ねこぢる『ねこぢるまんじゅう』(文藝春秋 1998年)112-113頁「あとがき」によると、書かれた遺書は2年前(1996年)のものとは述べている。 出典 [ ]• 32)• 2 1999年11月 ロフトブックス• 吉永嘉明『自殺されちゃった僕』(幻冬舎アウトロー文庫)第2章「ねこぢるの思い出」の中「ブーム到来」より。 『B級学マンガ編』(海拓舎)• ねこぢる『ねこぢる大全 下』(文藝春秋)寄稿・唐沢俊一「」369-370頁。 「警視庁町田署によると、ねこぢるさんの夫で漫画家の山野一(はじめ)さんが、今月10日午後3時18分、自宅マンションのトイレで首をつっているねこぢるさんを発見し、町田消防署に119番通報。 救急隊員が駆けつけたときには、既に死亡していた。 ねこぢるさんはトイレのドアノブにタオルのようなものを掛けて首をつっており、この日の午前中に亡くなったとみられている。 遺書はなく、自殺の理由は不明」『』1998年5月13日付記事より。 ねこぢる『ぢるぢる日記』(二見書房 1998年)114-115頁。 吉永嘉明『自殺されちゃった僕』(幻冬舎アウトロー文庫)第2章「ねこぢるの思い出」の中「嫌いなものは嫌い」より。 『』1992年6月号「ほっかほっか家族天国」(根本敬)より。 吉永嘉明『自殺されちゃった僕』(幻冬舎アウトロー文庫)第2章「ねこぢるの思い出」の中「殺すか、死ぬか」より。 このような作品の例として、『ねこぢるだんご』(1997年 朝日ソノラマ)に収録されている「かちく」などがある。 「3日起きてたり30時間寝てたり…世の中のリズムとはだいぶズレてしまった…ガラス窓の外はまるで異次元のよーだ…出勤途中のサラリーマン…あの人の目にはどんな風に映ってるのかなー…」ねこぢる『ねこ神さま』第2巻(文藝春秋)遺稿「ガラス窓」133頁。 青林堂『月刊漫画ガロ』1992年10月号「特殊漫画博覧会」の中「特殊漫画家の特殊な才能」より。 青林堂『月刊漫画ガロ』1994年2月号「混沌大陸パンゲア刊行記念 山野一インタビュー」249頁。 これに関してねこぢるも『月刊漫画ガロ』1992年6月号や『文藝』1996年冬季号のインタビューにて「変な人」に遭遇する機会が多いことを述べている。 ねこぢる『ぢるぢる日記』(二見書房 1998年)67-69頁。 ねこぢる『ねこぢる食堂』(1997年 白泉社)「ぢるぢる恐怖体験」72頁。 ねこぢる『ぢるぢる日記』(二見書房 1998年)51頁。 吉永嘉明『自殺されちゃった僕』(幻冬舎アウトロー文庫)第2章「ねこぢるの思い出」の中「コラボレーション」より。 吉永嘉明『自殺されちゃった僕』(幻冬舎アウトロー文庫)第2章「ねこぢるの思い出」の中「天然アシッド」より。 文化庁メディア芸術祭. 文化庁. 2016年7月30日閲覧。 「」青林堂『月刊漫画ガロ』1995年10月号 103頁。 山野作品での「はぐれ豚」の例は、山野一『』(青林堂 1989年)56頁参照。 ねこぢる作品での「はぐれ豚」の例は、ねこぢる『ねこぢるまんじゅう』(文藝春秋 1998年)25頁参照。 ねこぢる作品での「一匹豚」の例は、ねこぢる『ねこぢるうどん3』(文藝春秋 1999年)36-37頁参照。 ねこぢるy作品での「はぐれ豚」の例は、ねこぢるy『おばけアパート前編』(アトリエサード 2013年)107頁参照。 『』1998年7月号 195頁「漫画家・山野一さんからの緊急メッセージ」• 青林堂『月刊漫画ガロ』1992年6月号 31頁 「」• 青林堂『月刊漫画ガロ』1992年6月号 32頁 「」• 『』1995年4月臨時増刊号「総特集=悪趣味大全」• ねこぢる『ねこぢるだんご』(朝日ソノラマ 1997年)解説より。 斎藤利江子 2005年2月4日. ・朝刊: p. 文藝春秋『コミックビンゴ! 』1998年7月号 210頁• ねこぢる『ねこぢるせんべい』(集英社 1998年)136-137頁「夫・漫画家 山野一」による「あとがき」より。 特殊漫画家・根本敬の追悼コメント「」水道橋博士の悪童日記 1998年6月26日付• 2017年1月29日• ねこぢる『ねこ神さま』第2巻(文藝春秋)「ぢるぢる4コマ漫画」100-102頁。 YouTube• 林啓太 2015年1月10日. (朝刊、特報) : p. 2017年2月8日 外部リンク [ ]• 1yamano -• - (2000年10月18日アーカイブ分)• - Asahi-net この項目は、・に関連した です。

次の

こじるり「結婚してもらっていいですか」一般人へまさかの“プロポーズ”に反響

こじる り 結婚

概説 [ ] 「婚姻」と「結婚」 「婚姻」と「結婚」では、「婚姻」のほうが、学術的にも、法的にも、正式の用語として扱われている。 先述のように学術的には「婚姻」は配偶関係の締結のほか配偶関係の状態をも含めた概念として、「結婚」は配偶関係の締結を指し、用いられている。 や などの百科事典では「婚姻」を項目として立てている。 法概念としても「結婚」ではなく「婚姻」のほうが用いられている。 日本の民法上でも「婚姻」と表現されており()、講学上においても法概念としては「婚姻」が用いられる。 一方、日常用語としては「結婚」という表現が用いられる頻度が増えている。 では「婚姻」の定義として、「結婚すること」とした上で、「夫婦間の継続的な性的結合を基礎とした社会的経済的結合で、その間に生まれた子がとして認められる関係」としている。 「結婚」の文字は「婚姻」の文字とともに漢籍を由来とし、日本ではより用いられてきた。 しかし、当時はどちらかといえば「婚姻」の文字の方が使用例が多かった。 時代になり、この関係が逆転して「結婚」の二文字が多く使用されるようになった(出典:第二版)。 では「婚姻」である。 「婚姻」の範囲、多様な意味• 婚姻について説明するにあたって、まずその位置づけを広い視野で見てみると、の成人の性的関係というのはの発生以来の基礎的形態であり、それが成立するのに必ずしも規範やを必要としない。 だが、社会がその男女の結合関係の成立を許容し承認するのは、これが婚姻という形態をとることによるのである。 婚姻というのは社会的に承認された夫と妻の結合なのであるが、ところがこの《夫》や《妻》の資格や役割については、各社会・各時代において独自に意味づけがなされており、比較する社会によっては、互いに非常に異なった意味づけを行っているものがある。 よって上記の「社会的に承認された夫と妻の結合」という定義以上に細かい定義を盛り込むと、すぐにそうした定義文に当てはまらないような社会が見つかってしまう。 例えば仮に婚姻を「一対の男女の継続的な性的結合を基礎とした社会的経済的結合で、その間に生まれた子供が嫡出子として認められる関係」などと定義してしまうと、日本などではこれは当てはまるものの、他の地域・文化ではこれに当てはまらない事例が多数見つかってしまう。 例えば南インドのにおける妻訪形式の男女関係は、性的関係に留まるもので、男は「生みの親」()にはなるものの、居住・生産・消費・子の養育・しつけなどには一切関与せず、社会的・経済的なつながりを持たないのである。 ナヤール・カーストでは子はのの身分を得はするが、それ以上の社会的・経済的なつながりは一切なく、父親の葬儀にも参加しない。 また、たとえば北アメリカのでは、首長の特権は(息子ではなく)娘の夫(義理の息子)を通じてに伝えられる。 そして娘がない場合は、息子(男)が(娘の代わりに)他の男を「婿(むこ)」として迎え入れ、その結婚式は通常と全く同じ方式で行われ、その式を行ってはじめて婿は特権を譲り受けることができるのであり、つまりこの同性間の婚姻では、男女の性的な要素は全く含まれておらず、婚姻はあくまで地位や財産の継承の道筋をつけるために行われている。 このように、「婚姻」(や「結婚」)という用語・概念は、社会によって全く異なった意味を持ちうる。 個々人の婚姻状態の行政上の分類用語。 「未婚」「有配偶」「死別」「離別」。 「非婚」。 分類の困難。 日本ののにおいては、「有配偶」という用語を使い、「未婚」「有配偶」「死別」「離別」で、結婚に関連する状態を分類していることが多い。 以前は日本で、結婚していないことを「未婚」(みこん)、すでに結婚していることを「既婚」(きこん)と単純に分類しようとする者もいたが、実際には死別する人も多く、また特に離婚する人々の割合が増えているので、で「未婚」「既婚」から二者択一させるのは非常に無理があり、実態を把握できなくなる。 (なお「死別」とは、配偶者が死亡してしまった状態で、通俗的には「」と言う)。 さらに最近、日本では、本人の積極的な意思で結婚しないことを選択することを「非婚」と呼ぶ。 「未婚」と言うと、まるで本人は結婚を望んでいてその状態にたどりついていないかのような印象、誤解を生むが、結婚しないことを意識的に、意思を伴って選択していることを、はっき明示する表現である。 その後、という結婚と同棲の中間的な関係を保障する制度が実施。 近年では統計的には結婚制度を避けて、むしろPACS制度を選ぶ人々の割合が大きくなり、結婚制度を選択する人のほうがむしろ少数派(マイノリティ)になる。 昔の単純な分類には当てはまらない男女の方の割合が増え、分類はかなり複雑化している。 婚姻・結婚にまつわる日本語の表現 [ ] 両親に挨拶をする花嫁 ちぎり 婚姻を古くから「(夫婦の)」ともいう。 「入籍」 結婚することを、「籍を入れる」と言ったり、特にマスコミなどでは「入籍」と表現する場合があるが、この意味での「入籍」は、戸籍法上の「入籍」とは意味が異なる。 一般に言われる「籍を入れる」・「入籍」は、単に「婚姻届を提出することで、が同じ籍になる」という意味である(出典:広辞苑)。 これに対し戸籍法上の「入籍」とは、すでにある戸籍の一員になることである。 すでにある戸籍とは筆頭者が存在する戸籍であり、これに入るには筆頭者の配偶者になるか、子(養子含む)として戸籍に加えられるしかない。 結婚は、上では初婚の場合(分籍をしていなければ)、が受理されることにより、元々お互いが入っていた親の戸籍から離れて新しく戸籍が作られ、そこに2人が構成される。 