キョダイマックスカビゴン 育成。 【ポケモン剣盾】キョダイマックスカビゴンの仕様と持たせる木の実考察

キョダイマックス+はらだいこ型カビゴン

キョダイマックスカビゴン 育成

キョダイマックスわざとは 一部の特別なポケモンには通常の「ダイマックス」の他に「キョダイマックス」という状態が存在します。 「キョダイマックス」した状態でそれぞれ決められたタイプの攻撃技を使用すると「キョダイマックスわざ」という特別な追加効果を持った専用技を使うことができます。 わざ名 タイプ 使用ポケモン 追加効果 キョダイガンジン みず カジリガメ 相手の場に「ステルスロック」を撒く。 キョダイカンロ くさ タルップル 味方全体の状態異常を回復する。 キョダイゲンエイ ゴースト ゲンガー 相手を交代できなくなる。 キョダイゲンスイ ドラゴン ジュラルドン 相手全員のそれぞれが最後に使用した技のPPを2ずつ減少させる。 キョダイコウジン はがね ダイオウドウ 相手の場に鋼タイプの「ステルスロック」を撒く。 キョダイコバン ノーマル ニャース 相手全員を「こんらん」状態にする。 バトルの後に多くのお金を拾える。 キョダイコワク むし バタフリー 相手全員を「どく」「まひ」「ねむり」のいずれかの状態にする。 キョダイサイセイ ノーマル カビゴン 食べたきのみをたまに回復する。 キョダイサンゲキ くさ アップリュー 相手全員の回避ランクを1段階下げる。 キョダイシンゲキ かくとう カイリキー 味方全員の急所ランクを1段階上昇させる。 キョダイスイマ あく オーロンゲ たまに相手を「あくび」状態にする。 キョダイテンドウ エスパー イオルブ 場を「じゅうりょく」状態にする。 キョダイテンバツ フェアリー ブリムオン 相手全員を「こんらん」状態にする。 キョダイバンライ でんき ピカチュウ 相手全員を「まひ」状態にする。 キョダイフウゲキ ひこう アーマーガア 相手の使った「リフレクター」「ひかりのかべ」「まきびし」「エレキフィールド」などを無効化する。 キョダイホウマツ みず キングラー 相手全体の素早さランクをそれぞれ2段階ずつ下げる。 キョダイホーヨー ノーマル イーブイ 性別の異なる相手全員を「メロメロ」状態にする。 ダイシュウキ どく ダストダス 相手全員を「どく」状態にする。 「キョダイスイマ」 キョダイマックスオーロンゲは自身の悪タイプの攻撃技を専用技「キョダイスイマ」として使うことができます。 使用後、相手をねむけ状態 次のターン相手を眠り状態にする という「あくび」と同じ効果の追加効果を持っています。 この効果も技1つ分に相当しあまりにも強力なので恐らく確定発動ではないだろうと思い、その確率を調べました。 検証方法• まずキョダイマックスが可能なオーロンゲと状態異常「ねむり」になり得るポケモンを場に出します。 キョダイマックスを選択し、その後「キョダイスイマ」を撃ちます。 上のように相手の眠気を誘ったことを確認したら、別のポケモンに交代して眠気を解除します。 以上を100回繰り返して技「キョダイスイマ」が相手の眠気を誘う確率を調べました。 検証結果 100回「キョダイスイマ」を使ったところ効果が発動したのは45回でした。 「キョダイセンリツ」 キョダイマックスラプラスは自身の氷タイプの攻撃技を「キョダイセンリツ」として使うことができます。 この技を使用すると、オーロラベール 5ターンの間、自分と味方全体が受ける相手の物理攻撃と特殊攻撃のダメージを半分にする を 天候が霰状態でなくとも張ることができます。 検証方法• まずキョダイマックス可能なラプラスを場に出し、ダイマックスボタンを選択した後「キョダイセンリツ」を撃ちます。 技「キョダイセンリツ」の効果によって「オーロラベール」が張られたことを確認したら、• 「かわらわり」の効果で「オーロラベール」を壊し、再度「キョダイセンリツ」を選択します。 以上を繰り返し、「キョダイセンリツ」によって「オーロラベール」が展開される確率を調べました。 検証結果 100回「キョダイセンリツ」を使ったところ、なんと100回オーロラベールが発動しました。 「ひかりのねんど」を持たせたラプラスで「キョダイセンリツ」を使用した場合、作られたオーロラベールは通常のオーロラベールと同様、5ターンから8ターンに延長されていました。 まとめ 試行回数は少ないですがキョダイマックス技の追加効果のおおよその発動確率がわかりました。 これからもシングル対戦に関する検証や考察などを投稿していきますので、最新情報をすぐにチェックできる公式Twitter のフォローをお願いします。

