ほのぼの next。 NDソフトウェア「ほのぼのNEXT」

日立情報通信エンジニアリング「介護施設向けケア支援ソリューション」と介護福祉ソフト分野で業界トップクラスのシェア エヌ・デーソフトウェア「ほのぼのNEXT」が情報連携を開始

ほのぼの next

これから訪問介護事業所を立ち上げようとしているのですが、肝心の介護給付ソフトをどこにしようか悩んでいます。 例えばほのぼのminiなどおすすめでしょうか? その悩みについてお答えします。 みなさーん元気ですかー? ほのぼのしてますかー?(アントニオ猪木風に) よーしではツイートいくぞー!いーち、にー、さん。 ・・のっけからスミマセン、ふざけすぎました。 真面目にお答えします。 介護請求業務が終わったと思ったら「あれ?いつの間にか月末になってまた請求業務に追われる」なんて事ないですか?介護請求ソフトのなかでも一番使い勝手がよいソフトを「一つだけ挙げよ」と言われたとしたら「ほのぼのmini」が一番です。 値段も月額2000円弱で操作方法も分かりやすいのがおすすめ — ケアップ keappulog 介護請求業務が終わったと思ったら「あれ?いつの間にか月末になってまた請求業務に追われる」なんて事ないですか?介護請求ソフトのなかでも一番使い勝手がよいソフトを「一つだけ挙げよ」と言われたとしたら「ほのぼのmini」が一番です。 値段も月額2000円弱で操作方法も分かりやすいのがおすすめ ツイッターでもこのようにつぶやきましたが、結論から申し上げますと「ほのぼのmini」は値段の割には使い勝手も大変よくコストパフォーマンスも大変に優れている介護給付ソフトです。 まさにおすすめダーということで、今回のこちらのツイートについてさらに詳しく解説して参りたいと思います。 それではですね、なぜ僕が介護請求ソフトのなかで一番使い勝手がよいソフトが「ほのぼのmini」だと言いきれるその理由なんですが、 それは僕が数々の介護請求ソフトを実際に試してきたからなのです。 インターネットで検索しますと「無料体験版」でお試しできるソフトが多いんですよ。 例えば「 」とグーグルなどで検索しますとヒットしますが、「介護ソフトナビ」では約28社の介護業務ソフトの比較やそれぞれの使い方や詳細などが網羅されております。 「 」ではお試し体験版から資料請求なども可能でとても便利なサイトになっておりますが、その「ほのぼのmini」も紹介されております。 それと僕が「ほのぼのmini」をおすすめする理由は値段の安さ、これもおすすめする理由となっております。 値段も安くて高いわけでもなくベリーグットな仕上がり加減さがなによりの「ほのぼのmini」の魅力です。 それでも「ほのぼのnext」となると話は違ってきます。 「ほのぼのnext」とは「ほのぼのmini」の上位版なのですが、ASP型という違いがあります。 それが「ほのぼのnext」と「ほのぼのmini」の大きな違いになります。 また値段も変わってくるので「ほのぼのnext」がオススメなのかどうかと問われたとしたら「ううん」と首をひねってしまうかもしれません。 むしろ「ほのぼのnext」にするよりも「カイポケ」という介護請求ソフトのほうが利便性があります。 先ほど紹介しました「介護ソフトナビ」でも比較されて紹介されているのが「カイポケ」です。 実際に僕は今の勤めている会社では「カイポケ」で介護支援業務しておりますが、本当に使い勝手がよいソフトです。 無料お試し体験版もございますので、ぜひこの機会に利用してみてください。 操作画面もわかりやすいですし導入も「クラウド型」になっているのでパソコンに直接ダウンロードするASP型でもないので、そのあたりもカイポケのおすすめする理由となります。 「ほのぼのmini」から乗り換えを考えている介護事業所様にも人気な「介護総合型支援ソフト」それが「カイポケ」になります。 それでもつくづく思うのですが介護の仕事はとても大変な仕事です。 体力勝負でもありますし、精神的にも強くなければ続けていけません。 また、命を預かるというとても重要な任務でもあるので、もう少し世間から高い評価を受けてもいいような気がします。 