そのためこのケースでは戸籍法上の「入籍」とは言わない。 ただし、離婚や分籍の前歴があれば当人が筆頭者であるため、その戸籍に配偶者を迎え入れればこれは戸籍法上の「入籍」と呼ぶこともできるが、一般的ではない。 なお、まれに「婚姻届」ということを、「入籍届」と表現されることがある。 入籍届は父母の離婚や養子縁組に際し子が別の(基本的には非筆頭者側の)戸籍に入るための届出書であり、婚姻届とは全くの別物である。 なお、近年では、女性の社会進出にともない、仕事上などの理由で改性できないなどの理由で、法的に「婚姻」の届は出さずを選択するカップルも増えている。 このほか、結婚の類義語として、一方の側に立った表現として「嫁入り」「輿入れ」「婿入り」などがある。 婚姻の形態 [ ] 婚姻の分類 [ ] 単婚と複婚 [ ] 一夫多妻制が完全に非合法化及び撤廃され、法的拘束力が十分 注釈: 1インド、シンガポール及びスリランカ: を除き、いかなる形態においても非合法である。 2エリトリア: 法律は一夫多妻婚を禁じているが、に基づく特定の国及び宗教はこれを認めている。 ムスリムは合法的にのみ一夫多妻の婚姻関係を結ぶことが可能である。 3モーリシャス: 一夫多妻ユニオンは合法的に承認されていない。 ムスリムの男性は妻の法的地位を享受していない女性と4人まで婚姻関係を結ぶことが可能である。 単婚制(、Monogamy) 一人の男性に対して、一人の女性という結婚形態。 近代国家の多くはこの婚姻制度のみを採用している。 近代以前はしばしば妻のみに義務を要求されたが、これは男性による女性の支配だとして多くの国で撤廃され、一部の国では男女に貞操義務が課された。 なお一夫一婦制の社会で、すでに配偶者がいるのに他の者とも結婚することをと呼ぶ。 複婚制 Polygamy• Polygyny 一人の男性が複数の女性と婚姻関係を持つ形態。 前近代においてはほぼすべての社会で実践されていた。 現在でも中東の社会などに認められる。 また、の徒も近年までは、一夫多妻制を採用していた。 ただしこの制度を採用している地域の男性住民のすべてが複数の妻を持っているわけではない。 イスラム教の一夫多妻制は、イスラーム教の公式見解に従えばによって男性がする可能性が高かったため、未亡人や遺児の生活を保障するために始められたとされる。 複数の妻が持てるのは経済的な余裕のある男性に限られる。 一夫多妻制は男性による女性支配の原因となっているとされているが、西ヨーロッパ・アメリカの知識人の中には自国の女性差別を隠蔽するためにこのことを取り上げるものもいるという批判もある。 Polyandry 一人の女性が複数の男性と婚姻関係を持つ形態。 現在この結婚制度を正式に法的に採用している国はないが、チベットなどで妻が複数の兄弟を夫とする慣習がある。 集団婚 集団婚は、複数の男性と複数の女性が婚姻関係を持つ形態。 が唱えられていた19世紀には、私有財産制度以前の原始社会で行われていたと考えられていたが、最近のや、の知見からは、その存在が否定ないし疑問視されている。 詳細は「」を参照 内婚と外婚 [ ] 同一の地域・氏族・民族の者の間でなされる結婚を内婚 Endogamy 、異なる地域・氏族・民族等の者の間でなされる結婚を外婚 Exogamy という。 ただし、近い血縁関係にある者同士が婚姻関係を結ぶ(、、、)については多くの社会で制限が存在する。 また、同じ姓の者同士が結婚するについては慣習的に嫌われる地域がある。 なお、夫の死後において夫の兄弟と婚姻関係を結ぶ制度は(順縁婚)、妻の死後において妻の姉妹と婚姻関係を結ぶ制度は(逆縁婚)と呼ばれる。 同類婚と異類婚 [ ] 職業・階層・教育・趣味などの点で同一ないし類似の社会文化的属性を有する者同士の結婚を同類婚 Homogamy 、異なる社会文化的属性を有する者同士の結婚を異類婚 Heterogamy という。 夫居制・妻居制・選択制・新居制 [ ] 社会学では結婚後の夫婦の居所により夫居制・妻居制・選択制・新居制という分類が用いられることがある。 男が女の元にあるいは女が男の元に通う形態は通い婚という。 特に夫が妻の元に通う場合は妻問婚(つまどいこん)とも言う。 に見られるように、かつての日本でも見られた形態である。 現在では 別居婚とも言われる。 (異性婚と)同性婚 [ ] 詳細は「」を参照 2006年7月29日、の権利の擁護と国際人権法確立を目的とした「」が採択され、性的指向を根拠にした差別の禁止などの観点から、同性結婚制度や登録パートナシップ制度が必要との記述が盛り込まれた。 フランスでは、2013年2月には下院で、4月12日には同国の上院で、同性婚解禁法案が賛成多数で可決された。 イギリスでは、2013年2月 庶民院(下院)で、7月15日 には貴族院(上院)で同性婚法案を賛成多数で可決し、2014年3月29日 イングランドとウェールズで同法律、が施行され、同年12月16日にはスコットランドで同性婚法案が施行された。 アメリカ合衆国では、2015年6月26日、最高裁判所が「法の下の平等」を定めた「アメリカ合衆国憲法修正第14条」を根拠に、アメリカ合衆国のすべての州での同性結婚を認める判決をだした。 婚姻の解消 [ ] 婚姻は生前に解消されることがあり、これを一般にという。 その扱いについては文化・制度ごとに異なっており、離婚が容易に認められる文化、原則的に認められない文化、一切認められていない文化などの違い、またどのような理由が認められるか、についても文化・制度ごとに異なる。 京都聖マリア教会での結婚の秘跡• では「」として扱われる。 結婚のとして認められるのは信徒同士の場合である。 非信徒と信徒 混宗結婚と異宗結婚 、教会によっては非信徒同士の結婚式も執り行う。 カトリック教会では、上の離婚者のを結婚と認めていない。 のは生涯である。 ただし、他教の既婚の司祭的役割の者が改宗した場合は、を求められることはない。 結婚禁止になったのは、の以降のことである。 は結婚できる。 ではも含めた聖職者も結婚および妻帯が可能であり、妻帯した主教も数多く存在する。 また正教会と違い、・司祭となった後でも結婚が可能である。 ではとして扱われる。 ではといい、機密である為、信徒同士でのみ行われる。 夫婦となる者のうち片方もしくは両方が未信徒である場合、を受けてから婚配機密を行う。 は独身を保つ。 の内、・は妻帯が可能であるが、輔祭になる前に結婚しなければならない。 また神品の再婚は認められない。 はから選ばれるため、主教は独身者である。 離婚は職を解かれるほどの重い罪であり、一般信徒も一定期間、停止などの措置が取られることになる。 しかし一般信徒の場合、配偶者の生存の如何には関係なく3回まで再婚が認められる場合もある(但し極めて稀)。 詳細は「」を参照• の中でもやでは、会衆(教会員・信者)の同意により、神の導きと見なし結婚が成立する。 プロテスタントの代表的なの一つであるは、配偶者に不倫があった場合にのみ、潔白な方に離婚を認めており、そのとき相手を死んだ者として扱う。 な教会では比較的離婚には、柔軟である(というより、人によって考え方がバラバラである)。 イスラム教 [ ] では婚姻は戒律により(商取引などと同様に) 人間同士のとして扱われており、キリスト教の結婚のように神に誓った物ではない。 イスラム教における結婚では夫婦ともにイスラム教徒であることを必須条件としている。 このため、夫婦のどちらかがイスラム教徒でない場合は結婚前に改宗することが求められる。 手続 結婚の手続き(儀式)は「ニカーフ」と呼ばれ、を知る者であれば誰でも執り行うことができ、また、当事者たちに都合の良い場所で行うことができる。 結婚には二人のムスリムの証人が必要であり、イスラーム法を知る人()が二人居ればよいとされている。 ただし、実際にはによる承認やによる証書の発行が必要となる。 また、「当事者たちの都合のよい場所で行うことができる」とされているが、通常は、において、そのモスクのが執り行う。 イスラーム教における結婚は、「1人の男と1人の女との間に結ばれる契約」であり、その結婚に対しては何らの法的制約もないので、花婿の同意および花嫁と彼女の保護者とのとが一番重要であると考えられている。 (通常、花嫁の自由意志による同意は、結婚の儀式の前に、直接あるいは間接的に得られている。 花婿側の自由意思による同意の表明は儀式中に行う。 ) 結婚の儀式が始まると、まずイマームによるを讃える定型的な説教がで行われ 、イスラーム教の結婚制度の尊厳、および妻や夫としてのやについて説明される。 イマームは、花嫁の保護者に対し、自分の娘(あるいは自分が後見人となっている娘)と花婿との結婚に同意するかどうか、公の場(=2人の正式な証人が同席し儀式が行われている、まさにこの場)で表明するように求める。 保護者が同意を表明すると、イマームは、次に、花婿に対し、名を呼びあげた花嫁との結婚に合意するかどうか表明するように求める。 Nikah(結婚の)に署名をするイスラームの花嫁。 (なお、もしも離婚することになった場合のについてもこの契約書に明記しておく。 ) そしてイマームの導く無言の祈りで式が完結し、が交わされる。 乾燥したの実(=)などのお菓子が参列者に振舞われる。 イスラーム内の宗派ごとの相違点 イスラム法における結婚は制度が複雑で部外者には理解しにくい一面もある。 やでは認められていない独自のムトア婚(一時婚)などの制度があり、宗派によって結婚の制度が異なる上にアラブ社会ではこれに部族習慣法が加わって極めて複雑な婚姻関係が形成されている。 年齢 では、ムハンマドの妻アーイシャが9歳でムハンマドと結婚しの性行為を行ったというに基づき、女性の結婚最低年齢は9歳である。 男性の結婚最低年齢は13歳程度である。 しかし中東のイスラム教国を除く多くのイスラーム諸国では 現在では [ ]15 - 18歳が結婚最低年齢である。 、、など、人間は生まれたときから結婚する権利があると認める国もあり、法制度上の下限がない国もある。 ただし結婚しても性行為は9歳になるまで不可としている。 結婚の不成立(無効) 非婚での性行為が戒律上、認められていないため、初婚のさいには、男性は、女性はであることを求められる。 