次の

キョダイマックスカビゴン育成論-ミミッキュ起点はらだいこ無双型-

キョダイマックスカビゴン 育成

キョダイマックスカビゴンが実装されましたが、たぶんきのみがキョダイマックスわざで戻ってくるキョダイサイセイを活かすにはきのみと相性の良い夢特性のくいしんぼうがメジャーになると思います。 でももしせっかく捕まえたカビゴンがあついしぼうだった場合にボックスに眠らせてしまうのも勿体ないので、あついしぼうの耐久を活かせる型があったら嬉しいかなぁと思い投稿しました。 ただ、めんえきにはとくせいカプセルで。 ごめんえき。 《戦闘中の立ち回りについて》 立ち回りはキョダイマックスになる前提です。 開幕はのろいを積みます。 耐久が高くなかなか倒されにくくはなってるので、相手の技ダメージに合わせて倒されないタイミングで後攻で眠り回復。 眠ってラムのみを消費してからが本番です。 あとは上がった攻撃でダイアタック・ダイアースを撃つ。 じわれはダイアースの時に威力130のじめん技になります。 追記:大事な事を記載してませんでした。 キョダイサイセイのきのみ回収は確率です。 拾ってくれない時もあります。 のしかかりは安定してダメージが出せるのと居座りによる連発による追加効果麻痺発動狙いです。 じしんではなくじわれなのは、せっかくカビゴンが一撃技が使えるのと、居座り前提で考えたときにじわれのほうが良さそうかなという点です。 相手に与えるプレッシャーは大きいでしょうし。 技タイプ的にふゆう持ちゴーストタイプなどには何も出来ません。 そこはご了承下さい。 ラムのみを消費してしまいねむるが少し使い辛くなりますが、早めにキョダイサイセイを使ったりしてラムのみを回収しておけば再びねむるを使いやすくなります。 追記:コメント頂いた内容についての追記を一部入れます。 じわれよりじしんを採用していますが、安定をとるならばやはりコメントの通りじしんだと思いました。 ただ、一か八かにかけたい、面白く立ち回りたい、意外性があった方が楽しい、などの場合はじわれを採用してみるといいのかなと思います。 カゴのみの方が他状態異常で消費しなくて済むので安定するとありました。 度々遭遇した技追加効果による状態異常を回復してくれるメリットを強く感じていましたが、テストプレイも少ない中でありこちらも安定をとるならばカゴのみが良いと思います。 ご意見いただきありがとうございました。 また記載しておりませんでしたが、ねむる前提であるためミストフィールドには注意してください。 ダイフェアリーでミストフィールドになってしまうとねむるが失敗し、回復できません。 対トリル対策ではありますが、居座るカビゴンにトリル対策は要らない気もします。 捕獲できたキョダイマックスカビゴンの性格だったり使わなくて余ってるミントに合わせていいかもしれません。 努力値に関しては耐久にがっつり努力値を振る形になってますが、調整などはあまり考えていないのでこの点は調整不十分かと思います。 今作から同種族ポケモン(今回で言えばカビゴン同士)を一緒に預けておけば捕獲ポケモンにもタマゴ技が覚えさせられるようになりましたので、もちろんキョダイマックスになれるカビゴンにもタマゴ技を覚えさせることができます。 追記:コメント欄にもありましたが、仕様上間違えやすいのでこちらに遺伝関連について記載します。 そのためキョダイマックスカビゴンの個体値の厳選は捕獲時にしか出来ません。 そのためキョダイマックス前提であるこの育成論においてもSの欄を空欄にしています。 次に、タマゴ技の遺伝についてです。 前述したとおり、今作から同種族ポケモンを一緒に預けておけば捕獲ポケモンにもタマゴ技が覚えさせられるようになりました。 