近年は、介護・福祉業界の収入を上げようという声があがり、各地で署名運動なども盛んに行われていますが、現実的にはまだまだという印象があります。 国としても、外国人労働者やロボットなどで人材不足をまかなう方向で進めております。 そしてこのような政策の下で、現職の方々が自分の仕事に明るい未来を見出すことは無い=それを目指したいと思う若者が増えないという悪循環状態にあるように思われます。 毎年、給料をあげるべきだという話も政治の中で出ていますが、本当に少しでも早く、この仕事を理解してもらって、評価して頂き、それを目に見える形にしてもらえたらなと日々感じています。 今は介護転職サイトをメインに力いれてますが、いずれはYouTube配信もしていきます。 ぬいぐるみを使用するか顔出しするかは試案中ですが、で最終的にはネット上で介護ビジネス支援ショップを運営しここに関わっている人たち皆に利益があるような媒体を構築するのが目標です 仕事も大変、給料も安いとくれば、ストレスも溜まり職員同士の関係も悪化する事もあると思います。 人手不足が慢性化するのも分かります。 それにはまず、今現在働いてる職員の職場環境を再確認し、良い職場づくりを推進してほしいと思います。 過去を変えることはできないですが、未来ならば自分自身の手で作り変えることが大いに可能です。 SPONSORED LINK ほのぼのminiは実際に使いにくいのか値段は高いのか安いのかSNS調査した結果 さて、ここまで介護請求支援ソフト「ほのぼのmini」と「ほのぼのnext」の違いなどについて解説してきました。 が、SNSなどでの情報も調べてみましたでの、ここでその情報をシェアしたいと思います。 介護保険の請求ソフト うちは"ほのぼのmini"を使っています! まじでコスパ最強やと思ってます。 まじでランニングコスト破格です。 するとiPadが届いて、まあ便利だし、将棋の中継を見るのにちょうどいいので、カイポケに決めた。 会計ソフトはfreeeにしたのだが、弥生会計から、なんと14ヶ月無料の案内が届いた。 はて、どうするかな?? — ふみおさん??? Truth275 介護ソフト「かいぽけ」の値上げがハンパ無いので、他のソフトを探して。。。 ほのぼのminiのマニュアル169ページもあるぅ。 — izumi komoriya jamizumi ツイッターなどで調べてところ「ほのぼのmini」から「カイポケ」に決めたという方も大勢いらっしゃいました。 しかし逆に「カイポケ」のほうが利用料金が「ほのぼのmini」よりも高いというユーザーさんもいらっしゃいました。 たしかに「カイポケ」は2014年5月ごろに値上げを実行しました。 居宅介護支援事業所の値上げはされなかったものの、なぜか訪問介護事業所の月額料金が大幅に値上げされた過去がございます。 それにたいして「カイポケ」から「ほのぼのmini」または「ほのぼのnext」などの「ほのぼのシリーズ」に介護ソフトを乗り換えた事業所さんも決して少なくありませんでした。 それでも値上げはあっても使い勝手もよいことは確かな事実です。 別のブログ記事でも書いておりますが、僕の勤めている会社でも実際に「」を使用しております。 とても使いやすい機能が満載なのでおすすめといえばおすすめです。 ワンタッチ画面操作は「ほのぼのmini」と似ているところもあり使いやすいのがなによりの「」の特徴です。 ブログのアクセス数はここ数日で上がったかと思ったらアップデートで下がっておりますが、アクセスなんて量よりも質なのかも・・カイポケに関してはかなり使いこなしておりますので、使い方などサポートセンターがつながりにくいときなど僕でよければ質問なげてください?? — ケアップ keappulog いずれにしましても、介護請求支援ソフトの比較やそれぞれの使い方や詳細などが網羅されている「 」で今一度チェックしてみることが一番だとおもいます。 ということで今回は以上になります。 今回も最後までブログ記事をお読みいただきまして、まことにありがとうございました。 ではまた。