そのため、初婚の際に女性が処女でなかった場合、そもそも契約条件を満たしておらず「結婚は無効」という解釈が成り立つ。 離婚 イスラム教では離婚を制限していない。 夫が「離婚」を意味する「タラーク」という言葉を、妻に対してはっきりと聞こえるように、ゆっくり大きな声で3回唱えることでその意志を表明すれば、それだけで離婚できる。 再婚 イスラム教では離婚を制限していないため、離婚・死別のどちらでも男女とも可能。 一夫多妻制 イスラム法における結婚ではが認められていることが特徴のひとつとして挙げられるが、経済的な事情もあり実際に複数の妻を持っている人物は少ない。 サウジアラビアの初代国王であるは国を平定するために100以上ある国内の主要部族の全てから妻をもらっているため百数十人の妻がいたといわれている。 このため初代国王の王妃が何人いたのか国王本人やサウジ王室自身も含めて把握できていないがイスラム社会における結婚の最多事例と言われている。 サウード王家は一夫多妻結婚を繰り返しているため、初代国王の子孫は鼠算式に増えて5で2万人以上にまで増えた。 他 イスラム教国では売春は重罪であるが、短期間での結婚と離婚を繰り返すことで、実態としては売春でありながらそれをあたかも売春ではないかのように装う「脱法行為()としての結婚」「結婚を装った売春」が行われていることもある。 ユダヤ教 [ ] では結婚は神聖な行為と考えられ、未婚の男性は一人前とみなされない。 「結婚は神が人間を誕生させて最初に行った行為であるから、必ず結婚すべきである」とされている。 今でも伝統を守る地域では男子は18歳になると結婚する。 恋愛は行うべきだが恋愛はあくまで一時的なもので、結婚とは結び付かないものだと教えられている。 結婚と法制度 [ ] 法学上、婚姻制度については人類の保族本能に基づき、これが習俗・宗教・法律といった社会規範によって規律されるものと説かれることが多い。 近代法における構成要素 [ ] 同性ユニオンが合法的に承認されていない リスト上方の色は下方の色に優位に立つ 未施行の法律を含む。 近代法における婚姻の構成要素として、社会的要素、自然的要素、意思的要素の3つが挙げられる。 社会的要素 婚姻の儀式などの要素がある。 結婚の際のについてはを参照。 自然的要素 婚姻は伝統的には男女間での成立するものと考えられてきたが 、一部の国または地域では男性同士や女性同士のも法的に認められている。 日本では同性間のは受理されない。 1998年に川崎の若宮八幡宮で神前結婚式が行われ反響を呼んだ。 意思的要素 婚姻は当事者間の合意すなわち契約により成立する。 婚姻の成立 [ ] 婚姻の成立の形態に関する法制度としては次のように分類される。 事実婚主義(事実婚・無式婚) 社会慣習上において婚姻と認められるような事実関係があれば法律上の婚姻と認める制度 法制上、一般に婚姻には公示機能として一定の手続(儀式等)を伴うのが通例とされ、1926年のソビエト・ロシア法など事実婚主義の採用は歴史的にみても極めて稀にしか存在しないとされる。 形式婚主義(形式婚・要式婚) 婚姻の成立には何らかの手続を要するとする制度• 法律婚主義(法律婚・民事婚) 婚姻の成立には法律上の所定の手続を要するとする制度(法律上の所定の手続が届出である場合を特に届出婚主義という)• 儀式婚主義(儀式婚)• 宗教的儀式婚(宗教婚) 婚姻の成立には一定の宗教上の儀式を要するとする制度• 習俗的儀式婚 婚姻の成立には一定の習俗上の手続を要するとする制度 なお、各国間では婚姻の成立方式が異なることから、の場合には当事者との関係でいずれの国の私法を適用すべきかという国際私法上の問題となる。 法定財産制 [ ] 婚姻後の財産の帰属・管理の形態に関する法制度は次のように分類される。 吸収制 配偶者の一方の財産が他方の財産に(この法制の多くは妻側の財産が夫側の財産に)吸収されるとする制度。 共有制(共通制・合有制) 夫婦が財産を共有する制度。 共有の具体的範囲は各法制ごとに異なる。 別産制 原則として各自が財産を所有し自己の名で得た財産はその者の固有財産となる制度。 この制度は歴史的には妻の財産を夫から解放する点に意義があったとされる。 複合財産制 上の財産制の要素を併用する制度。 日本では別産制を採用している。 米国では州によって異なり、たとえばカリフォルニア州では共有制を採用している。 結婚の歴史 [ ] 西欧における結婚史 [ ] の教会法はを承継して婚姻は契約によって成立するとしていたが(合意主義)、(秘蹟)の教義の下、西欧では結婚には男女が教会においてサクラメントを受けることを要するとする宗教婚主義が支配的となったとされる。 しかし、による婚姻還俗運動の下で法律婚主義が登場すると、絶対王政の台頭とカトリック教会の凋落の中で、秘蹟と契約の分離する民事婚思想が広まることとなり法律婚主義が次第に拡大していったとされる。 日本における結婚史 [ ] この節は特に記述がない限り、日本国内の法令について解説しています。 また最新の法令改正を反映していない場合があります。 ご自身が現実に遭遇した事件については法律関連の専門家にご相談ください。 もお読みください。 婚姻は終生にわたる共同での生活を目的とする典型的な身分行為であり、財産法上の契約関係のような特定の目的を達成する限度でのみ認められる結合とは異なる全人格的結合であるとされる。 そのため婚姻はに親しまない行為であり、また、やの親しまない行為とされる。 についてこの節では、条数のみ記載する。 婚姻の成立 [ ] 婚姻の成立要件 [ ] (民法)は、婚姻の成立に上の手続を要求する法律婚主義を採用している()。 実質的として 当事者の婚姻意思の合致及び 婚姻障害事由の不存在が必要とされる。 また、形式的要件として に基づく届出が必要とされる。 婚姻意思の合致 [ ] 婚姻には、まず実質的要件として婚姻意思の合致が必要である。 1項は「婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない」と規定する。 「婚姻意思」とは何かという点については、婚姻という身分行為に必要な届出をなす意思であるとする形式的意思説もあるが、通説は婚姻届出を出す意思を有するとともに社会通念に従って夫婦と認められる生活共同体を創設しようとする意思をいうとしている(実質的意思説、実体的意思説)。 婚姻意思が存在しない場合(婚姻意思の欠缺)の婚姻は無効である(1号)。 なお、成年被後見人が婚姻をするには、その成年後見人の同意を要しない()。 婚姻障害事由の不存在 [ ] 婚姻には民法に規定される婚姻障害事由(から)が存在しないことが必要である。 婚姻障害事由のうち、民法731条から736条までの規定に違反した婚姻は「不適法な婚姻」として、法定の手続に従ってうる()が、737条違反については誤って受理されると、もはや取り消し得ない(後述)。 婚姻適齢 日本における婚姻適齢は、は18歳以上、は16歳以上である()。 婚姻適齢に達しない場合は婚姻障害事由となり、により取り消しうる(不適齢者の取消しについてはに定めがある)。 ただし、実際には当事者が婚姻適齢に達しているか否かは、戸籍の記載から明らかであるので、誤って届出が受理された場合や戸籍上の生年月日が誤って記載されていた場合などに成立するにすぎない。 日本では婚姻適齢につき男女間で2歳の差があり、これは女性のほうが成熟が早く、統計的に平均初婚年齢が女性のほうが若い点などを考慮したものとされるが、これが現代においても合理的と評価できるかは疑問とされる。 婚姻適齢につき「民法の一部を改正する法律案要綱」(平成8年2月26日総会決定)では、男女ともに満18歳とすべきとしており、2009年7月の法制審議会の部会は、男女ともに18歳に統一すべきとの最終答申が報告された。 婚姻適齢に達したは婚姻できるが、未成年者の婚姻には父母の同意が必要である()。 未成年者は婚姻により私法上において成年者として扱われる()。 通説によれば、この成年擬制の効果は年齢20歳に達する前に婚姻を解消した場合であっても失われないとされているので、初婚の解消後にする場合には親の同意は必要とされない。 なお、未成年者の婚約については、未成年者(婚姻適正年齢外)であるからといって結婚をする約束(婚約)は無効にはならないという判例(大判大8・4・23民録25輯693頁)もあるため、高校生同士が結婚の約束をしていたことが証明されるに至った場合には、法的効力をもつ婚約となることがありうる。 (30年)、年齢を現行の20歳から18歳に引き下げる改正がで成立した。 この中には、 女性が結婚できる年齢を現行の16歳から18歳に引き上げる内容も盛り込まれ、男性と統一された。 これにより、(4年)から、日本では結婚できるのは「成人」のみとなり、親の同意は不要となる。 重婚の禁止 配偶者のある者は、重ねて婚姻をすることができない()。 一夫一婦制をとり多婚制を否認する趣旨である。 本条は実質上の一夫一婦制をも志向するものではあるが、732条の「配偶者」は法律上の配偶者を意味し内縁など事実上の婚姻を含まない。 重婚が生じる場合としては、• 誤って二重に届出が受理された場合• 後婚の成立後に前婚の離婚が無効あるいは取り消された場合• を受けた者の配偶者が再婚した後に失踪宣告が取り消された場合• あるいは戦死公報による婚姻解消ののち残存配偶者が再婚した後に前の配偶者が生還した場合• 失踪宣告を受けた者が実は生存していて他所で婚姻した後に失踪宣告が取り消された場合• 内地と外地とでそれぞれ婚姻した場合 があるとされる。 失踪宣告の取消しなどにおける善意再婚者(重婚の事実を知らなかった者)の保護については問題となる (失踪宣告の取消しの場合について多数説は民法32条1項準用により後婚の当事者が善意であれば前婚は復活せず重婚は生じないとする。 も参照)。 重婚を生じた場合、後婚については本条により取消原因となるほか、前婚については離婚原因(770条1項1号・5号など)となる。 なお、悪意(故意)による重婚は()を構成し処罰される(相婚者も同様に処罰される)。 