静岡 うなぎ 名店。 静岡・三島のうなぎの名店といえば「桜家」!ふわふわの鰻が超絶品

静岡観光のついでに名物のうなぎを堪能!知る人ぞ知る名店9選。

静岡 うなぎ 名店

どうして「うなぎの名産地」になったのか 静岡県の養鰻業は、明治24年(1891年)、新居町から始まった。 その後浜名湖周辺から吉田・榛原地区にかけて爆発的に広がり、昭和35年(1960年)から57年(1982年)までは鰻養殖生産量日本一を誇っていた(現在は1位鹿児島、2位愛知、3位宮崎に続き、4位)。 なぜ静岡は鰻の産地となったのか。 うなぎ養殖業者組合の中央組織である「日本養鰻漁業協同組合連合会」(静岡市駿河区稲川)の参事・若林稔さんに話を伺った。 「浜名湖周辺から駿河湾沿岸で、鰻の稚魚である天然のシラスウナギが採れたこと。 そして養鰻にかかせない水とエサが豊富にあり、気候が温暖で養鰻に適していた。 また静岡県は東京と大阪の中間地にあり、流通の便がよいことも影響したのでは」と話す。 浜名湖周辺は天竜川水系、吉田・榛原地区は大井川水系の伏流水に恵まれ、豊富な水量を確保することができた。 エサに関しては、焼津港など港が点在し、魚介類の加工も盛んに行われたことから、そこで出た大量の魚のアラが鰻のエサとして用いられた。 さまざまな好条件に恵まれたことが「うなぎの名産地 静岡」の基盤となった。 県が生産者の安全性確保及び情報提供のシステムを認証する制度、しずおか農水産物認証を水産物で唯一取得。 うなぎのトレーサビリティーにも積極的に取り組んでいる。 大井川の伏流水に恵まれた日本屈指の養殖鰻の産地。 2008年4月1日に、焼津、大井川、丸榛吉田うなぎ、中遠、それぞの養鰻漁業協同組合が合併し、静岡うなぎ漁業協同組合が設立された。 Q関東風、関西風の違いは? A関東は背開き、関西は腹開きで捌く。 江戸は武士の町であったため、切腹に通じる腹開きを嫌ったとの説も。 焼き方は関東風はまず白焼きにしてから蒸し、その後タレをつけて焼き上げる。 一度蒸しているので身がふんわりとやわらかい。 関西は蒸さずにそのまま焼き上げるので、皮がパリっと香ばしい仕上がりになる。 境界は豊橋あたりと言われていたが、現在は浜松・静岡でも関東・関西どちらの鰻も味わえる。