次の

介護業務支援ソフトウェア ほのぼのシリーズ

ほのぼの next

平成4年4月にDOS版のシステムをリリースして以来、「ほのぼの」シリーズは制度改正とお客様のご要望に答える形でラインナップを拡充して参りました。 このため、「ほのぼの」シリーズでは、「ほのぼの」という1つのソフトがあるわけではなく、制度改正毎、事業サービス毎、目的毎にさまざまな条件、時代に適合したソフトを多種多様にご用意させていただいております。 現在では「ほのぼの」シリーズのラインナップは50を超えるまでになりました。 そして、これら多数のソフトの中から、それぞれのお客様のご希望に叶うよう、潜在的な課題を解決できるよう、地域の担当により詳しいコンサルティングをさせていただき、最終的にソフトをご販売させていただいております。 お客様に、より「フィット」することを目指して日々成長・提供させていただいている福祉支援業務システムです。 より使いやすく 職員ごとに必要な管理項目だけの表示、画面の操作権限の設定ができます。 画面レイアウトやメニューボタンの配置も選択が可能なため、操作される方にやさしいシステムです。 操作スキルの標準化 どなたでも容易にシステム操作ができ、IT業務の定着やほのぼのNEXT操作スキルの標準化が図れます。 転記はさっと簡単に 入力した情報をドラッグ&ドロップで転記することが可能です。 これにより、例えば、排泄/食事などのケース記録に入力した内容を備考や日誌へ転記するといった操作が、これまで以上に容易に行えます。 どなたにでも優しい画面 操作する方の目に優しい配色を保ちながら、視力の弱い方でも操作のできるハイコントラストモードの設定が可能です。 どなたにも見やすく業務を行っていただくことが可能です。 迷わず明確 ほのぼのNEXTでは、事業所単位でのログインのみで、システム毎に開き直す手間がありません。 入力作業の効率化 一度入力した職員情報などを別システムで再度入力する手間無く、 各システムに反映できるため、処理時間の短縮が可能となります。 情報把握・操作に優れた画面 掲示板機能の標準装備! 事業所様にフィットした自由な情報表示が、職員様毎に可能です。 ケア内容の指示やスケジュール等の情報を共有することができるため、引き継ぎが重要な福祉事業所様での情報伝達をサポートいたします。 個人のスケジュール管理も可能です。 情報共有による質の向上 掲示板機能により、申し送りなどがスムーズに行え、情報を把握したサービスが可能です。 利用者様へ提供するケア内容に統一性が保てるため、ケア内容の質向上につながります。 パッケージならではの低価格 パッケージを維持しつつ自由度を高めることで、高額なSI商品に依存することなく、安心で低コストのIT運用、移行が可能です。 お客様中心のシステムへ 請求書や各種計画書など、事業所様ですでに使用している様式にフィットすることで、 システムに業務を合わせるのではなく、お客様に合わせたシステム運用が可能となります。 経営分析にお役立ち 各システムレベルの統計の他、情報を集約した統計が可能となります。 経営判断に必要な収入や、利用者様の個人情報やケア情報など様々なデータを収集し組合わせることができるため、事業所独自の分析に活用いただけます。 多角的な経営分析により、リアルタイムな経営戦略の策定が可能となり、収益を最大限に確保する補助が可能となります。 5GHz以上必須、2. 0GHz以上推奨 メモリ 2GB以上 HDD システム領域で10GB以上の空き容量が必要 DVDドライブ インストール媒体がDVDのため、DVD-ROM以上のドライブ必須 データベース 介護保険システム:Anywhere11(サーバ) プリンタ レーザープリンタ B4・A3判対応機種(インクジェットプリンター推奨外) 障害対応 バックアップ USB接続HDDを推奨(ほのぼの専用バックアップ領域として100GB以上推奨) リモートメンテナンス環境 ブロードバンド環境を必須 その他 ネットワーク環境 100BASE以上の環境を推奨.