女性は前婚の解消または取消しの日から100日を経過した後でなければ、再婚をすることができない(1項)。 この期間は期限、、寡居期間とも呼ばれる。 女性が再婚する場合において生まれた子の父性の推定が重複して前婚の子か後婚の子か不明になることを防ぐ趣旨である(最判平7・12・5判時1563号83頁)。 かつて、再婚期間は6か月とされていたが、「民法の一部を改正する法律案要綱」(平成8年2月26日法制審議会総会決定)では6か月から100日に短縮すべきとしていた。 (平成27年)12月16日最高裁判所大法廷判決は、同項が100日を超えて再婚禁止期間を定めていることについて憲法14条1項、24条2項に違反すると判示。 違憲判決を受けて離婚後100日を経過した女性については婚姻届を受理する法務省通知が出され、2016年6月1日に民法の一部を改正する法律案が国会で可決成立し条文上も100日となった。 本条の趣旨から、父性の推定の重複という問題を生じない場合には1項の適用は排除される。 女性が前婚の解消または取消しの後に出産した場合には1項の適用はなく、さらに2016年の改正により女性が前婚の解消または取消しの時に懐胎していなかった場合にも医師の証明書があれば再婚禁止期間中でも婚姻届は受理されることとなった(2項)。 再婚禁止期間については等による父子関係の証明方法もあることから、本条の合理性そのものを疑問視する733条廃止論もある。 ただし、772条をそのままにして本条を廃止すると父性推定が重複する場合には判決や審判によって父が確定されるまで法律上の父が未定という扱いになるとして、再婚禁止期間を廃止する場合には一定の立法上の措置が必要との論もある。 なお、2016年の民法改正においても改正法の施行から3年後をめどに制度の見直しを検討することが付則に盛り込まれている。 近親者間の婚姻の禁止 上また上・道義上の見地から一定の親族間での婚姻は認められない。 直系血族又は三親等内の傍系血族の間の婚姻の禁止 直系血族の間では婚姻をすることができない(本文)。 非嫡出子は父からのがない限り法律上の父子関係を生じないが、その関係上、父と未認知の娘との間の婚姻については、認知がない以上は法律上の親子関係にないため本条の適用余地はないとする説(法律的血縁説) と実質的な直系血族である以上は婚姻は認められないとする説(自然血縁説) が対立する。 なお、養子縁組前に養子が出生した子と養親とは親族関係にないため(判例として大判昭7・5・11民集11巻1062頁)、本条の適用はない。 三親等内の傍系血族の間についても婚姻をすることはできない(本文)。 ただし、養子と養方の傍系血族との間の婚姻は許される(但書)。 養子の実子と養親の実子の間の婚姻については学説に対立がある。 直系姻族間の婚姻の禁止 直系姻族の間では婚姻をすることができない(前段)。 728条又は817条の9による直系姻族関係終了後も同様とされる(後段)。 養親子等の間の婚姻の禁止 養子若しくはその配偶者又は養子の直系卑属若しくはその配偶者と養親又はその直系尊属との間では、729条の規定により親族関係が終了した後でも、婚姻をすることができない()。 養子またはその縁組後に出生した直系卑属と養親またはその直系尊属の配偶者との間(婚姻していた当事者にあっては婚姻が解消されている場合に限る)においては離縁後においても婚姻が禁止されるか否かについて学説には対立があるが、実務は婚姻障害にあたらないとする(昭28・12・25民事甲2461号回答)。 未成年者の婚姻についての父母の同意 未成年の子が婚姻をするには、父母の同意を得なければならない(1項)。 父母の一方が同意しないとき、父母の一方が知れないとき、死亡したとき、又はその意思を表示することができないときは他の一方の同意だけで足りる(2項)。 親権を辞任・喪失している父母の同意権については学説に対立があるが、父母の同意は親権と無関係であるとして実務は同意権を有するものとしている(昭33・7・7民事甲1361号回答、昭24・11・11民事甲2631号回答)。 また、実父母と養父母とがいる場合に実父母の同意が必要か不要かをめぐっても学説に対立があるが、実務は養父母のみを同意権者とする(昭24・11・11民事甲2641号回答)。 父母の同意がない場合には婚姻障害事由に該当することとなり婚姻届は受理されないが、婚姻障害事由のうち本条違反は取消原因として挙げられていないため()、誤って受理されるともはや取り消し得ず有効な婚姻となる(通説・判例)。 したがって、この父母の同意は厳密には婚姻成立要件ではなく届出受理要件ということになる(最判昭30・4・5裁判集民18巻61頁)。 本条については解釈上の問題点も多く、立法論としては法定代理人の同意とすべきとの案、同意に代わる家庭裁判所の審判も認めるべきとの案、本条そのものについて削除すべきとする案などがある。 戸籍法に基づく届出 [ ] 婚姻には形式的要件としてに基づく届出()が必要である(2項)。 これは婚姻の効力を第三者にも及ぼすためである。 この届出については当事者間の合意で婚姻は成立しておりその効力発生要件にすぎないとする説と届出がない以上は婚姻は成立しないのであるから婚姻の成立要件であるとする説(通説)などがある。 婚姻届は当事者の本籍地又は届出人の所在地でこれをしなければならない(戸籍法25条1項)。 婚姻の届出は731条から737条まで及び739条2項の規定その他の法令の規定に違反しないことを認めた後でなければ受理することができない()。 なお、外国に在る日本人間で婚姻をしようとするときは、その国に駐在する日本の、又はにその届出をすることができる(前段)。 婚姻は戸籍事務の担当者が届出を受理した時点で成立する(大判昭16・7・29民集20巻1019頁)。 婚姻の届出をしない場合には婚姻届出の欠缺(けんけつ)として婚姻は無効である(2号本文)。 ただし、その届出が2項に定める方式を欠くだけであるときは、婚姻はそのためにその効力を妨げられない(2号但書)。 2004年7月16日に「」が施行、これにともない戸籍法も一部改正した。 特例法の定める要件を満たす者は家庭裁判所で性別の変更の審判を請求することができ、戸籍上の性別の変更が可能となった。 戸籍上の性別にしたがい、その男女の婚姻届は受理される。 婚姻の無効と取消し [ ] 婚姻の無効 [ ] 婚姻意思の欠缺や婚姻届出の欠缺は婚姻の無効原因であり、また、婚姻の無効原因はこの二つに限られる()。 詳細は「」を参照 婚姻の効力 [ ] 夫婦同氏の規定 [ ] 夫婦は、婚姻の際に定めるところに従い、夫又は妻の氏を称する()。 婚姻後に夫婦が称する氏については、届書に記載して届け出なければならない(戸籍法74条1号)。 偶然にも同一の氏である場合にも同様である(の場合に法的な意味を有することになる)。 当事者の婚姻前の氏とは関係のない第三者の氏とすることは許されない。 なお、明治民法が制定されるまでは妻は生家の姓を用いること()とされていた(明治9年3月17日太政官指令15号。 夫婦の氏につき「民法の一部を改正する法律案要綱」(平成8年2月26日法制審議会総会決定)では、夫婦は婚姻の際に定めるところに従い夫もしくは妻の氏を称しまたは各自の婚姻前の氏を称するものとし、夫婦が各自婚姻前の氏を称する旨の定めをするときは夫婦は婚姻の際に夫または妻の氏を子が称する氏として定めなければならないものとしており、選択的制度の導入、導入する場合の子の氏等についての議論がなされている。 2015年 平成27年)12月16日最高裁大法廷判決は、婚姻に際し夫婦同氏のみを認める民法750条の規定について憲法13条、14条1項、24条に違反しないと判示している。 なお、日本の戸籍実務においては日本人が外国人と結婚する場合については夫婦同氏の規定の適用はないとしている(昭和20年4月30日民事甲899号回答、昭和42年3月27日民事甲365号回答)。 この点に関して戸籍法は外国人と婚姻をした者がその氏を配偶者の称している氏に変更しようとするときは、その者は、その婚姻の日から6か月以内に限り、家庭裁判所の許可を得ないで、その旨を届け出ることができるとしている(戸籍法第107条第2項)。 同居・協力・扶助義務 [ ] 夫婦は同居し、互いに協力し扶助しなければならない()。 これは婚姻の本質的義務で身分的効果の中核をなすとされる。 正当な理由なく同居しない配偶者に対して他方の配偶者は同居するよう請求しうる。 ただし、同居の審判があっても本人の意思に反する強制履行はできないとされている(通説・判例。 判例として大決昭5・9・30民集9巻926頁)。 また、婚姻関係が完全に破綻している場合には同居の請求は認められない(大阪高判昭35・1・14家月12巻4号95頁)。 正当な理由のない同居・協力・扶助義務の不履行は「悪意の遺棄」として離婚原因となる(1項2号)。 病気による入院、出稼ぎや単身赴任、家庭内暴力など同居が困難な事情があると認められる場合には同居義務違反とはならず、やむをえず別居している配偶者に対して同居請求権を行使することは権利の濫用にほかならない(通説)。 貞操義務 [ ] 夫婦は貞操義務(守操義務)を負う(通説・判例。 大決大15・7・20刑集5巻318頁)。 民法上には直接的な明文の規定はないが、婚姻の本質からみて当然の義務であると解されており、は離婚原因となる(1項1号)。 夫婦間の不法行為責任 他方配偶者は(損害賠償責任)を追及しうる(通説・判例。 大決大15・7・20刑集5巻318頁)。 第三者の不法行為責任 相手方たる第三者は共同不法行為者となり(大刑判昭2・5・17新聞2692号6頁)、その第三者に故意・過失がある限り、他方配偶者はその第三者に対しても慰謝料請求しうる(通説・判例。 大刑判明36・10・1刑録9輯1425頁、最判昭54・3・30民集33巻2号303頁)。 ただし、判例は夫婦関係がすでに破綻していた場合の第三者の不法行為責任を否定する(最判平8・3・26民集50巻4号993頁)。 なお、夫婦間の未成年の子からの第三者への損害賠償請求は否定される(最判昭54・3・30民集33巻2号303頁)。 