次の

うなぎを食べて育った私が厳選!静岡県の「うなぎの名店」TOP10

静岡 うなぎ 名店

静岡駅周辺には昔から地域に愛されてきた老舗のうなぎ屋が多くありますね。 静岡産の厳選したうなぎを使った白焼き、蒲焼など美味しいうなぎが食べられるうなぎ屋さんがたくさんあります。 また、お店独特の調理方法と秘伝のタレで美味しいうな重を提供しているお店。 さらに、うな重、うな丼などをはじめ、うな巻、うなぎのお茶漬けなどうなぎ好きにおすすめのコース料理が楽しめるお店もあります。 今回は静岡駅周辺にあるおすすめできるうなぎ料理が食べられるお店の情報をお届けします。 いろいろなうなぎ料理が出てきますので楽しんでくださいね。 当サイト内のおでかけ情報に関して 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。 おでかけの際には公式HPでご確認ください。 また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。 RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。 このまとめ記事の目次 静岡駅周辺で味・コスパ・サービスなどのランキングでトップの「石橋うなぎ店」。 インター通りから少し中に入った場所に建っている、大きな瓦屋根に風格を感じる民家のような佇まいです。 店内は囲炉裏テーブルなど日本の情緒を感じさせる温かさが伝わる空間です。 人気のメニューは豪快にうなぎを一本焼きあげる「一本焼きうなぎ定食」(3900円)です。 あまりの迫力に言葉を失う程。 ひと口がぶりといただくとこれがもう美味しいですよ。 そんな美味しいうなぎを食べに多くの人たちが訪れるうなぎ屋です。 ここのお店のうなぎは焼き方が違うんですよと、常連さんの声。 表面はあまり強く焼かないのでとてもジューシーに焼きあげるとか。 香ばしい香りとふっくらとした食感が人気なんです。 また、ご飯にのっているゆかりとこってりうなぎとの相性抜群。 店内の壁には著名人や有名人のサインがたくさん飾られている静岡で有名な老舗のお店はおすすめです。 施設詳細・ご予約はこちらから 静岡駅周辺に創業して100年以上経つ老舗中の老舗のうなぎ屋「あなごや 本店」。 駿河通りから一本路地に入った場所に建っている、深みのあるブラウン色の壁に風格を感じる洋館の造りの佇まいです。 店内は歴史ある老舗のお店とは思えない程おしゃれな印象を受けます。 こちらのお店は天然うなぎにしかない甘い香りと栄養価の高い脂が特徴の国産養殖ブランドうなぎ「共水うなぎ」を使ったうな重、蒲焼などの料理を提供しています。 また、うなぎ会席コース、うなぎの茶碗蒸し、うなぎの燻製、うなぎの西京漬けなどが楽しめます。 さらに、大井川共水うなぎの冷凍真空パックなどがテイクアウトでき、また通信販売でも買えます。 おすすめはランチタイムでいただける「ミニうなぎ会席コース」(5300円)。 こちらのコースでは美味しいうな丼にうなぎ燻製、うなぎの西京漬けなどうなぎ好きにはたまらないうなぎづくしの料理が楽しめます。 施設詳細・ご予約はこちらから 静岡駅周辺で白焼き、うな重が美味しいと評判の「うな治」。 幹線道路から少し路地に入ったところに建っている大きなビルの1階に入っています。 お寿司屋さんのような雰囲気がある店構えです。 店内は木造りの小上がり席とお寿司屋さんのようなカウンター席の空間が広がっています。 ベテラン夫婦が営むお店には美味しいうな重と心が温まる会話を楽しむ地元の人が多く訪れます。 おすすめはプリッと身が引き締まっていて弾力のあるうなぎ。 口にいれるとフワッと心地よい食感でいただける「うな重」です。 こちらのお店はうなぎ本来の味を大切にしているのでしつこくない程よいタレが特徴です。 そのタレと美味しいご飯にふっくらしたうなぎがベストマッチして美味しくいただけます。 また、「花の舞」、「正雪」、「富士錦」などの地酒とふっくらとしつつも身が引き締まっている白焼きがよく合うんですよとひとりで飲みに訪れる人も多くいます。 施設詳細・ご予約はこちらから 静岡駅周辺でうなぎ1尾分が入った「名物は駿河まぶし丼」が人気のうなぎ屋「はら川 」。 玄南通り沿いの角に建っている、壁にキズがある年季の入った4階建てのビルの1階にあります。 深い緑色ののれんに風格を感じる店構えです。 店内はダークブラウンで統一したテーブル席や明るくてカジュアル感のあるの3階座敷席など29席ほどの備えがあります。 おすすめはやはりお店名物の「駿河まぶし丼」(1900円)です。 到着した丼のふたをあけると、焦げ色がツヤツヤした香ばしい香りを放っている豪快なうなぎが登場します。 見るからにパリパリっとした表面。 ひと口いただくと、ふっくらとはほど遠く、まるで美味しい焼き魚のような食感を感じます。 またうな重が2500円の竹・2950円の松・4100円の二段の3段階。 さらに、うな丼が並・中・上の3段階から選べます。 また、肝焼き、肝わさ、うざく、うまき、鰻ねぎなどのアラカルトも充実しています。 施設詳細・ご予約はこちらから.

次の

静岡駅周辺で柔らかくて、美味しいうなぎが楽しめるおすすめのうなぎ屋15選

静岡 うなぎ 名店

皆さんは「うなぎ」の名産地を知っていますか?静岡県はうなぎの名産地として有名で4位にランクインしています。 主に、浜名湖で養殖されていて温暖な気候に恵まれ、うなぎを育てるには最適な場所なんだそうです。 また、日本では土用の丑の日に「うなぎ」を食べる文化がありますよね。 夏バテしないためにも「うなぎ」を食べて元気になりましょう! そして今回は、名産地である静岡県で美味しい「うな重」や「ひつまぶし」珍しい「白焼き」が食べることができる名店を9選紹介したいと思います。 今回ご紹介したお店をまとめておきます。 うなぎ料理あつみ• うなぎ大嶋• うなぎ八百徳 やおとく 本店• 関西風炭焼うなぎかんたろう• うなぎ専門店志ぶき• 鰻処うな正• うなぎ桜家• うなぎすみの坊本町店• 元祖うなよし 観光地に行く際には、観光地を調べるだけではなく「そこの地域は何が特産物なのだろう」「手軽に食べれる名物は何かあるかな」と探してみると、そこの県について知ることが出きるのでおススメです! もっと旅行に行くことが楽しみになると思いますので、試してみてください。

次の