そのため、キョダイマックスができるポケモンにタマゴ技を覚えさせたい場合は、 ・キョダイマックスポケモン(注:覚えさせたいタマゴ技の数だけ技を忘れさせておく) ・同種族のポケモン(タマゴ技を遺伝済み) を預けておけば、キョダイマックスポケモンの技の空いているところにタマゴ技が入る仕組みになっています。 当然ですが、キョダイマックスポケモンと別種族のポケモンを預けてもタマゴ技は覚えてくれません。 まだ発売されたばかりで仕様もやや分かりにくいと思いますので、皆さんの参考になればと思います。 相手に与えるプレッシャーは大きいでしょうし。 Aを上げることが前提なので、単純に火力の上がる地震のほうが負担も大きく、突破力は上がります。 総論として、使ったときのイメージがあまり具体的に見えてきません。 具体的な役割や、積める相手、苦手な相手、仮想敵のダメージ計算等、もう少し情報を増やして、読みやすくまとめられるといいと思います。 食いしん坊との差別化として眠カゴを選択するのはアリだと思いました。 カゴではなくラムである点も理由に触れられるといいかもしれません。 本投稿が洗礼されて評価されることを期待します。 まだ対戦経験や環境の考察なども不十分なため、半ば思いつきのような投稿になってしまい失礼いたしました。 ごもっともだと思います。 じわれは地面技がいまひとつの相手に対してだったり、積んでくる相手対策、何よりインパクト重視の点で採用しましたが、Aを上げる前提の構成である以上じしん採用したほうが幅広く戦えると思いました。 こちらにおいてもねむるを使用する前提でもあるため、ねむる使用で他状態異常をリセットできる点からカゴのみ採用の方が安定しそうですね。 バトルタワーなどで対戦してみた際に攻撃技の追加効果で麻痺や氷状態を解除してくれた事が度々ありラムのみの良さを強く感じてはいましたが、想定した立ち回りで安定をとるならねむり以外での消費発動をさせないためにカゴのみがよいと思いました。 早速のコメントありがとうございました。 参考にさせていただきます。 腹大鼓しか選択はないです。 で質問したのは「タマゴ技は遺伝できてもキョダイマックス個体までは遺伝できないのでは?」ということです。 タマゴから孵化するポケモンって親がキョダイマックス個体でもキョダイマックスできる個体は生まれないはずです。 なので、「のろいを遺伝してるカビゴンはキョダイマックスできないのでは?」ということですね。 教えてくれてありがとう。 投稿主の方すまんな。 差別化して使い分けたいと思います。 ただ、既存の巨カビゴンとの差別化は十分できていると思いますのでこの評価にしました。 最低限の礼儀はわきまえましょうね。

次の

【ポケモン剣盾】カビゴンの育成論と対策

キョダイマックスカビゴン 育成

出現しているときは どのエリア内にあるどの巣穴からも出現するため、捕まえたいときには適度にワイルドエリアニュースをチェックしておきましょう。 ワイルドエリアニュースを受け取ることでエリア情報が更新され、カビゴンが出現するようになります。 孵化要因として使用できることから上記2つの性格を選択しました。 キョダイマックスカビゴンのタイプ・特性 タイプ 図鑑No. キョダイマックスカビゴンの種族値 HPのみステータスが変化 キョダイマックスポケモンはダイマックスポケモンと同じく、キョダイマックスすることで通常のカビゴンからHPのステータスのみが変化します。 HPの上昇倍率はダイマックスレベルによって変化します。 0レベルの時は1. 5倍で、そこから1レベル毎に0. 05倍ずつ上がっていき、最大の10レベルの時は2倍になります。 カビゴン 通常 の種族値 HP.

次の