婚姻による成年擬制 [ ] 未成年者が婚姻をしたときは、これによって成年に達したものとみなされる()。 やにも同旨の規定があり、これらの規定は婚姻した未成年者が親権や後見に服するとすることは夫婦生活を阻害し法的関係に混乱を来すなど弊害を生じるためとされる。 成年擬制の効果は原則として私法領域に限られ、それ以外の法分野における成年擬制の効果は各法の趣旨によって定められるが、少年法・・・など公法領域については原則として成年擬制の効果は及ばないとされる。 通説によれば未成年者が離婚した場合にも成年擬制の効果は失われずに復帰するわけではない(成年擬制存続説)。 婚姻の取消しの場合にも不適齢婚による場合を除いて制限行為能力者には復帰しない(通説・実務)。 夫婦契約取消権 [ ] 夫婦間でしたは、婚姻中、いつでも、夫婦の一方からこれを取り消すことができる。 ただし、第三者の権利を害することはできない()。 夫婦関係が実質的に破綻している場合には、形式的には婚姻関係にあっても本条にいう「婚姻中」とはいえず夫婦契約取消権を行使することはできない(最判昭33・3・6民集12巻3号414頁、最判昭42・2・2民集21巻1号88頁)。 本条の妥当性については疑問視する見解が多い。 そもそも本条は沿革的にはローマ法に由来するもので夫から妻への家産の流失を防ぐといった趣旨があったとされるが、このような立法理由は今日では妥当でない。 また、契約取消権の濫用が問題化したこともあって判例はその行使を厳しく制限しており契約取消権は実質的な意義を失っているとされる。 このようなことから「民法の一部を改正する法律案要綱」(平成8年2月26日法制審議会総会決定)では民法754条の規定は削除すべきとしており現在議論がなされている。 夫婦財産制 [ ] 婚姻によって夫婦間に生じる財産関係すなわち夫婦間の費用の負担、財産の帰属、管理収益権などを規律する制度。 日本の民法は以下により、まず、婚姻の届出前に契約によって定めることを認め(契約財産制)、契約がない場合に法定財産制に従うものとしている()。 契約財産制 [ ] 契約財産制とは夫婦財産契約に基づく財産関係である。 夫婦財産契約は単なる夫婦間の契約ではなく登記によって第三者への対抗力を有する法律関係を生じる。 夫婦財産契約とは夫婦が婚姻の届出前にその財産関係についてなす契約であり、夫婦財産契約を定めた場合には法定財産制の適用はない(の)。 ただし、日本ではこのような慣習がなく民法の定める制度も厳格なこともあって夫婦財産契約が締結される例は極めて少ないとされ、ほとんどの夫婦財産制は法定財産制によっている。 夫婦が法定財産制と異なる契約をしたときは、婚姻の届出までにその登記をしなければ、これを夫婦の承継人及び第三者に対抗することができない()。 夫婦の財産関係は、婚姻の届出後は、変更することができない(1項)。 夫婦の一方が、他の一方の財産を管理する場合において、管理が失当であったことによってその財産を危うくしたときは、他の一方は、自らその管理をすることを家庭裁判所に請求することができる(2項)。 共有財産については、前項の請求とともに、その分割を請求することができる(3項)。 家庭裁判所の審判又は契約中に予め定められた規定により、財産の管理者を変更し、又は共有財産の分割をしたときは、その登記をしなければ、これを夫婦の承継人及び第三者に対抗することができない()。 法定財産制 [ ]• 婚姻費用の分担 夫婦は、その資産、収入その他一切の事情を考慮して、婚姻から生ずる費用を分担する()。 日常の家事に関する債務の連帯責任 夫婦の一方が日常の家事に関して第三者と法律行為をしたときは、他の一方は、これによって生じた債務について、連帯してその責任を負う(本文)。 ただし、第三者に対し責任を負わない旨を予告した場合は責任を免れる(但書)。 日常家事とは、夫婦の共同生活体を維持するために必要な費用を言い、たとえば、や家賃、納税資金調達行為等が該当するが、具体的には、夫婦の収入、資産、職業等によって判断される。 不動産など、夫婦の一方の固有財産を売却する行為は日常家事に該当しない 最高裁判決昭和43年7月19日。 日常家事につきの規定 は直接適用されないが、相手方が、その夫婦にとって日常家事の範囲内の行為であると信じるにつき正当な理由があった場合には、110条の類推により、相手方は保護される 最高裁判決昭和44年12月18日。 夫婦間における財産の帰属 夫婦の財産については共有とする共有制、各自の所有とする別産制などがある。 日本の民法は夫婦の一方が婚姻前から有する財産及び婚姻中自己の名で得た財産は、その特有財産(夫婦の一方が単独で有する財産)とするとして別産制を採用する(1項)。 夫婦のいずれに属するか明らかでない財産は、その共有に属するものと推定される(2項)。 別産制はに違反しない(最大判昭36・9・6民集15巻8号2047頁)。 ただし、別産制をとるときには、夫婦の一方が他方の事業に協力している場合、夫婦の一方が内にあって家事にあたる場合、夫婦間の収入に格差がある場合などに不平等な結果を生じることとなるが、民法は婚姻継続中は家庭内の自律に任せ、婚姻解消時、具体的には相続においては配偶者相続権や、離婚においてはなどの制度によって清算することとしている。 婚姻の解消 [ ] 法律上、婚姻関係は夫婦の一方が死亡した場合(夫婦の一方がを受けた場合を含む)及びが成立した場合に解消される。 日本の明治民法下での結婚 [ ] 婚姻の成立要件は、• 男は満17年、女は満15年に達したこと、• 現に配偶者をもっていないこと、• 女は前婚の解消または取消の日から6か月を経過したこと、• によって離婚または刑の宣告を受けたものは相姦者と婚姻ができないこと、• 直系血族間、三親等内の傍系血族相互間の婚姻でないこと、• 男が満30年、女が満25年に達しない間は家に在る父母の同意を得ること、• 家族は戸主の同意を得ること、• 市町村長に届出をおこなうこと、 などである。 市町村長に届出をおこなうことという要件を欠くときは婚姻は無効であるが、その他の要件を欠くときは取り消し得べきものとなって、法律所定の者が裁判所に取消の訴を提起することができる(改正前民法780条)。 婚姻の取消はただ将来にむかって婚姻を消滅させるのみで、その効力は過去に遡らないから、婚姻が取り消されてもすでに夫婦の間に生まれた子があれば、依然として嫡出子である。 婚姻の効力は、• 夫婦間に配偶者としての親族関係を生じること、• 夫婦は互いに同居の義務および扶養の義務をもつこと、• 夫(入夫婚姻であれば女戸主)は婚姻中の費用および子女の養育費を負担する義務をもつこと、• 配偶者の財産を使用収益する権利をもつこと、• 夫は妻の財産を管理すること、• 妻が重要な法律行為をするには夫の許可を得なければならないこと、• 日常の家事については妻は夫の代理人とみなされること、 などである。 一夫一婦の共諾婚が定められ、かつ婚姻は市町村長に届出ることによって効力を生じるとして、厳格な法律婚主義が採用された。 なお、夫婦同氏の原則が定められたのは(明治31年)の明治民法制定以降である。 それ以前は、「婦女は結婚してもなお所生の氏(婚姻前の氏)を用いること」、すなわちが原則であった。 国際私法における結婚(国際結婚) [ ] 、本国人と外国人との間の結婚等の国際結婚については、どこの国の法を適用すべきかという準拠法の問題を生じる。 日本ではに定めがある。 婚姻の成立及び方式 [ ] 日本の法の適用に関する通則法によれば、婚姻の成立は各当事者の本国法による(法の適用に関する通則法24条1項)。 また、婚姻の方式は婚姻挙行地の法によるが(法の適用に関する通則法24条2項)、当事者の一方の本国法に適合する方式でも有効とされる(法の適用に関する通則法24条3項本文)。 ただし、日本において婚姻が挙行された場合において、当事者の一方が日本人であるときは、日本法によることを要する(法の適用に関する通則法24条3項但書)。 婚姻の効力 [ ] 日本の法の適用に関する通則法によれば、婚姻の効力は、夫婦の本国法が同一であるときはその法により、その法がない場合において夫婦の常居所地法が同一であるときはその法により、そのいずれの法もないときは夫婦に最も密接な関係がある地の法によるとされる(法の適用に関する通則法25条)。 夫婦財産制 [ ] 日本の法の適用に関する通則法によれば、夫婦財産制についても原則として婚姻の効力の場合と同様の扱いとされる(法の適用に関する通則法26条1項・25条)。 ただし、夫婦が署名した書面で日付を記載したものにより、次に掲げる法のうちいずれの法によるべきかを定めたときは、夫婦財産制はその法による(法の適用に関する通則法26条2項前段)。 夫婦の一方が国籍を有する国の法• 夫婦の一方の常居所地法• 不動産に関する夫婦財産制については、その不動産の所在地法 この場合において、その定めは将来効のみ認められる(法の適用に関する通則法26条2項後段)。 外国法を適用すべき夫婦財産制にあっては、日本においてされた法律行為及び日本に在る財産については、善意の第三者に対抗することができない(法の適用に関する通則法26条3項前段)。 この場合において、その第三者との間の関係については、夫婦財産制は日本法の規定による(法の適用に関する通則法26条3項後段)。 ただし、外国法に基づいてされた夫婦財産契約であっても、日本においてこれを登記したときは、第三者に対抗することができる(法の適用に関する通則法26条4項)。 日本における結婚の状況 [ ] 種類• 恋愛的な出来事• 気持ちと感情• ()(• 男女ともに全ての結婚の平均年齢も最初の結婚の平均年齢も上昇中である 下記の表を参照。 日本の全ての結婚の平均年齢と最初の結婚の平均年齢の変化 [ ] 全ての結婚の平均年齢と最初の結婚の平均年齢と夫婦の年齢差の変化 年度 全ての結婚の平均年齢(歳) 最初の結婚の平均年齢(歳) 男性 女性 夫婦の年齢差 男性 女性 夫婦の年齢差 (33年) 27. 7 23. 1 夫が4. 6歳上 - - - (43年) 28. 7 24. 0 夫が4. 