次の

ほのぼのmini

ほのぼの next

これから訪問介護事業所を立ち上げようとしているのですが、肝心の介護給付ソフトをどこにしようか悩んでいます。 例えばほのぼのminiなどおすすめでしょうか? その悩みについてお答えします。 みなさーん元気ですかー? ほのぼのしてますかー?(アントニオ猪木風に) よーしではツイートいくぞー!いーち、にー、さん。 ・・のっけからスミマセン、ふざけすぎました。 真面目にお答えします。 介護請求業務が終わったと思ったら「あれ?いつの間にか月末になってまた請求業務に追われる」なんて事ないですか?介護請求ソフトのなかでも一番使い勝手がよいソフトを「一つだけ挙げよ」と言われたとしたら「ほのぼのmini」が一番です。 値段も月額2000円弱で操作方法も分かりやすいのがおすすめ — ケアップ keappulog 介護請求業務が終わったと思ったら「あれ?いつの間にか月末になってまた請求業務に追われる」なんて事ないですか?介護請求ソフトのなかでも一番使い勝手がよいソフトを「一つだけ挙げよ」と言われたとしたら「ほのぼのmini」が一番です。 値段も月額2000円弱で操作方法も分かりやすいのがおすすめ ツイッターでもこのようにつぶやきましたが、結論から申し上げますと「ほのぼのmini」は値段の割には使い勝手も大変よくコストパフォーマンスも大変に優れている介護給付ソフトです。 まさにおすすめダーということで、今回のこちらのツイートについてさらに詳しく解説して参りたいと思います。 それではですね、なぜ僕が介護請求ソフトのなかで一番使い勝手がよいソフトが「ほのぼのmini」だと言いきれるその理由なんですが、 それは僕が数々の介護請求ソフトを実際に試してきたからなのです。 インターネットで検索しますと「無料体験版」でお試しできるソフトが多いんですよ。 例えば「 」とグーグルなどで検索しますとヒットしますが、「介護ソフトナビ」では約28社の介護業務ソフトの比較やそれぞれの使い方や詳細などが網羅されております。 「 」ではお試し体験版から資料請求なども可能でとても便利なサイトになっておりますが、その「ほのぼのmini」も紹介されております。 それと僕が「ほのぼのmini」をおすすめする理由は値段の安さ、これもおすすめする理由となっております。 値段も安くて高いわけでもなくベリーグットな仕上がり加減さがなによりの「ほのぼのmini」の魅力です。 それでも「ほのぼのnext」となると話は違ってきます。 「ほのぼのnext」とは「ほのぼのmini」の上位版なのですが、ASP型という違いがあります。 それが「ほのぼのnext」と「ほのぼのmini」の大きな違いになります。 また値段も変わってくるので「ほのぼのnext」がオススメなのかどうかと問われたとしたら「ううん」と首をひねってしまうかもしれません。 むしろ「ほのぼのnext」にするよりも「カイポケ」という介護請求ソフトのほうが利便性があります。 先ほど紹介しました「介護ソフトナビ」でも比較されて紹介されているのが「カイポケ」です。 実際に僕は今の勤めている会社では「カイポケ」で介護支援業務しておりますが、本当に使い勝手がよいソフトです。 無料お試し体験版もございますので、ぜひこの機会に利用してみてください。 操作画面もわかりやすいですし導入も「クラウド型」になっているのでパソコンに直接ダウンロードするASP型でもないので、そのあたりもカイポケのおすすめする理由となります。 「ほのぼのmini」から乗り換えを考えている介護事業所様にも人気な「介護総合型支援ソフト」それが「カイポケ」になります。 それでもつくづく思うのですが介護の仕事はとても大変な仕事です。 体力勝負でもありますし、精神的にも強くなければ続けていけません。 また、命を預かるというとても重要な任務でもあるので、もう少し世間から高い評価を受けてもいいような気がします。 