7歳上 27. 0 23. 0 夫が4. 0歳上 (9年) 29. 2 24. 2 夫が5. 0歳上 27. 4 23. 2 夫が4. 2歳上 (5年) 28. 9 24. 2 夫が4. 8歳上 27. 3 23. 2 夫が4. 1歳上 (15年) 30. 0 24. 9 夫が5. 1歳上 29. 0 24. 6 夫が4. 4歳上 (25年) - - - 25. 9 23. 0 夫が2. 9歳上 (昭和35年) 28. 1 24. 8 夫が3. 3歳上 27. 2 24. 4 夫が2. 8歳上 (昭和45年) 27. 6 24. 6 夫が3. 0歳上 26. 9 24. 2 夫が2. 7歳上 (昭和50年) 27. 8 25. 2 夫が2. 6歳上 27. 0 24. 7 夫が2. 3歳上 (昭和55年) 28. 7 25. 9 夫が2. 8歳上 27. 8 25. 2 夫が2. 6歳上 (昭和60年) 29. 3 26. 4 夫が2. 9歳上 28. 2 25. 5 夫が2. 7歳上 (2年) 29. 7 26. 9 夫が2. 8歳上 28. 4 25. 9 夫が2. 5歳上 (平成7年) 29. 8 27. 3 夫が2. 5歳上 28. 5 26. 3 夫が2. 2歳上 (平成12年) 30. 4 28. 2 夫が2. 2歳上 28. 8 27. 0 夫が1. 8歳上 (平成17年) 31. 7 29. 4 夫が2. 3歳上 29. 8 28. 0 夫が1. 8歳上 (平成22年) 32. 5 30. 3 夫が2. 2歳上 30. 5 28. 8 夫が1. 7歳上 (平成27年) 33. 3 31. 1 夫が2. 2歳上 31. 1 29. 4 夫が1. 7歳上 日本の出生年代コーホート別と年齢層コーホート別の未婚率・有配偶率・初婚率の変化 [ ] が管轄するのデータに基づいて、国勢調査年の1950年時~2015年時を、20~24歳、25~29歳、30~34歳、35~39歳、40~44歳、45~49歳、50~54歳、55~59歳、60~64歳、65歳~69歳の年齢層別に、人口、未婚者、有配偶者、死別者、離別者、未婚率、有配偶率、死別率、離別率、初婚率を表形式で表記する。 厚生労働省が生涯未婚率を計算する基準年齢が50歳時点の未婚率(正確には45歳~49歳の未婚率と50歳~54歳の未婚率の平均値)であるが 、1950年度~2015年度の国勢調査の配偶関係統計では、50歳以後の初婚があるので、50~54歳、55~59歳、60~64歳、65歳~69歳の年齢層も含めて表記する。 20~24歳、25~29歳、30~34歳、35~39歳、40~44歳、45~49歳、50~54歳、55~59歳、60~44歳になった時以後の初婚率 % の計算式は、下記のとおりである。 1921年~1925年の出生者の年齢層別の人口、未婚者数・率、有配偶数・率、死別者数・率、離別者数・率、各年齢層から65歳~69歳までの初婚率の変化 1920年~1925年の出生 男性 女性 年度 年齢層 人口 未婚者数 有配偶者数 死別者数 離別者数 未婚率 有配偶率 死別率 離別率 初婚率 人口 未婚者数 有配偶者数 死別者数 離別者数 未婚率 有配偶率 死別率 離別率 初婚率 1950年 25~29歳 2,847,626 977,804 1,825,795 9,151 34,311 34. 3 64. 1 0. 3 1. 2 95. 91 3,397,997 515,973 2,686,451 92,410 102,873 15. 2 79. 1 2. 7 3. 0 77. 48 1955年 30~34歳 2,817,154 256,015 2,509,330 10,470 40,982 9. 1 89. 1 0. 4 1. 5 84. 56 3,345,468 264,263 2,850,731 111,929 118,394 7. 9 85. 2 3. 3 3. 5 56. 70 1960年 35~39歳 2,782,870 101,484 2,628,743 13,067 38,874 3. 6 94. 5 0. 5 1. 4 61. 53 3,300,265 179,834 2,833,054 152,121 134,665 5. 5 85. 9 4. 6 4. 1 37. 24 1965年 40~44歳 2,748,642 66,924 2,627,124 17,920 35,530 2. 4 95. 6 0. 7 1. 3 42. 39 3,256,379 152,073 2,761,335 209,349 131,983 4. 7 84. 8 6. 4 4. 1 26. 79 1970年 45~49歳 2,696,819 51,755 2,577,705 28,213 38,912 1. 9 95. 6 1. 0 1. 4 26. 89 3,222,878 128,021 2,662,070 294,028 138,656 4. 0 82. 6 9. 1 4. 3 13. 89 1975年 50~54歳 2,616,771 45,884 2,481,878 46,847 41,625 1. 8 94. 9 1. 8 1. 6 19. 99 3,164,934 119,229 2,510,260 405,587 128,775 3. 8 79. 3 12. 8 4. 1 9. 24 1980年 55~59歳 2,511,379 38,890 2,356,314 69,718 43,315 1. 6 93. 9 2. 8 1. 7 9. 50 3,102,126 109,344 2,324,015 531,242 129,151 3. 5 75. 1 17. 2 4. 2 3. 22 1985年 60~64歳 2,379,902 36,940 2,194,436 101,957 44,841 1. 6 92. 3 4. 3 1. 9 9. 66 3,025,636 106,280 2,076,602 713,048 126,264 3. 5 68. 7 23. 6 4. 2 2. 74 1990年 65~69歳 2,194,783 30,712 1,979,671 138,976 39,296 1. 4 90. 5 6. 3 1. 8 - 2,908,793 98,806 1,775,261 900,757 113,871 3. 4 61. 5 31. 2 3. 9 - 説明• 人口、未婚者、有配偶者、死別者、離別者の単位は人、未婚率、有配偶率、死別率、離別率、初婚率の単位は%である。 初婚率 % は25~29歳、30~34歳、35~39歳、40~44歳、45~49歳、50~54歳歳、55~59歳、60~44歳の時から、65歳~69歳までの初婚率 % である。 1940年 20~24歳時 の年齢層別婚姻統計は国勢調査データに記載されていない、1945年 20~24歳時 は第二次世界大戦の終結直後の混乱期で国勢調査は実施していない。 1926年~1930年の出生者の年齢層別の人口、未婚者数・率、有配偶数・率、死別者数・率、離別者数・率、各年齢層から65歳~69歳までの初婚率の変化 1926年~1930年の出生 男性 女性 年度 年齢層 人口 未婚者数 有配偶者数 死別者数 離別者数 未婚率 有配偶率 死別率 離別率 初婚率 人口 未婚者数 有配偶者数 死別者数 離別者数 未婚率 有配偶率 死別率 離別率 初婚率 1950年 20~24歳 3,871,378 3,201,072 647,872 3,530 17,852 82. 7 16. 7 0. 1 0. 5 97. 70 3,932,345 2,169,605 1,682,937 15,655 63,980 55. 2 42. 8 0. 4 1. 6 92. 38 1955年 25~29歳 3,802,724 1,558,614 2,199,649 6,078 38,034 41. 0 57. 8 0. 2 1. 0 95. 36 3,860,355 793,434 2,941,188 29,704 95,868 20. 6 76. 2 0. 8 2. 5 79. 55 1960年 30~34歳 3,774,040 374,583 3,346,625 9,545 42,367 9. 9 88. 7 0. 3 1. 1 80. 85 3,801,653 356,380 3,269,183 56,197 119,211 9. 4 86. 0 1. 5 3. 1 55. 18 1965年 35~39歳 3,773,472 157,334 3,563,463 12,408 38,663 4. 2 94. 5 0. 3 1. 0 54. 43 3,780,525 255,234 3,306,613 94,378 122,424 6. 8 87. 5 2. 5 3. 2 37. 78 1970年 40~44歳 3,690,875 104,134 3,518,140 20,365 47,808 2. 8 95. 3 0. 6 1. 3 32. 63 3,702,753 196,180 3,217,364 149,983 139,079 5. 3 86. 9 4. 1 3. 8 20. 68 1975年 45~49歳 3,656,501 90,717 3,471,612 36,830 56,755 2. 5 95. 0 1. 0 1. 6 23. 39 3,704,909 180,448 3,150,613 231,980 141,072 4. 9 85. 1 6. 3 3. 8 13. 73 1980年 50~54歳 3,546,963 74,497 3,343,680 58,153 66,401 2. 1 94. 4 1. 6 1. 9 9. 60 3,653,059 162,076 3,007,949 327,754 149,438 4. 4 82. 5 9. 0 4. 1 5. 43 1985年 55~59歳 3,409,374 72,201 3,170,097 89,382 75,128 2. 1 93. 1 2. 6 2. 2 10. 31 3,590,371 157,120 2,805,043 468,795 156,301 4. 4 78. 2 13. 1 4. 4 4. 05 1990年 60~64歳 3,236,549 65,166 2,959,039 129,538 71,130 2. 0 91. 8 4. 0 2. 2 5. 93 3,508,465 148,235 2,559,520 634,749 146,166 4. 2 73. 4 18. 2 4. 2 1. 09 1995年 65~69歳 2,998,706 56,571 2,672,067 181,382 66,032 1. 9 89. 8 6. 1 2. 2 - 3,397,372 142,066 2,227,109 873,624 137,530 4. 2 65. 9 25. 8 4. 1 - 説明• 人口、未婚者、有配偶者、死別者、離別者の単位は人、未婚率、有配偶率、死別率、離別率、初婚率の単位は%である。 初婚率 % は20~24歳、25~29歳、30~34歳、35~39歳、40~44歳、45~49歳、50~54歳、55~59歳、60~44歳の時から、65歳~69歳までの初婚率 % である。 1931年~1935年の出生者の年齢層別の人口、未婚者数・率、有配偶数・率、死別者数・率、離別者数・率、各年齢層から65歳~69歳までの初婚率の変化 1931年~1935年の出生 男性 女性 年度 年齢層 人口 未婚者数 有配偶者数 死別者数 離別者数 未婚率 有配偶率 死別率 離別率 初婚率 人口 未婚者数 有配偶者数 死別者数 離別者数 未婚率 有配偶率 死別率 離別率 初婚率 1955年 20~24歳 4,231,701 3,811,674 410,541 1,084 8,262 90. 1 9. 7 0. 0 0. 2 97. 16 4,244,253 2,820,075 1,385,165 5,218 33,724 66. 4 32. 6 0. 1 0. 8 94. 04 1960年 25~29歳 4,129,166 1,903,699 2,196,151 4,394 24,190 46. 1 53. 2 0. 1 0. 6 94. 45 4,150,358 899,350 3,165,896 18,101 66,520 21. 7 76. 3 0. 4 1. 6 81. 72 1965年 30~34歳 4,180,969 462,006 3,678,649 6,907 31,411 11. 1 88. 0 0. 2 0. 8 76. 84 4,143,948 374,484 3,645,742 40,323 81,536 9. 0 88. 0 1. 0 2. 0 56. 18 1970年 35~39歳 4,154,678 195,448 3,900,113 11,800 46,789 4. 7 93. 9 0. 3 1. 1 45. 58 4,118,164 239,220 3,688,521 77,454 112,823 5. 8 89. 6 1. 9 2. 7 31. 81 1975年 40~44歳 4,125,063 151,077 3,889,435 22,567 61,265 3. 7 94. 3 0. 5 1. 5 30. 10 4,099,007 204,704 3,635,215 132,692 125,688 5. 0 88. 7 3. 2 3. 1 20. 69 1980年 45~49歳 4,033,146 124,854 3,784,219 36,867 81,774 3. 1 94. 0 0. 9 2. 0 17. 40 4,057,241 180,415 3,523,372 200,942 147,966 4. 5 86. 9 5. 0 3. 7 11. 02 1985年 50~54歳 3,926,414 122,048 3,634,250 60,773 105,463 3. 1 92. 7 1. 5 2. 7 17. 71 4,006,580 174,304 3,351,423 306,455 171,536 4. 4 83. 7 7. 7 4. 3 9. 01 1990年 55~59歳 3,783,367 111,338 3,454,774 92,291 107,709 3. 0 91. 7 2. 5 2. 9 13. 39 3,941,521 164,585 3,151,070 436,744 169,466 4. 2 80. 3 11. 1 4. 3 5. 61 1995年 60~64歳 3,611,948 102,951 3,232,671 137,235 108,471 2. 9 90. 3 3. 8 3. 0 10. 93 3,863,161 159,584 2,884,301 633,025 166,980 4. 2 75. 0 16. 5 4. 3 4. 58 2000年 65~69歳 3,357,281 84,793 2,935,426 188,041 103,523 2. 6 88. 6 5. 7 3. 1 - 3,748,658 146,921 2,540,546 861,025 160,369 4. 0 68. 5 23. 2 4. 3 - 説明• 人口、未婚者、有配偶者、死別者、離別者の単位は人、未婚率、有配偶率、死別率、離別率、初婚率の単位は%である。 初婚率 % は20~24歳、25~29歳、30~34歳、35~39歳、40~44歳、45~49歳、50~54歳、55~59歳、60~44歳の時から、65歳~69歳までの初婚率 % である。 1936年~1940年の出生者の年齢層別の人口、未婚者数・率、有配偶数・率、死別者数・率、離別者数・率、各年齢層から65歳~69歳までの初婚率の変化 1936年~1940年の出生 男性 女性 年度 年齢層 人口 未婚者数 有配偶者数 死別者数 離別者数 未婚率 有配偶率 死別率 離別率 初婚率 人口 未婚者数 有配偶者数 死別者数 離別者数 未婚率 有配偶率 死別率 離別率 初婚率 1960年 20~24歳 4,160,096 3,810,241 343,400 1,187 4,534 91. 6 8. 3 0. 0 0. 1 95. 86 4,230,886 2,888,067 1,319,303 4,031 18,592 68. 3 31. 2 0. 1 0. 4 94. 38 1965年 25~29歳 4,191,561 1,915,499 2,253,977 3,256 16,586 45. 7 53. 8 0. 1 0. 4 91. 71 4,243,666 806,443 3,376,668 15,849 42,531 19. 0 79. 6 0. 4 1. 0 79. 82 1970年 30~34歳 4,215,776 494,265 3,677,474 6,274 37,011 11. 7 87. 2 0. 1 0. 9 67. 69 4,225,557 305,272 3,799,880 35,898 84,334 7. 2 89. 9 0. 8 2. 0 46. 89 1975年 35~39歳 4,212,566 255,452 3,892,439 11,643 52,207 6. 1 92. 4 0. 3 1. 2 37. 53 4,209,754 222,646 3,814,679 67,394 104,438 5. 3 90. 6 1. 6 2. 5 27. 46 1980年 40~44歳 4,158,990 197,092 3,854,930 20,864 80,000 4. 7 92. 8 0. 5 1. 9 20. 17 4,178,510 185,781 3,738,371 110,217 140,792 4. 4 89. 5 2. 6 3. 4 13. 77 1985年 45~49歳 4,092,121 190,792 3,744,890 35,579 116,390 4. 7 91. 6 0. 9 2. 8 18. 83 4,144,493 177,178 3,601,744 177,863 185,485 4. 3 87. 0 4. 3 4. 5 10. 29 1990年 50~54歳 3,997,248 173,255 3,613,682 57,977 132,168 4. 4 90. 9 1. 5 3. 3 13. 03 4,091,138 166,048 3,446,517 264,114 197,351 4. 1 84. 6 6. 5 4. 8 5. 85 1995年 55~59歳 3,906,621 169,640 3,468,516 90,062 145,757 4. 4 89. 5 2. 3 3. 8 13. 48 4,046,859 165,572 3,260,008 397,379 206,281 4. 1 80. 9 9. 9 5. 1 6. 62 2000年 60~64歳 3,749,528 143,840 3,270,877 131,390 151,410 3. 9 88. 5 3. 6 4. 1 2. 61 3,986,305 152,497 3,018,610 570,005 207,806 3. 9 76. 4 14. 4 5. 3 0. 64 2005年 65~69歳 3,545,006 131,834 3,022,549 177,943 147,361 3. 8 86. 9 5. 1 4. 2 - 3,887,604 147,348 2,706,828 780,515 205,351 3. 8 70. 5 20. 3 5. 3 - 説明• 人口、未婚者、有配偶者、死別者、離別者の単位は人、未婚率、有配偶率、死別率、離別率、初婚率の単位は%である。 初婚率 % は20~24歳、25~29歳、30~34歳、35~39歳、40~44歳、45~49歳、50~54歳、55~59歳、60~44歳の時から、65歳~69歳までの初婚率 % である。 