近年は、介護・福祉業界の収入を上げようという声があがり、各地で署名運動なども盛んに行われていますが、現実的にはまだまだという印象があります。 国としても、外国人労働者やロボットなどで人材不足をまかなう方向で進めております。 そしてこのような政策の下で、現職の方々が自分の仕事に明るい未来を見出すことは無い=それを目指したいと思う若者が増えないという悪循環状態にあるように思われます。 毎年、給料をあげるべきだという話も政治の中で出ていますが、本当に少しでも早く、この仕事を理解してもらって、評価して頂き、それを目に見える形にしてもらえたらなと日々感じています。 今は介護転職サイトをメインに力いれてますが、いずれはYouTube配信もしていきます。 ぬいぐるみを使用するか顔出しするかは試案中ですが、で最終的にはネット上で介護ビジネス支援ショップを運営しここに関わっている人たち皆に利益があるような媒体を構築するのが目標です 仕事も大変、給料も安いとくれば、ストレスも溜まり職員同士の関係も悪化する事もあると思います。 人手不足が慢性化するのも分かります。 それにはまず、今現在働いてる職員の職場環境を再確認し、良い職場づくりを推進してほしいと思います。 過去を変えることはできないですが、未来ならば自分自身の手で作り変えることが大いに可能です。 SPONSORED LINK ほのぼのminiは実際に使いにくいのか値段は高いのか安いのかSNS調査した結果 さて、ここまで介護請求支援ソフト「ほのぼのmini」と「ほのぼのnext」の違いなどについて解説してきました。 が、SNSなどでの情報も調べてみましたでの、ここでその情報をシェアしたいと思います。 介護保険の請求ソフト うちは"ほのぼのmini"を使っています! まじでコスパ最強やと思ってます。 まじでランニングコスト破格です。 するとiPadが届いて、まあ便利だし、将棋の中継を見るのにちょうどいいので、カイポケに決めた。 会計ソフトはfreeeにしたのだが、弥生会計から、なんと14ヶ月無料の案内が届いた。 はて、どうするかな?? — ふみおさん??? Truth275 介護ソフト「かいぽけ」の値上げがハンパ無いので、他のソフトを探して。。。 ほのぼのminiのマニュアル169ページもあるぅ。 — izumi komoriya jamizumi ツイッターなどで調べてところ「ほのぼのmini」から「カイポケ」に決めたという方も大勢いらっしゃいました。 しかし逆に「カイポケ」のほうが利用料金が「ほのぼのmini」よりも高いというユーザーさんもいらっしゃいました。 たしかに「カイポケ」は2014年5月ごろに値上げを実行しました。 居宅介護支援事業所の値上げはされなかったものの、なぜか訪問介護事業所の月額料金が大幅に値上げされた過去がございます。 それにたいして「カイポケ」から「ほのぼのmini」または「ほのぼのnext」などの「ほのぼのシリーズ」に介護ソフトを乗り換えた事業所さんも決して少なくありませんでした。 それでも値上げはあっても使い勝手もよいことは確かな事実です。 別のブログ記事でも書いておりますが、僕の勤めている会社でも実際に「」を使用しております。 とても使いやすい機能が満載なのでおすすめといえばおすすめです。 ワンタッチ画面操作は「ほのぼのmini」と似ているところもあり使いやすいのがなによりの「」の特徴です。 ブログのアクセス数はここ数日で上がったかと思ったらアップデートで下がっておりますが、アクセスなんて量よりも質なのかも・・カイポケに関してはかなり使いこなしておりますので、使い方などサポートセンターがつながりにくいときなど僕でよければ質問なげてください?? — ケアップ keappulog いずれにしましても、介護請求支援ソフトの比較やそれぞれの使い方や詳細などが網羅されている「 」で今一度チェックしてみることが一番だとおもいます。 ということで今回は以上になります。 今回も最後までブログ記事をお読みいただきまして、まことにありがとうございました。 ではまた。

次の