1941年~1945年の出生者の年齢層別の人口、未婚者数・率、有配偶数・率、死別者数・率、離別者数・率、各年齢から65歳~69歳までの初婚率の変化 1941年~1945年の出生 男性 女性 年度 年齢層 人口 未婚者数 有配偶者数 死別者数 離別者数 未婚率 有配偶率 死別率 離別率 初婚率 人口 未婚者数 有配偶者数 死別者数 離別者数 未婚率 有配偶率 死別率 離別率 初婚率 1965年 20~24歳 4,523,969 4,085,786 430,450 1,499 3,814 90. 4 9. 5 0. 0 0. 1 93. 26 4,603,550 3,134,727 1,446,447 7,289 12,722 68. 1 31. 4 0. 2 0. 3 93. 39 1970年 25~29歳 4,545,780 2,113,369 2,406,136 2,718 22,001 46. 5 52. 9 0. 1 0. 5 86. 91 4,602,418 834,392 3,695,575 14,435 57,638 18. 1 80. 3 0. 3 1. 3 75. 15 1975年 30~34歳 4,624,591 661,900 3,912,688 6,285 42,263 14. 3 84. 6 0. 1 0. 9 57. 48 4,621,200 354,194 4,148,446 31,230 86,712 7. 7 89. 8 0. 7 1. 9 41. 22 1980年 35~39歳 4,594,716 391,805 4,106,643 11,797 77,170 8. 5 89. 5 0. 3 1. 7 28. 73 4,606,865 253,773 4,155,679 56,262 138,166 5. 5 90. 3 1. 2 3. 0 18. 26 1985年 40~44歳 4,551,877 338,265 4,061,613 21,336 124,656 7. 4 89. 3 0. 5 2. 7 18. 19 4,583,077 224,398 4,049,157 97,636 209,650 4. 9 88. 4 2. 1 4. 6 8. 02 1990年 45~49歳 4,482,298 301,995 3,965,819 36,776 153,560 6. 8 89. 0 0. 8 3. 4 10. 13 4,535,714 207,203 3,918,562 152,577 241,289 4. 6 86. 7 3. 4 5. 3 1. 72 1995年 50~54歳 4,421,787 294,395 3,847,664 60,443 183,762 6. 7 87. 7 1. 4 4. 2 9. 30 4,500,131 204,359 3,769,475 240,249 269,090 4. 6 84. 1 5. 4 6. 0 1. 15 2000年 55~59歳 4,290,239 257,034 3,673,315 92,405 202,080 6. 1 86. 9 2. 2 4. 8 -0. 06 4,443,933 190,348 3,570,579 359,817 284,249 4. 3 81. 1 8. 2 6. 5 -4. 27 2005年 60~64歳 4,154,529 241,618 3,486,684 132,493 211,580 5. 9 85. 6 3. 3 5. 2 -2. 60 4,390,100 185,392 3,340,909 520,731 293,915 4. 3 77. 0 12. 0 6. 8 -5. 50 2010年 65~69歳 3,921,774 235,184 3,240,554 180,384 207,284 6. 1 83. 9 4. 7 5. 4 - 4,288,399 190,385 3,031,887 716,673 286,393 4. 5 71. 8 17. 0 6. 8 - 説明• 人口、未婚者、有配偶者、死別者、離別者の単位は人、未婚率、有配偶率、死別率、離別率、初婚率の単位は%である。 初婚率 % は20~24歳、25~29歳、30~34歳、35~39歳、40~44歳、45~49歳、50~54歳、55~59歳、60~44歳の時から、65歳~69歳までの初婚率 % である。 未婚者数・未婚率は、通常ならば、加齢とともに減少するが、2005年度と比較して、2010年度に男性の未婚率、女性の未婚者数・未婚率が増大している原因は説明がない。 1946年~1950年の出生者の年齢層別の人口、未婚者数・率、有配偶数・率、死別者数・率、離別者数・率、各年齢層から65歳~69歳までの初婚率の変化 1946年~1950年の出生 男性 女性 年度 年齢層 人口 未婚者数 有配偶者数 死別者数 離別者数 未婚率 有配偶率 死別率 離別率 初婚率 人口 未婚者数 有配偶者数 死別者数 離別者数 未婚率 有配偶率 死別率 離別率 初婚率 1970年 20~24歳 5,344,885 4,811,541 523,348 2,419 4,632 90. 1 9. 8 0. 0 0. 1 89. 65 5,382,751 3,856,300 1,491,402 15,611 17,942 71. 7 27. 7 0. 3 0. 3 92. 65 1975年 25~29歳 5,426,289 2,619,455 2,776,464 2,725 24,695 48. 3 51. 2 0. 1 0. 5 80. 70 5,368,294 1,122,569 4,175,836 11,506 57,483 20. 9 77. 8 0. 2 1. 1 74. 82 1980年 30~34歳 5,421,545 1,165,316 4,174,171 6,188 65,420 21. 5 77. 1 0. 1 1. 2 56. 72 5,350,186 486,040 4,709,754 24,968 126,071 9. 1 88. 1 0. 5 2. 4 42. 06 1985年 35~39歳 5,398,230 765,397 4,493,057 11,724 120,197 14. 2 83. 4 0. 2 2. 2 34. 36 5,339,814 354,259 4,713,636 48,613 220,493 6. 6 88. 3 0. 9 4. 1 20. 66 1990年 40~44歳 5,349,985 626,864 4,509,120 21,876 162,280 11. 8 84.

次の

「結婚の費用」基礎知識|ゼクシィ

こじる り 結婚

結婚相談所ノッツェ. がご提供するサービスに関連して、皆さまから多く寄せられるお問い合わせの一部をご紹介いたします。 入会のための資格や条件はありますか? A.独身者で、男性20歳以上で定職者の方、女性18歳以上の方で、真剣に結婚相手をお探しの方に限ります。 入会に必要な費用はどんなものがありますか? A.正会員として入会する場合は、入会金、活動初期費用、月会費、オプション会員情報提供料などが必要になります。 ノッツェ. の婚活の特徴はありますか? A.忙しい皆様のライフスタイルに対応し、PC・スマホでいつでもどこでも婚活が可能です。 希望条件検索をはじめ、動画によるご紹介・安心なメール交換など、多くの婚活コンテンツをご自由にご利用できます。 その他のよくあるご質問につきましても、をご覧いただき、結婚相談所ノッツェ. について、もっとよく知っていただけたらと思います。 また、婚活・お見合い・結婚相談などについて、ご不明な点がありましたら、メールやお電話でもお気軽にお尋ねいただけます。 「出逢い、学び、つながる幸せ」をコンセプトに、出逢いの提供や成婚する事だけをゴールと考える婚活サービスや結婚相談所とは一線を画し、出逢いだけではなく、より人として魅力的になっていただけるよう具体的な学びの提供や自分磨きの方法論、結婚後のサポート体制も用意している結婚相談所です。 結婚することが絶対の価値観ではなくなってきた時代だからこそ、ノッツェ. では、結婚する事を真剣に考え進んでいこうとする歩みをお手伝いできる結婚相談所でありたいと思っております。 結婚の意欲がある方に寄り添うように共に考え、共に学び、一律の結婚観や婚活を押し付けるのではなく、その人らしさを引き出す結婚相談サポートに努めております。 専任の婚活アドバイザーがご成婚されるその日までしっかりサポートさせていただきますので、安心して身を任せていただけたらと思います。 結婚相談所ノッツェ. での婚活に少しでもご興味をお持ちいただけるようでしたら、サイト上や電話でのご資料請求、またはご来社予約お待ちしております。 (1)時短婚活で、お相手との時間を大切に出来る ご自宅のPC・スマートフォンにて、ふと空いた短時間にお相手探しができます。 出逢う前に各種証明書で保証された詳細プロフィールとお顔写真、メッセージ動画の閲覧ができるからこそ、実際にデートやお見合いをした時の違和感が少なく、お互いに気になるお相手とだけやり取りすることが可能です。 婚活において一番大切なお相手との相性を確かめていただく事に時間をかけていただく事ができる結婚相談所です。 (2)結婚への学びの充実がスムーズなお相手探しから結婚まで結びつく 各種専門家を招いての婚活セミナーだけではなく、動画で学べる動画セミナーをご用意しております。 メールのやり取り方法やデートプランの立て方、プロポーズの仕方だけではなく、ご両親に結婚挨拶にいくときのマナー等、多種多様の学びの講座があるからこそ、必要な知識を必要な時に手に入れていただき実践をしていただく事ができる結婚相談所です。 (3)専任の婚活アドバイザーやサポートセンターによるしっかりしたサポート体制 結婚相談所ノッツェ. では、会員様おひとりおひとりに婚活アドバイザーがつきます。 活動に伴う様々な事柄に関して親身に対応をさせていただいております。 また、婚活サポート専門のサポートセンターのご用意がありますので、いろいろな角度からあなた様の良さを再発見していきながらスムーズなパートナー探しをしていただく事ができます。

次の